洋酒あれこれ の俳句

洋酒あれこれ の俳句

洋酒あれこれ

【葡萄酒】

おぼろ夜のワインの栓に手こずりぬ 大石悦子 群萌
かりがねや古城にねむるワイン樽 木下ローズ
こほろぎや小さき灯点すワイン倉 白井 新一
コルク屑ワインに混じる小正月 能村研三 鷹の木 以後
すゐつちよの鳴く葡萄酒の盃を乾す 原子公平
ソムリエの薦めのワイン西東忌 三宅 隆
びいどろや葡萄酒の色の殉教史 文挟夫佐恵
ビールなら頂くワイン駄目だけど 山田弘子
ビール苦く葡萄酒渋し薔薇の花 薔薇 正岡子規
みごとな梅月夜妻には赤ワイン 益田 清
モダンジヤズ聴く春宵の赤ワイン 西本公明
リトヴィノフは葡萄酒じやないぞ諸君 仁智栄坊
れんげワインどくだみワイン秋深まりぬ 栗林千津
ワインこぼれ 耳濡らされたコリーの昼 伊丹公子
ワインなめらか胸にりんかくだけの雛 渋谷道
ワインの栓すぽんと抜けて寒明くる 大玉文子
ワインの栓音たてて抜き春隣 館岡沙緻
ワイン飲むサマードレスの腕白し 小谷ひろゆき(ひいらぎ)
ワイン飲む上甲板に白夜光 宇野直治
ワイン酌む白より赤へ夏料理 水見寿男
ワイン新酒ひとはきらきら才こぼす 紅露ゆき子
ワイン樽ねかせて秋を煤けし灯 伊藤京子
ワイン瓶抱きて扉を出づ聖夜弥撒 澤田 緑生
をみな等の奢りのワイン年忘 坪井のぶ子
遠来の友にワインと冷奴 中村恵美子「未来図合同句集」
夏めくや葡萄酒の白冷しをり 角川春樹
夏痩詩人ワインの栓も抜き兼ねし 安住敦
花疲なるやワインの酔なるや 岩崎照子
花冷えや古き樽積むワイン蔵 山田紀美子
回し飲みワイン楽しむ白夜かな 岩崎照子
郭公や深き眠りのワイン蔵 根本花子
貴婦人の絵のワインあり春灯 岩崎照子
胸中をワイン流るる帰燕かな 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
啓蟄やワインの栓の固きこと 植田みつ女
月山の深き茂りやワイン蔵 北見さとる
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
語らふに葡萄酒の味をのこどち憎しみ睦ぶ仲らひの機微 高橋睦郎 飲食
喉越しに残るワインや星朧 安藤マチ子
黒人へこぼるる雪と葡萄酒と 対馬康子 純情
熟すまま来世紀まで寝かしおく葡萄酒千本そして恋人 松平盟子
春海の伊勢海老やトロリ葡萄酒煮 松根東洋城
食積にほつほつ飽きしワイン飲む 田中由子
新涼や麺麭もワインも籠にねかせ 鈴木栄子
星冴ゆる窓やワインの杯重ね 吉村容子
青葉木菟夜を密々とワインの香 荻原華専
赤ワイン産地の葡萄まだ枯木 高木晴子 花 季
赤ワイン舌よりわれをふくらます 子はなぜひとりか、なあタラノメよ 坂井修一
赤ワイン栓が抜かれておぼろ月 鈴木佐多子
雪窓にはりつき我等ワイン酌む 深見けん二
占魚忌の午餐に加ふ赤ワイン 近藤朱月亭
僧院ホテルの 点るワインは 祈祷の灯 伊丹公子 パースの秋
大酒樽巡りて味はふ新ワイン 関森勝夫
地下蔵にワインの眠る良夜かな 後藤浩子
地獄門 血の葡萄酒に火を放てり 幻想と戀の白羊宮かな 筑紫磐井 未定稿Σ
地底なる黴のにほひのワイン倉 森田幸夫(ひいらぎ)
鳥に尾があるワインこぼしてしまったわ 松本恭子
鳥巣立つ葡萄酒の透く日の中へ 福田甲子雄
低音は枯木高音は雲ワイン澄む 河野多希女 両手は湖
天上に富積めといふパン・ワイン・實のオリーヴもそに含ましめ 高橋睦郎 飲食
怒りしづかに新ワイン対流す 中戸川朝人 星辰
冬ぬくし金婚の夜の赤ワイン 加藤三陽
冬薔薇傾けて置くワインの壜 伊藤いと子
東京湾日昏るるとみて酌むワイン一つの灯り香み干しきれぬ 五喜田正巳
洞窟夜会 赤葡萄酒に 現世の声 伊丹公子
匂ひ立つ若菜のパスタ赤ワイン 白勢一間
年越に酌まんと置きし赤ワイン 宮島糸子
箸置のワインのコルク星流れ 江頭 信子
微酔してワイン工場桃の花 中屋文子
病み果ての葡萄酒ふくむ春の雪 鷲谷七菜子 黄 炎
葡萄酒に酔つて藤切祭見る 皆川盤水
葡萄酒のねむれる蔵に残る虫 石原八束
葡萄酒の色にさきけりさくら草 永井荷風
葡萄酒の赤をふくめば西鶴忌 すずき波浪
葡萄酒の徳利にいけん杜若 杜若 正岡子規
葡萄酒の瓶にさしけり赤き菊 寺田寅彦
葡萄酒の蜂の広告や一頁 蜂 正岡子規
葡萄酒の壜と乞食冴えゐたり 小池文子 巴里蕭条
葡萄酒の壜はあげ底緑の風 平井照敏 天上大風
葡萄酒の滓引にほふ寒夜かな 甲子雄
葡萄酒を饗す葡萄を籠に盛り 平畑静塔
福寿草遺影と交す赤ワイン 泉京子
忘年やワインにゆるる海のいろ 山崎悦子
夢のなかの生きもの集う 赤葡萄酒 松本恭子 二つのレモン 以後
無花果をワインで煮つめ面影よ 大山夏子
銘醸年記せしワイン金文字の幾本かはわれより長命ならむ 高橋睦郎 飲食
夕雲のワイン色なり秋燕忌 野本ナヲ子
朧夜やにごりワインのコルク抜く 吉原文音
黴大事大事に地下のワイン樽 藤田輝枝

【その他】

ウイスキーをザボンに濺ぎ雪見の座 松瀬青々
カクテルといふ名の薔薇に酔ひにけり 増田法生
カクテルの青に酔ひしや十二月 小林芳美
コニヤツクの火の色レノン忌なりけり 吉川白仙女
シャンパンの栓の飛びたる夕桜 後藤比奈夫
シャンパンの栓飛んでゆく春の宵 山下かず子
シャンパンの泡の明滅クリスマス 鈴木了斎
シャンパンの泡極小の月夜かな 天野小石
ジンわっと舌にひろごり恋とほき 伊丹三樹彦 仏恋
テキーラの酔は爽やかなるが往き 高木晴子 花 季
ふくろうや並みてかがやく洋酒壜 朝倉和江
ふくろふや並みてかがやく洋酒壜 朝倉 和江
ブランデーをグラスに充たす夜の耳に君が越えたる海の音きこゆ 中野照子
ブランデー一滴牡蠣を睡らしむ 八重樫弘志
ブランデー手に温もりて秋の宵 斎藤 夏子
ロシア見ゆ洋酒につらら折り入れて 平井さち子
ロシア見ゆ洋酒に氷柱折り入れて 平井さち子
音に抜く涼しさ宵の洋酒瓶 河野南畦 『風の岬』
夏至の夜やジンとバッハとあと余白 藤田弥生
河童忌の洋酒に氷落しけり 秋光泉児
火にジンをすこし零すや野火の原 豊口陽子
火のやうなウオツカを飲みて猟に出る 阪上史琅
火酒に燃ゆ胸毛なりけり渋団扇 久米正雄 返り花
火酒の頬の赤くやけたり冬帽子 高浜虚子
火酒をもて咽を焼きたる厄落し 能村研三
火酒一滴咽に留めし寒波来る 能村研三
火酒深くそのいたいけな喉へかな 櫂未知子 蒙古斑
寒紅やそのカクテルを私にも 星野 椿
月を待つシャンパンの栓ぽんと抜き 星野 椿
古年の老酒にうたの頬染めし 深谷雄大
口シア見ゆ洋酒につらら折り入れて 平井さち子
三鬼忌のハイボール胃に鳴りて落つ 楠本憲吉
山小屋のオンザロックの氷柱かな 成澤 零
春浅く火酒したたらす紅茶かな 杉田久女
初旅や銀の器に洋酒入れ 小島健 木の実
小春日はボヘミアングラスのシヤンパン 吉田素糸
床下に洋酒ねむれる梅雨厨 松原とく子
燭涼し何のカクテル頼もうか 星野 椿
新涼やたしなまねども洋酒の香 中村汀女
水よりも火酒に色無き秋の暮 久米正雄 返り花
聖夜映え棚の洋酒の色さまざま 河野南畦 『空の貌』
雪折れの音あり火酒の封を切る 高見道代
喪の旅の火酒に喉焼く夜這星 高井北杜
霜月朔日カクテルの名は棘(スティンガー) 澁谷 道
存在と時間とジンと晩夏光 角川春樹
太宰忌や洋酒の匂ふ砂糖菓子 屋代ひろ子
短夜の オンザロックは 縦に酔う 水本ひろと
虫の夜の洋酒が青く減つている 伊丹三樹彦
底のウイスキー鳥類は黒くはばたき 林田紀音夫
汀女忌の紅茶に落とす洋酒の香 大津希水
杜松(ねず)の香のジンを含めば冬の谷 大木孝子
年越や使はず捨てず火酒壷 草間時彦
梅雨寒の紅茶に落とすブランデー 入江陽「絆」
瓶かたむけたウイスキー瞼の卒塔婆 林田紀音夫
不夜城の火酒を浴びジャズを浴び 吉原文音
野遊びやリユックにごつと洋酒壜 小島健 木の実
幽界へ氷片のこすウイスキー 林田紀音夫
洋菓子にラム酒滲ます夜の秋 澤田 緑生
洋酒瓶多彩終幕よよと哭く 三谷昭 獣身
流氷で割るウイスキー誕生日 北見さとる
老酒といふあまやかな春の山 松山足羽
老酒蜜のごとき寒中の甕かな 高田蝶衣
悴める手にさし上げぬ火酒の杯
薔薇挿せども空瓶になほ洋酒の香 桂信子
韃靼や狼吠えむ火酒酌まむ 矢代克康
鵲を見てウオツカの酔さます 田村萱山

洋酒あれこれ 補遺

【葡萄酒】

アスマンのワインを醸す葡萄摘む 山口青邨
パリー祭ワインを飲んでただそれと 山口青邨
ビール苦く葡萄酒渋し薔薇の花 正岡子規 薔薇
ポインセチア料理で決めしワインは赤 鈴木真砂女 都鳥
ワイン飲むこころむかしに巴里祭 山口青邨
ワイン重ねの止り木 碧眼雲水だが 伊丹三樹彦
夏の月ワインは白で通しけり 雨滴集 星野麥丘人
夏痩詩人ワインの栓も抜き兼ねし 安住敦
火酒を売り葡萄酒を売り峠茶屋 高野素十
古きワイン窖(あなぐら)にあり葡萄熟る 山口青邨
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
山門に葡萄酒醸す樽を置き 山口青邨
就中ワインの如き紅葉かな 阿波野青畝
辛口の独逸ワインや弥生尽 星野麥丘人 2002年
赤葡萄酒白楊林は銀の葉裏 金子兜太
雪窓にはりつき我等ワイン酌む 深見けん二
雪夜子を祝ぐ幾滴の古葡萄酒 能村登四郎
蔦から赤らむ ワイン納めの横穴は 伊丹三樹彦
病み果ての葡萄酒ふくむ春の雪 鷲谷七菜子 黄炎
葡萄酒の徳利にいけん杜若 正岡子規 杜若
葡萄酒の蜂の広告や一頁 正岡子規 蜂
葡萄酒の壜はあげ底緑の風 平井照敏 天上大風
葡萄酒はロゼでジヤケツは真赤なる 石田勝彦 雙杵
葡萄酒は赤注ぎ給へ節分会 燕雀 星野麥丘人
葡萄酒や沈む冬日は野にゆだね 橋閒石
葡萄酒を饗す葡萄を籠に盛り 平畑静塔
棒麺麭に赤葡萄酒の四日かな 燕雀 星野麥丘人
夕氷葡萄酒色となりにけり 川端茅舎

【その他】

アカシヤ散る 老酒のラベル濡らす 剥がす 伊丹三樹彦
ウイスキーすつくと立てる夜涼かな 高田風人子
ウオッカ乾し赤道下年迎へしかや 伊丹三樹彦
カクテルのコップと白き盆梅と 山口青邨
シャンパンの気泡 フランス語に攻められ 伊丹三樹彦
ジンフィズの酔ひに滴る山ありき 草間時彦
ジンわっと舌にひろごり恋とほき 伊丹三樹彦
らつきようにウイスキーあり夜の秋 高田風人子
猿酒にあらずコニャックのミニボトル 安住敦
火酒は水かと澄めり氷る夜を 山口誓子
火酒を口にふゝめり氷る夜を 山口誓子
火酒舐めるキャバレーの灯に餘寒あり 飯田蛇笏 旅ゆく諷詠
楽しげやビールにどかとウイスキー 星野立子
刈田来て洋酒一盞もてなさる 佐藤鬼房
刈田来て洋酒一箋もてなさる 佐藤鬼房
棄て洋酒瓶がかをりて枯山中 鷹羽狩行
空に雲なし透かし見る火酒の濃き色よ 種田山頭火 自画像 層雲集
妻かなし一瓶の洋酒ぬすみかへれり 安住敦
春浅く火酒したたらす紅茶かな 杉田久女
食堂車 北へ 桜桃おどるジンフィズ 伊丹三樹彦
新涼やたしなまねども洋酒の香 中村汀女
虫の夜の洋酒が青く減ってゐる 伊丹三樹彦
湯で割つてのむウイスキー西東忌 鈴木真砂女
二月の夜上目づかひに洋酒かぐ 佐藤鬼房
霧を相手の"血まみれメリー"という洋酒 楠本憲吉 孤客
洋酒もて胃の腑灼きをり木瓜曇 石塚友二 曠日
薔薇挿せども空瓶になほ洋酒の香 桂信子 晩春

以上


by 575fudemakase | 2018-11-19 05:29 | 無季 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/28859825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

一匹ふくろふ❗
at 2018-12-13 07:45
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:17
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:16
瑠璃鶲 の俳句
at 2018-12-12 07:16
背黒鶺鴒 の俳句
at 2018-12-12 06:49

外部リンク

記事ランキング