名月 の俳句

名月 の俳句  

名月 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/23206693/


名月 補遺 の例句(←ここをクリック)
http://fudemaka57.exblog.jp/26198359/


名月 続補遺

きつしりと空にはまりぬ今日の月 田川鳳朗
こそばゆきこゝろや峯に今日の月 吾仲
こゝろみの名月すめり前の宵 田川鳳朗
さし引の汐にながれぬ望月夜 曽良
しかももとの水にはあらず今日の月 露川
その月も此名月か冠やま 桃隣
はし姫の舎るかげなし今日の月 馬場存義
一夜さの十五夜ならし秋の月 田川鳳朗
一夜とは名月までの天の川 卯七
五月雨に名月ありとしらなんだ 支考
今日の月只くらがりが見られけり 小西来山
今日の月満ぬぞ人の丸鏡 越人
何とせう名月なれどなぐれたは 惟然
動ざる星も貴し望月夜 許六
十五夜に弓張も見るいのちかな 桜井梅室
十五夜に近よる月の光りかな 嵐青
十五夜の客はあるじよ後の月 此筋
十五夜の月に打出の浜いづこ 諷竹
十五夜の月のひらきや前後 去来
十五夜の照や~と赤つばき 寂芝
十五夜はさくらにありて朧月 野坡
十五夜や麓の闇に啼蛙 沙明
十五夜を聞明しけり秋の雨 鈴木道彦
十五夜を蔓のとまり歟瓜の花 寥松
名月といふはめでたき月夜哉 井上士朗
名月といふ迄もなき今宵哉 田川鳳朗
名月となりすましけり今日の月 卓池
名月と二つ詠て世をさりぬ 中川乙由
名月と誘出るややまがたな 傘下
名月に*貰ひ合せり須磨の塩 望月宋屋
名月にあからみそめよ櫨楓 文鳥
名月にあふや小庭のひとつ瓜 夏目成美
名月におもしろ過よ梅の花 風国
名月にそろ~似るや宵月夜 木因
名月にとし寄くさき座敷哉 凉菟
名月にひかれて行や里踊 林紅
名月にもたれて廻るはしら哉 野童
名月に一足よれば木の間哉 田川鳳朗
名月に七夕笹の枯葉かな 木因
名月に二階のはやる都かな 吾仲
名月に人の心もすきとほり 史邦
名月に何ぞふれまへ浦の者 土芳
名月に出たる雲の無心哉 朱拙
名月に召や両介はたけ山 木導
名月に富士見ぬ心奢かな 高井几董
名月に寐ぬ薬なりとうがらし 旦藁
名月に屋敷どなりの囃子かな 浪化
名月に後れて昼の円哉 千那
名月に得たりや柿の刻ばさみ 角上
名月に明日の日和の瀬音かな 釣壺
名月に昼の一倍野はひろし 杉風
名月に時雨干けり棚の上 浪化
名月に村間とをき薄かな 呂風
名月に死なば柱の木陰かな 支考
名月に気を持顔の鵆かな 正秀
名月に瓦を江戸の真砂かな 晩得 哲阿弥句藻
名月に蘆の葉黄なり汐の上 椎本才麿
名月に足のうら見る平砂かな 未陌 渡鳥
名月に辻の地蔵のともし哉 黒柳召波
名月に陸より船のけぶりかな 吏全
名月に飛ぬを雨の無念かな 朱拙
名月に鴉は声をのまれけり 智月尼
名月に~とて相撲取り 朱拙
名月のあめやついでも印度茶碗 越人
名月のあるじならましすまし汁 凉菟
名月のうつけ烏や雲のきれ 素覧
名月のうらや扇の二見潟 許六
名月のかりもりになる廿日哉 左次
名月のぐるりの空やうや~し 田川鳳朗
名月のこれもめぐみや菜大根 許六
名月のそらを我めく草木かな 野坡
名月のそら吹とぢよ松のうへ 利牛
名月のはや面白し一*かんな 支考
名月のひかりの垂るや樟(あをき)の葉 寥松
名月のひかりばかりぞにぎはしき 夏目成美
名月のみるめからばや材木座 琴風
名月の一ぱい鳴や秋の虫 風麦
名月の三井には何と泣不動 露川
名月の今にも枯木に咲にけり 路健
名月の傍に更たり水ぐるま 成田蒼虬
名月の出しほ仕なをす雲雀哉 土芳
名月の出処さがせ潮干狩 晩得 哲阿弥句藻
名月の出端とや笛の音羽山 吾仲
名月の初穂に藪の雫哉 寂芝
名月の前へまはるや旅まくら 丈草
名月の前へ廻るや山のつま 林紅
名月の向桟敷や須磨あかし 越人
名月の団友坊はおとこかな 嵐雪
名月の夜にも炭やく煙かな 松窓乙二
名月の座敷はひろし後の月 嵐青
名月の影に名をとる野山かな 蘆本
名月の後も見送るやま路かな 亀世
名月の思ひどころや昼の雲 路健
名月の思ひ処や昼の雲 路健
名月の日南にはする小舟かな 一笑(金沢)
名月の昼のけしきや篷屋形 嵐蘭
名月の昼迄大工遣ひかな 炭太祇
名月の村間遠き薄かな 呂風
名月の来ぬに来るにや十三夜 松窓乙二
名月の松はつめたき光り哉 怒風
名月の枝うつりする山路かな 田川鳳朗
名月の此老ぼれも捨られず 錦江女
名月の海より冷る田簑かな 洒堂
名月の潮に残るや*すえの陰 百里
名月の玉や眉間にうき御堂 千那
名月の田毎もちかし十八里 魯九
名月の目にちいさしや草の花 浪化
名月の空吹とぢよ杉の上 野坡
名月の舟やあそこもこゝもよし 千代尼
名月の船乗捨よ蘆河 支考
名月の西にかゝれば蚊屋のつぎ 如行
名月の跡先たるゝやなぎかな 助然
名月の里の錺リや種ふくべ 桃妖
名月の鏡ねるらん皐月闇 蓼太 蓼太句集二編
名月の間に関ありなごの浦 支考
名月の雨さへたぐひなかりけり 田川鳳朗
名月の雨や柱の泣面 長翠
名月の雨や西施が痘の神 越人
名月の雲にほゆるや山の犬 夏目成美
名月の雲の雫や京葡萄 千那
名月の雲は裏見る模様かな 野坡
名月の雲や尾花の撫掃除 露川
名月の顔つきもなしわたし守 許六
名月の鴈や湖水も七里半 支考
名月の麓の松やおとこやま 蝶羽
名月の麓を売や茂木肴 卯七
名月はすゞしき月のにほひ哉 松窓乙二
名月はふたつこそあれ一よ川 支考
名月は人のなみだの出る夜さか 野坡
名月は十歩に銭を握けり 其角
名月は夜明るきはもなかりけり 越人
名月は座頭の妻の泣夜かな 千那
名月は憂世のほかに沢の音 濁子
名月は月より出て月見かな 露川
名月は絶たる滝のひかり哉 嵐雪
名月は蕎麦の花にて明に鳧 李由
名月は蜂もおよばぬ梢かな 嵐雪
名月もふたつ過たりつゆしぐれ 夏目成美
名月も暁ちかし沙羅双樹 支考
名月も浮世の綺羅や菊紅葉 吾仲
名月も老にけらしなかゞみ池 野坡
名月も葎の宿にかへりけり 夏目成美
名月や*蛆わくやうに船つどひ 介我
名月やあかるいものに行あたり 千代尼
名月やあたりの雲もほめらるゝ 桃隣
名月やあまり競えばつゐ雲に 荻子
名月やいつくしまにも掃除人 野坡
名月やいつもの山を照せども 中川乙由
名月やいなさにはらむ女子嶋 蝶羽
名月やうせて尋る琴の爪 壺中
名月やかねてたのみし松のかげ 林紅
名月やからす羽いろに海の上 支考
名月やかゞやくまゝに袖几帳 其角
名月やくらがりはしる人の形 野坡
名月やくらきところは虫の声 〔ブン〕村
名月やけふは賑ふ秋の暮 支考
名月やけぶりて仕舞夕明り 田川鳳朗
名月やこちでも光る白髪づれ 朱拙
名月やことに虫鳥萩すゝき 羽笠
名月やこなたの森は聖護院 舎羅
名月やこよひの雲は*かやばかり 馬場存義
名月やこゝろの駒の往つ来つ 芦角
名月やさかなにかざす松の影 桜井梅室
名月やさすがに夜の姿にて 去来
名月やさらすはななき商家まで 馬場存義
名月やしづまりかへる土の色 許六
名月やしらぬところの朝朗 野坡
名月やすご~ありく庵の跡 野坡
名月やすらりと高き松の上 木導
名月やすゞ吹雨の晴を見ん 濁子
名月やそのうらも見る丸硯 千代尼
名月やそよ~風に茶の匂ひ 怒風
名月やそゞろに船のよばれける 千那
名月やたがふところに釣の糸 杜若
名月やたがみにせまる旅心 去来
名月やたしかに渡る鶴の声 嵐雪
名月やつき狂ふたる峯の鐘 万子
名月やつゐでに明る日を拝まん 知足
名月やとらへて過る岡の萩 野坡
名月やどこから志賀の都跡 遅望
名月やなつかしとのみ見る斗 成田蒼虬
名月やにしきを下りて草の上 吾仲
名月やぬけば玉ちる砥波山 支考
名月やのこる横川の山のうら 昌房
名月やはづかしの森いかばかり 千代尼
名月やひがし半分かたぶかず 鬼貫
名月やひや~風のくきわたし 怒風
名月やふくるにつけて泣上戸 松岡青蘿
名月やふとんのふさに残る露 りん女
名月やふみはやらぬかやらふかの 芦角
名月やぼんぼり立る殿造 仙化
名月やみなまはりの舟子共 早野巴人
名月やむかしの京は難波の京 十丈
名月やむかふ田面の次第高 此筋
名月やむら雲ひとつ見残さず 田川鳳朗
名月やもたれてまはる椽ばしら 梢風尼
名月やもたれて廻る椽柱 梢風尼
名月やゆや松風に米のめし 程已
名月やよし野ゝ葉にも咲あまり 千代尼
名月やわするゝころを風のふく 夏目成美
名月や一夜深山に住こゝろ 成田蒼虬
名月や一時づゝに舟しめり 三宅嘯山
名月や一燈あぐる御宝前 吏全
名月や一町ばかり橋のかげ 祐甫
名月や三年ぶりに如意が嶽 去来
名月や不二みゆるかとするが町 素龍 炭俵
名月や主もさだめぬ恋のたね 挙白
名月や九つ時を物の種 桃隣
名月や乞食もそゝぐ礒の浪 馬場存義
名月や人に押合ふ鳥の影 千代尼
名月や人の声ふく山おろし 左次
名月や人の白髪の寒かりし 松窓乙二
名月や人を定むる五畳敷 野坡
名月や人を抱手に膝がしら 其角
名月や人肌になる岸の石 杉風
名月や今年も筆にへらず口 其角
名月や仮屋とゝなふ蒲すだれ 正秀
名月や佃を越せば寒うなる 山店 芭蕉庵小文庫
名月や何所までのばす冨士の裾 千代尼
名月や俗名は消ぬ庵の主 野坡
名月や僅かの闇を山の端に 鬼貫
名月や僧はきのふの児なりし 長翠
名月や先ヅ唐土では七御門 白雪
名月や先蓋とつて蕎麦を嗅ぐ 嵐雪
名月や兎煮た家の谷の出来 露印
名月や入山までもたどりつゝ 高桑闌更
名月や入江にさかふ汐と水 十丈
名月や八丈じまの五端懸 其角
名月や冷しきつたる海の上 林紅
名月や半夜は雨にしてとられ 玄梅
名月や厠にて詩の案じくせ 黒柳召波
名月や取帯咄に落にけり 曲水
名月や口の酸うなる空もうし 千川
名月や只うつくしくすみわたる 樗良
名月や名もなき浦は浪の音 許六
名月や君かねてより寝ぬ病 炭太祇
名月や吹くたびれし杜の上 土芳
名月や吹草臥る森の上 土芳
名月や唐までもひとわたり 亀洞
名月や唐土灘の明すかし 魯町
名月や唐崎の雨明てから 千代尼
名月や国侍の豆腐谷 許六
名月や土手のはづれのなびき藪 浪化
名月や地に引替る天の川 松岡青蘿
名月や堅田の庄屋先に立 千那
名月や塩津海津のはしり船 丈草
名月や塵打払ふ摩耶おろし 露印
名月や夜すがら替る水の面 望月宋屋
名月や夜着に逃こむ雨の音 浪化
名月や夜網引かの芝ざかな 加舎白雄
名月や夢待顔の堂の椽 野坡
名月や大津の人の人がまし 尚白
名月や女まじりの唐錦 許六
名月や子ども寐させてよい機嫌 望月宋屋
名月や実なさけありあはれあり 樗良
名月や客を窺ふ門の松 北枝
名月や宵の心は相撲取 桃隣
名月や宵は夜中のひとむかし 松岡青蘿
名月や宵は女の声ばかり 木節
名月や宵寐まどひも人まじり 諷竹
名月や家の扇子はまねきよし 路通
名月や家よりたかき舩の尻 長翠
名月や寺の秘蔵の茶木原 昌房
名月や小さけれども江戸の海 寥松 八朶園句纂
名月や小ぬかこぼれし臼の跡 鈴木道彦
名月や小門に立し白うるり 桜井梅室
名月や居酒のまんと頬かぶり 其角
名月や山からつまるものゝ音 芦角
名月や山はもとよりへの字なり 吾仲
名月や山を引込海あかり 路健
名月や岩戸の暮も面白し 中川乙由
名月や峯こす月の落かゝる 昌房
名月や峯を離るゝ柚の匂ひ 吾仲
名月や川はあさみの底光り 探志
名月や川舟廻す城の下 呂風
名月や川音霧間家つゞき 介我
名月や布施の礒山布施の奥 北枝
名月や常は蚊屋釣ル蝕曇リ 野坡
名月や干湾に移るいそがしさ 露川
名月や年寄こいと鳩の声 斜嶺
名月や広きざしきの二方椽 昌房
名月や座にも引はだ柄袋 洒堂
名月や座敷と次は晴曇り 土芳
名月や座敷をのぞく勝手方 昌房
名月や廬山の芋に雨の音 許六
名月や建さしてある家のむき 加舎白雄
名月や影四ッ橋の橋ばしら 加舎白雄
名月や後は誰着ん檜笠 園女
名月や後れてあとの舞子舟 釣壺
名月や御堂の皷かねて聞ク 其角
名月や御霊祭のすゝ払 三宅嘯山
名月や懐帋拾ひし夜の道 黒柳召波
名月や我は七歩の床ばなれ 中川乙由
名月や我は筆架の影法師 露川
名月や我をあやまつ畠ぬし 野坡
名月や手届きならば何とせむ 千代尼
名月や投盃も草の上 孤屋
名月や押合影は六哥仙 中川乙由
名月や摺火こぼるゝ松のかげ 成田蒼虬
名月や敷物もなきつなぎ船 百里
名月や旅せぬ人も打まじり 園女
名月や日本に過る三保の海 許六
名月や明日は風きれかゞみ 早野巴人
名月や星うちちらす海の幅 十丈
名月や星地に落て小蛤 馬場存義
名月や是が蒔絵の東やま 馬場存義
名月や昼の拍子に浪の上 浪化
名月や昼より高きならのしやか 桃妖
名月や暁近き霧の色 桃隣
名月や更て人なき台子の間 洒堂
名月や更て来日の蜂高き 松岡青蘿
名月や更になわにも葛にも 紫道
名月や月たしかなるひとつ松 其角
名月や月夜と迄は眼も及ぶ 田川鳳朗
名月や木の葉にいたる秋の色 完来
名月や木曽の流の海さかひ 怒風
名月や朱雀の鬼神たえて出ず 高井几董
名月や東さがりによるの山 長翠
名月や松にかゝれば松の花 松岡青蘿
名月や松に名あらば祇王祇女 松岡青蘿
名月や松に陰なふ更るまで 吏全
名月や松も笑ふて居るやうな 吾仲
名月や柳の枝を空へ吹ク 嵐雪
名月や桜にしての遅桜 西鶴
名月や桜の陰も憎まるゝ 中川乙由
名月や梅の立枝も久しぶり 成田蒼虬
名月や梢の鳥は昼の声 杉風
名月や橋を落ても船の上 中川乙由
名月や次而に明日の日を拝まん 知足
名月や歌人に髭のなきがごと 嵐雪
名月や此松陰の硯水 黒柳召波
名月や殊更御簾の揚かげん 中川乙由
名月や殊更海のはなれぎは 蘆本
名月や気は千里づゝ二方縁 遅望
名月や水の中なる哥舞の声 素丸 素丸発句集
名月や水晶のてる砂の上 露川
名月や水気をてらす水の藍 北鯤
名月や江戸は更行江戸見坂 渭北 園圃録
名月や池からあがる梢ごし 除風
名月や池のくもりを掃とらん 木因
名月や池をめぐりて夜もすがら 芭蕉 孤松
名月や汲ぬも寒き水車 池西言水
名月や汲まぬもさむき水車 池西言水
名月や沖も閑にわたり鳥 仙化
名月や波まかしはを此つゐで 園女
名月や浅間が岳も静なり 許六
名月や浜辺の鳥の背高し 中川乙由
名月や浦の戸並の北はらし 除風
名月や海の瀬がたのもつ光り 野紅
名月や海もおもはず山も見ず 去来
名月や海よりうつる藪の中 洒堂
名月や漕がで流るゝ隅田川 錦車 新撰武蔵曲
名月や濡足ぬぐふ一把はら 野坡
名月や火縄もへきる客のふね 野坡
名月や無事に穂を出す竿はづれ 千那
名月や無分別なる伊吹山 毛〔ガン〕
名月や焼火に竹を設ける 仙化
名月や煙はひ行く水の上 嵐雪 萩の露
名月や煙はひ行水の上 嵐雪
名月や煙這ひゆく水のうヘ 服部嵐雪
名月や照も曇もはなれもの 蘆本
名月や照れて水の行ぬ所 猿雖
名月や爰にも雲のちぎれ口 嵐青
名月や爰は朝日もよき所 杉風
名月や物なつかしき野のゆきゝ 成田蒼虬
名月や犬のねてゐる町の中 長虹
名月や猿の谷越髄茎杖 除風
名月や猿もいさかへ峯の松 文鳥
名月や玉ある阿蘇の後より 田川鳳朗
名月や琴柱にさはる栗の皮 園女
名月や瓶子奪合ふ上達*め 黒柳召波
名月や生れかはらば峰の松 蓼太 蓼太句集初編
名月や申酉あれて犬のこゑ 木導
名月や留主の人にも丸ながら 千代尼
名月や畠の小菜の一青み 朱拙
名月や畳の上に松の影 宝井其角
名月や病に宿る影法師 松窓乙二
名月や白きをさらす賀茂の水 三宅嘯山
名月や皺ぶる人の心世話 其角
名月や目につかはるゝ旅奴 桜井梅室
名月や真杉杉原庵ばしら 野坡
名月や真空になりて露くだる 加舎白雄
名月や眠る人さへ酒とらす 泥足
名月や眼にさはる萩すゝき 桃妖
名月や眼に置ながら遠歩行 千代尼
名月や眼ふさげば海と山 加舎白雄
名月や眼をやすむればむしの秋 完来
名月や碁を下さるゝ雨の友 里東
名月や磯辺~の鳰の声 諷竹
名月や礒に小白き蕎麦の花 除風
名月や稲番どもの呼リあひ 呂風
名月や立山岩にひかへたり 秋之坊
名月や竹の林で飲もあり 野坡
名月や竹を定むるむら雀 其角
名月や筆の言葉の引廻じ 園女
名月や筵を撫る礒のやど 惟然
名月や箒にかゝる露の玉 寥松
名月や箔のつゞれのさゝらなみ 野坡
名月や箔紙かゝる児の顔 園女
名月や籾臼やみて虫の声 朱拙
名月や粟に肥たる鶴の友 洒堂
名月や糞船も行伽羅も行 中川乙由
名月や糸瓜の下の捨陶 馬場存義
名月や細工浄るり隙もなき 曲水
名月や絶たる滝のひかり哉 嵐雪
名月や縁とりまはす秬のから 去来
名月や老をかくすかあらはすか 杉風
名月や耳の山かせ目の曇 小西来山
名月や肌は落着くひとへ衣 助然
名月や膳に居えたる東山 支考
名月や舛のむかいの淡路島 許六
名月や舟虫走る石の上 桃隣
名月や船なき磯の岩づたひ 炭太祇
名月や芋堀坊も僧正も 中川乙由
名月や芝の網引に好なもの 凉菟
名月や芦に乗たる鳥の影 寂芝
名月や芦のひと夜を*ふるやかた 加舎白雄
名月や花には関す隠家も 望月宋屋
名月や花屋寐てゐる門の松 炭太祇
名月や茄子畑に人の声 中川乙由
名月や茶の香嗅出す敷莚 野坡
名月や草とも見えず大根畠 小西来山
名月や草には草のすみだ川 田川鳳朗
名月や草のいほりのあたま数 路通
名月や草の菴の人撰び 野坡
名月や草の闇みに白き花 左柳
名月や草木に劣る人のかげ 桜井梅室
名月や蓮の実ぬけし水の音 介我
名月や蔦の手を出すわたつ海 野坡
名月や蔵で蓋する壺の内 土芳
名月や藺の苗植る雨もよひ 木因
名月や虫一処夜もすがら 杜若
名月や蛇の眼円座を持出し 紫道
名月や蜑の藻をたく藪の内 野紅
名月や蟹のあゆみの目は空に 高井几董
名月や行ても~よ所の空 千代尼
名月や行燈見ゆる谷の家 成田蒼虬
名月や衣の袖をひらつかす 路通
名月や衣を通す秋の露 完来
名月や袷着て来る中もどり 浪化
名月や袷羽織のひつ臭き 芦角
名月や親の位牌を松の上 松窓乙二
名月や角硯より丸すゞり 傘下
名月や言ばつゝしむ夜の人 夏目成美
名月や誉られて飛燈取虫 中川乙由
名月や誰が養ひて稲のはな 桃隣
名月や誰吹起す森の鳩 洒堂
名月や誰忍るゝ琵琶の家 車庸
名月や誰~が魂佐渡に飛 千那
名月や赤穂の汐くみいとまなみ 許六
名月や起て詠る夜着の山 中川乙由
名月や車きしらす辻番屋 丈草
名月や軒のしのぶの染はじめ 句空
名月や軒もる雨の音淋し 杉風
名月や辛崎の松せたのはし 高井几董
名月や遠浦舟の人の顔 尚白
名月や酒ほしがほに縁の雨 秋之坊
名月や酒屋をだます作り声 越人
名月や金くらひ子の雨の友 其角
名月や金でつらはるかぐや姫 高井几董
名月や金拾はんとたち出る 黒柳召波
名月や金魚銀魚に散柳 中川乙由
名月や錦けされて草のはら 野坡
名月や鏡にのする里の家 野坡
名月や門に立れし石仏 除風
名月や門司の祭のもどりぶね 魯九
名月や闇を夜明に持ながら 吾仲
名月や闇を尋ぬる鳥もあり 千代尼
名月や闌て琴かる罔両 加舎白雄
名月や降らば降とは常の事 加舎白雄
名月や隠者の門に魚の腸 孤屋
名月や雨にはり合風光 丈草
名月や雨に開いて文字なき葉 園女
名月や雨ふればこそわすられね 田川鳳朗
名月や雨戸を明けて飛出づる 鬼貫
名月や雪踏分て石の音 千代尼
名月や雲から直に松がくれ 土芳
名月や雲の変化の無窮なる 三宅嘯山
名月や雲はむら~有ながら 亀世
名月や雲みんための庭の松 桃隣
名月や雲より下は酒のてり 丈草
名月や雷のこる柿の末 洒堂
名月や霧吹くづす浪の影 史邦
名月や露を蹴させに夜の駒 浪化
名月や青み過たるうすみいろ 惟然
名月や青物店を明ながら 荷兮
名月や鞭で問ヒ寄くさの門 凉菟
名月や鞭をあぐれば阿太子山 風国
名月や顔で丸書くひとりごと 春来 靫随筆
名月や風の力のはれ曇り 三宅嘯山
名月や餅屋をたゝく人も有 越人
名月や鯖野の奥は露どころ 松窓乙二
名月や鳥も寐ぐらの戸をさゝず 千代尼
名月や鶏も烏もおなじ時 嵐青
名月や鶴とも見ゆる白徳利 桜井梅室
名月をはれに山家の祭りかな 卓池
名月を乗せて飛せん四手駕籠 抱一 軽挙観句藻
名月を人にも見せずかくれざと 夏目成美
名月を大事にふくや松のかぜ 夏目成美
名月を家隆にゆるす朧かな 嵐雪
名月を寐るなと鳥の乱けり 濁子
名月を捧てたつや汐がしら 三宅嘯山
名月を照しありくや龍田姫 吾仲
名月を耳に聞夜ぞ竹の雨 支考
名月を追ふてひけ~庭むしろ 夏目成美
夏からの蚊屋はづしけり今日の月 露印
大切に雲こそつゝめ今日の月 路通
家鳩のかへるもけしき月今宵 鈴木道彦
富士に入日を空蝉や今日の月 其
寝た家を白眼やうなり今日の月 中川乙由
山畑に猪の子来たり今日の月 桃隣
山風のあるかなきかに今日の月 樗良
常の日は出て名月は明にけり 三宅嘯山
年~の名月歩行たらぬなり 成田蒼虬
廻廊や潮満月にさくらあり 松岡青蘿
我が門や名月を持水の声 土芳
散舟の名月橋の長~し 仙化
早雲寺名月の雲はやきなり 嵐雪
明月に南に得たり仏頂珠 嵐雪
明月に東坡が腰は駑馬の沓 木導
明月に橋の往来や影まはし 露川
明月に都は芹のもやしかた 建部巣兆
明月に露のながれる瓦かな 井上士朗
明月に鳴て出ぬかほとゝぎす 木導
明月の汐にぬるゝや人の裾 成田蒼虬
明月は瓢の花の家路かな 朱拙
明月やなく顔見たしかぐや姫 風国
明月やなしといはれぬ蛇の足 寥松
明月やはら~鶏の俄客 浪化
明月やまだ姫垣もつくろはず 芙雀
明月やをさなき時の伊勢の海 完来
明月や一声くもる天津雁 許六
明月や不二みゆるかとするが町 素龍
明月や向への柿やでかさるゝ 去来
明月や国では鮎の扇子だけ 凉葉
明月や宇治橋みえていくむかし 完来
明月や家賃の外の坪のうち 野
明月や寝ぬ処には門しめず 風国
明月や小島の蜑の菜つみ舟 建部巣兆
明月や底にも波の深み草 蝶羽
明月や座敷に通す客もなし りん女
明月や座頭の妻のかこち顔 高桑闌更
明月や志賀の礒田の榎の実いろ 智月尼
明月や撞く入あひのかねの上 木導
明月や更科よりのとまり客 凉葉
明月や江はさわ~との声 木導
明月や瀬をなでゝ行雲の影 荻人
明月や灰吹捨る陰もなし 不玉
明月や片手に文と座頭の坊 左柳
明月や物照付て陰さゝず 朱拙
明月や白きにも似ず水の音 千代尼
明月や行燈は梨を切あかり 野坡
明月や道心の名のおもしろき 嵐雪
明月や野中の寺の入つ出つ 野坡
明月や雲間につもる水の音 千代尼
明月や香炉の獅子の口の上 木導
明月や鱸のはねる下屋敷 吏登 吏登句集
時~に十五夜おもへ十三夜 仙化
更級に名月しらぬ主かな 露川
月今宵たれから年のよる皃ぞ 土芳
月今宵出たる山ぞ名はなき歟 杉風
月今宵吹てちる雲かゝる雲 土芳
月今宵故人まぶたにうかむや夢 松岡青蘿
月今宵明るけしきはなかりけり 成田蒼虬
有明もせぬ立派さや今日の月 田川鳳朗
望の夜や人影うごく月の中 寥松
望月や盆草臥で人は寐る 路通
桐の葉の袋ぬはばや今日の月 洒堂
横引の背子にも立か今日の月 紫道
死たしと師走のうそや望月夜 路通
海見ればまた海もよし今日の月 木因
満月になるや真向の馬の影 卯七
満月のさくやひらくや池中の樹 露川
火ともしの神もめづらん月今宵 高桑闌更
父は花酒の母なり今日の月 西鶴
短夜の満月かゝる端山かな 松窓乙二
秋上や満月ほどの餅十五 史邦
筆にとらぬ人もあらうか今日の月 鬼貫
翌の夜は満月さそへ春水 松窓乙二
聖堂の庭に詩人や今日の月 凉菟
舟さすや名月の江のゆがみ形 荊口
舟ならばさぞ名月の十分で 除風
芋の子の名月を待こゝろかな 許六
芝の鐘きゝはづすまじ月今宵 桜井梅室
花生のきく名月は水の上 土芳
花見には留守した婆ゞも今日の月 馬場存義
落る日も名月なれや松の雲 野坡
薄衣やにはげに通る今日の月 介我
蟷螂の小肱とらん今日の月 洒堂
詩歌にも品玉有て豆名月 中川乙由
誰来なんたれも来ざらん月今宵 鈴木道彦
貴様にはさぞ名月の瀬田泊 凉菟
酒臭き皷うちけり今日の月 其角
野分せぬ此名月や三つの草 野坡
鐘の音や名月くらき山の照り 野坡
長嘯の宿坊とひぬ今日の月 許六
長明が気は千畳や今日の月 中川乙由
長閑さの十五夜見べきまつ宵ぞ 鈴木道彦
開戸やたて開しげき今日の月 岱水
雨の中名月一寸こぼれけり 田川鳳朗
雨の神礒歩行する名月歟 松窓乙二

以上
by 575fudemakase | 2016-09-16 13:37 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/26198365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ラーメン の俳句
at 2018-12-09 09:20
さるをがせ の俳句
at 2018-12-08 09:13
日比谷 の俳句
at 2018-12-08 01:36
ジャズ等 の俳句
at 2018-12-05 16:11
新宿 の俳句
at 2018-12-05 15:37

外部リンク

記事ランキング