人気ブログランキング | 話題のタグを見る

火山 の俳句

火山 の俳句
火山 の俳句_b0223579_01234645.jpeg
●硫黄山
硫黄山にして中腹に滝を懸け 北野民夫
硫黄山流砂の果ての附子の花 太田登茂子
●外輪山
こんこんと外輪山が眠りをり死者よりも遠くに上りくる月 浜田到
外輪山すすきは変り果てにけり 高澤良一 寒暑
外輪山の襞迫りくるサングラス 山崎 力
外輪山より湧き出でて鳥渡るかな 川村紫陽
外輪山囲む冬田となりにけり 鈴木真砂女 夕螢
斧始外輪山へ馬つれて 大島民郎
霜の波うつて外輪山そびゆ 石原八束 空の渚
●火口
いきいきと火口かがやく小春かな 西本一都 景色
すゝき原火口の茶屋を見おろしに 長谷川素逝
ななかまど火口に近く紅尽す 大熊輝一 土の香
よな赫き火口の襞の霜燻る 石原八束 空の渚
ストーブの火口見惚るる山の駅 野澤節子 遠い橋
リユック緊め靴の紐緊め火口去る 津田清子 礼 拝
一瞬の静けさ冴えて火口退く 石原八束 空の渚
三原火口見ず蝌蚪の水踏みかへる 岩田昌寿 地の塩
人間の像凍てつけて火口噴く 石原八束 空の渚
冬帽を火口に奪られ髪怒る 山口誓子
冷まじく火口どん底みせにけり 兒玉南草
噴烟に咳き智に咳きて火口墜つ 石原八束 空の渚
夏帽子火口にころげ落ちにけり 佐々木あきら
天高し湯釜といへる旧火口 福田蓼汀
富士火口肉がめくれて八蓮華 山口誓子 不動
岩燕泥濘たぎち火口なり 橋本多佳子
巌高し煙硝ほくち(火口)下紅葉 尺草 選集「板東太郎」
強東風が火口を覗く耳に鳴る 粟津松彩子
旧火口海の凩吹き溜り 山田弘子 螢川
旧火口秋風鬼哭啾々たり 大橋敦子 手 鞠
春日燃ゆ火口にとどむおのが像 石原八束 空の渚
枇杷たべて再び火口覗かざる 津田清子 礼 拝
沖はるかに火口の雪や金槐忌 伊丹さち子
没日凍て暗き火口の像を灼く 石原八束 空の渚
淅瀝と第一火口秋気澄む 西本一都
湿り火口下女がほむらや飛ぶ蛍 才丸 選集「板東太郎」
火の国の阿蘇の火口の肌寒し 筒井 淳介
火の島の火口に近き蟻の道 保坂伸秋
火口しづか若き眼伏せてリンゴ噛る 津田清子 礼 拝
火口ちかし降りし氷雨に手を衝たる 山口誓子
火口とどろく逢魔が時を霧とざす 山口聖二
火口の秘密真上に夏の陽がありて 津田清子
火口への道知りつくし登山馬 石井晴治
火口へ急ぐ死後ゆゑ息も切らさずに 林桂 ことのはひらひら 抄
火口より流れ出し襞大花野 大岳水一路
火口より草千里見る千里の枯れ 石原八束 空の渚
火口地鳴りの背をのして嘶く凍え馬 石原八束 空の渚
火口炎えペレと犠牲信じたし 河野南畦 湖の森
火口熱が臓腑を犯す空の凍て 石原八束 空の渚
火口熱に凍てのとどかぬよな地獄 石原八束 空の渚
火口燃ゆ屈折光の夕焼寒ム 石原八束 空の渚
火口茶屋貝の風鈴鳴りにけり 鈴木貞雄(若葉)
火口茶屋鎖し去ぬ夫婦秋の暮 大橋敦子
火口見て来し眼に粽みどりなり 宮下翠舟
火口見る咳かじと口に手を当てて 中瀬喜陽
火口覗く生死の生の側に吾 津田清子 礼 拝
火口開けば緋縅のごと火夫たくまし 細谷源二
火口鳴り騰りて凍てる空の波 石原八束 空の渚
火口鳴るや迅風の冴えは空に光り 石原八束 空の渚
火口鳴る倦怠に咳く身のしびれ 石原八束 空の渚
火山灰よごれせし雪を踏み火口まで 高濱年尾 年尾句集
火山灰凍てて火口の死角より騰る 石原八束 空の渚
炎天の火口金輪際を行く 野見山朱鳥
煉炭の火口ヘ種を突きおとす 秋元不死男
瓦焼く火口に雪の舞ひ消ゆる 上村占魚 鮎
磐梯の火口せまれる尾花刈 望月たかし
秋天を医やしつづけて火口の水 細見綾子 和語
秋天を癒しつづけて火口の水 細見綾子 黄 炎
秋晴れや火口を落つる砂の音 中川宋淵
秋風のぶつかり吹けり旧火口 岡田日郎
秋風やうしろ影ひく火口径 吉武月二郎句集
若人の宴青林檎火口に落つ 津田清子 礼 拝
蓬髪を抱きて火口に女咳く 石原八束 空の渚
赤よな噴く火口をのぞく鼻の凍て 石原八束 空の渚
迅風凍つ火口地鳴りの人小さし 石原八束 空の渚
野分あと火口の底に人の径 佐々木泰雄
阿蘇凍る火口をへだて人へだて 石原八束 空の渚
阿蘇火口枯野逆立ちくる如し 橋本鶏二
阿蘇火口渡りて鳴くやほととぎす 野中英照
阿蘇谷の霜どけかさむ火口行 石原八束 空の渚
降りつもる雪に火口もただの穴 品川鈴子
雪天へ活火の火口口開けて 茨木和生 木の國
霧晴れて視界に余る阿蘇火口 小島左京
青林檎かじる火口に背を向けて 宮坂静生 青胡桃
頬うつて霧粒あらし火口の辺 富安風生
駒草や膝つき火口覗き見る 岡田日郎
鰯雲火口際にて物ひさぐ 北野民夫
鳥渡る宝永火口翳ふかめ 岡田貞峰
鳴りとよむ火口に霧の巻くしづけさ 山口草堂
鳴動はやまず火口の霧ふかし 井上波二
鷹啼くや火口の霧に日のはしら 千代田葛彦 旅人木
●火口丘
火口丘女人飛雪を髪に挿す 山口誓子
火口丘笹竜胆に峙てる 吉村ひさ志
炎天やしかとふまへし火口丘(北アルプス) 河野南畦 『花と流氷』以前
●火口原
はたはたの飛びたつのみの火口原 脇本星浪
佇めばわたしも芒火口原 水田昊子
神立ちの鴉をあげぬ火口原 吉田紫乃
雲わたる間も枯色の火口原(榛名湖行) 石川桂郎
●火口湖
天界に月と火口湖相照らす 吉野義子
手冷やして若さ還らず火口湖に 中島斌男
散る照葉火口湖深く瑠璃なせり 角川源義
火口湖が凍る真白き亀裂もち 品川鈴子
火口湖が白き氷盤となれるのみ 山口誓子
火口湖が白く氷盤となれるのみ 山口誓子
火口湖に浸く雪渓の青き端 太田英友
火口湖に雲斂めつつ銀河立つ 澤田 緑生
火口湖に霧過ぐるなり岩ひばり 丸山美奈子
火口湖のさざなみ固し秋の蝶 岡田貞峰
火口湖のアダムに泳ぎ着きしイヴ 鷹羽狩行 平遠
火口湖の俄に暮秋深めたり 岡 淑子
火口湖の断崖を舞ふ秋の蝶 仙田洋子 雲は王冠
火口湖の淵ゆく帰燕の軽さもち 藤沢紗智子
火口湖の湛ふ寂寞日の盛り 有働 亨
火口湖の神に石積む冷まじや 高井北杜
火口湖の紺深くして笹子かな 福島壺春
火口湖の経舟流す地蔵盆 角川源義
火口湖の色吹き替はる秋の風 高澤良一 随笑
火口湖の襤褸とよりて凍藻あり(箱根五句) 『定本石橋秀野句文集』
火口湖の高浪をきく余寒かな 飯田蛇笏 雪峡
火口湖は日のぽつねんとみづすまし 富澤赤黄男(1902-62)
火口湖は昨日の水位秋立てり 山崎美沙緒
火口湖は鎮まりをりて花芒 塩川雄三
火口湖へもの言わぬ蛇もの見えぬ鳥 対馬康子 吾亦紅
火口湖へ降りゆく昼の秋あかね 高澤良一 寒暑
火口湖やカムイ怒りの大稲妻 成瀬櫻桃子 風色
火口湖や鴨翔つときのねばこき水 平井さち子 鷹日和
火口湖を発ち霊峰へ鷹消ゆる 脇本澄子
神話よりさめて火口湖蜻蛉とぶ 藤崎久を
秋冷の火口湖黄泉のごと湛ふ 伊東宏晃
秋天の藍火口湖にこぼれたり 仙田洋子 雲は王冠
草もみぢ一図な道を火口湖ヘ 細見綾子 黄 炎
藪雨や火口湖見ゆる霧の底 谷迪子
霜柱踏み火口湖の深さ問ふ 横山房子
霧こめて火口湖の色のぼり来る 中戸川朝人 尋声
風雪を経し火口湖の碧き冷え 伊東宏晃
●火口壁
一握の秋草しかと火口壁 鳥海むねき
万緑の隠しきれざる火口壁 飯島正人
便追を仰げば火口壁近し 目黒十一
傘傾け冷夏孤りの火口壁 古舘曹人 能登の蛙
噴烟の捲き湧く火口壁凍る 石原八束 空の渚
噴煙のある火口壁霧氷濃し 平野竹圃
橇ゆきし奥処夕澄む火口壁 小林碧郎
火口壁に咳きて胸病み視界病む 石原八束 空の渚
火口壁の凍てにつまづきうづくまる 石原八束 空の渚
火口壁の死角うつろに没日冴ゆ 石原八束 空の渚
火口壁の身の影北風に舞ひ暗む 石原八束 空の渚
火口壁まなかひに失せて霧吹けり 水原秋櫻子
火口壁星合の空にしづかなり 水原秋桜子
火口壁枯れ果つ底に湖たたへ 深見けん二
火口壁牢獄なせり月涼し 福田蓼汀 山火
火口壁石落ちてゆく夜鷹啼く 中島斌男
火口壁雪崩をさそふ雲過ぎつ 澤田緑生
火口壁霧に沈めり洋燈ともす 中島斌男
秋燕や雲押しのぼる火口壁 岡田日郎
秋風や火口壁上登山馬 大岳水一路
阿蘇寒し赤よな染めの火口壁 石原八束 空の渚
騎初の馬上に火口壁めぐる 向野楠葉
●火砕流
火砕流新語造語が呑み込まれ 水野あきら
るいるいと枇杷熟れし地に火砕流 太田安定
火砕流外れし一戸に幟立つ 平尾みさお(ホトトギス)
●火山
いま噴く火山 猫と少女の長い対話 伊丹公子 メキシコ貝
からまつ芽吹き夕焼長き火山帯 八牧美喜子
きちきちや火山噴きたる後けむる 本村征也
きりぎりす火山の膚かくれなし 相馬遷子 山國
ひそと居り火山裾田の畦塗りは 猿橋統流子
りんどうのほとり真っ黒火山弾 高澤良一 ぱらりとせ
三輪山を妬しと畝火山霧隠 後藤綾子
亜浪忌の近し火山のしぐれぐせ 溝口青於
刀痕の如く雪無き火山かな 京極杞陽 くくたち下巻
初茜海底火山かも知れず 落合水尾
土筆摘み畝火山雄々しと仰ぎけり 後藤綾子
夏銀河火山裾より闇育つ 野澤節子 牡 丹
夕冷えて火山の桜花久し 西村公鳳
夜の端居火山も空も揺れずあり 村越化石
夜長し卓に土産の火山弾 太田土男
大霧の火山の裾に歯を埋むる 宮武寒々 朱卓
女主人に撓う犬随く 火山の宿 伊丹公子 機内楽
孔あけて火山鳴るなり冬の風 前田普羅
島大根引くや背に降る熱き火山炭 淵脇護
師の句碑の成るや火山に青嶺侍す 杉本寛
彌撒のあと遅日の火山くゆり立つ 堀口星眠
捕りがたき蛾のをり火山赤き冬 堀口星眠 営巣期
旧火山鈍なるものは暖かし 西東三鬼
春風に突と馬臭や火山麓 藤田湘子 てんてん
月涼し兵火山門に迫りしと 大峯あきら 鳥道
木の芽中那須火山脈北走す 松本たかし
木菟が呼ぶ城の鬼門に旧火山 福田蓼汀
末枯のそよぎ始めを狼火山 伊藤京子
松蝉や裸身の火山別に立つ 中村汀女
樹齢とはまことさやけし火山麓 宮坂静生 春の鹿
火の音の中の竈火山眠る 長谷川櫂 古志
火山から出てくる机ごときもの 小川双々子
火山の女神 歩いてきそうな 日暮の紗 伊丹公子 機内楽
火山の青空夏雲雀の声昇天す 原子公平
火山へかけ緑の地なりわらび籠 村越化石 山國抄
火山一つわれの性器も底鳴りて 金子兜太
火山噴く生まれなかつた馬の仔に 高木一恵
火山学の白鳳仏に及ぼした春さきを思ふ 加藤郁乎
火山寧らぐ鼓笛びんびん麓を衝ち 隈治人
火山寺の鉦守る秋の沙弥一人 吉武月二郎句集
火山帯六感動きはじめけり 滝口ろくや
火山弾ごろつく斜面ななかまど 高澤良一 随笑
火山弾上にぬくもる秋の蠅 高澤良一 随笑
火山弾散らばる隙にふきのたう 高澤良一 宿好
火山弾転がる陰に昼の虫 高澤良一 寒暑
火山性鳴動続く草泊 茨木和生 往馬
火山炭降りて稲架はひかりをうしなへり 西本一都
火山照り青鵐の古巣雪を出づ 堀口星眠
火山老いにけり無尽の露の玉 中村雅樹
火山鳴動して蛤となる雀 梅木蛇火
炎天に火山を置けりきりぎりす 相馬遷子 山国
煙れども長閑なる日の火山かな 青木薫風郎
狐舎のうら秋烈日の火山立つ 相馬遷子 山国
畦塗つて火山の裾を光らする 猿橋統流子
真向ひに神奈火山や青田風 吉岡 質
知恵で臭い狐や夏の火山島 西東三鬼
神の誤算火山の裾に毒茸 齋藤愼爾
秋天の岳のひとつに火山あり 大森三保子
秋空の昼は火山を低くしぬ 及川貞 榧の實
秋風や五つの池をもつ火山 福田蓼汀 山火
筬音も雁を待つ音火山麓 神尾久美子 桐の木
紙衣着てにんげん火山ぽぽと燃ゆ 小檜山繁子
草もみぢミニチュア火山の裾野にも 高澤良一 寒暑
落石は火山の散華時鳥 橋本鶏二
蓬長け火山の裾の霧まとふ 村越化石 山國抄
虚栗掌にころばせて火山地帯 猿橋統流子
蛸壺を商ひ火山おぼろなり 脇本星浪
観梅や地下三尺の火山弾 堀江君子
踊り子の夜を トッケ鳴く 火山澄む 伊丹公子 ガルーダ
輪をとかず落ちて椿は火山の紋 八牧美喜子
避暑の宿火山に対す小窓かな 守屋青楓
郭公の木霊の中の火山かな 杉本寛
雪嶺を連ねて阿蘇の火山系 山口誓子 青銅
雪渓の風抗ふは火山聳つ 宮津昭彦「積雲」
雲未明火山の蒼し芽木の中 川村紫陽
霧しぐれシユナイダー碑は火山岩 西本一都 景色
青ぶだう火山の曇り庇まで 下田稔
風ぐせに傾ぐ野菊よ火山晴 大熊輝一 土の香
風花は火山のあいさつ仔牛跳ね 村上一葉子
鱒鮨や火山の死活ならべ見る 菅裸馬
鳥渡り裾野相会ふ火山群 福田蓼汀
鴉苛立つまで火山眠り深し 上田五千石 田園
鷹の影鷹を離れず火山麓 野見山朱鳥
麦秋の裾を引き合ふ二火山 毛塚静枝
●火山湖
火山湖にとほく小さき皐月富士 飯田蛇笏 春蘭
火山湖に雪やみ機影ゆくを見る 飯田蛇笏 椿花集
火山湖のたかねおろしに初つばめ 飯田蛇笏 春蘭
火山湖のみどりにあそぶ初つばめ 飯田蛇笏 春蘭
火山湖の彩変る午後ほととぎす 前山松花
火山湖の高浪をきく余寒かな 飯田蛇笏
雉子なけり火山湖の春いぬる雨 飯田蛇笏 春蘭
●火山礫
赤蟻這うひとつの火山礫拾う 金子兜太
●活火山
むらさきに統べし紅葉の活火山 伊藤敬子
初音して雲のとざせる活火山 大岳水一路
夕焼けて谺戻らぬ活火山 駿河白灯
子燕に蒼穹遥か活火山 古舘曹人 能登の蛙
活火山より起ち上がる秋の虹 小池万里子
活火山修学旅行泊り発つ 楠節子
活火山炎天にあり石を投ぐ 秋篠光広
馬刺は冷たき食いもの漆黒の活火山 野田信章
鳥わたる国に死火山活火山 灘 八朗
●カルデラ
カルデラの壁囀りのみじかくて 澁谷道
カルデラの常世寂たる枯野かな 東 柊村
カルデラの村のま昼のジギタリス 岡井省二
カルデラの田水も沸いてをりにけり 吉田槻水
カルデラはひかりの器福寿草 正木ゆう子
カルデラを一目たりとも霧の中 高澤良一 鳩信
雹うつてゆらゆら消ゆるカルデラ湖 石原八束 空の渚
●休火山
芒の中にこほろぎ跳ねて休火山 西村公鳳
天高く死火山に似て休火山 池田澄子 たましいの話
●死火山
アリゾナの死火山を染め冬入日 山田弘子 こぶし坂
シュルル紀の死火山自画像新聞紙 渡辺誠一郎
厩出しの嘶き死火山帯応ふ 加倉井秋を
地つづきに死火山のあり霜夜寝る 宮津昭彦
夏潮に死火山の枯れかがやけり 石原舟月
天高く死火山に似て休火山 池田澄子 たましいの話
死火山に煙なく不思議なき入浴 金子兜太 暗緑地誌
死火山に積む億年の雪真白 片山由美子 風待月
死火山に菫を摘みて磁気を浴ぶ 田川飛旅子
死火山に食ひ込みし空猟銃音 鍵和田[ゆう]子 未来図
死火山のなほ制服のそよぐなり 攝津幸彦
死火山のふところ深く野火放つ 市川栄次
死火山の中に湖あり秋の水 加藤類子
死火山の夜をさむきまで二月空 飯田蛇笏 春蘭
死火山の膚つめたくて草苺 飯田蛇笏
死火山の隣りの山の春の風 城岩 喜
死火山の領域にあり滝が落つ 滝浪武
死火山の鷹老眼をさびしくす 加藤かけい
死火山へ落つ日輪のひややかに 横田俳舎
死火山麓泉の声の子守唄 西東三鬼
絶海の死火山の裾牛冷す 野見山朱鳥「荊冠」
綺羅星を噴く死火山や秋隣 岡田貞峰
雲の峰死火山の膚崩れたり 山口草堂「帰去来」
餅食う母雪降る死火山の裏側に 佐藤野火男
鳥わたる国に死火山活火山 灘 八朗
●土石流
土石流埋めたる谷や花うつぎ 安原葉
土石流家を根こそぎ梅雨末期 高澤良一 素抱
●内輪山
●火の山
うるし紅葉会津うるしは火の山より 松崎鉄之介
さそり棲む火の山の島キャンプ張る 安井政郎
だれかがじつとみている火の山のけむり 南沢延江
めはじきの道火の山のすさむ夜目 宮崎二健
一樹なき火の山樹海は蝉時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
万緑の中や火の山素肌立ち 首藤基澄
万緑や火の山鳴りが押しわたる 中條明
厄日なり火の山隠す草の丈 鍵和田[ゆう]子 浮標
囀や火の山北に雪を負ふ 瀧 春一
四神相応の火の山と隔つ海うらゝ 廣江八重櫻
大文字の消え細る火の山に帰す 亀井糸游
寒雲を火の山に据ゑ鳶の舞 佐川広治
帰省子を迎ふ火の山鎮もりて 板坂良子
弱震は火の山便り種を蒔く 百合山羽公 寒雁
日向ぼこせり火の山に大島に 村松紅花
春の雲火の山にあり空になし 瀧春一
柳鮠火の山の神痩せし手か 友岡子郷 風日
桑の芽に火の山颪荒るる日ぞ 上村占魚 球磨
梅雨ふかし火の山へゆく直路あり 小川ひろし
波郷病む火の山浅間眠る間も 殿村莵絲子 牡 丹
海底の火の山ねむる海鼠かな 龍岡晋
火の山が抱く貯水池の水澄めり 福原紫朗
火の山にいどみ駆けづる日雷 上村占魚 『自門』
火の山にかぶさる雲や鳥兜 高橋悦男
火の山にして霜柱浄土あり 大橋敦子 手 鞠
火の山にたましひ冷ゆるまで遊ぶ 野見山朱鳥
火の山にひれ伏す祈り雪催 板垣鋭太郎
火の山に何かとらへむとして寒し 鈴木真砂女 夕螢
火の山に侍して雪渓汚れざる 毛塚静枝
火の山に侍るとみたり大枯野 鈴木真砂女 夕螢
火の山に元のしづけさ年の薪 友岡子郷 翌
火の山に向いて一軒雛の宿 亀井糸游
火の山に向けて放水出初式 長田八重
火の山に日の当り来し霧氷かな 溝口紫浪
火の山に生まれしものの飛ばぬ日なし 山崎十死生
火の山に真向ひて播く花の種 有馬朗人
火の山に雪ポンペイが現われし 対馬康子 吾亦紅
火の山に雲湧き秋の麒麟草 石原栄子
火の山のいづれ劣らぬをとこへし 吉川清江
火の山のここに人家や黍畑 偉邦
火の山のこよひはねむる遠花火 大島民郎
火の山のてつぺん晴れてななかまど 松村多美
火の山のなほ帰らざるつばくらめ 鷹羽狩行
火の山のにほひが春のふもとまで 田口彌生
火の山のふところに住み豆の飯 飯塚佳子
火の山のふところひろく冬菜畑 西村数
火の山のふところ占めて座襷草 阿波野青畝
火の山のふもとばかりのいと粧ふ 皆吉爽雨 泉声
火の山のわけてしづけき月夜かな 上村占魚 球磨
火の山のマグマのごとく錦せり 阿波野青畝
火の山の一氷壁の美しき 児玉菊比呂
火の山の上に消えをり冬銀河 上村占魚 『橡の木』
火の山の中途に滝のかゝりけり 今井杏太郎
火の山の今はさびしき蕨つむ 加賀美子麓
火の山の今日の機嫌や馬冷す 小路紫峡
火の山の今日はむらさき麦の秋 東 弘子
火の山の冬帝の威にしづもれる 深見けん二
火の山の冷雨つぶらにえびかづら 石原舟月 山鵲
火の山の匂ひを残す夏帽子 小泉八重子
火の山の北に眠るは隠居倉山 福田蓼汀 秋風挽歌
火の山の口雄々しかり雪の果 津森延世
火の山の吹雪のさきの尖りけり 庄司滴露
火の山の地獄に来舞へり赤蜻蛉 岡田日郎
火の山の地貌老いつつ馬酔木咲く 岡田日郎
火の山の夜は雲と居りほととぎす 渡会 昌広
火の山の夜明けて白し磯つつじ 石原八束 空の渚
火の山の夜目にうすうす籾殻焼 太田土男
火の山の大きな闇を背に炬燵 中澤文次郎
火の山の大秋晴に斎かるゝ 児玉 菊比呂
火の山の太き煙に春の星 高野素十
火の山の峙つ磯や鹿尾菜干す 大網信行
火の山の島のうすずみ春隣 神野重子
火の山の川すぐ濁り葛の雨 福田蓼汀 秋風挽歌
火の山の怒りをよそに地虫出づ 坂村とき
火の山の懐ふかき初湯かな 飴山實
火の山の懐ふかく夏炉焚く 大島翠木「霾」
火の山の断層蝶は羽より老ゆ 対馬康子 吾亦紅
火の山の方に新ら星初日前 平井さち子 鷹日和
火の山の日を奪ひあふ山椒の実 雨宮抱星
火の山の晴れてうつつや鶴渡る 高井北杜
火の山の暮れ映ゆる菜花一望に 乙字俳句集 大須賀乙字
火の山の月夜夜細りあともなし 上村占魚 球磨
火の山の枯れても白き薄雪草 毛塚静枝
火の山の桔梗師とゐて露けしや 角川源義 『秋燕』
火の山の梅雨を占ふ雲もなし 藤崎久を
火の山の気息みちくる更衣 白澤良子
火の山の湖に泳ぎて波たてず 緒方敬
火の山の火の旺んなる厄日かな 角川春樹
火の山の火の燃ゆる夜の俊寛忌 有馬朗人 天為
火の山の火を見ざる日の麦こがし 星野紗一
火の山の火を運ぶ鳥 湖を越ゆ 鷲巣繁男
火の山の熔岩のそびゆる火焔木 桂樟蹊子
火の山の熱気払へり葛嵐 下村ひろし 西陲集
火の山の片かげりして夕紅葉 瀧春一 菜園
火の山の眉張り復活祭近し 吉田鴻司
火の山の真近き軒に菖蒲葺く 山本洋子
火の山の硫気に秋の立ちにけり 伊藤京子
火の山の神の若井をくみにけり 大山雅由
火の山の空洞寒い風を溜め 三谷昭 獣身
火の山の立ちふさがれる花野かな 岡安迷子
火の山の老いし鼓動に浮巣光る 佐怒賀正美
火の山の荒るゝ裾曲に若菜摘む 古島壷菫女
火の山の荒業熄みし落椿 平井さち子 鷹日和
火の山の蓬の匂ふ雑煮椀 斎藤道子
火の山の裏白蓼のみな黄葉 岡田日郎
火の山の裾にまたたき夜涼の灯 今村淑子
火の山の裾に夏帽振る別れ 高浜虚子「虚子全集」
火の山の裾に幾古暦捨て 村松紅花
火の山の裾に疎らや冬木立 迷子
火の山の裾の障子の初明り 宮坂静生 青胡桃
火の山の裾より青しラベンダー 木村敏男(にれ)
火の山の裾万緑に道はあり 上村占魚 球磨
火の山の裾曲軌道に瀧しぶく 佐野まもる
火の山の裾野の村の別れ霜 久留島広子
火の山の谿深ければ蜻蛉群れ 宮坂静生 青胡桃
火の山の闇深かりし狩の宿 蓮尾美代子
火の山の阿蘇のあら野に火かけたる 橋本多佳子(1899-1963)
火の山の雲に乗りたき弥生かな 佐川広治
火の山の雲より出でて夏雲雀 橋本裕
火の山の雲厚けれど秋旱 大島民郎
火の山の霧に噎びて岩桔梗 伊東宏晃
火の山の霧に月明みだれそむ 倉橋羊村
火の山の霧ふりかぶり登りゆく 上村占魚 球磨
火の山の霧や音たて皿ふれあふ 鍵和田[ゆう]子 浮標
火の山の露けき旦男の子生る 白澤良子
火の山の露の夜明の星一顆 岡田日郎
火の山の露の韻きに目覚めをり 小松崎爽青
火の山の静かなる日の田植かな 青木重行
火の山の風の荒さよ干大根 風間啓二
火の山の高曇りゐし冬菜かな 鴻司
火の山の鳴りゐるや冬しづかにて 鷲谷七菜子 花寂び 以後
火の山の麓に二つ秋の湖 鶴飼 風子
火の山の麓の湖に舟遊 高濱虚子
火の山の麓の茶屋の蕨餅 田中冬二 俳句拾遺
火の山の齢木苺木の皿に 中島斌雄
火の山はうす霞せり花大根 篠原鳳作
火の山は雲の上なる牧開き 今村東水
火の山へかかりて迅し野分雲 松本照子
火の山へつながる闇の門火かな 小菅白藤
火の山へゆく花葛の径の幅 大峯あきら 鳥道
火の山へカンナの赤き道つゞく 穴井 梨影女
火の山へ一斉に向く柳絮かな 阿部慧月
火の山へ伸びる単線花すすき 高井北杜
火の山へ勢ひ余り厩出し 吉川智子
火の山へ手毬の消えてゆきさうな あざ蓉子
火の山へ旅す泉に手を浸けて 津田清子 礼 拝
火の山へ芒枯れゆき妻恋し 杉山岳陽 晩婚
火の山へ花野をつづる火山灰の径 大島民郎
火の山へ荒星帰る猫の恋 橋本榮治 麦生
火の山へ荒磯へ枯野道二つ 村松紅花
火の山へ躍り上つて鳴子鳴る 村松紅花
火の山も妙義も指呼の梅林(上州秋間) 上村占魚 『天上の宴』
火の山も海も隣人朱欒咲く 脇本星浪
火の山や噴煙あげしまま眠り 水原 春郎
火の山や妻指す方に野火走る 冨田みのる
火の山や毒をあらわに毒菌 中島斌雄
火の山や真白にかづく昨日の雲 南風 水原秋櫻子
火の山をそれて乱るる渡り鳥 山岸 治子
火の山をたつぷり濡らす菜種梅雨 川崎展宏
火の山をつりかくしたる簾かな 銀漢 吉岡禅寺洞
火の山を出て朝寒の川鳴れり 猿橋統流子
火の山を動かぬ雲や冬菜引 村上光子
火の山を吹きおろす風五月鯉 片山由美子 水精
火の山を掴みて立つや雲の峰 白井 新一
火の山を攻めてをりたる威銃 佐藤艸魚
火の山を景の要に梅探る 若松陵月
火の山を沈めて大き春の闇 岸原清行
火の山を火の色で描き青嵐 渡辺立男
火の山を煙が降りる松葉牡丹 川崎展宏
火の山を背負い無口な青胡桃 塚田愁星
火の山を負へれば詩碑に秋の声 皆吉爽雨 泉声
火の山を鋭鎌で指して草刈女 長田等
火の山を駆け登らむと蔦紅葉 北 光星
火の山ヘレタス畑の大斜め 松田ひろむ
炎天の火の山こゆる道あはれ 水原秋櫻子「新樹」
爽籟や火の山にして牧展く 北野民夫
狐火の山隠ること惜しみゐる 上田五千石
玻璃戸みな火の山据ゑて秋澄めり 野上水穂
白露に火の山の襞荒びつゝ 杉山岳陽 晩婚
竜胆や火の山を指す道しるべ 監物幸女
筒鳥に火の山の肌新しき 下山芳子
美しき火の山のもと暑に耐へて 大岳水一路
菜の花や火の山沖に昏れのこる 松浦喜代子
萩さやぐ火の山の裾の鶴溜 小林康治 玄霜
萬緑や火の山の火の匂ふ道(上州草津白根山行) 上村占魚 『自門』
虎杖は火の山の花夜も白し 米谷静二
蜩や火の山は火を不意に噴く 津田清子 二人称
豆柿や火の山を見て馬育つ 福地真紀
送火の山へのぼるや家の数 内藤丈草
鉄鎖攀づひとり葉月の火の山に 辰巳 宏
鎮まりし火の山負ひて麦を踏む 白澤良子
鎮もりてゐても火の山鳥渡る 原田清正
雪渓や北海道の火の山の 京極杞陽「但馬住」
霧とざす火の山の奥出湯ありと 上村占魚 球磨
青冬日めがけ火の山駈く砂塵 羽部洞然
馬肥ゆる火の山すそをかけめぐり 廣中白骨
鶯や裾回(すそわ)を赤く火の山は 秋元不死男
●噴煙
あかつきの噴煙錦大根蒔く 加藤知世子 花寂び
きくきくと噴煙曲り石蓴干す 中戸川朝人 星辰
きんぽうげ噴煙天の柱なす 友岡子郷 風日
ひとすぢの噴煙崇し初浅間 山本三枝
また空を噴煙とほる枇杷の花 大岳水一路
まつすぐに噴煙のぼる良夜かな 比叡 野村泊月
ももいろの噴煙を入れ鰯雲 和知喜八 同齢
もろこしの葉擦れ噴煙くずれ来る 道部臥牛
やわらかき守宮の腹部夜の噴煙 穴井太 原郷樹林
わが噴煙描き晩夏の髭伸ばす 中島斌雄
一噴煙冬空涜しひろごりぬ 草間時彦 櫻山
一噴煙蔓の瞼のつねは閉じ 中島斌雄
仏手柑の空や噴煙夕づける 芹田桂
似て非なるもの噴煙とよなぐもり 田中裕明
傾がり芽ぶく胡桃噴煙緑帯ぶ 宮坂静生 青胡桃
冬天や噴煙のほかに雲二三 水原秋櫻子
冬晴や阿蘇の噴煙祖母を越え 野見山朱鳥
冬麗の噴煙牡丹咲くごとし さざれ石
冴ゆる夜の噴煙月に追ひすがる 静二
凍雲に有珠山の噴煙とどきけり 松原智津子
初晴や噴煙たちて空に折れ 新井悠二
初浅間噴煙ひがし東へと 小山梧雨
初浅間噴煙淡く襞深し 吉澤一葎
噴煙が嶺逆落す雪解風 相馬遷子 山国
噴煙が雲押し上ぐる大夕焼 中村明子
噴煙とたゆたふ霧や一切経山 兼谷木実子
噴煙とわかち得ずかの梅雨雲と 杉山岳陽 晩婚
噴煙と雲と一つに椿かな 岸本尚毅 舜
噴煙と高さを競ひ夏ひばり 足立幸信(狩)
噴煙にいざよふ如き日のあはれ 篠原鳳作 海の旅
噴煙にこもらふ秋の日のひかり 瀧春一 菜園
噴煙にのりて旅立つ神ならん 大久保橙青
噴煙にまぎれ去りたる燕かな 吉武月二郎句集
噴煙に圧され手をつく鬼つつじ 長谷川かな女 牡 丹
噴煙に己れかくれて夏の山 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
噴煙に日の沈みゆく達磨市 土屋秀穂
噴煙に昃る海より秋*かます 大岳水一路
噴煙に秋天の風すさぶらし 瀧春一 菜園
噴煙のあたりを去らず初がらす 米谷静二
噴煙のある日は高く鳥渡る 図師星風
噴煙のある火口壁霧氷濃し 平野竹圃
噴煙のいざよふ如き日のあはれ 篠原鳳作
噴煙のかくす夕日や馬冷す 小路紫峡「四時随順」
噴煙のけふ高からず鳥曇り 吉井敬天子
噴煙のこよひはしるき星祭 水原秋桜子
噴煙のこよひをしるき星祭 水原秋櫻子
噴煙のさやけさ胸に抱き帰れ 羽部洞然
噴煙のたふれ雪渓よごれたり 大島民郎
噴煙のなぐれを浴びつ湯華掻 瀧春一 菜園
噴煙の丈を制して雲の峰 片山由美子 水精
噴煙の下りくる道のみちをしへ 石橋辰之助 山暦
噴煙の下密猟の銃鳴らす 堀口星眠 火山灰の道
噴煙の中へ次々道忘れる 宮崎長山
噴煙の仁王立ちして山笑う 仲丸くら
噴煙の伏して崩れず冬深し 米谷静二
噴煙の低くながるる黍を刈る 稲島帚木
噴煙の倒れて月の現れし 大久保橙青
噴煙の傾けば来し時雨かな 大久保橙青
噴煙の南へ傾ぎ冬めける 河合甲南
噴煙の吐く穴動く大暑かな 加藤憲礦
噴煙の吹きもたふれず鷹澄める 篠原鳳作 海の旅
噴煙の吾妻かなしも梅雨入前 杉山岳陽 晩婚
噴煙の壺あり雪の大涌谷 塩川雄三
噴煙の夜はあかければ鳴く千鳥 篠原鳳作 海の旅
噴煙の夜は銀漢へのぼるらん 猿橋統流子
噴煙の寡黙なる夏はじまれり 米谷静二
噴煙の山に秋日の落ちゆけり 澤谷芳紀
噴煙の延び来る山湖鳥渡る 阿部 幽水
噴煙の影雪原を蒼くせり 前山松花
噴煙の或る時瑠璃に大つつじ 長谷川かな女 牡 丹
噴煙の柱朝より旧端午 大岳水一路
噴煙の根へ翅張つて一揚羽 中島斌男
噴煙の湧けば燃えたつ海紅豆 福田甲子雄
噴煙の燦たり樹々はいま黄ばむ 石田波郷
噴煙の珠をつくれる小春かな 西本一都 景色
噴煙の真直ぐに立てる厩出し 岡安仁義
噴煙の眠れる阿蘇と思はれず 井尾望東
噴煙の空迫り来つなゝかまど 水原秋櫻子
噴煙の立ちはだかれる良夜かな 森重 昭
噴煙の見え草千里雪降れり 大熊輝一 土の香
噴煙の見ゆる北窓開きけり 平城薩を
噴煙の見ゆる遊船漕ぎすゝむ 高濱年尾 年尾句集
噴煙の雌阿寒にして残る雪 高濱年尾 年尾句集
噴煙の雲となりゆく秋の天 加藤みさ子
噴煙の高き日大根引きにけり 伊藤通明
噴煙はなびき追羽子なだれがち 皆吉爽雨
噴煙はますぐに太し稲雀 遷子
噴煙はゆるく秋雲すみやかに 橋本鶏二
噴煙は夜空にたかし雁わたる 福永耕二
噴煙は天の濁流袋掛 友岡子郷 風日
噴煙は小春の空にすぐ消ゆる 高濱年尾
噴煙は枯野に獅子の影なせる 水原秋桜子
噴煙は白銀なせり芽ぶく楡 堀口星眠 火山灰の道
噴煙は遠し萩咲き野菊咲き 藤後左右
噴煙は阿蘇のかんむり緋連雀 藤原和子
噴煙は雲に届けり濃竜胆 井田満津子
噴煙は雲の中なる桔梗かな 中島斌雄
噴煙は静か残雪日々うすく 高濱年尾 年尾句集
噴煙は鬱屈の白林檎もぐ 中島斌雄
噴煙へ馬ひきむけつ登山かな 皆吉爽雨
噴煙また丈低く澄む野の桔梗 河野多希女 こころの鷹
噴煙もしるべの一つ花野径 三村純也
噴煙も下ろして来たる吹雪かな 茨木和生 往馬
噴煙も珠冬麗の中天に 中村汀女
噴煙も遠のく空や初太鼓 中田たみ
噴煙や しはがれ羊歯を腰に巻き 三橋鷹女
噴煙や信濃の葱はお子坊主 及川貞 榧の實
噴煙や地に熟れ朱欒青朱欒 山田みづえ 草譜以後
噴煙や寒雷すぎし月明り 中村 四峰
噴煙や日長けてうろこ雲散り初む 及川貞 夕焼
噴煙や林間学校の朝支度 水谷郁夫
噴煙や歩して夜霧にぬるゝまゝ 及川貞 榧の實
噴煙や花野に坐して花摘まず 貞
噴煙や鉄の匂ひの水芭蕉 中村苑子「吟遊」
噴煙や風の日覆の音重し 大岳水一路
噴煙をあげて火の鳥時雨れけり 岩切貞子
噴煙をうしろに冬田打ちにけり 坂本孝子
噴煙をおのれまとひて雪の嶺 相馬遷子 山河
噴煙をかなしく白き息の上に 杉山岳陽 晩婚
噴煙を包みて太る雲の峯 羽部洞然
噴煙を捲く秋風となりにけり 山田貞子
噴煙を染めつつ釣瓶落しかな 三村純也
噴煙を知らねば海豚群れ遊ぶ 篠原鳳作 海の旅
噴煙を秋風の薙ぎ倒すとき 大橋敦子
噴煙を追ふつぎつぎの冬の雲 高野素十
噴煙を雪より白くなびかせつ 相馬遷子 山河
噴煙を風見代りに鷹渡る 鷹羽狩行
夏祭噴煙街に倒れくる 米谷静二
夏雲に焼岳の噴煙それかとも 鈴鹿野風呂 浜木綿
夕べ濃き阿蘇の噴煙牛冷やす 大捕八重子
夜の雲に噴煙うつる新樹かな 秋櫻子
大*べしに似し噴煙よ日雷 小林康治
大島の噴煙東風にかきくもり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
大空に阿蘇の噴煙葱畑 深見けん二 日月
妻とほし噴煙ゆたかにて寒し 杉山岳陽 晩婚
寒夕焼那須の噴煙穂みじかに 西本一都 景色
小豆挽く噴煙太き十勝岳 富田 要
山鳴と噴煙とある神の留守 西村数
左右忌の噴煙ぬすむ台風余波 福元啓刀
恵方嶺噴煙もまた雪白に 上田五千石
星よりも噴煙重し去年今年 阿波野青畝
春の宵噴煙の香を横ぎれり 前田普羅 春寒浅間山
春の山また噴煙をなほざりに 大岳水一路
春の雪下りて噴煙北を指す 前田普羅 春寒浅間山
春山の噴煙天の鉾となる 阿波野青畝
春星を静かにつゝむ噴煙か 前田普羅 春寒浅間山
月かくれ噴煙まぎれなくあかし 及川貞 榧の實
朝寒の噴煙折るる飛騨の方 水谷晴光
氷柱痩せ噴煙せつにしろき昼 堀口星眠 火山灰の道
海苔育つ雲仙噴煙真向かひに 石田慶子
溜息の如白息の如噴煙 殿村莵絲子 牡 丹
火の山や噴煙あげしまま眠り 水原 春郎
灼けし岩噴煙けぶり行きがたし 秋櫻子
焼岳の噴煙三すぢ冬に入る 須賀允子
爺々岳の噴煙ま直ぐ昆布干す 石渡穂子「石渡穂子句集」
百舌鳥の朝噴煙天にとゞこほる 堀口星眠 火山灰の道
目貼して噴煙は横一文字 岸本尚毅 舜
短日や斧のごとくに噴煙は 進藤一考
秋の雲焼ケ岳噴煙にすはれゆく 鈴鹿野風呂 浜木綿
秋立つ日噴煙はわが旅の息 鈴木鷹夫 渚通り
秋雨や浅間噴煙雲の中 高濱虚子
芋煮会阿蘇の噴煙夜も見ゆる 鈴木厚子
花たばこ噴煙厚き峡の空 白澤良子
葬り火と見たり寒夜の噴煙を 堀口星眠 営巣期
行く秋の噴煙そらにほしいまゝ 篠原鳳作 海の旅
豆蒔くや噴煙小さく駒ケ嶽 岡村浩村
車窓屋根、噴煙、梅雨の落チ日を、誰れ吾も笑顔 風間直得
逞しき噴煙のもと種を蒔く 相馬遷子 山河
遅れ稲刈るや噴煙奔騰す 相馬遷子 雪嶺
阿蘇五岳噴煙吐きて秋日和 有光和子
阿蘇山の赤き噴煙初蜻蛉 藤波孝堂
雲の峯噴煙小さくなりにけり 大串章
雲の白き噴煙と分つ初夏の空 乙字俳句集 大須賀乙字
雲海や阿蘇の噴煙高からず 松本圭二
霧と噴煙若者の視野狭む 津田清子 礼 拝
青萱に噴煙みだれかがやける 瀧春一 菜園
頂に噴煙載せて山笑う 宮成鎧南
鰹船噴煙の島掠めゆく 岸本規生
鳥雲に浅間噴煙密なるとき 猿橋統流子
鳴神の去る噴煙に三日の月 飯田蛇笏 雪峡
鷹の空にも噴煙の届きさう 稲畑汀子
●噴火
くらやみの噴火の天に栃の花 滝 春一
わかるるや月の噴火の黝き跡 田邊香代子
九重山噴火激しき牧閉す 小瀬千恵子
噴火せしあとのさびしさ山開き 加倉井秋を
噴火まのあたりに神の旅立たる 長野深郷
噴火後の紫陽花に降る雨ふとし 脇本星浪
噴火湾かすむ大潮おとをたえ 飯田蛇笏 雪峡
噴火湾の霧へ振りたる放馬の尾 田川飛旅子 花文字
噴火灰拭う雑巾冬の晴 長谷川かな女 花 季
噴火烟町に降るなる冬日かな 冬葉第一句集 吉田冬葉
噴火部落の学級叫ぶアイウエオ 三橋敏雄 まぼろしの鱶
夜のダ・カポダ・カポのダ・カポ噴火のダ・カポ 高柳重信
大根干す繩たるみたり噴火雲 殿村莵絲子 牡 丹
山眠る噴火の怖ささらしつつ 安原葉
山眠る噴火名残の蒸気上げ 上柿照代
桜島大秋晴の一と噴火 宮田蕪春
泳ぎ子や潮にごりたる噴火湾 大橋櫻坡子 雨月
茄子漬や雲ゆたかにて噴火湾 楸邨
迅風無尽の凍て崖を墜つ噴火煙 石原八束 空の渚
通草咲きかなしき噴火ものがたり 勝又一透
長き夜や針を狂はす噴火音 宝亀 重子
鴨帰る噴火に人は疲れゐむ 金箱戈止夫
●噴火口
うら富士の頂きにある噴火口 萩原麦草 麦嵐
噴火口のぞく片頬冬日が染む 鈴木真砂女 夕螢
噴火口投じられたる夏花かな 舘野翔鶴
噴火口見る秋風に髪乱し 綿谷吉男
噴火口覗ける人に秋の蝶 毛利提河
噴火口近くて霧が霧雨が 藤後左右
夏山の大噴火口隠すなし 高野素十「雪片」
惜春や耳の形の噴火口 京極杞陽
文旦を割るみんなみに噴火口 奥坂まや
秋風やごう~と鳴る噴火口 比叡 野村泊月
花野来し目に荒涼と噴火口 内藤悦子
褪色の極限にある噴火口 福井ちゑ子
頬被りしつかと覗く噴火口 高野素十
●火山灰
うす月に火山灰ちら~す花大根 高田蝶衣
こほろぎや農事暦に火山灰埃 福永耕二
はまゆうや火山灰に包まれ故郷は 林 壮俊
ほたるの火ふたゝびは見ず火山灰の道 及川貞
やどかりの恋や火山灰降る潮だまり 中井美佐子
七月のうぐひす近し火山灰の道 藤田湘子
今生の夏うぐいすや火山灰地 西東三鬼
初午の太き雨粒火山灰の粒 白澤良子
別れ霜浅間は火山灰を降らせ来て 及川貞 夕焼
南洲の墓に火山灰降る鳥曇 香西信子
向日葵の茎は棍棒火山灰大地 高澤良一 さざなみやつこ
咲耶馬の火山灰降る燈籠吊りにけり 加倉井秋を
夏花摘む火山灰うつすらと島の畑 竹川貢代
外套に降り来る火山灰は目に見えず 森田峠 避暑散歩
外套や火山灰に失ふ山の藍 大岳水一路
夜濯や軒のなかまで火山灰降りて 邊見京子
天水の火山灰濁りせる牛蛙 宮坂静生 春の鹿
子鴉の脚にまつはる火山灰 真山 尹
孕雀全身火山灰の天地かな 脇本星浪
屋根の上の火山灰掃く返り花 岡本 眸
山椒の芽摘む度に火山灰埃して 有里要子
島大根引くや背に降る熱き火山灰(よな) 淵脇護
干し了へて玉蜀黍の火山灰はらふ 大島民郎
廣葉なるむさしあぶみに火山灰のきて 八木林之介 青霞集
授かりし破魔矢の火山灰を払ひけり 梶原 宇良
文旦や島にとどまり火山灰田打つ 亀井糸游
新涼の地層断面火山灰軽石 高澤良一 素抱
春雪に煌めく火山灰や桜島 中村富子
月明に雪国のごと火山灰の島 板敷浩市
有明海の果てなき干潟火山灰ぐもり 宮川杵名男
桑の火山灰夜どほし洗ひ夏蚕飼ふ 西本一都 景色
梅鉢草掘る手を火山灰に汚しもし 水上美代子
法師蝉火山灰降りつづく父母の墓 江川信子
浜木綿に星夜の火山灰の降る音す 桂樟蹊子
海に降る火山灰をさびしむ大暑かな 大岳水一路「壁画」
海に降る火山灰を淋しとサングラス 町田しげき
海紅豆天のかぎりを火山灰降れり 白澤良子
湖施餓鬼火山灰に喰入る夫婦の座 殿村菟絲子 『路傍』
火の山へ花野をつづる火山灰の径 大島民郎
火の島の火山灰降る音に秋深し 高濱年尾
火山灰かぶりたる馬鈴薯掘りにけり 広中白骨
火山灰つむじ先だつ下山秋の風 皆吉爽雨 泉声
火山灰にごりせし流ある花野かな 西本一都
火山灰に寄る墓の二三や桜の実 橋本榮治 越在
火山灰に生ふしかとむらさき蕗のたう 皆吉爽雨 泉声
火山灰の村捨てぬたつきの年木積み 稲畑汀子
火山灰の畑いちごは冬を艶もみぢ 及川貞 榧の實
火山灰の畑打ちゆき樅の影を打つ 大島民郎
火山灰の降る街の夜空の花火かな 佐川広治
火山灰の風牛の日除けの茣蓙焔立つ 殿村莵絲子 遠い橋
火山灰はげし燕は低く~飛ぶ 小城古鐘
火山灰ぼこりしづめてお山洗止む 判治遼子
火山灰まじへ吹く風の中桐咲けり 下村ひろし 西陲集
火山灰やみておそろしき空鷹渡る 邊見京子
火山灰よごれせし雪を踏み火口まで 高濱年尾 年尾句集
火山灰を踏む大靴小靴みどりの日 白井爽風
火山灰全市に降つて冬ぬくし 森田峠 避暑散歩
火山灰凍てて火口の死角より騰る 石原八束 空の渚
火山灰原の静かな生活馬鈴薯を掘る 関 歳子
火山灰墓の茶碗に沈澱す 三橋敏雄 まぼろしの鱶
火山灰寒し赤子泣く茶屋地獄茶屋 石原八束 空の渚
火山灰少し降る日の農具市 大西八洲雄
火山灰山の馬糞なつかし烏頭 石田あき子 見舞籠
火山灰払ひ耕二の町に来て晩夏 能村研三
火山灰拓き林を拓き蝶と棲む 中杉隆世
火山灰散つてくるおほぞらの冬日かな 鷲谷七菜子 花寂び 以後
火山灰曇りしてゐる阿蘇やほととぎす 上村占魚 球磨
火山灰曇り湾へ傾く冬菜畑 延平いくと
火山灰汚れげんのしようこの花にさへ 西村数
火山灰汚れして草泊重ねけり 佐藤 淡竹
火山灰濡らす雨すぎてゆく半夏生 萩原麦草 麦嵐
火山灰熄みてより凌霄花の火の雫 中尾杏子
火山灰積みて夏草音もなかりけり 西村数
火山灰落して枇杷の袋掛く 峰山 清
火山灰袋門火に照らし出されたる 大岳水一路
火山灰赫き道より闘牛曳出しぬ 毛塚静枝
火山灰越えて飛ぶは炎の懸巣かな 中杉隆世
火山灰降つてをりしと思ふ夏霞 藤崎久を
火山灰降つて涼しき風の入れられず 中園七歩才
火山灰降らぬ日の鹿児島の秋高し 米盛蓮志
火山灰降りて傷みし鱒のしづかなる 田中冬二 行人
火山灰降りぬ万座の宿の月の夜を 田中冬二 俳句拾遺
火山灰降ると秋草に舟裏返す 野見山ひふみ
火山灰降るは子の住むあたり星祭 宝亀 重子
火山灰降れど寒紅梅のありどころ 阿波野青畝
火山灰除けの早目の枇杷の袋掛 中川きよし
火山灰高地の玉虫きりきり舞 西東三鬼
炎昼や道まつすぐに火山灰の中 古川俊六
熊送る阿寒の湖に火山灰の雨 土屋利彦
秋扇火山灰降る島で閉ぢにけり 佐川広治
稲埃とても大方火山灰埃 中園七歩才
筒鳥や分れて道は火山灰ふかく 皆吉爽雨
羽蟻湧く火山灰風紋をなす厚さ 大岳水一路
翔つ鳥の火山灰を飛ばせり枇杷の花 大岳麗子
船室に降りこむ火山灰や鳳作忌 布施伊夜子
芋の葉に火山灰の黒露紬織る 大岳水一路
花曇はた火山灰ぐもり桜島 野上 水穂
花棕梠やけふも火山灰降る芙美子の碑 桂樟蹊子
花蕎麦のほのと地明り火山灰の村 小島千架子
花過ぎの火山灰が曇らす大隅路 古賀多美
苦瓜を噛んで火山灰降る夜なりけり 草間時彦
菜の花や火山灰曇せる根子の嶮 大久保橙青
葉煙草の火山灰を払ひて束ねけり 岩切貞子
蒟蒻玉掘るに火山灰土抵抗す 萩原麦草 麦嵐
蒲団干す火山灰吐く山を窺ひて 富永 きぬ
虎杖のいとけなき葉の火山灰まみれ 加倉井秋を 午後の窓
虎杖の火山灰には強き花として 中村稲雲
蛇穴を出てより火山灰にまみれけり 中村安朗
蟻地獄いくたび火山灰の覆ひても 福永耕二
赤芽咬んで一鳥叫ぶ火山灰曇り 原石鼎
踏みゆくや落葉の下の火山灰応ふ 林翔 和紙
軻具突智の火山灰降る繭の白斎ひ 加倉井秋を
郁子さげてどの子の髪も火山灰汚れ 鶴川田郷
郭公や火山灰土に麦短し 相馬遷子 山国
鉄棒の下まで火山灰や入学す 稲荷島人
阿蘇の火山灰沃土としたる草若葉 大西敏江
阿蘇晩夏牛が歩めば火山灰埃 奈良文夫
阿蘇谷の火山灰土の畦高く塗る 上崎暮潮
降る火山灰に日矢衰へて阿蘇の冬 中村田人
降る火山灰に蜻蛉生れんとしてゐたり 西村数
降る火山灰に馴れねばならぬ人の秋 藤崎久を
陸稲の穂掌に受けて掌にのこる火山灰 大岳水一路
雨降らぬ夜は火山灰降りぬ懸煙草 塚原岬
雲仙の火山灰もまじへて黄砂降る 築城百々平
雲仙の火山灰晴仰ぎ*むつ掛くる 中村田人
雲仙の裾の火山灰畑菜種蒔く 戸田斗春
霜枯のもの火山灰原を明うす 湊ひで子
霧深し補植の苗木火山灰に埋め 橋本鶏二
靴埋めて火山灰の径ゆく冬雲雀 朝倉和江
鳥曇り火山灰の土より墓林 鳥居おさむ
麦秋の炎えて火山灰ふる小諸みち 石原舟月
黍刈りしあとは用ひず火山灰畑 橋本鶏二
黒穂抜く火山灰のいたみもさりながら 泊喜雨
●溶岩 らば 熔岩
あしもとの熔岩がくづるる雲の峰 片岡 青苑
いたどりを噛んで旅ゆく熔岩の上 野澤節子
かさぶたの如き熔岩秋の山 林 三枝子
ころがつてゐるは熔岩青芒 下村梅子
しぐるるや潮も黒ずむ熔岩岬 下村ひろし 西陲集
どの道も熔岩を八方天高し 赤松[けい]子 白毫
にぎやかに溶岩踏みしむる夏のはじめ 松村多美
ねぢばなに熔岩荒原の走り水 木津柳芽 白鷺抄
ほととぎす校庭の熔岩児の馬に 羽部洞然
アスファルト切れて熔岩道赤蜻蛉 行方克己 無言劇
一舟を熔岩の入江に島の秋 皆吉爽雨 泉声
万年の相もて熔岩の滴れり 毛塚静枝
乱鶯や熔岩の一点発光す 神宮司茶人
修行僧五月の溶岩に翻る 菅原鬨也
光る海光らぬ熔岩と冬凪げり 下村ひろし 西陲集
兜虫残暑の熔岩を目に一ぱい 殿村莵絲子 牡 丹
冬ぬくし熔岩を屏風として住まふ 高濱年尾 年尾句集
十一や樹海へ続く溶岩の道 小川斉東語
十一や西湖ここより熔岩の岸 皆吉爽雨 泉声
南国の熔岩に末枯れゆくものと 稲畑汀子
咲きそめて溶岩に影ひく女郎花 渡辺 立男
咲きのこるせんぶりありて熔岩の径 小原菁々子
哀しびや熔岩寒林に貂を撃ち 多田裕計
囀や鳥居が無くて熔岩を置き 森田峠 避暑散歩
地の神々 熔岩の広大な山に住む 氷海兼人
地を圧す熔岩流と枯芒 加藤瑠璃子
夏の月出て照らしけり熔岩と云はず 藤後左右
夏山と熔岩の色とはわかれけり 藤後左右「熊襲ソング」
夏帽を熔岩にころがし教師若し 宮坂静生 青胡桃
夏蝶の吹かれ来て飲む溶岩の水 富田うしほ
外套の釦あたらし熔岩に落ち 山口誓子
大島や熔岩に野菊の吹かれをり 山田春生
大瑠璃や海へせり出す溶岩の原 加藤青女
富士塚の熔岩に伸びして猫の夫 田中水桜
山桑の実をふくみつつ熔岩の道 大久保幸子
山荘を出れば熔岩径草紅葉 藤松遊子
山麓の溶岩隠り虎杖摘 高澤良一 さざなみやつこ
巫女の掌に蚕神(おしら)遊ぶや旱り熔岩 角川源義 『秋燕』
支笏湖になだるる熔岩や櫨紅葉 松原智津子
新涼の松ほつほつと熔岩の原 下村ひろし 西陲集
新涼の牛糞親し熔岩の牧 宮坂静生 青胡桃
明日葉の茂り溶岩地を埋める 戸口千恵子
春の熔岩のこし岩郎逝きにけり 萩原麦草 麦嵐
春一番田の真中に熔岩坐り 川村紫陽
朝凪ぎし熔岩の瀧津瀬蝶わたる 前田普羅
木闇冷え熔岩がつくりし洞守る 河野南畦 湖の森
末枯るゝものばかり溶岩原の景 高濱年尾
松虫草の群落にして熔岩の瘤 富安風生
枯の中熔岩色なせる山の池 大橋敦子 手 鞠
水あると思へぬ熔岩の沢あやめ 武藤和子
浅間こごし鬼の名熔岩にも躑躅にも 西本一都
溶岩割りて水迸る初日影 堤 信彦
溶岩原に向かふ山火の急先鋒 高澤良一 ぱらりとせ
溶岩原の風吹くほかは油照り 吉田紫乃
溶岩原昏れると綿虫の白さのみ 加倉井秋を 午後の窓
溶岩崩れ林檎の花は引緊る 古舘曹人 能登の蛙
溶岩海に伸びて火の島冬日和 高濱年尾
溶岩渓を出て雷雲に登りけり 長谷川零余子
溶岩裂けてたんぽぽの絮いまは降る 古舘曹人 能登の蛙
溶岩赭く夏蝶つかみどころなし 古舘曹人 能登の蛙
漁りの熔岩の一戸も花曇 神尾久美子 掌
火の山の熔岩のそびゆる火焔木 桂樟蹊子
火山道熔岩炎え色に鳥も居ず 河野南畦 湖の森
灼けし熔岩さまよふ原始人清子 津田清子 二人称
灼け熔岩にわれを窺ふ鴉の眼 伊東宏晃
炎天や行くもかへるも熔岩のみち 藤後左右
熔岩くづる人のもろさが水盗む 萩原麦草 麦嵐
熔岩づたひきて巻柏のみどりあり 木津柳芽 白鷺抄
熔岩とまがふ黒牛夏野原 小松 幸
熔岩にまだ火の色残る花菫 松崎鉄之介
熔岩に早這ひそめて葛の花 比叡 野村泊月
熔岩に椿の林途切れけり 長谷川かな女 雨 月
熔岩に生ふ一握の草冬に入る 鈴木真砂女 夕螢
熔岩に立ち湖上の秋を惜しみけり 勝俣泰享
熔岩に置く赤飯一斗山開 新井徳子
熔岩に虎杖芽吹く闖入者のごとく 宮坂静生 雹
熔岩に話しかけられ 熔岩の谷 片山花御史
熔岩のかひながいだき蜜柑山 河野静雲 閻魔
熔岩のみち急に落ち枇杷咲くところ 高濱年尾 年尾句集
熔岩のみち枯芝のみち海に墜つ 大橋宵火
熔岩のような土竜が陽の下に 守谷茂泰
熔岩の上の四阿初あらし 深川正一郎
熔岩の上を跣足の島男 高浜虚子「虚子全集」
熔岩の上を飛びたる石叩 比叡 野村泊月
熔岩の中提げてくる囮籠 神尾季羊
熔岩の修羅しづまらず天の川 阿波野青畝
熔岩の原を沙漠の秋の蝶 保田白帆子
熔岩の原薊を黒く咲かしめて 橋本多佳子
熔岩の底なほ燃ゆるなり渡り鳥 中島斌雄
熔岩の瀬に径逡巡とかげろへり 前田普羅 春寒浅間山
熔岩の相いまは穏やか下萌ゆる 富田潮児
熔岩の砂熱きを掬び掌をもるる 橋本多佳子「海燕」
熔岩の背のかげろうあそぶ禿頭 和知喜八 同齢
熔岩の色すみわたりたる左右句碑 穴井太 原郷樹林
熔岩の花とし咲ける臭木かな 倉田青
熔岩の蝉雲の中よりひびき来る 阿部みどり女
熔岩の裾海に入る晩夏かな 廣瀬直人「遍照」
熔岩をゆき冬雲厚き日なりけり 山口波津女 良人
熔岩を来し眼に花菜の黄蜜柑の黄 大岳水一路
熔岩を緑光はしり蝶を誘い 大井雅人 龍岡村
熔岩を置く小みちは濡るる藤袴 杉山岳陽
熔岩一基遊女の墓として涼し 宮坂静生 春の鹿
熔岩一片ほどの人生 百千鳥 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 磁針彷徨
熔岩流の止めの岬の冷まじや 毛塚静枝
熔岩流ハ一系ノ諦念ヲ体セヨ 夏石番矢 真空律
熔岩渓を出て雷雲に登りけり 零餘子句集第二 長谷川零餘子、長谷川かな編
熔岩灼くるしづけさ天に日は駐(とどま)り 草堂
熔岩磯の明暗つづる秋の蝶 下村ひろし 西陲集
熔岩積みの熔岩の間よりすいと百合 高澤良一 さざなみやつこ
熔岩群れて荒野に怒り充つる冬 宮津昭彦
熔岩色を重ねて古りて冬ざれて 高濱年尾 年尾句集
熔岩蔭に潮騒届き郁子熟るる 中原槐
熔岩薄暑巫女口説の告知板 椎橋清翠
熔岩赭く夏蝶つかみどころなし 古館曹人
熔岩踏みしあかぎれ疼く海の紺 殿村莵絲子 牡 丹
熔岩踏みてほてる夜霧の土不踏 石田あき子 見舞籠
熔岩道にささくれそめし登山杖 山崎新多浪
熔岩黒く雪はしづかに降りしづむ 山口波津女 良人
瑠璃鳴くや熔岩の湿りに掌をおけば 星野麦丘人
病者見よ熔岩が雪片ゆたかにす 萩原麦草 麦嵐
盆栽の熔岩険しうてふ蘭 関森勝夫
目くるめく熔岩のひかりに湯華掻 瀧春一 菜園
石楠花や鬼押出しの熔岩の上 増野谷たま枝
祈らむや熔岩の中より蝶生まれ 柿本多映
秋風の吹きあげくるや熔岩に立つ 大橋櫻坡子 雨月
累々と熔岩春潮のそこひまで 小川斉東語
羽子の児に熔岩の山垣おし迫り 皆吉爽雨
舟還る熔岩の入江や枇杷の花 野上 水穂
芙美子碑や熔岩より生ひて新松子 中村明子
茶臼岳熔岩に浅茅の色づけり 三好かほる
虎杖の花に熔岩の日濃かりけり 勝又一透
虚子忌今日溶岩原遠く吟行す 西村数
蝙蝠や月射しゐたる溶岩に磁気 一志貴美子
蟇目覚め溶岩流をのぼりだす 日原傳
誰がためとあらねど溶岩のケルン積む 藤木倶子「火を蔵す」
赤鵙や溶岩のほてりを癒やす雨 白岩 三郎
逝く春の病者と語る熔岩頭 萩原麦草 麦嵐
邯鄲の声に佇む熔岩の径 内山 茂
邯鄲の声沁むばかり月の熔岩 小林碧郎
間引菜の笊を頭に熔岩の道 稲荷島人
雪の畑熔岩が掘りかけられてあり 萩原麦草 麦嵐
雪蛍熔岩の樹形の闇に消ゆ 中戸川朝人
雲の上に溶岩のぞく懸煙草 熊丸淑子
霜枯れやはじめからある熔岩の隙 津田清子
髪切虫突きささるごと熔岩に消ゆ 能村登四郎
鳥帰る黒潮しぶく熔岩岬 阪井節子
鶯の下りて色濃し熔岩の盤 前田普羅 春寒浅間山
麻を蒔く畑深打に熔岩浮び 久保 武
●溶岩山
●火山弾
りんどうのほとり真っ黒火山弾 高澤良一 ぱらりとせ
夜長し卓に土産の火山弾 太田土男
火山弾ごろつく斜面ななかまど 高澤良一 随笑
火山弾上にぬくもる秋の蠅 高澤良一 随笑
火山弾散らばる隙にふきのたう 高澤良一 宿好
火山弾転がる陰に昼の虫 高澤良一 寒暑
観梅や地下三尺の火山弾 堀江君子

以上

by 575fudemakase | 2022-05-22 14:57 | ブログ


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング