西瓜 の俳句

西瓜 の俳句

西瓜 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/24713582/


西瓜 補遺

けさ涼しき風の立ちゐし西瓜畑 右城暮石 句集外 昭和二年
さぶさぶと西瓜啖ふ娼婦も啖へる 伊丹三樹彦
すてゝある西瓜の皮や堂の前 正岡子規 西瓜
たたら跡見終へて西瓜かぶりつく 松崎鉄之介
だまされて薄桃色の西瓜哉 正岡子規 西瓜
つまづきてつかむ西瓜の種ひとつ 加藤秋邨
どこにこのしぶとき重さ西瓜抱く 山口誓子
ふいにわれ西瓜の種子のごときかな 平井照敏 天上大風
まんまろき月のあがりし西瓜番 富安風生
むすびこす水引しめる西瓜かな 飯田蛇笏 心像
ものもいはで喰ひついたる西瓜哉 正岡子規 西瓜
トラックに西瓜の丸さ一個一個 右城暮石 句集外 昭和二十五年
トラックの上より西瓜易々と投ぐ 伊丹三樹彦
万惣に黒人きたり西瓜食ふ 渡邊白泉
上手より西瓜流さん桂川 正岡子規 西瓜
下士来たり西瓜泥棒敬礼す 渡邊白泉
世の中ようれぬ西瓜のひとかゝへ 正岡子規 西瓜
両断の西瓜たほるる東西に 日野草城
乱れたる西瓜の皿も退りけり 中村汀女
乳臭き幼児もまへに西瓜割る 百合山羽公 故園
人中に西瓜提灯ともし来る 高野素十
仏頭に供へて西瓜仏頭大 鷹羽狩行
供へたるいびつな西瓜島の盆 清崎敏郎
俤や夢のごとくに西瓜舟 石塚友二 磊[カイ]集
冷蔵庫西瓜もつともなまぐさし 山田みづえ 手甲
切西瓜発止発止と種黒し 後藤比奈夫
切賣の西瓜くふなり市の月 正岡子規 西瓜
割られたる西瓜哄笑ひろげたり 野澤節子 八朶集以後
即席の西瓜提灯笑ひけり 阿波野青畝
君來ばと西瓜抱えて待つ夜かな 正岡子規 西瓜
地車にすこし間のある西瓜食む 飴山實 花浴び
執刀のごとく西瓜を前にせる 上田五千石『風景』補遺
夏の果て西瓜大きく切られけり 鈴木真砂女 紫木蓮
大ローマ帝国の遺跡西瓜売る 飴山實 花浴び
大寒の西瓜を売れり恬として 相生垣瓜人 明治草抄
天秤をしなはせ通ふ西瓜売 阿波野青畝
女の童西瓜を食ひつつ歓べり 渡邊白泉
姑亡くて盆の大きな西瓜食ぶ 雨滴集 星野麥丘人
季すぎし西瓜を音もなく食へり 能村登四郎
家あとに西瓜のころぶ杜国かな 平井照敏 猫町
寺清水西瓜も見えず秋老いぬ 正岡子規 西瓜
岬広らに今年の峯雲ごろ西瓜 古沢太穂 捲かるる鴎
幼なの絵西瓜の種を画きすぎて 後藤比奈夫
床の間に兀坐するなる西瓜かな 相生垣瓜人 負暄
怨敵のごと白刃を入るる西瓜かな 村山故郷
患者らに妻もまじれり西瓜食ふ 石田波郷
投げ出されたやうな西瓜が太つて行く 尾崎放哉 小豆島時代
掛り鮎嗅げば西瓜のにほひせり 右城暮石 天水
揃はねば切れぬ西瓜をもて余す 稲畑汀子
提灯の西瓜の坐りごこちかな 鷹羽狩行
提灯の西瓜耳鼻科に用ありげ 後藤比奈夫
敲けばか西瓜は赤し肺わろし 正岡子規 西瓜
旱雲西瓜を切れば眞赤也 正岡子規 西瓜
星雲の暗きところに西瓜種子 佐藤鬼房
暑さ憎む日もつやつやと西瓜種(神戸、金子兜太居) 細見綾子
月の氾濫西瓜車に牛繋ぎ 三橋鷹女
桃賣の西瓜食ひ居る木陰哉 正岡子規 西瓜
椽端に馬追啼くや西瓜の灯 正岡子規 馬追
横たはる西瓜の号はツエペリン 川端茅舎
横町や祗園祭の西瓜店 正岡子規 祗園会
歌もなし朱印さひしき西瓜哉 正岡子規 西瓜
残年を算へず西瓜すすりをり 上田五千石『天路』補遺
水のごとき雲ながれをり西瓜売 加藤秋邨
水平座さがして陋屋に西瓜置く 中村草田男
水槽の西瓜に押され胡瓜茄子 右城暮石 散歩圏
海の話赤道祭や西瓜割る 及川貞 夕焼
海際に跼みて紅き西瓜食ふ 山口誓子
炊餐の焦げ跡西瓜実生えせる 右城暮石 天水
物の足らぬ中のこの大いなる西瓜ざつくりと切れ 荻原井泉水
献金に行く子ら西瓜よく冷えん 渡邊水巴 富士
玄関に活花代り西瓜二個 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
田舎の友来りて西瓜ずしと置く 伊丹三樹彦
病む母の前に西瓜の種を吐きすてており 荻原井泉水
白雨去る島の台地の西瓜濡らし 大野林火 雪華 昭和三十六年
盧舎那佛西瓜まるごと供へられ 津田清子
目しひして下段の構へ西瓜割 平畑静塔
真処女や西瓜を喰めば鋼の香 津田清子 礼拝
砂丘沃ゆ西瓜の黝き蜑の昼 飯田蛇笏 霊芝
神学者西瓜の種を吐きあひて 有馬朗人 立志
秋もやゝ縞濃き西瓜累積す 百合山羽公 故園
竹林に捨てし西瓜の皮赤し 右城暮石 一芸
篠山街道西瓜を縁にころがせて(丹波、立杭焼窯) 細見綾子
経木帽被せてありたる西瓜かな 右城暮石 一芸
縞西瓜日覆の縞が下り隠す 渡邊白泉
考へて西瓜の種子は飛ばしたり 加藤秋邨
肉赤く西瓜提灯ともされず 鷹羽狩行
舌に触れ西瓜の種の皆同じ 高浜年尾
船頭の西瓜を切るや涼船 正岡子規 西瓜
葉と同じ迷彩西瓜太り来し 右城暮石 天水
薄月夜西瓜を盜む心あり 正岡子規 西瓜
蟷螂や西瓜の甲かゝんとす 正岡子規 蟷螂
西も蝉東も蝉や西瓜切る 日野草城
西域の旅の起き抜け西瓜食ふ 松崎鉄之介
西日さす三和土のうへに西瓜買ふ 百合山羽公 故園
西瓜くふあとにものうきゝぬた哉 正岡子規 西瓜
西瓜さへ表は青し蕃椒 正岡子規 西瓜
西瓜には縞ありて生きる歓び 山口誓子
西瓜の皮だけが生色 黒い河口 伊丹三樹彦
西瓜の皮につく鹿のゐてけさの秋 右城暮石 句集外 昭和十一年
西瓜の種 吐いて 在郷一時間 伊丹三樹彦
西瓜の種灼土に吐き蔑みき 加藤秋邨
西瓜の紅き肉たべ余し人と会ふ 津田清子 礼拝
西瓜の青さごろごろとみて庵に入る 尾崎放哉 小豆島時代
西瓜の黒き種吐く牧師夫妻の皿 右城暮石 句集外 昭和二十六年
西瓜はむ石灯籠のうしろかな 飴山實 花浴び
西瓜より真桑に夢はありにけり 石塚友二 玉縄抄
西瓜わらん桔梗の花のつほむ頃 正岡子規 西瓜
西瓜一片預く隣家の冷蔵庫 伊丹三樹彦
西瓜切り据ゑてしばらく刃を引かず 上田五千石 風景
西瓜切るこぶしのさえや刄の雫 正岡子規 西瓜
西瓜切る蛙のやうに平たい掌 有馬朗人 母国拾遺
西瓜割つて誰に頒たむ病個室 石田波郷
西瓜割りすぐに夕ベの米洗ふ 百合山羽公 故園
西瓜割るそこから赤の世界かな 加藤秋邨
西瓜割る亡き子いつでも駈けてをり 加藤秋邨
西瓜去り塩辛来る残暑かな 百合山羽公 寒雁
西瓜叩いて老モンゴルの言ひたきこと 加藤秋邨
西瓜抱き産まざる乳房遺すなよ 鷹羽狩行
西瓜提げ暖簾の棒は子が担ぐ 岡本眸
西瓜照り合う 有髪の僧の檀家廻り 伊丹三樹彦
西瓜畑に西瓜の有りの儘なる 山口誓子
西瓜磊塊たり一刀にぶつたぎれ 日野草城
西瓜種吐き出す炭住西日の窓(静岡県田川郡) 細見綾子
西瓜舟天の河原につきにけり 正岡子規 西瓜
西瓜蔓のび風除の麦は穂を 山口青邨
西瓜蔓よくのびここら長者村 山口青邨
西瓜買ふて闇の方より歸りけり 正岡子規 西瓜
西瓜赤き三角童女の胸隠る 野澤節子 雪しろ
西瓜赤し山骨南面雨乾く 中村草田男
西瓜赤し緘黙を強ひられし世も 藤田湘子 神楽
西瓜食ひ桃食ひ梅雨を軽んぜり 相生垣瓜人 負暄
西瓜食ふやハラリ~と種を吐く 前田普羅 普羅句集
西瓜食ふ大いなる蝶ひたに舞ひ 加藤秋邨
西瓜食ふ諾ともあらず頷きて 上田五千石『風景』補遺
西瓜食ぶ夕べの膝を大くづし 石田勝彦 秋興以後
西瓜食ぶ大きな話しつつ食ぶ 高田風人子
西瓜食べんと各々壁を離れたり 中村草田男
西瓜食む鴉に爪と嘴とあり 原石鼎 花影
見かけたる西瓜提燈バスを待つ 清崎敏郎
見られゐて種出しにくき西瓜かな 稲畑汀子
観音に西瓜供へて合掌す 細見綾子
試驗所に西洋種の西瓜哉 正岡子規 西瓜
赤行燈西瓜を切りて竝べけり 正岡子規 西瓜
起し繪を照す西瓜の灯籠哉 正岡子規 西瓜
返り血も浴びず一刀西瓜割 平畑静塔
遠州灘よせて西瓜の青縞目 百合山羽公 寒雁
還俗や西瓜提灯ともさるる 阿波野青畝
陋屋に食われし西瓜両端立て 金子兜太
隅田川西瓜の皮の流れけり 正岡子規 西瓜
風吹て見てもころげぬ西瓜哉 正岡子規 西瓜
風呂を出て西瓜を切れと命じけり 正岡子規 西瓜
風呂敷のうすくて西瓜まんまるし 右城暮石 声と声
食べ残された西瓜の赤さ蜻蛉の谷 金子兜太
駅柵に乗り西瓜食ふ大人の真似 右城暮石 句集外 昭和三十七年
鮎網に西瓜の皮のかかりたる 右城暮石 句集外 昭和四十六年

西瓜 続補遺

あぢきなの白き西瓜や*たままつり 五明
うら町や西瓜に並ぶうたひ本 曲翠
から井戸は西瓜に逢ず月のみか 鬼貫
こけざまにほうと抱ゆる西瓜哉 去来
しやあとして西瓜畑の野分かな 許六
すか~と西瓜切也秋のかぜ 陽和
そのつるや西瓜上戸の花の種 沾圃
なつと秋とふたつにわりし西瓜哉 夏目成美
ほと~とならして廻る西瓜かな 風国
まだしらぬ人もありつる西瓜かな 正秀
やぶいりの挾箱より西瓜哉 野径
七夕に蓋取ッて見る西瓜哉 怒風
七夕の鞠の手前で西瓜哉 許六
世にすめば扣かれくらす西瓜哉 許六
人中へ出さるゝものやまづ西瓜 凉菟
人中へ出さるゝ物や先西瓜 凉菟
人心へだてぬ中の西瓜哉 凉菟
出女の口紅おしむ西瓜哉 支考
切ルうちに匂ひも浅き西瓜哉 介我
喰入て西瓜に兀げぬ作り髭 三宅嘯山
寺入の子の名書たる西瓜かな 桜井梅室
小僧共いつぱいたかる西瓜かな 小春
山城がまだ鋳ぬ形や鈷西瓜 其角
弥太夫が烏帽子取たる西瓜哉 魯九
手討した下から笑ふ西瓜哉 去来
末つむや西瓜をかぢる妻の鼻 東皐
板の間に子の這かゝる西瓜哉 使帆
桃咲や西瓜畠のあらおこし 建部巣兆
此わかれ腸つかむ西瓜かな 朱拙
狗吼て西瓜残せし捨子哉 凉菟
猪の鼻ぐずつかす西瓜かな 卯七
玉まつりつく~と見る西瓜哉 及肩
用がまし西瓜をひたす縄くばり 鈴木道彦
畠から西瓜くれたる庵かな 炭太祇
相撲取の相手に出たる西瓜哉 吾仲
織女や宿直袋の西瓜出せ 許六
老ぬれば西瓜に辷るおどり哉 建部巣兆
萩な刈そ西瓜に枕かす男 其角
西瓜くふ奴の髭の流れけり 其角 花摘
西瓜くふ跡は安達が原なれや 其角
西瓜にもはなれてさむしきり~す 北枝
西瓜にも斬捨はあり薩摩潟 馬場存義
西瓜ひとり野分をしらぬ朝かな 素堂
西瓜ほどまだ斜あり小望月 許六
西瓜ンと尻をはねるや秋の風 許六
西瓜喰ふ空や今宵の天の川 沙明
西瓜喰時景清が手つきかな 毛〔ガン〕
試に西瓜おとさん山の淵 北枝
身ひとつをもてあつかへる西瓜哉 嵐雪
辻~に切ちらしたる西瓜哉 百里
道満も西瓜の目利違ひけり 三宅嘯山
釣瓶にてあたま破れし西瓜かな 露印

以上
by 575fudemakase | 2016-09-01 05:28 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/26155816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

みさご の俳句
at 2018-11-19 12:43
洋酒いろいろ の俳句
at 2018-11-19 05:31
洋酒あれこれ の俳句
at 2018-11-19 05:29
鷹の俳句 あれこれ
at 2018-11-18 21:24
鷹その他 の俳句
at 2018-11-18 21:20

外部リンク

記事ランキング