梅雨夕焼 の俳句

梅雨夕焼 の俳句

梅雨夕焼

ししうどの曳きたる影や梅雨夕焼 ふけとしこ 鎌の刃
シヨベルカー梅雨夕焼ヘ口を開く 杉山とし
リリーマルレーン梅雨夕焼は屍の炎 熊谷愛子
わが声にわが子らを呼ぶ梅雨夕焼 千代田葛彦
蟻なども群れてはにほふ梅雨夕焼 篠田悌二郎
牛吠えて梅雨の夕焼はるかなり 相馬遷子 山国
思はずも遠くに来たる梅雨夕焼 佐藤美恵子
主の御手の釘大いなり梅雨夕焼 古賀まり子 緑の野以後
昇天の合掌そろふ梅雨夕焼 下村ひろし 西陲集
前を帰るはケインズ学派梅雨夕焼 寺井谷子
土赫き切り通しの崖昏らみたり梅雨に入りゆく空夕焼ける 草間正夫
梅雨の街異郷のごとく夕焼す 瀧春一 菜園
梅雨寒や三ツ葉の花の夕焼けて 佐野青陽人 天の川
梅雨夕焼こんにやくいもの葉にすこし 長谷川素逝 暦日
梅雨夕焼阿波の*すくも(草冠に染)の香なりけり 黒田杏子 花下草上
梅雨夕焼一羽の鴉こゑ忘れ 細川加賀 生身魂
梅雨夕焼火のやうやがて水のやう 原田暹「百鳥俳句選集」
梅雨夕焼算盤塾に子等昏む 田川飛旅子 花文字
梅雨夕焼少年の四肢細く白く 福田蓼汀 山火
梅雨夕焼少年の手の単語帳 村田みのる
梅雨夕焼世の隅家の隅に縫ふ 移公子
抱きいづるみづ児と染まり梅雨夕焼 赤松[けい]子 白毫
夕焼けんとせし樹も梅雨に滲みけり 篠田悌二郎 風雪前
夕焼を永くゆるして梅雨の暮 八木林之介 青霞集
磔像下の古きオルガン梅雨夕焼 冨田みのる

梅雨夕焼 補遺

くたくたの艫綱投ぐる梅雨夕焼 飯島晴子
闇市や梅雨夕焼に貫かれ 加藤秋邨
牛吠えて梅雨の夕焼はるかなり 相馬遷子 山国
妻うたふ梅雨夕焼の厨より 加藤秋邨
雫する手のまま佇ちて梅雨夕焼 細見綾子
食ひのばす米も終りぬ梅雨夕焼 加藤秋邨
廃橋を犬渡りゆく梅雨夕焼 能村登四郎
梅雨の間の夕焼誰ももの言ひやめ 加藤秋邨
梅雨の木々やや躊躇うて夕焼けぬ 橋閒石 微光
梅雨の夕焼力士のうしろ姿かな 村山古郷
梅雨夕焼M氏は山の仕事場へ 飯田龍太
梅雨夕焼いかならむ世の子等に来る 能村登四郎
梅雨夕焼け聖晩餐図にありし色 鷹羽狩行
梅雨夕焼こんにやくいもの葉にすこし 長谷川素逝 暦日
梅雨夕焼して地の涯をのぞかせぬ 上田五千石『森林』補遺
梅雨夕焼すつぽりつつむ八重洲口 松崎鉄之介
梅雨夕焼も残る齢も期し難し 安住敦
梅雨夕焼橋に憩ひの母ら凭る 佐藤鬼房
梅雨夕焼初ひぐらしもまた淡し 水原秋櫻子 帰心
梅雨夕焼少年の四肢細く白く 福田蓼汀 山火
梅雨夕焼電車の席かすいてゐて 阿波野青畝
梅雨夕焼負けパチンコの手を垂れて 石田波郷
暮るるまでカーテン引かず梅雨夕焼 稲畑汀子
耶蘇の教売りつけられし梅雨夕焼 橋閒石
遊ぶ子を分けゆき熱し梅雨夕焼 大野林火 潺潺集 昭和四十二年

以上

by 575fudemakase | 2018-05-31 14:48 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/28341902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

私の花火の俳句
at 2018-06-18 04:07
2018年 6月 ねずみのこ..
at 2018-06-17 17:56
青大将の俳句
at 2018-06-16 09:26
蛇 くちなは ながむし 青大..
at 2018-06-16 09:25
ペチュニア サフィニア の俳句
at 2018-06-11 00:43

外部リンク

記事ランキング