相模 の俳句

相模 の俳句

相模

いなづまや浪のよるよる伊豆相模 蕪村
きりぎりす相模厚木は夜の雨 田中冬二 俳句拾遺
さくら紅葉相模の泥に下駄穿つ 『定本 石橋秀野句文集』
さねさし相模の蜜柑酸く甘く 加藤三七子
しぐるゝや油曇りの相模灘 石塚友二 光塵
たたき鰺甘し相模の秋霞 中拓夫
安房へ行き相模へ帰り小夜千鳥 正岡子規
安房へ行き相模へ歸り小夜千鳥 千鳥 正岡子規
伊豆相模わかつ岬に笹鳴ける 有働 亨
伊豆相模境もわかず花すゝき 薄 正岡子規
雲払ふさねさし相模山眠り 高良満智子
音なしの幾夜の冬の相模灘 原石鼎 花影以後
夏はきぬ相模の海の南風にわが瞳燃ゆわがこころ燃ゆ 吉井勇
夏は来ぬ相模の海の南風にわが瞳燃ゆわがこころ燃ゆ 吉井勇
夏網の相模の海の鱸かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
蚊相模のいま勝負どき風吹けり 原裕 『王城句帖』
割干は紐に跨り相模灘 高澤良一 鳩信
関八州相模の方へ蟻走る 多々良敬子
眼の下に相模灘あり花みかん 田中冬二 俳句拾遺
鬼やらふとき大闇の相模灘 原裕 新治
桐の花かげろひやすき相模の野 文挟夫佐恵 黄 瀬
近浦も相模も雨の虚蟹 佐藤鬼房 何處ヘ
桑の瘤葉を噴いてをる相模かな 大木あまり 火球
恵方道相模はうしほ満つる国 田中鬼骨
見放つやをばなが末の甲斐相模 会津八一
枯野より高く入日の相模湾 阿部藍子
枯葉とぶ音もひかりもわが相模 藤田湘子 てんてん
左義長の炎のちぎれとぶ相模灘 原裕
傘さして相模の恋をつらぬけり 攝津幸彦
獅子頭担ぎ相模の虫送り 西本才子
秋燕の翼返すや伊豆相模 高澤良一 石鏡
秋涼や墨絵となりぬ相模湾 落合柊子
春の海隔てゝ安房と相模かな 篠崎霞山
春暁の星をうつさず相模灘 長谷川かな女 雨 月
初空や下より明くる相模灘 初空 正岡子規
初汐や旭の中に伊豆相模 蕪村
初潮や旭の中に伊豆相模 蕪 村
初凪やさねさし相模しらねども 有澤[かりん]
初日さす相模田圃へ出て父は 湘子
初富士や浪の穂赤き伊豆相模 格堂
小春よき相模の国や年の市 原石鼎 花影以後
鉦太鼓もて相模野に凧をあぐ 中戸川朝人 星辰
真帆浮ぶ相模の海や実朝忌 宮下秀昌
青女放つ鶴舞ひ渡る相模灘 原石鼎 花影以後
青梅へ胸衿ひらく相模灘 本庄登志彦
石蕗の花潮目きらめく相模灘 井水貞子
相模なるさざれさざ波桜蝦 藤村瑞子
相模より武蔵にかけて山蒼し 遠山 陽子
相模より風吹きわたる心太 大橋富士子
相模伊豆鳥居こわれるほど晴れたり 佃悦夫
相模堰みづ満々と太宰の忌 金子さちこ
相模乙女の髪の逆立つ大試験 星野石雀
相模行く夕日の国の妻なりけり 折笠美秋 死出の衣は
相模国分寺落花に礎石目覚めしよ 河野南畦
相模灘しづまる闇に時鳥 原石鼎 花影以後
相模灘砥の如き日や松の蕊 石塚友二
相模灘不二立錐のいたみかな 豊口陽子
相模野に雲厚き日や牛蒡引く 佐野美智
相模野に春を奏でて酒匂川 高澤良一 素抱
相模野に端午の大凧あがりたり 滝沢伊代次
相模野の春暮になじむとりけもの 桂 信子
相模野の青き踏み来て手ぶらかな 高澤良一 宿好
相模野も足柄寄りや麦の秋 尾崎迷堂 孤輪
相模嶺はわが蓬莱ぞ風に立つ 鈴木康久
草原の国に生れて初相模 長谷川櫂 虚空
其角忌や西相模野の紅梅花 石原八束
太穂忌の相模寒月梅真白 澤柳たか子
凧の尾に相模の海の波荒ぶ 市川東子房
蜘蛛消えて只大空の相模灘 原 石鼎
朝曇相模野は畑黒く延ぶ 宮津昭彦
椿林展け正面相模灘 高澤良一 鳩信
吊し雛相模の湖の透けて見ゆ 小林清子
弟よ相模は海と著莪の雨 高柳重信
冬桜相模の湾を一望に 山本 幸代
破芭蕉夜は白波の相模灘 大嶽青児
梅の上に聳ゆ富嶽も相模ぶり 高澤良一 素抱
白妙の富嶽相模の風表 高澤良一 さざなみやつこ
麦の芽を風が起こしぬ相模灘 原 裕
麦の芽を風が起しぬ相模灘 原裕 『王城句帖』
病む姉の肩に萩ちる相模かな 鈴木としを
武蔵より相模へ通ふ猫の恋 有馬朗人 耳順
風花や武蔵相模に着倒れて 桑原三郎 春亂
粉を噴く柿よどの相模嶺に父坐すや 磯貝碧蹄館 握手
万緑や相模・武蔵の境なく 松尾隆信
蜜柑ちぎり相模の海のあをきにくだる 川島彷徨子
名月や晝より廣き相模灘 名月 正岡子規
餅腹に相模の海のにほふかな 高澤良一 ぱらりとせ
湧きたちて羽蟻まぎるる相模灘 飯田龍太
遊行忌の道一本や相模晴 高澤良一 ねずみのこまくら
夕波のさねさし相模初つばめ 鍵和田[ゆう]子
揚雲雀寒き相模を見て帰る 攝津幸彦 鹿々集
雷の一太刀浴びぬ相模灘 高澤良一 寒暑
雷の楔を入るゝ相模灘 高澤良一 暮津
鈴虫や土手の向ふは相模灘 鈴虫 正岡子規
鈴虫を相模ヶ原にきゝて住む 素十
腕にきし相模の山の太き蚊よ 瀧澤伊代次
戛々と夏戛々と燈の相模 宮坂静生 樹下
蟆子がくる相模の山を見てあれば 中村草田男
鵯鳴いて相模は晴れぬ粥柱 原 石鼎

相模 補遺

さがみ野の果てなる花も日に酔へり 臼田亜浪 旅人 抄
さがみ野の路傍のものを年の花 藤田湘子 神楽
さくら紅葉相模の泥に下駄穿つ 石橋秀野
しぐるゝや油曇りの相模灘 石塚友二 光塵
へろへろと相模冬至の夕日かな 山田みづえ まるめろ
むさしさがみ梅がもう咲く野のひかり 中川一碧樓
阿波に平家・相模に源氏螢見き 松崎鉄之介
安房へ行き相模へ歸り小夜千鳥 正岡子規 千鳥
伊豆相模境もわかず花すゝき 正岡子規 薄
音なしの幾夜の冬の相模灘 原石鼎 花影以後
襟たてて相模の市の風に蹤く 角川源義
近浦も相模も雨の虚蟹 佐藤鬼房
枯葉とぶ音もひかりもわが相模 藤田湘子 てんてん
七月や相模大山の神の札 細見綾子
春雷のしふねきこだま相模湾 阿波野青畝
初空や下より明くる相模灘 正岡子規 初空
小春よき相模の国や年の市 原石鼎 花影以後
青女放つ鶴舞ひ渡る相模灘 原石鼎 花影以後
石笛に相模の小野の野焼かな 林翔
雪の根の相模野に延ぶ藷を焼く 角川源義
相模国原枯れけり山も川もなみ 大野林火 冬青集 雨夜抄
相模灘しづまる闇に時鳥 原石鼎 花影以後
相模灘舐の如き日や松の蕊 石塚友二 曠日
相模野に月おきて雷さかりゆく 角川源義
相模野の空かるくなる松手入 鷹羽狩行
相模野の春暮になじむとりけもの 桂信子 初夏
氷頭噛むや簾越しに秋の相模灘 飯田龍太
武蔵より相模へ通ふ猫の恋 有馬朗人 耳順
名月や晝より廣き相模灘 正岡子規 名月
野の果の灘も相模や渡り鳥 三橋敏雄
湧きたちて羽蟻まぎるる相模灘 飯田龍太
鈴虫や土手の向ふは相模灘 正岡子規 鈴虫
暈の日やさねさし相模めかり時 藤田湘子 神楽
蟆子がくる相模の山を見てあれば 中村草田男
鴉の子生れて相模一の宮 藤田湘子

相模 続補遺
初潮や旭の中に伊豆相模 与謝蕪村
川べりはまだ相模なり枯尾花 田川鳳朗

以上

by 575fudemakase | 2018-08-08 09:07 | 無季 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/28543923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

厚岸草 の俳句
at 2018-09-18 06:55
孤独 の俳句
at 2018-09-12 09:10
紅一点 の俳句
at 2018-09-12 02:27
昭和 の俳句
at 2018-09-11 06:07
カヌー の俳句
at 2018-08-29 08:35

外部リンク

記事ランキング