人気ブログランキング |

飛行機 の俳句

飛行機 の俳句
飛行機

アカシヤの花屑ひろひ飛行機へ 京極杞陽 くくたち下巻
かなかなの町へ 帰ってきた飛行機 伊丹公子 ドリアンの棘
テレビに映る無人飛行機父なき冬 寺山修司 花粉航海
よく飛べり鳥の子紙の飛行機は 浜崎敬治
遠天に音なき飛行機貨車操る 鈴木六林男
寒晴や飛行機がペン先のやう 龍野よし絵
銀翼去る傷つき易き寒の空 鍵和田[ゆう]子 未来図
堅雪にひゞき飛行機雲を縫ふ 佐野青陽人 天の川
枯るゝ夜を飛行機野郎の本を読む 高澤良一 宿好
広場凍て飛行機のわだち深くのぶ 細谷源二 鐵
鮭積んで千歳飛び出す航空機 吉屋信子
笹鳴や飛行機雲の交叉して 毛塚うめ
山芋の支柱を抜くや飛行機雲 二階堂大河原
蛇穴を出れば飛行機日和也 幸田露伴
秋立つや飛行機雲が空を切り 荻原雄富
秋霖に紙の飛行機出てゆきぬ 安部健二郎
雛の眼は黒し飛行機とゞろける 渡邊水巴 富士
大つごもり飛行機音のこもる空 高澤良一 石鏡
竹帚飛行機雲も秋の雲 川崎展宏
冬来たる飛行機雲の彼方より 幸田昌子
冬麗の飛行機に浮く理由あり 正木ゆう子 静かな水
凍雲を縫ひて飛行機雲速し 稲畑廣太郎
島へ飛ぶ飛行機小さき文化の日 鈴木鷹夫 千年
馬入は地を這う銀の蛇、天馬に乗る(飛行機上) 荻原井泉水
梅雨晴間リモコン飛行機競ひ合ふ 田中こずえ
晩涼の飛行機照らし出されたる 臼田亜浪 旅人
飛行機あるきだす翼に白露のせたまま 神宮司茶人
飛行機が著けばすぐある黍畑 辻井ト童
飛行機が飛んでとどろく桜かな 中村汀女
飛行機で桜前線迎へに行く 品川鈴子
飛行機で着陸したるまぐろかな 中村裕
飛行機と見えしは紙鳶に入る日哉 寺田寅彦
飛行機になるまで走る羽抜鶏 秋山政直
飛行機に折られ飛びたつ古暦 長久加奈夫
飛行機に祖国の梅を挿し帰る 田村了咲
飛行機のずしんと降りる枯野かな 長谷川櫂(1954-)
飛行機のちひさく光る瀧の上 森本和子
飛行機のトイレの鏡初鏡 品川鈴子
飛行機のとゞろけば菊に飯うまし 渡邊水巴 富士
飛行機の遅々と飛びゐる麦の秋 京極杞陽 くくたち下巻
飛行機の中で肉食ふ漱石忌 遠山陽子
飛行機も農具の一つ棉の秋 吉良比呂武
飛行機を下りて暖炉と紅茶かな 楠目橙黄子 橙圃
飛行機を出て末枯にもどりけり 飴山實 少長集
飛行機雲艶なる日かな蓬伸び 百合山羽公 寒雁
飛行機雲大円を描き煤払ひ 川崎展宏
飛行機雲二本交叉す春の雲 田川飛旅子
飛行機音春の手袋はめにけり 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
飛行機工場寒林にとどく広場あり 細谷源二 鐵
飛行機倉庫三和土を照らす燈つきたり 細谷源二 鐵
飛行機低き子の歓声を風邪に臥て 原田種茅 径
飛行機来て顔のかなしき奴凧 加藤知世子 花寂び
飛行機来る落ちよと吾はあふぎゐる 細谷碧葉
飛行機涼し日本の四囲青海に 安田杜峰 『蛍草』
苗売りの無口ぞ良けれ飛行機雲 田川飛旅子
舞ひ戻る紙の飛行機日脚伸ぶ 岡本一代
夜間飛行機子と七月の湯屋を出て 磯貝碧蹄館
野遊びや飛行機とべば手を叩く 龍胆 長谷川かな女
柚子の実に飛行機雲のあたらしき 石田郷子
跣の子渚を飛行機走りして 西村和子 窓

飛行機 補遺

あらぬ方に飛行機の灯よ寒もどる 松崎鉄之介
屋上の朽ちし飛行機に霧ながれ 西東三鬼
花遠し地の航空機動かねば 飯田龍太
寒がりつ高處を飛行機に越され 三橋敏雄
旗雲と飛行機雲と秋の空 山口青邨
銀翼いま笏の如しや露の空 川端茅舎
銀翼に鵯の谺や菊日和 川端茅舎
銀翼の 震え通しの 初飛行 伊丹三樹彦
銀翼の光飛び末ぬ菊日和 川端茅舎
銀翼も芭蕉も露に輝きぬ 川端茅舎
空中の飛行機へ煉瓦層なれる 三橋敏雄
憩ふ翼灼けて飛行機夏草に 日野草城
月と吾が飛行機他に何も無し 山口誓子
玄冬の空銀翼を鏤めたり 村山古郷
吾子の初夏飛行機が鳴き虻うなり 渡邊白泉
広場凍て飛行機のわだち深くのぶ 細谷源二 鐵
航空機胃の上を過ぐ餉後の臥 日野草城
高射砲飛行機を逐ふ位置を占む 三橋敏雄
春暁の飛行機低き麦畠 村山古郷
雛の眼は黒し飛行機とゞろける 渡邊水巴 富士
青白き飛行機を見てゐしが笑ふ 渡邊白泉
走馬燈飛行機が又回り来る 山口誓子
藤の天重き飛行機ゆつくり飛ぶ 山口誓子
晩涼の飛行機照らし出されたる 臼田亜浪 旅人 抄
飛行機が飛んでとどろく櫻かな 中村汀女
飛行機が来れば真菰に鷺しづむ 山口青邨
飛行機で展示の峰雲見て通る 山口誓子
飛行機となり爆弾となり火となる 渡邊白泉
飛行機と同じ高度に雲の峰 山口誓子
飛行機に夜寒朝寒旅かなし 星野立子
飛行機のとゞろけば菊に飯うまし 渡邊水巴 富士
飛行機の部屋の燈夏の夜空とぶ 山口誓子
飛行機は烏賊の通ひ路越えて飛ぶ 山口誓子
飛行機は早春よあな天ぎらし 細見綾子
飛行機は昼の便なりねこじやらし 燕雀 星野麥丘人
飛行機を出て末枯にもどりけり 飴山實
飛行機雲艶なる日かな蓬伸び 百合山羽公 寒雁
飛行機工場寒林にとどく広場あり 細谷源二 鐵
飛行機倉庫三和土を照らす燈つきたり 細谷源二 鐵
末枯の野づらに待機航空機 阿波野青畝
薬草園飛行機の機影東西す 渡邊白泉

機体

ガルーダから化身の離陸 機内楽 伊丹公子
メイプルのもみぢ押し葉にして機内 高澤良一 ぱらりとせ
炎昼へどすんと降りてプロペラ機 内田美紗 魚眼石
夏服ヘチーズ配らる夜の機内 石寒太 翔
花冷の機内に一つチェロの席 石崎多津子
機首さげる青き前方後円へ 品川鈴子
機首を向く山系いまだ深眠り 斎藤千代子 『朱盃』
機内まで富士の淑気ののぼりくる 加藤美子
機内やや暑し砂漠の上を飛び 猿橋統流子
機内適温ルフトハンザの綿毛布 鈴木 榮子
残照の上の機内の秋の暮 野澤節子 遠い橋
初飛行機首光らせて雲の中 菅沢泰子
初富士の見えて機内のアナウンス 和田郁子
雪まぶし機内モスコー時間告ぐ 山本歩禅
陽炎ふて発てる機体の秒刻み 高澤良一 寒暑

以上

by 575fudemakase | 2018-11-11 11:07 | 無季 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/28841793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

十二月
at 2021-05-13 01:40
拙句 ポインセチア 猩々木 
at 2021-05-13 01:37
拙句 蕪 
at 2021-05-13 01:35
拙句 蜜柑 
at 2021-05-13 01:34
拙句 セロリ (高澤..
at 2021-05-13 01:33

外部リンク

記事ランキング