蛍 の俳句

蛍 の俳句

蛍 4の1  (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800065/

蛍 4の2 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800063/

蛍 4の3 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800058/

蛍 4の4 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800051/


【参考】
蛍狩 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800134/

蛍袋 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/24671976/

蛍籠 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800132/

秋の蛍 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22832886/

蛍 補遺
蛍 補遺つづき (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25869420/

蛍 続補遺 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/25869444/


「明滅」の否「またたき」の螢火や 中村草田男
あとさきの先を思ひて草螢 鷹羽狩行
あるときは瀧壺ひくくほたる舞ふ 飯田蛇笏 心像
ある筈もなき螢火の蚊帳の中 斎藤玄 雁道
いえわたしは丹波ではないのですが、川からほたる 荻原井泉水
いつまでか這ふ胸もとの一螢火 飯島晴子
おのづから籠の形を螢火は 鷹羽狩行
かそけさは昼のほたるの翅をひらく 松村蒼石 寒鶯抄
かりかごのぬれ草にゐる初ほたる 飯田蛇笏 春蘭
きりさめにほたる火しづむやへむぐら 飯田蛇笏 春蘭
しがらみの上なり螢火のかぐら 鷹羽狩行
しばたたく老眼 蛍火か 星か 伊丹三樹彦
すすみ来し空間かへす一蛍火 山口誓子
てうつしにひかりつめたきほたるかな 飯田蛇笏 春蘭
とらへたるひかり手をすくほたるかな 飯田蛇笏 春蘭
どこに吊りても螢火の弱りがち 能村登四郎
はかなさはいづれ衣の香と蛍火と 桂信子 花影
ふわ~と螢火太く息づきぬ 川端茅舎
ほたるいか山の船津の町に売る 山口青邨
ほたるとぶ光りいろめく宵の口 飯田蛇笏 椿花集
ほたるの火ふたゝびは見ず火山灰のみち 及川貞 榧の實
ほたるは闇に草のリズムを光りゆく 荻原井泉水
ほたる火にこごめば匂ふ田水かな 松村蒼石 寒鶯抄
ほたる火のくぐりこぼるる八重むぐら 飯田蛇笏 春蘭
ほたる火の冷たさをこそ火と言はめ 能村登四郎
ほたる火や服薬毫も疑はず 岡本眸
ほたる火や馬鈴薯の花ぬるる夜を 飯田蛇笏 春蘭
ほたる火を*つぐみてきたる河童子 飯田蛇笏 霊芝
ほたる火をほろと零せりひとり閨 能村登四郎
ほたる火を曳きつぶしたる艫縄かな 飯田蛇笏 霊芝
ほたる烏賊出そめし木々の芽も育ち 鈴木真砂女 夕螢
ほたる狩帰路の遅月さしにけり 飯田蛇笏 椿花集
ほたる飛ぶ水は暗いほうへ流れる 荻原井泉水
みみたぶの螢火歩みきたるなり 平井照敏 猫町
むかうから皆迎へ灯の蛍火や 中村草田男
むしむしと風螢火を煽りゐる 佐藤鬼房
もしほたるゝ京の娘のおよぎ哉 正岡子規 海水浴
もつれては葦間のほたるおつるあり 飯田蛇笏 春蘭
ゆつくりと息づく雨後の螢火は 能村登四郎
ゆめもまた大き蛍火うつつかな 高屋窓秋
より強き蛍火となり逃れたる 岡本眸
わが息の合ひて螢火明滅す 鷲谷七菜子 黄炎
わが追ひし螢火のわが胸元ヘ 鷹羽狩行
一点の蛍火獲たる子羨し 山口誓子
一螢火落つ山裾の真暗かり 佐藤鬼房
一螢火高樹に沿ひて昇天す 上田五千石 田園
三越の鉄扉小暗しほたる買ふ 石橋秀野
世に螢売ほどあはれなるはなし 鷹羽狩行
両眼にひとつ螢火遊ばしぬ 岸田稚魚 紅葉山
二つ目の螢火一つめより強し 岸田稚魚 紅葉山
今少し若くて来たしほたる狩 能村登四郎
何思ひたつ螢火の急上昇 上田五千石 風景
先生のほたるの式紙へ少し遠くてゐる膝を組む 中川一碧樓
出動の時ぞ蛍火一斉に 山口誓子
初蛍かなしき家も寐しづまり 日野草城
初蛍つつみて遍照うすら紙 中村草田男
初螢いづくより火を点じ来し 上田五千石 田園
初螢ゆるく文机あるきけり 阿波野青畝
初螢中将姫の染の野を 阿波野青畝
初螢淙々と瀬の鳴れば消ゆ 水原秋櫻子 古鏡
別れ来て雨の蛍火匂ふなり 岡本眸
吹く風をとらへかねたるほたる哉 正岡子規 蛍
吾が頭上越すとき蛍火を滅す 山口誓子
吾が頭上避けて蛍火通りたり 山口誓子
和紙を透して螢火のやさしさよ 鷹羽狩行
地より湧く螢火なりき胸苦し 佐藤鬼房
堰落ちし蛍火ついと現れる 山口誓子
多摩の月妙にも螢火を点じ 川端茅舎
夜の静まりに螢火のゆくへかな 松村蒼石 雪
大橋小橋ほうたるほたる 種田山頭火 草木塔
大沼の夜の光やほたる狩 日野草城
奈良の夜の螢火渇ききりにけり 右城暮石 句集外 昭和二十二年
妻の掌のわれより熱し初蛍 古沢太穂 三十代
妻子佇つ野や螢火の栄華なし 原裕 葦牙
子の寝顔這ふ蛍火よ食へざる詩 佐藤鬼房
山の闇ぬけて螢火高揚る 右城暮石 散歩圏
山の闇出て蛍火の天に入る 右城暮石 句集外 昭和四十年
川べりの木は蛍火の館なる 山口誓子
川渡り来し蛍火の捕へらる 山口誓子
平家蛍おくれとらじと出を待てり 鈴木真砂女 都鳥
庵出る子に松風のほたるかな 飯田蛇笏 山廬集
急流の至近に蛍火をともす 山口誓子
恋をして流刑に遭ふ螢火よ 鷹羽狩行
愁ひ満つ白玉楼の一螢火 佐藤鬼房
感じやすきは螢火を乱費して 上田五千石『田園』補遺
戦死戦災死者の螢火と言ひつべし 三橋敏雄
手に当りこつんと源氏螢かな 飯島晴子
手を執つて青き螢火握らしむ 上田五千石 田園
掌を拍つて樹の螢火を翔たしむる 右城暮石 句集外 昭和四十三年
断崖へ来てひたのぼる螢火は 橋本多佳子
旅にしてけもの路螢火に埋まり 金子兜太
星の散蛍火の散天と地に 山口誓子
星よりも明蛍火の生ける火は 山口誓子
暮色ととのへ蛍火を迎ふ時 山口誓子
月の窓にものの葉うらのほたるかな 飯田蛇笏 山廬集
月の窓にものゝ葉裏のほたるかな 飯田蛇笏 霊芝
月夜にて海に出でゆく初蛍 山口誓子
木の枝にゐて蛍火の数珠つなぎ 山口誓子
森に奥行螢火が点きはじめ 鷹羽狩行
楡の葉に蛍火何の不思議なし 佐藤鬼房
橋に佇つ螢火上下左右より 鷹羽狩行
残りゐる螢火二つ相知らず 上田五千石『琥珀』補遺
水に落ち螢火くらき方へ去る 鷹羽狩行
水際に来て螢火の火を強め 能村登四郎
流螢の上螢火のみなくだる 平畑静塔
深夜手のぬくみで飛翔一螢火 佐藤鬼房
渓風のほたる火見する芹生かな 飯田蛇笏 山廬集
渡し来る一点の灯と螢火と 川端茅舎
源氏蛍わがものがほに闇を切り 鈴木真砂女 都鳥
源氏螢平家螢と掌に這はせ 高野素十
源氏螢翅音聴かせぬ光消し 香西照雄 素心
滝しぶきほたる火にじむほとりかな 飯田蛇笏 霊芝
滝よぎり了へて蛍火ふくらみぬ 岡本眸
滝霧にまひながれゐるほたるかな 飯田蛇笏 春蘭
漆闇ほたるの過ぎしあと滲む 鷹羽狩行
瀧霧にほたる火沁みてながれけり 飯田蛇笏 山響集
瀧霧にまひながれゐるほたるかな 飯田蛇笏 心像
瀧霧に螢火沁みてながれけり 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
瀬をあらびやがて山のすほたるかな 飯田蛇笏 山廬集
狂ひゐし螢火の立ち直りたる 右城暮石 虻峠
猪垣は蛍火を堰く垣ならず 山口誓子
生垣の裾這ふほたる火は妻か 能村登四郎
痛々しはだか電燈螢火に 川端茅舎
癩の踊螢火入れてたけなはに 大野林火 雪華 昭和三十四年
白髪に螢火飾り顕ちませり 藤田湘子 てんてん
眼の前に来し螢火にとまどへる 右城暮石 一芸
砂踏んで蛍火落ちしところまで 山口誓子
籠つけてほたる火しみる甕の水 飯田蛇笏 春蘭
籠を出て一翔長き蛍火よ 山口誓子
籠濡れてこもごもまへるほたるかな 飯田蛇笏 春蘭
胡桃樹下早瀬のほたるよどみては 飯田蛇笏 家郷の霧
花道を飛ぶ蛍火の出揃ひて 山口誓子
草の葉のほたるゆれるや水の音 正岡子規 蛍
草葉照らして螢火の虚空蔵 鷲谷七菜子 天鼓
草螢いやよとこゑのする方に 寒食 星野麥丘人
落葉松の霧にともりし螢火か 相馬遷子 山国
落蛍火を点しつつ土を匐ふ 山口誓子
蛇を恐れ蚯蚓をにくむほたる哉 正岡子規 蛍
蛍火(けいくわ)夜々修道院を乱れ超ゆと 中村草田男
蛍火が星の代りに天降り来る 山口誓子
蛍火が流る岩間を通り抜け 山口誓子
蛍火が満ちて火袋大いなる 山口誓子
蛍火が照らす細かき羽使ひ 山口誓子
蛍火と天なる星と掌をこぼれ 山口誓子
蛍火にもゆる草葉や雨の岸 正岡子規 蛍
蛍火に天蓋の星うつり去り 山口誓子
蛍火に念珠の糸の古びたる 飯田龍太
蛍火のいま息づきを揃へたる 岡本眸
蛍火の二火が一火となりし事 山口誓子
蛍火の奥は乳房のひしめくや 橋閒石 荒栲
蛍火の尾の長引きの 沙羅の花 伊丹三樹彦
蛍火の強火恋する火と思ふ 山口誓子
蛍火の念々かさねもの言はず 中村草田男
蛍火の極眼の火は緑なる 山口誓子
蛍火の決意急転換に知る 山口誓子
蛍火の流れ落ちゆく荒瀬見ゆ 山口誓子
蛍火の無常に且つは迅速に 安住敦
蛍火の砂に落ちたる海の浜 山口誓子
蛍火の空にとぎれて継ぐ火なし 山口誓子
蛍火の虚空を照らし照らしとぶ 山口誓子
蛍火の行動の圏拡がれる 山口誓子
蛍火の闇の深さも利根近き 岡本眸
蛍火の降り来て水に滴るよ 山口誓子
蛍火の青きにおびえそめむとす 日野草城
蛍火の青くなければ情湧かず 鈴木真砂女 都鳥
蛍火の風に消え又風に燃え 深見けん二
蛍火の鮮山の端を空に出て 山口誓子
蛍火はおのが紅き頭照らさざる 山口誓子
蛍火は二人で見れば淋しからず 鈴木真砂女 紫木蓮
蛍火も伊吹の月も美しき 森澄雄
蛍火やいまさら何を咎めだて 鈴木真砂女 紫木蓮
蛍火や仏に問ひてみたきこと 鈴木真砂女 都鳥
蛍火や信濃に下る藪の中 古舘曹人 樹下石上
蛍火や女の道をふみはづし 鈴木真砂女 卯浪
蛍火や少年の肌湯の中に 飯田龍太
蛍火や更けて綺麗な宿厨 岡本眸
蛍火や松十方に暑を岐つ 飯田龍太
蛍火や白き夜道も行路難 中村草田男
蛍火や箸さらさらと女の刻 飯田龍太
蛍火や遺骨の重さやや手慣れ 中村草田男
蛍火を掌中命苦く甘し 中村草田男
蛍火を救ふ寄せてはかへす海 山口誓子
蛍火を獲てざらざらと掌に移す 山口誓子
蜘蛛の囲にかかりし螢火を強む 右城暮石 散歩圏
蜘蛛の囲にかかり蛍火はや食はる 山口誓子
螢とぶほたるは人をえらばざる 亭午 星野麥丘人
螢売みてきしことを夫に告ぐ 三橋鷹女
螢火が三重の塔までは行かず 鷹羽狩行
螢火が掌をもれひとをくらくする 橋本多佳子
螢火が現れものの見えて来し 鷹羽狩行
螢火となり人界を照らし出す 鷹羽狩行
螢火となり鉄門を洩れ出でし 平畑静塔
螢火ともの書くわれと醒めて二時 鷹羽狩行
螢火と水に映れる螢火と 清崎敏郎
螢火と知りて寝落ちし旅泊かな 臼田亜郎 定本亜浪句集
螢火にあらざるひかり光りづめ 右城暮石 天水
螢火にすり抜けらるる身の薄さ 飯島晴子
螢火に多摩の横山眉引ける 川端茅舎
螢火に夜も水明を証しけり 上田五千石『田園』補遺
螢火に天上界の暗き水 原裕 青垣
螢火に幻の手を差し出しぬ 川端茅舎
螢火に思ひ出したる忌のひとつ 能村登四郎
螢火に横縞ありと見て放つ 三橋敏雄
螢火に水晶の杭ぎつしりと 川端茅舎
螢火に真菰は髪の濃ゆさかな 川端茅舎
螢火に眩れ入るなり戀螢 三橋敏雄
螢火に谷毛むくじやら山国は 金子兜太
螢火に象牙の如き杭ぜかな 川端茅舎
螢火に赤き煙草火ひとつくる 百合山羽公 寒雁
螢火に鉄路つめたき露走る 赤尾兜子 蛇
螢火のさかりを映し水地獄 鷹羽狩行
螢火のつめたくひとをめぐりけり 松村蒼石 寒鶯抄
螢火のなかにまじりて明滅せり 平井照敏 天上大風
螢火のひたすら照らす黒きもの 鷹羽狩行
螢火のひとすぢに冷え嗽ぐ 石川桂郎 高蘆
螢火のひとつは父と思ひけり 平井照敏 天上大風
螢火のほかの燈忘れゐたりしよ 右城暮石 虻峠
螢火のほかはへびの目ねずみの目 三橋敏雄
螢火のほか火の気なし子供部屋 鷹羽狩行
螢火の一つつういと離れけり 清崎敏郎
螢火の一直線に吾へ来る 右城暮石 上下
螢火の一翔つよく月よぎる 橋本多佳子
螢火の低きに忌を了りけり 飯島晴子
螢火の光芒ながし梅雨さなか 原石鼎 花影
螢火の初の一匹捕へたり 右城暮石 句集外 昭和六十一年
螢火の初見てすぐに二の火尋む 上田五千石 森林
螢火の動きにつれて闇動く 原裕 葦牙
螢火の堰に落ちたる後知らず 鷹羽狩行
螢火の大き円弧をもて嘆く 鷹羽狩行
螢火の奥は乳房のひしめくや 橋閒石
螢火の崖を下りくる闇の丈 鷹羽狩行
螢火の愛のかがやき憎のひかり 鷹羽狩行
螢火の打ち落とされてスカートに 右城暮石 句集外 昭和六十一年
螢火の数顆をわかち森を出づ 鷹羽狩行
螢火の明滅コンソメスープ来る 大野林火 月魄集 昭和五十五年
螢火の明滅滅の深かりき 細見綾子 曼陀羅
螢火の水に在りともいひつべし 後藤夜半 翠黛
螢火の流転はじまる社頭かな 阿波野青畝
螢火の渦に乗りつつ又飛べり 水原秋櫻子 緑雲
螢火の燃えつつ越えぬ稲架並木 石塚友二 光塵
螢火の燃えつゝ越えぬ稲架並木 石塚友二 光塵
螢火の狂ひつくして寧からず 小林康治 玄霜
螢火の珱珞たれしみぎはかな 川端茅舎
螢火の生き残りゐる骸かな 野見山朱鳥 曼珠沙華
螢火の目つぶしに遭ふとも逢はむ 鷹羽狩行
螢火の籠る木立の喬からず 飯島晴子
螢火の終の一つ火ことぎれし 能村登四郎
螢火の翔ちて樹の闇深くせる 右城暮石 虻峠
螢火の鋭どき杭ぜ燃やしけり 川端茅舎
螢火の闇空事に耽りゐし 右城暮石 句集外 昭和四十七年
螢火の風一筋の湿りかな 岸田稚魚 筍流し
螢火の髪の節目をあきらかに 鷹羽狩行
螢火は行き交ひ絃歌くり返し 中村汀女
螢火へ飛びゆく螢火を細め 右城暮石 句集外 昭和五十一年
螢火もゆるやかに飛ぶ堰の水 右城暮石 虻峠
螢火も花火も見ざる餘生かな 相生垣瓜人 負暄
螢火やある夜は女深酔ひし 鈴木真砂女 夕螢
螢火やこぽりと音す水の渦 山口青邨
螢火やただひとことの責め言葉 鷹羽狩行
螢火やひとり降りたる駅さむき 鷲谷七菜子 黄炎
螢火やまざと逢ひ来し手を垂れて 小林康治 玄霜
螢火やゆかりといふもみんなゆめ 上田五千石 天路
螢火や一過の雨も青くして 中村苑子
螢火や人の上にも夜の恵み 鷹羽狩行
螢火や人を傷つけてはならじ 村山故郷
螢火や夜目にも渦の雲出川 鷲谷七菜子 一盞
螢火や女の道をふみはづし 鈴木真砂女
螢火や山のやうなる百姓家 富安風生
螢火や待つことになほ馴れぬ齢 鷹羽狩行
螢火や心許せば膝くづし 鈴木真砂女 夕螢
螢火や怯みて怯す言の端 小林康治 玄霜
螢火や指で字を書く水の上 上田五千石『森林』補遺
螢火や故旧も老いし草の村 伊藤白潮
螢火や昃れば僧衣真つ黒く 三橋鷹女
螢火や校門閉されたる後も 石塚友二 玉縄以後
螢火や椿泊へ道細り 松崎鉄之介
螢火や樹下一宿の星うすく 右城暮石 句集外 昭和二十二年
螢火や火の冷たさもありといふ 能村登四郎
螢火や疾風のごとき母の脈 石田波郷
螢火や稿とりちらす旅のまへ 水原秋櫻子 帰心
螢火や箋一枚の母の情 鷹羽狩行
螢火や老狂人の浮び出づ 原裕 葦牙
螢火や若狭神社に彦と姫 鷹羽狩行
螢火や語らひあふといへど僧 三橋鷹女
螢火や雨さんさんと野に満てる 臼田亜浪 旅人 抄
螢火や飯盛女飯を盛る 山口青邨
螢火よ山の暮色は押し一手 鷹羽狩行
螢火をうつす泥ごと掴む 橋閒石 無刻
螢火をだます火もありまたたかず 阿波野青畝
螢火を封じて谷の漆闇 鷹羽狩行
螢火を愉しむ童女顔寄せぬ 飯田蛇笏 山響集
螢火を愛して口を開く人 永田耕衣
螢火を拾ひてここは水ほとり 能村登四郎
螢火を撒きて施餓鬼のこと了る 上田五千石『田園』補遺
螢火を消したる闇のなまめかし 右城暮石 句集外 昭和五十二年
螢火を見ず流水の音の闇 相馬遷子 雪嶺
螢火を見下ろす人に加はりぬ 右城暮石 散歩圏
螢火密に灯る山峡城砦めき 楠本憲吉 孤客
螢火忌と呼ばむか晴子逝きたる日 藤田湘子 てんてん
螢火忌のいづこの闇に居給ふや 藤田湘子 てんてん
谷川をながるるほたる舞ひにけり 飯田蛇笏 春蘭
農家の灯目ざし螢火飛び行ける 右城暮石 句集外 昭和四十九年
返しくる平家螢を堰に待つ 鷹羽狩行
逢ひにゆく華鬘なす螢火の中 小林康治 玄霜
金魚田か抛物線の初螢 阿波野青畝
闇中に青田浮ぶや一螢火 相馬遷子 雪嶺
阿波に平家・相模に源氏螢見き 松崎鉄之介
隧道に暮色待たせて螢火は 鷹羽狩行
雨の沼螢火ひとつ光り流れ 橋本多佳子
雨気こめて宵闇の蒸すほたる川 飯田蛇笏 春蘭
雨粒の直撃受けし一螢火 右城暮石 虻峠
露冷えて今宵を死ぬる螢火か 相馬遷子 山国
靄がかり蛍火は恋終りしや 佐藤鬼房
青草にほたる火ともるくすり罎 飯田蛇笏 心像
面影や蛍火消えてそれも消え 上田五千石『天路』補遺
風出でて螢火の道さだまらず 鷹羽狩行
風強きとき螢火の出づるとき 鷹羽狩行
風早に蛍火二点とも見ゆる 山口誓子
高鳴りの白瀬螢火息みじかし 鷲谷七菜子 銃身
魂きわまる螢火おれに眠りあり 金子兜太
麦刈りし夜の蛍火の息長し 右城暮石 句集外 昭和三十一年

以上
by 575fudemakase | 2016-06-02 17:37 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25869331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

雛の句あれこれ
at 2018-02-22 15:53
京雛
at 2018-02-21 10:03
大内雛
at 2018-02-21 10:02
享保雛
at 2018-02-21 10:00
吉野雛
at 2018-02-21 09:59

外部リンク

記事ランキング