梅雨深し の俳句

梅雨深し の俳句

梅雨深し

あめふらし海中を舞ひ梅雨深し 大屋 達治
バーのマダム飲み屋の女将梅雨ふかし 鈴木真砂女 夕螢
やや晴れて来て梅雨深しとぞ思ふ 後藤比奈夫
応へなき空気銃音梅雨ふかし 杉山岳陽 晩婚
押入より子が飛び下りて梅雨ふかむ 田川飛旅子 花文字
仮名文字の筆遅々として梅雨深し 國岡錫子
花持てる人に逢ふ梅雨の深さかな 蓬田紀枝子
花店のガラス戸のなか梅雨深し 長谷川櫂 蓬莱
絵の魚のみな憂ひ貌梅雨ふかむ 鍵和田[ゆう]子 浮標
干草にコリーは覚めず梅雨深き 相馬遷子 山国
泣き虫と子を呼ぶ梅雨の深さかな 上田日差子
魚屋の隣に住みて梅雨ふかし 鈴木真砂女 夕螢
屈強の渡し守ゐて梅雨深し 伊藤敬子
君までも逝かれいよいよ梅雨深し 深見けん二 日月
古宿にときに人ごゑ梅雨深し 岸田稚魚
吾が生みし骨を拾ひぬ梅雨深し 平田君代「辻が花」
壕を掘る梅雨は赭土深く在り 林原耒井 蜩
裁布のはなやぐひと間梅雨深し 山田弘子 初期作品
傘突いて仙台城趾梅雨深し 小林康治
山独活を折りしその香も梅雨ふかし 大島民郎
山毛欅の幹叩きて梅雨を深めけり 山田みづえ
死期知りし犬の泪眼梅雨深し 吉田朔夏
受け皿は受け皿の役梅雨深し 栗林千津
心の臓うごくかなしさ梅雨深し 岸田稚魚
森深く泳ぎて白し梅雨の蝶 白岩三郎
森深く来て梅雨蝶の漂へる 安済久美子
深吉野の闇とどろかす梅雨出水 藤本安騎生
深山花つむ梅雨人のおもてかな 飯田蛇笏 山廬集
深爪の足のさみしさ梅雨月夜 中戸川朝人 残心
深梅雨のわが家を杭と思ひけり 岡本眸
深梅雨の暗い呼吸して寺障子 松村蒼石 雪
深梅雨の暇もて余す渚あり 岡本眸
深梅雨の釣られて鳴ける湖の魚 茂里正治
深梅雨の膝に竹籠回し編む 川崎慶子
深梅雨や農の疲れのわがカルテ 影島智子
身のうちに青き川あり梅雨深し 佐藤美恵子
水郷を更に鎮めて梅雨深し 藤浦昭代
酔ひ泣きの父に夜の梅雨深むかな 石橋林石 『石工日日』
青芦に沈みし筑波梅雨ふかし 岸風三楼 往来
千人の着席の音梅雨深し 奥坂まや
足痛が足萎ふほどに梅雨ふかし 及川貞 夕焼
沢蟹が廊下に居りぬ梅雨深し 矢島渚男 延年
誰の手にありし古書なる梅雨深し 有馬朗人 耳順
鳥ひとつ深山に叫ぶ梅雨嵐 相馬遷子 雪嶺
猫と語る楸邨の声梅雨ふかし 中嶋秀子
婆杉は失せて爺杉梅雨深し 細川加賀 生身魂
馬の息身近かに梅雨の深まりぬ 越桐三枝子「雉俳句集」
梅雨さむく映画製作の深夜あり 瀧春一 菜園
梅雨のけふ田植ゑてみどり深くする 森澄雄
梅雨の闇世の闇深し我を呼ぶ 石原八束 空の渚
梅雨の月夜深きほどにくつきりと 岩田由美 夏安
梅雨の溝に蛙鳴き澄む深夜かな 渡辺水巴 白日
梅雨の深夜覚めて明るき灯をともす 右城暮石 上下
梅雨の富士梅雨の深さにそびえたる 阿部ひろし
梅雨の夜の平安われに闇深め 河野南畦 湖の森
梅雨ふかきちりめんじやこのご飯かな 和田耕三郎
梅雨ふかき闇に己れを恃むなり 柴田白葉女 『月の笛』
梅雨ふかき寺に師と世を隔て坐す 加々美鏡水
梅雨ふかくあざみいろ濃き拓地かな 飯田蛇笏 春蘭
梅雨ふかくわが子の声すひとの家 鈴木 元
梅雨ふかし火の山へゆく直路あり 小川ひろし
梅雨ふかし機上赤子の泣きやめず 吉野義子
梅雨ふかし黍たうきびとたけ競ふ 悌二郎
梅雨ふかし見えざる糸を誰が引く 鈴木真砂女 夕螢
梅雨ふかし芝生にしづみ啼く雀 木津柳芽 白鷺抄
梅雨ふかし照る照る坊主真顔かな 谷口桂子
梅雨ふかし戦没の子や恋もせで 及川貞
梅雨ふかし猪ロにうきたる泡一つ 久保田万太郎 流寓抄
梅雨ふかし蔓まきそめし朝顔に 及川貞 夕焼
梅雨ふかし隣の猫が鳴きに来て 奥野桐花
梅雨ふかし鶯を飼ふ老患者 石田あき子 見舞籠
梅雨深かむ空を抜け得ず船の笛 河野南畦
梅雨深きことも仏の心かな 星野椿
梅雨深き果樹園にゆき当りたる 石田郷子
梅雨深き胸底といふ見えぬ底 山崎幸子
梅雨深き山をまよへば吾も獣 福田蓼汀
梅雨深き真珠の潮に潮仏 木村蕪城
梅雨深くいまはの一語「ありがたう」 菖蒲あや
梅雨深く数へて人の百ヶ日 本多栄次郎
梅雨深く壁に帽子の混み合えり 中谷耕子
梅雨深しきのふと同じけふが過ぎ 相馬遷子 山河
梅雨深しことに甘えるサランラップ 穴井太 原郷樹林
梅雨深しさみしくて魚発光す 小澤實
梅雨深しひとそれぞれに端を占む 佐藤美恵子
梅雨深しビルは窓枠より亡び 和田耕三郎
梅雨深しみどりの卵孵りさう 吉田晶二
梅雨深し雨に濡れざる土を見て 飯田龍太
梅雨深し帰宅せぬ子に灯を残す 恩田 洋子
梅雨深し泣きても妻はあまえの座 大石悦子 群萌
梅雨深し教師が好む梅干飴 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
梅雨深し暁いまだ戸を漏れず 石橋辰之助 山暦
梅雨深し鯨が陸を歩きし日 矢島渚男 梟
梅雨深し咋日と同じ過し方 今橋真理子
梅雨深し煮返すものに生姜の香 時彦
梅雨深し織部焼みどりの滑車井戸 つじ加代子
梅雨深し身に余る情といふを知る 佐野美智
梅雨深し鯛飯を食ふ伊予の宿 和田 珠
梅雨深し竹はま直ぐにやや斜めに 石川桂郎 四温
梅雨深し適塾昼の灯を点す 安部 桂
梅雨深し病巣はなほ深からむ 朝倉和江
梅雨深し片戸の開かぬ閻魔堂 犬塚南川
梅雨深し本の表紙の草木染 有馬朗人 天為
梅雨深し余命は医書にあきらかに 相馬遷子 山河
梅雨深し學童千の注射終へ 相馬遷子 雪嶺
梅雨深し曉いまだ戸を漏れず 石橋辰之助
梅雨深みかも声のみに山の鳥 細川加賀
梅雨深むダム放水のアナウンス 宮田富昭
梅雨深む湿生花園に草蓮玉(クサレダマ) 高澤良一 暮津
梅雨籠めやむかし帳場の深格子 都筑智子
白き花仏にかなひ梅雨ふかし 阿部 光
半眼で人見るけもの梅雨深し 川崎慶子
不眠者に深夜とどろく梅雨の雷 相馬遷子
不眠者に深夜とゞろく梅雨の雷 相馬遷子
仏の名いただく町や梅雨深む 山田みづえ 草譜以後
万巻の書のうつうつと梅雨ふかし 重松白雲子
旅支度少しづゝ梅雨深む中 高澤良一 素抱
林中の松錚錚と梅雨深む 小川かん紅
冷蔵庫の未明の音や梅雨ふかく 行方克己 知音
漏刻といふ垂直の梅雨深し 小川双々子
已むを得ず日本に住みて梅雨深し 三橋敏雄(1920-2002)
珈琲屋出て珈琲屋梅雨深し 辻桃子
髑髏に眼あるかに冥く梅雨深し 福田蓼汀 秋風挽歌

梅雨深し 補遺

ここに座し先生の座や梅雨深き 山口青邨
この日殊に嵯峨野の梅雨は深からむ 村山古郷
そののちは文もみず梅雨深みかも 上田五千石 琥珀
バーのマダム飲み屋の女将梅雨ふかし 鈴木真砂女
ばらばらに見て来て海の梅雨深し 岡本眸
ほほづきの稚き袋梅雨深し 山口青邨
まぎらはしきものに囲まれ梅雨ふかし 桂信子 花影
やや晴れて来て梅雨深しとぞ思ふ 後藤比奈夫
遺影見て梅雨深まりし一日かな 藤田湘子 途上
何かかなしき薬を服むや梅雨深く 山口青邨
干草にコリーは覚めず梅雨深き 相馬遷子 山国
亀ケ城薊むらさきに梅雨ふかし 水原秋櫻子 蘆刈
亀死すと告ぐ梅雨ふかき坊の庭 山口青邨
魚屋の隣に住みて梅雨ふかし 鈴木真砂女
遣水のこもりひびける梅雨深し 山口青邨
古宿にときに人ごゑ梅雨深し 岸田稚魚
孔雀啼くこれ荒梅雨か深梅雨か 燕雀 星野麥丘人
札つけて預る傘や梅雨ふかし 鈴木真砂女
傘突いて仙台城趾梅雨深し 小林康治 玄霜
山深み梅雨に川なす遍路坂 松崎鉄之介
子規庵は街に沈めり梅雨深き 山口青邨
汐入の池魚跳ねて梅雨深し 山口青邨
手鏡の蓋の蒔絵の梅雨深く 山口青邨
昇給の夜の酒荒れて梅雨深む 草間時彦 中年
丈草の像は影濃く梅雨深し 山口青邨
深海の魚のごとくに梅雨ごもり 富安風生
深山花つむ梅雨人のおもてかな 飯田蛇笏 山廬集
深沢に眼玉が沈む梅雨の入り 佐藤鬼房
深梅雨のわが家を杭と思ひけり 岡本眸
深梅雨の暗い呼吸して寺障子 松村蒼石 雪
深梅雨の暇もてあます渚あり 岡本眸
深梅雨の苔石据ゑて織匠の家 能村登四郎
粗忽にて差戻し便また梅雨深き 石塚友二 玉縄抄
草深の寺に色鯉送り梅雨 鷲谷七菜子 天鼓
草深野梅雨の暮色は巌根より 中村草田男
草叢も梅雨も一途に深まれり 相生垣瓜人 負暄
蒼朮を焚いていよ~梅雨深し 高野素十
足痛が足萎ふほどに梅雨ふかし 及川貞 夕焼
他人の過去聞かされ梅雨の深むなり 松崎鉄之介
誰の手にありし古書なる梅雨深し 有馬朗人 耳順
鳥ひとつ深山に叫ぶ梅雨嵐 相馬遷子 雪嶺
働きて夜は着物の梅雨ふかし 森澄雄
波がしらさびしく梅雨の深山川 飯島晴子
梅雨しげきマンホール深く奏でをり 藤田湘子 途上
梅雨のけふ田植ゑてみどり深くする 森澄雄
梅雨の溝に蛙鳴き澄む深夜かな 渡邊水巴 白日
梅雨の深夜バルブ操作の両手影 佐藤鬼房
梅雨の深夜覚めて明るき灯をともす 右城暮石 上下
梅雨の夜の湿舌闇を深くせり 右城暮石 天水
梅雨ふかき吹降りに拝む師弟の碑 水原秋櫻子 緑雲
梅雨ふかくあざみいろ濃き拓地かな 飯田蛇笏 春蘭
梅雨ふかく烏賊の腸痩せにけり 鈴木真砂女 居待月
梅雨ふかく鯖の太腹裂きにけり 鈴木真砂女 居待月
梅雨ふかしいづれ吾妹と呼び難く 西東三鬼
梅雨ふかしからたちばなの花も咲き 山口青邨
梅雨ふかしくろぐろとまたしろじろと 橋閒石 微光以後
梅雨ふかしでんでん太鼓裏へも鳴る 中村草田男
梅雨ふかしゆでて色増すさくら海老 鈴木真砂女
梅雨ふかし見えざる糸を誰が引く 鈴木真砂女 夕螢
梅雨ふかし古墳の壁に大日の輪 上村占魚
梅雨ふかし水にもどせる干ひじき 鈴木真砂女 卯浪
梅雨ふかし戦没の子や恋もせで 及川貞 夕焼
梅雨ふかし昼の楽より睡り克つ 野澤節子 未明音
梅雨ふかし昼の小皿のぶだう豆 亭午 星野麥丘人
梅雨ふかし塗りたる橋の竹煮草 飯田龍太
梅雨ふかし庖丁で掻く鍋の焦げ 鈴木真砂女 卯浪
梅雨ふかし蔓まきそめし朝顔に 及川貞 夕焼
梅雨ふかし韋駄天の眼の硝子玉 亭午 星野麥丘人
梅雨ふかめ燃えるがための反古燃える 橋閒石 無刻
梅雨やみゐし夜の真深さを星埋む 野澤節子 未明音
梅雨深き孔雀裳裾の紋よごし 山口青邨
梅雨深き色にをだまき咲きにけり 清崎敏郎
梅雨深き悲しみにただ祈りけり 稲畑汀子
梅雨深く鯉釣り上げてものいはず 山口青邨
梅雨深く鯖の太腹裂きにけり 鈴木真砂女
梅雨深しきのふと同じけふが過ぎ 相馬遷子 山河
梅雨深しことさら智照尼は訪はず 安住敦
梅雨深しピカソの青き母と子と 飯島晴子
梅雨深し雨に濡れざる土を見て 飯田龍太
梅雨深し金貨降る夢みたりけり 燕雀 星野麥丘人
梅雨深し煮返すものに生姜の香 草間時彦
梅雨深し竹はま直ぐにやや斜めに 石川桂郎 四温
梅雨深し馬屋の燈をとる影法師 上田五千石『田園』補遺
梅雨深し木の間に船の見えしとき 飯田龍太
梅雨深し憂愁夫人(フラウ・ゾルゲ)の瞳に視らる 日野草城
梅雨深し余命は医書にあきらかに 相馬遷子 山河
梅雨深し學童千の注射終へ 相馬遷子 雪嶺
薄明の道見ゆれども梅雨深し 飯田龍太
腹中のうつぼ思へば梅雨深し 桂信子 花影
木石の濡れてうべなふ梅雨深し 富安風生
友二人喪ひし夜の梅雨深酒 林翔
老いてなほ深入り癖やしぶり梅雨 能村登四郎
髑髏に眼あるかに冥く梅雨深し 福田蓼汀 秋風挽歌

以上

by 575fudemakase | 2018-06-06 15:46 | 夏の季語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/28352666
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

厚岸草 の俳句
at 2018-09-18 06:55
孤独 の俳句
at 2018-09-12 09:10
紅一点 の俳句
at 2018-09-12 02:27
昭和 の俳句
at 2018-09-11 06:07
カヌー の俳句
at 2018-08-29 08:35

外部リンク

記事ランキング