人気ブログランキング |

郭公 の俳句

郭公 の俳句

郭公 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22721428/

郭公 補遺

あいさつに女将が来るや閑古鳥 山口青邨
あかつきの鍋に水澄み閑古鳥 飯田龍太
あかつきは山そびぇゐる閑古鳥 森澄雄
あかつきや尾羽根上げては閑古鳥 森澄雄
あるけばかつこういそげばかつこう 種田山頭火 草木塔
いしぶみの跡に啼けり閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
いちめんに郭公の雨や朴の花 渡邊水巴 富士
いつまでも一つ郭公早苗取 高野素十
いつまでも郭公やみそ空まどか 渡邊水巴 富士
うしろむく人もありけり郭公 正岡子規 時鳥
かつこうやほろほろと鳴る時計欲し 細谷源二 砂金帯
かつこうや二男三男田にかゞみ 細谷源二 砂金帯
かつこうや農魂されど額小さし 細谷源二 砂金帯
かつこう鳴けば淋しかつこう彼方に答え 荻原井泉水
かんこ鳥なくや山行く武者修行 正岡子規 閑古鳥
しんしんと泉わきけり閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
すめはすむ人もありけり閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
その魂の郭公となり友呼ぶか 福田蓼汀 秋風挽歌
たまきはる女の声か郭公 正岡子規 時鳥
つづけざまなりし郭公やみにけり 清崎敏郎
どの村へかよふ筧そ閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
なほ北へわれを誘ふや遠郭公 山口青邨
ひるね、かつこうにおこされて山の中 荻原井泉水
ふつつりと郭公の鳴き止みにけり清崎敏郎
み吉野の青ハ重垣や閑古鳥 阿波野青畝
よもすがら郭公啼くや灯を絶たず 飯田蛇笏 白嶽
マッチ擦れば焔うるはし閑古鳥 渡邊水巴 白日
リラの香に山辺また鳴く閑古鳥 飯田龍太
一声や山つんざけて郭公 正岡子規 時鳥
万人の命の上を郭公 正岡子規 時鳥
並松へふし見に来たか閑古鳥 正岡子規 閑古鳥
並松やそれからそれへ閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
亜高山湿地のほととぎす郭公 佐藤鬼房
人呼ぶには三度は呼べよ閑古鳥 中村草田男
兄音読郭公裏の栗の木に 山口青邨
切幣の吹雪郭公いまぞ鳴く 山口青邨
別るゝや炭火なほ燃え閑古鳥 渡邊水巴 白日
別荘の表札一字閑古鳥 鷹羽狩行
十勝野は雨の厩の閑古鳥 松村蒼石 雪
友の死につどへる樵や閑古鳥 飯田蛇笏 山廬集
友老いぬ吾また然り閑古鳥 上村占魚
吉か不吉か十月の閑古鳥 飯田龍太
君が額はつかに蒼し郭公聴く 橋閒石 雪
啼く音深き郭公へ雨押しゆきぬ 渡邊水巴 富士
噴き出す灰の中より郭公 正岡子規 時鳥
噴火後の温泉に住む家や閑古鳥 河東碧梧桐
四枚五枚八枚九枚郭公 正岡子規 時鳥
地熱噴くいま郭公を意に介し 古舘曹人 能登の蛙
墓守の家に火が見え閑古鳥 鷲谷七菜子 花寂び
夕冷えの空へ医師の眼閑古鳥 廣瀬直人
夕月は木の間に青しかつこ鳥 正岡子規 閑古鳥
夕空の日々にはるけき閑古鳥 飯田龍太
大木の裏に山澄み閑古鳥 飯田龍太
奥山に石切る音や閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
奥嶺より郭公啼きて反古供養 飯田蛇笏 山響集
嬰におもき乳房青嶺の閑古鳥 飯田龍太
学園や郭公楡をくぐり飛ぶ 水原秋櫻子 晩華
寝てすぐに夜が明けゐたり郭公鳴く 右城暮石 句集外 昭和三十八年
少年鑑別所郭公のこだま浴び 飯田龍太
山中の池物凄し閑古鳥 正岡子規 閑古鳥
山代に水ゆきわたる閑古鳥 上田五千石『天路』補遺
山影のダムに動かず夕郭公 松崎鉄之介
山畑や真昼のころの郭公 正岡子規 時鳥
山荘に到着郭公まだ鳴かず 高浜年尾
山里や植田しづかに閑古鳥 山口青邨
島びとに郭公日和布団干す 伊丹三樹彦
川上に北のさびしさ閑古鳥 岡本眸
床柱鼻もうたずに郭公 正岡子規 時鳥
待ちにけり其一声の郭公 正岡子規 時鳥
後宮に郭公刻をつげにけり 飯田蛇笏 霊芝
怪獣群巌となりぬ遠郭公 山口青邨
憂さもなし喜びもなし閑古鳥 森澄雄
戦禍まぼろし野を透く夜の閑古鳥 飯田龍太
戸隠の少年馬上閑古鳥 大野林火 冬雁 昭和二十一年
抱へたる屑籠軽し閑古鳥 飯田龍太
提灯の空にせんなし郭公 正岡子規 時鳥
故さとに入る夜は月よ郭公 正岡子規 時鳥
旅は時のながれやすくて閑古鳥 鷹羽狩行
日暮れまた甲斐駒そびゆ閑古鳥 飯田龍太
明易し時計の声の閑古鳥 鷹羽狩行
朝の郭公砂の轍のまだ崩えず 中村草田男
木乃伊取る人は帰らず閑古鳥 正岡子規 閑古鳥
木当に郭公啼いてゐることを 稲畑汀子
木曽馬の匂ひしてくる閑古鳥 伊藤白潮
木石も風もほとけや閑古鳥 鷹羽狩行
木霊祭らしい きつつき 閑古鳥 伊丹三樹彦
村の名も衣川とて閑古鳥 山口青邨
松の木にすうと入りけり閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
林より森に入りし身閑古鳥 中村草田男
橋一つ渡れば木曽の閑古鳥 正岡子規 閑古鳥
母の忌を旅に在りけり閑古鳥 上田五千石 風景
水を誘ひ郭公の樹が聳え 廣瀬直人
水無月をもてなされけり郭公 正岡子規 時鳥
水盤に郭公鳴きし富士の石 百合山羽公 寒雁
汽車と云ものが出来るぞ閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
泣き給ふ声の細さよ郭公 正岡子規 時鳥
流れ消ゆ雲かよ野路の閑古鳥 臼田亜浪 旅人 抄
浮世への筧一すぢ閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
淋しさに鏡を見るや閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
淋しさの声はありけり閑呼鳥 正岡子規 閑古鳥
渋民の田植は済みぬ閑古鳥 岸田稚魚
湖といふ大きな耳に閑古鳥 鷹羽狩行
湖の宿郭公のまだ耳に残る 大野林火 早桃 太白集
湯にをりて臍もひとつや閑古鳥 森澄雄
瀬霧とは別な炊煙 夕郭公 伊丹三樹彦
灯の下の硝子器に夜の閑古鳥 飯田龍太
灯るごと梅雨の郭公鳴き出だす 石田波郷
父のこと問はれてをれば郭公鳴く 飯田龍太
父外国に母里にありや閑古鳥 中村草田男
牧ふかく夕日にききし閑古鳥 大野林火 海門 昭和十二年
甘藍の玉つきそめて郭公啼く 飯田蛇笏 春蘭
町に橋多し郭公鳴いて去る 山口青邨
病母出て石踏む音す閑古鳥 飯田龍太
白日を月夜の声や閑古鳥 渡邊水巴 富士
白馬は小傷も著し閑古鳥 中村草田男
目開けば海目つむれば閑古鳥 飯田龍太
相寄らぬまま郭公の鳴き交す 鷹羽狩行
相聞や郭公の山弓なりに 橋閒石 卯
着流しに山中三日遠郭公 大野林火 飛花集 昭和四十五年
矢の跡や石に来て鳴く閑古鳥 正岡子規 閑古鳥
石尊の大太刀古りて閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
磐梯へ翔けし郭公戻り鳴く 水原秋櫻子 殉教
祖父が胸赤くて閑古鳥鳴ける 渡邊白泉
空(くう)に空に真昼間の郭公 金子兜太
竃火のまとへる暗さ閑古鳥 木村蕪城 寒泉
童心のふるさとありて郭公啼く 飯田蛇笏 家郷の霧
竹杖のしわる峠や閑古鳥 正岡子規 閑古鳥
紅蝋燭に蝋涙朝の閑古鳥 松村蒼石 雪
耳打ちの近さよ木曽の閑古鳥 鷹羽狩行
聞に出てぬれてもとるや閑古鳥 正岡子規 閑古鳥
肌とほき湯の女らに閑古鳥 飯田龍太
茂吉憶ふ郭公惜みなく鳴けば 阿波野青畝
茄子にも麦にもつかず郭公 正岡子規 時鳥
草靡きつつ郭公の声揃ふ 廣瀬直人 帰路
落葉松の果てなき風や閑古鳥 渡邊水巴 富士
葭切や郭公や梅雨の風に飛ぶ 前田普羅 普羅句集
蕨山からあかつきの閑古鳥 飯田龍太
血の流れ屍の山や郭公 正岡子規 時鳥
裸の子来て郭公の木を見上ぐ 廣瀬直人
覚めし蚕に郭公谺して届く 大野林火 方円集 昭和五十三年
身のまはり日の溢るとき閑古鳥 中村草田男
近づいて鳴く郭公に榾煙り 廣瀬直人
遠くより郭公のこゑ梅雨の富士 百合山羽公 故園
遠山のくつがへるさま郭公鳴く 山口青邨
遠郭公一つの卒塔婆湖に立つ 松村蒼石 雁
郭公が聞えて朝のたばこ買ふ 百合山羽公 故園
郭公が鳴いて嫂起きる気配 山口青邨
郭公が鳴いて昼餉や奥武蔵 細見綾子 存問
郭公が鳴き十一も附き鳴きす 右城暮石 散歩圏
郭公す浅間音なく煙吐き 鈴木真砂女 紫木蓮
郭公とたしかめて取る夕餉かな 角川源義
郭公にこたへず鉄の風見鶏 阿波野青畝
郭公にめざめて旅の白枕 大野林火 方円集 昭和四十九年
郭公に刻をゆづるよ暁ひぐらし 橋本多佳子
郭公に呼ばるるごとく二三あし 鷲谷七菜子 一盞
郭公に曉くる聖堂減らぬ燭 津田清子 礼拝
郭公に耳かす斎や山の坊 飯田蛇笏 山廬集
郭公に覚めて皮膚うすき銀行員 橋閒石 荒栲
郭公のきの雫のほつりほつり 正岡子規 時鳥
郭公のこだま返しに富士青し 松崎鉄之介
郭公のこち向けるかの声聞ゆ 山口青邨
郭公のこゑちかづけり椅子に居れば 水原秋櫻子 秋苑
郭公のさも郭公といふ遠さ 富安風生
郭公のとだえて木曾の青ぐもり 鷲谷七菜子 花寂び
郭公のとびゆく一樹模糊として 山口青邨
郭公のはじめての声近づき来 相馬遷子 山河
郭公の三声ばかりは我も蹤き 加藤秋邨
郭公の呼びゐる朝日現れし 飯田龍太
郭公の啼きしと思ふ栗生の山 前田普羅 春寒浅間山
郭公の啼き去りしよりまた眠る 山口青邨
郭公の声のあけくれ吾子育つ 木村蕪城 一位
郭公の声のしづくのいつまでも 草間時彦 櫻山
郭公の声対岸を曇らせる 廣瀬直人 帰路
郭公の声擬音かと思ふほど 右城暮石 散歩圏
郭公の声相打てり雨の中 高浜年尾
郭公の声絵心を出で入りす 飯田龍太
郭公の声近づきて応ふなり 水原秋櫻子 蘆雁
郭公の声降りこぼれ地の青む 角川源義
郭公の小さき木にをり草の山 山口青邨
郭公の山軒端にす兄の家 山口青邨
郭公の拙き声を試みぬ 石田波郷
郭公の擬音薄暑の横断路 右城暮石 句集外 昭和六十三年
郭公の日は夕星を珠となす 古舘曹人 樹下石上
郭公の日暮や北は氷遠に北 藤田湘子 てんてん
郭公の日暮れて老に炉がひとつ 鷲谷七菜子 花寂び
郭公の暁かけて田に水張る 橋閒石 朱明
郭公の朝の雲形定規かな 橋閒石 微光
郭公の森が散歩をつづけたり 廣瀬直人
郭公の森をはるかに苺摘む 橋閒石 雪
郭公の白根隠しにひびきけり 松崎鉄之介
郭公の聞ゆるほどの遠さかな 上村占魚 球磨
郭公の親しや蝦夷は町と言はず 高浜年尾
郭公の谺し合へりイエスの前 大野林火 雪華 昭和三十五年
郭公の谿霧吐かぬひと日あり 橋閒石 雪
郭公の遠さ水源林といふ 大野林火 飛花集 昭和四十七年
郭公の遠音となりし山雨かな 高浜年尾
郭公の霧あつし粗朶燃えあがる 橋閒石朱明
郭公の霧呼ぶに出口なき個室 橋閒石 風景
郭公の鳴きたるあとに鴉鳴く 山口青邨
郭公の鳴きやむ単車来し音に 右城暮石 句集外 昭和六十二年
郭公の鳴き出して山青尽す 大野林火 雪華 昭和三十九年
郭公の鳴くをし聞けばしなのなる 山口青邨
郭公の鳴く北見までわが旅は 高浜年尾
郭公はてなき海へ鳴て行く 正岡子規 時鳥
郭公は擬音なりしよ菖蒲園 右城暮石 虻峠
郭公は擬音にあらず鳴きやみし 右城暮石 虻峠
郭公は日曜の華河口より 古舘曹人 能登の蛙
郭公は昨日もなきて今日遠し 細見綾子 牡丹
郭公は曇り日の鳥朽湯神 佐藤鬼房
郭公は石見の国を呼ぶごとし 藤田湘子 神楽
郭公は花菜の丘の奥の山 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
郭公も七日つ原も風の中 山田みづえ 手甲
郭公も北上川もまだ暮れず 藤田湘子 てんてん
郭公も奴婢の歎もとの曇る 橋閒石 卯
郭公やあまりに近くきけば立つ 及川貞 夕焼
郭公やいつも出てゐる田草取 大野林火 冬雁 昭和二十一年
郭公やからまつ落葉地にしづみ 松村蒼石 雁
郭公やたそがれ時も山青し 相馬遷子 山国
郭公やちゃんちゃんこ手に子探しに 中村草田男
郭公やねむりのあさき旅の夜を 山口誓子
郭公やまだ玉巻かぬキヤベツ畑 水原秋櫻子 蘆雁
郭公やみ墓べを指す諏訪なまり 古沢太穂 古沢太穂句集
郭公やコタンの高木みなポプラ 高浜年尾
郭公や一村雨に溶けさうな 岸田稚魚
郭公や三代かけて味噌作り 鈴木真砂女 紫木蓮
郭公や何処までゆかば人に逢はむ 臼田亜郎 定本亜浪句集
郭公や刈草伏して一夜明け 廣瀬直人
郭公や十指の如き妙義山 阿波野青畝
郭公や卓上酒中の詩を信ぜず 中村草田男
郭公や吾が石頭たのもしく 飯島晴子
郭公や土間に残りし砧石 大野林火 方円集 昭和五十三年
郭公や始発の駅の木の柱 鷹羽狩行
郭公や嫂は仏となりたまひ 山口青邨
郭公や寝にゆく母が襖閉づ 廣瀬直人
郭公や寝間着子を潟戸に立たす 古沢太穂 捲かるる鴎
郭公や山の長雨夕晴れす 村山故郷
郭公や山毛欅せめぐ霧音もなし 藤田湘子 途上
郭公や岐るるたびに道ほそり 鷹羽狩行
郭公や川は東へゆるやかに 佐藤鬼房
郭公や庭後に摘みし野蒜和 水原秋櫻子 緑雲
郭公や後手見ゆる限り送る 上村占魚
郭公や戸隠に来て蕎麦嫌ひ 及川貞 夕焼
郭公や日暮れて森の道のこる 松村蒼石 雁
郭公や明さとなるか北の蒼 橋本多佳子
郭公や時計の声は箱の中 平畑静塔
郭公や月日したたる橋がかり 橋閒石 卯
郭公や木の扉の内に鍵を吊り 鷹羽狩行
郭公や武蔵野台地住みなじみ 深見けん二
郭公や残照牧を這ひのぼる 上田五千石 田園
郭公や浅間の裾が雲を出づ 水原秋櫻子 古鏡
郭公や淋代の浜片ひかり 山田みづえ 草譜
郭公や深耕の土日を載せて 大野林火 雪華 昭和三十六年
郭公や湖のかなたも声はげむ 水原秋櫻子 磐梯
郭公や火山灰土に麦短し 相馬遷子 山国
郭公や烏城にのこる角櫓 水原秋櫻子 残鐘
郭公や牧の食卓一人空け 平畑静塔
郭公や牧夫の貌が鬚の中 水原秋櫻子 玄魚
郭公や瑠璃沼蕗の中に見ゆ 水原秋櫻子 蘆刈
郭公や男ばかりの夜は寧し 楠本憲吉 孤客
郭公や目覚めの遅き書家の家 森澄雄
郭公や種牛にして大袋 森澄雄
郭公や空のかぎりのキャベツ畑 森澄雄
郭公や竹筒のひび割れしまま 廣瀬直人
郭公や肥満児帰る坂の家 廣瀬直人
郭公や葉込みとなりし山葵沢 石田勝彦 雙杵
郭公や葭丸立の村日和 岡井省二 鹿野
郭公や覚めては生くるあかときに 上田五千石『天路』補遺
郭公や角い円など地に描く吾子 中村草田男
郭公や迦具土の神けふしづか 水原秋櫻子 蘆刈
郭公や酒も命もなみなみと 橋閒石 微光
郭公や野に疲れたる夕間暮 水原秋櫻子 古鏡
郭公や野へ岬なす山の端 三橋敏雄
郭公や金の鼻環の雄の仔牛 石田勝彦 雙杵
郭公や離島にとどく雲の端 古舘曹人 樹下石上
郭公や雨ぎらひつつ物見山 山口青邨
郭公や雲のつつめる遅ざくら 水原秋櫻子 殉教
郭公や霧また海を奪ふとき 中村汀女
郭公や露地に西日の旅ごころ 飯田龍太
郭公や韃靼の日の没るなべに 山口誓子
郭公をおしつゝみ新芽吹きやまず 渡邊水巴 富士
郭公を待てば応ふるはるかかな 富安風生
郭公を暁にききそれより寝き 橋本多佳子
郭公を聴くや火のなき炉に座り 山口青邨
郭公を背にす亡き子に呼ばるるやう 香西照雄 素心
郭公を避暑山荘の軒端にす 高浜年尾
郭公一声毎に十里つゝ 正岡子規 時鳥
郭公何の夢見る陰陽師 正岡子規 時鳥
郭公只一声の夜明哉 正岡子規 時鳥
郭公啼くかたへ月夜の館離る 伊丹三樹彦
郭公啼くかなたに知己のあるごとし 飯田蛇笏 家郷の霧
郭公啼く青一色の深山晴れ 飯田蛇笏 椿花集
郭公太閤様をぢらしけり 正岡子規 時鳥
郭公頻りに耳のなる日哉 正岡子規 時鳥
郭公馬車や車の広小路 正岡子規 時鳥
郭公鳴く地の利おのづと村の辺に 飯田龍太
郭公鳴く尼に大事な青つむり 飯田龍太
郭公鳴く臓ぬく刃先ひらめくとき 飯田龍太
郭公鳴く野麦峠と聞くからに 山口青邨
郭公鳴く青草色の妻の声 飯田龍太
郭公鴉く怠けることに専念す 金子兜太
野の花は白がちのころ閑古鳥 藤田湘子
開墾の音の真近き閑古鳥 廣瀬直人 帰路
閑古鳥かなどゝ思へば旅淋し 正岡子規 閑古鳥
閑古鳥はるか鋼の雪残る 飯田龍太
閑古鳥医院の煙り野へなびく 飯田龍太
閑古鳥吾子を顎まで湯にひたす 森澄雄
閑古鳥故郷に満てる他人の顔 山田みづえ 忘
閑古鳥柱に倚れば齢あり 岡本眸
閑古鳥死んで淋しや秋の山 正岡子規 秋の山
閑古鳥瀬の潺湲と山に沿ふ 飯田蛇笏 椿花集
閑古鳥窓に夜明けの鵜川澄み 飯田龍太
閑古鳥竹の御茶屋の人もなし 正岡子規 閑古鳥
閑古鳥道そのものが人を呼ぶ 中村草田男
閑古鳥雲に残月眉ながし 飯田龍太
閑古鳥鳴けど変らぬ山の形 飯田龍太
閑子鳥なかねば淋し山の庵 正岡子規 閑古鳥
閑子鳥三個ノ秘事ハ伝絶エヌ 正岡子規 閑古鳥
閑子鳥心細さに啼きしきる 正岡子規 閑古鳥
閑子鳥扨も発句師のかしましき 正岡子規 閑古鳥
閑子鳥氷のやうな石ありけり 正岡子規 閑古鳥
間を置きて郭公の又続けざま 清崎敏郎
降神の儀や郭公のいま鳴くか 山口青邨
離愁とは郭公が今鳴いてゐる 深見けん二
雨の中を飛んで谷越す閑古鳥 村上鬼城
雨の夜や根岸へ帰る郭公 正岡子規 時鳥
雨霽れよはれよと 閑古鳥 急調 伊丹三樹彦
雲垂れて郭公これにひびかへり 水原秋櫻子 古鏡
電柱に郭公賄婦は町へ 大野林火 飛花集 昭和四十五年
霊園の一区七号閑古鳥 上田五千石 琥珀
霧濃ゆく湿原を罩め郭公鳴く 飯田蛇笏 椿花集
靄もまた琵琶湖のかたち閑古鳥 鷹羽狩行
青年直ぐ 輪になる 踊る 遠郭公 伊丹三樹彦
顔白きゆゑの憂目か郭公鳥 飯田龍太
風落ちし旅郭公のくもり鳴き 鷲谷七菜子 銃身
飼屋妻郭公啼いてねむげなる 臼田亜郎 定本亜浪句集
駅留めの荷のごとく下り閑古鳥 鷹羽狩行
髪梳いて身を覚ましゆく閑古鳥 岡本眸
鬼の名の蝦夷の草木や閑古鳥 角川源義
魯智深は坊主になりぬ閑古鳥 正岡子規 閑古鳥
魯智深は山に入りけり閑子鳥 正岡子規 閑古鳥
鳴く時はきつと鳴きけり郭公 正岡子規 時鳥

郭公 続補遺

あかつきの鐘をさそひし郭公 杉風
あくる日迄頭もいたし郭公 牧童
あけぼのゝ松にはじめて郭公 野明
あちらむく君も物いへ郭公 上島鬼貫
あぶなしや今起て聞郭公 傘下
ありがたやたゞとり山の郭公 嵐雪
あり~と影見てきくや郭公 卓池
いにしへの奈良ならね共郭公 諷竹
うしろかげ見へぬ別や郭公 桃妖
うそいはぬ寺に尋ねん郭公 尚白
うづきゝてねぶとに鳴けや郭公 山崎宗鑑
おもはずに声を取たし郭公 りん女
かぞふるや老の仕事に郭公 杉風
かつしかに行てきかばや郭公 暁台 暁台句集
かはる日を聞入ひとりに閑古鳥 田川鳳朗
かんこ鳥いらるゝやうな小家かな 朱拙
かんこ鳥しなのゝ桜咲きにけり 小林一茶
かんこ鳥なけ芍薬の七つ過 十丈
かんこ鳥啼や花なき野にもあらず 加藤曉台




かんこ鳥啼や青砥が台所 支考
かんこ鳥柳のむしもかくれけり 成美 成美家集
かんこ鳥畑の松のほり残し 丈草
かんこ鳥足引もどす山路かな 壺中
こちの身もあたしかにきく郭公 去来
この夏は幾度きかん郭公 上島鬼貫
この比や人も情出す郭公 智月尼
さびしさや無理に慰むかんこ鳥 荷兮
ざゞんざと松は成けり郭公 野坡
しづかさや大工の昼寝郭公 三浦樗良
そば切のからみはぬけて郭公 知足
そめ出しの雲のちらしや郭公 りん女
ちつ~と帰すつゞみや郭公 其角
つかふ程こゑはたつとよ郭公 尚白
つばくらのゐなじむ空や郭公 蘆本
つれなきは生れ付かや郭公 知足
とろ~や又音をかえて郭公 舎羅
なく声はおのが餌食か郭公 為有
なつかしき袖がひらりと郭公 吾仲
なふいかにどれとろ水鶏郭公 智月尼
なまじひに幾夜むかしの郭公 上島鬼貫
ぬくもりは臥猪のあとか郭公 成田蒼虬
ねんごろに啼て居るなり閑古鳥 嵐亭 新類題発句集
はつねしてなをまたれけり郭公 三浦樗良
はなのあと枯よと啼歟かんこ鳥 松岡青蘿
へた~と雲のしろみや郭公 臥高
ほいろぢや酒の香もあり郭公 りん女
ほろと鳴同じ夜明や郭公 吾仲
みじか夜やどなたの月に郭公 支考
みねこすか尻声はねて郭公 野坡
もゝ尻のうき名や松の郭公 露川
やまぶきに実もとまるかや閑古鳥 夏目成美
ゆく先は旅の空なり郭公 芙雀
よし原のうしろ姿や郭公 荘丹 能静草
わかしざまし幾夜恨し郭公 露言 江戸新道
ゑぼし着て松魚も聞歟郭公 馬場存義
をのが音の伊賀の尼かは郭公 土芳
一つづゝ斧こそ響けかんこ鳥 諷竹
一声は闇のつぶてや郭公 去来
一日に千躰仏よ郭公 井原西鶴
下京は大かたきくや郭公 許六
不二見ゆる所や朝の閑古鳥 松窓乙二
丸薬の丸盆赤し郭公 洒堂
二羽となく日もなけれども閑古鳥 田川鳳朗
二羽鳴てけしきそこねぬ閑古鳥 鈴木道彦
京にひとつ田舎にひとつ郭公 諷竹
京の町で龍がのぼるや郭公 上島鬼貫
人見ずば汝もなくまじ閑古鳥 加藤曉台
人間の卯月にふけれ郭公 其角
今日こゝにちなみわすれず閑古鳥 卓池
伊勢名古屋なかにあつたの郭公 許六
住よしを忘れてやゐる郭公 諷竹
何兵衛とも名乗らずに郭公 万子
信楽や宇治は香に飲郭公 野坡
傘の柄もりもしらで郭公 洒堂
傘の隙や松原かんこ鳥 怒風
先鳴や東坡が桑に郭公 許六
六月や榾焚里の郭公 朱拙
冬ながら人の初音や郭公 上島鬼貫
冷やりとして落来るや郭公 成田蒼虬
出来麦にあるじもしよし郭公 野坡
十日ほど淡路をさらず郭公 加藤曉台
千度なけば憂を添るぞ郭公 松岡青蘿
卯の花に紅裏つけよ郭公 支考
口切やはつ郭公音羽焼 調泉 江戸弁慶
喰ちらす祭の果や郭公 李由
四軒屋を村と呼けり郭公 丈草
夏来れば人しづまりて閑古鳥 夏目成美
夏鍔に今朝打かへて郭公 蝶羽
夕めしをそらの明りや郭公 野紅
夕暮に似たあけぼのや閑古鳥 桜井梅室
夕虹や鍋かけて待郭公 牧童
夜すがらを撰るあかつきや郭公 土芳
夜咄しや阿房に明て郭公 夕道
夜盗にも天の与へや郭公 望月宋屋
夜這ぼし鳴つる方や郭公 其角
夢に来る母をかへすか郭公 其角
天人もをりて聞らむ郭公 牧童
寐てまつや梅田枇杷麦郭公 丈草
屋根葺が釘もこぼれつ郭公 望月宋屋
山彦と啼く郭公夢を切る斧 素堂
川痩て星猶白し郭公 岱水
川越の渡中に立や郭公 丈草
市中を追ツ掛麦や郭公 史邦 諷竹
帰るとは娑婆なつかしや郭公 支考
干鰯には鼻こそつまめ郭公 琴風
平啼に此暁や郭公 風国
年の雪の郭公かな夜ルの声 旦藁
待ほどに鳴てこそあれ郭公 舎羅
後世は大事聞はづすなよ郭公 井原西鶴
御榊や無事に通して郭公 尚白
心爰になきか鳴ぬか郭公 井原西鶴
忠臣の髪さかやきや郭公 早野巴人
我に来てとまりさう也かんこ鳥 蓼太 蓼太句集初編
我執もはれよ雨夜の郭公 鈴木道彦
手分して青葉を出るか郭公 風国
手習子もどれば広しかんこ鳥 魯九
扶持方をつゝくや市の郭公 嵐蘭
振りかへる谷の戸もなし郭公 長谷川馬光
新茶古茶宇治はいそがし郭公 諷竹
旅痩や木の根岩ばな郭公 正秀
日比経て鳴日に疎し郭公 加藤曉台
暗くなる柳の肌や郭公 寂芝
更科の闇を請とれ郭公 万子
最ひとつと肴けさふた郭公 塵生
月に花に聞や弥生の郭公 越人
月消て腰ぬけ風呂や郭公 其角
杖つかでさぞや聞らん郭公 路健
松杉に足代いらじ郭公 仙化
柚の花にそばへてもまて郭公 鈴木道彦
此沙汰は誰も給たり郭公 朱拙
武蔵野も山の字はあり郭公 風虎 六百番誹諧発句合
気散じや手形もいらず郭公 桃隣
江に馴て塩路はなれぬ郭公 野坡
江戸橋で鼻突き合ふや郭公 燕市 美佐古鮓
津の国の玉川しれず郭公 上島鬼貫
海松よりはなのりそからん郭公 鈴木道彦
淀橋や四ッ谷も朝の郭公 師兆 江都近在所名集
深川や遅郭公をそからず 吏登 吏登句集
湯豆腐や庵は雪夜の郭公 野坡
潮時や来て一面に郭公 史邦
火の気なき御文のあとや郭公 怒風
火の細う見ゆる右手や郭公 荊口
灯もせばあちら向けり閑古鳥 桜井梅室
炉地下駄の音や梢の閑古鳥 言水 江戸蛇之鮓
焼雲や絵馬を問ず郭公 尚白
猫も漸屋根を鳴らさず郭公 仙化
玉水や栄螺がら鳴クかんこ鳥 池西言水
留守皃に灯を消ころや郭公 配力
百八の珠数を懸たか郭公 井原西鶴
百草のかほるや空に郭公 成田蒼虬
目には青葉山郭公はつ鰹 来雪 江戸新道
禁牌を見るより淋しかんこ鳥 十丈
禿山や夏をすらする郭公 椎本才麿
秋来ても啼や笹屋の閑古鳥 長翠
程遠う来たとの事か郭公 舎羅
空は墨に画竜のぞきぬ郭公 嵐雪 其袋
空もまた辰巳あがりや郭公 車庸
紀の国は蜜柑できくや郭公 許六
紙子着て見ぬ唐土の郭公 上島鬼貫
網の手の附た時分や郭公 正秀
羽づかひの空に浮ぶや郭公 支考
老にけり耳に夢たのむ郭公 越人
耳ふさぐ猿は尊し郭公 亀世
聞かぬやうに人はいふなり郭公 上島鬼貫
股ぐらを出たかあたごの郭公 露川
花なき山焼木にせぬも郭公 井原西鶴
花に枕もしや片耳郭公 一笑(金沢)
若やぎて啼や五月の郭公 北枝
草苅に我ならなくや郭公 文鳥
虫つかぬいてうによらん郭公 其角
蚊の声をちらしかけたり郭公 路健
蚊をよけて親の鼾や郭公 上島鬼貫
誰かは待蝿は来りて郭公 杉風
諂ひに出たか城下の郭公 露川
起臥のこゝの夜待ぬ郭公 加舎白雄
跡や先気のつく野辺の郭公 重五
身は筏月郭公忘レ竿 杉風
辻立をまよふと見たか郭公 りん女
返し待筆のあそびや郭公 りん女
途中から鳴出す空や郭公 木因
逢ぬうらみ血を吐までぞ郭公 加藤曉台
道にあふ馬子さまたげぞ郭公 尚白
郭公あの世へ通る一嵐 支考
郭公あれはどなたの山林 尚白
郭公いまだ初音にあはび貝 野紅
郭公うしろの人の聞出し 北枝
郭公かさいの森や中やどり 沾圃 続猿蓑
郭公かゝがさとりのかたちはいかに 井原西鶴
郭公こぼれかゝるや松のうへ 風国
郭公さらば小庭の掃除せう 千川
郭公すがひ拍子や闇の友 史邦
郭公たがめで過てほのか也 野坡
郭公たしかに峰の早松茸 丈草
郭公たとへちか道猿すべり 正秀
郭公たゞ有明の大津馬 朱拙
郭公と弁慶しらぬ人はなし 凉菟
郭公なくや不動の御手かづら 井上士朗
郭公なくや雲雀と十文字 向井去来
郭公のなみだに曇れすまの月 三浦樗良
郭公のぼりはなさぬ竹階子 嵐青
郭公の来た道もそれ鉢扣 助然
郭公はるかに蜀の新茶かな 椎本才麿
郭公ひらりと落す羽一つ りん女
郭公ほとゝぎすとて寐入けり 古調和 温故集
郭公またば来んとの横小路 芙雀
郭公まださだまらぬ宵の雲 卯七
郭公わたるや声のすみだ川 素丸 素丸発句集
郭公三井のあまりやこぼれけむ 千那
郭公中入までの芭蕉哉 其角
郭公口とる馬士も蔵の丞 野坡
郭公啼やしづかに苣の塔 露川
郭公啼やちらりと鏡山 支考
郭公啼や家中の秣刈 毛〔ガン〕
郭公啼や田舎の山刀 桃隣
郭公土橋直す村の者 芦角
郭公声や帆にあげて船後光 井原西鶴
郭公声有かげの地を走る 高桑闌更
郭公夜もいろ~の物の音 黒柳召波
郭公安居の藤も散にけり 〔ブン〕村
郭公小坂ひとつや朝茶の子 凉菟
郭公山の一字で猶ゆかし 露川
郭公幟そめよとすゝめけり 其角
郭公恋する人の寒きとは 嵐雪
郭公日高にとくや筒脚半 探志
郭公是を山路の小春かな 支考
郭公昼休みせよ黒津舟 正秀
郭公来べき宵也頭痛持 野口在色
郭公水想観の夜ふけがた 史邦
郭公水鶏や月の右ひだり 木導
郭公猿よりもまたかなしくて 風国
郭公目をさまさせんほらの貝 りん女
郭公窓暗うても人すめり 土芳
郭公耳摺払ふ峠かな 上島鬼貫
郭公聞や日待の台どころ 木因
郭公背中見てやる麓かな 曲翠
郭公船は追手にはしるなり 壺中
郭公薄墨時の遠音かな 完来
郭公藪のみどりのすりはらひ 風国
郭公虚空に筋がつうううと 壺中
郭公道くさすると人や見む 風麦
郭公都は山のくぼたまり 野童
郭公野山をものに戯れす 加藤曉台
郭公鐘に哀を勝にけり 中川乙由
郭公顔は見せずにこがれさせ りん女
郭公鳴ねば京もいなかなり 露川
郭公鳴やいぼたのわる嗅き 岱水
郭公鳴や妹背の二つ石 りん女
郭公鳴や湖水のさゝにごり 丈草
郭公鳴や礒路をいくまはり 助然
郭公鳴や虚空を大ごゝろ 加藤曉台
郭公鳴飛行の初音哉 りん女 りん女
郭公黒主が歌のすがたならん 三浦樗良
鈴の間の御用時分や郭公 りん女
鉦カン~驚破郭公草の戸に 其角
錦帳の鶉世を草の戸や郭公 嵐雪
長き日に生れたやつよ閑古鳥 鈴木道彦
長降に口はかひぬ歟郭公 梢風尼
閑古鳥なくや終日遅ざくら 鈴木道彦
閑古鳥なくや袖するかなむぐら 長翠
閑古鳥世は山鳩も啼頃か 加舎白雄
閑古鳥二十日は留守の十日坊 桜井梅室
閑古鳥啼や漕去艫一声 鈴木道彦
閑古鳥啼林より落羽かな 加舎白雄
閑古鳥姿みゆれば猶わびし 五明
閑古鳥舩玉講をねぶがらせ 長翠
閑古鳥青葉まじりの花の中 井上士朗
闇と月出来る一夜や郭公 野坡
雪となり啼溢したり郭公 百里
雲あれて波から出たか郭公 四睡
雲きれの比叡のくぼみや郭公 如行
雲はまださくらに近し郭公 野坡
雲まくら花の気さむる郭公 上島鬼貫
面櫂やあかしの泊り郭公 荷兮
音をいかに雲井にむすぶ郭公 千代尼
須磨の浦かんこ鳥鳴く夕哉 凉菟
頼みけり我誓願寺郭公 井原西鶴
風筋は熱海に成て郭公 松窓乙二
馬次の夜の宴かや郭公 野紅
高水や荒たる中の郭公 洒堂
鯉はねて水静か也郭公 池西言水
鯉はねて水静也郭公 池西言水
鯲ふむ雨の川原や郭公 諷竹
鳥見えて猶哀なり郭公 中川乙由
鳴とて歟亦木隠れし郭公 桜井梅室
鳴ぬ間よ空一ぱいの郭公 丈草
鳴先の森のけ木のけ郭公 木因
鵺啼や此暁に郭公 其角
麓寺うこぎが奥を郭公 其角

以上
by 575fudemakase | 2016-06-02 03:15 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25867354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

十二月
at 2021-05-13 01:40
拙句 ポインセチア 猩々木 
at 2021-05-13 01:37
拙句 蕪 
at 2021-05-13 01:35
拙句 蜜柑 
at 2021-05-13 01:34
拙句 セロリ (高澤..
at 2021-05-13 01:33

外部リンク

記事ランキング