人気ブログランキング | 話題のタグを見る

波2  の俳句

波2  の俳句
波2  の俳句_b0223579_02023624.jpeg

●波足
波足のゆるきときあり桜貝 鈴木美根子
朝焼の波足もとに来て青む 三谷昭 獣身
戦死者の沖からの波足濡らす 林田紀音夫
●波荒れ
ご神事の和布刈に門波荒れやまず 西村草生
凧の尾に相模の海の波荒ぶ 市川東子房
午後よりは磯波荒し富士薊 道川虹洋
卯波荒れ海鳴近き夜なりけり 松本穣葉子
成人の日の昏れぎはの波荒ぶ 館岡沙緻
掛け時計冬波荒るゝ船中に 右城暮石 上下
日本海の波荒き日も枇杷ちぎり 鈴鹿野風呂 浜木綿
早稲の香やはや波荒き能登の海 村田よう子
昆布育つ海といふ波荒きかな 川口咲子
春寒の安宅の関の波荒し 守岡千代子
最果て夏どの過去よりも波荒く 山本つぼみ
母子草浦波荒びそめにけり 黒川龍吾
水鳥に夕波荒くなりて来し 浜田一枝
波荒き襟裳岬や鳥渡る 中川水歩
波荒し月見の舟は出せぬとか 中井余花朗
波荒ぶ日はそら豆を海女が摘む 久保 乙秋
波荒るゝ入江の月の千鳥哉 千鳥 正岡子規
波荒れてゆらぐ利島や冬苺 水原秋桜子
波荒れて悲しき星の別かな 比叡 野村泊月
波荒れて鰰漁の活気づく 若狭得自
流氷や宗谷の門波荒れやまず 誓子
海猫と鵜の島を二つに波荒るる 高橋良子
湖のけふ波荒し遅ざくら 豊田八重子
燦然と波荒るゝなり浮寝鳥 芝不器男
燦爛と波荒るゝなり浮寝鳥 芝不器男
白鳥に夕波荒くなりにけり 奥田紫峰
米山の霞める今日も波荒し 堀前小木菟
言問橋川波荒るる十二月 高橋良子
●波幾重
きりぎりすいぶかりきくに波幾重 水原秋櫻子
城濠にさざ波幾重今朝の秋 山内遊糸
崩れては寄する秋濤幾重にも 清崎敏郎
巨濤幾重沖の夏雲襞もちさく 香西照雄 素心
早稲の穂に能登より寄する波幾重 河北斜陽
梅林の疎密を透きて浪幾重 福田蓼汀 秋風挽歌
●波打際
あまりにも波打際を遍路行く 大牧 広
名付けられざる波打際を匍ふ花火 夏石番矢 猟常記
朝寒う波打際をあるきけり 寺田寅彦
死魚なぶる波打際の秋の声 白井房夫
民宿や波打際の花筏 小倉民子
水着濃く波打際を騎りゆける 相生垣瓜人 微茫集
波打際で働くことは祈ることだ 夏石番矢 神々のフーガ
波打際空にもありて揚花火 都筑智子
海雲寄る波打際の島の迹 大野岳翠
白桃や家の中にも波打際 大坪重治
開発の波打際の春キヤベツ 島貫アキ子
●波打つ
すべて打消す冬の河逆波立ち 津田清子 礼 拝
仇波の打てはかへす島邊哉 正岡子規
冬波のもんどり打つて戻りけり 鈴木真砂女 夕螢
冬波は打合へりわが船北へ 高濱年尾 年尾句集
利根の波鰡打ちあげし野分かな 皆川盤水
卯波立ち小貝打ち上ぐ阿尾の浦 竹中恭子
名月や雄波雌波の打ちがひ 名月 正岡子規
吹雪河野鼠のむくろを波が打つ 鳥居おさむ
土用波杭打ち込んで馬つなぐ 村上しゅら
夕波のひびき戸を打つ遍路宿 田守としを
大寒の陸打つて波おどろけり 斉藤美規
寄す波の打つ船腹もおぼろかな 堀田春子
弁天の琵琶の卯波に打ち消され 木村紀美子
打ち跼み芒の波のかむさり来 上野泰 佐介
打ち返す波の若布は刈りにくゝ 稲吉楠甫
打よする波をふまへて鰯曳く 高濱虚子
打よする藻屑も寒し波の跡 乙由 (阿漕浦)
打よする連銭波や*えりを挿す 西山泊雲
打水か波か軒端のきらきらす 岩田由美 夏安
捨水の波を打ちゆく蓼の溝 山口青邨
春の夜や重たう打てる波の音 小杉余子 余子句選
桜貝ゆら~波が打ち上げし 細見綾子 花寂び
橋の灯の波に脈打つ立夏かな 藤原千紗子
櫓の声波ヲ打つて腸氷ル夜や涙 芭蕉
波に打つひかりの楔冬鴎 加藤耕子
波に打つひかりの楔浮鴎 加藤耕子
波を繰返し菱の実打寄せる 依田明倫
波暮れて牡蠣打小屋に灯の点る 藤井すみ子
波返し打つ間拍子を藤浪す 内田百間 新輯百鬼園俳句帖
流れ海苔小磯の波に打たれけり 安斎桜[カイ]子
海ひらく波に打ちこむ大太鼓 前田 青紀
石を打つ波まぶしくて小春凪 土屋みね子
磯浜や花打ちあぐる波の跡 花 正岡子規
磯鴫や真野の浜打つ片瀬波 坂井ひとし
稲穂波そぞろ打ち合ふ神楽の里 高澤良一 鳩信
胸を打つ麦秋の波焦げ臭し 櫻井ハル子
胸元で打つ波 船の毛布は 白 伊丹公子 メキシコ貝
艪の声波を打って腸凍る夜や涙 艪声波を打って腸凍る夜や涙 松尾芭蕉
花の日の岩打つ波の白く柔ら 村田脩
花石蕗の波大亀の骸打つ 谷川火鳥
若布採腰打つ波となじみけり 白井新一
陽炎を打ち消す磯の男波哉 陽炎 正岡子規
高蘆に打ち込む波や青嵐 臼田亞浪 定本亜浪句集
●波裏
波裏に都ぞあらむ雛送る 角南星燈
水鳥に来て波裏を反しけり 平井照敏 天上大風
子どもらへ盆波裏を見せにけり 蓬田紀枝子
松島の波裏もまた小六月 高野ムツオ
●波音
いちにち物いはず波音 種田山頭火(1882-1940)
かたばみの花に波音休暇村 木村蕪城
ここから浪音きこえぬほどの海の青さの 尾崎放哉
ちぎり絵に濤音ありぬ夏つばめ 河野多希女
とべらの実浪音に殻割れんとす 大熊輝一 土の香
どーんと波音日向に覚めて石蕗の花 有働亨 汐路
はしり蕎麦濤音つのりきたりけり 齋藤玄 飛雪
はまなすや濤音慣れの昼寝漁夫 河野南畦 湖の森
はららご飯濤音いつか納りし 岸田稚魚
ひねもす曇り浪音の力かな 尾崎放哉
ひよんの笛吹けば波音風の音 稲畑汀子
ひる顔の夢は波音ばかりなり 西沢和子
ふるさとの波音高き祭かな 鈴木真砂女(1906-)
みくまのゝ波音聞きて初湯かな 桑田青虎
みちのくの濤音荒し望の夜も 成瀬正俊
オリーブの花へ波音高き午後 平井伊都子「新山暦俳句歳時記」
ホテルの浪音もなくうすら眠うものかく 梅林句屑 喜谷六花
ポケットに生るる波音さくら貝 清水久子
ワイキキの波音ごもり昼寝覚 古賀まり子
一ツづゝ波音ふくる夜長哉 夜長 正岡子規
一度だけの波音冬日昏れにけり 桂信子 黄 炎
一湾の凍て浪音を封じけり 大島早苗
伊豆はあたたかく死ぬるによろしい波音 山頭火
冬すみれ石垣は波音に慣れ 山崎正枝
凍蝶に濤音いつも遥かなり 鷲谷七菜子 雨 月
切株に波音のあり抱卵期 増成栗人
刳舟に座れば 波音 魚の声 伊丹公子 アーギライト
十夜寺濤音ひとつとどろきぬ 小澤謙三
午後よりは眠し雲雀も浪音も 阿部みどり女
古道は濤音ごもり新松子 六本和子
囀りやよべの波音引絶えて 石塚友二 光塵
土佐の濤音サングラス外し聴く 田中英子
夏蚕飼夜は浪音に籠りけり 大野林火
夕靄のなかに波音小六月 角川春樹
夜くだちて浪音ばかり松の内 高浜虚子
夢にまで浪音重ね年詰る 伊藤京子
大いなるけふの浪音荒布干す 平尾楽山人
太古より湖の波音浜ひるがほ 鈴木隆子
実朝の忌の浪音を聴きに来し 大野崇文
実朝忌由井の浪音今も高し 高浜虚子
寶舟須磨の波音聞えけり 宝船 正岡子規
山越しに濤音聞ゆ十三夜 西山泊雲 泊雲句集
巌風呂に濤音こもる神無月 坂本山秀朗
帚目に載る波音や西行忌 池田弥生
庭番と濤音を聞く夕霞 鈴木鷹夫 大津絵
後の雛濤音ひびく床柱 田中英子
房総の高き波音秋刀魚買う 長田美智子
敦盛塚浪音聞かず花散らず 岡部六弥太
春の波音きくべし眼閉づるべし 鈴木真砂女
春やこの波音やさしくりかへし 齊藤美規
春寒き舟の波音さびしみつ すみだ川 新井聾風
春愁や湖に波音あることも 徳田千鶴子
昨日今日波音のなし白子干 清崎敏郎
昼寝覚め波音高くなりゐたり 川村紫陽
暮しの中の波音烏賊の白乾され 鈴木六林男 第三突堤
最はての濤音重ね手鞠唄 古賀まり子 緑の野以後
望の夜の波音に舞ふ安乗木偶 山下千代子
村ぢゆうに濤音ひびく冬柏 永田耕一郎 方途
松の奥浪音涼し御用邸 五十嵐播水 播水句集
柚子の花波音空にのぼりけり 市川恵子
梅干して夜は波音の近きかな 礒江沙知子
横走る渚波音日短し 染谷彩雲
歳明くる濤音國の四方つゝむ 長谷川素逝
毛糸編む遠く波音くりかへし 永田清子
沖に波音なくためて冬の靄 上窪則子
波 音 強 く し て 葱 坊 主 山頭火
波音かしぐれか旅寝うつゝなる 内田准思
波音がすぐそこにある大根引 加藤岳雄
波音が月光の音一人旅 坪内稔典
波音にくもる裸灯蜜柑選る 石本秋翠
波音になごむ松籟春ここに 及川貞 夕焼
波音にまぎれぬ虫や門草に 雉子郎句集 石島雉子郎
波音にまさりて蝉の岬あり 八木林之介 青霞集
波音にむせび酢蛸に咽びける 安達実生子
波音にポスター吹かれ海の家 田村恵子
波音に亡き声のあり送南風 川合憲子
波音に寒夜枕を深く当つ 井上雪
波音に榎の実こぼるる港阯 木村蕪城
波音に歩を合はせゆく小春かな 松田美子
波音に耽りこころまで海月 吉持愁果
波音に背ナ向けてゐる座禅草 小池槇女
波音に鉄道草の月日あり 高野ムツオ
波音のいちにち高し金盞花 水田光雄
波音のいつか遠のく篭枕 上 慶子
波音のうつつに寄せて初明り 稲畑汀子
波音のおほひかぶさり来る暑さ 今井千鶴子
波音のけだるきキャンプたたみけり 行方克巳
波音のけふのびやかに袋掛 赤尾冨美子
波音のこもりし髪を洗ひけり 片山由美子 風待月
波音のすぐそこにあり十夜寺 福川悠子
波音のせぬは不思議や松露掻 森田峠 三角屋根
波音のせぬ不思議さや松露掻く 森田峠
波音のたえずしてふる郷遠し 山頭火
波音のときをりひびく新障子 片山由美子 水精
波音のなくて寄す波朝ぐもり 水野宗子(麓)
波音のねむたくなりし浴衣かな 細川加賀 『玉虫』
波音のほかを忘れてゐてのどか 保坂伸秋
波音のまくれ上れる春の雪 行方克巳
波音のをりをり漏るる朧かな 林 千恵子
波音の中の人声明易し 中村雅樹
波音の丸くかへりぬ月日貝 百瀬美津
波音の四方に聞ゆる冬瓜かな 八木林之介 青霞集
波音の大王岬の蚊と生れ 波多野爽波 『骰子』
波音の如き風音十三夜 石川喜美女
波音の引く音ばかり落椿 行方克巳
波音の改りたり初明り 高浜年尾
波音の早稲田を囃し出雲崎 小島健 木の実
波音の昏れし水仙畑かな 行方克巳
波音の暮色まとへり袋掛 西村博子
波音の月にからまるごと朧 郷 のぶこ
波音の朝の芒に高まりし 奥田智久
波音の消えて山みち出開帳 大峯あきら 鳥道
波音の湖にもありぬ流し雛 神崎 恵
波音の灯をくらくする山蛾かな 太田鴻村 穂国
波音の由比ケ浜より初電車 高浜虚子(1874-1959)
波音の筵成したり桜えび 佐野鬼人
波音の耳をはなれぬ無月かな 片山由美子 天弓
波音の落ちて盂蘭盆沖暗し 鈴木真砂女
波音の蘇鉄にひびく甘茶寺 荻原芳堂
波音の遠くにありしおぼろかな 田井野ケイ
波音の須磨をはなるゝ汐干哉 汐干狩 正岡子規
波音の高き日続く種浸し 茨木和生 三輪崎
波音の高き湖畔を鍋の渡御 廣瀬凡石
波音の高まる雪を割りにけり 陽美保子
波音は光りと消えて花アロエ 原 天明
波音は妻恋ふしらべ防風摘む 山田弘子 こぶし坂
波音もいつしか忘れ防風摘む 御堂御名子
波音も星も真近きバルコニー 永野由美子(阿蘇)
波音も木の国の音栄螺焼く 藤井冨美子
波音やひるの薊のかげもなし 田中裕明 花間一壺
波音や不漁鰊場の犬が吠ゆ 清崎敏郎
波音や夜目に仰ぎて寒ざくら 及川貞 夕焼
波音や弁天様の孑孑に 岸本尚毅 舜
波音や応挙の銀の屏風より 三浦久子
波音や抱けばつめたき秋日傘 井上弘美
波音を同行として秋遍路 芳西兌子
波音を掬ひてゐたり*いさざ舟 関戸靖子
波音を聞きしばかりの野梅かな 青木重行
波音を聞きちやつきらこ歌まねる 寺田木公
波音を聞きに来てゐる卒業子 山田弘子 螢川
波音を豊かに容れて夏座敷 柴田奈美
波音を近づけてゐる端居かな 稲畑汀子
波音を離れて春の月となる 星野椿
波音を離れコートの襟を立て 高澤良一 随笑
波音を風除少し遠ざけし 稲畑汀子
泳ぎゐてとほき波音に恍惚す 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
浪子碑に波音絶えず冬かもめ 岩村森子
浪音あかるく砂浜のまろみ青めり シヤツと雑草 栗林一石路
浪音にあらがふいのち鬚髯白く 篠原鳳作 海の旅
浪音にまろねの魂の洗はるゝ 篠原鳳作 海の旅
浪音にまろ寝の魂を洗はるゝ 篠原鳳作
浪音に暮るゝ日おそし豆の花 吉川春藪
浪音に気づきて跼む苺園 横山白虹
浪音のしば~変る夜半の秋 雉子郎句集 石島雉子郎
浪音のどどとくずれて国ありや 栗林一石路
浪音のゆるい冬陽の蜜柑ちぎつている 橋本夢道 無禮なる妻抄
浪音のをりをりとどく屏風かな 矢島久栄
浪音の今宵は遠し草朧 本井英
浪音の冬に入りたる色ヶ浜 森田公司
浪音の夜は遠流めく柳葉魚焼く 菊地滴翠
浪音の由比ヶ浜より初電車 高浜虚子
浪音の空にしてゐる棗の実 茨木和生 木の國
浪音の部屋にとどけり松納 洞 久子
浪音は春のこころをかきたつる 阿部みどり女
浪音も夏に入りけり健吉忌 茨木和生 往馬
浪音も静かに暑し綿の花 高濱虚子
浪音をかけしさくらの莟かな 永田耕衣 真風
浪音をひき寄せて野火秀を立つる 原裕 葦牙
浪音を終始奏上先帝祭 竹腰八柏
浸蝕の波音背戸に雁供養 岡田波流夫
深海の波音聞こゆ立浪草 小玉真佐子
湖岸打つ波音その夜炉を開く 中嶋秀子
濤音にしぐれのまじる行幸宿 宮武寒々 朱卓
濤音に太鼓ぽと~一の午 河野静雲 閻魔
濤音に犬の追はるる海開き 高澤良一 素抱
濤音に耳をあづけて雪の旅 古賀まり子 緑の野
濤音に芋のころがる雨月かな 齋藤玄 飛雪
濤音に近づくわれも冬景色 黒田杏子 水の扉
濤音に飽きたる椿落ちにけり 谷口忠男
濤音のある夜なき夜も冬籠 蓼汀
濤音のかかるあかるさ初筑波 矢島房利
濤音のどすんとありし雛かな 千葉皓史
濤音のなき日かさぬる百日紅 杉山 岳陽
濤音のはずみ立待月のぼる 池田 菟沙
濤音の中に千鳥の声すなり 岡田耿陽
濤音の天より硯洗ひけり 菅原多つを
濤音の山の奥より多摩二日 宮坂静生 春の鹿
濤音の月日のしだれざくらかな 篠崎圭介
濤音の萱にはずみて明治節 齋藤玄 飛雪
濤音の賀状深雪の賀状かな 大嶽青児
濤音へあけて炭つぐ置炬燵 石田波郷
濤音やうぐひす餅の暗くあり 鈴木鷹夫 大津絵
濤音やしづかに絮となる薊 鷲谷七菜子 雨 月
濤音や都をいづる梅雨二タ夜 『定本石橋秀野句文集』
濤音や陸稲の中のきりぎりす 増田龍雨 龍雨句集
灯を消して雛も波音聞き給ふ 松内かつみ
瓢(ひょん)の笛吹けば波音風の音 稲畑汀子 ホトトギス汀子句帖
瓢の実につく波音のしらべかな 原裕 正午
畑の青菜抜きつくし浪音の冬 人間を彫る 大橋裸木
白がねの濤音ばかり年惜しむ 大村フサエ
白南風や波音とどく萩城址 塚本 清
白蚊帳と波音と吾子をいねしめず 林原耒井 蜩
秋夜ふと浪音にゐて流人めく 柴田白葉女
立秋の退く濤音を心拍と 安東次男
精霊舟いづる波音間遠なる 銀漢 吉岡禅寺洞
胸中に波音湧けり藍浴衣 小島健 木の実
舟屋口洗ふ波音初月夜 久保峰子
舷窓に白らむ濤音秋遍路 伊藤敬子
船過ぎしあとの波音花八つ手 杉立悦子
花火果て湖に波音よみがへる 中西以佐夫
菜の花や沖の濤音逃げてなし 河野南畦 湖の森
萩は花へ波音しるきにさんにち 林原耒井 蜩
萱草に立つ浪音や桂浜 高木晴子
葉月かな濤音遠くあらたまり 藤原たかを
蓬長け波音人を安からしむ 右城暮石
藁屋根に沁む濤音や冬仕度 久米正雄 返り花
虫の間磯の波音なかりけり 友水 清
蛸壺に波音詰まる昼の虫 白井新一
街尽きて波音ありぬ諏訪の秋 深見けん二
補聴器にはづむ波音春きざす 島村野青
襖絵に起る浪音鑑真忌 小畑晴子
角切られ波音に鹿寝べきころ 菅原鬨也
遠き日の父と波音籐寝椅子 清水節子
醒むるたび浪音白し籐寝椅子 中島斌男
野火はるか胸の濤音聴き澄ます 鷲谷七菜子 雨 月
門司小学校波音の運動会 野中亮介
闇深し晩涼の浪音を聞く 高木晴子 花 季
雨音の中の波音ところてん 岩淵喜代子 硝子の仲間
音波電波霊波音響N氏UFO論 五島エミ
風音を波音と聞き浦島草 鷹羽狩行
鰯がしけの町のどよもす濤音 梅林句屑 喜谷六花
黒南風や浪音からむ榕樹林 下村ひろし 西陲集
●波頭
あとからあとから月の出寒い波頭 鈴木六林男 第三突堤
いかづちの乗る北斎の波頭 清家美保子
ぐんぐんと初日波頭を躍り出づ 伊東宏晃
さまざまな波頭のうへの蜻蛉かな 中田剛 珠樹
とことわに逃げるかたちの波頭 齋藤康子
ひかりつつ秋おとろへて波頭 長谷川双魚 『ひとつとや』
トンネル見え雪のみどりの波頭 中拓夫
フレームの光の先の波頭 藤永誠一
一平面率ゐ進めて冬の波頭 香西照雄 対話
三月のまぶしくなりし波頭 亀井 碧
人日の海を出たがる波頭 東野鷹志
八荒や鵜の見え隠る波頭 蟇目良雨
冬の虹生めり波頭の一と崩れ 奈良文夫
初あらし野馬にも似たる波頭 能村研三
吼え盛る高き波頭や鰤の海 船平晩秋
夕凪に月も照り添ふ波頭かな 久米正雄 返り花
夜釣火消す月きよらかな波頭 中拓夫
大寒の湾に攻め入る波頭 山元金子
寒凪や同じ間を置き波頭 前山百年
寒月にそそり立ち折れ波頭 星野立子
巌門の白き波頭や初松籟 塩井志津
待春のふくれ崩るゝ波頭 星野椿
怒りの夜ひかり満ち来る波頭 鈴木六林男
春愁のみなわれに向く波頭 永方裕子
春日燦サンタモニカの波頭 中村初枝
昭和果つ七日の波頭すべて鎖 熊谷愛子
氷店の鏡に午後の波頭 桂信子 黄 瀬
沖に日矢十一月の波頭 星野椿
波頭とびとびくるよ年の神 邊見京子
波頭どどと崩れて春惜しむ 星野 椿
波頭ふれんばかりに春の雁 高畑浩平
波頭よりも真白き初鴎 龍神悠紀子
波頭ラいさぎよかりし初渡船 中村若沙
波頭一人一人が佛頭に 斎藤冬海
波頭冬の没日へしぶき上げ 深見けん二
波頭月のサンバを乗せてくる 星野椿
波頭月の光を得つゝあり 加藤蛙水子
波頭水着の胸にとびつけり 守谷順子
波頭鬱とかへりて春深む 百瀬美津
泳ぎ出る子等に眩しき波頭 久米谷和子
海士が家や鶏頭赤く波頭ラ 野村喜舟 小石川
涼風やいのち競へる波頭 鍵和田[ゆう]子「風月」
濁流の瀬波頭に秋時雨 福田蓼汀 秋風挽歌
焼く鰺の油燃えれば波頭 和知喜八 同齢
狼を連れて熊野の波頭 天津伎依子
目覚めたるけものに春の波頭 西村明
砂の城攫ふ土用の波頭 佐藤信子
秋の暮一睡に見し波頭 小檜山繁子
秋潮の藍のかゝげる波頭 佐藤艸魚
菜の花の強き茎立つ波頭 大屋達治 絵詞
蓬莱や夜目に立ちたる波頭 原 雅子
襖絵の波頭畳へ鑑真忌 浦野芳南
風にとぶ大赤潮の波頭 澤草蝶
鮫ばかり獲れつつ波頭しぶくなり 岡野風痕子
●波風
五十年波風たたず冷奴 永野はる
春の波風より軽く打ち返す(常陸大洗海岸) 上村占魚 『玄妙』
沼氷らむとするに波風たちどほし 橋本多佳子
波風や涼しき程に吹き申せ 涼し 正岡子規
波風を立てて帰りし黒セーター 諸田登美子
石蓴掻く日波風波礁揺るる 山口草堂
雛罌粟に日波風波あそびゐし 館岡沙緻
●波際
波際を歩いて父の日なりけり 今井杏太郎
鳥渡る波際粗き砂の面 毛塚静枝
浪際や茶の花咲ける志賀の里 飯田蛇笏 山廬集
●波煙
●波声
波の声春大根の畑に消ゆ 江藤ひで
千屈菜の群れ咲く波の声もなし 石原八束
波の声春大根の畑に消ゆ 江藤 ひで
リラ濡れて白夜の町の波のこゑ 石原舟月
●波殺し
寒風を殺してゐたり波殺し 大木あまり 火のいろに
波がしらの切れはし凍り波殺 平井さち子 鷹日和
波殺躱せし卯浪に載る鴎 平井さち子 鷹日和
流氷や風を殺さぬ波殺し 深谷雄大
灼くる日の陸に積まれて波殺し 白井房夫
秋濤のうかがひそめし波殺し 行方克己 知音
鱚釣や水かげろふの波殺し 冨田正吉
かいず釣テトラポットに仁王立ち 田中英子
テトラポットの太腿ならぶ鳥曇り 国領恭子
テトラポット冬の怒濤の墓積むよ 百合山羽公 寒雁
冬の濤テトラポットを丸呑みに 清水登江
冬怒濤何の化身のテトラポット 百合山羽公 寒雁
千鳥ゐしテトラポットの錨足 百合山羽公 寒雁
●波先
小春波手まねきほどに波先折る 平井さち子 鷹日和
波先や勢田の水行く朧月 猿雖 俳諧撰集「有磯海」
●波路
風花や波路のはては空青き 水原秋櫻子
鳰浮きあはせたる波路かな 軽部烏帽子 [しどみ]の花
●波飛沫
波飛沫かぶりきし身を春の炉に 久保美智子
郭公の公の聞えず濤飛沫 猪俣千代子 秘 色
すずめらに青波しぶき茄子畑 龍太
らいてふ忌舳先に浴びて波しぶき 黛 まどか
佐鳴湖の中洲の枯へ波しぶき 阿部すず枝
宝前のゆづり葉に波しぶきをり 手島 靖一
春寒き波しぶき見る与論島 今村柳枝
波しぶき上げ初潮の満ち来る 澤 草蝶
波しぶき空ながれゐる茅花かな 中戸川朝人 尋声
波しぶき雪煙となり崖のぼる 中戸川朝人 尋声
白南風や波のうへ飛ぶ波しぶき 長谷川櫂 虚空
磯の鵜や春一番の波しぶき 弘
苺摘む膝下に荒磯波しぶき 神尾久美子 掌
霞む日や人の面に波しぶき 岡本眸
●波繁吹く
●波畳む
あしかびに波押し寄する畳み皺 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
くろぐろと波畳まれて十三夜 河合凱夫
夕波の畳む岬や轡虫 風間 淑
死んでゆく畳の波を月照らす 白井房夫
波畳む壱岐や対馬や星合いぬ 寺井谷子
炉塞いで畳の海に波もなし 炉塞 正岡子規
秋の波畳々として音しけり 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
箱根鏡波飴のよに畳みけり 徳永山冬子
●波立つ
あをあをと東風波立ちて月いづる 松村蒼石 寒鶯抄
えぞにうの花や誓子の門波立つ 戸恒東人「桜鯛」
かくれ岩あり春の波立ちまさり 高濱年尾 年尾句集
かなかなや硯の海に波立ちて ふけとしこ 鎌の刃
きさらぎの空と真青なり田波立つ 木津柳芽 白鷺抄
これ程の鴨移動して波立たず 鵜飼美鶴
さいかちの莢鳴り湖に波立つ日 中戸川朝人
さゝ鳴にいつか波立つ海の暮 篠田悌二郎
しらうをののぼりくるとき波立てず 坂井たづ子
すべて打消す冬の河逆波立ち 津田清子 礼 拝
ばら黄なり小春ごころを波立たせ 鷹女
ぼてふりの消えて波立つ秋桜 文挟夫佐恵 雨 月
みづうみの喜雨濁りして波立てり 金森柑子
ゆふづくや円位忌の波立ち上り 鍵和田[ゆう]子
カルストの波立つ冠山萌ゆる 石原八束 空の渚
ベッドより長き手と足卯波立つ 森田智子
一握の餌に波立つ鴨の湖 田名部登美
一村の波立つ障子洗ひをり 今瀬剛一
七十路を越えて寒泳波立てず 鈴木 照子
凩に波立つ沼を今日の証し 下山光子
凩や我に向いて波立ちあがる 凩 正岡子規
切干や海波立つること忘れ 高澤良一 鳩信
初富士や宗吾の渡舟波立たず 石井とし夫
北斎の波立ちあがる冬隣 笠井香芳里
午後からの沼の波立ち源五郎 木内彰志
南風の波立ち上るより駈け出しぬ 西村和子 夏帽子
卯波立ち小貝打ち上ぐ阿尾の浦 竹中恭子
卯波立つバス江ノ電に追ひ越され 小竹梅堂子
卯波立つ中を戻り来大漁旗 吉川一竿
卯波立つ沖へ乗り出すえっさ丸 高澤良一 寒暑
卯波立つ雲仙岬をなすところ 田村木国
堀割の波立つことのなき薄暑 片山由美子 水精
宇治川に波立ちて来ぬ青簾 田村木国「大月夜」
室内プール波立つ 教師も母子も若く 伊丹公子 機内楽
小さき堰波立てゝをり春の川 高木晴子 晴居
山上湖とゞろ波立ち日の寒き 石塚友二 方寸虚実
山椒の芽さゞ波立てて拡ごりぬ 渡辺桂子
巌流島舟より低し卯波立つ 堀青研子
廃運河何に波立つ雪の中 水原秋櫻子
御座船に波立ちあがる放生会 福島けい子
急霰のはしり波立つ鯛生簀 石原義輝
恵方かな礁山に波立ちあがり 岡本まち子
慈悲心鳥落葉松の秀の波立てる 瀧 春一
指くめば心音の波立夏かな 野澤節子 『駿河蘭』
掛大根沼に波立ちゐたりけり 荻野忠治郎
断崖に波立ちあがる石蕗の花 岡本芳子
新涼や浴槽に波立てている 知念茶々
旅人に運河波立ち降る霙 有働亨 汐路
日のましたはるかはるかに波立てり 荻原井泉水
早苗田に水波立つや辰雄の忌 安田千夜子
星飛んで山湖の芯を波立たす 松村多美
春水にさゞ波立つは日高散る 篠田悌二郎
春航ぞ殉教の地へ舳波立て 友岡子郷 遠方
昼すぎてやゝに波立ち沖膾 篠田悌二郎
時間波立ち ベンツに睡る 老華人 伊丹公子 機内楽
最果志向 阻み 波立つ珊瑚の海 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 島嶼派
月餅をほほばり西湖波立たず 阿波野青畝
木曽川の波立ちやまぬ雁渡し 鷲谷七菜子 花寂び
机見れば木目波立つ夜寒かな 木歩
机見入れば木目波立つ夜寒の灯 富田木歩
楽浪の志賀に初波立ちにけり 高澤良一 燕音
水平線波立ち見ゆる寒日和 大橋敦子 匂 玉
水田多く見えて波立つ寒い夏 能村登四郎
水草の花夕空を波立たす 青柳志解樹
水郷は空も波立つ吹流し 町田しげき
氷波立つ男宮女宮とひきさかれ 平畑静塔
法難会日蓮岬卯波立つ 遠藤止観
波たちて波立ちて生ふ水草かな 池内たけし
波立ちて只揺れてゐる水澄 松藤夏山 夏山句集
波立つ瀬奥嶺の雪の解けそめたり 大島民郎
波立てて霧来る湖や女郎花 水原秋櫻子
波立てば逆立ちもする海雲かな 岡田耿陽
波立てる岸辺の草の駒返る 浦野せつを
波立てゝ二百十日の出船かな 月舟俳句集 原月舟
波立てゝ何故に鴨陣をとく 高木晴子
波立てゝ生簀涼しや闇の中 増田龍雨 龍雨句集
波立や野分のあとに合歓の花 神蔵 器
浮巣見に舟波立てず近よりぬ 中野博子
浴槽に熱き波立つ夕桜 櫛原希伊子
涸河の水海となる波立てり 松村蒼石 寒鶯抄
湖に波立ちて芋煮の火を煽る 五十嵐春男
湾内も白き波立つかじめ干 杉崎あさ
漕ぎ入りて四方の海苔麁朶波立つや 大橋櫻坡子 雨月
瀬波立つ花火日延となりし川 後藤夜半 底紅
焼岳や雲海に波立ちはじむ 内藤恵子
熊蜂の嬉々とゐて宙波立ちぬ 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
牡蛎*ひびに白き波立つ良夜かな 石原令子
犬吠埼へ波立ち上がる初日の出 水野澄子
産卵の*いもり夕波立ててをり 三原蛙子
白波の背波立つあり鮭のぼる 皆吉爽雨 泉声
白魚のさざ波立てる桝の中 串上青蓑
百舌鳥鳴くや夕波立ちし渡船場 長谷川草洲
盆の月鯉むらがりて波立てず 高井北杜
神傅流夫の泳ぎは波立たず 及川貞 夕焼
秋の波立ち上るより翳を抱き 西村和子 窓
秋桜七色の波立たせをり 新庄圭造
秋燈や女寝に立つ髪に手を 波多野爽波 鋪道の花
空也忌の波立ち上がり立ち上がる 雨宮きぬよ
竹植うる此日江水波立てり 高田蝶衣
経師屋の夜なべの紙は波立ちぬ 斉藤夏風
羽衣の松玲瓏と卯波立つ 松野自得
花太藺ささら波立つ風消えて 乾 節子
茎もたぬ蒲公英に波立ち上る(安房鴨川二句) 殿村菟絲子 『路傍』
蓮見舟蛇の骸を波立たせ 佐々木六戈
蓴生ふところさざ波立つところ 高崎武義
蜻蛉の行手波立つ最上川 斉藤夏風
補植する歩ごと波立つ深田かな 野木民子
赤腹に波立ち暮るる湖白し 原柯城(馬酔木)
赤腹の波立ち暮るる湖白し 原柯城
送火や濤より子波立ちあがる 中拓夫
金印の島あおあおと卯波立つ 松岡耕作(天籟通信)
阿賀野川あを波立てり初さくら 篠田悌二郎
雛静か琴は袂楽を波立てつ 河野多希女 両手は湖
鞁(むながい)置く熱砂さみしく波立たせ 対馬康子 愛国
響灘波立てれども西鶴忌 橋本鶏二
風のない涼しさよしんと葉波立ち 室生犀星 犀星発句集
食器洗う白き運河に卯波立つ 綾野南志
鮎鷹に宍道湖の波立ちそむる 川瀬カヨ子
鯔群るる音の波立ち走るなり 山上樹実雄
鯛荒し寄せたる網に背波立て 上杉緑鋒
鳶の笛東尋坊に卯波立つ 橋元信子
黎明のさゞ波立ちぬ蓮の花 佐野青陽人 天の川
黒髪も風に波立つ春岬 丸毛房子
●波散る
杖洗ふゆふべ残花の波に散り 黒田杏子 花下草上
波の穂の金色に散る実朝忌 大木 茂
海蝕巌草も穂をなし波へ散る 河野南畦 湖の森
清瀧や波に散込む青松葉 芭蕉
環礁に飛び散る波の夜光虫 合田丁字路
●波遠し
よもすがら鈴虫近く波遠し 鈴虫 正岡子規
海士の家や若和布干す日は波遠し 蓼太
波遠く退きたるところ蟹の穴 池田昭雄(冬野)
亀の子のはやる手足に波遠し 山下美典
波遠く細螺美しき函の中 山口青邨
●波の綾
●波の泡
磯波の泡波伸びつ金盞花 水原秋桜子
秋風や波の残せし波の泡 鈴木真砂女 生簀籠
貝塚に虫鳴けば白し波の泡 桂樟蹊子
●波の上
ちらちらと初雪ふりぬ波の上 正岡子規
リラを憶えば睡くてならぬ波の上 宇多喜代子
世の夏や湖水に浮かむ波の上 芭蕉「前後園」
世の夏や湖水に浮ぶ波の上 芭 蕉
冬鴎影遅れゆく波の上 福田鴉生
凧揺れて東京の屋根の波の上 青峰集 島田青峰
囮鴨時々鳴いて波の上 深見けん二
夕星(ゆうづつ)は立浪草の浪の上 藤田あけ烏 赤松
夜の秋の蠍座の尾を波の上 片山由美子
宮島の除夜の燈明り波の上 竹下陶子
御影講や千鳥の跡も波の上 三谷耕村
春の日や鴎ねぶれる波の上 闌更
木苺のさびしさ浪子碑波の上 河野南畦
束の間の佐渡や明けゆく卯浪の上 高澤良一 寒暑
波の上は風過ぐばかり天草取 鯉屋伊兵衛
波の上を走る波あり初嵐 岡田耿陽
波の上波のながれて桔梗蘭 吉田紫乃
波の上雨の走れり安房の冬 中戸川朝人 残心
涼しさや月徒渉る波の上 石塚友二 光塵
紅梅や日はくらくらと濤の上 鈴木鷹夫 大津絵
船ゆきて日覆も波の上ゆけり 山口波津女 良人
虚子の忌の伊予が近づく波の上 鈴木鷹夫 風の祭
蝶舞へりペーロン発ちし波の上 朝倉和江
行く春に塵をも付けず浪の上 中村史邦
補陀落や滝の聳ゆる波の上 春樹 (海上より那智の滝を望む)
陽炎や冬荒浪の砂の上 東洋城千句
韃靼の蝶のあしあと波の上 齋藤愼爾
餅花や淡路はくらし波の上 斎藤梅子
*はまなすや波のうへより濤襲ひ 岸風三楼 往来
波のうへに秋の咲なり千種貝 千代尼
波のうへに花浮き花や遠ロシヤ 大屋達治 繍鸞
白南風や波のうへ飛ぶ波しぶき 長谷川櫂 虚空
●波の音
*えり解いて畳の上に濤の音 古館曹人
*はまなすや波の音聞く水枕 雪島東風
あいの風防波堤うつ濤の音 藤井紫水
あたたかに忘れがちなる浪の音 中條 明
いつ散りし白薔薇そらを濤の音 桜井博道 海上
きさらぎのあけくれ波の音ばかり 鈴木真砂女 生簀籠
さへづりのすとんとやめば波の音 夏井いつき
しばらくは濤の音して春の月 北崎武
たまさかに浪の音して夜の雪なり 北原白秋 竹林清興
たまさかに浪の音する夜の雪なり 北原白秋
つはぶきの花へうしろの浪の音 鈴木蚊都夫
ながき夜や佛の耳に浪の音 会津八一
はまゆふの白へ紛れる波の音 福川悠子
ぱつたりとやんだ浪の音の夜のダリヤだ 北原白秋
ひともとの櫻に佇てば濤の音 環 順子
ふるさとに春を風邪寝の波の音 鈴木真砂女 夕螢
ふるさとの亥の子といへば波の音 木村蕪城
まひるまの波の音聴く合歓の花 西村和子
もつれあふて涼し松風浪の音 涼し 正岡子規
ゆく春の放送劇に波の音 内田美紗 魚眼石
七浦や安房を動かす波の音 正岡子規
世に遠く浪の音する深雪かな 臼田亞浪 定本亜浪句集
伊予は梅散りをり濤の音の中 鈴木鷹夫 大津絵
元朝の泳者ぞ潜く浪の音 石川桂郎 四温
冬浪の音の聴きたく障子開け 後藤夜半 底紅
冬浪の音断つ玻璃に旅寝かな 佐土井智津子
冬隣る夜をこまやかや濤の音 小杉余子 余子句選
初夢の土鈴に波の音すなり 水野恒彦
初潮や人は畠に波の音 会津八一
初鶏やひそかにたかき波の音 久保田万太郎 流寓抄
台風の近づいてゐる濤の音 岡安仁義
向日葵の迷路どこまで波の音 小野恵美子
夜に入りて波の音あり避寒宿 中 火臣
夜の秋のすこし間をおく濤の音 小川鴻翔
夜や更けぬ蚊帳に近き波の音 蚊帳 正岡子規
寒念佛聞きわけてまた波の音 斎藤夏風
山吹の根行く輪波の音たてて 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
崎の蝉鳴き出で濤の音をつらぬく 篠原梵 雨
引く浪の音はかへらず秋の暮 渡邊水巴
放哉の卯波の音と聞きゐたり 飯島晴子
料峭のこの道行けば波の音 行方克巳
新藁にかがみて濤の音拾ふ 裕
日脚伸ぶ机の下に波の音 今井聖
早梅の花ほつほつと濤の音 細田寿郎
明月に波の音見るゑくぼ哉 名月 正岡子規
星合の波の音する新羅の壷 飯島晴子
星流れ土偶の眼より波の音 菅野茂甚
春の夜の大きな~濤の音 京極杞陽 くくたち上巻
春の夜の玻璃戸の外の波の音 星野立子
春の夜や重たう打てる波の音 小杉余子 余子句選
春眠のわが身をくゞる浪の音 山口誓子
春風やちよろりちよろりと波の音 春風 正岡子規
昼顔にからむ藻屑や波の音 昼顔 正岡子規
昼顔にひと日けだるき波の音 鈴木真砂女 夕螢
昼顔や砂丘の果ての波の音 鈴木文野
昼顔や老いることなき波の音 青木重行
智恵子碑の残暑とろとろ濤の音 鍵和田[ゆう]子 浮標
月光とまぐはふ波の音ばかり 森壽賀子
村じゅうにある一月の浪の音 岡田 耕治
松落葉元寇の波の音きこゆ 高橋沐石
松過ぎの良寛堂や濤の音 森田公司
枇杷*もぎし山のやせける波の音 木下 慈子
枕かへし冬濤の音ひきよせる 橋本多佳子
林檎をかぢつて、夜、浪の音がしてゐる 北原白秋
柚子剥けばいちにち風と波の音 春樹
桑の実は食べごろ波の音ばかり 高瀬恵子
椅子に寝て波のプールは海の音 松浦敬親
母に抱かれて初秋の波の音 藤原満喜
水貝や安房の一夜の波の音 深見けん二
永き日やくたびれもせぬ波の音 日永 正岡子規
河豚汁や風をさまりし波の音 山田春生
波の音いと高く蝿生れけり 久保田万太郎 流寓抄
波の音さっと切り裂く寒の鰤 福原幸江
波の音たかく元日をはりけり 久保田万太郎
波の音たかく元日了りけり 久保田万太郎 流寓抄
波の音ときどき高き敷松葉 川崎展宏
波の音とどく寺領の思ひ草 青柳はじめ
波の音はこぶ風あり秋まつり 久保田万太郎 流寓抄
波の音やゝたかく蝶うまれけり 久保田万太郎 流寓抄
波の音をりをりひびき震災忌 久保田万太郎
波の音低し雪国雪止んで 深見けん二
波の音教室を占め夏休 鈴木貞雄
波の音残して月の去りにけり 松田美子
波の音聞ゆる浜に花火待つ 長田一男
波の音話を奪ふ月にあり 大場白水郎 散木集
波の音遠し水仙揺れどほし 久万とみ子
流星やかくれ岩より波の音 加藤楸邨
浜木綿の薄暮にひらく濤の音 古館曹人
浪の音にも馴れ過ぎた衣更へてる 北原白秋
浪の音は遠し あんまにからだ右を左にする 荻原井泉水
海に来て浪の音聞く真砂女の忌 後藤綾子
海へ降る霰や雲に波の音 基角
海へ降霰や雲に波の音 榎本其角
海苔粗朶に潮引ききりし波の音 森田かずを
涼しさや平家亡びし波の音 涼し 正岡子規
涼しさや平家亡びし浪の音 子規句集 虚子・碧梧桐選
満月も菜の花いろや波の音 朝倉和江
灯かすかに沖は時雨の波の音 時雨 正岡子規
灯火によこぶよ多し浪の音 籾山梓月
煤逃げの伊豆に二泊の波の音 鈴木鷹夫 風の祭
牡蠣船や静かに居れば波の音 日野草城
甘蔗刈の歌となりけり波の音 米須盛祐
由良の門の冬天浪の音満てり 山口草堂
番神堂に入りて春めく濤の音 笠原古畦
病めばきこゆ春の襖の波の音 鷲谷七菜子 花寂び 以後
白菊の在所に入れば波の音 山本洋子
白蚊帳のなかは真白き波の音 明隅礼子
真夜中や涼みも過ぎて波の音 納涼 正岡子規
短夜や波の鼓の音早し 短夜 正岡子規
短日やにはかに落ちし波の音 久保田万太郎 流寓抄
短日や俄かに落ちし波の音 万太郎
砂日傘睡気催す波の音 笠原古畦
磯に来て卯浪の音となるところ 浅賀魚木
空耳に濤の音聞く春の暮 伊藤京子
立待の月得てよりの波の音 吉本和子
竹島に灯のつき波の音涼し 栗田せつ子
紅葉寺いつ訪ねても濤の音 蒲澤康利
老杉の間涼しかり波の音 石寒太 翔
聖夜劇牧師が波の音つくり 真下耕月
肌寒やふじをまきこむ波の音 肌寒 正岡子規
臨終なる父の口から波の音 仁平勝 東京物語
花ぎぼし句碑と吹かるる波の音 伊藤あかね
花芭蕉むかしの波の音きこゆ 澤木欣一
若鮎や波のすれあふ波の音 古館曹人
茶の花や越後村上浪の音 三浦仙水
荒東風にのる波の音父の墓 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
落椿よろめくほどの濤の音 鍵和田[ゆう]子 浮標
落鮎や一夜高瀬の波の音 立花北枝
蓬生ふ月指す城の波の音 横光利一
蘆ちるや淺妻舟の波の音 芦の花 正岡子規
蘆刈りて日を横たへぬ波の音 石田 厚子
螢袋ふくろにためて濤の音 原田青児
行く年の波の音ともきこゆなり 柏崎要次
要咲く山垣尽きて波の音 藤田れい子「新山暦俳句歳時記」
豆実る天心居なり浪の音 及川貞 榧の實
踊唄息つぐときの波の音 鹿喰悦子
遠つ世の浪の音きけ宝舟 星野石木
釣舟草耳をすませば波の音 山崎ルリ子
鎌倉は波の音より明易し 星野椿
門火消えもとのくらさに濤の音 原田青児
闇冴えて虚空に聴きし濤の音 鷲谷七菜子 雨 月
雑炊となりし宴に浪の音 中戸川朝人 尋声
雛芥子や机の上に濤の音 磯貝碧蹄館
青饅や島に泊れば波の音 草間時彦 櫻山
風涼し生地(せいち)へかへる浪の音 立花北枝
鯔納屋の春陰濤の音ばかり 北見さとる
鴬を聞きとめしより波の音 行方克己 知音
●波の花 波の華
かき合はす衿に舞ひきて波の花 伊藤節子
ほうほうと波の華てふもの飛べる 行方克巳
まさをなる天にも流れ波の花 神蔵 器
オロシヤより風吹きつのる波の花 池野よしえ
シベリアの風が紡ぎし波の花 辻口静夫
八一忌の波の花とぶ日なりけり 山田春生
吹雪より波の花また高舞へり 桑田青虎
夕晴や桜に涼む波の華 松尾芭蕉
奥能登に波の花散る別れかな 田上さき子
奥能登の淋しさつのる波の華 定梶き悦
担ぎ出し洗ふ大樽波の華 下田稔
放下して巌くろがね波の華 下田稔
沸き上る海を毟りて波の花 神蔵 器
波の花とべば遥かな雪嶺あり 加藤有水
波の花と雪もや水の返り花 松尾芭蕉
波の花ひかりは暗きもの裹む 渡辺香根夫
波の花ふたたび波に帰るあり 豊原月右
波の花ぶつかり合ひて松が枝に 千田一路
波の花崖の四五戸は昼灯す 千田一路
波の花意志あるごとく岬曲がり 桝谷栄子
波の花散りてや磯のさくら貝 竹夜
波の花昨日のバスの運転手 小林こみち
波の花湧きたつ闇の村はづれ 井上雪
波の花空へ吹き上ぐ親不知 同村文彦
波の花能登最果ての晴れて見ゆ 山本満義
波の花舞ひて曽々木の陣太鼓 村本畔秀
波の花蝶にならむと岩の上 田中英子
波の花雪垣を出でぬ雀どち 中戸川朝人 残心
波の花飛ぶ風音と変りけり 下谷行人
波の華とびつく能登の千枚田 森下清子
波の華走りころがり部落口 岸田稚魚
海沿ひを走る鈍行波の花 斉藤葉子
燈台の点滅に浮く波の花 林 照江
磯路ゆくバスに飛びつく波の花 水田江葦
絶壁を登りつ飛びつ波の花 藤本朋子
能登荒磯曾々木の空の波の花 石原八束
茶店より出てさざ波の花筏 平野冴子
降り積る雪より白し波の花 浦幸雪
飛ぶ力なき波の花岩に憑く 里見玉兎
とりつきし岩から剥がれ浪の花 星野八郎
シベリアの風ちぎれ舞ふ浪の花 吉年虹二
一日の路や菜の花浪の花 菜の花 正岡子規
岩削がれ漢のかたち浪の華 赤塚五行
浪の花もまれゐるうち吹き飛びぬ 加藤絹子
浪の花巌をせめぎて吹き寄れり 長谷川久々子
浪の花洗ふ障子をはしりつゝ 阿波野青畝
浪の花礁に育つ羽音かな 吉田功次郎
浪の花音もろともに舞ひ上る 荒舩青嶺
浪の花飛んで来る日の雪囲 後藤比奈夫
浪の華とき~舞ひて荒磯凍つ 雁択水
疎に密に礁を翔てる浪の花 鶴田佳三
簗打ちやさゝらささらと浪の花 阿波野青畝
能登瓦越えて舞ひけり浪の花 林 徹
鵜の飛ぶは悲しき眺め浪の華 久國兆元
●波の穂
しはぶくや冬浪の穂の明るさに 内藤吐天 鳴海抄
のこりたる波の穂ばかり流し雛 橋田憲明
ふくらんで波の穂にのる都鳥 雨角玲子
ギブアツプ いやいや波の穂が光る 大平 愛
サンタマリヤで支える波の穂ゆれやまぬ 八木三日女 赤い地図
佐渡見えて土用波の穂波を截る 沢木欣一「雪白」
冬波の穂のちぎれとび壇ノ浦 桑田青虎
初富士や浪の穂赤き伊豆相模 格堂
夏曉の浪の穂に生れ陸みどり 桂樟蹊子
暁紅に波の穂染まり鷹渡る 斎藤朗笛
松虫や夜の波の穂見ゆる原 秋櫻子
橋脚を洗ふ波の穂初明り ふけとしこ 鎌の刃
水鶏ゐて波の穂白く明けそめぬ 加藤楸邨
波の穂に現るる国後島鱈を干す 山本 雅子
波の穂に襲ひかかりしとんどかな 岸田稚魚 『雪涅槃』
波の穂に驚き易き千鳥かな 城谷文城
波の穂のおぼろおぼろをたゝみ航く 橋田憲明
波の穂のみなわれに向き青岬 藤井 亘
波の穂の月にこぼるる白魚網 平賀扶人
波の穂の段なすひかり蛍烏賊 福山志づ
波の穂の蠢いてゐる朧かな 鈴木貞雄
波の穂の金色に散る実朝忌 大木 茂
波の穂の風に揃はぬ二月かな 鈴木真砂女
波の穂はさうびの闇に来て光る 岸風三楼 往来
波の穂も若布刈の棹も光るなり 宮下翠舟
浪の穂にうかぶも一羽秋の鵜は 佐野まもる 海郷
浪の穂やまぎれで遠く飛ぶ千鳥 東洋城千句
湾奥へ波の穂が駈け春一気 奈良文夫
簀にしづむ波の穂ばかり簗も末 皆吉爽雨 泉声
雲海の波の穂はしる御来光 水原秋櫻子
霙れそむ波の穂光ゲの夜に消ゆる 石原八束 空の渚
飛魚の波の穂を追ひ穂におちぬ 原柯城(馬酔木)
鮑桶高浪の穂につと走り 鈴鹿野風呂 浜木綿
●波の間
名月をかさねつこけつ波の間 一茶
波の間を上手に揺れて昆布舟 今井杏太郎
波の間や小貝にまじる萩の塵 松尾芭蕉
●波の列
うやうやしき波の列くる懐手 大木あまり
波の列乱るるところ搗布生ふ 小川背泳子
●波奔る
ミモザ咲き磯横ざまに奔る波 水原秋櫻子
土用波の裏は日あたりつつ奔る 加藤楸邨
天に入る芒野の波奔放に 古賀まり子 緑の野以後
七夕やくらきを走る波がしら 杉山 岳陽
八月の行方や稲に波走り 米澤吾亦紅
冬凪のさざ波走るひとところ 上原一郎
凩や波のほさきの走り舟 凩 正岡子規
初花や魂のごと波走り 岩井久美恵
卯波といふ白き泡立ち走り寄る 細見綾子
夜焚火や闇より波の走り出づ 岡本眸
岩壁に鮫裂き卯波走りこむ 伊藤白楊子
年立つや波が走りて鴎散る 中拓夫
待ちかねてさざ波走る田植あと 都筑智子
沖を走る波の白兎や柿接木 中拓夫
波がしら虹伴れ走るお元日 中戸川朝人 残心
波が波押さへて走る葉月潮 遠藤芳郎
波の上に波走りくる葉鶏頭 河内静魚
波の上を走る波あり初嵐 岡田耿陽
波の上雨の走れり安房の冬 中戸川朝人 残心
波伸びて砂を走りぬ春隣 稲畑汀子
波走る岬の村もお元日 長谷川かな女
海桐の香夜を走りつぐ波白し 岡田 貞峰
白扇に一筆描きの波走る 東峰芳子
磯遊びする子が走り波走る 上野泰 佐介
紀の海の鰆走りの波迅し 山川喜八
紺碧の波走りくるサーフィン 藤原照子
縺れつつ解けつつ走る稲穂波 若井新一
背黒鶺鴒波に驚きとと走り 高澤良一 ぱらりとせ
腦痛む河波走り沸きたつデルタ 鈴木六林男
苧殻たくあとすぐさらひ走り波 鈴鹿野風呂 浜木綿
菜の花に入らんとするや走り波 橘田春湖
蛙子や折々水の面走る波 高濱年尾 年尾句集
蛤や二月の波の横走り 殿村莵絲子 雨 月
走りつゝ鮭の背波に網打てり 黒川龍吾
送り火をすぐに消したる走り波 鈴鹿野風呂 浜木綿
鮒走る時波走り蓮を植う 高瀬初乗
鯔群るる音の波立ち走るなり 山上樹実雄
鶏頭にひかりの波のひと走り 大木あまり 雲の塔
●波間
せめぎ合ふ波間に海鵜ただよへり 三好知子
ひとり寝や暗き波間はしぐれゐて 柴田白葉女 『冬泉』
まなかひに暗き浪間や初日の出 増田龍雨 龍雨句集
サーフィンの踊り出でたる波間かな 堀内紗知
ダリヤ燃ゆ拒否と受容の波間なる 河野多希女 こころの鷹
一つ鵜の波間がくれの春浅き 大場白水郎 散木集
一汁のほかはとどろく土用波 間立素秋
不知火や女に通ふ浪間舟 野間喜舟
何笑うて波間に消へし鯨の目 高澤良一 ぱらりとせ
初秋の潮の香闇の波間より 相河美智子
墨堤に返す波間の都鳥 鳥飼しげを
天草取波間波間にいぶく声 松藤夏山
妻の名を花に与へて日本語の波間にあをくシーボルト居き 大口玲子
小田原の波の波間の一の花の舟 阿部完市 春日朝歌
山を手にのせて波間のゆあみかな 海水浴 正岡子規
惜春や波間の鴎一トならび 五十嵐播水 埠頭
日の落ちる波間のくらげわが喪見ゆ 金子弘子
春の月上りて暗き波間かな 後藤夜半
昼寝覚波間に鯔の見えにけり 岩月通子
水牢を脱けて波間に雛抱く 高澤晶子
沙羅の花波間に蟹の沈むかな 岸本尚毅 選集「氷」
波間からぴんと出たり浦の玉兎(つき) 幸田露伴 谷中集
波間よりこゑの飛びくる立版古 宇佐美魚目 天地存問
波間吹くそよ風ゆかしさくら貝 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
生簀籠波間に浮ける遅日かな 鈴木真砂女 生簀籠
舟速し波間の百合に遠ざかる 五十崎古郷句集
萍を波間に河口近づけり 篠田悌二郎
遠泳の頭波間に減りもせず 品川鈴子
遠雷や波間波間の大凹み 松本たかし
面上に散乱す花火波間にも 石原八束 空の渚
首立てて春の波間を鵜の一塊 日比野里江
●波枕
ころりんと渚に海鼠波枕 高澤良一 素抱
みえはじめはかまとゆかいに波枕 阿部完市 春日朝歌
丈夫(ますらを)やマニラに遠き波枕 攝津幸彦
放生の河豚しばらくは波枕 森田峠 逆瀬川以後
昼月をあふぎ海月の波枕 高澤良一 宿好
老梟となりゆくもよし波枕 佐藤鬼房
波まくら小舟にうすき蒲団かな 闌更
木枯の夜明が見えて波まくら 中拓夫
●波除
よしきりや波除ありて田の家居 木津柳芽 白鷺抄
一月や波除こゆるなみしぶき 久保田万太郎 流寓抄
波除けにねずみかくるる土用かな 鈴木真砂女
波除けの目よりもたかし春しぐれ 久保田万太郎 流寓抄以後
波除にのみ波見ゆる冬椿 大西桑風
波除に大年の波静かかな 松本たかし
波除に旱雀の痩せにけり 森田峠 逆瀬川以後
波除に海女が作りし注連の屑 牧野春駒
波除の上に並びて注連作り 岡田耽陽
波除の暮れゆく村の田植かな 大峯あきら 鳥道
波除を越ゆる波あり豆の花 清崎敏郎
●波寄す
あしかびに波押し寄する畳み皺 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
いわし寄る波の赤さや海の月 桃首 古句を観る(柴田宵曲)
うち寄せる波染め抜きて夏暖簾 唐橋秀子
かなかなの森の色して波寄する 古館曹人
こころにも寄する波あり冬かもめ 伊藤道子
しら波のはればれと寄す恵方かな 澤村昭代
たわいなき波寄せてをり缶ビール 鈴木鷹夫 春の門
てのひらの波の寄せくる盆踊 嶋田麻紀
ななかまど支笏の波は草に寄す 古舘曹人 樹下石上
アマリリス曇り日寄する波一線 水原秋櫻子
サハリンより寄せて春寒日暮波 高澤良一 素抱
九十九里一線に寄す土用波 土田祈久男(濱)
佐渡院に波押し寄する端居かな(佐渡十句) 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
光撥ねつつ春の波躍り寄せ 西村和子 夏帽子
兎波マーガレットに駈け寄りぬ 高澤良一 さざなみやつこ
全裸なり波ひたひたと寄る術後 対馬康子 純情
冬満月佐渡より寄する波がしら 文挟夫佐恵
卯波といふ白き泡立ち走り寄る 細見綾子
卯波寄す力くらべの神の岩 神蔵 器
卯波寄す大王崎の朝ぼらけ 大橋克巳
吾妹子に仇波寄する汐干かな 寒川鼠骨
周防の海航くもかえるも佐波島に思いの波を寄せては過ぎる 西内敏夫
和布刈炬に躍り寄り来る波がしら 藤本和理子
土用波寄するや荘の裏梯子 久米正雄 返り花
塗畦の波のごと寄せ山陰線 西村公鳳
夏草の波かと寄する椅子一つ 中島和昭
夕月夜乙女(みやらび)の歯の波寄する 沢木欣一
夜光虫波は渚に冥く寄す 神内妙海
寄す波の打つ船腹もおぼろかな 堀田春子
寄せて来て返すことなき青田波 大久保和子
寄せて来る女波男波や時鳥 井上井月(1822-86)
寄せる波大きく返す海開 稲畑汀子
寄せ返す波のしぐさの優しさにいつ言われてもいいさようなら 俵万智
寄せ返す波の小声に秋日和 片山由美子 風待月
寄り添つて波を忘れし都鳥 福永みち子
寒梅や光琳波を寄せ付けず 安東次男
巌に寄する白き海波の春寂と 瀧春一 菜園
引く波はまた寄せる波磯遊 佐藤静良
弖爾乎波(てにをは)と寄る年波に躓けり 内田利之
手をつなぎ寄せて来たりし春の波 西村和子 夏帽子
手波もて寄る燈龍を送りけり 福田蓼汀 山火
日蓮の俎岩に卯波寄す 大西八洲雄
早春の波寄せ故郷唱もなし 藤後左右
早春の波寄せ濱に寡婦溢る 藤後左右
早稲の穂に能登より寄する波幾重 河北斜陽
春浅し寄せくる波も貝がらも 川崎展宏
月の波竜王岬に寄せ返し 安芸游子
朝羽振る沖波寄るや秋袷 中拓夫
松の花波寄せ返すこゑもなし 水原秋櫻子
松島の白磁の磯に卯波寄す 松本鶴栖
気動車へ野菊の波のひた寄する 鳥居おさむ
水門に夕波寄する針まつり 角川春樹
沖照りの東風波寄する聖母巌 下村ひろし 西陲集
波あまた押し寄せていて山眠る 恒藤滋生
波たてて水仙園に船寄り来 川崎展宏
波の数だけの初日が寄せてくる 関口比良男
波ゆきて波ゆきて寄る海月かな 高野素十「初鴉」
波を繰返し菱の実打寄せる 依田明倫
波寄せしさまに渚の薄氷 宮地玲子
波寄せてよせても遠き浮寝かな 近藤良郷
波寄せてゐる刻とみし珊瑚草 嶋田一歩
波寄せて国上山ひそけき蔵開 斎藤夏風
波寄せて山の木の芽は燃えにけり 太田鴻村 穂国
波寄せて月の渚の祭笛 岡崎憲正
波寄せて蘇生をはかる夕渚 林田紀音夫
波消ゆる岸辺に寄りて根無草 稲畑汀子
波音のなくて寄す波朝ぐもり 水野宗子(麓)
浜昼顔退屈な波寄せてをり 和田順子「錐体」
浜社無月の波の寄するのみ 小原牧水
浦寺に波の寄るべの十夜かな 野村喜舟 小石川
海酸漿高音は波の寄るときに 高野夜穂
海霧とざす沼波岸に寄するのみ 高濱年尾 年尾句集
湖の波寄せて音なし草紅葉 深見けん二
灌仏の柄杓寄すれば波起り 岩田由美
照り雲や夜見の浦波寄せ返せ 臼田亜浪 旅人
牡蠣舟に波の明暗寄せ返す 稲畑汀子 汀子第二句集
畦の波麓に寄する山ざくら 松藤夏山 夏山句集
白堊紀の石に波寄す賢治の忌 遊田禮子
盆の波連れくるもののなく寄する 宮津昭彦
盆波の寄せ来し板にロシア文字 柏原眠雨
石庭の波の寄せくる春あらし 原 裕
砂日傘ジブラルタルの波寄する 岩崎照子
磯巾着波引き寄せて管を上ぐ 赤木日出子
磯菜摘む波は寄せつつ限りなし 清崎敏郎
秋思また波のごとくに寄せてきし 高倉和子
秋深き吾にのみ寄する湖の波 加倉井秋を 午後の窓
群鰮畝波捲きて寄する岸 石塚友二 方寸虚実
耕牛に海の波寄る田の古び 加藤楸邨
若水を汲むための井戸波寄する 加藤憲曠
葭五位にさざ波寄する網走湖 高木良多
詩も波も寄せてはかへす鵜はとばずも 磯貝碧蹄館 握手
貝寄風にまた白き富士白き波止 百合山羽公 寒雁
貝寄風の波光り合ふ石廊崎 古市枯声
赤富士やちやぷちやぷ波の寄り来たり 森玲子
郷愁や夏波ななめにななめに寄す 川口重美
門中墓平たくぬくき波が寄す 鳥居おさむ
障子洗ふ波に寄り得ぬ芥かな 大橋櫻坡子 雨月
雛流す少女の素足波が寄す 郷原弘治
青山へ青田の波の寄する村 松本たかし
青田波ポンプ小屋へと寄せにけり 大野信子
青田波寄せ来る中の賢治論 伊藤和枝
飛魚の波寄すを待つ十字墓 下木和子
馬鈴薯にさざ波のごと土を寄す 加藤季騒
駿河湾波の寄せ来る初湯かな 築城百々平
鯛荒し寄せたる網に背波立て 上杉緑鋒
鰰の寄る波色となって来し 国安一帆
鱚舟に研ぎたての波光り寄す 石塚友二 光塵
麦の波押し寄せてくる古墳山 伊藤いと子
●野分波
あをあをと心の末の野分浪 恩賀とみ子
くらがりの野分浪みな癇高し 榎本冬一郎 眼光
三河より男がひとり野分濤 鈴木鷹夫 春の門
塵夫出でてこころを遣らふ野分浪 山口誓子
崖草は空へ綯はるる野分波 林翔 和紙
海峡の中ほどくらき野分波 能村登四郎 民話
海彦の荒ぶるこえか野分浪 杉本京子
照りつけし昨日は遠し野分波 米沢吾亦紅 童顔
熊野市を潮に煙らす野分浪 茨木和生
眦の海をはみ出す野分浪 佐藤鬼房
磯神の一燈の白野分浪 近藤一鴻
荒磯や海のこなたの野分濤 石塚友二 光塵
通勤の明日にとく寝る野分浪 百合山羽公 故園
野分波浚渫の一燈あるかぎり 中戸川朝人 残心
野分浪さなくとも旅衣しめりやすし 橋本多佳子
野分浪ひびけ抱かるる骨壺よ 羽部洞然
野分浪をさまり汀砥のごとし 下村槐太 天涯
野分浪倒れんとして立ち怺ふ 上田五千石 風景
野分浪夫臥しをればひとり見る 山口波津女 良人
野分浪白しや信ぜざるべからず 下村槐太 天涯
野分浪立ちゐる簀戸をなほ替へず 内藤吐天 鳴海抄
野分浪肺腑もんどり打つばかり(佐渡秋意) 野澤節子 『飛泉』
●波響
冬の波退くや鉄鎖の響きして 長谷川櫂 古志
天草小屋羽目一面に波響く 川村紫陽
盆の波ゆるやかにして響きけり 岸本尚毅
秋蝉の穴あり蠣崎波響墓 西本一都 景色
船腹に五月の波の響きかな 島田五空「裘」
●波光
ギブアツプ いやいや波の穂が光る 大平 愛
上瀞は波の光りて船遊び 鷹羽狩行
九十九里の波の遠鳴り日の光青葉の村を一人来にけり 伊藤左千夫
光るもの波となり来し初明り 稲畑汀子
光る時ひかりは波に花芒 稲畑汀子
光る時光は波に花芒 稲畑汀子(1931-)
光撥ねつつ春の波躍り寄せ 西村和子 夏帽子
冬桜波のひかりと光りあひ 正円青灯
千波湖の梅の香越しに光りけり 飯野吉男
寒梅や光琳波を寄せ付けず 安東次男
山笑ふ野はさざ波の光満ち 手塚順
岩かげの波折れ光ひきすみれ草 石原舟月
岩一つ一つに初夏の波光る 岸田竹女
引鴨や光も波もこまやかに 津田清子
春めくや波は光を巻きこみて 飯尾婦美代
春光の波が引摺るほんだはら 阿部ひろし
春光も波もとどまつてはをらず 竹下陶子
春光やさゞ波のごと茶畑あり 森田峠
春光を砕きては波かゞやかに 稲畑汀子 汀子第二句集
横笛のごと波光り螢籠 田川飛旅子
沼波の光りを消さず時雨来し 石井とし夫
波の穂はさうびの闇に来て光る 岸風三楼 往来
波の穂も若布刈の棹も光るなり 宮下翠舟
波光るその一つより鯊釣れて 大竹きみ江
波光るとき鴨いづこ鳰いづこ 稲畑汀子 汀子第二句集
渦潮の波光むらだつ天の澄み 石原八束
簗の簀の光琳波に落鰻 新村寒花
胸の波砕けて夜光虫より光る 大木志峰
若芦に来て浦波の光りけり 菅井たみよ
荒磯しぶく波秋光を撒きにけり 中川久子
貝寄風の波光り合ふ石廊崎 古市枯声
貯炭場に花のながるる波の光ゲ 石原八束 空の渚
遠足に今年の白き波光る 齋藤愼爾
釣山女光る瀬波に戻しけり 松田 聖魚
阿蘇噴くとむらだつ烟の凍波光 石原八束 空の渚
雨光りパパイヤ青き残波岬 鳥越憲三郎
霙れそむ波の穂光ゲの夜に消ゆる 石原八束 空の渚
風だちて落花の光る波上かな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
飛魚の翼の光り波を切る 高濱年尾
鯊釣るや光琳波に湖凪いで 高井北杜
鴨がひく波光櫟の幹にさす 川島彷徨子 榛の木
●初凪
ジユゴン棲む初凪の海汚すまじ 国吉良子
五指浸しみる初凪の地中海 品川鈴子
伊豆の海初凪せるに火桶あり 水原秋桜子
初凪げる和布刈の磴に下りたてり 杉田久女
初凪といふ美しき海の皺 吉田美佐子
初凪に岬燈台白一指 誓子
初凪に島の祠の昼灯 久米正雄 返り花
初凪に豚の金ン玉遊びをり 川崎展宏
初凪のお手玉となる日と月と 原裕 正午
初凪のかぐろき海に圧されゐる 伊東月草
初凪のどこまでが海月のぼる 中村棹舟
初凪のふる里に母待ちくれし 中井文子
初凪の一湾海の門(と)まで見ゆ 山口誓子 大洋
初凪の二つの島へ渡し舟 青山冬至
初凪の五湖へ裾ひく富士の山 竹内和歌枝
初凪の伊良湖恋路という真砂 山田亀城
初凪の光の中の孤舟かな 大谷茂
初凪の光りまとひぬ石叩 増田燕城
初凪の切つ先となり出航す 森岡正作
初凪の壇の浦辺のゆきゝかな 楠目橙黄子 橙圃
初凪の宇多の松原うちつれて 下村梅子
初凪の安房の礁のこむらさき 草間時彦
初凪の安房は渚に牛放つ 稲垣きくの 黄 瀬
初凪の岩の鵜ひとついつ翔つや 長谷川久代
初凪の岩より舟に乗れと云ふ 川端茅舎
初凪の岩飛び~の遊びせり 西村濤骨
初凪の島に人形の首刺さん 星野紗一
初凪の島は置けるが如くなり 高濱虚子
初凪の帆と旅客車と行き交へる 宮武寒々 朱卓
初凪の極みよ湾の奥の奥 山口誓子
初凪の沖の深さの光りけり 安立恭彦
初凪の波止に睦みて雀どち 茂里正治
初凪の浜に来玉を拾はんと 高浜虚子
初凪の浜辺に赤き貝拾ふ 茂木房子
初凪の海へ乾きし藻を戻す 白虹
初凪の海を漕ぎくる祖父なりき 津田清子
初凪の渚ゆたかに撓んだり 風生
初凪の渚を駆ける郵便夫 杉山碧風
初凪の湾一枚となりにけり 千葉仁
初凪の潮の満ちくる青さかな 太田 蓁樹
初凪の潮目境を見せてをり 湯浅桃邑
初凪の灘色分かつ流れあり 木村緑枝
初凪の煙草火砂にさして消す 藤井 亘
初凪の真つ平なる太平洋 山口誓子
初凪の礁ぬきんづ新夫婦 原裕 葦牙
初凪の美しくもあらぬ貝拾ふ 鍵和田[ゆう]子 浮標
初凪の艪櫂かつぎて舸子の妻 石田ゆき緒
初凪の芥に芽吹く玉葱よ 高麗銀糸尾
初凪の若者にして縁の使者 中村草田男
初凪の遊覧船の高浮び 中村汀女
初凪の針路東へ多島海 三戸都起子
初凪の青を違へて空と海 今橋眞理子
初凪の願かけとばす一の石 原裕 青垣
初凪の鳶の眼を借りにゆく 石田郷子
初凪やあつけなく果つ海女角力 小島千架子
初凪やかがめばありし桜貝 山本歩禅
初凪やさすがサーフィン族もゐず 清崎敏郎
初凪やさねさし相模しらねども 有澤[かりん]
初凪やものゝこほらぬ国に住み 鈴木真砂女 生簀籠
初凪やセロリのスープすきとほり 鈴木多江子
初凪やワイングラスにある夕日 小高沙羅
初凪や人立つ柚の実すずなりに 蒼石
初凪や伊豆の石廊は風絶えず 景山筍吉
初凪や供華あたらしき潮仏 畠山譲二
初凪や児島湾なる備前富士 岸風三樓
初凪や入江重ねて安房上総 平松茂都子
初凪や十戸十舟江に映り 堀 葦男
初凪や千鳥にまぢる石たゝき 島村元句集
初凪や四羽の鵜のとり礁の上 白泉
初凪や大いなる日の生れつゝ 中川宋淵
初凪や大きな浪のときに来る 高浜虚子
初凪や太地の浜に鯨来て 松林馨子
初凪や妻に五勺の笑い酒 西條泰弘
初凪や小さなドイツ料理店 本井英
初凪や小石奏づるほどの波 川崎展宏
初凪や小舟過ぎゆく巌流島 船山俊子
初凪や島根まばゆき流れ汐 梨葉
初凪や廃校いまも図画を貼り 山田紀代
初凪や日々やせてゆく島に住む 井上海風
初凪や普賢岳の修羅の際立ちて 杉村凡栽
初凪や松の向うの城ケ島 嶺治雄
初凪や松ばかりなる舞子浜 鈴鹿野風呂 浜木綿
初凪や橋七つ過ぎ浜離宮 恩田秀子
初凪や水を豊かに総国 木津みち子
初凪や氷張りたる滑川 水原秋桜子
初凪や汐さび声の男たち 佐藤みゆき
初凪や汐引き砂のつぶやける 阿部みどり女
初凪や波に戯れ二少年 山口青邨
初凪や海に根を張る利尻富士 宇都木水晶花
初凪や潮が描けるよろけ縞 樫村ひろ子
初凪や潮の道ある両津湾 平岩 静
初凪や潮引き砂のつぶやける 阿部みどり女
初凪や瀬戸に千島千の神 上原白水
初凪や無人の校庭平なる 江森定子
初凪や犬吠岬を畑の下 小杉余子 余子句選
初凪や玉磯に鹿ちりばめて 八染藍子
初凪や生簀の魚が海を恋ふ 大竹多可志
初凪や登城の道の松の中 乙字俳句集 大須賀乙字
初凪や白髯橋はうす~と 青邨
初凪や真珠筏に波たたみ 御村善子
初凪や神の鹿島へ手押船 波多野晋平
初凪や翔てばみな翔つ鴨の群 大友月人
初凪や膝下へいたる湾一枚 草田男
初凪や航空母艦平かに 五十嵐播水 埠頭
初凪や艫をおすも亦一水兵 高野素十
初凪や若者にして縁の使者 中村草田男
初凪や茫洋として新世紀 西岡正保
初凪や蘂のあふるゝ磯椿 秋櫻子
初凪や裏戸より鶏はしり出て 桂信子 緑夜
初凪や誘はれ出でし由比ヶ浜 池内たけし
初凪や遠くに居れる伊豆の雲 阿波野青畝
初凪や野付半島砂嘴長し 吉田晶子
初凪や鉄路呑み込む海峡線 鈴木一舜
初凪や雲を聚めて小さき富士 新田 郊春
初凪や霜雫する板廂 鬼城
初凪や魚拓の鯛が口ひらく 鍵和田[ゆう]子 浮標
初凪や鴉は陸に鵜は海に 鈴木真砂女 夕螢
初凪や鵜のたむろして生簀籠 宵灯
初凪をたゆたに蛋の乳房かな 久米正雄 返り花
初凪を咀嚼のあとの風にする 田村柿城
古戦場より初凪の沖の船 片山一江
巨き人の寝顔のごとき初凪か 田中裕明 櫻姫譚
弥彦嶺の裾初凪の海に入る 原田しずえ
揚げ船に鶏鳴く磯家初凪す 飯田蛇笏
揚舟に幣の真白し初凪す 代 五米
旗立てて街なす艀初凪げり 五十嵐播水 埠頭
日の丸が焦点初凪の海と砂 福田蓼汀 秋風挽歌
朝の間の初凪とこそ思はるゝ 高浜年尾
母逝きてより初凪の故郷見ず 柏田洋征
石庭の日を恋う鳩や初凪げる 富田潮児
魚陣うつる初凪ぎの空の鴎かな 乙字俳句集 大須賀乙字、岩谷山梔子編
鳶舞つて初凪の空澄みにけり 水 邦子
龍馬像より初凪の海展け 田村一翠
●波濤
さくら散る唐(から)の和上の波濤かな 筑紫磐井 婆伽梵
サングラス白き波濤へはづしけり 貴志治子(嵯峨野)
今朝さめて波濤あとなし宝舟 庄司瓦全
初日射す欄間の花鳥波濤の図 伊藤敬子
喉ごしの酢牡蠣三陸波濤の灯 花貫寥
小春日や波濤海辺謡の句 尾崎迷堂 孤輪
悴めり波濤は石をまろばせつ 斎藤梅子
新巻に波濤千里の潮匂ふ 吉岡孝三
早稲の風とどく蘆雪の波濤絵図 栗田せつ子
晩稲垂れ波濤は隠岐のかたより寄す 橋間石
晴るる日も崖に波濤や板踏絵 宮坂静生
杉山の杉の波濤や冬に入る 宮坂静生 春の鹿
松虫や暮るる波濤に空つづく 千代田葛彦 旅人木
水洟や波濤のほかは見るものなし 杉山岳陽 晩婚
沖よりの波濤を前に冬構 杉森久英
波濤図の襖絵曝す蘆雪寺 中川幸子
波濤見てをり西日の中に立ちてをり 杉山岳陽 晩婚
浅蜊とる波濤の裏にうづくまり 豊東蘇人
漁舸かへる夏海黝ろむ波濤かな 飯田蛇笏 霊芝
茶畑の波濤が生みし冬の蝶 富安風生
草に落つ二枚の雪雀日の波濤 古館曹人
雲海の波濤をかぶる峰一つ 須田冨美子
青田の道に後じさる馬怒る波濤 田川飛旅子 花文字
黒鯛(かいず)釣る薄暑の波濤日を揺りぬ 西島麦南
黒鯛釣る薄暑の波濤日を揺りぬ 西島麦南 人音
●波紋
うらゝかや波紋の中の猫の舌 冬の土宮林菫哉
かなかなの光の波紋風に乗る 鈴木幸江
ひと言の波紋となれり杉の花 小島多美
ひと蹴りの波紋ひろげて水馬 大竹裕子
人の顔に波紋のかげる秋西日 石原八束 空の渚
全身の水の波紋や除夜の鐘 宮川としを
冬菜洗ふ波紋を交はし嫁どうし 成田千空 地霊
卵塔の石に涼しき波紋あり 平井照敏 天上大風
原稿紙白し蝉声波紋なす 野澤節子 黄 瀬
大香炉に青海波紋寒潮 中戸川朝人 星辰
川魚の鼻出す波紋油照 高井北杜
帰省子の投げてゆきたる一波紋 藤崎美枝子
息ながき朝の波紋やさくら濃し 倉橋羊村
春夕焼星の生るる波紋見ゆ 橋本鶏二
春夕空星の生るる波紋見ゆ 橋本鶏二
昼顔や流沙の波紋金に炎ゆ 石原八束 『仮幻』
枯蘆の川わかれゆく波紋あり 斉藤夏風
椿落つたびの波紋を見てをりぬ 結城昌治
江東区は存して秋の雨波紋 太穂 (橋本夢道逝きて)
波紋曲げてすゝむ目高や苗代水 西山泊雲 泊雲句集
流れ来るものに波紋や五月川 原石鼎
涸谷の石の波紋や秋の蛇 殿村菟絲子
湖の面を波紋細かに霧降りぬ 高濱年尾 年尾句集
留守の婢涼し磨きて木目波紋めく 香西照雄 素心
紅茶の波紋 女王の名授かる州都にて 伊丹公子 アーギライト
芭蕉林波紋をかもす魚鼈あり 飯田蛇笏 春蘭
萩の枯れ文一行にたつ波紋 河野多希女 彫刻の森
落椿波紋をさまり流れそむ 福田蓼汀 山火
蟇の波紋かりそめならぬ砲音ぞ 成田千空 地霊
裸子ら闇に没して闇に波紋 香西照雄 対話
軽鳧の子の小さき波紋ひろがれり 福地はま子
隠岐枯れて空の波紋をたたみくる 石原八束 黒凍みの道
風紋に波紋つらなり浜の秋 佐々木ちてき
鮭の稚魚池 抽象形に 波紋湧く 伊丹公子 アーギライト
鱒がいて苔の波紋の樅の国 和知喜八 同齢
鳰残す波紋に倦くよ死者忘れ 香西照雄 素心
鴛鴦二つ波紋を曲げて進みけり 年尾
鴛鴦二匹波紋を曲げて進みけり 高濱年尾 年尾句集
●波浪
崖の百合揺れゐて波浪注意報 高澤良一 ももすずめ
新豆腐沈みて波浪注意報 柚木紀子
●彼岸波
常のごと日にくつがへる彼岸波 畠山譲二
●引く波
再会や時雨るゝ波止に手を引かれ 平尾みさお
冬波の引き忘れたる毬ひとつ 中嶋秀子
取りついて波引ち切る柳哉 柳 正岡子規
土用波引きざまにまた礁を呑む 佐野青陽人 天の川
夕焼や足裏くすぐり波引いて 米澤道子(山茶花)
引いてゆく長きひゞきや五月波 鈴木花蓑句集
引き波の速きに秋を惜しみけり 酒井十八歩
引き際の波のすなほに桜貝 岬雪夫
引くときも二日の波の岩を越ゆ 田島魚十
引く波が岩間の鹿尾菜くしけづる 茂木連葉子
引く波に壜の転び音海開き 奈良文夫
引く波に小蟹巻かれゐたりけり 猿渡啓子
引く波に抗ひ若布抱へ立つ 平賀扶人
引く波に砂のつぶやく花の冷え 島田洋子
引く波に貝殻鳴りて実朝忌 秋元不死男
引く波に鹿尾菜被きて礁現る 高澤良一 ももすずめ
引く波の引くたび残し桜貝 鷹羽狩行
引く波の強さも二百十日かな 片山由美子 天弓
引く波の渚なだめて利休の忌 片山由美子 水精
引く波の湖にもありて星月夜 片山由美子 天弓
引く波の置いてきぼりに蟹の泡 中拓夫
引く波はまた寄せる波磯遊 佐藤静良
引く波を押し上ぐる波鷹渡る 長嶺千晶
引く波を追ふかに進み踊の輪 香西照雄 素心
引つ越して卯波まぶしき町に住む 大高翔(藍花)
春の日や目高はおのが波引きて 石塚友二 光塵
春の波引いてゆくなり時かけて 永方裕子
春の波引いて我影濡れてゐし 永野由美子
春光の波が引摺るほんだはら 阿部ひろし
松風に千の波引く涼み台 原裕 青垣
波の引く奈落のみどり葉月潮 中村将晴
波引いていそぎんちやくの渚あり 稲畑汀子
波引きし磯巾着のルビー色 広瀬一郎
波引けば砂のつぶやく小春かな 稲垣きくの 黄 瀬
浜波の引く音ばかり春の昼 黛 執
海苔粗朶に潮引ききりし波の音 森田かずを
湖波の引くなく落花とめどなく 西村和子 かりそめならず
磯巾着波引き寄せて管を上ぐ 赤木日出子
磯遊び波引くたびに足残り 大牧広
秋の波身を広げては引きにけり 藤木倶子
秋日傘湖北の波は引くばかり 那須淳男
胸中に引く波ばかり秋の浜 手塚美佐 昔の香
青北風の波引くはやさ荒布採り 山上樹実雄
飾焚く橙波に引かれけり 岸本尚毅 舜
●ひと波
ひと波にしづまる産湯鶴の天 赤松[ケイ]子
ひと波に消えて子鹿の蹄あと 八染藍子「八千草」
一波に消ゆる書初砂浜に 西東三鬼
千波湖の万の一波は鴨が生む 名取思郷
春昼のかならず一波旅に倦む 古舘曹人 能登の蛙
春鴎の浮けり一波もつくらずに 右城暮石 声と声
水舞月や中年一波二波越ゆる 赤松[けい]子 白毫
蓑虫に眠り季風一波二波 岡本まち子
●昼凪
昼凪や街路の空の干むつき 石原舟月
昼凪のわが言葉のみ揺るるなり 松澤昭 神立
●風波
坂ありて吹き下しくる雪解風 波多野爽波 鋪道の花
寒釣の風波の綾を纏わずや 鈴木修一
木の芽風波の殺気の迫り来る 中拓夫
柴漬や風波立ちて二つ見ゆ 村上鬼城
桝酒に顔の映るや春の風 波多野爽波 『一筆』
梓川風波だちて残花ちる 飯田蛇笏 春蘭
水馬夜は風波にみみもてり 松村蒼石
湖に風波立てる義仲忌 大山百花
牡丹の風波寄せてゐるところ 水田むつみ
石蕗咲いて風波すなり伊豆の海 高橋淡路女 淡路女百句
競漕や午後の風波立ちわたり 水原秋櫻子
紀の川の風波しろき雛流し 塩谷はつ枝
見飽きたる湖も風波立てて春 橋本榮治
観月の風波かへす聖牛 西島麦南 人音
風波の池のほとりの水葵 矢田豊羊
風波の畦越す日なり蓮植うる 宇津木未曽二
風波の立つ日立たぬ日金盞花 鈴木真砂女
風波の立てば夕べや草紅葉 片山由美子 風待月
風波の走りて藺苗植ゑにくゝ 住田満枝
風波の野火吹きのぼる鶴見川 水原秋桜子
風波をおくりて深き蓮の水 飯田蛇笏 霊芝
風波をかぶりかぶりて蘆の角 星野立子
●風浪
園枯れぬ風浪川をさかのぼり 山口草堂
大仏の柱くぐるや春の風 浪華 二柳 五車反古
洪水の風浪村を囚獄とす 橋本鶏二
流氷群風浪の貌止めたる 田代朝子
風浪に描く輪小さき水すまし 篠田悌二郎
風浪の佐渡を擡ぐる高卯浪 高澤良一 寒暑
風浪や*ばいに賭けたる子の瞳 柴田白葉女
風浪やとばしりあげて沈む鳰 鈴木花蓑句集
風浪や貝独楽に賭けたる子の黒眼 柴田白葉女
●べた凪
べた凪に浮ぶ出羽島初明り 藤田真寛
べた凪の晩年を漕ぐ置炬燵 武田和郎
べた凪を流したる湾秋鯖煮 中拓夫
●防波堤
さくら咲き男は防波堤に寝ころぶ 加倉井秋を 午後の窓
春めくやまんばうの絵の防波堤 高澤良一 寒暑
枇杷の葉の照り一月の防波堤 中拓夫
海機嫌防波堤と僕はそよ風 藤後左右
蒲公英や激浪寄せて防波堤 水原秋桜子
防波堤おぼるる涛や干鰈 水原秋桜子
防波堤のコンクリートに下駄なづまず 藤後左右
防波堤秋日をかへす稚魚の群 内田 芳子
防波堤裸子むれて鯖を釣る 水原秋櫻子
●盆波
じょんがらのででんと盆波くつがへる 高澤良一 ぱらりとせ
土左衛門盆波に乗り材木座 高澤良一 素抱
子どもらへ盆波裏を見せにけり 蓬田紀枝子
屋根越しに盆波ひびく夕べかな 畑菊香
息深くして盆波のよせきたり 佐野美智
盆波につかり居並ぶ六地蔵 岡田日郎
盆波にひとりの泳ぎすぐ返す 井沢正江
盆波に乗りて舳倉へ渡りけり 坂下草風
盆波に蜑の笑顔のうかびくる 遠山壺中
盆波のあとからあとから遠江 高澤良一 ぱらりとせ
盆波のうねり座頭鯨の背のやうに 高澤良一 ぱらりとせ
盆波の寄せ来し板にロシア文字 柏原眠雨
盆波の来て大鴉よろけたり 村上みきお
盆波の生めるあぶくのたゆたへる 高澤良一 随笑
盆波の秀先抑へてくづれけり 成瀬櫻桃子
盆波や乞食靴を鳴らしくる 黒田杏子 花下草上
盆波や舫ひの弛緩くり返し 今田清照
盆波や船渠(ドック)の中に自衛艦 二又淳子
盆浪や命をきざむ崕づたひ 飯田蛇笏
船窓におらぶ盆波津軽越え 猪俣千代子 秘 色
●盆の波
さだまらぬ旅のゆくへに盆の波 田中裕明 花間一壺
とどろくや髪のごときも盆の波 斎藤玄 雁道
ふぐの子の膨れて浮かぶ盆の波 若山智子
わが影の中のもの引く盆の波 中戸川朝人 残心
海の胸より生れつぎ盆の波白し 但馬美作
盆の波ゆるやかにして響きけり 岸本尚毅
盆の波今日は荒ばず巌起き臥し 岸田稚魚 筍流し
盆の波男女ふたりが泳ぐのみ 中拓夫
盆の波連れくるもののなく寄する 宮津昭彦
落つる日のひかり大事に盆の波 阿井京子
身のどこか裏返りたる盆の波 桂信子
顔うめて母の背にある盆の波 阪本孝子
●水煙
ががんぼよ飛べ水煙の天使まで 橋本鶏二
くらがりの逆さ水煙野に放つ 小泉八重子
ナイアガラ水煙倍にして雷雨 竹中碧水史
九輪水煙黒々とあり初茜 川崎展宏 冬
仙女となる 滝の水煙まとう裕子 伊丹公子 山珊瑚
代田うつ鍬やあげをる水煙 高濱虚子
凍星や水煙は夜を離しつつ 山田弘子 懐
双塔の水煙結ぶうろこ雲 狹川青史
御所川原町われわれは水煙なり 阿部完市 軽のやまめ
月に對す君に唐網の水煙 蕪村 夏之部 ■ 鴨河にあぞぶ
朝霜やになひつれたる水煙 水田正秀
松よりも水煙蒼しわたり鳥 水原秋櫻子
水煙あげて早苗の投げらるゝ 虚子
水煙に三日月かかる興福寺 河本遊子
水煙に四万六千日の雲 内田巳恵子
水煙に昇りもあへず黒揚羽 藤田湘子 てんてん
水煙の上まぶしき彼岸かな 下村槐太 天涯
水煙の塔の天路を鳥帰る 野見山朱鳥
水煙の天女が舞へる春の空 山下佳子
水煙の天女笛吹く春の風 山名愛三
水煙の天女衣とほる花の雨 鈴木貞雄
水煙の水煙らしく陽炎へる 塩川雄三
水煙の雀が呼ぶや初薬師 杉田賀代子
水煙の飛天の楽も凍る月 長谷川史郊
水煙の飛天冬三日月に失せ 阿波野青畝
水煙やそのうち人は渡り鳥 丸山海道
水煙漾う瀧壺へ瀧壺へ水の鎖を手繰り込む 橋本夢道
水煙草と消えた 紡いだ時間など 伊丹公子 機内楽
白滝や六月寒き水煙り 松岡青蘿
翔て水煙もつとも遠い人の許へ 小泉八重子
茜雲に触れこぼれ刃の水煙は 小泉八重子
藁塚や水煙星を*ささげそむ 下村槐太 天涯
虹や水煙の天女はふえをふく 荻原井泉水
襞深き水煙を恋う春の下車 小泉八重子
寒流の奥嶽を去る水けむり 飯田蛇笏 椿花集
川淀や霧の下這ふ水けぶり 太祇
月光や川瀬に騰る水けぶり 楠目橙黄子 橙圃
水けむり胴ふち合ふや寒ばしる 横光利一
雁鴨や輪違ひめぐる水けぶり 蘇人 芭蕉庵小文庫
雨季来る南の寺に水けむり 中田 美子
●水波
早苗田に水波立つや辰雄の忌 安田千夜子
葉桜のかげり水波もつるるか 太田鴻村 穂国
竹植うる此日江水波立てり 高田蝶衣
雪どけの船の中の一艘が出てゆく水波 人間を彫る 大橋裸木
●女波
あはうみや三日の女波たたみゐて 大石悦子 群萌
九十九里の男浪女浪に馬冷やす 石垣達雄
五色湖は女波ばかりや鳥曇 角川源義
六月の沼の女波や鶴見えず 角川源義 『西行の日』
女波照る磯馴の松の小稲架かな 石塚友二 光塵
寄せて来る女波男波や時鳥 井上井月(1822-86)
寒明けの女波が抱いて礁一つ 秋元不死男
小正月女波ばかりが遊びをり 前島みき
山帰来女波ばかりが足もとに 横山白虹
月光の巌とりかこみ女浪ばかり 岸田稚魚 筍流し
浜名湖の女波ばかりや牡蠣割女 百合山羽公
満目に男波女波の 石蕗の花 伊丹三樹彦
蜷の岩女波男波と夕さり来 清原枴童 枴童句集
野水仙ときに女濤を日本海 中戸川朝人 残心
●百重波
浅蜊の身肥ゆ頃ほひぞ百重波 高澤良一 素抱
●八重波
八重波に向ひて祝詞神迎 金森柑子
●夕凪
どの家もいま夕凪の伊予簾 今井つる女
はたと夕凪さまざまの恩胸に沁む 榎本冬一郎 眼光
ふくらんで夕凪となる酵母かな 和田悟朗
ますほ貝拾ふや磯の夕凪に 高岸まなぶ「鶴俳句選集」
夕凪ぎて原子禍の町音絶えし 石原八束「秋風琴」
夕凪ぎて砂丘余熱を徐々に吐く 竹中碧水史「基壇」
夕凪ぎて荒布いろなる家の中 福田甲子雄
夕凪にもう電飾のトラック部隊 横山白虹
夕凪にわれは嘴もちてをり 飯島晴子
夕凪に乳啣ませてゐたるかな 正雄
夕凪に反る框 寒念仏が折れた 星永文夫
夕凪に月も照り添ふ波頭かな 久米正雄 返り花
夕凪に油槽つむあつさかな 几董
夕凪に癩船重く離れけり 八木三日女 紅 茸
夕凪に脛まで濡らし桶あらふ ほんだゆき
夕凪に菩提樹の実の飛行せり 永田耕衣
夕凪に鎌倉垣の厚さかな 久米正雄 返り花
夕凪に鼻先そろふうからたち 松澤昭 麓入
夕凪のあとたゝ白し秋の海 尾崎紅葉
夕凪のいま西へ行く舟ばかり 下村梅子「花」
夕凪のおもさ病者が死を待つとき 松村蒼石 雪
夕凪のますほの小貝見当らず 清水基吉
夕凪の一つ井鳴らす島ぐらし 水谷晴光
夕凪の三河の寺の大蘇鉄 大峯あきら 宇宙塵
夕凪の人泣きにゆく墓の前 宇佐美魚目 天地存問
夕凪の垣沿ひに尨犬(むく)毛を垂れて 槐太
夕凪の垣沿ひに尨犬毛を垂れて 下村槐太 天涯
夕凪の女坐りの足の裏 池田澄子「たましいの話」
夕凪の椅子引き上げる椅子の塔 竹中宏 句集未収録
夕凪の汐汲みあげて舟洗ふ 広瀬河太郎
夕凪の海を踊の国に来し 西本一都 景色
夕凪の海岸道路出来つゝあり 高浜年尾「年尾句集」
夕凪の濃さに息づくカンナかな 久米正雄 返り花
夕凪の瀬尻は水の性つよし 龍太
夕凪の白鷺おもく竹の秀に 松村蒼石「露」
夕凪の硫黄漂ふ雲仙岳 岡部幸子
夕凪の茄子一鉢の艀に老ゆ 中拓夫 愛鷹
夕凪の草に寐に来る蜻蛉かな 寺田寅彦
夕凪の豊後に豊後風土記あり 藤小葩
夕凪の遂に女類となるを得ず 永田耕衣 驢鳴集
夕凪の雲美しく寒の果て 原石鼎 花影以後
夕凪の黐木斛にきはまりぬ 渡邊千枝子
夕凪はしづか帰山の僧一列 松村蒼石 雪
夕凪や 兵士はみんなキネマに死す 星永文夫
夕凪やことに海士町中ノ島 岸田稚魚
夕凪やとぶ鯔とわが櫂の音と 柳芽
夕凪やのこぎりでひく大鮪 盤水
夕凪やまどかに浮ける大海月 日野草城
夕凪やデルタ押し出す安芸の国 赤松[ケイ]子(雪解)
夕凪や三日月見ゆる船の窓 子規句集 虚子・碧梧桐選
夕凪や三河の寺に御文古り 大峯あきら 宇宙塵
夕凪や人は故郷を捨てて佇つ 小澤克己
夕凪や仏勤めも真つ裸 寸七翁
夕凪や使はねば水流れ過ぐ 耕衣
夕凪や入江に舟の舫ひせる 田中冬二 俳句拾遺
夕凪や兵士はみんなキネマに死す 星永文夫
夕凪や古座の漁師は潮をよむ 尾池和夫
夕凪や坐りて暗き漁夫の母 谷野予志
夕凪や垂乳あらはにゆきかへる 銀漢 吉岡禅寺洞
夕凪や宇宙にいくつ水の星 松山ひろし
夕凪や寄居虫穴を出てあそぶ 甲賀 山村
夕凪や山の横顔焦げ臭し 藤倉哲夫
夕凪や島にとろりと灯のつきぬ きくほ
夕凪や島の民話の皆哀し 密田真理子(朝)
夕凪や弥撒の戻りの小買物 野中亮介
夕凪や抜け道多く漁師町 松本末生
夕凪や推理小説あと一行 油井和子
夕凪や旅の小荷物手にさげて 村山古郷
夕凪や歩いて渡る神の島 磯野充伯
夕凪や母とありにし真桑瓜 森澄雄
夕凪や浜蜻蛉につつまれて 臼田亞浪 定本亜浪句集
夕凪や渡れば橋の長きこと 佐々木六戈 百韻反故 初學
夕凪や湧水靄を生みやまず 高濱年尾
夕凪や潮にやつれし舫ひ綱 吉田つよし
夕凪や烏賊の胎児の瞳は緑 奥野曼荼羅
夕凪や独語ひとつに砂うごく 岸田稚魚 筍流し
夕凪や畳に塩をこぼしたる 岸本尚毅 舜
夕凪や瘤太りだす駱駝像 加藤三陽
夕凪や磯山紅葉日を溶かす 幸田露伴 拾遺
夕凪や舟に目出たきあふり烏賊 榎本好宏
夕凪や舟屋に舟の一つづつ 上森成子
夕凪や船客すべて甲板に 五十嵐播水
夕凪や菊畑の人ものをいふ 有風
夕凪や菰に包みしもの抱へ 白石喜久子
夕凪や蒙古来襲ありし海 片山由美子 水精
夕凪や蟷螂鎌を嘗むる也 島村元句集
夕凪や行つたり来たり撒水車 田中田士英
夕凪や裸をあぶる火の匂ひ 瀧春一 菜園
夕凪や言いたいことをついに言い 深山 真
夕凪や赤錆しるき帰港船 松本幹雄
夕凪や釣舟去れば涼み舟 杉田久女
夕凪や風帆(フォンファン)十九までかぞへ 鷹羽狩行
夕凪や髯美しき機関長 今井杏太郎
夕凪をひっぱり人体解剖図 布施徳子
夕凪を客にわびつつ簾捲く 五十嵐播水
夕凪強しわが身はわが手で洗はねば 北野民夫
夕凪村赤松がまづ赤くなり 桜井博道 海上
大阪の夕凪に馴れ簾捲く 大橋越央子
怠惰また身を守るすべか夕凪す 草間時彦
播州の夕凪桃を見て来たり 魚目
旅三日夕凪地獄三日かな 草間時彦
暖かやとく夕凪げる杉の幹 中島月笠 月笠句集
桟橋に出て夕凪の団扇かな 水原秋桜子
毛虫焼くいくさの暇の夕凪に 殿村莵絲子 花 季
汗涌くや夕凪の稲すく~と 佐野青陽人 天の川
海夕凪海に氓びしものの墓 内藤吐天 鳴海抄
熊本の大夕凪よ閻魔の夜 阿部小壷(阿蘇)
痒さうな夕凪の巌アメフラシ 矢島渚男 延年
白扇や筑紫の海の夕凪に 野村喜舟 小石川
神楽師を訪ふ夕凪のひとり舟 能村登四郎 枯野の沖
秋夕凪島影黒く昏れ急ぐ 小川濤美子
空梅雨の夕凪ぐ漁家の竃火かな 西島麦南 人音
箒木に夕凪ぎて月出でにけり 癖三酔句集 岡本癖三酔
草屋根の丹波夕凪蜆蝶 斉藤夏風
錦鯉の背すじ透りて夕凪す 松村蒼石 雁
青蜜柑はたと夕凪の村となり 中拓夫 愛鷹
高野夕凪ほたるぶくろを吹いて来よ 村越化石
●夕波
さみだれの夕波鳥やかいつむり 森澄雄
すゞしさや須磨の夕波横うねり 涼し 正岡子規
セル着れば夕浪袖に通ふなる 久米正雄 返り花
プールにも夕波の立ち初めにけり 西村和子 かりそめならず
人去つて三日の夕浪しづかなり 大江丸
北上川に夕浪の立つ端午かな 大石悦子 百花
夕波にまぎるる鳰のかなしけれ 中村汀女
夕波に手綱遊ばせ牛冷す 三浦正治
夕波に見えがくれする鴨のあり 上村占魚 球磨
夕波に駆けて仔馬よ避暑期去る 小野恵美子
夕波の*えり簀をくぐるひとうねり 岡本 眸
夕波のあつまつて来る露台かな 園田筑紫郎
夕波のいつもこの音月見草 鈴木 功
夕波のしらじらとある単帯 根岸善雄
夕波のひびき戸を打つ遍路宿 田守としを
夕波の一つひとつに鴨ゐたる 八木林之介 青霞集
夕波の上のつばめの矢数果つ 友岡子郷 未草
夕波の尖り始めし先帝会 百瀬美津
夕波の無情に高き葭簀小屋 百合山羽公
夕波の畳む岬や轡虫 風間 淑
夕波の船に聞ゆる薺かな 孤屋
夕波の見えて淋しき遍路かな 桜木俊晃
夕波の鴎見てをり氷菓売 古賀まり子「源流」
夕波や牡蠣に老いたる船の腹 芥川龍之介
夕波を追ふ目きびしき網代守 白井 爽風
夕浪に店ともりけり炭問屋 増田龍雨 龍雨句集
夕浪の無情に高き葭簀小屋 百合山羽公 寒雁
夕浪の皺腕に掻く荒布かな 島村元句集
夕浪は忘却のいろ雁渡る 柴田白葉女 花寂び 以後
夕浪や鯖釣る舟の行止まず 尾崎紅葉
夕浪や鯖釣舟の行やまず 尾崎紅葉
夕濤の窟にとどろく雉子の声 古舘曹人 樹下石上
大乳房ゆるるまで海女の浪うてる 柴田白葉女 『夕浪』
宮島や春の夕波うねり来る 春の夕 正岡子規
岩肌を洗ふ夕波冬の雁 前野泉
岸釣の夕波の糸となりにけり 長谷川春草
島もかならずいのちなりけり夕波、冬 阿部完市 春日朝歌
川幅に夕波満ちぬ花吹雪 橋本榮治 麦生
栗の花夕波ちから収めつつ 朔多 恭
水門に夕波寄する針まつり 角川春樹
水鳥に夕波荒くなりて来し 浜田一枝
水鳥や安房夕浪に横たはる 秋櫻子
涼しさや夕波くゞる大鳥居 涼し 正岡子規
産卵の*いもり夕波立ててをり 三原蛙子
田沢湖の夕波漣濃きさくら 金子蛙次郎
白南風の夕浪高うなりにけり 芥川龍之介「澄江堂句集」
白鳥に夕波荒くなりにけり 奥田紫峰
百舌鳥鳴くや夕波立ちし渡船場 長谷川草洲
祭果て巨き夕浪立ちにけり 高澤良一 ねずみのこまくら
秋の虹二川夕浪たてにけり 臼田亞浪 定本亜浪句集
立ちそめて夕波蒼し鱸舟 和田祥子
籾筵夕波ひとをしづかにす 友岡子郷 翌
耶蘇島の夕波しづむ月見草 正林白牛
背泳ぎの父夕波に顔越され 宇佐美魚目 秋収冬蔵
舟夕浪に揺らるゝ風の桜かな 尾崎紅葉
軽鳧の子に濠の夕波やや荒し 清水素生
霞冷えて湖の夕浪*えりを打つ 渡邊水巴 富士
青蘆に夕浪かくれゆきにけり 松藤夏山
静岡より私をいんどにながす夕波 阿部完市 春日朝歌
風寒う夕波千鳥鳴きにけり 高橋淡路女 梶の葉
高倉に夕波高き帰燕舞ふ 脇本星浪
鳥渡り夕波尖りそめしかな 勝又一透
鴨一羽離れて潟の夕波に 本岡歌子
●横波
横波にゆさぶる船の新酒哉 新酒 正岡子規
秋口の横波鳴れりタグボート 高澤良一 寒暑
横波をくらひどほしの海鼠突 松崎楽中
●寄せ波
●夜凪
石触れ打つ音と覚む野分夜凪ぎをり 閭門の草(櫻[カイ]子の自選句集) 安斎櫻[カイ]子
●余波
あめんぼう曲れる鯉の余波喰らひ 高澤良一 素抱
台風の余波の埠頭に接岸す 伊藤いと子
台風の余波立つ岩に男松 玉澤幹郎
壺中にも台風の余波月見酒 百合山羽公 寒雁
夏風忌の風雨の余波の磯千鳥 山内美津男
夜歩く春の余波や芝居者 炭 太祇 太祇句選
寒声の連衆のそろふ余波かな 浪化
左右忌の噴煙ぬすむ台風余波 福元啓刀
幕の八重花の余波や祭客 調泉 選集「板東太郎」
月よ実(げに)たれも余波はなんとなと 広瀬惟然
棒飴や上野の余波(なごり)子供の花 立独 選集「板東太郎」
沖船の余波たたみくる*さより汲む 大木さつき
物書いて扇引きさく余波(なごり)哉 松尾芭蕉
白鳥のつつましき余波伴へる 上田圭子
終戦の日や台風の余波荒れて 大堀澄子
行方床し四方の明樽余波の花 鉄丸 選集「板東太郎」
豊流の余波が揺り役芦若葉 香西照雄
開発の余波とも猪の害続く 岡崎さとし
颱風の余波時なしの雨が降る 星野立子

以上

by 575fudemakase | 2022-05-22 15:11 | ブログ


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング