人気ブログランキング | 話題のタグを見る

虻 の俳句

虻 の俳句


例句を挙げる。

いかめしき声や日すがら花の虻 松岡青蘿
いまもかの逍遥の歌花圃の虻 谷野予志
えごの花虻のお尻の大きこと 高澤良一 寒暑
おのれ揺り揺れておどろく菊の虻 篠田悌二郎 風雪前
お花畑雨も疾走虻も疾走 高澤良一 宿好
くらがり峠音たてて虻ついてくる 江中真弓
こでまりやその八重毬の虻の昼 木津柳芽 白鷺抄
こゑ断つて虻が牡丹にもぐり入る 橋本多佳子
たんねんに八手の花を虻舐めて 山口青邨
つつじに虻図体あづけ蜜吸へり 高澤良一 随笑
つと離れ虻は牡丹の真上なる 高濱年尾
とむらひ酒したたか酔ひて虻たたく 細見綾子
とゞまりて牡丹の虻の宙にあり 高濱年尾
どくだみに悪魔の会話虻とべり 片山桃史 北方兵團
どこにでも虻来て涅槃騒がしき 佐々木六戈 百韻反故 初學
なかぞらに虻のかなしさ子の熟睡 橋本多佳子
はやくちことば余りこぼれる花の虻 山中葛子
ひかりより生れて虻や眉の上 藤田湘子
ぶんぶんとむかしの音を春の虻 平井照敏
べこ虻は炭酸ガス好き車中にゐる 高澤良一 素抱
ぼうたんに風あり虻を寄らしめず 高浜虚子
まんさくのよぢるる花に虻生まる 八木林之介 青霞集
もがきゐし虻飛び去りし落花かな 比叡 野村泊月
よしの出て虻のはなれぬ袂哉 宋屋
よぼよぼの虻を看とらぬ地球哉 永田耕衣 殺佛
わが庭のどこ歩きても石蕗と虻 星野立子
をさなごに虻放ちやる葱坊主 角川春樹 夢殿
アネモネの花くつがへしをるは虻 高野素十
カラ~の野糞日向や虻唸る 内田百間
コスモスの縁(へり)を掴みて虻沈む 高澤良一 さざなみやっこ
コスモスの虻花うつりばかりして 大橋敦子 手 鞠
ビ口ードの虻ビ口ードの白藤に 星野立子
ホバリングする虻に貌突き出して 高澤良一 宿好
一とわたり石蕗の虻にも目を移し 後藤夜半 底紅
一匹の離れて舞へり冬の虻 平田 節子
一日よ虻とは知らず飛んでゐる 桑原三郎 晝夜
一身に虻引受けて樹下の牛 右城暮石(1899-1995)
仁王永久に青春の貌山の虻 大峯あきら
何となく虻は清潔姿よし 京極杞陽 くくたち上巻
傘ほせばぽつんとつきし小虻かな 中勘助
八瀬の草大原の草虻多し 癖三酔句集 岡本癖三酔
初花にはや賢しらの虻来をり 大橋敦子 手 鞠
前生といふ言葉ふと虻の顔 川崎展宏
勁さうな虻を引き寄せ富士薊 大橋敦子
句集もて虻と闘ふふしどかな 島村元句集
向日葵をめぐりて虻の止らず 深見けん二
唇噛んで阿修羅は若し朝の虻 山田孝子
善光寺雲上殿の迷ひ虻 宮坂静生
墓の虻生きおる兄妹たちの声 寺田京子
夏山の白日虻の黄は失せぬ 石橋辰之助 山暦
夏雲のくづれわたれり虻ねむる 石橋辰之助 山暦
夕冷えに死ぬげんげんの眠り虻 太田鴻村 穂国
大いなる輪を描きけり虻の空 高野 素十
大仏の鼻の穴より虻一つ 正岡子規
大佛の日なたを虻の叩きけり 内田百間
大根のやたらと辛し虻の昼 石川桂郎 高蘆
大根馬日向の虻をさそひけり 川口 哲郎
大空にものうき虻の舞ひ隠る 阿波野青畝
大空に唸れる虻を探しけり 松本たかし(1906-56)
大空に飛び据る虻の光りかな 楠目橙黄子 橙圃
大虻に蹴られてちりぬ黄楊の花 小野蕪子
大虻の消え失せなんと澄みにけり 上野泰
大虻の飛び澄み細りゆきにけり 上野泰 春潮
大虻や椿の蕊に泰然と 野村喜舟 小石川
天蓋のしだれ桜や虻びより 角川春樹 夢殿
太陽と虻を引き寄せ石蕗の花 本岡歌子
夫の菊虻来蝶来て猫跳んで 及川貞 夕焼
妻に子がありひらがな書き飛ぶ花虻あり 磯貝碧蹄館 握手
宙でまた会えばや虻の俯かむ 永田耕衣 殺祖
宙の虻しづかに脚を擦りにけり 鈴木貞雄
家中を経巡る孫は春の虻 高澤良一 素抱
小春日や生毛まみれの虻とあり 野澤節子 黄 瀬
尻軽な花菜の虻とおもへりき 高澤良一 素抱
山の虻一点を打つ露の中 宇佐美魚目 秋収冬蔵
山は草風寝さそふ程な虻日和 乙字俳句集 大須賀乙字
山深く人語をかたる虻ありき 高橋睦郎 荒童鈔
山茶花を散らしに虻が来てゐたり 永井龍男
山藤のうすむらさきにじゃれる虻 高澤良一 素抱
山虻の眼に透る茨かな 室生犀星
山虻の眼の透る茨かな 室生犀星 魚眠洞發句集
山虻や人待てとび待てとび 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
山行けば虻に残暑の一ト盛り 幸田露伴
山道の案内顔や虻がとぶ 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
工場地帯へ虻が先ゆく運河わたる 古沢太穂 古沢太穂句集
干してある蒲団に菊の虻とまる 上野泰 佐介
年ゆくや出エジプト記に虻唸り 小檜山繁子
庇より高くは飛ばず菊の虻 上野泰 佐介
廣庭に虻が陰食ふ日向かな 内田百間
弁当にとびくる虻を叱しけり 岸風三樓
御詠歌を誦す花虻や宙天に 辻桃子 ねむ 以後
手に当る虻流れ行く春の風 本田あふひ
手澤本綴絲弛む虻日和 内田百間
押し黙り見居り花菜の虻の所作 高澤良一 素抱
提げ歩く供華に虻来る菊日和 大橋敦子 手 鞠
換気扇虻突つ込んでゆきにけり 奥坂まや
斯う斯うと虻の案内や不二詣 一茶
新しき家はや虻の八つ当り 鷹羽狩行(1930-)
方向をくるりと転じ虻の尻 高澤良一 宿好
日のレールに虻が生まれるふるさとなり 寺田京子 日の鷹
日をのせて花野や虻の逆鱗も 古舘曹人 能登の蛙
日矢厚し点から点へ虻飛んで 北野民夫
早起の虻が来てをり花南瓜 大橋桜坡子
春の空いきなり虻の流れけり 大串章 百鳥
春雨や浪あげて居る虻が島 前田普羅 新訂普羅句集
昼の虻吸ひこまれゆく土佐水木 高澤良一 寒暑
昼花火虻が花粉に眼を汚し 宇佐美魚目 秋収冬蔵
時に風時に虻来て揺るゝ藤 坊城中子
朝ひとゝき園には虻もよせしめず 上村占魚 鮎
朝戸出や虻を追ふにも蹄の音 香西照雄 素心
本願寺詣でに虻が紛れ込む 佐藤信子
杏花の虻微塵を落し居りにけり 野村喜舟 小石川
村に牛一頭虻が人につく 西村公鳳
枇杷の花虻より弱き黄なりけり 野村喜舟 小石川
栗駒を指す辺霞みぬ虻の声 阿部みどり女
桃の虻皆光り飛び茶褐色 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
梅の蕊虻が足踏みして移る 佐藤華秋
梅の虻つめたき空に舞ひあがり 岸本尚毅 舜
棚経や闖入の虻大自在 矢島渚男 船のやうに
椿落ちて虻鳴き出づる曇りかな 定本芝不器男句集
次から次虻来てつつじ旺んにす 高澤良一 寒暑
死ぬや虻死ぬよろこびは仰向けに 河原枇杷男
死者の家昨日の小菊に昨日の虻 林翔 和紙
残る虻人形を刺し続けゐる 小泉八重子
残る虻土着の土を打ちかへす 成田千空 地霊
殺されに虻ましぐらに来る西日 村越化石 山國抄
母の背に居る高さ虻の来る高さ 中村草田男
母牛と仔牛一体虻払ふ 橋本美代子
永き日や太鼓のうらの虻の音 浪化 (1671-1703)
浮く虻や鞴の舌の不浄鳴り 内田百間
海棠や虻の瞼の重き時 浜田酒堂
満天星の花には止りづらき虻 木暮つとむ
澄む虻を避けて通りし若葉かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
濯ぎもの干すやまつはる虻一つ 左右木圭子
父癒えぬ日向いづこも虻散らし 野澤節子 黄 瀬
牛の眼を金の虻すぎ五月来ぬ 岸風三樓
牛の虻マリア地蔵にまつはれり 辻桃子
牛の虻摶てば血を噴くをみなへし 篠田悌二郎
牡丹の虻に習ひて小さき虫 後藤夜半 底紅
牡丹より牡丹へ虻の花狂ひ 辻田克巳
牡丹花に虻が生きたるまま暮るる 耕衣
牡丹蕊分け入りし虻ころげをり 矢島渚男 天衣
物うさの筆たど~し虻の声 青峰集 島田青峰
狢藻も降りと尾振れり虻の鳴く 内田百間
甘茶仏濡れては虻をさそひけり 堀口星眠 営巣期
田舎にて老母も虻も茶褐色 永田耕衣 驢鳴集
白山茶花虻つきてより潤ヘり 野澤節子 黄 炎
相撲取の腹に着きけり虻の声 木導 七 月 月別句集「韻塞」
眉よせて虻打ち払ふ袂かな 比叡 野村泊月
眼のまはりに虻つけて牛こちら向く 田川飛旅子
着茣蓙してまつわる虻をうとみをり 石田良作
石段に虻の溺れし紙コップ 柴野八洲子
石蕗が呼ぶ虻も鎌倉日和かな 石塚友二
石蕗に日の当るを待ちて虻来る 西井猶存
石蕗に虻とまりて影のなかりけり 星野立子
石蕗に虻来る日よ四辺澄みわたり 星野立子
石蕗の花虻をはぢきてゐたりけり 大橋敦子
石蕗の虻つとたちふつと昃りぬ 成瀬正とし 星月夜
石蕗蕾む虻の翅音にあやされて 高澤良一 宿好
秋の虻コツンと肩に島日和 中村明子
空中に虻とどまれり恋人来 小澤實(1956-)
窓あけて虻を追ひ出す野のうねり 富澤赤黄男
窓を隔てゝ虻の語るや小半日 尾崎紅葉
綯ひ繩の毛焼き火パツと虻に照る 内田百間
綿埃つけて虻去る窓うらゝ 高田蝶衣
耳につく虻の声のみ単衣裁つ 藤木清子
耳に蹤く虻はらふ手に翅触りぬ 篠原梵 雨
肉牛といふ尾が一日虻を追ふ 加藤瑠璃子
胡麻の花に虻むらがりて農夫の死 細見綾子
臼ふみの足豆けづる虻日和 冬葉第一句集 吉田冬葉
舞すくむ虻や地にそふ影久し 加舎白雄
花にあそぶ虻なくらひそ友雀 芭蕉
花に虻教師の愛は均等に 樋笠文
花に遊ぶ虻な喰ひそ友雀 芭蕉
花一つ一つ虻もつ葵哉 正岡子規
花紫蘇を虻の摶つ音卒中死 豊長みのる
花菜の虻花粉運んで黄昏まで 高澤良一 素抱
花菜の虻頭の中で鳴ってをり 高澤良一 素抱
花虻にかぼちやの花の中ぬくき 辻桃子
花虻に抜け穴のある寺土塀 伊藤白潮
花虻に抱へられたる蕊唸る 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
花虻の尻の無防備めでたけれ 野本京
花虻の禽に啖はるゝ刻しづか 角川春樹 夢殿
花虻の翅音真昼の静けさに 穂坂日出子
花虻の蜜つけて飛ぶ霽れ間かな 横光利一
花虻の音聞く限りきかん坊 高澤良一 素抱
花虻やポーカーフェースくすぐられ 仙田洋子 橋のあなたに
花虻や追憶ばかり相続す 山田みづえ 忘
茶の花にひそみて虻のあからさま 高浜年尾
草ひけば目のそばへ来て虻のはね 宇佐美魚目 天地存問
草枕虻を押へて寝覚けり 路通
荒壁に虻狂ひをる西日かな 富田木歩
菊に来る虻や猪鍋待ちながら 岸本尚毅 選集「氷」
菊の虻つまづきながら歩きをり 上野泰 春潮
菊の虻暫く我に飛び澄めり 上野泰 春潮
菊の虻翅を光となして澄む 深見けん二
菊の虻花の桟敷を渉り 上野泰 佐介
菊の虻蕊を抱へて廻りけり 鈴木花蓑句集 鈴木花蓑
菊の飾窓虻摶つことをくりかへす 原田種茅 径
菊人形虻の飛び交ふ千早攻め 高澤良一 さざなみやっこ
菊日和虻の饗宴蜂の饗宴 高浜虚子
菊枯れてけふ麗日の虻多し 篠田悌二郎 風雪前
菊根分して虻の輪の中にあり 岡本湯雨
菜の花に虻は呪文を切るごとし 高澤良一 ぱらりとせ
落ちさまに*虻(あぶ)を伏せたる椿哉 漱石
落椿這ひづる虻や夕日影 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
葉ざくらや宙に翅澄む虻いくつ 篠田悌二郎
藤の虻ときどき空を流れけり 藤田湘子
藤の虻一つ一つが戦士とも 森田峠 逆瀬川以後
藤浪や虻の群りすさまじく 野村喜舟 小石川
虻うなる破船廃舸の蔭日向 成田千空 地霊
虻が来て動かしてゐる花菜かな 細見綾子 花寂び
虻が来て老兵が来て墓笑ふ 熊谷愛子
虻が来て萩が静かに賑はひぬ 細見綾子
虻が飛ぶ虻飛ぶ虻の字の不思議 上杉順子
虻せはし肉うちふるふ洗ひ馬 飯田蛇笏 春蘭
虻ついと宙の凹みに落ちにけり 小川軽舟
虻つれて水辺をまはる老婆の午後 桂信子 黄 瀬
虻として飛ぶ充実の淋しけれ 清水径子
虻とぶよ主義にならざる鼻唄に 寺山修司 未刊行初期作品
虻とんで小春くづるゝけしきなし 三好雷洋子
虻とんで老子のことば繰返す 黒田杏子
虻と虻ここも組討げんげ揺れ 阿波野青畝
虻のねて音なき杏月夜かな 中勘助
虻のゐて狭庭のどこか光りをる 内藤吐天 鳴海抄
虻の下靴履く吾子の髪かがやき 石田波郷
虻の子黒天鵞縅を纏うたり 富安風生
虻の宙光背のごと翅のひびき 石川桂郎 含羞
虻の影障子にとまる小春かな 也有
虻の王黒天鵞絨を纏ふたり 富安風生
虻の目の巨きくわれをみつめをり 辻桃子
虻の眼の爛々として宙にあり 今井杏太郎
虻の輪の南瓜の花をはなれざる 本田閑秀
虻はまだ蝿はまだなり厩出し 森田峠
虻はまだ蠅はまだなる厩出し 森田峠 避暑散歩
虻ひとつ蘂より落ちてひかりけり 角川春樹 夢殿
虻よんで倦むこと知らず石蕗の花 山口誓子
虻よ虻世にうとましき名なりけり 正岡子規
虻ゐねば蝿がゐるなり花八手 川村凡平
虻をうち蜂とたゝかひ一日かな 銀漢 吉岡禅寺洞
虻をのがれず復活祭の花抱え 平畑静塔
虻を叩けば虻ゐなくなる寂し 佐々木六戈
虻を手にうちころしをり没日の中 加藤楸邨
虻一つぶつかり落ちし天幕かな 高濱年尾
虻一つ居て行き過ぎし茶店かな 長谷川零余子
虻一つ紫苑離れし高さかな 清崎敏郎
虻一つ翔てば総だち花八手 斎藤雨意
虻一つ金光を點ず庭真晝 内藤吐天
虻一匹一唸りして消えにけり 稲畑廣太郎
虻一匹迷い込みたる音薄暑 高澤良一 寒暑
虻出よせうじの破の五月晴 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
虻去つてしばらく水車思ひけり 平井照敏 天上大風
虻去るとはつかに石蕗の独り言 高澤良一 宿好
虻叩き叩きつダンスパーティーを 折井眞琴
虻宙にとどまり牡丹句碑生まる 館岡沙緻
虻宙にとどまるときの羽音かな 稲畑汀子
虻忙し世の中忙し葱坊主 山内 年日子
虻愚か打たるるまではつきまとう 荒巻 大愚
虻打つや田舟卸しも日を見ると 内田百間
虻来りわが耳鳴りと闘へり 広谷一風亭
虻澄みてつゝと移りて又澄みぬ 高浜虚子
虻澄めり真日夏山をふかむとき 石橋辰之助 山暦
虻生れすなはち翅音立てにけり 安住 敦
虻生れて晴れて教師も昼餉待つ 中村草田男
虻石蕗に来る赤とんぼ松に来る 星野立子
虻翔けて静臥の宙を切りまくる 山口誓子
虻落ちてもがけば丁字香るなり 高濱虚子
虻藤に入りてひがしもにしもなし 大木あまり 山の夢
虻蛾蜂それぞれ花を得つゝあり 星野立子
虻蜂のとまりそこなふけしの花 水田正秀
虻蜂蚊彼岸櫻に聚まれる 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
虻酔うて南瓜の花を出でにけり 小澤實
虻飛んで栗の花散る小道哉 寺田寅彦
虻鳴いて入るに穴なき障子哉 山本洒石
虻鳴くや芥火消ゆる灰の上 廣江八重櫻
虻鳴くや野川の芥の樋に溜り 内田百間
蜂の巣に虻のとびよる落葉かな 九湖
螢袋はっと大きな虻を吐く 大橋敦子 匂 玉
裏道は虻が吸ひゐる胡麻の花 細見綾子 花寂び
襟乾かぬ干衣入るゝ虻ぐもり 冬葉第一句集 吉田冬葉
語り婆遠野の虻をつれて来し 小原啄葉
課題制不可なる所以虻鳴ける 内田百間
買手つく菊の苗より虻立たせ 高澤良一 ぱらりとせ
身体健康心健康石蕗に虻 星野立子
近衛兵の帽子ぐらつと虻払ふ 須川洋子
途中から虻に恋しき方のある 清水径子
這入りたる虻にふくるゝ花擬宝珠 高浜虚子
部屋に虻閉ぢ込められし気配かな 稲畑汀子
酒飲めば虻来て耳に鐘撞くや 菅原師竹句集
釈尊降誕あま茶貰ひの虻可愛ゆ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
野茨に虻とる雨雀かへり見す 飯田蛇笏 山廬集
釣鐘を蹴落さんと虻の飛びめぐる 正岡子規
長き停車林檎の花ゆ虻が来る 大野林火
雨に揺れ虻にゆれけりうつぼ草 堀口星眠
雨後の木瓜虻を集めて鳴れりけり 永井龍男
雲起る石の間やうなり虻 宇佐美魚目 秋収冬蔵
雷のごと大虻の過ぎにけり 上野泰 佐介
霞む日や虻の眼底火の如し 内藤吐天 鳴海抄
霧を来し虻浄らなりお花畑 加藤草杖
頬の虻歩みつ打てり書に帰らん 金子兜太
顔洗ふ虻の寐覚や花の露 滝川愚仏
風立てばとまり直して菊の虻 西山昌子
飛んでくる虻真っ黒け二輪草 高澤良一 随笑
飴売の虻に追はるゝ野路かな 古白遺稿 藤野古白
馬が虻に乗つて出かける秋の山 室生犀星 犀星發句集
馬虻の氷室口までつき来り 臼田亞浪 定本亜浪句集
馬虻の真一文字に通し土間 鳥居美智子
馬虻はわりなき馬子を剌しにけり 阿波野青畝
高地にて両眉に虻垂れるかな 安井浩司 汝と我
鳴いてとんでまだ虻の腹ほそきなり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
鶏の何きゝ耳や虻の昼 西山泊雲 泊雲句集

虻 補遺

アネモネの花くつがへしをるは虻 高野素十
あひびきのほどへししじま虻きたり 伊丹三樹彦
あるときは部屋に入りきて虻失せぬ 高屋窓秋
ある日わが家ペンキ屋が来て虻がきて 岡本眸
いちじく食ふ虻蜂舐めしあとかとも 山口青邨
うちの菊にをればこの虻うちの虻 高田風人子
こぼれつぐ苞のみどりに虻鳴けり 大野林火 海門 昭和十四年
こゑ断つて虻が牡丹にもぐり入る 橋本多佳子
さんさんと夕日から虻出できたる 加藤秋邨
たんぽぽの渦にも目眩 虻唸る 伊丹三樹彦
てふ~の虻に逃げたる高さかな 村上鬼城
とぶ虻に花粉の糸や月見草 高野素十
とむらひ酒したたか酔ひて虻たたく(伯母八十二にて逝く) 細見綾子
ねはん図の虻青々とかしづける 細見綾子
バスに来し虻とカイバル峠越ゆ 加藤秋邨
ひかりより生れて虻や眉のうへ 藤田湘子 神楽
ひとりこそ自在や花の蕊に虻 藤田湘子 てんてん
ビロードの虻ビロードの白藤に 星野立子
プールより上れば虻のまつはり来 清崎敏郎
ふと虻の唸りを怖れゐる静寂 稲畑汀子
ふるさとは紫苑高きに虻群れて(丹波二句) 細見綾子
ぶんぶんと虻の舞ひこむ馬の耳 正岡子規 虻
ぼんのくぼ払へばリラの虻の鳴く 阿波野青畝
また一つながるる虻にしたがひぬ 阿波野青畝
まだ生きてゐし盛装の冬の虻 富安風生
まつすぐにくる山の虻金色佛 石田勝彦 雙杵
みちのくの時雨は荒し棒の虻 山口青邨
もごもごと虻ゐるほたるぶくろかな 稲畑汀子
よく晴れし石蕗金色に虻もまた 星野立子
よぼよぼの虻を看とらぬ地球哉 永田耕衣
わが胸に虻つきあたる青峰忌 秋元不死男
わが庭のどこ歩きても石蕗と虻 星野立子
をんな老ゆ虻蜂とんぼ世に廃れ 三橋鷹女
虻がきて今リラ色の草花に 高野素十
虻が交みてやがて分れたり光る大空 種田山頭火 自画像 層雲集
虻が来て動かしてゐる花菜かな 細見綾子 桃は八重
虻さみし去るを追はねば戻り来て 岡本眸
虻せはし肉うちふるふ洗ひ馬 飯田蛇笏 春蘭
虻とんで海のひかりにまぎれざる 高屋窓秋
虻と虻これも組討げんげ揺れ 阿波野青畝
虻と蜂の花に日暮るゝ別れかな 河東碧梧桐
虻ないて南瓜の花の落ちにけり 正岡子規 南瓜の花
虻なりと遊べ大根の花ざかり 正岡子規 大根の花
虻のあとしばらく何も来らずに 高野素十
虻のごととびまはりゐる屋根の雪 阿波野青畝
虻のこゑ家に籠れば懺悔のこゑ 山口誓子
虻の影障子にうなる日永かな 正岡子規 日永
虻の王黒天鵞絨を纏ふたり 富安風生
虻の居る花に過ぎ行く胡蝶かな 正岡子規 胡蝶
虻の縞蜂よりも濃くあざやかに 右城暮石 天水
虻の声臍のあたりを飛去らず 正岡子規 虻
虻の宙光背のごと翅のひびき 石川桂郎 含羞
虻の輪に帰り震へる花一つ 阿波野青畝
虻の唸り妻子の声は庭にとほく 大野林火 早桃 太白集
虻の翅音は峠向ふの老婆達 飯田龍太
虻はいまひかり輝きねむれるか 高屋窓秋
虻は払ひ蠅は許さず必殺す 富安風生
虻も蜂もとらず黄金週間果つ 安住敦
虻よりも小き蝶の飛んで居る 正岡子規 蝶
虻よりも大きな冬の蝿ゐたる 高野素十
虻よんで倦むこと知らず石蕗の花 山口誓子
虻よ虻世にうとましき名なりけり 正岡子規 虻
虻よ馬から渓流へ飛び落ちし 金子兜太
虻をのがれず復活祭の花抱へ 平畑静塔
虻を手にうちころしをり没日の中 加藤秋邨
虻を連れ廻る腰部によき故郷 永田耕衣
虻去つてしばらく水車思ひけり 平井照敏 天上大風
虻若し試行錯誤の八つ当り 岡本眸
虻擾(ぼうじょう)てふ語なきや虻と親しむ日日 金子兜太
虻数分にこにことわが傍にゐし 藤田湘子 てんてん
虻澄みて時々は瑠璃放ちけり 阿波野青畝
虻生るや木肌噛む馬こんじきに 飴山實 おりいぶ
虻生れすなはち翅音立てにけり 安住敦
虻生れて晴れて教師も昼餉待つ 中村草田男
虻生れぬ使丁は腰をのして仰ぎ 大野林火 海門 昭和十四年
虻生れぬ玻璃戸ひかりを憚からず 大野林火 冬青集 海門以後
虻旋る辺に穂草噛むなにがなし 伊丹三樹彦
虻宙にとどまるときの羽音かな 稲畑汀子
虻宙にとどまる力身に感ず 岡本眸
虻宙に牡丹へ往かずしりぞかず 阿波野青畝
虻飛べるしじま稚なき唇を吸ふ 伊丹三樹彦
虻飛んで一大円をゑがきけり 村上鬼城
虻飛んで冬うつろなる眼を去らず 伊丹三樹彦
虻飛んで梅雨の山際薄日さす 佐藤鬼房
虻飛んで蜜柑の花のこぼれけり 正岡子規 蜜柑の花
虻夫せぬなほ見つめむとせしときに 岡本眸
虻浮きて人間や先づ虻にならぬ 永田耕衣
虻抱きてぢぢとなき落つ地の上 山口誓子
虻蜂の花に行き合ひ共に翔つ 右城暮石 句集外 昭和三十一年
虻蜂の花粉狂ひに日は煤け 上田五千石『森林』補遺
虻蜂の喜遊図展べて花八ッ手 伊藤白潮
虻鳴いて南瓜の花落ちにけり 正岡子規 南瓜の花
虻唸(ナリ)ヤ放屁無クンバ人死ナン 永田耕衣
虻唸り昨夜の懈(たゆ)きぞよみがへる 伊丹三樹彦
虻唸る石像衣を膝ばさみ 鷹羽狩行
虻唸る切株いづれ生渇き 上田五千石『天路』補遺
虻翔けて静臥の宙を切りまくる 山口誓子
虻舐めしあと蜂舐めて花八つ手 山口青邨
一とわたり石蕗の虻にも目を移し 後藤夜半 底紅
一身に虻引受けて樹下の牛 右城暮石 上下
一鞭に打たれにけりな虻三つ 正岡子規 虻
一鞭に打ちすゑたりな虻二つ 正岡子規 虻
一本の葵や虻ののぼりおり 正岡子規 花葵
稲の花涼しくて虻人につく 右城暮石 句集外 昭和十六年
羽ゆるし佗助にくる孤つ虻 石田波郷
羽音より虻の存在ありにけり 稲畑汀子
雲海や金色に鳴る虻の目ざめ 中村草田男
曳牛の虻をもらひし緋衣童 能村登四郎
鉛筆を逆さに把りて虻を追ふ 山口誓子
牡丹の虻に習ひて小さき虫 後藤夜半 底紅
花の虻埴輪をのぞくこと可笑し 阿波野青畝
花虻や遊憶ばかり相続す 山田みづえ 忘
花一つ一つ虻もつ葵哉 正岡子規 花葵
花一つ一つ虻居る葵かな 正岡子規 花葵
花々を虻めぐる音兵の午睡 伊丹三樹彦
花御堂椿の芯に虻つきて 細見綾子
花椿こほれて虻のはなれけり 正岡子規 落椿
花野より虻来る朝の目玉焼 草間時彦
花翔ちし虻はもどらず蜂もどる 右城暮石 句集外 昭和三十一年
開帳の仏や虻の飛てくる 正岡子規 虻
干してある蒲団に菊の虻とまる 上野泰 佐介
閑日の飢ゑたふとかり虻の昼 上田五千石『琥珀』補遺
菊に虻夷狄に風土記なかりけり 佐藤鬼房
菊の虻つまづきながら歩きをり 上野泰
菊の虻一と花びらを立てて去る 高野素十
菊の虻花の桟敷を渉り 上野泰 佐介
菊の虻暫く我に飛び澄めり 上野泰 春潮
菊の虻翅を光となして澄む 深見けん二
菊月の虻も蜂(すがる)も日に酔つて 佐藤鬼房
菊荒れて日好し虻去り虻來る 正岡子規 菊
菊日和くづれさうなる虻となる 後藤比奈夫
菊日和虻連れ立ちて来たるかな 高田風人子
牛の子の鼻づらなめて花野の虻 細見綾子
去りたがらぬ虻も友だち危いな 金子兜太
玉の日の葉牡丹虻を恍惚と 山口青邨
金の虻よろめき出でし牡丹かな 藤田湘子 てんてん
金色の虻の来てをり山法師 森澄雄
金色の虻もがきをり壷の許 阿波野青畝
銀の茅花より虻金色に 星野立子
啓蟄の虻はや花粉まみれかな 星野立子
血の伝ふ少女の腿や虻光る 平井照敏 猫町
健康をとり戻し在り石蕗に虻 星野立子
見えてゐて伊賀の家々夏の虻 岡井省二 五劫集
胡麻の花に虻むらがりて農夫の死 細見綾子
午からの耳こそ虻の繁きかな 阿波野青畝
吾子の初夏飛行機が鳴き虻うなり 渡邊白泉
吾子顎に力皺寄せ虻目守れる 中村草田男
向日葵の胎盤厚く虻這へる 山口青邨
向日葵をめぐりて虻の止らず 深見けん二
好日の虻溺れきる 枇杷の花 伊丹三樹彦
工場地帯へ虻が先ゆく運河わたる 古沢太穂 古沢太穂句集
荒虻やもつとも荒き花の中 永田耕衣
今日はこれ雪割草の花に虻 高野素十
沙羅訪いの羽重たけれ 雨の虻 伊丹三樹彦
妻と子の窓のかたらひ虻生れぬ 大野林火 海門 昭和十四年
笹山を虻と越えけり半夏生 岡井省二 鹿野
山の虻大きくて馬の色したり 右城暮石 散歩圏
山の虻日除の内を飛んでをり 清崎敏郎
山上の虻憎けれどいさぎよし 右城暮石 句集外 昭和三十七年
山茶花に今日虻も出ず人も来ず 星野立子
山櫻虚空に虻をよく放つ 星野立子
残菊や虻とまり揺れ翔ちて揺れ 星野立子
仔の牛も後肢あげて虻を追ふ 山口誓子
孜孜として皆いそしめる菊の虻 松本たかし
止まりたる虻より小さし蛇苺 岡本眸
死者の家昨日の小菊に昨日の虻 林翔 和紙
時化きざす黄ばらに虻が密着し 佐藤鬼房
耳に蹤く虻はらふ手に翅触りぬ 篠原梵 年々去来の花 雨
蛇沢はあれ虻さすはここ庵せり 山口青邨
十両を虻もすさめす蘭の花 正岡子規 蘭
薯を掘る若者に虻飛び来たり 廣瀬直人 帰路
小春日の腹透明な虻来る 野澤節子 未明音
小春日や虻蜂飛べるものは飛ぶ 山口青邨
小春日や生毛まみれの虻とあり 野澤節子 未明音
硝子戸に虻の暴れて夕立去る 右城暮石 句集外 昭和五十七年
障子明け居れば病床に虻の来る 正岡子規 虻
食堂に入りて叩かる山の虻 右城暮石 一芸
新しき家はや虻の八つ当り 鷹羽狩行
神楽殿山畑の虻きて狂ふ 藤田湘子 神楽
身体健康心健康石蕗に虻 星野立子
声を出す虻蜂蝿の皆ちがふ 右城暮石 散歩圏
西遊記手にあり虻を払ひけり 阿波野青畝
青目虻社見えざる鳥居立つ 右城暮石 散歩圏
昔ほど虻蜂も来ず花御堂 百合山羽公 樂土以後
石けりの図をすさりとぶ虻一つ 高野素十
石蕗に虻とまりて影のなかりけり 星野立子
石蕗に虻来る日よ四辺澄みわたり 星野立子
石蕗の虻ひとり後るる如くなり 石田波郷
石蕗の虻吾子の嫁く日を囃しをり 後藤比奈夫
石蕗の虻八つ手の蜂と冬近し 山口青邨
禅堂に五体投地の冬の虻 後藤比奈夫
窓あけて虻を追ひ出す野のうねり 富澤赤黄男
草にきて大花虻のさがしもの 高野素十
草の虻目の草色に夕なる 右城暮石 句集外 昭和十五年
他郷者に当身をくれて天城の虻 鷹羽狩行
大いなる輪を描きけり虻の空 高野素十
大虻の飛び澄み細りゆきにけり 上野泰 春潮
大空に唸れる虻を探しけり 松本たかし
大空に懶き虻の舞ひ隠る 阿波野青畝
大根のやたらと辛し虻の昼 石川桂郎 高蘆
大仏の鼻の穴より虻一つ 正岡子規 虻
宙でまた会えばや虻の俯かむ 永田耕衣
宙に浮く虻に暮春の空気濃し 後藤比奈夫
宙の虻護衛してをる牡丹かな 阿波野青畝
朝ひとゝき園には虻もよせしめず 上村占魚 鮎
朝戸出の懈(たゆ)さ黄虻と相避けて 渡邊白泉
朝戸出や虻を追ふにも蹄の音 香西照雄 素心
朝明の内なる蠅と外の虻 三橋敏雄
蝶を追ふ虻の力や瓜の花 正岡子規 瓜の花
蝶待つと端居し居れば虻の声 正岡子規 虻
蝶来虻来騰貴待つ地のうまごやし 伊丹三樹彦
長き停車林檎の花ゆ虻が来る 大野林火 冬雁 昭和二十二年
長城に虻遊ばする花杏 松崎鉄之介
沈丁を流るる虻やたてよこに 阿波野青畝
通るたび紫苑の虻におそはれし(丹波二句) 細見綾子
釣鐘を蹴落さんと虻の飛びめぐる 正岡子規 虻
溺愛の虻つれてゆく軍艦よ 飯島晴子
田舎にて老母も虻も茶褐色 永田耕衣
土蔵うしろの一家の写真に遠き虻 金子兜太
倒れ萩を誘う ねんごろに 蝶は虻は 伊丹三樹彦
冬ざくら余命の虻と睦むかな 林翔
冬の虻来て遊ぶなり軍鶏の檻(伊勢志摩、大王崎) 細見綾子
冬虻の翅音するどく出棺す 岡本眸
灯に飛んで来し十月の虻落とす 廣瀬直人
藤の虻ときどき空を流れけり 藤田湘子
動物性脂肪節食せよと虻 鷹羽狩行
呑みに来て水に浮きをり冬の虻 飴山實 句集外
鈍くして侮るべかる虻の居り 相生垣瓜人 明治草
汝がまとめたる汝の虻姿かな 永田耕衣
日の匂ある身に虻のつきまとふ 橋閒石
日をのせて花野や虻の逆鱗も 古舘曹人 能登の蛙
馬の股ぬけつくゞりつ虻遊ぶ 正岡子規 虻
馬虻の氷室口までつき来り 臼田亜郎 定本亜浪句集
馬虻はわりなき馬子を刺しにけり 阿波野青畝
梅日和福寿草に早や虻ついて 細見綾子
伯楽や話なかばに虻を打つ 高野素十
白骨の花舐めて生く冬の虻 山口青邨
八ツ手の花死者の簪虻舐めて 山口青邨
庇より高くは飛ばず菊の虻 上野泰 佐介
百両を虻もすさめず蘭の花 正岡子規 蘭
瓶の薔薇窓あけあれば虻きたる 高屋窓秋
夫の菊虻来蝶来て猫跳んで 及川貞 夕焼
父癒えぬ日向いづこも虻散らし 野澤節子 未明音
舞ひ澄める虻一点のほがらかに 高屋窓秋
風越の峠を虻の一掠め 佐藤鬼房
物売りか虻の翅音か熔岩の昼 飯田龍太
墓の虻冬菊の黄に吸はれけり 寒食 星野麥丘人
母の背に居る高さ虻の来る高さ 中村草田男
母親はすすぎもの子には虻 細見綾子
蜂虻の唸りに和する唄もたず 上田五千石『琥珀』補遺
頬の虻歩みつ打てり書に帰らん 金子兜太
翻す手に花虻の当て身かな 上田五千石『琥珀』補遺
摩訶般若波羅密陀虻の遠うなり 加藤秋邨
蔓の間入日となりし虻の金 桂信子「草影」以後
面打ちに虻の一弾跋渉す 上田五千石 森林
木瓜の虻四睡の夢にかよひけり 水原秋櫻子 緑雲
夜の闇より驚きし虻まつしぐら 桂信子「草影」以後
野は水のまんだら虻も蜂も来よ 藤田湘子 神楽
野茨に虻とる雨雀かへり見す 飯田蛇笏 山廬集
憂かりける虻を打遣る小窓かな 阿波野青畝
夕虻がうなりて戻る林檎の花(鶴来にて五句) 細見綾子
余りにも狎れくる虻を打ちおとす 岡本眸
楊貴妃の墓へ迂回す花虻も 山田みづえ 草譜
用があり虻の音聞き歩きゆく 岡井省二 前後
来信の主になくて虻の昼 上田五千石 琥珀
雷のごと大虻の過ぎにけり 上野泰 佐介
梨交配虻蜂飛ばぬ真日の下 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
裏道は虻が吸ひゐる胡麻の花 細見綾子
硫気孔虻蜂どもが何か舐む 山口誓子
凌霄や朝の千曲へ虻唸る 森澄雄
林檎交配大きな虻が顔よぎり 岡本眸
嶺の虻花の蕾を押しわけ入る 中村草田男
露の湖松の枝より虻とんで 岡井省二 山色
厖大に老眼鏡に菊の虻 阿波野青畝
昃りしときの落着き菊の虻 後藤比奈夫
蘂ごもる息長虻よ冬椿 石田波郷
薊の花あれば虻をり秋深く 山口青邨
薔薇の芽をとつてゐる子に虻つきたり 細見綾子
蠅叩もて虻を追ふ岩湯に居 清崎敏郎
蟷螂や虻の碧眼かい抱き 川端茅舎
襁褓竿くぐりて虻が蜂が来る 鷹羽狩行

虻 続補遺

あさぢふや虻の落たる菫草 一笑(金沢)
あなたうと僧都の留主に虻のこゑ 琴風
いかめしき声や日すがら花の虻 松岡青蘿
なの花や蝶と虻とがうちむかひ 釣壺
虻ちらす桜すみれの羽も軽し 一笑(金沢)
虻にげて撥打菊のつぼみ哉 露川
虻の羽の及ばぬ山のさくら哉 尚白
虻の目の何かさとりて早がてん 支考
虻までも世のにぎわひや四方の花 尚白
虻蜂のおもひ絶たる紅葉哉 三宅嘯山
虻蜂のとまりそこなふけしの花 正秀
虻蜂の声や一むれ何奉加 露川
虻蜂の寐所多し藤のはな 諷竹
虻蠅のしらぬにほひや苔のはな 卓池
一ぺんで聞へた事を虻の声 露川
永き日や太鼓のうらの虻の音 浪化
花に入て虻の尻鳴つゝじ哉 一笑(金沢)
花の香に酔てや虻の跡しざり 三宅嘯山
花をのく拍子なりけり虻の声 三宅嘯山
海棠や虻の眼*まぶの重き時 洒堂
帰華うき世に虻はなかりけり 尚白
稀々に声せぬ虻や帰り花 三宅嘯山
吉野出て虻の離れぬ袂かな 望月宋屋
橘や虻にさゝるゝ塀の陰 水颯
仰にこけてもかくや虻の足 土芳
此虻をたばこで迯がすけぶり哉 其角
糸桜虻はぢかるゝあらし哉 乙訓
相撲取の腹に着けり虻の声 木導
窓の虻まんざら穴のありながら 東皐
草枕虻を押へて寐覚けり 路通
馬は眠犬は追なる門の*虻 加舎白雄
舞すくむ*虻や地にそふ影久し 加舎白雄
包れてしづまる虻や白い紙 松窓乙二
墨なめた虻を掃出す九月かな 寥松


by 575fudemakase | 2017-05-12 07:46 | 春の季語


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング