人気ブログランキング |

雀 の俳句

雀 の俳句

*ひつじ田に大社の雀来て遊ぶ 村山古郷
アザーンに雀の和する秋の朝 片山由美子
あるときの雀の美顔冬日和 鈴木鷹夫 春の門
あるときは雀の眼して案山子見る 工藤克巳
いち早く軒端雀や夕立晴 藤田湘子 てんてん
いち早く雀来てをり穴施行 稲畑汀子
いっぽんの木に群る秋暑の雀かな 高澤良一 寒暑
うかれ雀妻よぶ里の朝若菜 其角
うぐひすの笛方雀の囃子方 高澤良一 ぱらりとせ
うららかや雀は雀の飛びかたを 稲荷島人
おそはるの雀のあたま焦げにけり 室生犀星
おそ春の雀のあたま焦げにけり 室生犀星
お飾りの稲穂引いては雀翔つ 永岡好雄
お彼岸のきれいな顔の雀かな 勝又一透
がさつかせ茂みの虫を捕る雀 高澤良一 暮津
かたばみの花雨降るとなく雀 乙二「乙二発句集」
かんかん照り雀翔つさへ億劫な 高澤良一 宿好
きさらぎや雀のぬるる草の雨 雪郷
クローバに雀おぼるる爆心地 石黒哲夫
けふいちにち大儀とおもふ夏雀 高澤良一 随笑
けふよりは寒の雀でなくなりぬ 森田公司
こそつくは五月雀か北枕 高澤良一 暮津
こぼすパン屑枝を上下の灼け雀 友岡子郷 遠方
こぼれてはこぼれては群れ春雀 河野 真
さねかづら雀の舌の短きに 秋山夢
さへづるやここに数ならぬむら雀 宗因
しぐるるや松は雀をひそませて 南うみを
しくるゝや雀のさわぐ八重葎 時雨 正岡子規
ジャム舐めて子よ巣づくりの雀らよ 千代田葛彦
しんがりにつかばや寒の雀とぶ 北崎珍漢
そほふるや焼野の石に雀鳴く 焼野 正岡子規
ちゝめくや神のお留守の鳩雀 神の留守 正岡子規
つばくらめ雀と古巣とりあへる 滝沢伊代次
つまづきて藁引く雀あたたかし 小浜杜子男
つられ立つふくら雀の一羽かな 高澤良一 さざなみやつこ
にんげんに祭り雀に真炎天 高澤良一 随笑
ぬれ足で雀のあるく廊下かな 正岡子規
はこべらは雀らのもの子らのもの 木塚眞人
はこべらや焦土のいろの雀ども 石田波郷
はこべらや焦土の色の雀ども 石田波郷
はじかれてはじきてふくら雀どち 富田直治
バス停に孕み雀も濡れてをり 岩淵喜代子 硝子の仲間
はればれと雀の遊ぶ刈田かな 石水明子
パンの耳雀に撒きて受難節 江崎成則
ひるがへり雀白しや初あらし 山口青邨
ふくら雀とふるさとを同じうす 今瀬剛一
ぶだう郷飛んで甲州雀かな 高澤良一 寒暑
ふだん着で愛鳥の日の雀たち 岩沢亜竜
ふりかゝる松の落葉や雀鳴く 散り松葉 正岡子規
ふるさとのここにもふくら雀かな 成井 侃
ベランダを好みて雀愛鳥日 石垣青[そう]子
ほっとせる貌を納涼夕雀 高澤良一 暮津
ほれほれと土用雀を翔たせゆく 高澤良一 随笑
むすびの地雀啄む桜の実 中條睦子
むら雀麦わら笛にをどるなり 一茶「七番日記」
ゆすらうめ牧に雀宮とこそ 宮坂静生 春の鹿
ゆるぐ葉にとまりたがるや秋雀 野坡
よき家や雀よろこぶ背戸の粟 芭蕉
よき顔をして波郷忌の雀たち 今井杏太郎
よる波を見つめる秋の雀かな 闌更
よろこびて囃す雀や袋掛 石田波郷
らうたげに巣籠るはらみ雀かな 菊男
ルカ病院の雀がとんで茗荷の子 加賀美子麓
るす番の雀よ薔薇よお悧巧さん 津田清子
わらぶとん雀が踏んでくれにけり 一茶
われからと雀はすゞめからす貝 其角
粟刈りて黍にむらかる雀哉 粟 正岡子規
粟島祭雀も数多参じたり 丁野 弘
安曇野の雀こゑよし夕涼み 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
案山子たつれば群雀空にしづまらず 飯田蛇笏
伊豆の海や雀が巣藁ひく軒に 石田波郷
威し銃駅へ逃げくる雀あり 滝沢伊代次
威し銃雀のゐてもゐなくても 藤田弥世子
一しきり雀のへりし熱さ哉 暑 正岡子規
一つ戸や雀はたらく冬がまへ 曾良
一の矢に雀跳び立つ弓始 清水たか
一樹にこもる雀台風去りし後 加藤憲曠
一段は刈り殘す田の雀かな 刈田 正岡子規
一茶忌の雀四五羽のむつまじき 清水基吉
一茶忌やまづ鵯がきて雀くる 櫻井菜緒 『帰雁』
一茶忌やまはりに雀ゐなくなり 津森延世
一茶忌や親しきものに軒雀 福田蓼汀
一反は刈り殘す田の雀かな 刈田 正岡子規
一本の木に鈴なりの小雀かな 一茶「七番日記」
稲刈を見ゆる鴉や雀やら 西村富子
芋の葉に雀が乗つて桶狭間 小笠原和男
雨の間を雀が飛んで西行忌 宮田正和
雨近き雀かしまし含羞草 角川源義
雨濡れの雀の担桶のくきやかに 深野カツイ 『花八ツ手』
営巣のこゑも立てずに雀ども 篠田悌二郎
営巣の雀嬰児籠の藁狙ふ 昆ふさ子 『冬桜』
永き日や雀こぼるる芝の上 渡辺夏舟
永き日や塔の五重のむら雀 日永 正岡子規
炎昼をたつた一羽の雀かな ふけとしこ 鎌の刃
炎天に気の触る雀など居らず 高澤良一 随笑
炎天に誰も見てゐぬ雀影 高澤良一 寒暑
炎天の雀翔ぶときほの白し 藤田湘子 てんてん
炎天を愉しみゐるは雀のみ 高澤良一 随笑
燕の雀にまじる卯月かな 卯月 正岡子規
燕雀の志かな水遊び 和田悟朗「坐忘」
猿田彦囃して入内雀かな 中橋文子
襖絵の鷹や雀や秋日和 鈴木鷹夫 春の門
黄水仙雀はいつも遊び好き 星野麥丘人
黄落や雀らも散るもののうち 有山八洲彦
下萌や雀が食べる猫の飯 川崎展宏
夏雀一茶となりてながめをり 郡司しま子
夏雀山居倉庫の瓦を跳ね 高澤良一 石鏡
夏痩の雀それこれして去りぬ 川崎展宏
火のつきしごとく鳴きをりひな雀 原孜子
花けしに組んで落ちたる雀かな 白雄
花どきの鵯のうわまえはね雀 高澤良一 随笑
花下りて飯粒ひろふ雀哉 花 正岡子規
花降れる地べたに雀色動く 高澤良一 燕音
花鳥となりてかしこき雀かな 小島健 木の実
花冷えやしきりに松へ来る雀 野村喜舟
我と来て遊べや親のない雀 一茶
蛾を追ふて兼六園の夕雀 高澤良一 ぱらりとせ
海紅豆恋の雀をちりばめて 白澤良子
絵付師と巣藁雀と励みをり 入部すみ子
開帳に逢ふや雀も親子づれ 一茶
茅花流しの雀は雀同士かな 鈴木鷹夫 春の門
刈田雀に祭花火の二三発 鈴木鷹夫 千年
寒過ぎの雀に枷のなくなりし 宮坂静生 春の鹿
寒晴や舌切られしはどの雀 千村和美
寒風のむすびめごとの雀かな 斎藤玄
寒木瓜や日のあるうちは雀来て 永作火童
寒夕べ枝を選びて雀来る 宮田正和
祈る乙女墓原雀交み落つ 石田波郷
菊つかむ雀悲しき嵐哉 菊 正岡子規
朽野の雀とならばたのしからう 大石悦子
旧約の広場をのぼる雀の香 攝津幸彦 未刊句集
京よりも奈良の冬田の雀かな 星野麥丘人
強南風の海鳴れば啼く雀らも 横山子(橘)
教会の雀の担桶に覚えあり 市川葉「小諸の空」
橋の霜雀が下りても遊びけり 霜 正岡子規
桐の木に雀とまりて一葉かな 桐一葉 正岡子規
襟ぞくと着たきり雀に冬来たり 高澤良一 寒暑
屑米に雀寄り来る一茶の忌 井島郷雲
桑枯れて古葉鳴らすは雀ども 加藤楸邨
鍬の柄に雀のりゐる穀雨かな 須加卉九男
群雀ひねもす風とたはむるる 角谷昌子
郡上のなあふくら雀も春駒を 高澤良一 ぱらりとせ
啓蟄を啣へて雀飛びにけり 川端茅舎
畦草に盆の雀のゝ(ちゅ)とまろび 宮坂静生 春の鹿
畦草を雀がつつき素十の忌 内藤英子
軒雀羽音からりと秋の昼 赤嶋千秋
元旦の地球啄む雀かな 鈴木貴水
元日の雀鳴くなり手水鉢 元日 正岡子規
古庭をあるいて孕み雀かな 村上 鬼城
枯葦の抱へ込みたる群雀 中西和美
枯菊を揺さぶつてゐる雀かな 綾部仁喜 樸簡
枯枝に雀むらがる小春かな 小春 正岡子規
枯芝のこの弾力を雀らと 九鬼あきゑ
枯色のものは親しき雀らも 片山由美子 風待月
五時起きの雀五時より巣を造る 島村正
御ひざに雀鳴くなり雪仏 一茶
御影供や筆塚にくる朝雀 滝上登美子
御降や雀の骸すずめいろ 宮坂静生 山開
江戸城址雀こもらす夏柳 村田 脩
甲高く百舌鳥が雀を制しけり 高澤良一 ももすずめ
行く秋や大根畠に鳴く雀 行く秋 正岡子規
香具山の刈田の雀笛ひびく 平峰美恵子
忽ちに来て去る入内雀かな 原田しずえ
今朝秋やかつかつ歩む地の雀 綾部仁喜 樸簡
今年雀あはあはと群れ秋立てり 平井さち子 鷹日和
砂あぶる雀見てゐて蝉の恋 宮坂静生 樹下
砂に降りて春の雀の砂のいろ 角川 照子
砂浴びの社の雀祭前 高澤良一 素抱
砂浴びの雀の地べた滑歯 財津立枝「財津立枝句集」
妻が蒔く洗ひ飯待つ庭雀 三原春風
菜畑に雀の降りて松過ぎし 藤田あけ烏
菜畠に花見がほなる雀かな 芭蕉
鷺烏雀が水もぬるみけり 一茶
鷺烏雀の水もぬるみけり 小林一茶
朔日の雀は知らず震災忌 高澤良一 寒暑
桜東風雀のひそむ弘前城 升本栄子
三寒の四温の空にゐる雀 今井杏太郎
三月の田んぼの好きな雀かな 福田淳子
三月や小松の枝に雀二羽 三月 正岡子規
山吹を踏んで驚く雀かな 山吹 正岡子規
山茶花や雀顔出す花の中 青蘿
山茶花を雀のこぼす日和哉 山茶花 正岡子規
四月の家庭 胸やわらかく雀つどう 伊丹公子 ドリアンの棘
四時に烏五時に雀夏の夜は明けぬ 夏の夜 正岡子規
子守唄ふくら雀に佳き名つけ 中村祐子
枝を皆雀に貸して芽吹きける ふけとしこ 鎌の刃
枝移る雀や雨に重る花 高澤良一 寒暑
鴫も來ず鴉を下りず雀堂 鴫 正岡子規
釈奠や樟をこぼれし雀の仔 星野麥丘人
若菜野や雀鵯鳩烏 綾部仁喜
若芝に雀はづめる東大寺 阿波谷和子
若水や並ぶ雀もまめな貌 一茶
若竹の昔によるや雀ずし 若竹 正岡子規
若竹や雀たわめてつくは山 若竹 正岡子規
樹下にゐて雀もさくら蘂浴めり 高澤良一 寒暑
洲から洲へ梅雨の雀のしのび翔び 宮坂静生 春の鹿
秋の暮雀の宿の一樹あり 丸井 薫
秋めきて雀のこゑの細みかな 高澤良一 寒暑
秋やけさ身ふるひしたるむら雀 今朝の秋 正岡子規
秋光や筏にあそぶ木場雀 坂井久枝
秋彼岸雀の脚のよく見えし 鳴戸奈菜
秋彼岸袂ひろげて飛ぶ雀 川崎展宏
秋風に飛んだる雀葛西橋 石田郷子
秋立つと梛を掠めし雀かな 高澤良一 寒暑
舟下りて放尿花菜雀群れ 友岡子郷 遠方
住み荒れて雀來て寐る椽の霜 霜 正岡子規
十月の雀飛びこむほこら哉 十月 正岡子規
十二月八日の空へ朝雀 川崎展宏 冬
宿木に雀睦める年の暮 高澤良一 随笑
出羽三山晴れて入内雀来る 長谷川徳子
出水あと草深きより雀立つ 中戸川朝人 残心
春なれや雀烏の名の付く草 高澤良一 素抱
春の旅へそれこれ雀らも起きて 川崎展宏
春めきて雀だらけの木となりぬ ふけとしこ 鎌の刃
春を待つひさしの陰の雀二羽 坂東美恵
春雨の築地にむるゝ雀哉 春の雨 正岡子規
春雨の築地にむれる雀哉 春の雨 正岡子規
春雨の鳩と烏と雀かな 春の雨 正岡子規
春著の娘ふくら雀と云ふ帯を 矢津羨魚
春泥の雀矢となり毬となり 仁科文男
春泥や石と思ひし雀とび 佐野良太
春分のおどけ雀と目覚めけり 星野麥丘人
初空や椋鳥も雀もひとつ枝に 古内一吐
初声の雀二三羽来てをりぬ 志村ゆき子
初雪や雀よろこぶ手水鉢 初雪 正岡子規
初曾我にふくら雀の娘とゐたり 藤村克明
初風や道の雀も群に入り 佐野良太
初嵐いのちまるめて雀飛ぶ 林昌華
暑き日がやっと収まり町雀 高澤良一 暮津
暑き日や竹に雀の往き来まで 千代女「松の声」
暑中休暇の雀来てをり朝の庭 清水基吉
小春なり名水に来る雀らも 鈴木鷹夫 春の門
小心の秋の雀も餌貰ひに 高澤良一 素抱
昇る日や朝寒の松に雀鳴く 朝寒 正岡子規
松過ぎの鵯に蹤く雀かな 綾部仁喜 寒木
松葉落ちて雀鳴くなり観音寺 散り松葉 正岡子規
象も來つ雀も下りつ鍬始 鍬初 正岡子規
杖に顎のせて雀の恋見をり 鈴木鷹夫 大津絵
植込みの中に頭の見ゆ春雀 高澤良一 素抱
伸びをする雀の居りて梅雨晴間 高澤良一 随笑
伸び縮む雀の空や薬掘 内田典子
心見に雀とまれや今年竹 若竹 正岡子規
新樹光散らし雀の飛び出せり 原田保江
新盆の家にひょっこり雀現れ 高澤良一 暮津
新涼や島の雀はみな小柄 成瀬櫻桃子 素心
真炎天雀憶せず足許へ 高澤良一 素抱
真中に雀一羽や春の芝 高浜虚子
真昼間の雀とげんのしようこかな 平野冴子(白露)
神無月ふくら雀ぞ先づ寒き 其角
薪小屋に雀よく来る一茶の忌 森山暁湖
人日や雀一羽の枝のたわみ 大澤保子
人怖じせぬ雀皐月の鳩に伍し 高澤良一 石鏡
壬生狂言日向雀に囃されて 山田弘子 こぶし坂
吹雪の洗礼民話のよう雀ころがる 熊谷従子
水郷の雀いきいき豊の秋 倉持嘉博
水響き小雀囀り紛れなし 石原栄子
水呑みに来てゐる雀蓬の芽 田中青志
水鉢や雀噛みあふ雪の竹 雪 正岡子規
水浴びる雀の見えて福茶かな 御木正禅
雀あぐ秋の小さな土埃 高澤良一 素抱
雀あそぶ去年の筋目の畑かな 寺島ただし
雀おどし夜も鳴る故郷去りがたし 上山茂子 『父似』
雀きて滴おとせり立秋忌 井上雪
雀こぼす松うらうらと老いにけり 蓬田紀枝子
雀ざざと降り来てちよんと春の土 安藤八木郎
雀さへ雨の落花を足蹴にす 高澤良一 寒暑
雀しきりに砂を浴び原爆忌 鷹羽狩行
雀とまる釣瓶の底や霜のあと 霜 正岡子規
雀には雀の言葉冬うらら 岩井タカ
雀にも友ある中の卯月哉 卯月 正岡子規
雀に傘がいらない雨ふる 青木此君樓
雀のゑんどう鴉のゑんどうわが碗豆 市村芳子(カリヨン)
雀の国の雀のミサにまぎれこむ 夏石番矢
雀の槍生へり英軍墓地の芝 高澤良一 素抱
雀の他みんな暑さにやられけり 高澤良一 随笑
雀の頭蝿の眼秋の小豆色 中村草田男
雀の稗傾ぐ夕日が穂を染めて 高澤良一 素抱
雀の稗忘れものして戻る道 高澤良一 素抱
雀は雀鵯は鵯連れあたたかし 加藤憲曠
雀ふむ草の匂やはつかすみ 素迪
雀ほど鶸鳴きたてゝ山淋し 鶸 正岡子規
雀より鶯多き根岸哉 鶯 正岡子規
雀らがざぶざぶ浴びる甘茶かな 一茶
雀らとせめて興ぜん雨の花 高澤良一 寒暑
雀らと日の中にをり菊根分 小島健 木の実
雀らと遊び惚けし案山子抜く 石井青波
雀らと遊び父居む藁盒子 金箱戈止夫
雀らに壬生狂言は鉦打ちぬ 大石悦子 百花
雀らに雪をかむりし畑の柿 高澤良一 随笑
雀らのけさは声高初氷 石田あき子
雀らのこゑ降らしをる雪間かな 森澄雄
雀らのさわげる水の涸れはじむ 佐々木六戈
雀らの顔の険しき地蔵盆 大木あまり
雀らの乗つてはしれり芋嵐 石田波郷
雀らの弾み歩きに芝芽吹く 檜 紀代
雀らの地べたを消して大暑あり 斎藤玄「雁道」
雀らの目を張つて飛ぶ雛祭 永島靖子
雀らの友となりたる捨案山子 矢島渚男 延年
雀らの夕ざわめきや黐の花 石田あき子
雀らの来ぬ日もありて冬日向 片山由美子 風待月
雀らの藪に入りこむ忘れ雪 飴山實
雀らは去年の色にて初みそら 角川 照子
雀らは地を啄みて年用意 小川匠太郎
雀らもころげ来たりてかから団子 白澤良子
雀らも育ちざかりや呑竜忌 佐久門一作
雀らも海かけて飛べ吹流し 石田波郷「風切」
雀らも群れをつくりて正月す 高澤良一 暮津
雀ゐて逸れ羽子樋に見えてをり 仲田藤車
雀見るたびに楓の花も見る 加藤朱
雀細り細りて見えず青嵐 青嵐 正岡子規
雀子と声鳴かはす鼠の巣 芭蕉
雀子と声鳴きかはす鼠の巣 芭蕉
雀子や走りなれたる鬼瓦 内藤鳴雪
雀子や余寒の蝿を追ひまはし 蓼太
雀祝ひ鼠よろこぶや今年米 今年米 正岡子規
雀噴く百才王の破顔より ゛ 攝津幸彦 鹿々集
雀鳴く今川焼に春の来て 鈴木鷹夫 千年
雀来しいろに古草ありにけり 秋山幹生
雀来て鏡びらきの膝がしら 宮坂静生 山開
雀来て群がる盆の変電所 高澤良一 暮津
雀来て敬老の日の雨あがり 吉田鴻司
雀来て原爆の日の水たまり 山本雅子
雀来て小春の日渦楽しみぬ 土師満智子
雀来て匂ひこぼせり栗の花 中島郁子
雀来て来ては立つ芝刈りにけり 渋谷ひろ子
雀啼く大根の花やひな曇 大根の花 正岡子規
雀啼く平屋の家の明易し 高澤良一 暮津
雀迯げぬ吹矢はそれて干蕪 干蕪 正岡子規
瀬戸内の雀可愛や春の寺 川崎展宏 冬
清明の軒に貌出す雀どち 川崎展宏
精一杯遊んで三日の雀かな 高澤良一 暮津
声にせずふくら雀と呼びかけて 川崎展宏 冬
青嵐小枝と雀零れ来し 山川淳夫
青立稲村の雀も寄りつかず 中川博秋 『加賀野』
赤松に小雀群れゐる秋声忌 前田時余
赤石岳朝涼雀黍を翔つ 森 澄雄
折紙の雀鳴きだす 若葉雨 谷村きみ江
節気候を雀の笑ふ出立かな 芭蕉
節分と知つてや雀高飛んで 森 澄雄
雪かぶり菜やふくらんだ雀らに 紺野佐智子
雪解けの雀と夫を置いて出る 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
雪解や檐端に絶えず来る雀 雪解 正岡子規
雪間はや雀恋あり喧嘩あり 宮下本平
雪折れや礫飛びして寺雀 倉橋羊村
蝉を追ふ雀の眼まるく見ゆ 川崎展宏
先立ちて雀の歩く木の芽坂 長崎島星
遷子逝く雪の雀のやさしさに 斎藤 玄
前向ける雀は白し朝ぐもり 中村草田男「長子」
膳所にをり雀のこゑも春隣 森澄雄
組み上げし鉾を抜けては雀飛ぶ 長谷川櫂 蓬莱
組み落ちて雀花噛むすみれかな 暁台
早口の雀来てゐる日短か 増田佳茂
巣ごもりの雀に近き病臥かな 大石悦子 聞香
巣づくりに倦みし雀か羽づくろふ 石塚友二
巣作りに倦みし雀か羽づくろふ 石塚友二
草かしげゐる小雀や艸心忌 清水基吉
草引けば雀下りくる北枝の忌 大宮広子
草枯や鷹に隱れて飛ぶ雀 草枯 正岡子規
草叢に雀突込む花ぐもり 清水青風
霜の朝しばし雀の国にあり 石田郷子
霜降や金網くぐる雀らよ 別府ますみ
太陽に雀突つ込む晩夏かな 攝津幸彦 鹿々集
待春の空より雀こぼれけり 石田玄祥
大寒や浅黄のこゑの藪雀 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
大根畑西風(にし)に雀の顔細め 高澤良一 石鏡
大霜の枯蔓鳴らす雀かな 臼田亜浪
大仏の御手に雀ら涅槃西風 石黒哲夫
大方は雀なれども寒施行 細井路子
大緑陰雀らしきが遠く跳ね 高澤良一 素抱
大壺や雀の担桶の生けられて ふけとしこ 鎌の刃
棚田道雀の槍をかざし下る 高澤良一 寒暑
炭竈に雀のならぶぬくみかな 炭竈 正岡子規
弾みよき雀の来るや庵の春 小澤克己
地に引くや雀のすがる萩の花 萩 正岡子規
地を摶つて雀あらそふ春隣 堀口星眠
竹の雪ふるひ落すやむら雀 雪 正岡子規
茶が熱し牡丹の上を朝雀 鈴木鷹夫 風の祭
昼中や雀のさかる藁びさし 紫笛
朝からの雀のこゑや松とれて 高澤良一 さざなみやつこ
朝寒の雀啼くなり忍竹 朝寒 正岡子規
朝寒や今日の天氣を啼く雀 朝寒 正岡子規
朝焼に鳩も雀もきてをりぬ 羽鳥律子
朝焼や心まづしく雀見て 永島靖子
朝雀思いどおりの一日無し 立岩利夫
朝雀修二会の火屑くはへ飛ぶ 栗田せつ子
朝曇り礫と発ちて雀ども 川崎展宏
朝凪ぎや小雀のとまるみをつくし 大島蓼太
朝凪や小雀のとまるみをつくし 蓼太「蓼太句集初編」
町の名は一分(いちぶ)雀の恋の下 友岡子郷 春隣
町雀けふは夕立まぬがれて 高澤良一 石鏡
蝶咥へ雀たちたる油照り 木村里風子
鳥追のあとから笑ふ雀かな 鳥追 正岡子規
鳥黐の木とこそ雀暑に強し 宮坂静生 春の鹿
津波めく入内雀空冥む 小野千枝子
椎の實に雀を嚇す烏かな 椎の実 正岡子規
鶴は引き雀は巣藁にぎり飛び 阿波野青畝
庭の雀も賑やかに女正月 秋草美俊
庭雀日すがら去らず愛鳥日 加古宗也
鉄棒に雀ふくらむ冬休暇 香取哲郎
天守より巣立つ会津の雀かな 金子つとむ
屠蘇の酔ひ「吉原雀」聞きながら 高澤良一 ぱらりとせ
登山靴岩かと小雀止まり飛ぶ 岡田日郎
土壁に雀はりつく曝書かな 宮坂静生 春の鹿
土用雀吹き上げらるる波の方 山田みづえ
土用雀虫でもとるか葉叢なか 高澤良一 暮津
冬の日の雀下りけり飯時分 冬の日 正岡子規
冬枯に飯粒ひろふ雀かな 冬枯 正岡子規
冬枯や雀のありく戸樋の中 太祗
冬枯や雀のありく樋の中 太祇
冬枯や雀のあるく戸樋の中 太祇
冬枯や雀のあるく樋の中 太祇
冬木立朝の洩れ日を雀らに 松村多美
冬立つと口を揃えて町雀 高澤良一 寒暑
桃咲いて雀の旅は一丁ほど 坂田和嘉子
頭上を雀ひゅんひゅん鷽替日和かな(亀戸天満宮) 高澤良一 暮津
働く吾と雀焦色真炎天 後藤一朗 『雪間』
道なべて舗装されても雀の稗 高澤良一 素抱
南天に雪吹きつけて雀鳴く 雪 正岡子規
南天の實をこぼしてや鳴く雀 南天の実 正岡子規
日に雀月に雁過ぎゆけり 攝津幸彦 未刊句集
日脚やゝ伸びしを囃す藪雀 野川枯木
日向ぼこ一茶の雀そこにいて 千葉すゝむ
日向ぼこ雀ちか寄る爪音す 大城 周
日雷砂を跳ね上げ雀立つ 今井ヒナ
日溜りに雀来てゐる藪柑子 中川敏子
入内雀波打つごとく千枚田 酒井湧甫
波の花雪垣を出でぬ雀どち 中戸川朝人 残心
芭蕉忌や鳩も雀も客の数 小林一茶
馬鹿貝(ばか)の舌雀の舌に酷似して 高澤良一 素抱
梅ちつて軒端にさわぐ雀哉 梅散る 正岡子規
梅雨の雀つゆのすゞめと鳴きにけり 川崎展宏 冬
梅雨茸かさりと雀下りて来し 荒井八雪「浦祭」
陪塚や雀の担桶の底抜けて 村山慶子(圓)
萩に來てはねかへさるゝ雀かな 萩 正岡子規
白雨を潜り潜りて街雀 高澤良一 随笑
薄ら氷に雀のまろぶ瓢池 三谷道子
薄氷に雀の降りてやや沈む 鈴木鷹夫 千年
麦の秋雀等海に出てかへす 山口誓子
麦の穂に腹こそばゆき雀かな 穂麦 正岡子規
畑土を雀の浴びる日の盛り 鈴木朗月
八月の雀と仰ぐ八ヶ岳 高澤良一 随笑
八朔や雀ののぼる鬼瓦 大嶽青児
八朔祝雀こぼるる村社 飯田春紅
鳩とゐて朝焼雀小さしや 石田波郷「病雁」
鳩の餌を雀のひろふ若葉哉 若葉 正岡子規
鳩餌あれは雀もひらふ青葉かな 青葉 正岡子規
半夏雨雀とび込む閻魔堂 芋川幸子
半夏生雀にまじる鶸ひとつ 青野きみ
晩生稲架雀を集め村の昼 喜多釉子
彼岸の雀よ他界想はで他界せしは 中村草田男
樋の端掴み鳴らせり盆雀 高澤良一 暮津
枇杷の実をつついて行きぬ夕雀 鮫島光子
百日紅雀かくるゝ鬼瓦 石橋秀野
普段着の雀まばゆし大旦 古賀まり子
風に向いて並ぶ雀や蔵開 青木月斗
風に向ひて並ぶ雀や蔵開 青木月斗
風薫る巴里の雀にまじりたる 小池文子
風邪の子に屋根の雪見え雀見え 細見綾子
福わらや雀が踊る鳶がまふ 一茶
仏壇のおさがり貰ふ盆雀 高澤良一 暮津
文鳥の籠に雀来バードデー 加納朝子
補聴器に雀あつまる冬日向 下木和子
穂を拾ふミレーの画にはなき雀 杉良介
墓洗ひ了れば雀こぼれくる 斎藤平伍
母と子と雀にフランスパン一本 鎌倉佐弓
母病めり橙の花を雀こぼれ 石田波郷「春嵐」
放生会べに紐かけて雀籠 村上鬼城
膨れをり寒の雀と寒の婆 青柳志解樹
北よりの入内雀空おおふ 滝沢伊代次
北よりの入内雀空おほふ 滝沢伊代次
墨堤に雀弾める福詣 依田安子
盆唄に踊る百まで雀かな 宮崎とき女 『雪椿』
末枯の野に活き活きと雀降る 渡辺道子
眠られぬまま短夜の雀聞く 野田公也
明るくて雀一羽も来ぬ寒さ 小林千史
鳴きまじる鴨や雀や涅槃雪 古市枯声
鳴き立つる雀にくらし時鳥 時鳥 正岡子規
茂吉忌の雪の雀のよく見ゆる 菊地一雄
木の日向雀の日向足袋を干す 榎本冬一郎
木の葉よりも落葉らしくて雀降る 平井さち子 鷹日和
木菟引や雀まで来て嘲れる 北山河
木隱れて目白の覗く雀かな 目白 正岡子規
目の前に交る雀の可愛らし 諸橋草人
目借時雀に雀色の草 岩淵喜代子 硝子の仲間
目白頬白赤腹小雀上野駅 攝津幸彦 未刊句集
夜なべの母舌切雀の鋏鳴らし 鈴木 榮子
夕ごゑの雀ちらばり日向水 中西夕紀「都市」
夕焼雀砂あび砂に死の記憶 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
夕雀花屑蹴って発ちにけり 高澤良一 随笑
夕立の枝やたわゝのむら雀 夕立 正岡子規
夕立や枝もたわゝのむら雀 夕立 正岡子規
夕立や雀あつまる樫の枝 夕立 正岡子規
夕立や雀のさわぐ麻畠 麻 正岡子規
夕立や雀もつるゝ牛の角 夕立 正岡子規
夕立や草葉を掴むむら雀 蕪村「続明烏」
葉ざくらの枝に小雀吹かれをり 高澤良一 寒暑
葉桜も雀も鳩も三回忌 川崎展宏
陽炎によごれ気安し雀らは 西東三鬼
裸木に雀あつまる神迎 柴田白葉女
落下する夕方雀野にまぎれ 原田左斗志
里雀未だ群れなさず遠野晴れ 高澤良一 寒暑
立春の空よりこぼれ来し雀 上村占魚
立春の光ついばむ雀かな 中島伊智子
両頬に墨つけふくら雀かな 川崎展宏
凌霄花のさかり雀に羽音なし 宮坂静生 樹下
良寛堂卯月半ばの雀来て 高澤良一 寒暑
良寛堂五月雀の屯せり 高澤良一 寒暑
緑陰に移す雀の遊び砂 中村ケイ子
緑陰に人馴れ貌の町雀 高澤良一 素抱
緑陰の雀とんとん走り根越ゆ 高澤良一 素抱
連翹に見えて雀の足四本 伊豫田道子
炉開の天に小声の雀たち 九鬼あきゑ
路上に舞ふ落葉とブエノスアイレスの雀 高澤良一 燕音
露じもや丘の雀もちちとよぶ 一茶
露にぬれて花野の雀狂ひけり 花野 正岡子規
露寒を少し怯えて鳴く雀 辻田克巳
露霜に軽し雀の笹枕 樗堂
六月の何處にでもゐる町雀 高澤良一 暮津
啼き合うて竹植うる日の雀かな 遠藤千鶴羽
孕み雀とべり揚舟の並ぶ上を 大熊輝一 土の香
廬山寺の雀小粒に雪の果 大竹淑子
枳殻垣雀の餌ほど飯を干す 相島虚吼「虚吼句集」
椽側になくや吹雪のむら雀 吹雪 正岡子規
玻璃越しに雀を覗く寒がり屋 高澤良一 宿好
筍流し椋鳥におくれて雀翔つ 永方裕子
苣の木に雀囀る春日哉 春日 正岡子規
藪添ひに雀が粟も蒔きにけり 一茶「随斎筆紀」
藏陰に雀鳴くなり歸り花 帰り花 正岡子規
豐年や稻の穗がくれ雀鳴く 稲穂 正岡子規
鶯の来もせで松の雀かな 鶯 正岡子規
鵙木に鳴けば雀和するや蔵の上 鵙 正岡子規
鵯去るを待ちて餌台に雀来る 川崎斗城

以上

by 575fudemakase | 2019-11-13 08:36 | 無季 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fudemaka57.exblog.jp/tb/29767723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

十二月
at 2021-05-13 01:40
拙句 ポインセチア 猩々木 
at 2021-05-13 01:37
拙句 蕪 
at 2021-05-13 01:35
拙句 蜜柑 
at 2021-05-13 01:34
拙句 セロリ (高澤..
at 2021-05-13 01:33

外部リンク

記事ランキング