人気ブログランキング | 話題のタグを見る

潮1 の俳句

潮1 の俳句
潮1 の俳句_b0223579_01380283.jpeg
●青潮
ソドム見え青潮に浮く縄梯子 八木三日女 石柱の賦
冬晴の青潮もよし石蕗もよし 中村三山
北海の青潮下に枇杷ちぎり 鈴鹿野風呂 浜木綿
昆布を採る身に青潮を溢れしめ 菊地滴翠
河豚放生すぐ青潮にまぎれけり 長谷川史郊
海鼠なり青潮の底揺すれるは 杉田智栄子
灌仏に青潮さはりなくながれ 友岡子郷 日の径
石蕗咲くや青潮こゝに寄せてたぎち 塚原 夜潮
竿上げてちぬの青潮船移す 石川桂郎 四温
縞なす青潮一老まじる鰹船(清水港にて) 飴山實 『おりいぶ』
聖母月青嶺青潮あひ響き 伊丹さち子
門前に瀬戸の青潮花御堂 昭彦
青汐に虚無の水母ら躯を透けて 内藤吐天 鳴海抄
青潮にうもれ秋晴れの島々 内藤吐天 鳴海抄
青潮に出て弓なりや雪解水 羽部洞然
青潮に炬火抛げ和布刈神事果つ 横山房子
青潮に石花菜(てんぐさ)の花は深けれど 山口誓子
青潮に霰溜め浮きラワン材 木村蕪城 寒泉
青潮のしづけさ水母舞ひ移る 堀口星眠 営巣期
青潮のもまれ躍れり鰤と見ゆ 里石
青潮の底まで見えて鱚を釣る 玉木嘉一
青潮の深淵のぞく舷掴み 田中水桜
青潮へ散る日をおもふ夕ざくら 大島民郎
青潮ようたたねの妻洗いざらす 伊藤淳子
青潮をうつむきながめ啄木は 瀧澤伊代次
高々と青潮寄せぬ人丸忌 大峯あきら 鳥道
●赤潮
まのあたり赤潮色を得つつあり 西村和子 かりそめならず
ゆるゆると赤潮は寄す老婆へと 川島一夫
赤潮に又一人来て拱ねきし 佐田かずえ
赤潮に口張つて鯔死にゐたり 茨木和生 野迫川
赤潮に犬のかたちの餓鬼立てり 谷野予志
赤潮のさきがけ瀬戸の渦目指す 増田河郎子
赤潮の帯の礁にかゝりそむ 湯浅桃邑
赤潮の帯突き切つて船すすむ 右城暮石「虻峠」
赤潮の帯難民船蛇行 岡崎道徳
赤潮の海描き蜑を継ぐさだめ 岡部六弥太
赤潮の海辺おそれず眠れ眠れ 金子兜太
赤潮の白波となる渚かな 江川一句
赤潮の迫れる真珠筏かな 山田不染
赤潮の運河をのぼる速さかな 大山春江
赤潮はよその沙汰なり握り寿司 阿波野青畝
赤潮やこめかみに脈覚えつつ 山尾玉藻
赤潮や旅鞄置く石磧 上野泰 春潮
赤潮や日闌けし靄のなほ流れ 木村蕪城
赤潮や浜遊びさへ子らはせず 森田峠(かつらぎ)
赤潮や海の怒れるいろならむ 吉年虹二
赤潮や阿波の引田(ひけた)の浜鴉 石原八束 風信帖
赤潮や離島に人の立つが見ゆ 高井北杜
赤潮を越してなほ漕ぐ鯊の舟 前田普羅 新訂普羅句集
風にとぶ大赤潮の波頭 澤草蝶
●上げ潮
いくらでも湧く上げ潮の流燈は 今瀬剛一
ふなべりや上げ汐よする水燈会 飯田蛇笏 山廬集
チゴガニの上げ潮招く踊かな 高澤良一 寒暑
一斉に鋏み振り上げ汐まねき 和才ふさ子
一途なる上げ潮の紺鳥雲に 峯岸壽雄
上げ汐の千住を越ゆる千鳥かな 正岡子規
上げ汐の千住迄来て朧月 古白遺稿 藤野古白
上げ汐の氷にのぼる夜明哉 氷 正岡子規
上げ汐や涼しき風をのせて来る 寺田寅彦
上げ汐をよろこぶ鯊も鯊釣も 右城暮石 上下
上げ潮となりて流灯沖へ出づ 浜田洋一
上げ潮におさるゝ雑魚廬の角 杉田久女
上げ潮にひとで乗りくる春祭 荒井千佐代
上げ潮に乗りし水母の一家族 鈴木鷹夫 風の祭
上げ潮に旧砲台の土筆たち 伊藤壽文
上げ潮に灯ともりそめぬ余花の宮 宮武寒々 朱卓
上げ潮に背高鴫の反りかへる 小林正史
上げ潮に臘梅光放ちけり 深見けん二 日月
上げ潮に落穂ただよふ舟屋口 中村翠湖
上げ潮のひかり押合ふ春岬 小牧さつき
上げ潮の匂ふ墨堤いぬふぐり 藤武由美子
上げ潮の見え来し蘆を刈りはげむ 黒沢北江
上げ潮の青波さわぐ鰤の市 桂樟蹊子
上げ潮の香や大阪の夏が来る 西村和子 かりそめならず
上げ潮や嫁泣かせ花いたづらに 小島千架子
上げ潮や月にひびきて氷解く 三宅一鳴
五月闇上げ潮匂ふ船溜り 前島勢津
八月の上げ潮に乗る芥かな 野田きみ代
冬靄に上げ汐ぬくき女橋 長谷川かな女 雨 月
大年の上げ潮となりさくら橋 深見けん二
大霜の上げ潮にのる野菜舟 石原舟月 山鵲
家蔭に蕗満つ緑の上げ潮どき 香西照雄 対話
岸釣に上げ潮早瀬なしにけり 水原秋櫻子
年の瀬の上げ潮となりさくら橋 深見けん二
牡蠣舟に上げ潮暗く流れけり 杉田久女
短日の上げ潮に乗り舟をやる 原田種茅 径
舟ばたを叩く上げ汐春近し 田山諷子
色鳥や上げ汐に淀む橋の影 内田百間
鉾流す川に上げ潮祭来る 友谷佐技子
風光る上げ潮に翔つ鴎かな 森山 武
●荒潮
夜はことに荒潮匂ふ花蜜柑 松山敏子
荒汐のとりまく島へ初詣 鈴木真砂女
荒汐の日風鋭し針納め 宮脇孝一郎
荒潮におつる群星なまぐさし 飯田蛇笏 椿花集
荒潮に角を落として伊勢栄螺 長谷川かな女 花 季
荒潮の打擲に熟れ海桐かも 堀口星眠 営巣期
荒潮はしずかな癒し潜りゆく四肢ひったりと抱きからまる 田村広志
荒潮やしばし入日をふきかへす 中勘助
●入潮
入潮の川の囁き寒蜆 石川曲水
●浮潮
●渦潮
あかときの渦潮の紅さくら鯛 加藤守
しのゝめの渦潮の空鷹渡る 井川泊水
べらの舟この渦潮に百は見ゆ 佐野まもる 海郷
ラグビーの渦潮とけて奔り出づ 水原秋桜子
夏掛や鳴門渦潮枕上ミ 岡本 眸
夏菊や渦潮までの海平ら 鈴木桜子
小春凪渦潮もまた渦を解く 新田巣鳩
岩は皆渦潮しろし十三夜 水原秋櫻子
巻きそめし渦潮釣瓶落しかな 長谷川史郊
春惜しむ大渦潮に手をかざし 澤 草蝶
浜菊や瀬戸の渦潮激ち合ふ 河本好恵
海に壷ありて渦潮なだれ落つ 品川鈴子
海峡の渦潮にのり春の鳶 椎橋清翠
渦汐にエンジン止めし船きしむ 右城暮石
渦汐の巻きたつ岬の遊蝶花 石原八束 『風信帖』
渦汐をわたり春蝉鳴く小島 高濱年尾
渦潮ながるるてふてふならんで 山頭火
渦潮にいま撃たれたる鴨の廻ふ 佐野まもる 海郷
渦潮にはなれ一座の鰆舟 鈴木貞雄
渦潮にふれては消ゆる春の雪 今井つる女
渦潮にもまれし色の桜鯛 浅野白山
渦潮にエンジン停めし船きしむ 右城暮石
渦潮に入りゆく嬰児抱きつづけ 長田等
渦潮に呑まれし蝶か以後現れず 稲垣きくの 牡 丹
渦潮に対ふこの大き寂しさは 橋本多佳子
渦潮に手あり破船をひきずり込む 品川鈴子
渦潮に日影つくりぬ春の雲 高浜虚子
渦潮に朝蝉の島青黒し 宮津昭彦
渦潮に浮けるを鵜としあはれむや 稲垣きくの 牡 丹
渦潮に火屑こぼるゝ夜焚かな 日野芝生
渦潮に生きる鵜なれば気も荒し 稲垣きくの 牡 丹
渦潮に神掲げたる鰯雲 町田しげき
渦潮に西日照りこむ曼荼羅華 稲垣きくの 牡 丹
渦潮に近づく揺れを舷に堪ふ 稲垣きくの 牡 丹
渦潮に鵜と視るひまもなく紛る 稲垣きくの 牡 丹
渦潮のごとくに風の白牡丹 稲垣きくの 牡 丹
渦潮のごとく押しくる阿波踊 高野清風
渦潮のふなばた蝶を放ちしか 稲垣きくの 牡 丹
渦潮のゆるみそめたる轡虫 山内弘子
渦潮の下品(げぼん)に見ゆ(まみゆ)鱧料理 上野章子
渦潮の中に入りゆく舳を向けて 山口誓子
渦潮の叫喚船をかたむけぬ 稲垣きくの 牡 丹
渦潮の向ふの海の油照り 稲垣きくの 牡 丹
渦潮の奈落に竜宮ありやなし 松村多美
渦潮の奈落仏眼ならば見ゆ 斎部薫風
渦潮の底の底まで巻きゐるや 宮澤富士男
渦潮の底より光生れ来る 出口善子
渦潮の底礁匐へる鮑とり 飯田蛇笏 春蘭
渦潮の曇天にして青奈落 上野さち子
渦潮の架橋一直線の夏 菅野一狼
渦潮の橋渡り来る島遍路 池内けい吾
渦潮の母子よ父の渦どこに 秋元不死男
渦潮の波光むらだつ天の澄み 石原八束
渦潮の流転わが世の比ではなし 品川鈴子
渦潮の深き坩堝に月の影 稲荷島人
渦潮の渦の快楽を思ひ寝る 上田五千石
渦潮の渦やや小さく春は行く 本岡歌子
渦潮の渦巻きをらむ霧の底 米田双葉子
渦潮の滝なすいくり近よれず 稲垣きくの 牡 丹
渦潮の生るるハンカチ鷲づかみ 稲垣きくの 牡 丹
渦潮の空にひかりて木の葉とぶ 竹下流彩
渦潮の芯のくらさも日の盛り 中尾杏子
渦潮の虹立つしぶきふりかぶる 稲垣きくの 牡 丹
渦潮の辺に若布刈舟たゆたへり 高浜年尾
渦潮の霞に鳴れり船も鳴る 山口草堂
渦潮の青を身に刷く桜鯛 内田雅子
渦潮の風の岬の薄羽織 稲垣きくの 牡 丹
渦潮の鰆とるふねかずしれず 佐野まもる
渦潮の鰆とる舟かしぎ舞ふ 山口草堂
渦潮は神の手すさび師もまねぶ 佐怒賀正美
渦潮は神の狂気か黒鯛を釣る 田中水桜
渦潮へものを投げたる掌のひらき 波多野爽波 『湯呑』
渦潮へ早や散葉せり島の木々 近藤一鴻
渦潮みて荒き心を隠さざる 橋本多佳子
渦潮やたつなみ草は風がまへ 近藤忠
渦潮やはじくに間あり海桐の実 野田昌明
渦潮や使徒さながらに艫に立ち 中村苑子
渦潮や渦中相摶つ揉まれ黒鯛 関谷嘶風(渋柿)
渦潮や燈にまみれたる納涼船 川崎展宏
渦潮や真上に滲むルドンの目 佐怒賀正美
渦潮や秋日輪をちりぢりに 石川文子
渦潮をうちわたり来て野菊あり 五十嵐播水
渦潮をたましひ覗き込むごとく 矢島渚男 船のやうに
渦潮を渡りて雁の列を解く 吉本 昴
渦潮を照して和布刈神事かな 松田禹川
渦潮を落ちゆく船の姿して 山口誓子
渦潮を蓮のうてなといま見たり 三好潤子
渦潮を見て来し大地踏みにけり 山崎ひさを
渦潮を観る間もすでに流さるゝ 鈴鹿野風呂 浜木綿
神鳴に瀬戸の渦潮応へけり 野村喜舟
秋蝉に渦潮迅し壇の浦 赤堀五百里
風が消す渦潮卯浪沸くごとし 稲垣きくの 牡 丹
鯊を釣る突堤伸びて渦潮へ 今井千鶴子
鱚釣つて八重渦潮の上をいでず 橋本多佳子
うづ潮に青水無月の人語断つ 柴田白葉女 『冬泉』
うず潮のさきの白ラ波鳥渡る 岩本多賀史
●浦潮
ひとつばたご咲く浦潮の濃かりけり 石原八束 仮幻の花
●大潮
つづいて大潮の筏を入れて来る 橋本夢道 無礼なる妻
噴火湾かすむ大潮おとをたえ 飯田蛇笏 雪峡
大汐のひきのこしたる能舞台 辻桃子
大汐の冬めく嶺々を涵しけり 飯田蛇笏 雪峡
大汐の沖の礁と現れ乾き 石塚友二 光塵
大汐の鳥居の下の馬刀の穴 辻桃子
大汐や昼顔砂にしがみつき 一茶
大潮にかどぐちぬるる蚊遣かな 木津 柳芽
大潮に乗る形代の立ちあがる 岡田史乃
大潮に汐引く浜の秋入日 新津二三雄
大潮に沈みゆく草や天の川 碧雲居句集 大谷碧雲居
大潮のなほ満ちてくる草の花 山浦美代子
大潮の日と聞く燕ふりあふぎ 高澤良一 ぱらりとせ
大潮の風の日立の祭かな 皆川盤水
春大潮のましろき落差島を結ぶ 篠原梵 雨
水哭くや弥生十日の大潮に 戸恒東人
河豚食つてをり大潮に逢ひてをり 広瀬直人
浅蜊掘る大潮小潮小潮の日 高澤良一 素抱
相引きて礁と寒の大潮と 井沢正江 晩蝉
飛魚昏れて盆の大潮みちそめぬ 西島麦南 人音
●親潮
*はまなすや親潮といふふかき紺 豊長みのる
はまなすや親潮と知る海のいろ 及川貞「榧の実」
浜菊や親潮崖に砕け散る 四條好雄
親潮の紺の上なる雲の峰 大峯あきら 宇宙塵
親潮は遥か泣砂を泣かしめて 沼尻巳津子
●海嘯
浜菊に海嘯(つなみ)は古き語り草 富安風生
海嘯と死んじゃいやよという声と 折笠美秋 君なら蝶に
海嘯の唸り水鳥総翔ちす 山下美典
海嘯も激雨もおとこの遺書ならん 折笠美秋
海嘯や花茣蓙に寝て日が余る 坪内稔典
菜の花や海嘯の如し過ぎしあと 藤後左右
●海流
この海に死ねと海流とどまらず 波止影夫
みちのくに海流ふたつ春祭 佐藤養進
冬の海流木の芯紅のさす 神蔵器
峯雪を目ざす観海流泳者 右城暮石
新松子海流底もとよみつつ 下村槐太 天涯
日あまねき浮身海流はじまれり 三橋敏雄
桜鯛江戸海流に峡(かい)いくつ 鷹羽狩行
沖ゆくはリマン海流カスベエ干す 高澤良一 素抱
海流ついに見えねど海流と暮らす 金子兜太 蜿蜿
海流に鰤の潮来て重なれり 佐野まもる
海流のかゞやきに騎り鮪船 小原菁々子
海流の冷え残りたる桜鯛 石田美保子
海流の大きなうねり梨を剥く 和田耕三郎
海流は夢の白桃のせて去る 桂信子 緑夜
海苔掻くや千島海流日にさだか 依田明倫
潮流であり海流の凌霄花 進藤一考
百姓に霧きて海流鳴りやまず 永田耕一郎 海絣
草いきれ海流どこか寝覚めのよう 伊藤淳子「夏白波」
鱶の海流れて青きいかのぼり 宇多喜代子
麦蒔くや海流の縞に眼をやすめ 大野林火
●干潮
八重干潮は消えゆく磯よ春暑し 加藤 勇
妻と伏す大干潮の春野かな 橋口 等
宮嶋や干汐にたてる月の鹿 鹿 正岡子規
崖裾の干汐にかわき笹鳴ける 内田百間
干潮にかじめひらひら蝶を追う 長谷川かな女 花 季
干潮に犬遊び居る蘆の角 富田木歩
干潮の岩に嗅ぎよる孕鹿 古舘曹人 砂の音
現れし干汐の石の玉藻かな
舟虫のぼる湾の干潮葬り終ヘ 中拓夫 愛鷹
貝寄や干汐に遠き宮柱 小杉余子
●干満
干満を重ねて島の葱坊主 藤田湘子
畑打に潮の干満はるかより 宇佐美魚目 秋収冬蔵
船台に河の干満精霊舟 米澤吾亦紅
●寒流
寒流がつくる濃霧の街美し 高木晴子 花 季
寒流がまたも間えてくる晩だ 三橋敏雄 まぼろしの鱶
寒流として天龍も伏し流る 百合山羽公 故園
寒流に朝焼けの蘭川鴉 飯田蛇笏 椿花集
寒流に落ちて羽毛のとどまらず 佐藤鬼房
寒流に鰤網重く沈みゆく 小鵜
寒流の奥嶽を去る水けむり 飯田蛇笏 椿花集
寒流の海あをあをと目貼剥ぐ 横井千枝子
寒流の老鱒行かず流されず 百合山羽公 寒雁
寒流の鱒より冬藻生強し 百合山羽公 寒雁
寒流や能登は北から灯りだす 飴山實 『おりいぶ』
寒流や養ふ鱒を櫛けづり 百合山羽公 寒雁
寒流をふやしつづけて鷹ねむる 小泉飛鳥雄
灯の寒流死はたやすさのハンカチ飛ぶ 寺田京子 日の鷹
獄の外堀永久に埋らじ今寒流 香西照雄 素心
神の旅寒流の魚色深む 小澤 實
音をたえて寒流のゆく雪げしき 飯田蛇笏 椿花集
●環流
●黒潮
あたたかや黒潮逃ぐる指の股 高井北杜
うごきゆく黒潮が見ゆ花茨 大屋達治 絵詞
つちふる夜黒潮を来し鰹食ふ 矢島渚男 延年
はや花菜黒潮も端はみどりなす 宮津昭彦
フレームや黒潮の玻璃めぐらすか 加藤三七子
ホピー摘む声に黒潮応へけり 赤羽正行
初東風に沖黒潮の帯をひく 富安風生
初東風に沖黒潮の帯太く 富安風生
坊津に黒潮やすむ仏桑華 矢島渚男「船のやうに」
壺焼や夜も黒潮の流れゐる 井上康明
天の川真夜黒潮とゆれかはす 渡辺恭子
岬鼻を黒潮洗ふ椿かな 深見けん二 日月
探梅や黒潮流るあきらかに 中拓夫
枇杷啜り土佐の黒潮したたらす 渡辺恭子
梅雨明くる黒潮の黒引き締まり 竹本仁王山
椿は実に黒潮は土佐を離れたり 米澤吾亦紅
海苔掻きの手を黒潮に曳かれけり 古舘曹人 樹下石上
湾に入る黒潮の波干大根 川崎展宏
病みぬけし寒の黒潮ながれたり 千代田葛彦 旅人木
竹皮を脱ぐ黒潮の高鳴りに 渡辺恭子
花曇黒潮曇いづれとも 伊藤柏翠
若菜野に黒潮の風ゆきわたり 猪本清代子
蘇鉄咲き黒潮荒き雨降らす 神尾季羊「石室」
遍路笠沖は黒潮流れをり 益本三知子
野馬に霧ながれ黒潮夜も蒼し 神尾久美子
長子得し胸に冬黒潮の紺 大岳水一路
鯉幟沖を黒潮とほりゐる 中拓夫
鰹舟南風の黒潮漕げり見ゆ 西島麦南 人音
鳥帰る黒潮しぶく熔岩岬 阪井節子
鳥雲に入る黒潮の憮然たり 鈴木鷹夫 千年
鷹渡るとき黒潮の満つる音 宮田正和
黒汐の海夏蜜柑落果して 右城暮石 上下
黒潮か血しほ岸を打つ硫黄島 中勘助
黒潮と別るる岬雁渡し 鈴木鷹夫 千年
黒潮にふるゝ銀河の響かな 武田玄女
黒潮に影もこぼさず鳥渡る 上野さち子
黒潮に秋がひろがりゐたりけり 柏 禎
黒潮に秋陽たゆたひねむりけり 中川宋淵
黒潮に突き刺さりては飛魚の群 長谷川閑乙
黒潮のいろ濃き鮪糶り落す 松本幹雄
黒潮のうねりて太し雲の峰 溝口みさを
黒潮のうねりて秋刀魚競る町に 青畝
黒潮のうねりの彩の握り鮨 富田昌宏
黒潮のうねりを沖に畑を打つ 安福春水
黒潮のその色なせる鰤を揚ぐ 前田鶴子
黒潮のとどろき寄する深田打 渡辺 立男
黒潮のどよもしてゐる蕗の薹 高木良多
黒潮の下の径ゆく遍路かな 中島月笠
黒潮の中の一点鰹船 坂本鬼灯
黒潮の人魚にもなり髪洗う 中村竹子
黒潮の午後のかゞやぎ椿照り 高濱年尾 年尾句集
黒潮の寄せる白波海桐の実 青木起美子
黒潮の帯あきらかに海四温 井沢正江
黒潮の気勢に乗りて船起し 大西比呂
黒潮の沖が雲呼ぶ袋掛 岩崎洋子
黒潮の沖に島ある朧かな 福島せいぎ
黒潮の沖へひびきて行々子 深見けん二
黒潮の沖透くままに鵯の木々 佐野まもる
黒潮の海より立てり雲の峰 道先凛宗
黒潮の潮の岬のさくらかな 原子公平
黒潮の礁を砦に天草海女 楓巌濤
黒潮の紫紺に夏は立ちにけり 渡部抱朴子「天籟」
黒潮の色香染み込みたる鰹 岩城鹿水
黒潮の荒磯狭しと初鴉 楓巌濤
黒潮の遠かがやきに桃の花 織田鶴子
黒潮の闇に灯れる鯖火かな 楓巌濤
黒潮の風あたたかき冬の蝶 土永竜仙子
黒潮の風に色もつ金盞花 長野美恵子
黒潮の風立つ島の鬼やらひ 佐野美智
黒潮の香のいまだある鰺叩く 間地みよ子
黒潮の騒ぐ匂ひや鯨追ふ 田中化生
黒潮の黒の深まり菜種蒔く 延平いくと
黒潮は旧正荒れや卓球す 宮武寒々 朱卓
黒潮は鰤場鰤場を経ていたる 長谷川素逝
黒潮へ傾いてゐる葱坊主 坊城 俊樹
黒潮へ傾き椿林かな 高濱年尾 年尾句集
黒潮へ揺るる思慕かも島桜 渡辺恭子
黒潮も端はみどりぞ大南風 伊藤通明
黒潮や憚かるごとくすみれ淡く 香西照雄 素心
黒潮や渓に沿ひ来る夏遍路 林 晴美
黒潮を二枚三枚白拍子 夏石番矢 楽浪
黒潮を控へて岬の寺の梅 高濱年尾 年尾句集
黒潮を流れ来たりしさくら貝 神尾久美子
黒潮を眼下に竜馬像暮春 宮武寒々 朱卓
黒潮を貫く海女の命綱 山下兎月
黒潮を越え来し漁夫に愛の羽根 南光 翠峰
黒潮を食い散らしゐる伊豆の国 佃 悦夫
●小潮
浅蜊掘る大潮小潮小潮の日 高澤良一 素抱
●込潮
●逆潮
九頭竜は逆潮どきの秋あかね 石田勝彦
枯蘆に逆潮迅き藤戸川 上杉緑鋒
花冷えの真潮逆潮あらがへり 下村ひろし 西陲集
逆汐にたかだかと泛く燈籠かな 飯田蛇笏 山廬集
逆潮のひびき鳴門の春暮れつ 臼田亞浪 定本亜浪句集
逆潮の沖へながるゝ二月かな 鈴木真砂女 生簀籠
逆潮の渦静もりし夕ざくら 下村ひろし 西陲集
逆潮の瀬戸の真闇やほとゝぎす 東洋城千句
逆潮の響き鳴門の春暮れつ 臼田亜浪 旅人
逆潮やたちあがりたるほんだはら 加藤楸邨
●下げ潮
●差し潮
夕暮の川に汐差しあめんぼう 山中望(鷹)
大川の差し潮匂ふ初桜 井原ミチ
差し汐の水の澄みたる佃かな 染谷秀雄
差し汐の腰にひたひた箱眼鏡 塩原佐和子(天為)
差し潮に声をかけあふ石蓴掻 小畑柚流
差し潮や千鳥鳴くなる濱畑 会津八一
白扇に潮の差し来る韻きかな 鈴木鷹夫 大津絵
秋口の潮小溝に差しゐたり 茨木和生 往馬
●潮合
●潮入り
うすうすと川に汐入る針供養 宮川惜子
御降りの潮入りくる城下かな 山本洋子
春の星潮入の井は蓋のまま 友岡子郷 風日
梯梧咲き潮入川を曳くヨット 前田 白雨
汐入の水門しまり布袋草 田川夏帆
汐入りて泡まはりそむちちろ虫 中戸川朝人 尋声
汐入りの水嵩さだまり寒の雨 石田勝彦 秋興
汐入りの汐さす卯月ぐもりかな 石原八束 空の渚
汐入りの池あたたかし寒椿 中村汀女
淡雪や海苔の干場も汐入も 野村喜舟 小石川
潮入りの河匂ひつつ盆の唄 小田桐耕風
潮入りの沼を騒がせ行々子 高橋雪江
潮入川満ちくる上ミを恵方とす 都筑典子
狸供養汐入川に汐満ちて 宮崎安子
霧に住みて潮入り池も構へたり 牧唄 久米三汀(正雄)
鰭酒や汐入川に博多の灯 村田よう子
●潮頭
名月や門へさしくる潮頭 芭蕉
夜釣火消す月きよらかな潮頭 中拓夫 愛鷹
枯蘆や名をかき寄る潮頭 東潮 (悼芭蕉)
●潮風
がまずみや潮風かよふ下刈女 古舘曹人 樹下石上
きりぎりす夜も潮風の町に住み 田中正子
ひな菊や潮風匂ふ普羅の句碑 大寺喜久子
ふところを潮風とほる盆会かな 山本洋子
オホツクの汐風つよき門火焚く 石原舟月 山鵲
オホツクの汐風つよし門火焚く 石原舟月
ミモザ咲く潮風ゆるき坂の町 岡田公子
一瀑に潮風まとふ土用灸 古舘曹人 樹下石上
七草の篭に潮風濃かりけり 鈴木多江子
中啓に潮風わたる牡丹忌 木村蕪城
初漁や潮風はらむ大漁旗 岡本八重子
初蝶に潮風つよし岬の鼻 福本天心
初電車潮風匂ふあたりまで 小原澄江
周防路や潮風はらむ鯉のぼり 網本益子
唇の潮風なめて夏めきし 滝青佳
壷焼や障子汐風に飛ばむばかり 阿波野青畝
夏場所や汐風うまき隅田川 牧野寥々「新渋柿句集」
帰り花汐風うけて暖かき 里人
招く手の裏を汐風かをりけり 薫風 正岡子規
掛鯛や八重の汐風を窓の下 安昌 選集「板東太郎」
日高路や潮風に向け柳葉魚干す 浜谷和代
昨日よりの今日の潮風は秋 中村若沙
村ふかく汐風通う稲の花 滝川美智代
杜国の墓絶えず潮風松落葉 橋本美代子
栄螺にも汐風を当て栄螺売り 北登猛
梅干や汐風越して千鳥の白調 幸子 選集「板東太郎」
氷水の旗汐風に漁師町 田中冬二 冬霞
汐風つまった路地で買う 旅の傷薬 伊丹公子 メキシコ貝
汐風にすがれて鳴くやきりきりす 蟋蟀 正岡子規
汐風にはじくる島の柾の実 古川芋蔓
汐風にもめても蕎麦の白さかな 浪化
汐風に垂れてゆふなの二花三花 加藤耕子
汐風に枯れゆく草よ秋の暮 白水郎句集 大場白水郎
汐風に欠けゆく墓や葉月汐 野村喜舟 小石川
汐風に浜昼顔の花破れ 米沢和子
汐風に蜑か垣根の菊痩せぬ 菊 正岡子規
汐風に鈴の音響き島四国 岡本メ一
汐風の中より百舌の高音かな 惟然
汐風の中より鵙の高音かな 惟然
汐風の吹よわる方や冬紅葉 暁台
汐風の強きをいとへ更衣 鈴木真砂女 生簀籠
汐風や痩せて花なき木槿垣 木槿 正岡子規
汐風や羽衣の松花さきぬ 松の花 正岡子規
浜木綿に潮風つよき枯木灘 中村苑子
浦里に汐風強し針千本 木谷のぶ子
漁歌止んで只汐風の荻を吹く 寺田寅彦
潮風が筒抜けてをりエンマ市 若林雲峰
潮風ちぎれの鉄柵 最果灯台は 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 神戸・長崎・欧羅巴
潮風とともに届きし蜜柑あり 美村文江
潮風にいざ吹かれなん夏頭巾 会津八一
潮風にそよぐ門木や明け易き 金尾梅の門 古志の歌
潮風にちぎれんばかりカンナ紅 田中英子
潮風にはばたく日傘ひらきけり 西村和子 夏帽子
潮風に人体ひらひら夏館 安西 篤
潮風に今開きけり月見草 雉子郎句集 石島雉子郎
潮風に俎乾く祭あと 北見さとる
潮風に倦めり畳に水眼鏡 三宅一鳴
潮風に冬住まぬ家や枯木立 玉越琅々
潮風に冷えきる髪は藻とならむ 野澤節子
潮風に口うつくしき鯉のぼり 井上弘美「あをぞら」
潮風に古りに古りたる鮭番屋 今井由貴子
潮風に吹かれし髪を洗ひけり 田村糸女
潮風に吹かれたかぶり夏羽織 日野草城
潮風に吹かれとぶもの秋の蝶 稲畑汀子
潮風に吹かれ野菊の枯れ急ぐ 堤 信彦
潮風に妹背で植うる水田かな 大屋達治 龍宮
潮風に昼の侫武多が真つ赤なり 鈴木鷹夫 風の祭
潮風に水仙かをる越前岬 フ 石井大泉
潮風に片枯松や蝉時雨 雉子郎句集 石島雉子郎
潮風に酌みて冷酒は甘かりき 中村芳子
潮風に錆ぶ芙蓉の実海女の墓 谷中隆子
潮風に雲流れゆく花胡瓜 千原満恵
潮風に青き葉のとぶ送り盆 友岡子郷
潮風に顔がこはばりウルメイワシ 中拓夫 愛鷹
潮風に飛ぶかまへして豆の花 中村房子
潮風の中より百舌の高音かな 惟然
潮風の余花やしがねえ与三の墓 久保千鶴子
潮風の止めば蜜柑の花匂ふ 瀧春一
潮風の海女の墓にも切子かな 高濱年尾 年尾句集
潮風は夏服の腕冷やし吹く 星野立子
潮風もともに折りとりをみなへし 木内怜子
潮風や夏布団干す伊根舟屋 鍛冶静代
潮風や島に育てし金盞花 松島正子
潮風や椎の木に吊るつりしのぶ 守屋明俊
潮風や輪飾ゆらぐ温室の口 新井英子
潮風を切るつばくらの一番子 大木あまり 火球
潮風を吸ひて漁場の鯉のぼり 今泉貞鳳
潮風を防ぐとべらに囮籠 森田峠 避暑散歩
焼蛤の香を旗風が潮風が 佐々木久代
目つむりて潮風にあり土佐は夏 高木晴子 花 季
目貼剥ぐ潮風などもあてにして 大津幸奈
砂蹴つて汐風に向く仔馬かな 脇坂啓子
磔像は潮風に錆び雪解富士 福田甲子雄
緑萼梅ときに潮風尖りくる 尾崎よしゑ
芭蕉玉を解く潮風の明るさに 高橋悦男「実朝の海」
薫風と潮風出会ふところかな 岡田順子
鎌倉は潮風強し犬ふぐり 山西雅子
馬刀突に潮風心地よかりけり 大木さつき
麦秋の潮風鳶を吹き上げし 三森鉄治「仙丈」
●潮枯
潮枯れの松焚く煙茂吉の忌 橋本珠見
潮枯れの樹に落鷹の止まりけり 茨木和生 往馬
潮枯れの蓮田に大き農夫の眼 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
潮枯れの薊八月永きかな 友岡子郷 未草
●潮木
*はまなすに舟より太き汐木寄す 本多静江
うちつれて汐木を拾ふ春日かな 暁台
かいつぶり啼きしか汐木きしみしか 成田智世子
わたつみに楫取り損ね灼け汐木 高澤良一 寒暑
三日はや汐木焚く炎を高く上げ 児玉輝代
三羽いて 三羽の孤独 汐木の鳶 伊丹三樹彦 樹冠
冬ざれや汐木にからむ荒布屑 重利 帆南
春風や汐木が中の観世音 野村喜舟 小石川
昼寝する姿さながら一汐木 高澤良一 随笑
晝顔や砂に集めし汐木屑 松瀬青々
暁の蝉汐木は沖を旅来しいろ 神尾久美子 掌
汐干潟汐木の珊瑚焚きにけり 菅原師竹句集
汐木なる艪臍も焚いてひじき釜 武市明子
汐木拾へば磯べに冬日したゝれり 原 石鼎
汐木焚きやませの日々を送りけり 高澤良一 随笑
汐木焚く火に煙なし鳥帰る 青木重行
汐木積み水の匂ひのもの焚ける 中村苑子
汐木積む夕日まみれの魂迎 熊丸 淑子
汐木積めば雨となりけり秋の暮 金尾梅の門 古志の歌
泳ぎ海女観てゐてさびし潮木焚 河野南畦 湖の森
浜焚火汐木に犬を繋ぎをき 山田弘子 初期作品
燃え悪き汐木の煙磯菜摘む 荒木千句子
磯鴫や汐木のどれも濡れてをり 鈴木雹吉
神留守の汐木を焚きて驕るかな 角川源義
芭蕉忌の汐木けぶらす出雲崎 森 重夫
著きてすぐ潮木拾ひにキャンプの娘 三宅黄沙
野分あと汐木にとまる蜻蛉かな 島村元句集
雁わたし軒深く積む汐木かな(龍飛岬) 角川源義 『冬の虹』
雪の上に打上られし汐木かな 岡田耿陽
●潮汲み
ほたるいか潮汲むやうに汲まれけり 関口祥子
古屏風の潮汲ひとりうしろむき 宇佐美魚目 天地存問
夕凪の汐汲みあげて舟洗ふ 広瀬河太郎
島びとの潮汲む磯の初明り 宮原双馨
惜春のある日汐汲女のやうに 神尾久美子 桐の木
拾ひたる貝に汐汲むうらゝかさ 広江八重桜
明易く汐汲む舟の出揃へり 石川魚子
春曙潮汲ら松間出て来るよ 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
春海や波またぎ~潮汲める 阿部みどり女 笹鳴
春雷や海水旅館汐汲める 田中冬二 行人
汐汲みの女体になだれうつ力 三谷昭 獣身
汐汲みの汐こぼしゆく冬日かな 鈴木真砂女 生簀籠
汐汲むや身妊りの胎まぎれなし 澤木欣一
汐汲や千鳥残して帰る海人 鬼貫
汐汲を踊れば霞む舞台かな 白水郎句集 大場白水郎
海荒れに汐汲む海女や栗の花 山口誓子
潮汲の春昼の波またぎたる 宇佐美魚目 秋収冬蔵
潮汲の眼に松遠き暑さかな 吉武月二郎句集
潮汲みてしら粥たかん小夜千鳥 闌更
潮汲みの河原の院の青芒 鈴木勘之
潮汲んで梅の枝くぐりゆきけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
濤かぶつて汐汲む蜑やむら千鳥 飯田蛇笏 山廬集
父がゐてその父がゐて若潮汲む 九鬼あきゑ
舟洗ふ二百十日の潮汲みて 前田白露
行く年の汐汲みて船洗ひをり 鈴木雹吉
鬼房の潮汲みてゐる月夜なれ 正木ゆう子 静かな水
黎明や若潮汲みの声ふゆる 友井世津子
●潮曇
*はまなすの蕊のもつるる潮曇 橋本榮治 麦生
ゆく鴨や遠つあふみは潮ぐもり 林翔
わが旅路たばこの花に潮ぐもり 阿波野青畝
咲きそめし樗も淡し潮ぐもり 阿部ひろし「霜の畦」
夏雲の俄かに昏く汐ぐもり 瀧春一 菜園
夜遊びの安房は月さへ潮ぐもり 鈴木鷹夫 渚通り
左千夫忌の九十九里沖潮ぐもり 内海保子
松や芽立ち明けたるまゝの汐曇 斎藤空華 空華句集
梅散るや棕梠に風ある汐ぐもり 蘇子句集 木下蘇子、吉田冬葉・松本翠影編
梅散るや海苔干す浜の汐曇 梅散る 正岡子規
梅散るや海苔干す磯の汐曇 梅散る 正岡子規
汐曇笘屋に春を惜む日ぞ 尾崎紅葉
海猫帰る立待岬潮ぐもり 古賀まり子
潮ぐもり青田ぐもりにつづきけり 桂信子 草樹
潮曇あはぢのさくら散やせん 松岡青蘿
潮曇松の根方の花火殼 文挟夫佐恵 黄 瀬
燈台の白きが冴えて汐ぐもり 瀧春一 菜園
白露や淡路は明の潮ぐもり 古白遺稿 藤野古白
秋分の牛生といふ町潮ぐもり 阿部みどり女
穂の黒き砂地の麦や汐曇 麦 正岡子規
舟虫の散らばる礁場潮ぐもり 中村みづ穂
蛤の殻の中なる潮ぐもり 丸山南石
蜩や遠流の御所の汐ぐもり 橋本榮治 逆旅
蝉鳴くや音戸の瀬戸の潮曇 藤田佳子
飛魚干す沖失ひて潮曇 湯川雅
●潮気
●潮煙
屋根を飛ぶ潮けむり見よ実朝忌 森田峠 避暑散歩
汐煙ながれて涼し伊良古岬 鈴木花蓑句集
茎立や県(あがた)をわかつ潮けむり 斎藤梅子
蟹の眼を濡らして挙がる潮けむり 高澤良一 素抱
雁渡る潮けむり濃き九十九里 蟇目良雨
飾臼浜は七里の汐けむり 小島千架子

以上

by 575fudemakase | 2022-05-22 15:06 | ブログ


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング