人気ブログランキング | 話題のタグを見る

昼餉

昼餉

いま釣れし鱒が焼かれて杣昼餉 岸本隆雄
うから昼餉の影絵一枚簾の中 中村草田男
ウメバチソウ我等向き合ひ昼餉とる 高澤良一 宿好
おそき昼餉の雲片その他春深き 稲垣きくの 黄 瀬
けふの昼餉冷索麺に一致して 高澤良一 さざなみやつこ
ここで昼餉真赤な夏の花佇つゆゑ 中村草田男
コレラ怖ぢ蚊帳吊りて喰ふ昼餉かな 杉田久女
さうめんの淡き昼餉や街の音 草間時彦
さるすべりくぐりて宿の昼餉かな 小寺きみ江
スーパーの鮨を昼餉に田植せり 右城暮石 散歩圏 補遺 頑張れよ
スキー靴ぬがずにおそき昼餉とる 橋本多佳子
ツキノワグマを言魂と見て昼餉どき 金子兜太
とまるよりかけし昼餉の鉾梯子 田畑比古
ノドカサニ昼餉モ食ハデ歩キケリ 正岡子規 長閑
ひとりの昼餉障子貼るべく急ぎをり 殿村莵絲子 花 季
ひらとYシャツ葉桜の昼餉どき 岡本眸
プールの昼餉腹と胸とで呼吸しつつ 中村草田男「銀河依然」
ベラ釣るや島には寄らず舟昼餉 相原左義長
ままかりの昼餉に瀬戸のおぼろなる 高橋六一
やゝ寒くつつがの昼餉すませたる 下田実花
ゆく春やうつらうつらと昼餉のあと 日野草城
よき昼餉日空は芦の花降りて 宮武寒々 朱卓
芦刈りの昼餉の大き魔法瓶 時田貞子
虻生れて晴れて教師も昼餉待つ 中村草田男
鮎ほそく昼餉の卓に反りかへり 三橋鷹女
暗黒と鶏をあひ挽く昼餉かな 攝津幸彦
伊吹晴れ舟で昼餉の芦刈夫 栗田やすし
衣更へて早や昼餉時妻一人 星野立子
一人居て一人の昼餉独活香る 阿部みどり女
稲架襖赤子ま中に昼餉どき 池田蝶子 『草絵』
芋棒の昼餉満ちたる桜かな 杉崎妙子
運動会の昼餉母校の低き椅子 伊丹三樹彦
雲の峯けふの昼餉もこんにやくか 加藤楸邨
餌づけ終へ白鳥守りの昼餉かな 佐川広治
炎ゆる日の昼餉昆布茶に焼きにぎり 高澤良一 暮津
煙うすき焚火製材工の昼餉 右城暮石 句集外 昭和三十七年
燕の物くはへ来る昼餉哉 燕 正岡子規
燕や昼餉の煙立ちしきる 燕 正岡子規
遠雷やひとり昼餉の青菜汁 『定本石橋秀野句文集』
往還に向いて昼餉す露の秋 宮武寒々 朱卓
鴬の声降る杣の昼餉どき 高畠畝子
鴬や昼餉支度は簡単に 星野立子
黄落の山鳥もまた昼餉とる 高澤良一 燕音
夏ゆくと昼餉の香物を噛みしむる 富澤赤黄男
河鹿の声の水を流るる昼餉かな 臼田亜郞 定本亜浪句集
火を焚いてひとりの昼餉山女釣 茨木和生 丹生
花に鳥農婦の昼餉すぐ終る 佐藤鬼房
花に来て芳雲館に昼餉哉 花 正岡子規
花の風入れて二階の昼餉かな 堀口俊一
花も名残りの風にとざしゝ昼餉かな 金尾梅の門 古志の歌
花過ぎのたまの昼餉をたうべけり 久米正雄 返り花
花守の白湯もて終る昼餉かな 小寺敬子
茄子焼きて昼餉は母と何もなし 長谷川かな女
郭公が鳴いて昼餉や奥武蔵 細見綾子
寒くなりけふも饂飩の昼餉かな 高澤良一 宿好
干鱈など水に戻してとる昼餉 高澤良一 素抱
汗の胸割つて昼餉をとるところ 佐藤鬼房
汗垂りて孤りの昼餉食むはさみし 三橋鷹女
巌で指ぬぐひ猟夫の昼餉済む 鷹羽狩行
巌の上に松葉こぼるる昼餉かな 太田鴻村 穂国
寄居虫にスプーンばかり並ぶ昼餉 横山白虹
義士の日の事を話題に昼餉そば 町田一雄
急ぎ来る大山蟻や昼餉の座 安部ひろし
橋裏にもやひ昼餉の藻刈舟 田中芥堂
蕎麦打つや大暑の昼餉すべなくて 水原秋櫻子 霜林
桐の花昼餉みじかくなりにけり 齋藤玄 飛雪
桐の花昼餉了るや憂かりけり 石田波郷
芹摘や草に手をふく昼餉時 巌谷小波 さゝら波
金縷梅や留守居のごとき昼餉して 手塚美佐
銀杏黄なり昼餉に誘ふ電話来て 岡本眸
栗飯や昼餉の膳の小盃 高橋淡路女 梶の葉
月山夏雪飯きらきらと野の昼餉 加藤知世子 花寂び
枯芝に昼餉入営の日のおもひ 松崎鉄之介
胡瓜揉みぽりぽりやりて昼餉了ふ 高澤良一 随笑
鯉幟大垂りに垂れ昼餉せり 永井龍男
向日葵に昼餉の煙ながれけり 西島麦南 人音
工夫らの昼餉重機の片蔭に 林保子(煌星)
高まりし蝦夷春蝉に昼餉終ふ 高浜年尾
国分寺跡に昼餉や草取女 森 かほる
魂棚のたうもろこしはわが昼餉 石田あき子
妻に嫁に留守の昼餉の餅膨る 安田杜峰 『蛍草』
妻用意の昼餉小さな蝿張に 高澤良一 素抱
妻来ると枯野かゞやく昼餉前 野見山朱鳥 曼珠沙華
妻留守の一人の昼餉燕来る 相良 九馬
斎日や昼餉さびしき台所 菅雅
菜の花や小学校の昼餉時 菜の花 正岡子規
笹鳴きを聞きて昼餉としたりけり 右城暮石 句集外 大正十四年
三寒の昼餉おじやに腹が足り 高澤良一 素抱
三輪山の巫女の昼餉や枇杷の花 高木弘子
山少し焼くるに昼餉食ひ居たり 露月句集 石井露月
子と合はす小皿の昼餉小鳥来る 上田日差子
子の夏や昼餉の皿をひびかせて 安住敦
子の昼餉なかなかすまず鶏頭花 村山古郷
子等寄りて昼餉を炉火にあたゝむる 石橋辰之助 山暦
自動車の中に昼餉や滝の前 星野立子
煮凝や一人の昼餉いつよりか 阿部美恵子
車前草のつん~のびて畦昼餉 高田瑠璃子
蛇追ひて昼餉の畦に坐りけり 五十嵐播水 播水句集
若き沖仕の昼餉日のある崖に攀じ 佐藤鬼房
若き仲仕の昼餉冬日の崖を背に 佐藤鬼房
秋の蚊に腹はもたゝぬ昼餉かな 高屋窓秋
秋の日を遅き昼餉の膝にして 石橋辰之助 山暦
秋晴れや舟に昼餉の茶を喫す 村山古郷
秋風の背戸から~と昼餉かな 木歩
秋風の背戸からからと昼餉かな 富田木歩
秋風や昼餉に出でしビルの谷 草間時彦
秋驟雨宿坊に昼餉賜はりて 村山古郷
十一や牧の昼餉は樹に寄りて 橋本榮治 逆旅
十一や牧の昼餉は木に寄りて 橋本榮治
十人の海女の昼餉も秋の晴 高野素十
春なれや農家の昼餉ちやぼも居り 細見綾子
春の雲阿闍梨昼餉の膳見えて 鷲谷七菜子 一盞
春の日や遅き昼餉のかやく飯 星野麥丘人
春雪や昼餉の青菜少し摘む 村山古郷
初午へ昼餉やすみの選炭婦 安部伏荷
初蝉や昼餉にほはす邑の家 日野草城
初蝶を見たりトマトだけの昼餉 細見綾子
初旅や島の昼餉の鯛茶漬 轡田 進
暑し暑し昼餉の瓜と醤油差し 川崎展宏
女医昼餉わかつ枯野の犬呼びて 伊丹三樹彦
乗込みや岸にひろごる昼餉どき 浜福恵
真炎天姑の昼餉の介助に馳す 菅野イチ子 『花漆』
辛く煮よや熱の昼餉に淡竹の子 桂郎
震災忌昼餉の心暗うしぬ 高橋淡路女 梶の葉
人々の昼餉どきなり墓詣 波多野爽波 鋪道の花
垂り揃ふへちま農家の昼餉どき 及川貞
水盤に一人きりなる昼餉かな 阿部みどり女 笹鳴
炊餐の昼餉の煙葛の谷 高野素十
粋な昼餉つめたき南瓜のスウプかな 高澤良一 暮津
裾分の茸を焼きて昼餉とす 鈴木美代子
青柿や昼餉の茶碗洗ひ伏せ 滝春一
赤紫蘇のおむすび一個昼餉とす 高澤良一 暮津
雪の峯けふの昼餉もこんにやくか 加藤秋邨
雪野原涯に昼餉のうすみどり 平井久美子
雪嶺を天の高みに田の昼餉 大野林火
蝉あつし昼餉はパンの一ト切れのみ 村山古郷
蝉なくや物売絶ゆる昼餉過 正岡子規 蝉
仙台虫喰昼餉は石を卓として 清水じゆう
前山の落花湧き立つ昼餉かな 中野春暁子
早乙女の帯しめなおす昼餉かな 富田潮児
早乙女の昼餉の足の泥乾く 伍賀稚子
早乙女の襷ほどきし昼餉かな 高浜朋子
早昼餉食べて行けとて榾をつぐ 及川仙石
草刈機陽ざらしにして昼餉どき 桂信子
茸山の昼餉始まり一人欠く 横山房子
凧鳴るや昼餉の鱒の油こき 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
炭がまへ杣も昼餉に下り来る 東原蘆風
炭焼に昼餉届けて共にせり 太田土男
炭竈のほとぼりうけて昼餉かな 小松砂丘
団扇置き昼餉に呼ばれゆきにけり 高澤良一 随笑
築山昼餉松を手入の庭師たち 山口青邨
昼餉すやさくらは無くも楢の花 渡辺水巴 白日
昼餉せむ百日紅の地に紙敷き 岩田昌寿 地の塩
昼餉ぞとよばれて焚火して居りて
昼餉どき鶏頭女らを凌ぐ 石田波郷
昼餉どき日にあづけ置く柚子梯子 田中英子 『浪花津』
昼餉にも刈草一把負ひ戻る 高野素十
昼餉のあとごろり鰻にでもなるか 高澤良一 随笑
昼餉の火たゝせゐて背戸栗拾ふ 及川貞 榧の實
昼餉の座つくる青草芳しや 右城暮石 一芸
昼餉は隅夏蚕家中に頭をあげて 加藤知世子
昼餉また冷素麺に異存なし 高澤良一 素抱
昼餉一家に恥ぢ通りけり鳳仙花 中村汀女
昼餉共にして夏痩の弟よ 高澤良一 燕音
昼餉後を語り居つ碁陣凧鳴りて 荻原井泉水
昼餉豪華花の梢を欄に 星野立子
昼餉終へ夢の如くに遠干潟 星野立子
蝶鳥や農の昼餉の椀赤し 木村蕪城
吊鐘の下は田植の昼餉かな 飴山實 句集外
天高し鬼の俎にて昼餉 板根白風子
渡り鳥つめたき昼餉食せるとき 大野林火 冬青集 雨夜抄
土の上の昼餉はうまき山小春 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
凍て飯にぬる茶もあらず子等昼餉 竹下しづの女
桃冷えてます昼餉の卓に添へしメモ 三宅郁子
討入りの義士の日なりき遅昼餉 鷹羽狩行
堂守の寒き昼餉や湖の国 草間時彦 櫻山
独り居れば昼餉ぬきもしつ百日紅 阿部みどり女 笹鳴
二人植う山田二人のいま昼餉 皆吉爽雨 泉声
日傭の昼餉十一月も木蔭 伊丹三樹彦
馬小春人より永き昼餉して 北野民夫
俳諧の宿の昼餉のふかし藷 桑田青虎
梅の茣蓙自由に借りて昼餉とす 坊城 中子
梅雨暗し昼餉は炉辺につどひくる 石橋辰之助 山暦
梅四五輪法被大工の昼餉どき 古沢太穂 捲かるる鴎
煤掃の音はたとやむ昼餉かな 正岡子規
煤籠り昼餉の時のすぎにけり 山口波津女
麦秋やミレーの村で取る昼餉 木暮剛平
麦湯なまぬるくひとりでとる昼餉 高澤良一 寒暑
畑打ちの四五人よりし昼餉かな 河東碧梧桐
畑打の四五人よりし昼餉かな 河東碧梧桐
髪乾くまもなき海女の昼餉かな 檜 紀代
筏師の昼餉や日除高々と 長屋せい子
半紙ほど昼餉広げて草刈女 榎本好宏
飯盒を蟻這ふ昼餉雲も訪ふ 宮津昭彦
彼岸会や手空きの僧の遅昼餉 静 良夜
鼻風邪の昼餉を問へる鼻濁音 高澤良一 宿好
菱舟の昼餉時なり潟暑し 高野素十
姫椿昼餉を何にせむと出で 石川桂郎 四温
百姓の昼餉へ甘え遠蛙 河野南畦 湖の森
病室で過す昼餉や白子干 奥野美枝子
浜木綿に昼餉の海女の一たむろ 中村三山
不精して昼餉ぬきをりぼたん雪 飴山實 句集外
夫の留守一人の昼餉菜飯かな 鈴木久子
舞初の衣裳のままで昼餉どき 松原文子
風船の旅家々の昼餉どき 渡辺千枝子
物種の袋は函に小昼餉の茶 石塚友二 光塵
分かち合ふ野良の昼餉や笹子鳴く 芝 哲雄
別の間に遅き昼餉を夏暖簾 星野立子
峰行者霞のなかに昼餉食ふ 木内彰志
峯行者霞のなかに昼餉食ふ 木内彰志
方丈の宿の昼餉や椎の蝉 村山古郷
鳳仙花見ての昼餉や蚕飼ひ村 細見綾子
鉾の綱地になが~と昼餉時 長尾樟子
防鴨河使や撫子見つつ昼餉 蕪村
北に行く旅の昼餉のけんちん汁 武田光子
埋立地市政無縁の昼餉ならず 佐藤鬼房
明石屋に落ち合ふ昼餉桜鯛 堀恭子
明日は妻戻る昼餉の梅の核 伊丹三樹彦
木々の芽や谷まで昼餉水汲みに 皆川白陀
籾朶を焚き蒟蒻掘りの山昼餉 斎藤花辰
野馬追の戦友と別火の昼餉かな 仲安俊雄 『冬耕』
野遊びの昼餉の中をわが通る 八木林之助
柚子梯子日にあづけ置く昼餉どき 田中英子
裸の昼餉胸元たよりなきままに 大野林火 青水輪 昭和二十五年
旅にして昼餉の酒や桃の花 河東碧梧桐
旅人のひとりの昼餉萩の花 上野一孝
緑蔭の昼餉セロリに指濡らす 有働 亨
緑蔭の昼餉を蚋が侘しうす 竹中九十九樹
冷汁に青紫蘇うかし昼餉かな 松本 あや子
浪乗に昼餉そこそこ行きし子よ 水原秋桜子
老婆昼寝少量の昼餉了へたるや 中村草田男
囀りやひとり昼餉の海苔茶漬 鈴木真砂女 夏帯
巖の昼餉に綺麗な禿頭秋澄む海 田川飛旅子 花文字
筍も柔かなりし昼餉かな 高野素十
簗番の桜うぐひを獲て昼餉 山田建水
罐詰で済ます昼餉や春の雷 鈴木真砂女
蓴取り午報待たずの昼餉かな 湯橋喜美
薔薇の午後子に絵が描けて昼餉とす 殿村莵絲子 花 季
蜻蛉や奥の里人野の昼餉 村山古郷

以上

by 575fudemakase | 2019-03-24 07:24 | 無季


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...
My style

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねえ、どれが いい? ジョン..
at 2022-08-20 08:14
コートニー ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 07:08
ピクニック ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 06:36
ガンピーさんのふなあそび ジ..
at 2022-08-19 17:25
まるのおうさま 谷川俊太郎 ..
at 2022-08-19 16:36
うそ 詩 谷川俊太郎 絵 中..
at 2022-08-19 16:09
もこ もこ たにかわしゅんた..
at 2022-08-19 11:44
おじいちゃん ジョン・バーニ..
at 2022-08-19 11:04
ラチとらいおん マレーク・ベ..
at 2022-08-19 09:35
版画 のはらうた I ..
at 2022-08-19 08:41
んぐまーま 大竹伸朗・絵 谷..
at 2022-08-19 06:42
こんな本出てました。
at 2022-08-18 03:09
棚田を歩けば 文・絵 青柳健..
at 2022-08-16 17:42
版画 のはらうた II ..
at 2022-08-15 16:02
版画 のはらうた V 詩..
at 2022-08-15 15:07
版画 のはらうた III ..
at 2022-08-15 14:22
土竜を含む俳句例
at 2022-08-15 13:14
もぐらはすごい アヤ井アキコ..
at 2022-08-15 12:02
ぼく、だんごむし 得田之久 ..
at 2022-08-15 11:52
電柱 電信柱 の俳句
at 2022-08-15 10:36

外部リンク

記事ランキング