人気ブログランキング | 話題のタグを見る

◆筆 ◆の俳句(無季)

◆筆 ◆の俳句(無季)

*しょうようも寒う帰りて試筆かな 高田蝶衣
あかがりの血噴くとなげき筆つくる 竹下陶子
あたらしき筆を噛む歯の寒さかな 久保田万太郎 流寓抄
いかにほそき雛の眉かく小筆かな 東洋城千句
いのち毛をすりへらす筆年来ると 平井さち子 鷹日和
いまわまで筆をはなさず萩惜しむ 富田潮児
おほまかに筆洗ひたる玉子酒 本宮銑太郎
おもひきり筆が墨吸ふ油照り 小川原嘘帥「日輪」
かたと擱く筆音の澄み十三夜 大橋敦子 手 鞠
かねて見し不折の筆の梅があり 河東碧梧桐
かまつかに倦みたる目もて筆洗ふ 石川桂郎 高蘆
がゞんぼや筆走らする罪深し 清水基吉 寒蕭々
きのふ古し遺筆に活けてこぼれ萩 渡辺水巴 白日
くちびるにゝと筆の墨須磨の冬 宇佐美魚目 天地存問
ぐぐぐいと引ける渇筆お風入れ 高澤良一 燕音
けさの秋硯に筆のすべり哉 今朝の秋 正岡子規
ことごとく夫の遺筆や種子袋 竹下しづの女 [はやて]
こほろぎを夫が聴く夜は筆おいて 鷹女
こゝろざし折れたる筆の黴びてをり 礒目峰
さへづりや筆の走りて余白の美 郡山マサ子
しくるゝや物書く筆の薄にじみ 時雨 正岡子規
しぐるるや鉄筆捨てし黙ふたつ(川島四天居にて筆耕) 細川加賀 『傷痕』
しづり雪吉書の筆に応へけり 増田龍雨 龍雨句集
しばらくは初音と聞けり筆止めて 畑 道子
すらすらと筆は滑らず式部の実 有賀元子
そこ冷えの夜ごとは筆のみだれけり 石橋秀野
たま祭る料理帳有筆の跡 炭 太祇 太祇句選
だるま炉やこけしに走る轆轤筆 石川桂郎 高蘆
ちびし筆湯呑に立てし施餓鬼寺 川瀬清子
ちび筆に俳諧うとし春の風邪(句評をもとめられて) 『定本 石橋秀野句文集』
つくづくし筆一本の遅筆の父 中村草田男
つくばねは筆のさきなり庵の春 初春 正岡子規
ともし火に氷れる筆を焦しけり 大魯 五車反古
なにもかも黴びて痩せたる筆を持つ 石川桂郎 含羞
ならべるは細筆ばかり雛作 森田 峠
なるまゝになれと筆すて三尺寝 上村占魚 鮎
ねはん図の筆じまひなるとんぼ飛ぶ 赤松[ケイ]子
はつ冬や我が子持ちそむ筆硯 飯田蛇笏 山廬集
ひた走る大文字の火の一の筆 岡本 眸
ひと筆に文をむすびて藤の花 佐藤美恵子
ひと筆を素焼に賭けて爽やかに 鈴木真砂女 夕螢
ましろなる筆の命毛初硯 風生
まづ鯛と筆を立てけり恵比須講 中村史邦
まろびたる筆が墨曳く油団かな 飯田京畔(雨月)
やごとなき筆とおぼしき歌留多かな 三村純也
ゆづり葉や父に似てきし筆の跡 今泉貞鳳
ゆふだちや筆もかハかず一千言 蕪村 夏之部 ■ 雙林寺獨吟千句
われを見る机上の筆や秋の風 飯田蛇笏 山廬集
をだまきの花やみやげに有馬筆 森澄雄 空艪
セザンヌの筆の余白に秋の声 岡田貞峰
フリージアに陶師が筆の愛陶記 桂樟蹊子
リスの子に筆の穂ほどの芽からまつ 吉野義子
リハビリの筆しつかりと初便り 鶴田 弘
一刷毛の雲の筆擱く芒原 梅里全子 『祝矢』
一字なほにじみひろごる試筆かな 皆吉爽雨
七夕の恋の願いは筆太に 石川定子
七夕や筆の穂なめし脣の墨 高橋淡路女 梶の葉
万緑やこけし笑まわす筆さばき 田畑はつ枝
丈山の渇筆黴びず学甫堂 富田潮児
三寒の四温兆しぬ筆買ひに 及川貞
三月の筆のつかさや白袷 飯田蛇笏 霊芝
三本の古筆を洗い書初す 内藤まさを
不揃ひと添への一と筆蜜柑受く 田辺秋花
中元や萩の寺より萩の筆 井上洛山人
乾かざるままに筆巻く獺祭忌 ふけとしこ 鎌の刃
亀鳴くと孤りの筆を折られけり 黒田杏子 花下草上
二三日になるや夏筆の滞り 小澤碧童 碧童句集
二紙三紙いよゝ書き劣る試筆かな 志田素琴
五倍子干して小さいながらも筆問屋 山田緑女
亡き人へ年賀の筆をあやまりて 川畑火川
京祇忌のしばらく筆の遊びせむ 大石悦子 百花
今は灯をつけよ筆擱く雪明り 篠田悌二郎
今年竹筆とればはや退路なし 野澤節子 黄 炎
今年竹筆取ればはや退路なし 野澤節子 『鳳蝶』
今日二度の帰宅に筆が咲いている 池田澄子
仏桑花洗へど筆に朱の残り 吉田登美子
仮名文字の筆遅々として梅雨深し 國岡錫子
住み佗びて昔ながらの試筆かな 青峰集 島田青峰
借用証身にしみて筆うるはしき 藤岡筑邨
健筆や老先生の年賀状 宗像夕野火
傾城が筆のすさひや燕子花 杜若 正岡子規
元日やこともなげなる筆硯 吉武月二郎句集
元旦の日記を筆の初かな 会津八一
先生の筆見飽きたり冬籠 子規句集 虚子・碧梧桐選
光悦が筆硯の間の茶立虫 玉置かよ子
八一忌の筆の荒毛をいとしめり 西山あきら
再校の筆とることも十二月 井桁蒼水
冬ぬくし子規の遺筆の玩具帖 有馬朗人 天為
冬の夜の哀しき父が筆稼ぎ 石塚友二 光塵
冬の日の筆の林に暮れて行く 正岡子規
冬座敷筆子産湯の井戸が見ゆ 岡部六弥太
冬枯るゝ筆の穂とこそさては花 冬枯 正岡子規
冬芽見て筆の不精を守り神 小檜山繁子
冷やかや探しあぐねし筆の傘 石川桂郎 四温
凍て解けて筆に汲み干す清水哉 松尾芭蕉
凍筆をホヤにかざして焦しけり 凍る 正岡子規
出替りや乳の目利きが一の筆 斯波園女
切り結ぶさまに筆おく吉書かな 鷹羽狩行
初冬や石油で洗ふ絵の具筆 栗林千津
初富士や雪の筆勢麓まで 染谷彩雲
初桜筆やはらかく持ち直す 田中幸雪
初硯知足常楽筆太に 村地八千穂
初硯筆に朱墨を染ませけり 龍男
初秋や筆硯を恋ふ心切 池上不二子
初空に心の筆で夢と描き 西村 恵
初鵙の裏山に鳴く筆まつり 山岡綾子
利休忌の筆架に隠る筆二本 小池照江
削り編む残暑殊にも筆疲れ 石塚友二 方寸虚実
加筆なほ気負ひの筆勢桜桃忌 奈良文夫
加賀友禅筆より草の花生まる 野崎ゆり香
十丈の蓮開くや筆の尖 蓮の花 正岡子規
十二月小筆の増えし硯箱 伊東一升
十六夜の墨乾きゆく筆の尖 青木重行
半歌仙独吟したる試筆かな 茨木和生 往馬
参賀記帳筆おごそかに執りにけり 米田双葉子
友禅を書く筆洗ふしぐれ水 細見綾子 黄 炎
双魚忌の小筆洗ふも露けしや 松本 久
反古さらへ女筆恥かし年の暮 安昌 選集「板東太郎」
収筆に露の涼しき梵字石 中戸川朝人 星辰
受け霊(ひ)てふ筆まづ立つや冬籠 加藤郁乎 江戸桜
口切や筆字優しき招待状 山川よしみ
口切や講肝煎りを筆がしら 水田正秀
口切や講肝煎を筆がしら 正秀 俳諧撰集「有磯海」
古筆も洗ひて御用納かな 山県瓜青
古筆や墨嘗めに來る冬の蠅 冬の蠅 正岡子規
古筆や墨嘗めに来る冬の蝿 正岡子規
合い性の筆は一本 白椿 伊丹三樹彦
合性の筆は一本 白椿 伊丹三樹彦 花恋句集二部作 花仙人
名月や筆の言葉の引廻はし 園女 俳諧撰集玉藻集
向日葵や画布打つ筆の音荒く 相生垣瓜人 微茫集
吾れ画を善くす筆を下せば蕨哉 尾崎紅葉 紅葉山人俳句集
命名の筆噛みほぐす白木槿 高橋青矢
命毛ながし末子に与ふ吉書の筆 北野民夫
命毛の長さよ筆の買ひはじめ 元夢
命終の子規が筆捨つ露の中 和田知子
咲にけり筆のさきより年の花 新年 正岡子規
唐筆の安きを賣るや水仙花 水仙 正岡子規
囀の機嫌の瑠璃に筆とむる 大橋敦子
団扇まき師の染筆のものありて 吉井紫水
固まりし筆の穂ほぐす暮春かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
地下茎の絆をたもつ筆の花 相澤乙代
坂町や狸の筆を買初す 井桁白陶
墨すれば筆とれば秋のひゞき哉 竹冷句鈔 角田竹冷
墨つぎて秋思の筆に迷ひあり 石川[テキ]子
墨と筆一気呵成に皐月富士 川崎展宏 冬
墨はじく梶の葉に筆なじまざる 神前あや子
墨汁も筆も氷りぬ書を讀まん 凍る 正岡子規
士筆野に妹も母の眼細めがち 平井さち子 完流
売文の筆買ひに行く師走かな 永井荷風
夏書の筆措けば乾きて背くなり 橋本多佳子
夕焼けざる航跡板書も師の遺筆 香西照雄 対話
夕立や筆そゝぐべき潦 井上井月
夕立や紅筆溝を流れ行 夕立 正岡子規
夜なべする蒔絵の筆をならべけり 上村占魚 球磨
夜の秋や写経に立つる筆の鋒 鷲谷七菜子
夜の秋修験の宿に古筆あり 松井幸子
夜もすがら冱ててありけり父の筆 永田耕衣
夜永さに筆とるや旅の覚書 几董
大小の筆の穂白し初硯 中川久子
大津絵の筆のつづきに寒の木瓜 伊藤敬子
大津絵の筆のはじめは何仏 芭蕉 (三日口を閉て、題正月四日)
大津絵の筆の始めは何仏 芭蕉
大筆にかする師走の日記かな 正岡子規
大雪といふ夜いよよ筆一本 野澤節子
天界の母は筆まめ落し文 石川北辺子
太筆に墨のぼりくる蕪村の忌 嶋田麻紀
奈良筆の細きを撰りぬ萩にふれ 岡崎ゆき子
妻の筆ますらをぶりや花柘榴 沢木欣一 往還
妻昼寝させて暫く筆を執る 後藤夜半 底紅
子が来ると夏書の筆を措きにけり 関戸靖子
子規堂の筆のちびたる暑さかな 田中義孝
孤剣に似たる筆一本も芽吹く日ぞ 原子公平
宗祇忌の筆ざんばらに筆立に 上野さち子
実篤の禿筆親し合歓の花 岡田貞峰
家古び筆立にある秋扇 清水鵲木
宸筆もものかは紙魚の確信犯 高澤良一 随笑
宿帳に禿筆舐めぬ灯取虫 松藤夏山 夏山句集
寒明の雲をほぐせる筆づかひ 峯尾保治
寒月光筆の穂先に伝はれり 関根将雄
寒梅の下に筆焚く煙かな 尾崎紅葉
寒灯下筆置く音も響きけり 松田美子
寒紅の筆の命毛短くも 奈良鹿郎
小さき蟻這ふ梶の葉に筆をとる 大橋桜坡子
小机に筆の穂を噛み一葉忌 川畑火川
小筆には小筆のちから百千鳥 神尾久美子 桐の木以後
居籠や屏風の裾の筆硯 清原枴童 枴童句集
山祗の筆をすすぐに紅葉の湖 伊藤 敬子
山荘客を見すして大臣の試筆哉 尾崎紅葉
山鳥に會ひたきひとの筆不精 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
師の筆のゆきつ戻りつ梅雨の稿 斉藤夏風
師走記者筆の疎略を慎まん 吉井莫生
帳書や先生筆を振はれたり 松根東洋城
年玉に上の字を書く試筆哉 年玉 正岡子規
年用意画廊に陳べて偽画偽筆 田中千岳
年賀書き終へて再び筆不精 稲畑汀子
座右のものに筆立欲しき春の夕 中島月笠 月笠句集
弘法の投筆かなに大文字 大文字 正岡子規
御命講や寺につたはる祖師の筆 正岡子規
心こめて筆試みることしかな 白雄
心こめて筆試ることしかな 加舎白雄
心経を写して筆の始めとす 坂下笑子
忙しき人の筆まめ地虫出づ 橋本榮治 逆旅
念いれて洗ふ大筆涅槃西風 角川照子
恋々とをみなの筆や初日記 飯田蛇笏 霊芝
懐柔の筆意読みをり*ごりを喰ふ 石原八束 『人とその影』
懐柔の筆意読みをりごりを喰ふ 石原八束 人とその影
我戀や筆のはこびも蔦かつら 蔦 正岡子規
我画をよくす筆を下せは蕨かな 尾崎紅葉
手に適ふ太筆太字書始 阪本謙二
手凍えてしばしば筆の落んとす 凍る 正岡子規
手凍えて筆動かず夜や更けぬらん 凍る 正岡子規
手枕のそばの無月の筆硯 阿波野青畝
才筆に歯序はあらざり曼珠沙華 橋本夢道 良妻愚母
拓本とる直哉の筆あと柳散る 川端静子
指話筆話つづる仰臥やチユーリツプ 石田あき子 見舞籠
接木せしばかりの庭を分筆す 本郷桂子
描き上げて筆置く窓辺小鳥来る 山田裕理子
散らばりし筆紙の中の桜餅 松本たかし
数へ日や予後の筆勢なき写経 藤原しげみ
数管の筆数帖の紙夏座敷 成瀬正とし 星月夜
整はぬ初音に滲む筆のあと 中野静枝
文机や秋思のうちの筆撰ぶ 石川桂郎 高蘆
新しい筆がなじんで朧かな 大石悦子 群萌
新らしき筆のさはりに雁鳴けり 加藤知世子 黄 炎
新海苔と筆太に書き日本橋 吉沢ひさ子
新茶売りはじめ候筆太に 神宮司茶人
旅の荷の筆は軽ろしや秋風立つ 小林康治 玄霜
日を以て數ふる筆の夏書哉 蕪村 夏之部 ■ 春泥舎會、東寺山吹にて有けるに
日ノ永キ浜荻筆ノ穂ノ長キ 日永 正岡子規
日焼子の背筋伸ばして筆を持つ 久保田静代
早苗饗の唄つづくなる筆硯 石川桂郎 四温
昂れるはせをの筆や冬ざくら 大林清子
明月や無筆なれども酒は呑む 夏目漱石 明治三十年
春の庵筆より重きものは無し 小澤克己
春の筆かなしきまでに細かりし 田中裕明 櫻姫譚
春ヤ今浜荻筆ノ穂ノ長キ 春 正岡子規
春ヲ湛フ浜荻筆ノ穂ノ長キ 春 正岡子規
春愁に筆を重しとおきにけり 大久保橙青
春愁やささくれだちし筆の先 落合芳子
春星や白き穂長の筆ぬらす 平井照敏 天上大風
春暁の竹筒にある筆二本 飯田龍太
春灯や指にはさみて筆細し 橋本鶏二 年輪
春灯や盆にのせくる筆硯 橋本鶏二 年輪
春焼の竹筒にある筆二本 飯田龍太 忘音
春蘭や無名の筆の俗ならず 正岡子規
春近し打札裏に筆すすむ 梅谷 武
春雷や筆垂直に習字塾 赤松[けい]子 白毫
昼火事を遠くに洗ふ小筆かな 石川桂郎 四温
時鳥筆を投じて起たんとす 森鴎外
晩学の筆に力や今年竹 仲田志げ子 『埋火』
晶子忌の大事にしまふ筆一本 禰寝雅子「未来図合同句集」
暖かや筆ころがして詩眠る 野村喜舟 小石川
暮雪の軸雪村八十二歳筆 高澤良一 鳩信
曲水や盃の舟筆の棹 曲水 正岡子規
曳馬野の萩の筆買ふ良夜かな 浅場芳子
書きし字を離れし筆や秋燈火 嶋田摩耶子
書きなれて書きよき筆や冬籠 正岡子規
書き了へて梶の葉に置く小筆かな 山本京童
書く筆の凍てつゝ思ひはこびつゝ 上村占魚 鮎
書ぞめをせし筆ついで便り書く 星野立子
書了へて梶の葉におく小筆かな 山本京童
書初におろす白穂の奈良の筆 きくちつねこ
書初のことさら太き筆選ぶ 増成栗人
書初のわれをなぶれる有馬筆 大石悦子 百花
書初の筆の力の余りけり 稲畑汀子
書初の筆もおろさず病み籠る 寸七翁
書初の筆勢富士へ韻きけり 小川原嘘帥
書初の筆重きまで墨吸はす 清水 游
書初や七十歳筆摂州住 宗因
書初や筆勢勁き福一字 青木愛子
書屋あり実梅落つ音筆擱く音 松本たかし
月も雪も何か残らう花も筆に 上島鬼貫
月雪に集てかなし筆の物 高井几董
月雪の納めや筆のかけどころ 与謝蕪村
有馬筆水と睦めば遠霞 塘 柊風
朝からの筆に疲れぬなく雲雀 金尾梅の門 古志の歌
朝涼の筆を走らせずに運ぶ 茨木和生 往馬
朝蝉や筆をしづかに假名日記 筑紫磐井 野干
朝顔や夫が呉れたる筆硯 石田あき子 見舞籠
未定稿ばかり筆さへ黴さすや 清水基吉
朴落葉筆置にせりいく日ぞ 石川桂郎 四温
机上なる筆柿の影真面目なり 鈴木鷹夫 千年
松蝉や余白大事に筆運ぶ 坂田美代子(阿蘇)
松風のおちてゆだちや筆硯 小林康治 四季貧窮
枕もとの筆硯にお風邪かろからず 河野静雲 閻魔
枯菊や洗ひし筆を軒に吊り 遠藤梧逸
染寺の細筆下ろす秀野の忌 山田春生
桃の花筆筒鳴らし駈けゆきし 木下夕爾
梅の花香ながらうつす筆もがな 紹巴
梶の葉によき筆硯の用意あり 田畑美穂女
梶の葉に向ひてしばし筆とらず 三沢久子
梶の葉や筆は思ひをつくさざり 島田五空
棕櫚主日陶師の蔵す木裂き筆 竹久よし子
楪に筆こころみん裏表 浪化
極月の扶持乏し筆氷るまで 小林康治 四季貧窮
極細の筆を運びて花は葉に 佐藤美恵子
歯あらはに筆の氷を噛ム夜哉 與謝蕪村
歯豁(あらは)に筆の氷を噛む夜哉 蕪村
歯豁に筆の氷を噛む夜かな 蕪村
死ぬとしもひとつ取たよ筆の跡 炭 太祇 太祇句選
母の忌を筆のはじめの夏経かな 木多静江
水仙と唐筆を売る小店かな 河東碧梧桐
水仙の花明り夜の筆すゝぐ 金尾梅の門 古志の歌
水仙や試筆のあとの緋毛氈 久保より江
水茎の馬刀(まて)かき寄せん筆の鞘 服部嵐雪
水茎の馬刀かきよせん筆の鞘 服部嵐雪
永き日や雑報書きの耳に筆 正岡子規
汗ぬぐはぬ一旅人や筆の業 小林康治 玄霜
沈丁のこぼるゝことも筆ついで 清原枴童 枴童句集
沈丁の風に吊すや洗ひ筆 大石悦子 百花
沖荒の見ゆる二階に試筆かな 茨木和生 倭
泥舟に富士の筆太飾米 向山隆峰
洗ひたる硯にほそき筆二本 高橋淡路女 淡路女百句
洗ひたる筆こゝろみん月の壁 高田蝶衣
洗ひ干す筆のいのち毛去年今年 松本可南
浄机百筆硯も百炉は一つ 山口峰玉
海山や都の筆に雲見草 上島鬼貫
涅槃雪玄奘も筆休めけむ 有馬朗人 耳順
淑気はや机上の筆硯紙墨より 小田切輝雄
添へ文の能筆にして蒸鰈 都筑智子
渇筆を絶え絶えと継ぐ吉書かな 大石悦子 百花
渾身に使ふ大筆書初め 池田年成
濁筆も干してうららの窯休み 下村ひろし 西陲集
火の筆勢そのままに雪大文字 鷹羽狩行 八景
灯薄るゝひぐらしに筆止めかしこ 林原耒井 蜩
炉が鳴けど心老いにし筆枯れぬ 林原耒井 蜩
炎昼や腰たよりなき有馬筆 土生重次
炭の香や僞筆の虎の寝ぼけ面 会津八一
焼筆で飯を食つゝ冬篭 一茶 ■文化十四年丁丑(五十五歳)
燃えさかリ筆太となる大文字 山口誓子 不動
父の筆勢減ぜし刻字燕来ぬ 香西照雄 対話
父在すごと筆洗に若水を 川端紀美子
片時雨塵外孤標筆一本 加藤郁乎 江戸桜
牡丹に寄す侍従長筆大御歌(おおみうた) 高澤良一 宿好
牡丹や軸の楼閣細筆に 尾崎迷堂 孤輪
牡丹咲く庭の制札誰が筆ぞ 井上井月
物うさの筆たど~し虻の声 青峰集 島田青峰
物うつす筆に蚊遣の煙かな 蚊遣 正岡子規
瑠璃鶲ふと筆を置く山日記 安田和義
甚平も胸毛も白き老筆司 菅田賢治
生絵師の筆洗ひ川花卯つ木 下村ひろし 西陲集
田亀くわがた有りマスと筆太に 梁取久子
画仙紙の天地はかりて試筆かな 富田潮児
画室秋意出品の筆よべ措きし 皆吉爽雨 泉声
痩金体気どりの被奴も試筆すや 高山れおな
白扇に細き筆もて句をしるす 高木晴子 花 季
白梅や皇族下馬と筆大なり 寺田寅彦
白湯呑んで仕事納めの筆硯 佐藤素人
白雪の筆捨山に墨つけん 雪 正岡子規
百姓の筆を借りけり閑古鳥 石田波郷
百本の筆の穂ならぶ爽気かな 能村研三
皹ぐすりつけぬ筆墨あらたゆゑ 及川貞 榧の實
盆梅に筆硯置かれありしのみ 中村芳子
盲春庭筆太の字の秋の聲 八木林之介 青霞集
眉の火や颱風おらぶ夜の筆 石塚友二 光塵
眉白をきゝとめて筆置きにけり 白井常雄
看板は住職の筆走りそば 藤本青舟
眠る山樵夫筆立を鳴らしけり 前田普羅
睡たさよ筆とるひまの春の雨 室生犀星 犀星発句集
睡蓮の水すまば筆を洗ふべく 会津八一
短日の灯をともす間の筆を措く 後藤夜半 底紅
石に絞る香や橘の筆の汗 浜田酒堂
石竹や唐筆干せる紙の黴 島村元句集
石筆のころがる椽や干大根 干大根 正岡子規
石蕗の花戸主の名前を筆太に 石川文子
磯振りや筵の上に夏書筆 加藤耕子
神の筆ためらひ刷きし桃の紅 篠田悌二郎
神やしる試筆の文字のすみにごり 信徳
神留守の紅の筆見し玉手箱 桂樟蹊子
福壽草咲いて筆硯冬かな 村上鬼城
福寿草さいて筆硯多祥かな 鬼城
福寿草咲いて筆硯多祥かな 村上鬼城
禿筆を塚に築きて梅の花 梅 正岡子規
禿筆を束ね捨てけり秋の蝉 波多野爽波 『骰子』
秋に痩せて恨みの筆のあと細し 秋 正岡子規
秋の句書く辞表を書きし筆をもて 安住敦
秋の蝉二三の筆を洗ひけり 藤田あけ烏 赤松
秋海棠様にならぬと筆投げ出し 高澤良一 素抱
秋風や子の名きまらぬ筆おけば 赤松[ケイ]子
秋風や柱懸け筆命の毛 松根東洋城
秋風や筆みな動く筆屏風 会津八一
稲の香が町をつつみて筆まつり 亀井朝子
穂が抜ける矢立の筆の山笑ふ 野村喜舟
穗薄を筆に結んで物書かん 薄 正岡子規
立春大吉と書きし太筆太しと見るも老いらく 荻原井泉水
端正に水打ち筆屋店開く 岩木秋水
竹筆のうすき夢の字谷崎忌 三宅芳枝
笹の子のうす紫や小筆ほど 野村泊月
筆あはれ時雨の雲の濃く淡く 相生垣瓜人 微茫集
筆いれて掻き探したる巨燵哉 炬燵 正岡子規
筆えらぶ店さきにゐて冴え返る 犀星
筆えらぶ店先にゐて冴え返る 室生犀星
筆おくやまた田を植うる音の中 石川桂郎 含羞
筆おろす寒九の水になじませて 武藤あい子
筆かすれ月斗ふすまに花の冷 杉本艸舟
筆かみし朱唇の墨も夜涼かな 西島麥南 金剛纂
筆かりて旅の記を書く蒲團哉 蒲団 正岡子規
筆がすれして消えかかる大文字 池田笑子
筆くれて返事させけり雪の庵 内藤丈草
筆すてた手を手で握る寒さかな 幸田露伴 谷中集
筆すててしばし鍬とり給へ君 正岡子規
筆すてぬ松こそよけれ初硯 蓼太
筆ちびてかすれし冬の日記哉 冬 正岡子規
筆つくるよすぎ静かや梅二月 西島麦南 人音
筆とさゝれて筆立にある扇かな 温亭句集 篠原温亭
筆とつて冨士や画かん白重 白重 正岡子規
筆とめて外を見て居る春日かな 野村泊月
筆とらず読まず机に霙さく 上村占魚
筆とらぬ日を経て菊の衰へず 相生垣瓜人 微茫集
筆とりてしばらく梶の葉に対し 田畑美穂女
筆とりて下ださぬ暇や漱石忌 尾崎迷堂 孤輪
筆とりて四隅にわかる月見哉 松岡青蘿
筆とりて門辺の草も摘む気なし 杉田久女
筆とるは硯やほしき児桜 服部嵐雪
筆とれは若葉の影す紙の上 森鴎外
筆とればわれも王なり塗火鉢 杉田久女
筆とれば短冊の上に桜ちる 散桜 正岡子規
筆とれば紙に生るゝ春の影 梨葉句集 上川井梨葉
筆と見て我のみこまん御つるぎ 正岡子規
筆と見て我ものみたし御つるぎ 正岡子規
筆と見て見ひらく芙蓉の命かな 山口素堂
筆なげて起てば薺の花こぼる 小林康治 玄霜
筆ならは我ものみたし御つるぎ 正岡子規
筆ならハ我ものみこむつるぎ哉 正岡子規
筆にして我のみこまん御つるぎ 正岡子規
筆にして我ものみたし御つるぎ 正岡子規
筆につく墨のねばりや五月雨 五月雨 正岡子規
筆にとらぬ人もあらうか今日の月 上島鬼貫
筆に墨たっぷり吸わせ立夏なり 好井由江
筆に紅つけて雛の口を描く 瀬戸十字
筆に聲あり霰の竹を打つ如し 霰 正岡子規
筆に霊ありて夕立を祈るべく 夕立 正岡子規
筆のもの忌日ながらや虫払 召波
筆の先双つにわれて秋初 中嶋秀子
筆の尖ちよんと落して爽波の忌 西野文子
筆の尖一塵嫌ふ寒夜なり 荒井正隆
筆の林つくろひ物や雲の峯 調泉 選集「板東太郎」
筆の毛をそろへたつるや年の暮 才麿
筆の海墨に声有り千鳥石 口慰 選集「板東太郎」
筆の穂にかかりて紅き春の塵 橋本鶏二 年輪
筆の穂に医王のくすり草泊り 磯貝碧蹄館
筆の穂のかなしき反りよ朝曇 相馬 黄枝
筆の穂のがくと抜け落つ梅雨畳 石塚友二 光塵
筆の穂のさゝけ出したり秋の風 秋風 正岡子規
筆の穂のすつと抜けたり秋暑し 加藤美智子
筆の穂のまだ濡れてゐる虹の下 牧 辰夫
筆の穂のよに雨ふくむ若楓 栗生純夫 科野路
筆の穂の長いのが好き福寿草 後藤夜半
筆の穂を噛めば日暮の法師蝉 鈴木鷹夫 渚通り
筆の穗にいとど髭うつ寫し物 竈馬 正岡子規
筆の鞘焼きて待つ夜の蚊遣りかな 尼-芳樹 俳諧撰集玉藻集
筆ひぢてむすびし文字の吉書かな 宗鑑
筆ひぢて結びし文字の吉書哉 宗鑑
筆ほぐす朱唇の墨も夜涼かな 西島麦南
筆まめといはれて書けぬ春の闇 ふけとしこ 鎌の刃
筆まめの吉宗様へ御中元 小橋久仁
筆もつて寝たるあるじや時鳥 時鳥 正岡子規
筆より持たぬ指にて 東京夜景さす 伊丹公子 山珊瑚
筆りんだう摘んで東京遥かなり 栗原米作
筆を手に夏書の人の昼寝哉 夏書 正岡子規
筆を挿すごとく水仙壺に挿す 吉屋信子
筆を擱く矢車の音の絶えたる 林原耒井 蜩
筆を置く青蛙葉を滑らずや 石川桂郎 高蘆
筆を選りをり老鶯を聞くとなく 田部黙蛙
筆モ墨モ溲瓶モ内ニ秋ノ蚊帳 秋の蚊帳 正岡子規
筆一本洗ひ八十八夜かな 関戸靖子
筆一本疼く背骨を立て直して 伊丹三樹彦
筆一本箸は二本のとろろ汁(緑雨居士に倣ふ) 石原八束 『黒凍みの道』
筆仕舞ふあとははかなし小晦日 赤尾兜子
筆休花葛を見て足らひけり 石川桂郎 高蘆
筆入るる目を細うして雛師かな 森川暁水 黴
筆凍てゝかするゝばかり辞表書く 石井とし夫
筆勢の余りて切れし大文字 岡本眸
筆匠の暖簾垂れたり鳥総松 水原秋櫻子
筆匠の死後も名だいに雪降れり 飯田蛇笏 椿花集
筆匠の鑿返し研ぐ朝桜 井口秀二
筆取て千艸の花におくるゝな 闌更
筆取りてむかへば山の笑ひけり 蓼太
筆噛みし朱脣の墨も夜涼かな 西島麦南 人音
筆噛んで寒紅の唇汚さざる 村林星汀
筆土割り小学生の浄き脚 大野林火
筆執るや病臭すでに蠅が寄る 小林康治 玄霜
筆執るや秋風すでに筆に添ひ 小林康治 『存念』
筆執るや飢かすかなる秋の暮 小林康治 『存念』
筆墨の濃き晴れさそふ梅の花 原裕 新治
筆多き硯の箱や冬籠 冬籠 正岡子規
筆太き蓮如名号日雷 山本洋子
筆太に夢一文字を智恵詣 鈴木千恵子
筆太に描きたる円や達磨の忌 磯貝碧蹄館
筆太に臘八接心告知せる 赤木利子
筆島の穂先に夕焼夏の潮 馬場好苗
筆投げてしまへば春昼虚脱せり 斎藤空華 空華句集
筆投げて児の竹馬に乗りてみる 文挟夫佐恵 遠い橋
筆折つて藷に窶るゝ六腑かな(文章書かぬ言ひわけに) 『定本石橋秀野句文集』
筆持たぬ盲ひの友の初電話 高橋利雄
筆持つて業苦の西日迎へけり 石塚友二 光塵
筆持つて硯の乾く眠さかな 幸田露伴
筆捨てゝ灯をまつ寒き雨きたり 金尾梅の門 古志の歌
筆措いて妻と十六むさしかな 後藤比奈夫
筆措いて早稲吹く風をききに出づ 水原秋桜子
筆措いて秋の螢の闇欲しき 中村祐子
筆措いて髪の凄絶ちちろ虫 古館曹人
筆揮へばこぼるる櫻散る楼 会津八一
筆擱いて又部屋歩く冬籠 比叡 野村泊月
筆擱いて梅雨のくもりかたそがれか 篠田悌二郎 風雪前
筆擱けばざくろ黄葉のいちめんに 黒田杏子 一木一草
筆擱けば不意に鳴きだす初蛙 白井春子
筆擱けば真夜の白菊匂ひけり 草城
筆擲つて薄暑の袖をからげしのみ 小林康治 玄霜
筆擲つや饐髪匂ふ夜の野分 小林康治 玄霜
筆柿カリと噛んでいた父の手無骨 岩谷照子
筆業の危機ばかりなり冬に入る 石塚友二 光塵
筆洗う梅のつぼみの白のため 増田萌子
筆洗にむらぐもつくる寒四郎 上田五千石 琥珀
筆洗に湖を掬へり神の留守 内山寒雨
筆洗の水かつてあり竹田忌 黒田桜の園
筆洗の水こぼしけり水仙花 正岡子規
筆洗の若水に朱を走らしむ 小金井絢子
筆洗ふながれや蓮の花ひとつ 暁台
筆洗ふ水を切りたり秋海棠 中西舗土
筆疲れ見えつつ賀状書きやまず 亀井糸游
筆硯につもる埃や竹の秋 比叡 野村泊月
筆硯に一人親しむ灯火かな 増田月苑
筆硯に儒者在る如く雪明り 中村幸枝子
筆硯に及べる喜雨のしぶきかな 日野草城
筆硯に多少のちりも良夜かな 飯田蛇笏
筆硯に小柄の錆や梅二月 楠目橙黄子 橙圃
筆硯に親しむことも梅雨籠 山田弘子 こぶし坂
筆硯のそろへば出づる月見船 五十嵐播水 播水句集
筆硯の一間ありけり夏木立 山本洋子
筆硯の夜長き水を足しにけり 細川加賀 『傷痕』
筆硯の小さき黴の書院かな 大峯あきら 宇宙塵
筆硯の正しく置かれ青簾 本岡歌子
筆硯の見えて山寺雪を待つ 大峯あきら 鳥道
筆硯の部屋に牡丹の風入るる 稲荷島人「続夏雲」
筆硯は亡き父のもの十三夜 大橋敦子 手 鞠
筆硯や二百十日を忘れ過ぎ 石川桂郎 四温
筆硯や新草離離と垣の内 下村槐太 光背
筆硯や月の筵に置かれたり 池内友次郎
筆硯や案山子に会へる旅の絶え 石川桂郎 四温
筆硯や病にかてぬ初便り 石川桂郎 高蘆
筆硯わが妻や子の夜寒かな 飯田蛇笏 山廬集
筆硯をはなれかげろふ踏みにけり 宇佐美魚目
筆硯を洗ふ朝涼おのづから 長谷川素逝 暦日
筆硯を置いて人なし月の縁 比叡 野村泊月
筆硯大暑の眉を張りにけり 細川加賀 生身魂
筆禿びて返り咲くべき花もなし 帰り花 正岡子規
筆立にいろいろのペン花疲れ 矢村三生
筆立に筆ふやしけり人麿忌 徳永山冬子
筆立に線香立てたり水仙花 寺田寅彦
筆立の中の耳掻き居待月 鈴木真砂女
筆立の孔雀の羽根や老が春 野村喜舟 小石川
筆立の筆に螽や秋の雨 菅原師竹句集
筆立の筆の長短日脚伸ぶ 丸山比呂
筆立の筆一本も初景色 神蔵器
筆筒に団扇さしたる机かな 河東碧梧桐
筆筒に峨々と筆あり蕪村の忌 山本ひろ
筆筒に拙く彫りし柘榴かな 柘榴 正岡子規
筆筒も湯呑も秋の灯を容れて 草田男
筆筒や筆と挿し置く山桜 水原秋櫻子
筆結ひの心もほそる五月雨 立花北枝
筆置いて仰ぐ前山夏近し 北村勢津子
筆置いて夜も竹の葉の散る音か 鷲谷七菜子 天鼓
筆置けば鈴虫闇に鳴きそろふ 西浦末寿
筆置ける石あり酢茎桶ならぶ 皆吉爽雨
筆耕の机の塵や日脚伸ぶ 野崎方道
筆耕や一穂の灯に暑き宵 飯田蛇笏 山廬集
筆草やいそはかすみて一文字 霞 正岡子規
筆談として蝉のこえ、筆をおく(湯田中) 荻原井泉水
筆買うて尾張一国朧なり 久野洋子
筆買うて終ひ天神果たしけり 仁藤稜子
筆買ひし妻の砦よ牡丹雪 小林康治
筆買ひて曲水の宮辞しにけり 藤本法子
筆買ひにとて雪ふんで十二町 雪 正岡子規
筆買ひに抜けて青葉の寺の坂 伊藤いと子
筆買ひに行く一駅の白雨かな 上田五千石
筆買ふや朝虹の今日佳きことあれ 川口重美
筆蹟の美しき寒さ女なりし 渡邊水巴 富士
筆遅き卓にひびきて丹波栗 下田稔
筆選ぶ店先にゐて冴え返る 室生犀星
筆選ぶ雨の石見や人麿忌 野上美代子
筆霊にして夕立を祈るべく 夕立 正岡子規
箱書に父の筆あと雛納め 水原春郎
紅筆に口つき出して七五三 水口泰子
紅筆に薄紅梅を染めて見ん 紅梅 正岡子規
紅筆の朝顔風に咲きにけり 朝顔 正岡子規
紅葉焚くときに小筆も二三本 蓬田紀枝子
紫のゆかり尋ねん筆の海 正岡子規
細書きの筆買ひに出る燕子花 岡田菫也
細筆を買うて戻るや涅槃雪 鷹羽狩行
絵付場の筆立に挿す秋団扇 斎藤朗笛
絵付筆壺にいろいろ鳥曇 黒木千代子
綾瀬あり試筆の筆を洗ふなる 木村蕪城 寒泉
縁先にさしおく筆や人丸忌 富安風生
縁端にさしおく筆や人丸忌 富安風生
置かれたる薔薇の匂へば筆執りぬ 林原耒井 蜩
翻訳の筆を休めず葡萄くふ 佐藤一村
考へて筆かはきけり日の短か 中戸川朝人 星辰
胸で拭き筆柿を食ふ泣きながら 森田公司
胼の手にとりたる筆と思ひ読む 高濱年尾 年尾句集
腰浮かし試筆くたびれ易きかな 阿波野青畝
自己流に生きぬ一と筆雪の果 真夏出来男
興福寺の筆あり硯洗ひけり 鈴木しげを
花やこれ君が常盤の筆のあと 幸田露伴
花や咲く筆に机に雲見草 上島鬼貫
花榊ひらきて夜の筆硯 藤田あけ烏 赤松
花満ちて冷ゆ僧正の筆一本 黒田杏子 花下草上
若楓筆の流れのごとき枝 京極杞陽 くくたち上巻
若水の一滴に筆おろしけり 水田むつみ
若竹の筆になるべき細り哉 若竹 正岡子規
若菜野へ扇開きに筆を干す 岩切貞子
草々の筆の達磨も忌日かな 菅原師竹
荒筆と乱句を年の始めとす 和田悟朗
菊描くと省きし筆のただ粗し 相生垣瓜人 微茫集
菊摘みし古筆匂ふ夜長かな 雑草 長谷川零餘子
菜種御供梅の瑞枝の筆買へり 永田由子
菜種梅雨筆とどこほる訃への文 阿部千恵子
萩の筆買ふ三月の雨強し 沢木欣一 地聲
萩筆の軽妙ことに春立つ日 古賀まり子 緑の野
葉牡丹の座に薄明の筆硯 石原舟月
葡萄の種子反古に吐きつゝ筆耕す 島村元句集
葱汁に筆硯甚だ多祥なり 田森柳渓
蒔絵筆ぎつしり壺に小正月 井上雪
蓮如忌や筆まめなりし母の文 佐々木 咲
蕪村忌や蕪村の偽筆掛けて見る 蘇山人俳句集 羅蘇山人
蕪村筆あやしみつつも曝しけり 北村好作
薄々と筆を下ろせば冬の海 正木ゆう子 静かな水
薄紅葉記帳の小筆選びをり 水谷節子
虚子ここに氷れる筆を噛み住みし 村松紅花
虚子の筆風生の筆冬ぬくし 藤崎久を
虫に筆くはれしよりの春愁か 宇佐美魚目 天地存問
虫干に蕪村の偽筆掛りけり 正岡子規
蚊遣香縷々たり筆は措きがちに 石塚友二 光塵
蜂稼ぐ筆投げて来し身のほとり 石塚友二 光塵
行かばわれ筆の花散る処まで 散桜 正岡子規
表具師や梅二ン月の筆すゞり 西島麦南 人音
西行忌雪の晴間を筆買ひに 渡辺文雄
試筆する二日の友に来りけり 五十嵐播水 播水句集
誰が筆のその紅や懸想文 松根東洋城
謹呈と亡きひとの筆冬ざくら 新井 寛
譲られし扇に虚子の筆の跡 伊藤英子
谷中より筆屋に寄りて夏の月 石嶌岳
豆飯に呼べど画室に筆おかず 皆吉爽雨
貝母咲き露風の筆を祀る寺 山田弘子 懐
買初の句会の筆の五六本 山口青邨
買初や文字くれなゐの筆の銘 鈴木鷹夫 風の祭
買足せり筆の始めの追分繪 高澤良一 燕音
賀状のみのえにしの友の筆寂びぬ しげ子
贋筆の達磨ふすぼる蚊遣かな 蚊遣 正岡子規
贋筆をかけて灯ともす夜寒哉 夜寒 正岡子規
赤軸の吉書の筆をもらひけり 松瀬青々
足よりも筆の衰へ鬼やらひ 清水基吉
踊り来し冴えそのままの筆づかひ 加藤知世子 花寂び
身に入むや旅のたぐさに取る筆も 清水基吉 寒蕭々
車窓に筆売り来たるなり髭に霜 登玉哲生
軸赤き小筆買ひけり事始 小林篤子
軽くかるく小筆を拭ふ天の川 岡田たか子
返信の筆も鈍れる大暑かな 高澤良一 寒暑
遺されし筆硯座右に初句会 星野立子
遺書かきし筆そのままに秋の暮 小林康治 『虚實』
酔筆と人は見るらむ吉書かな 相生垣瓜人
酔筆を投ず何ゆゑ秋のこゑ 石原八束 空の渚
酢海鼠や桂郎酒筆讃へつつ 福永耕二
金屏に筆投げつけつ時鳥 時鳥 正岡子規
金箔に墨弾かるる試筆かな 浅井陽子
鈴虫やねむごろに拭く写経筆 長谷川 翠
鉄線を活けて有馬の筆作り 大坪景章
銜へしは漆の筆や冬ざるる 飯田はるみ
門松や上手下手なき筆使ひ 門松 正岡子規
雁のへだてぞ佳けれ筆硯 齋藤玄 飛雪
雁渡きめたる筆のけふ買へず 石川桂郎 四温
雁渡老いて筆絶つ人のこと 藤田湘子 てんてん
雛の日の筆を買ひたるのみに暮る 関戸靖子
雛をさめ炬燵の上の筆硯 木村蕪城 一位
雨安居の筆のいろはにほへとかな 草間時彦 櫻山
雨水くむ筆の林に鳳(ほう)の雛 上島鬼貫
雪しぐれして空海の太き筆 羽田れい
雪虫や日を重ねつつ筆不精 川崎展宏
露凍てて筆に汲み干す清水哉 松尾芭蕉
青年の筆意空間草の香す 加藤知世子 花寂び
青軸の筆を銀河に立てゝ持つ 長谷川かな女 雨 月
面相筆の細さ杉菜の風 北原白秋
鞘ながら筆もかびけりさつき雨 永井荷風
頑に庄屋の筆や毛見の帳 雑草 長谷川零餘子
香焚いてしぐれに灯す筆造り 藤原たかを
鬼城忌や遺筆の幅は聾の句 伊沢三太楼
鬼灯の顏や四つ子が筆の跡 鬼灯 正岡子規
鰯雲点筆の音早めをり 佐藤母杖 『一管の笛』
鳥よぎる影の筆あと犯科帳 藤沢美智子
鳥渡る筆捨てかねてゐたるかな 清水基吉 寒蕭々
鴬の乙音をまつや筆置きて 井上井月
鵯鳴くや筆勢強き久女の書 里坂紫陽子
鶏頭花筆を立て君が病よし 西本一都
鷽替へに来て天神の筆を買ふ 橋本 博
鷽鳴くやわざ老ゆるなき筆づくり 内山 亜川
麦秋やどこも能筆札所妻 木村勇
麻痺の手に筆握りしめ子規忌くる 瀬川芹子
黄梅の弾ねる風下筆洗ふ 菅裸馬
黴の中業の如くに筆擲たれ 小林康治 玄霜
黴の中業の筆執るあぐら組む 清水基吉
黴の中筆は業なす結跏なす 清水基吉 寒蕭々
齒豁(アラハ)に筆の氷を噛ム夜哉 蕪村 冬之部 ■ 貧居八詠

以上


by 575fudemakase | 2022-04-27 04:40 | ブログ


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...
My style

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねえ、どれが いい? ジョン..
at 2022-08-20 08:14
コートニー ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 07:08
ピクニック ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 06:36
ガンピーさんのふなあそび ジ..
at 2022-08-19 17:25
まるのおうさま 谷川俊太郎 ..
at 2022-08-19 16:36
うそ 詩 谷川俊太郎 絵 中..
at 2022-08-19 16:09
もこ もこ たにかわしゅんた..
at 2022-08-19 11:44
おじいちゃん ジョン・バーニ..
at 2022-08-19 11:04
ラチとらいおん マレーク・ベ..
at 2022-08-19 09:35
版画 のはらうた I ..
at 2022-08-19 08:41
んぐまーま 大竹伸朗・絵 谷..
at 2022-08-19 06:42
こんな本出てました。
at 2022-08-18 03:09
棚田を歩けば 文・絵 青柳健..
at 2022-08-16 17:42
版画 のはらうた II ..
at 2022-08-15 16:02
版画 のはらうた V 詩..
at 2022-08-15 15:07
版画 のはらうた III ..
at 2022-08-15 14:22
土竜を含む俳句例
at 2022-08-15 13:14
もぐらはすごい アヤ井アキコ..
at 2022-08-15 12:02
ぼく、だんごむし 得田之久 ..
at 2022-08-15 11:52
電柱 電信柱 の俳句
at 2022-08-15 10:36

外部リンク

記事ランキング