夏の空 の俳句

夏の空 の俳句

夏の空

アラビヤの空を我ゆく夏の星 星野立子
お山樹のゆらぎ雲ゆく夏の空 臼田亜浪
かの地層河より立ちて夏空に 桂樟蹊子
こころよき夕べぞ夏の天の川 闌更「三傑集」
さだかに夏空音さし交いに砂利を練る 古沢太穂 古沢太穂句集
シートベルトかちゃりと締めて夏空へ 高澤良一 燕音
どこまでが父の戦記の夏の空 宇多喜代子
パントマイム天使の輪っか夏空に 高澤良一 寒暑
ボヱームの人さし指に夏の空 長谷川かな女 雨 月
わが浴むたくましき身に夏の空 飯田蛇笏
一夏天たゞに咳ひゞかせしのみ 斎藤空華
一年生に貰った花火夏の空ぐるぐる回してみた 河合さち
浦上や瓦礫炎夏の空の波 石原八束 『秋風琴』
雲は王冠詩をたづねゆく夏の空 仙田洋子 雲は王冠
遠い日の零戦の影だと老人のいう 烏異常に太る都心の夏空 梓志乃
夏の空どこへ落ちても草の群れ 高桑婦美子
夏の空やはらかき蔓あそびゐる 中田剛 珠樹以後
夏の空より日の丸降ろす少年よ 鈴木伸一
夏の空歌の碑み雲のなか 雪島東風
夏の空青い間宮海峡がある 田中芥子
夏の空大恋愛の和歌の浦 坂中重夫
夏の日は沙漠の天を匍ひまはる 有働亨 汐路
夏空があつまつてこの嬰児の瞳 平井照敏
夏空が救ひのやうにある日なり 高澤良一 燕音
夏空が秋空となる刻に音 鳴戸奈菜
夏空といふ宙りすの尾のそよぎ 加藤耕子
夏空に記憶の一樹家郷を去る 大井雅人 龍岡村
夏空に妻子描かん雲もなし 栗林一石路
夏空に聖き炎あぐる塔二つ 下村ひろし 西陲集
夏空に地の量感あらがへり 飯田蛇笏
夏空のいかさま青いあとしまつ 松澤 昭
夏空のいよ~遠し鹿湯越 前田普羅 新訂普羅句集
夏空の一滴蒼く氷河透く 仙田洋子
夏空の炎を載せてオートバイ 亀井克朗
夏空の下美しき故山あり 上村占魚 鮎
夏空の笠石もなし曽良の墓 綾部仁喜 樸簡
夏空の真中思へり寝返りぬ 櫻井博道
夏空の羅馬やいのち惜しみ来し 小池文子
夏空の冷え透明ぞ岳鴉 有働亨 汐路
夏空へ雲のらくがき奔放に 富安風生
夏空へ雲の落書奔放に 富安風生
夏空やポプラは遠くでもわかる 上村占魚
夏空や何かなしうてからすうり 田中裕明 櫻姫譚
夏空や旗あげし処国府台 龍胆 長谷川かな女
夏空や水中に建つモニュメント 橋本良子
夏空や廃れて高き煙出し 吉武月二郎句集
夏空を広げて庭師終りけり 飯田千枝子
夏空を航くに何にも鍵かけず 加倉井秋を
夏空を兎の耳が聴いている 飯野四郎
夏空を突きさしてゐる塔の群 石山民谷(遠嶺)
夏空馳すアンパンマンは強かりき 高澤良一 素抱
夏空透くドーム雀のこゑつづり 金尾梅の門
夏空読むか学の眼鏡に緑映え 香西照雄 素心
夏天ちかく放ち飼はれし馬の艶 大野林火
夏天まで遊佐の砂丘といふならむ 吉田紫乃
夏天ゆ一機遠き妻子に雲泛ぶ 石橋辰之助 山暦
夏天より兵力輸送船の銅鑼 片山桃史 北方兵團
夏天澄むを何か愉しく端坐せる 内藤吐天 鳴海抄
夏天涼むを何か愉しく端坐せる 内藤吐天
夏天邃し人間にふと死の希ひ 内藤吐天
夏天翔ぶ何かを街に置き忘れ 横山白虹
夏天翔ぶ眼下の街に数日居し 横山白虹
刈り込みのワシントン椰子夏空へ 清家美保子
起重機の巨鉤夏の空よりす 山口誓子「黄旗」
胸の上を夏天のもなかと誰も信ず 斎藤空華 空華句集
仰のくや夏空落ちん瀧の直グ 松根東洋城
空き罐がいつか見ていた夏の空 津沢マサ子
原初斯く陽の昇りしや夏天の緋 村田治男
紅き海名のみにすぎぬ夏の空 横光利一
山一つ山二つ三つ夏空 中塚一碧樓
子の頭不安にならぶ夏の空 津沢マサ子
子の瞳の中の吾も夏空も永久なれよ 香西照雄 対話
支ふべし夏空のまた砕けなば(平和記念像) 橋本榮治 逆旅
死に消えてひろごる君や夏の空 三橋敏雄 畳の上
死の夏天驢馬に愚かな縞ありぬ 片山桃史 北方兵團
尺蠖や夏天の雲のうごくなし 加藤楸邨
尺蠖や夏天雲のうごくなし 加藤楸邨
樹齢五百年夏空を割りて立つ 辻美奈子
住持まで払ひ果けり夏の空 服部嵐雪
住持まで払ひ果てけり夏の空 服部嵐雪
銃眼に更けては狙ふ夏天の星 横山白虹
傷悼の電車待つこゝろ夏天の松 石田波郷
吹きあがる蜂の嗔りが夏空へ 中田剛 珠樹以後
青灘へ夏天ひた墜つ一羽毛 中島斌雄
積まれたる石の放熱夏空に 高澤良一 宿好
息絶えし夏空を載せ俎は 津沢マサ子
太平洋側は夏空嘘のやう 高澤良一 寒暑
大き木の光りいさまし夏の空 安藤甦浪
大杉のまた生む鳶や夏の空 佐々木冬青
鉄骨やいくさの後の夏の天 榎本冬一郎 眼光
塔の空より半夏の雨の三粒ほど 斉藤美規「海道」
灯を消せばすなはち在りぬ夏の空 林原耒井 蜩
動くもの一夏天のみさるをがせ 加藤楸邨
伐りごろの杉そそり立つ夏の空 福田甲子雄
鳩の歩の夏空までは遠きかな 安東次男 裏山
尾白鷲翔けて夏天を暗めけり 荒川文雄 『銀河』
病む夏の空とはべつの空眺め 渋谷道
不動明王夏空かすめゆくものなし 中田剛 珠樹
風狂が育ちてゐたり夏の天 加藤明虫
薬師寺の新しき塔夏の空 星野 椿
翼打つ音のばっさり夏空より 高澤良一 燕音
狼の影あまた過ぎ夏の空 高野ムツオ 蟲の王
肛門を今蔵いけり夏の空 永田耕衣 泥ん

夏の空 補遺

あはれ夏天に焼は荒肌なして燃ゆ 松崎鉄之介
さだかに夏空音さし交いに砂利を練る 古沢太穂 古沢太穂句集
どくだみの花と夏天の鷺と白し 山口青邨
とどまつは実をむらさきに夏天に上ぐ 山口青邨
トランクと夏天へ昇る靴繊し 伊丹三樹彦
わが浴むたくましき身に夏の空 飯田蛇笏 霊芝
雲湧かせ穂高夏天を半ば占む 松崎鉄之介
煙となりて夏空に舞ふ妹よ 廣瀬直人 帰路
夏の空船はアンテナを煙らする 山口誓子
夏の天飛ぶ雲海に水平線 山口誓子
夏の天飛べば浮雲水母なり 山口誓子
夏空があつまつてこの嬰児の瞳 平井照敏
夏空と赭き長江だけがある<上海へ> 篠原梵 年々去来の花 中北支の四〇日
夏空に一個の梨の実をおけり 平井照敏
夏空に地の量感あらがへり 飯田蛇笏
夏空に鈴の音の去るごとくなり 平井照敏
夏空の下美しき故山あり 上村占魚 鮎
夏空の色沈みゆく古墳の村 廣瀬直人 帰路
夏空へ片岡球子の面構へ 桂信子「草影」以後
夏空や古人を怖れざらしめつ 永田耕衣
夏空を恋ひ集まりし修那羅仏 廣瀬直人
夏空読むか学の眼鏡に緑映え 香西照雄 素心
夏天ちかく放ち飼はれし馬の艶 大野林火 白幡南町 昭和二十九年
夏天なり聳えて尾根の美しき 村山故郷
夏天のいまは朝なる蟻の列 右城暮石 句集外 昭和二十二年
夏天の鷹妻への恋情傾けり 中村草田男
夏天虚しただ光熱の一碑面(天心旧山荘路傍、叢中一巨岩をもつて碑となす。即ち「亜細亜ハ一ナリ」と。(二句)[うち一句]) 飯田龍太
夏天降り白き煙草を口にく啣ふ 山口誓子
起重機の巨鉤夏の空よりす 山口誓子
向ひ嶺の鞍部人越ゆ夏天かな 松崎鉄之介
山一つ山二つ三つ夏空 中川一碧樓
子の瞳の中の吾も夏空も永久なれよ 香西照雄
市民らに岩暑き夏空の星 飯田龍太
死に消えてひろごる君や夏の空 三橋敏雄
朱夏の天毬状の擬死目を去らず 佐藤鬼房
傷ついて倒る夏天の青く灼く 松崎鉄之介
全き別離笛ひりひりと夏天の鳶 西東三鬼
大木も揺れ花も揺れ夏の空 飯田龍太
動くもの一夏天のみさるをがせ 加藤秋邨
眉間みな霞のごとし夏の空 三橋敏雄
鼻隆く夏天を翔けて降り来たる 山口誓子
北窓に夏天覗く子なき夫婦 右城暮石 句集外 昭和二十八年
目つむれば夏天をおちてきしごとし 平井照敏
夜の夏天船より見れば銀河ながれ 山口誓子
立ち目つむる戦亡の友よ夏の空 三橋敏雄
龍舌蘭夏天の銀河夜々濃ゆし 橋本多佳子
瑠璃鳴けば栗鼠が顔出す夏の空 飯田龍太
肛門を今蔵いけり夏の空 永田耕衣
荼毘煙とびてはげしく夏の空 廣瀬直人 帰路

夏の空 続補遺
住持まで払ひ果けり夏の空 嵐雪
夏空や花の名残の朝ぐもり 許六

以上


by 575fudemakase | 2018-05-13 09:00 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/28309436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

飯桐の実の俳句
at 2018-10-20 15:17
散歩 の俳句
at 2018-10-18 06:36
薔薇の俳句 あれこれ
at 2018-10-18 05:40
秋薔薇 の俳句
at 2018-10-18 05:36
ビュッフェ の俳句
at 2018-10-18 04:26

外部リンク

記事ランキング