夏至 の俳句

夏至 の俳句

夏至 の例句 (←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/22742532/



夏至 補遺

あらくさの香立ちてありし夏至のころ 岸田稚魚
あらむとす夏至を過ぎたるさぶしさも 相生垣瓜人 明治草
けふ夏至の一望の川静臥椅子 中村苑子
この萩や雑草園の夏至を告ぐ 阿波野青畝
つくづくとひとりの我が歩夏至歩く 右城暮石 句集外 昭和四十八年
のびきつて夏至に逢ふたる葵かな 正岡子規 夏至
ほころびの初々しさよ夏至の萩 阿波野青畝
ほとほと夏至 海見て 山見て にれがむ牛 伊丹三樹彦
ぼんやりと夏至を過せり脹脛(ふくらはぎ) 佐藤鬼房
まさに夏至わが体熱を煽れるは 佐藤鬼房
コーヒー奢って 刑事立ち去る 夏至の巷 伊丹三樹彦
ハープひく漁港の船の夏至白夜 飯田蛇笏 春蘭
ハープ弾く漁港の船の夏至白衣 飯田蛇笏 山響集
世の父の為にぞ夏至の譲られし 相生垣瓜人 負暄
冬至にも見ざりし夏至の暗さなり 相生垣瓜人 微茫集
夏至が晴れその全貌を現せり 相生垣瓜人 負暄
夏至なるに紫陽花の色極まらず 相生垣瓜人 負暄
夏至なればその夕景に留意せり 相生垣瓜人 負暄
夏至なれば物々しげに暮れてゆく 相生垣瓜人 明治草
夏至の夕見終る根気無かりけり 相生垣瓜人 負暄
夏至の夜の卵白のよく泡立ちし 中村苑子
夏至の夜の巻きもどしたる厠紙 能村登四郎
夏至の夜を水鶏笛吹く宿の女 中村苑子
夏至の日のはんぱに終る書き仕事 能村登四郎
夏至の日のアイヌのものの石柱 高野素十
夏至の日の入るにもあらず厚曇 佐藤鬼房
夏至の日の団扇立なる奈良団扇 後藤夜半 底紅
夏至の日の家居いづくに立つも風 岡本眸
夏至の日の射すあらくさのいろいろに 岸田稚魚
夏至の日の手足明るく目覚めけり 岡本眸
夏至の日の赤き花買ひ線路越す 岡本眸
夏至の日も静かに闇に消えゆけり 相生垣瓜人 負暄
夏至の湯にただよふ赤眼老いた漁夫 伊丹三樹彦
夏至の花卉夜は汐騒の遠かりき 飯田蛇笏 白嶽
夏至の萩紅一点を明らかに 阿波野青畝
夏至の雨娘ひとり舟をただよはす 飯田蛇笏 春蘭
夏至の雨鴉とほんとしてゐたる 星野麥丘人
夏至もまた梅雨の隠微に倣ふなり 相生垣瓜人 微茫集
夏至愉し牛と羊は野にあそぶ 阿波野青畝
夏至白夜濤たちしらむ漁港かな 飯田蛇笏 春蘭
夏至空の暮六つを啼く海の鳥 上田五千石 琥珀
夏至耿とわだつ海あり汀あり 岡井省二 鯛の鯛
夏至近き日の幅とこそ知られけり 石塚友二 磊[カイ]集
夏至近し橋の真中に草噴きて 岡本眸
夏至過ぎて吾に寝ぬ夜の長くなる 正岡子規 夏至
夏至金色夏至の大日如来なり 岡井省二 大日
夏至鳥や啼くにも倦んで枝うつり 前田普羅 春寒浅間山
夕刊に夏至の匂ひのありにけり 百合山羽公 樂土以後
大雨量かぶりて僅か夏至の芦 百合山羽公 寒雁
子守老婆に 夏至の水車の水 遊ぶ 伊丹三樹彦
山の木の葉音さやかや夏至の雨 鷲谷七菜子 一盞
心澄めば怒濤ぞきこゆ夏至の雨 臼田亜郎 定本亜浪句集
日枝を出て愛宕に夏至の入日哉 三宅嘯山
晩年の一日の夏至の雨に籠る 大野林火 方円集 昭和五十年
晴れし夏至悔い無く暮れてゆきにけむ 相生垣瓜人 負暄
暗き梅雨夏至の為にも譲らざる 相生垣瓜人 明治草抄
暮れなづむ夏至ビフテキの血を流す 松崎鉄之介
桐大葉重なり重なり夏至到る 村山故郷
梅雨が又終日夏至を虐げし 相生垣瓜人 負暄
梅雨とやや異なる夏至の暗さかな 相生垣瓜人 負暄
梅雨ながら且つ夏至ながら暮れてゆく 相生垣瓜人 負暄
梔子と夏至の夕べを共にせり 相生垣瓜人 明治草
梢なる小鳥の喃語夏至夕べ 林翔
水べりのやうな日暮を夏至といふ 岡本眸
湯浴みして夏至の夕べに臨みけり 相生垣瓜人 負暄
濃厚にあらざる夏至の夕日見し 相生垣瓜人 負暄
白衣きて禰宜にもなるや夏至の杣 飯田蛇笏 山廬集
禁煙す夏至の夕べのなど永き 臼田亜郎 定本亜浪句集
花街 夏至 手庇歩きの妓がひとり 伊丹三樹彦
萍や夏至の太陽やゝ西に 百合山羽公 故園
踏切に運河に夏至の夕あかり 岡本眸
遠騎の所々を戻るや夏至の暮 三宅嘯山
金借りに鉄扉重しや夏至の雨 角川源義
雨の貌腕もて拭ひ夏至なりけり 岡本眸
風の木のそのまま夏至の日暮れの木 岸田稚魚

以上
by 575fudemakase | 2016-06-25 17:51 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/25949516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

文房具の俳句あれこれ
at 2018-07-23 10:16
サインペン の俳句
at 2018-07-23 09:51
クリップ の俳句
at 2018-07-23 09:50
アルバム の俳句
at 2018-07-23 09:47
ホチキス の俳句
at 2018-07-23 09:45

外部リンク

記事ランキング