傘 続補遺

傘 続補遺

*つまとりや傘をさゝせてわか菜つみ 加藤曉台
あさがほに傘干ていく程ぞ 暁雲 虚栗
いざよふとしれけり傘の下明り 桜井梅室
うたひゐる飴屋が傘や春の雨 三宅嘯山
おさがりや児は清水の絵馬傘 左次
おもしろや旅に傘して雪の宿 白雄
おもたさの衾ほどあり雪の傘 桜井梅室
かたびらの無理な節句や傘の下 炭太祇
きり嶋に傘出す程の小雨かな 野径
くらきにもいざ宵はあり傘の下 田川鳳朗
さし傘や薪の夜の蟻通し 其角
さす傘の江戸は梅見も群にける 道彦 蔦本集
しぐれ来やさしくる傘のはぢき書 北枝
はつ花に誰が傘ぞいまいまし 長虹
ほとゝぎす暁傘をかハせけり 其角
ほとゝぎす傘さして行森の中 洒堂
ゆるり三日傘を残して花の春 諷竹
雨そゝぐ月見帰りや馬の傘 万子
雨雲の影神々し傘の下 鬼貫
卯の花を添て戻しぬ破傘 桜井梅室
化さうな傘おかし村しぐれ 傘下
我が宿に傘さしかくる柳哉 吾仲
我宿をとはゞさ月の傘の下 野坡
懐の子も傘に手や春の雨 東皐
干鮭に付合せたり傘荷 朱拙
月晴なん雨に傘せで客来けり 白雄
牽牛の傘すぼめてやはしの上 支考
玄関にて御傘と申時雨哉 炭太祇
五月雨は傘に音なきを雨間哉 亀洞
五月雨や傘に付たる小人形 其角
御さがりやこゝぞと開く朱傘 桜井梅室
江の嶋や傘さしかけし夏ざかな 建部巣兆
行水に数かくよりも鷺に傘 其角
彩れる傘着て立り葉鶏頭 三宅嘯山
傘かけて先つき~し夕すゞみ 惟然
傘かしに出ばや今宵月の雨 如行
傘かへす家はよく寐て秋の月 蒼虬
傘かりて疎き人見る柳かな 建部巣兆
傘さしてふかれに出し青田かな 白雄
傘さしてふかれに出でし青田かな 白雄 白雄句集
傘さしてやるや鰒さく夕霙 田川鳳朗
傘さしてわたる人あり春の川 東皐
傘さして押合もせず花見哉 桃隣
傘さして講も聞けり花の山 鈴木道彦
傘さして参めきたり寺の月 浪化
傘さして足駄を提て小夜鵆 東皐
傘さして霧分行や山法師 高桑闌更
傘で白洲ふきたる十夜哉 塵生
傘にあまりて見ゆる夏の山 成美
傘におしもどさるゝしぐれかな 紫貞女
傘にかゞやく色やかきつばた 木導
傘にすき通りけりかきつばた 木導
傘にねぐらかさうやぬれ燕 其角
傘に歯朶かゝりけりえ方だな 夕道
傘に畳んで戻るほたるかな 梅人 発句題叢
傘に鼠のつきし長夜かな 白雄
傘に蝶蓮の立葉に蛙かな 其角
傘に塒かさうよぬれ燕 其角 五元集
傘のいくつ過行雪の暮 北枝
傘のそらにてつたり桃の花 万子
傘のちいさく見ゆる若葉かな 建部巣兆
傘の荏柄千句や神の梅 支考
傘の眼にたつ夜やうめの花 蒼虬
傘の隙や松原かんこ鳥 怒風
傘の上は月夜のしぐれ哉 黒柳召波
傘の内あたゝかや寒の雨 東皐
傘の柄もりもしらで郭公 洒堂
傘の名のもみぢに鳴や雨の鹿 支考
傘の帋一重なりほとゝぎす 朱拙
傘は世にたづさはる霰かな 四睡
傘ほして浮世めかすな菊の花 松窓乙二
傘も化るは古し五月雨 荻人
傘や雪見ながらの城通ひ 千川
傘をたゝまで蛍みる夜哉 舟泉
傘見るからいつそ雪ふれ秋の月 西鶴
傘持が腹さびしがる花見かな 寥松
傘持た指のほどけぬみぞれ哉 三宅嘯山
傘持にわたせば遺すきのこかな 寥松
傘持はつくばひ馴し菜摘哉 其角
傘持も月にをくるゝすがたかな 其角
傘持も覗くや院のふかみ草 馬場存義
傘焼し其日も来けり乕が雨 炭太祇
傘張の睡り胡蝶のやどり哉 重五
傘提てしらぬ翁ぞむらしぐれ 言水
時鳥あかつき傘を買せけり 其角 五元集
時鳥暁傘を買せけり 其角
鹿聞や傘さして下駄はいて 田川鳳朗
若菜かり後陣守るや朱傘 正秀
若竹に傘の露干小庭かな 長翠
酒買にあの子傘かせ雪のくれ 来山
樹々深し*蛇の落たる傘の上 三宅嘯山
秋の日に映るや葬の朱傘 毛〔ガン〕
秋寒し傘の古骨買ふ男 東皐
出替や傘提て夕ながめ 許六
出代りや傘提げて夕ながめ 森川許六
春雨や傘さしつれし浜社 白雄
春雨や傘も名所かや場町 随意 桃桜
春風や二つかさなる傘のかげ 長翠
初しぐれ傘は余りに新しく 土芳
初雪や児の手にのる小傘 荷兮
小夜しぐれ隣へはいる傘の音 嵐蘭
小夜時雨隣へ這入る傘の音 嵐蘭 類題発句集
松茸や傘もすぼめず秋黴雨 千川
松茸や皮をむしれば雪の傘 諷竹
人見へずうの花垣を傘の行 東皐
水汲に傘侘し五月雨 土芳
水鶏きく栄耀に傘を借りにけり 桜井梅室
酔きげん*霰に傘をはづしけり 三宅嘯山
雪ともに傘返しけり送り人 挙白
雪の日も傘より下は師走かな 吐月 発句類聚
雪の夜の傘をどす狗子哉 尚白
川風や傘さいて神おくり 林紅
銭湯へ客の傘遣る霰かな 道彦 続蔦本集
相傘に虎渓の友や冬の雨 野坡
相傘は医師ともす也むら時雨 馬場存義
相傘を別れてやるや此雪に 蘆文
草の戸や傘すぼまらぬ雪の暮 挙白
台所に傘のころつく夜寒かな 道彦 蔦本集
大年や屏風傘味噌畳 〔ブン〕村
茸狩や寺の印の俄か傘 野坡
中~に傘も苦になる時雨哉 野坡
張たてゝ傘ほす昼のしぐれ哉 李由
日盛を御傘と申せ萩に汗 其角
年忘うかるゝ雪の手傘 吾仲
破傘に鼠の付きし長夜かな 白雄 新類題発句集
萩すりや傘すかす昔鞍 其角
白菊に誰やら這入傘の影 りん女
白魚にこゝろ遺ひや傘雫 田川鳳朗
薄霧は傘屋もしらぬ袂哉 西鶴
物申は傘か菊かの無心かな 桜井梅室
堀川や柳をはさむたゝみ傘 望月宋屋
油引や紙のまに~紅葉傘 西鶴
友にあふまでのおもさよ雪の傘 完来
夕だちや傘は破れて鮎の蓋 其角
夕だちや傘を借す世は情 高井几董
夕月のさしかけ傘や女七夕 素丸 素丸発句集
夕立に干傘ぬるゝ垣穂かな 傘下
夕立や家鴨呼とる小傘 三宅嘯山
夕立や江戸は傘うりあしだ売り 大江丸 俳懺悔
夕皃をくゝりありくや手傘 臥高
陽炎や傘張つゞく茅場町 梅人 栞集
立傘に紺の着初や佐野の春 牧童
露時雨さしては来り聾傘 挙白
筍やからげてかつぐ手傘 木導
蝙蝠やけいせい出る傘の上 炭太祇
蝙蝠やむら雨過る夜の傘 三宅嘯山
迯ぬれや入日を傘に片時雨 百里
霰ふる音にも世にも聾傘 長谷川馬光

by 575fudemakase | 2018-02-12 04:56 | 無季 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/28096271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

私の花火の俳句
at 2018-06-18 04:07
2018年 6月 ねずみのこ..
at 2018-06-17 17:56
青大将の俳句
at 2018-06-16 09:26
蛇 くちなは ながむし 青大..
at 2018-06-16 09:25
ペチュニア サフィニア の俳句
at 2018-06-11 00:43

外部リンク

記事ランキング