蚊遣火 の俳句

蚊遣火 の俳句

蚊遣火 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22800135/

蚊遣火 補遺

いとどしく月に蚊火たく田守かな 飯田蛇笏 山廬集
おくれ毛にけむりまつはり蚊遣香 鷹羽狩行
くすべ足す蚊火にいよ~雨気かな 日野草城
くつろげし胸もと白し蚊遣香 日野草城
さし汐の時の軒端や蚊遣焚く 飯田蛇笏 山廬集
しめやかにひとすぢ秋の蚊遣かな 上田五千石『風景』補遺
すじかひにかげろふ門の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
そよ風に浮足立ちぬ蚊火煙 日野草城
たかどのに源氏の君が蚊遣かな 飯田蛇笏 山廬集
たましひのさびしくいぶる蚊遣かな 日野草城
なぐさみに蚊やりす須磨の夕月夜 正岡子規 蚊遣
なぐさみに蚊遣す須磨の薄月夜 正岡子規 蚊遣
なびく煙 蚊遣の昼の平安な 伊丹三樹彦
にきやかに貧乏村の蚊やり哉 正岡子規 蚊遣
ほそ~と白き煙や蚊遣香 村上鬼城
まつくらな街道にそひ蚊火の宿 福田蓼汀 山火
みちのくは籬の檜葉を蚊遣草 山口青邨
みづうみに月のさしたる蚊遣かな 日野草城
一夜さのなごり蚊遣の草も 中川一碧樓
一筋の秋風なりし蚊遣香 渡邊水巴 白日
二タ夜目は蚊遣の宿となりにけり 伊丹三樹彦
亡き妻の出よと蚊遣の煙かな 正岡子規 蚊遣
亡き妻も出よと蚊遣の煙哉 正岡子規 蚊遣
今はただ蚊火もゆるのみ大雨かな 飯田蛇笏 山廬集
伽羅の蚊遣羅の団扇彼も一時 正岡子規 蚊遣
何なりと草さしくへる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
何思ふ姿あらはす蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
何思ふ室の遊女の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
信者来てねぎらひ行くや蚊火の宿 前田普羅 普羅句集
俳諧事に非ず喪の家に蚊火焚いて 安住敦
傾城の姿あらはす蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
傾城の手つからくへる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
児啼て蚊遣の煙奥くらし 正岡子規 蚊遣
写絵の安井先生の下蚊遣香 山口青邨
初蚊遣香や変らず青き渦 百合山羽公 寒雁
匂ひする園主が菊の蚊遣かな 河東碧梧桐
匂ひゐる厨の忘れ蚊遣かな 石田勝彦 秋興
十六夜や泊りてむせぶ蚊遣香 水原秋櫻子 緑雲
右へなびき左へなびく蚊遣かな 正岡子規 蚊遣
名月はまだ山寺の蚊遣哉 正岡子規 名月
君待つ夜蚊遣の杉のなくなりぬ 正岡子規 蚊遣
唐人の煙たかりたる蚊遣りかな 正岡子規 蚊遣
喰ひ残す蜜柑の皮の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
四萬六千日の門前の蚊火の宿 松本たかし
国々や臭ひことなる蚊遣草 正岡子規 蚊遣草
埓もなや蚊遣の妻の大あくび 日野草城
堀舟の蚊火燃ゆるなり舟あそび 阿波野青畝
塩浜に夜は蚊遣のけふりかな 正岡子規 蚊遣
夏の夜の月かすませる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
夏の夜の月くもらせる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
夏果てぬただ一点の蚊火の闇 水原秋櫻子 蘆雁
夕化粧そろそろ蚊遣焚く用意 後藤比奈夫
夕顔に夕飯いそぐ蚊遣哉 正岡子規 夕顔
夕風に畳はひ行く蚊やり哉 正岡子規 蚊遣
夕飯や蚊遣もつるゝ箸の先 正岡子規 蚊遣
夜雨来ぬ蚊遣火の渦折りてより 石川桂郎 四温
大榾の夜々の蚊遣に細りけり 村上鬼城
大津絵の赤鬼いぶす蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
如意輪寺みち匂ひけり草蚊遣 岡井省二 鹿野
家中に蚊遣火の紅ただ一点 山口誓子
寝る前の秋の蚊遣を一ともし 安住敦
小傾城蚊遣に顔をそむけゝり 正岡子規 蚊遣
小屏風に人しはぶきす夕蚊遣 正岡子規 蚊遣
小芸者の蚊遣も焚かず夕化粧 正岡子規 蚊遣
山家人したゝかくべる蚊遣かな 原石鼎 花影
山寺の方丈深き蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
山踏でならひし草の蚊遣かな 飴山實 辛酉小雪
山里や蚊遣の上を時鳥 正岡子規 時鳥
山陰に小家ありて蚊遣煙る也 正岡子規 蚊遣
山陰の小家ありて蚊遣煙る也 正岡子規 蚊遣
崖錆にいたみし軒の蚊遣かな 原石鼎 花影
徒待や暮れも果てけり蚊火焚かん 石塚友二 光塵
惟盛をくどきかけたる蚊遣かな 正岡子規 蚊遣
懐に蚊取線香や夜店見る 原石鼎 花影
折々はあふいでのける蚊やりかな 正岡子規 蚊遣
文机の下を這ひ出る蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
方丈を蚊遣の煙這ひめくる 正岡子規 蚊遣
旅籠屋に飯くふそばの蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
旅籠屋の飯くふそばに蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
日が射せる秋の蚊遣や忌を訪はる 橋本多佳子
昂り書く手紙よ蚊火の末みだれ 鷲谷七菜子 黄炎
李夫人のあらはれいづる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
楠に二筋われるかやりかな 正岡子規 蚊遣
欄干をのぼる伏家の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
浮世絵の蚊遣の宿の蚊にささる山口青邨
浮島にむかしと同じ蚊遣の香 佐藤鬼房
海賊の船に蚊遣す博奕哉 正岡子規 蚊遣
涼しさや蚊遣線香の灯一点 日野草城
涼臺にくらやみは艶蚊遣香 飯田蛇笏 家郷の霧
湧きあがる貧乏村の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
火柱のはらりと消えし蚊遣かな 阿波野青畝
炎々と蚊火見えそむる運河かな 阿波野青畝
炭竈に哀れ蚊遣の煙かな 正岡子規 炭竈
燕の巣にふしまどふ蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
牛小屋に牛のたくらん蚊遣かな 正岡子規 蚊遣
物うつす筆に蚊遣の煙かな 正岡子規 蚊遣
画姿に誰の廻向の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
留守の家にひとり燃たる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
盆栽に蚊遣の煙かゝりけり 正岡子規 蚊遣
眠たうてあごのまどかに蚊火の妻 日野草城
眠られぬ病者にともる蚊遣香 大野林火 月魄集 距和五十七年
眼に渋る蚊遣や女可愛ゆき日 秋元不死男
短夜のあしたにのこる蚊遣かな 正岡子規 蚊遣
硯師や秋に入りたる昼蚊遣 石田勝彦 百千
神仙を夢みて覚めぬ蚊遣香 日野草城
秋草を描きしものより蚊遣立つ 後藤比奈夫
窓ならぶ長屋つゞきの蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
端居して亡き父います蚊遣香 上田五千石 田園
翠微より蚊火の起居のうかむ時 阿波野青畝
翼張る窓の蘇鉄に蚊遣香 飯田蛇笏 山響集
老杣のあぐらにくらき蚊遣かな 原石鼎 花影
船にたく室の遊女の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
草の香を放ち夜更けの蚊遣香 鷹羽狩行
草分の仕事蚊火立て目をつむる 平畑静塔
蒼*きゅうの礼の手紙に蚊遣の句 高野素十
藪多き侍町の蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
蚊いぶしをして墓の草取り始む 安住敦
蚊いぶしを兼ね坊の杉落葉焚き 鷹羽狩行
蚊柱や蚊遣の煙のよけ具合 正岡子規 蚊柱
蚊火げむり哀しきひとをかくしける 日野草城
蚊火それて灯が宝玉となりにけり 阿波野青畝
蚊火の妻二日居ぬ子を既に待つ 日野草城
蚊火の風夾竹桃の裏白葉 石田波郷
蚊火もえて少し涼しうなりにけり 右城暮石 句集外 昭和六年
蚊火消ゆや乗鞍岳に星ひとつ 水原秋櫻子 葛飾
蚊火焚くや江を汲む妻を遠くより 飯田蛇笏 山廬集
蚊火煙ほどけ初めたり堂廂 石橋秀野
蚊火煙むら~写る鏡かな 日野草城
蚊火煙一抹胸のあたりかな 日野草城
蚊火足して若人ばかり泊り客 及川貞 夕焼
蚊遣して博奕うつ也山の宿 正岡子規 蚊遣
蚊遣して盗人まつや御曹子 正岡子規 蚊遣
蚊遣して酒たけなは也小盗人 正岡子規 蚊遣
蚊遣たき蚊遣点前といふべかり 後藤比奈夫
蚊遣たく煙の中や垣生今津 正岡子規 蚊遣
蚊遣つきて人物思ふ風情哉 正岡子規 蚊遣
蚊遣の草のしめりを知りたりしふたり 中川一碧樓
蚊遣りすてゝ辻君こもをかゝえ行 正岡子規 蚊遣
蚊遣消えて人もの思ふ風情哉 正岡子規 蚊遣
蚊遣火に宿かる法師色白し 正岡子規 蚊遣
蚊遣火に月見ぬ家の涼み哉 正岡子規 納涼
蚊遣火に涙まぎらす別れ哉 正岡子規 蚊遣
蚊遣火のなづみて闇の咫尺かな 飯田蛇笏 霊芝
蚊遣火の外トヘ流るゝ夜目すゞし 右城暮石 句集外 昭和十六年
蚊遣火の灰に風あり後夜の鐘 正岡子規 蚊遣
蚊遣火の煙に跡を隠しけり 正岡子規 蚊遣
蚊遣火の煙の末をながめけり 日野草城
蚊遣火の紅を点じて母の闇 石田勝彦 雙杵
蚊遣火も火の一つなる掟かな 高野素十
蚊遣火やくらし貧しく帯細く 鈴木真砂女 生簀籠
蚊遣火やみすぎよすぎの裏長屋 日野草城
蚊遣火や夜半覚めて炉の身いつぱい 石川桂郎 高蘆
蚊遣火や大豆いくばく持たせかえす 古沢太穂 三十代
蚊遣火や暮れて馬子帰ること遅し 正岡子規 蚊遣
蚊遣火や老母このごろわづらひぬ 正岡子規 蚊遣
蚊遣火や赤子煮え居る鍋の中 正岡子規 蚊遣
蚊遣火や遊里の海は真ンの闇 飯田蛇笏 霊芝
蚊遣火や長柄の橋の鉋屑 正岡子規 蚊遣
蚊遣火燃え直す島の夜 遠い漁火も 伊丹三樹彦
蚊遣焚き一坪ふかく処女仏 古舘曹人 能登の蛙
蚊遣焚き尼の照葉の話など 福田蓼汀 山火
蚊遣焚き祝の句作る草の宿 山口青邨
蚊遣焚くことに気づきて落着きぬ 稲畑汀子
蚊遣粉ノ夜店ニ人ノツドヒケリ 正岡子規 蚊遣
蚊遣香の変らぬかたち海鳴す 桂信子 花影
蚊遣香一*ちゅう尽きて匂ふなり 日野草城
蚊遣香濃くしづみ来る下に臥す 篠原梵 年々去来の花 雨
蚊遣香父のをんなもみんな果て 上田五千石 天路
蚊遣香縷々たり筆は措きがちに 石塚友二 光塵
蚊遣香置けど百姓家の匂ひ 百合山羽公 寒雁
蚊遣香陶の小豚が煙吐く 村山故郷
西晴れて月さす水や蚊遣香 飯田蛇笏 山廬集
親も子も雑魚提げて来る蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
講武所に蚊遣も焚かず夕化粧 正岡子規 蚊遣
貧農となりて蚊いぶし蚋いぶし 阿波野青畝
贋筆の達磨ふすぼる蚊遣かな 正岡子規 蚊遣
路次入れば煙うづまく蚊遣かな 正岡子規 蚊遣
路次入れば煙がちなる蚊やり哉 正岡子規 蚊遣
身のゆかりさびしくなりぬ蚊遣香 上田五千石『琥珀』補遺
辻君の留守に燃えるたる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
辻堂に鼾聞ゆる蚊遣かな 正岡子規 蚊遣
道端で*たくこともある蚊遣香 後藤比奈夫
遠方に友や在すらむ蚊火明り 石塚友二 光塵
遠蚊火がよべもこよひも小火のごと 阿波野青畝
遠蚊火に見ゆる二人のやさしさよ 阿波野青畝
遠蚊火のふと人影に遮ぎられ 大野林火 早桃 太白集
鉢木の謡にむせぶ蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
門番の窓にわき出る蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
関守が火鉢にくべる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
闇中の蚊火の一つ目眠くなりぬ 石塚友二 磊[カイ]集
雲水の作法に庫裡の蚊遣香 後藤比奈夫
霧深き賎が伏家の蚊遣かな 正岡子規 蚊遣
面白う紙帳をめぐる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣
風吹て蚊遣にけふる小村哉 正岡子規 蚊遣
馬方の喧嘩も果てゝ蚊遣かな 河東碧梧桐
鬼婆々の泪見せたる蚊遣哉 正岡子規 蚊遣

蚊遣火 続補遺

あさがほや宵のかやりの焼ぼこり 昌房
かた里は外トでめし喰蚊遣かな 重五
かやり火に挟箱から団扇かな 其角
かやり火のうたてのこるや夜の儘 炭太祇
かやり火や窓にさし込月の影 蘆文
かやり火や隠し女房のかげぼうし 李由
かんがりと消て物うきかやりかな 梢風尼
たなびきて跡なき須磨の蚊遣かな 桜井梅室
てゝら着て焚がいかにも蚊遣哉 寥松
どしぐいの障子をはじく蚊遣哉 りん女
やう~と涼敷なればかやりかな 不玉
一方をふせげばからき蚊遣哉 正秀
三日月にふすりのかゝる蚊遣哉 野紅
下京やかやりにくれし藍の茎 加舎白雄
伯母御前の長家住居やたく蚊遣 鈴木道彦
別いふ手すさびなくて蚊遣哉 松岡青蘿
古寺をかりて蚊遣も夜半かな 正秀
吹折て蟇のむせびしかやり哉 高井几董
団扇売る子をばねさせて蚊遣哉 木導
囲車の子の門に泣ゐる蚊遣かな 高桑闌更
宗鑑が竹の挽香を蚊遣かな 高井几董
寺島は松葉焚るも蚊遣かな 馬場存義
弘法を狸にしたる蚊遣かな 支考
待恋の先づ闇つくる蚊遣かな 吐月 発句類聚
恋しくばみせむ裸のかやり焼 土芳
我宿へよりもつかれぬ蚊遣かな 桜井梅室
摺鉢や蚊遣を捨て唐がらし 許六
旅人の箸で扱ふかやりかな 成田蒼虬
旅寐して香わろき草の蚊遣哉 去来
松山に焚込である蚊遣哉 田川鳳朗
此庭やよその蚊遣の通り道 田川鳳朗
沓作り藁打霄の蚊遣哉 其角
燃あがる蚊遣に見ゆる馳走哉 成田蒼虬
白露の中で手をやく蚊遣かな 桜井梅室
秋たつや霄の蚊遣の露じめり 高井几董
蓬生や君がためとて焚蚊遣 高桑闌更
蚊火の埃かゝるや蜑が笹まくら 長翠
蚊遣たくこゝろ今まではなかりけり 完来
蚊遣にはなさで香たく悔み哉 去来
蚊遣木や女の斧に石をわる 嵐雪
蚊遣木や斧に女の石をうつ 嵐雪 玄峰集
蚊遣火に並べて行や一徳利 成田蒼虬
蚊遣火に団当けり秋の風 許六
蚊遣火に挟み箱から団扇かな 其角 五元集拾遺
蚊遣火の咽にそるゝほたるかな 許六
蚊遣火の燃て傾く女かな 友角 東潮独[口金]抜露集
蚊遣火もみゆや戸ざゝぬ門並び 炭太祇
蚊遣火や床にかさなる写し物 夕兆
蚊遣火や食にさしあふ西の岡 乙訓
行水の下たき立るかやりかな 野明
身のひとつあふいで廻る蚊遣哉 成田蒼虬

以上
by 575fudemakase | 2016-06-11 15:00 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25900571
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

木の葉蝶 の俳句
at 2018-08-15 06:36
トンネル の俳句
at 2018-08-12 07:10
浮輪 の俳句
at 2018-08-12 07:09
相模 の俳句
at 2018-08-08 09:07
猪独活 の俳句
at 2018-08-02 13:17

外部リンク

記事ランキング