人気ブログランキング |

四十雀 の俳句

四十雀 の俳句

四十雀

例句を挙げる。


いつ見ても二羽で来てをり四十雀 船坂ちか子
かつ散らす庭の紅葉や四十雀 紅葉 正岡子規
さへづりは夜明け一番四十雀 関正夫
はらはらと飛ぶや紅葉の四十雀 紅葉 正岡子規
ひとしきり四十雀聞く朝ぼらけ 小峯雅子
むづかしやどれが四十雀五十雀 小林一茶
ゆくこころ帰るこころの四十雀 平井照敏
ベレー帽のせて渡らす四十雀 和知喜八 同齢
今朝殊によく囀れり四十雀 谷寿枝
初声の雀の中の四十雀 青柳志解樹
四十雀すとん~とつゞけざま 田村木国
四十雀つれわたりつゝなきにけり 原石鼎
四十雀のつむりの紺や深山晴 加藤青圃
四十雀のつれ渡りつゝ鳴きにけり 原石鼎
四十雀の数来る庭の雀かな 大谷句佛 我は我
四十雀一つの芸を繰り返し 浜川 穂仙
四十雀二羽をり露の枝伝ひ 鈴木しげを
四十雀五十雀よくシヤベル哉 尾崎放哉
四十雀家にかへれば耳掃除 佐伯清翠
四十雀庭に来ていし夜明けかな 吉田季生
四十雀庭木に独りもの言へば 石川桂郎 四温
四十雀来るのみの松や花の雨 碧雲居句集 大谷碧雲居
四十雀来啼きもみぢのふた枝ゆる 木津柳芽 白鷺抄
四十雀松ほがらなる二月かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
四十雀松をこぼるる一精舎 木村蕪城
四十雀瀬音にまぎれまぎれざる 相馬遷子 山河
四十雀絵より小さく来たりけり 中西夕紀「さねさし」
四十雀続く三日の旅の声 村上辰良
四十雀群れをり墓地を買ひ置かむ 石田波郷
四十雀道をよぎりて移りけり 比叡 野村泊月
四十雀銀の笛吹く山日和 大塚宏江
四十雀驟雨をついて餌をはこぶ 花木黎子
団子に柄つけし形に四十雀 高澤良一 暮津
媛宮の巣箱に入りし四十雀 小林篤子
少年の影克明に四十雀 飯田龍太
少年の影刻明に四十雀 飯田龍太「麓の人」
山の杉は暗く愚直に四十雀 森澄雄「花眼」
山晴るることに高鳴き四十雀 岡田日郎
山晴るる日は呼び合ひて四十雀 中島畦雨「山の子」
山頂の一樹占め鳴く四十雀 清水 山彦
得し虫を嘴にたのしも四十雀 大島三平
悲しけれ網はずしつつ四十雀 星野立子
手をあげし人にこぼるゝ四十雀 高浜虚子
掃き終へし庭に来てをり四十雀 柏原眠雨
日枝氷川紅葉に早し四十雀 籾山梓月
早梅や暮れてもきたる四十雀 水原秋桜子
暫くは四十雀来てなつかしき 高浜虚子
曲水や諷詠に入る四十雀 碧雲居句集 大谷碧雲居
来はじめて雨の日も来る四十雀 佐久間潺々
松かさのかさりと落ちぬ四十雀 村上鬼城
松過ぎの一番乗や四十雀 村上 麗人
林中にこゑ透きとほり四十雀 谷島ふみ
柊の花のこぼれや四十雀 浪化
柊は冬まつ花そ四十雀 浪化
桑の土ほこほこゆるみ四十雀 和地清
梅林や何匹となく四十雀 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
榛の芽に毎日鳴くよ四十雀 木の芽 正岡子規
水楢の霧氷を散らし四十雀 小松崎爽青
沙汰なしに渡りてゐるか四十雀 田上尼 俳諧撰集玉藻集
洟水もをさまり四十雀が啼く 臼田亞浪 定本亜浪句集
涼しさは子育てすみし四十雀 矢島渚男 天衣
湧水の光ちらして四十雀 芝山吉宣
牛が食いすすみおり飛ぶ四十雀 和知喜八 同齢
牧場の木々を飛び鳴き四十雀 鵜飼登美子
目覚めれば黄泉の世ならず四十雀 鈴木鴻夫
確信はなけれどそれは四十雀 高澤良一 暮津
神苑の樹に巣立ちたる四十雀 鈴木幸市
秋耕の畔木に啼きて四十雀 石原舟月 山鵲
索道に迫る岩壁四十雀 小川斉東語
組紐の何見せ合ふや四十雀 飴山實 『次の花』
群れ落ちて来し前山の四十雀 高濱年尾 年尾句集
老いの名のありとも知らで四十雀 芭蕉「許六宛書簡」
老の名のありともしらで四十雀 芭蕉
老の名のありとも知らで四十雀 松尾芭蕉
色変へぬ松樅檜四十雀 福永耕二
芝舞台日雀山雀四十雀 星野紗一
花供養の行列囃す四十雀 茂里正治
苔乾ぶ巌掴み翔つ四十雀 石塚友二
若楓揺りつつ鳴くは四十雀 水原秋櫻子
落葉松の高枝声張り四十雀 水野 博子
蘇枋の実からぶる風の四十雀 石原舟月 山鵲
赤松の山の秋の日四十雀 岡井省二
追ひすがり追ひすがり来て四十雀 石田波郷
遠き日のやうにひねもす四十雀 小林 むつ子
雨上るらし波郷忌の四十雀 八木林之介 青霞集
雪吊の縄より縄へ四十雀 森田 愛子
雪晴や愚痴かろやかに四十雀 阿部ひろし
霜枯の湧水ちちと四十雀 深見けん二 日月
飛島川夕日をながし四十雀 吉向宗心
餌の加減して四十雀よく鳴かす 塚谷サカエ
鳴き交はす檜山杉山四十雀 根岸善雄
鳴き合うてゐるは巣立ちの四十雀 青柳志解樹

四十雀 補遺 

かつ散らす庭の紅葉や四十雀 正岡子規 紅葉
だん~に見上ぐる枝の四十雀 高野素十
はらはらと飛ぶや紅葉の四十雀 正岡子規 紅葉
ゆくこころ帰るこころの四十雀 平井照敏
黄塵や垣くぐり来る四十雀 水原秋櫻子 殉教
眼を張つて雪の上とぶ四十雀 飯田龍太
菊に日の短かく四十雀は去り 右城暮石 句集外 昭和十五年
群れ落ちて来し前山の四十雀 高浜年尾
見上げたる梅の梢に四十雀 山口青邨
枯山一角ねむげに日ざす四十雀 森澄雄
山の杉は暗く愚直に四十雀 森澄雄
四十雀つれわたりつゝなきにけり 原石鼎 花影
四十雀むかごがひとつこぼれけり 加藤秋邨
四十雀去るや暮れゆく壺の口 加藤秋邨
四十雀群れをり墓地を買ひ置かむ 石田波郷
四十雀五十雀よくシヤベル哉 尾崎放哉 大学時代
四十雀瀬音にまぎれまぎれざる 相馬遷子 山河
四十雀庭に遊べり句評会 山口青邨
四十雀庭木に独りもの言へば 石川桂郎 四温
四十雀二羽の一羽や目がしたがふ 加藤秋邨
四十雀氷柱に影をして遊ぶ 右城暮石 句集外 昭和九年
四十雀来てをり鉱山人ここに住み 山口青邨
蛇笏忌の楓に陸ぶ四十雀 廣瀬直人
若楓揺りつつ鳴くは四十雀 水原秋櫻子 古鏡
少年の影克明に四十雀 飯田龍太
床ばなれよき日の目白四十雀 鷹羽狩行
寝て覚めて風のまぎれの四十雀 加藤秋邨
榛の芽に毎日鳴くよ四十雀 正岡子規 木の芽
青天が雹とこぼしぬ四十雀 加藤秋邨
石塔の笠に千囀四十雀 山口青邨
赤松の雲迅し四十雀移る 橋閒石
赤松の山の秋の日四十雀 岡井省二 山色
組紐の何見せ合ふや四十雀 飴山實
早梅や暮れてもきたる四十雀 水原秋櫻子 殉教
潮寄するごと四十雀木の間ゆく 高浜年尾
町空のここら葉隠れ四十雀 上田五千石『琥珀』補遺
渡り来て冬木蹴去りぬ四十雀 石塚友二 磊[カイ]集
入院車待てばはや来て四十雀 石田波郷
病廊に道しるべあり四十雀 石田波郷
放ち飼ひさながら庭の四十雀 鷹羽狩行
木の瘤の眠りをつつき四十雀 鷹羽狩行
木莵引や落葉と降りし四十雀 水原秋櫻子 旅愁
連れ鳴きの声こぼしをる四十雀 上村占魚
洟水もをさまり四十雀が啼く 臼田亜郎 定本亜浪句集
蟇の卵にりんりんと四十雀 飯田龍太

四十雀 続補遺 

さたなしに渡りて居るか四十雀 田上尼
そぼぬれて菊の匂ひや四十雀 木因
どこに鳴どこに花野ゝ四十雀 土芳
帰るとて梅に一夜や四十雀 支考
四十雀さよの中山五十がら 其角
四十雀地に囀るや麦の節 浪化
先来たと竹にしらせて四十雀 浪化
白菊やはれたる空に四十雀 木導
柊の花のこぼれや四十雀 浪化
柊は冬まつ花ぞ四十雀 浪化
木にちらり竹にもちらり四十雀 使帆
立松に来てもさはるや四十雀 鈴木道彦
寐所をたづねて嬉し四十雀 支考

以上

by 575fudemakase | 2017-04-22 08:17 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/26806139
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

十二月
at 2021-05-13 01:40
拙句 ポインセチア 猩々木 
at 2021-05-13 01:37
拙句 蕪 
at 2021-05-13 01:35
拙句 蜜柑 
at 2021-05-13 01:34
拙句 セロリ (高澤..
at 2021-05-13 01:33

外部リンク

記事ランキング