牛蛙 の俳句

牛蛙 の俳句
牛蛙

隠沼に闇を呼ぶ声牛蛙 大野津弥
花の世を伺う金の眼 牛蛙 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 島嶼派
飢えて腹から怒りし日あり牛蛙 原子公平
吉備の野の真昼けだるき牛蛙 羽田岳水
牛蛙いまも破れた空がある 野田嘉治
牛蛙おとこというはやわらかき 柿畑文生
牛蛙おのれのこゑに鳴きやみぬ 武田惟人(天為)
牛蛙ぐらりと昼をくらくせり 山上樹実雄
牛蛙ぐわぐわ鳴くよぐわぐわ 金子兜太
牛蛙の太息酒豪めきにけり 西村 琢
牛蛙むつくほつくり親ゐない 工藤ひろえ
牛蛙安眠枕の貸し出し日 古川塔子
牛蛙闇を揺らして鳴きゐたり 森脇澄子
牛蛙億もて数ふ山の齢 阪本謙二(櫟)
牛蛙花菜あかりを泳ぎけり 山尾玉藻
牛蛙魚板ふたたび打てば止む 川澄祐勝
牛蛙湖むんむんと暗きかな 山本仁太郎
牛蛙昨日のつづきの我であり 加藤瑠璃子
牛蛙姿を見せず鳴きやまず 木全孝子
牛蛙人さしかかれば音の詰る 高澤良一 素抱
牛蛙須佐之男の疵深かりし 中根唯生
牛蛙昼行燈のごとく鳴く 土田祈久男 『素心』
牛蛙釣りあげられて足垂らす 鷲野蘭生
牛蛙浮葉に乗りて瞬かず 小野珀子
牛蛙平群の闇をほしいまま 倉持嘉博
牛蛙明日退院の太寝息 上月大輔
牛蛙鳴いて昏れゆく西行堂 山田春生
牛蛙鳴けば漣生まれけり 梅本幸子
牛蛙老婆老婆と健やかな 金子皆子
牛蛙茫とふるへし落暉かな 三木星童
牛舎なき村の溜池牛蛙 黒部良二
橋めぐり夜廻りもどる牛蛙 中戸川朝人 残心
月代に鳴きいづのろの牛蛙 松村蒼石 寒鶯抄
見たと鳴く古鏡を見たと牛蛙 山口都茂女
古書守の池に憩へば牛蛙 高澤良一 素抱
古池の懲りない面々牛蛙 三浦二三子
語り部は田毎の月の牛蛙 櫛原希伊子
光る藻のうおおんうおおん牛蛙 福富健男
山門の裏に自転車牛蛙 田中裕明 山信
人間探求派のわれを呼ぶ牛蛙 和知喜八
世騒がせの牛に生まれず牛蛙 小出秋光
先憂も後楽もなし牛蛙 川崎展宏 冬
足揃へ持てり捕りたる牛蛙 茨木和生 丹生
丹の橋の池に映りて牛蛙 安斉君子
天水の火山灰濁りせる牛蛙 宮坂静生 春の鹿
田から田に声を広めて牛蛙 高見沢千代
田の闇にゐて一匹の牛蛙 森田清司
内堀の石垣高し牛蛙 武田光子
悲しみに言葉はいらぬ牛蛙 上原勝子
飛騨の夜を大きくしたる牛蛙 森澄雄
病名をゆっくりと呑む牛蛙 長谷川邦子
不死男忌の不意に鳴き出す牛蛙 後藤秋邑
父留守の闇おそろしや牛蛙 松田悦子

牛蛙 補遺

あの声は冥よりの声牛蛙 桂信子 草影
愛染明王に仕へて鳴くや牛蛙 飯島晴子
花の世を伺う金の眼 牛蛙 伊丹三樹彦
牛蛙ぐわぐわ鳴くよぐわぐわ 金子兜太
牛蛙タイの三日月燃えんばかり 加藤秋邨
牛蛙とも寝の白髪ならべたる 森澄雄
牛蛙に眠り千鳥に目覚めている 金子兜太
牛蛙御本山には大金庫 波多野爽波
牛蛙紫陽花または開かずの間 佐藤鬼房
牛蛙眠れぬ妻に青葉の眼 金子兜太
牛蛙鳴いてをるなり大祓 森澄雄
月の出や湖をまぢかに牛蛙 森澄雄
月光に強いて出でをり牛蛙 岡井省二 鯨と犀
月代に鳴きいづのろの牛蛙 松村蒼石 寒鶯抄
献酬に水飲むいとま牛蛙 上田五千石『風景』補遺
古利根の牛蛙ども月とゆらぐ 加藤秋邨
三日月に牛蛙とは鬱なるかな 金子兜太
秋立ちて二日のこゑの牛蛙 百合山羽公 樂土
水面に身を任せ浮く牛蛙 右城暮石 散歩圏
世話好きの八束いま亡し牛蛙 金子兜太
青竹の昼の平群の牛蛙 森澄雄
太陽は大きくて黄色牛蛙 金子兜太
代掻いて夜はそこより牛蛙 森澄雄
昼間眠れて喜ぶ妻に牛蛙 金子兜太
湯治して夜のぢぢばばに牛蛙 森澄雄
梅雨蒸す夜ひとつこの世を牛蛙 森澄雄
飛騨の夜を大きくしたる牛蛙 森澄雄
仏さま鶏も牛蛙も鳴くよ 金子兜太
旅は夜の足熱りゐる牛蛙 森澄雄
冷し飴そこいらで牛蛙鳴き 岸田稚魚 紅葉山

以上


by 575fudemakase | 2018-05-13 09:14 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/28309452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

夏の湖 の俳句
at 2018-05-23 13:35
京鹿子 の俳句
at 2018-05-23 03:03
賀茂祭 の俳句
at 2018-05-17 07:24
夏の蛙 俳句あれこれ
at 2018-05-13 09:40
夏蛙 の俳句
at 2018-05-13 09:20

外部リンク

記事ランキング