無月 の俳句

無月 の俳句

無月 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23206655/

無月 補遺

あまつさへ我家はもりぬ月の雨 正岡子規 無月
おのづから空に目をやる無月かな 森澄雄
くるぶしに流レしたしき無月かな 岡井省二 夏炉
こころあて蜘もはづれし無月かな 阿波野青畝
ずんだ餅あはきあをさの無月かな 大野林火 月魄集 昭和五十六年
せんだんの木のありやうの無月かな 下村槐太 光背
その底に虫を震はす無月かな 林翔
その方を無月あかりと見てゐたり 上田五千石 琥珀
たづさふる手のあたゝかき無月かな 日野草城
ともし火の前に雨ふる無月かな 阿波野青畝
なめらかに無月の茶事を捌かるる 平畑静塔
にぎはしき無月の客となりゆけり 鷹羽狩行
はしり漏縁たたきたる無月かな 阿波野青畝
はし借りて腰かけてゐる無月かな 阿波野青畝
ひろ葉打つ無月の雨となりにけり 杉田久女
ぶらぶらと無月の道をあるきけり 日野草城
べうべうと汐引く川の無月かな 飯田龍太
みごもらぬ妻よ無月の供へ物 松崎鉄之介
みんなみに風魔遅疑して無月かな 阿波野青畝
ガラス越し雨がとびつく無月かな 阿波野青畝
ペン執つて仲秋無月何かせむ 山口青邨
ムニエールの焦げにこだはる無月の夜 佐藤鬼房
ランプ吊る無月の舟の客の中 阿波野青畝
一木あり無月の枝を八方に 高野素十
下水吐く無月の暗渠其処彼処 伊丹三樹彦
乙訓の藪の上なる無月かな 星野麥丘人
五六疋牛牽きつるゝ無月かな 村上鬼城
五指をもて無月の句碑を読まんとす 古舘曹人 能登の蛙
人の世の仲秋無月芋食ひて 山口青邨
人形の熊野舞ふ無月かこちつつ 山口青邨
人間の眼だけ光りて無月なり 能村登四郎
傘の端に月は出てけり宵の雨 正岡子規 無月
傘の端のほのかに白し雨の月 正岡子規 無月
其月は雨がかくして名のこよひ 正岡子規 無月
十三四五六七夜月ナカリケリ 正岡子規 無月
厨の火舌なすばかり無月かな 小林康治 四季貧窮
口重く無月の言葉交しけり 岸田稚魚 紅葉山
句を案す蒲團の中や月の雨 正岡子規 無月
吊ランプゆれて無月の舟過ぐる 阿波野青畝
名を知らぬ山の木の花無月かな 金子兜太
名月も十六夜も皆雨にして 正岡子規 無月
夕顔や遂に無月の雨の音 杉田久女
大磯へまで來てこよひ月もなし 正岡子規 無月
娼家の灯うつりて海の無月かな 村上鬼城
婢に柱鏡も無月かな 高野素十
宇治橋の木の香のしるき無月かな 鷹羽狩行
家四五軒石狩の野の月もなし 正岡子規 無月
宿直の人畳掃く無月かな 山口青邨
寄らで過ぐ港明るき無月かな 日野草城
山深く草捨てられて無月かな 金子兜太
川上は無月の水の高さかな 村上鬼城
庭園燈無月の草を照らしけり 清崎敏郎
恒例の無月と言ひて月見酒 百合山羽公 樂土以後
懐古園蕎麦を味はふ無月かな 阿波野青畝
手探りに芋やたら食ふ無月哉 尾崎放哉 大学時代
提灯に無月の道のやや下り 高野素十
日曜、雨、無月と書いて日記閉づ 安住敦
曼珠沙華無月の客に踏れけり 前田普羅 普羅句集
月の夜をふつてしまうて闇夜哉 正岡子規 無月
月の雨團子を喰ふて將棊哉 正岡子規 無月
月の雨天氣豫報のあたりけり 正岡子規 無月
月もなし円通堂の歌の會 正岡子規 無月
月も見えず大きな波の立つことよ 正岡子規 無月
月見蕎麦飽かねど無月また雨月 水原秋櫻子 蘆雁以後
枝豆を引いて無月の戸にもどる 木村蕪城 一位
柿一つ机に置ける無月かな 加藤秋邨
栃無月の広葉重ねけり 石田波郷
栗食べて栗名月も無月なる 草間時彦
椶櫚を揉む風となりたる無月かな 桂信子 月光抄
母ねむり無月の空のあかるけれ 桂信子 月光抄
浄瑠璃の声割れてゆく無月かな 大野林火 月魄集 昭和五十五年
海の底より子どもの声す無月なり 平井照敏 猫町
淡き霧無月の槻をおほふらし 水原秋櫻子 玄魚
無月とや笑むが定めの翁面 桂信子 草影
無月なりうら安しとも言ふべきか 相生垣瓜人 明治草抄
無月なり芒惜しまず患者たち 石田波郷
無月なり雲鉄板をなせりけり 相生垣瓜人 負暄
無月なる明るさのため忘れ潮 鷹羽狩行
無月なる杉の梢や瑞巌寺 高野素十
無月にて片減り箸が芋を追ふ 能村登四郎
無月にて療舎のごとし幾校舎 能村登四郎
無月の夜モスクワに周波あはせゐる 佐藤鬼房
無月の座亡き誰彼を招じたる 上田五千石『琥珀』補遺
無月の浜白浪ありてさびしからず 大野林火 青水輪 昭和二十六年
無月の灯漏るる田毎の伏屋かな 木村蕪城 一位
無月の窓しばしば開く山泊り 松崎鉄之介
燈の下に無月の芒移しけり 相生垣瓜人 負暄
牛追ふや無月を好む牛の性 村上鬼城
牡丹の彫美しき無月かな 高野素十
犬吠えて上野の森の月もなし 正岡子規 無月
瓜人筆「芋の図」を掛け無月なり 能村登四郎
痩馬の無月に早き足掻かな 村上鬼城
皇后のおん階の無月かな 高野素十
石人の相対したる無月かな 高野素十
窓を閉ぢ帷を垂れて無月かな 松本たかし
端近を鹿がこそつく無月かな 阿波野青畝
笛の音の美しかりし無月かな 高野素十
筌積んで船頭の漕ぐ無月かな 阿波野青畝
籬垣に遠き灯のさす無月かな 日野草城
終に無月穂草の瓶を撤したり 山口誓子
経堂を廻す無月の*く瘻めきて 古舘曹人 能登の蛙
聾に話堰かるる無月かな 石田波郷
膝掛や無月の縁の川の香に 中村汀女
臆病な馬を渡船して無月かな 村上鬼城
舟底を無月の波のたたく音 木村蕪城 寒泉
芋粥の湯気あたらしき無月かな 山田みづえ 草譜
藻を刈つて淋しき沼の無月かな 村上鬼城
行き違ふ船美しき無月かな 上野泰 春潮
襟脚の灯影に浮ぶ無月かな 日野草城
躙口無月の軒に転ぶなよ 平畑静塔
軒行灯火を入れに来る無月かな 山口青邨
近浦に生れし筈の無月かな 佐藤鬼房
進めゆく無月の舟の舳かな 高野素十
遠めいて無月の灯あり寺なれや 阿波野青畝
門の燈をそがひに仰ぐ無月かな 原石鼎 花影
降つてをり無月につづく朝の雨 村山故郷
雨多き年や月見も雨にして 正岡子規 無月
雨多き秋や月見も雨にして 正岡子規 無月
雲の間匂ひもぞする無月かな 阿波野青畝
雲厚し無月のあはれ知れとこそ 相生垣瓜人 負暄
靴の音やさしく来たる無月かな 日野草城
顔あげて顔の明るむ無月かな 鷹羽狩行
風わづか立つ無月の夜更けしなり 佐藤鬼房
騒然として顔のある無月かな 加藤秋邨

以上
by 575fudemakase | 2016-09-16 12:31 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/26198239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

厚岸草 の俳句
at 2018-09-18 06:55
孤独 の俳句
at 2018-09-12 09:10
紅一点 の俳句
at 2018-09-12 02:27
昭和 の俳句
at 2018-09-11 06:07
カヌー の俳句
at 2018-08-29 08:35

外部リンク

記事ランキング