人気ブログランキング | 話題のタグを見る

兄弟 姉妹 類語関連語(例句)

兄弟 姉妹 類語関連語(例句)

●兄●兄さん●兄上●兄貴●兄嫁 嫂●姉●姉貴●姉君●姉御●姉様●異母兄弟●妹●親族 うから●弟●義兄弟●兄弟 ●兄妹●愚兄●実兄●長兄●次兄●愚弟●愚妹●小姑●小舅●姉弟●姉妹●舎弟●乳兄弟●長男●次男●同胞●腹違い●令兄●老兄弟●老兄●末子●双子●義兄●義弟●義姉●義妹●三人姉妹●長姉●姉さん●はらから●吾妹●妹がり


●兄 
あにいもうとたんぽぽに乗る溶けてゆく 坪内稔典
あにをとと捨て蚕の繭を机辺にす 和地清「青栗」
いもうとがあににあまえてさくらの実 大石悦子 群萌
兄姉は永久にあにあね霜の声 栗林千津
千灯会ちちの炎ははの炎あにの炎よ 木田千女
寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり(1941-)
紫蘇畑隣家つぶらのあにいもと 久保田和子
花すみれ吾に佛のあにいもと 木附沢麦青
蚊帳吊草あにもおととも錆ついて 岡田美佐枝
鳳仙花部屋にこもるやあにいもと 川崎展宏
*たなごつりホソに似かよふ兄の脛 中勘助
あしたより暑し兄征く母を残し 岸風三楼 往来
あるが中の兄の葉書も梅雨さなか 原石鼎 花影以後
いづれ賢兄愚弟やら蕗の薹 檜紀代
うつしみのいつまで兄や月の秋 渡邊水巴
おとなびてよき兄となり白絣 長谷川櫂 蓬莱
おもかげの兄に近づく鵙の贄 たむらちせい
お雑煮や東京に出て兄の家 松下紫人
かかり凧おねしよの兄の拗ねてゐる 文挟夫佐恵 遠い橋
かげろうのどこを掴めば兄還る 成清正之
かち渉るべく兄に蹤く螢川 黒田杏子 花下草上
きのこ飯家兄の獲たる鹿茸を 瀧春一 菜園
けい一兄よあの秋雲に乗りたるか 奈良文夫
こともなき冬と思へど兄の墓 橋本榮治 越在
ころころと兄の筆跡栗月夜 小檜山繁子
されば月花の仏の兄とやら 広瀬惟然
その兄をAIDS弟を何何と呼びて迎へむ轉楽(うただの)しささ 高橋睦郎 飲食
ひとの家に冬の薔薇咲き兄逝く日 加倉井秋を 午後の窓
ふらふらと遠足に出て行く死後の兄 西川 徹郎
まるで陽炎兄逝きし日のポスト 神野園子
みそさざい兄のかなしみには触れず 黒田杏子 一木一草
みどり新たに椎の兄楠の弟 上田五千石 森林
もみづれる欅桂に兄事せる 高澤良一 燕音
わが兄も黄砂となりて戻り来よ 緒方しま子
キャンプより戻りし兄の無口にて 片山由美子 天弓
ネロの兄お七の妹毛虫焼く 加藤三七子
ラムネ玉鳴らして兄の誕生日 中島ちなみ
一つ消えし燈籠に兄たちにけり 清原枴童 枴童句集
一つ灯に賢兄愚弟夜学かな 小林寂無
一夜雪ふり朝は消えゆく父へ兄ヘ 寺田京子 日の鷹
一連の目刺にあるや兄おとと 鈴木鷹夫 風の祭
七夕や児等の後ろに兄と語る 比叡 野村泊月
三鬼師敏雄兄呼ばはれば花野 大高弘達
不言問木尚妹与兄桃李 桃の花 正岡子規
両岸の桜明りに兄とゐる 柿本多映
二千年の兄へくすり指あげる 早瀬恵子
五月雨や兄の形見の老の杖 滝青佳
亡き兄が桑切ると思ふ夜の音 太田鴻村 穂国
亡き兄のまぼろし悲し秋のくれ 秋の暮 正岡子規
亡き兄は灯影くるくる柿むきし 加藤知世子 花 季
仏壇の兄はみどり児小豆粥 深見けん二
付き添ひを兄と替はりし四日かな 高尾豊子
仲直りはいつも兄より独楽回す 頓宮れい
住吉や兄より早苗渡さるゝ 角川春樹 夢殿
優曇華や足裏しろく兄病めり 難波政子
兄あらば仕掛ける頃ぞいたち罠 藤掛
兄ありて妹賢し地蔵盆 林昌華
兄いもうと目袋似たる障子哉 瀧井孝作
兄いもといつも一緒に枯芝に 安住敦
兄いもとひとつの凧をあげにけり 安住敦
兄いもと遠く隔てゝ卒業す 大場白水郎 散木集
兄からの電話数分梅の花 正木ゆう子 悠
兄が乗り来る瓜の馬作るなり 安住敦
兄が字を教へてくれしころの蝉 大石悦子 聞香
兄が来て蝮を打ちてきのこ狩り 加藤知世子 花 季
兄たちは皆れきれきや若えびす 路通
兄とゐて話すことなし野火迫る 五十嵐唐辛子
兄と二人蜩山に空腹なり 沼尻巳津子
兄と会ひつ城の石垣の秋おどろ 石田波郷
兄と読む一つ絵本や端午の日 高田風人子
兄と鶸ちよっと河原ですれちがう 渋川京子
兄なくて庭に湧き出づ赤蜻蛉 影島智子
兄に怒る鎌や芒を刈り倒し 清原枴童 枴童句集
兄に逢ふ弟に逢ふほたるかな 黒田杏子 花下草上
兄に逢ふ降誕祭の浅き椅子 蓬田紀枝子
兄のあと追えばゆたかに青大将 津沢マサ子
兄のこと書いて母恋ふ七日粥 古舘曹人
兄のこと話せば泣くや梅擬 高浜虚子
兄のふく草笛にやゝ憂あり 美野田ひろ
兄のゐし去年が不思議ほたる籠 正木ゆう子 悠
兄の吊る母の風鈴鳴りにけり 黒田杏子「花下草上」
兄の墓見え月光の叫喚す 松澤昭 神立
兄の子の背丈のびたり門の松 門松 正岡子規
兄の子の背丈ハのひて門の松 門松 正岡子規
兄の家をわれの家とも書架涼し 正木ゆう子 悠
兄の形見の夏帽かぶり兄より老ゆ 安住敦
兄の忌に姉妹欠けずよ柏餅 岡田 和子
兄の忌の三度びめぐりて時計草 満田玲子
兄の忌の鶏頭の耳ひつぱりぬ 河原枇杷男 蝶座 以後
兄の忌を修すかまきり靴に入り 石脇みはる
兄の忌日の暑き枕を裏返す 北野民夫
兄の星一つ増やして天の川 阿部寿雄
兄の背は紅葉せしまま真夜ゆけり 水野真由美
兄の跳ぶ通りに跳んで野に遊ぶ 梶田敬子
兄の遺句整理に更けて玉子酒 湯浅典男
兄は/身代り/百年前から/濡葉の下 高柳重信
兄ぶりの孫耳さとき小雷 及川貞 夕焼
兄へ異のありと夜長の生一本 橋本榮治 逆旅
兄よりも柄の丈長き捕虫網 堀内清瀬
兄よりも禿げて春日に脱ぐ帽子 久米正雄 返り花
兄らしく妹らしく石鹸玉 和田克己
兄を知る人まだ居りぬケルン積む 三浦忠雄
兄亡くてはや枯色の雀たち 橋本榮治 麦生
兄亡くて夕刊が来る濃紫陽花 正木ゆう子「正木ゆう子集」
兄以上恋人未満掻氷 黛まどか(1965-)
兄入学兄の絵本を読んでをり 上野泰 春潮
兄入学相撲の相手今日より犬 上野泰 春潮
兄吹きしあとの瓢の実欲しかりき 大石悦子
兄呼びに妹出でぬ秋の暮 市ノ瀬 翔子
兄姉は永久にあにあね霜の声 栗林千津
兄従兄征きし雛を祭るなり 林原耒井 蜩
兄恋し椎の実ひとつひとつかな 中原梓
兄欲しや弟欲しや凧を買ふ 成瀬正とし 星月夜
兄死んでかい巻の母あたたかし 村上信也
兄気弱弟ひ弱秋の風 河辺克美
兄現れて麦稈を嗅ぐ不貞かな 宇多喜代子
兄病めば母病む螢籠ひとつ 黒田杏子 花下草上
兄神も弟神も春の山 夏井いつき
兄等より此の世に長くいて汗す 相原左義長
兄自殺母水死吾夢遍路 星野石雀
兄葬り戻れば庭の薔薇紅し 滝青佳
兄逝きて二月たちまち了りけり 山田みづえ
兄逝く日卯の花の咲く港にあり 金子皆子
兄達の枕はさくら熊野灘 夏石番矢 楽浪
兄鰥妹孀福沸 和田奄美人
兄鵜弟鵜それ~の名に並ぶなり 鈴鹿野風呂 浜木綿
入学や遊動木に兄は居し 松藤夏山 夏山句集
冬の日や兄のかたくななつかしき 野村喜舟 小石川
冬の蝶とびをり兄と会ひにけり 星野立子
冬耕の兄がうしろの山通る 飯田龍太 忘音
冬耕や父の猫背を兄が継ぎ 佐津のぼる
凡兄凡弟白息朗々母の忌や 平井さち子 完流
初便り兄の字劃の固さかな 小野満里子
初蚊とぶ兄といもうととの間 正木ゆう子 悠
初諷経かな父のため兄のため 加古宗也
初電話兄出て子が出てやつと母 徳富喜代子
割ればあかき味噌餡兄の初彼岸 奈良文夫
卒業の兄と来てゐる堤かな 芝不器男(1903-30)
卯の花腐しハンガーに兄を掛けておく 池田澄子
卵抱く渚、兄に職なし兄走る 坪内稔典
向日葵が咲く軍服の兄がゆく ほんだゆき
吹き鳴るは橘かしら兄かしら 宇多喜代子
啓蟄や兄の潜艦浮上せず 相原左義長
喜寿の兄古稀の弟田螺鳴く 今村 薫
団栗の栗色兄らに栗拾はれ 香西照雄 素心
土筆野へかへす兄かな弟かな 柿本多映
塩鮭や賢兄愚弟むつみあふ 柴田白葉女 『月の笛』
壮年の兄遠ながめ雪虫くる 寺田京子
夏みかん食べごろでした兄は逝き 救仁郷由美子
夏木立羅漢に父と兄の貌 矢幅正男
夏痩の大き目の似て兄おとと 相馬黄枝
夏草に沈みし兄は臼なりき 夏石番矢 神々のフーガ
夏葱に兄逝かしめし夕勤 赤尾兜子
夏蓬ふぁうる・ふらいを兄が追ひ 中烏健二
夕ぐれの瀬に浴ぶ兄を見てゐたり 飯田龍太
夕蛙いもうと兄を門に呼ぶ 敦
夜明けまで山椒魚でいる兄いもと 佐藤きみこ
大寒の星ひかり出づ兄等のごとく 黒田杏子 花下草上
夭折の兄妬ましき曼珠沙華 金森三猪
妹の日焼からかひ兄不仲 緒方初美
妹より気弱な兄や吸入器 清水基吉
妹を兄のいぢめる栗の花 内田美紗 魚眼石 以降
妻方の兄が宰領芋煮会 清崎敏郎
嫁が君父の家いま兄の家 辻田克巳
子供のとき母は卵を肺病の兄にのみ食わした 橋本夢道 無礼なる妻
宇宙は常闇/鬼石に/兄の/隠し沢 林 桂
宮の森に鳩撃ちあれば兄が来し 比叡 野村泊月
家出せし娘を追ふ兄や麦の秋 西山泊雲 泊雲
寒垢離や兄におくれて母一人 寒垢離 正岡子規
寒垢離や兄皆逝いて母一人 寒垢離 正岡子規
寒影の兄や言葉をかけざりき 小池文子 巴里蕭条
寒雁や傘寿の兄の抑留記 西島輝治
寺すてし兄の来てゐる盆の月 蒲原 ひろし
屋根裏に兄は繁りて長けにける 津沢マサ子 華蝕の海
屋根裏に音読の兄夜の秋 加藤有水
幼にして兄となりし児星流る 平井さち子 紅き栞
底冷の日毎夜毎や家兄亡し 村山古郷
弟が兄にやさしく心太 島田牙城
弟も兄も逝きたる柏餅 亀田虎童子
影一つ引きて兄住む秋灯 野上照子
御降をきく母の家兄の家 黒田杏子 花下草上
復活祭聖書は兄の遺品なる 内海よね女
恃む義兄より厚切の餅届きけり 村越化石
悪魔とは神のふたごの兄である 深町一夫
憂鬱の長薯はわが兄なりき 四ツ谷龍
成木責兄は大猿われ小蟹 加藤知世子
我が母をいぢめて兄は戦争へ 柿本多映
我兄子の来へき宵なり玉子酒 尾崎紅葉
我姉も兄も小太り茄子の馬 林 菊代
戦争がはじまる亡兄の『罪と罰』 橋口 等
扨て星のひとつが落ちて兄おとと 火渡周平
摘草の少女が満たす兄の籠 渡邊千枝子
敗戦忌墓石の兄は妻もたず 櫛谷文八
数の子は姉より酒は兄貴より 納谷一光
新緑や兄欲る東大構内に 秋元不死男
日蝕や兄ともなれず貧血し 寺山修司
星祭黄泉に小さな兄ふたり 能村研三
春あらし兄いもとしてまろびけり 安住敦
春の雷聴けり暫く兄と会はず 山田みづえ 草譜以後
春も闌けしわが抱守を犯しつつ健かなりし父上兄上 高柳重信
春夕べ兄も一壺に納まれり 相生垣瓜人
昨日兄に供へし梨の透る(九月人日亡夫を追う如き義弟の訃霊前梨供えくれしは昨日なり) 殿村菟絲子 『旅雁』
昼顔やわが兄はまた舟に乗り 攝津幸彦
木の実独楽兄貴ふたりは征きしまま 下鉢清子
木は西に兄は東にゆく二月 津沢マサ子 楕円の昼
木斛は冬じゅう兄貴顔をする 澁谷道
未生の兄あれば空淫書のごとし 江里昭彦 ラディカル・マザー・コンプレックス
松古りてときどき兄を名告りけり 桑原三郎 春亂
松虫や兄は潜水艦乗りだ 相原左義長
枯幹に触るこれが姉あれは兄 千代田葛彦 旅人木
枯木星兄逝く涙にもう見えぬ 加倉井秋を 午後の窓
枯草われを兄よ兄よと呼べり 河原枇杷男 密
柊の花のしぐれに兄は病めり 冬の土宮林菫哉
柘榴仰ぐ家系は兄とわれのみに 宮津昭彦
桐一葉言ひ足らざるに兄逝けり 影島智子
桜餅食べよと出せば兄は骨 しかい良通
梅雨富士の黒い三角兄死ぬか 西東三鬼(1900-62)
梅雨烈し死病の兄を抱きもせず 西東三鬼
椎の花こぼれて兄の地獄見ゆ 和知喜八 同齢
歌留多讀む息づき若き兄の妻(郷里人吉の老父のもとにて妻子と共に正月を迎ふ) 上村占魚 『霧積』
死んだ兄盆の戸口に挙手の礼 橋本村童
母につぎ兄も柱も咳きぬ 宇多喜代子
母亡くし兄をなくして夕ざくら 山田みづえ
氷割ってむしろ妹めく兄の声 楠本憲吉
法師蝉突と鳴き出で素兄亡き 岸風三樓
浜昼顔の風の帽子の亡兄は立つ 金子皆子
浜木綿へ兄は流れて弟も 中村苑子
渓越えの兄を揚げ羽が追いこせり 大西健司
湯豆腐のゆれて賢兄愚弟老ゆ 西尾照子
漬梅や兄亡き後の塩加減 枡田国市
炉の兄に声尖らして畚を置く 清原枴童 枴童句集
焼けし餅奇襲の兄よ現われよ 的野雄
父がたたみ兄の搬びし金屏風 星野恒彦
父とうとく榾たく兄の指輪かな 飯田蛇笏 山廬集
父と疎く榾焚く兄の指環かな 飯田蛇笏
父ははを連れて兄来る茄子の牛 安住敦
父よりも兄の眩しき初日かな 岩田由美
父亡くて父似の兄へ御慶かな 大橋麻沙子
父親でも兄貴でもないあたたかさ 櫂未知子 貴族
片恋の兄猛烈に黄落す こしのゆみこ
片陰に親待つ兄と弟と 対馬康子 吾亦紅
田芹飯兄いもうとは多感にて 栗林千津
病む兄のこころもとなき大暑かな 大山百花
病む兄へ杓傾けよ寒北斗 中村郊雨
癌の兄と別れ直ぐ泣く群集裡 西東三鬼
癌の兄声音しずかに受話器を来る 西東三鬼
癒えて旅せんとよ枇杷をすする兄 鈴木公二「花令法」
白びやうし兄のすまふにかくれけり 大江丸
白日傘幼き兄を諭しゐる 大串 章
白梅の微熱のそばに兄ありぬ 宇多喜代子
白茅刈る兄の太腕盆支度 堀口星眠 営巣期
白鳥の飛翔兄逝くひびきなり 岩間愛子
盆の月しばらく兄と語りけり 黒田杏子 花下草上
盆唄や兄がこよなく父に似て 大石悦子 百花
盗みする兄の行衛や今朝の秋 会津八一
目の上のたんこぶの兄柿呉れず 高澤良一 ねずみのこまくら
眠たがる兄に句を問ふ宵の春 比叡 野村泊月
眠たげな兄へ飛び来る杉花粉 二村典子
矢車やときどき吹かす兄貴風 利根川博
矢車や柱の傷の兄を越え 岩崎慶子(狩)
石垣の上の兄より石榴受く 広瀬直人
砲兵の兄に大きな茄子の馬 笠 政人
神留守といふをうべなふ兄の死か 橋本榮治 麦生
禿頭の兄たんぽぽの絮を吹く 玉木照子
秋暑し胃のなき義兄のこごみ癖 羽部洞然
秋風と兄悼む弟ひとりごと 福田蓼汀 秋風挽歌
稲妻の匂ふを言ひて兄病めり 鳥居美智子
空に征きし兄たちの群わけり雲わけり葡萄のたね吐くむこう 平井弘
竜の髭兄亡き後の家事の煩 村山古郷
童顔の兄の忌二月ぼんやりす 栗林千津
竹馬や兄より高くなりたき日 中 拓夫
箒持つ兄めづらしや祭の日 比叡 野村泊月
糸瓜忌や律を泣かせし兄なりき 伊藤昌子
素兄忌の忘れられゐし茄子の花 菖蒲あや
緑立つ母・姉・義兄よ長暇 村越化石
線香を雪につつさす兄方かな 一茶
縄とびを兄にゆづりて黙りけり 依光陽子
繍線菊の咲けばほのかに兄恋し 黒田杏子 木の椅子
羊歯山の水の湧くところ兄と並び 參 鮫島康子
老兄にあるは菊酒ぬくめ酒 きくちつねこ
老兄の候文の初便 渡利渡鳥
腰高の兄よ水母を海に飼い 池田澄子
致死量の月光兄の蒼全裸(あおはだか) 藤原月彦(1952-)
花すみれ吾に仏の兄いもと 木附沢麦青
花火の夜兄へもすこし粧へり 正木ゆう子「水晶体」
苺ジャム甘し征夷の兄(え)を思ふ 竹下しづの女句文集 昭和十三年
茶の花や花を以てすれば梅の兄 茶の花 正岡子規
茸狩の兄が遅れて戻りけり 茨木和生 倭
草笛の上手な兄の後を追う 大頭美代子
菊人形背丈ちがひに兄おとと 上田日差子
菊美し嫁ぐべく兄征くべく 竹下しづの女句文集 昭和十六年
菩提樹下の荒草を抜く兄わが為め 石田波郷
菱の実を採つて呉るるは兄のごとし 大石悦子 群萌
葉ざくらとなり鉄棒に亡兄がいる 室生幸太郎
蓮如忌や兄のお寺も御旧跡 石田雨圃子
蕎麦掻や兄の取り出す壺酒を酌み 安田瑛子
薄羽かげろうははの指より兄のゆびへ 西川徹郎
藍の香や義絶の兄の秋袷 塚本邦雄 甘露
虎が雨まだ兄の死をうべなえず 宇咲冬男
虫干や遺影の兄は椰子に凭り 轡田進
虫籠に蜥蜴を入れて兄貴分 高澤良一 素抱
蛍にまぎれし兄を思いやる 宇多喜代子 象
螢くる兄のかなしみ提げてくる 黒田杏子 花下草上
蠅を打ちまくる死病の兄励まし 津田清子 礼 拝
裏の山早世のわが兄も萌え 徳弘純 麦のほとり 以後
裏山にいつも兄ゐて冬ぬくし 向山隆峰
読初はアジア異母兄物語 宇多喜代子 象
賢兄に放埓の妹さくら咲く 橋本榮治 逆旅
賢兄は戦死愚弟は籠枕 鈴木鷹夫 風の祭
赤のまゝあの子の兄を知つてゐる 岡田史乃
足尾山塊兄が秋夜を座すごとく 今井 勲
踏青のけふの一人は兄の友 大石悦子 百花
農守りし兄に嘶け茄子の馬 失吹嘉な江
迎へ火はいまだ帰らぬ兄に焚く 未田忠義
遠き日の屋根に兄をり枇杷青実 小檜山繁子「流水」
遠雷や襖へだてし兄の黙 池田澄子
遺憾なり父よ兄よと旗を振りき 池田澄子
重態の兄に吸わるる春の雨 宇多喜代子
野に兄を葬り春夜の皆既蝕 猿橋統流子
銀やんま一閃兄者来てゐるよ 小出秋光
銀木犀指切るほどの兄もゐず 塚本邦雄 甘露
銀杏ちる兄が駆ければ妹も 安住 敦
銀河崩れ兄ゆつくりと繭を出る 栗林千津
鍬始めいつより兄の父がわり 高橋鷹史
陽炎に生まれぬ兄を思ひ出す 林桂 銅の時代
雁や兄やいづくに年を取る 清水基吉 寒蕭々
雁啼くや一つ机に兄いもと 安住敦
雁鳴くやひとつ机に兄いもと 安住敦
雛段を担いで兄はふり返る 柿本多映
雪だるま兄は潜水艦だった 相原左義長
雪下ろす兄貴の穴を埋めるため 櫂未知子 貴族
雪割草に跼むや兄も妹も 山田みづえ
電話口咳して兄の出てきたり 星野立子
霜柱兄の欠けたる地に光る 西東三鬼
露の墓おとうと兄にかしづけり 樋笠文
青写真兄のかしこくありし日ぞ 大石悦子 聞香
青大将わたしは兄へ嫁ぎます 栗林千津
青揚羽末期の兄を越えてゆく 宇多喜代子
青蛙ふと兄らしきことを言ふ 廣瀬町子「夕紅葉」
面目は仏/義母兄膝行す 仁平勝 東京物語
韮咲くや兄が愛する馬具農具 磯貝碧蹄館 握手
音たてて氷噛む兄が母の慰めに苦笑した社会 橋本夢道
音一つなくて兄をり寒肥撒く 神蔵器
頓首と書き雅兄と書けば桐一葉 高柳重信
頬白の鳴き真似上手の兄だった 髪谷雅道
顔寄せてラムネ抜く兄待つ妹 片山通夫
顔拭いて貰ひて兄と地蔵盆 福井隆子
風入のはづれに兄のハーモニカ 鳥居美智子
風青葉兄征きたれば嫂なし 的野 雄
驟雨青し兄先き立てて馳せ戻る 原田種茅 径
鬱病の兄の正坐よおジャガの芽 池田澄子
鯊釣りの兄にポケツトベルが呼ぶ 濱永育治
鰯雲宛名に兄と厚き文 中戸川朝人 残心
鳥追ふや山から谷から兄のこだま 加藤知世子 花 季
鳳仙花咲いてこぼれぬ兄の家 山口青邨
鴬に兄のとめたる吹矢かな 尾崎紅葉
鶫罠みて来し兄の口笛か 中尾白雨 中尾白雨句集
黄泉のもの兄は食べしや霧の墓 津田清子
鼻たれの兄とよばるゝ夜寒哉 夜寒 正岡子規
●兄さん
●兄上 
春も闌けしわが抱守を犯しつつ健かなりし父上兄上 高柳重信
●兄貴 
数の子は姉より酒は兄貴より 納谷一光
木の実独楽兄貴ふたりは征きしまま 下鉢清子
木斛は冬じゅう兄貴顔をする 澁谷道
父親でも兄貴でもないあたたかさ 櫂未知子 貴族
矢車やときどき吹かす兄貴風 利根川博
虫籠に蜥蜴を入れて兄貴分 高澤良一 素抱
雪下ろす兄貴の穴を埋めるため 櫂未知子 貴族
●兄嫁 嫂 
あによめのゐずなり茅花流しかな 行方克己 昆虫記
あによめの屍ふっくら半夏生 野間口千佳
あによめの日傘を借りてせみしぐれ 筑紫磐井 婆伽梵
あによめは濡縁に棲む月の暈 仁平勝 東京物語
よめあによめの朝早い李の白さ 梅林句屑 喜谷六花
姆(あによめ)のてのひらひらく囲炉裏端 佐川広治
兄よりも兄嫁親し豆の飯 山田弘子 螢川
兄嫁という真白きもの花の時 対馬康子 愛国
兄嫁の奥の厨房鱧たたく 菅野紅梅
兄嫁は甘き南瓜をえらびけり 如月 真菜
年下の兄嫁よりの御慶かな 橋本榮治 逆旅
絵双六兄嫁一に上がりけり 山田みづえ
古里や嫂老いて萵苣の薹 高浜虚子
妊れる嫂と知らず麦の秋 久米正雄 返り花
嫂のながき話や霊まつり 阿波野青畝
嫂のままで花野へさしかかる 桑原三郎 晝夜
嫂の予後やあやふき花あやめ 小島ノブヨシ
嫂の文の短き夜の秋 昭彦
嫂の目のおそろしき冬牡丹 星野石雀
嫂の落ち蚕を拾ひ嘆きたる 瀧澤伊代次
嫂の行く手はあはき螢かな 大屋達治 絢鸞
嫂の鍋擽く音や秋の暮 幸田露伴 竹芝集
嫂や火燵に遠く子を膝に 富安風生
嫂を母ともたのみ針供養 橋本鶏二 年輪
実家には嫂匂う麦の秋 島津天平
山火見て立つ嫂を淋しとも 清原枴童 枴童句集
巴旦杏畑の上の嫂の墓 中戸川朝人 星辰
桜湯に嫂の紅泛びゐる 小島ノブヨシ
母が灯し嫂が吊り岐阜提燈 池上樵人
涙涸れて居睡る嫂の団扇かな 佐野青陽人 天の川
熟柿にうちよるまともに嫂 梅林句屑 喜谷六花
蚊帳たたむ嫂母を語り尽きず 永井龍男
被布を着し嫂と寺を立ち出づる 村山古郷
遠蛙嫂が問ふ湯の加減 成瀬櫻桃子 素心
金魚瓶愛づる嫂風邪つのる 宮武寒々 朱卓
風青葉兄征きたれば嫂なし 的野 雄
●姉 
あねいもとまたそのいもと雪まろげ 遠山昭次
あねいもと初観音へ手を結ぶ 西尾桃子
あねいもと別の山見てかすみけり 長谷川双魚 風形
あねいもと性異なれば香水も 吉屋信子
あねいもと月読みのはなし海あかり 秋元零折
あねはあおさぎ漆黒のピアノに映る 金子弘子
あね弟雪玉の寄るごとくなり 平井照敏 天上大風
ねじばなの紅のひとすじあねいもうと 酒井弘司
まゆはき草火花ちらしぬあねいもと 高岡すみ子
不知火のその海底のあねおとと 黒田杏子 花下草上
兄姉は永久にあにあね霜の声 栗林千津
摘草や向ふのあねさんこちらむけ 寺田寅彦
撫でひくやあねはのもたる姫小松 宗因
父の忌の燗熱くしてあねおとゝ 菖蒲あや 路 地
行列の狐のあねさんかぶりかな 高澤良一 素抱
*むつを煮るいづれが姉か妹か 久野鈴一
いちにちを姉に徹して瓜を揉む 上田日差子
いとけなき姉となりけり腹当し 竹田佳女
うめもどき蔓うめもどき姉ふたり 小林篤子
おとどえのいづれを姉にセルにほふ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
お年玉ちらと見くらべ姉いもと きりを
かき餅や姉を母とし二階住 岸風三樓
かまくらに灯し入るるは姉の役 向田貴子
かまくらや亡き友も亡き姉もゐて 林 民子
きらきら姉の一行のごとし石川 阿部完市 春日朝歌
くれないの紐あり姉の小抽斗 大西健司
げんげ田に泣く弟を姉が抱く 太田土男
しあはせの姉の子供の智恵詣 松浦桂村
しずかな姉が茜と木綿たたむ窓 阿部完市 絵本の空
しやぼん玉ぶつかり合はせ姉おとと 栗原稜歩
しんしんと雪の香に帰す姉に会ふ 加藤知世子 花 季
つんつんと鼻凍り姉の死を泣けず 石橋辰之助
ともしびを露と数へて姉の恋 齋藤愼爾
とろろの泡さはに長姉は還暦か 栗生純夫 科野路
なつかしき涙語や姉の春 河野静雲 閻魔
ねむりにゆく春ゆふぐれの姉いもと 柿本多映
ひぐらしや坩堝の如き姉の情 楠本憲吉
ひひなの夜二段ベットの姉いもと 松永美重子
ぶらんこを揺りくれ家で姉きびし 香西照雄 対話
ほほづきや姉と張り合ふことの失せ 片山由美子 風待月
まん中の姉の食べたる孫太郎虫 鈴木花於
やよい朔日きつねきている姉の仲よし 阿部完市 春日朝歌
ゆく年やある夜したしき姉いもと 長谷川春草
ゆつたりと姉の申せる伊予ことば 大石悦子 聞香
よつんばいの姉に鎖が見えており 久保純夫 水渉記
わが宿の姉いもうとの羽子の音 後藤夜半 翠黛
われもわれも姉も木梢となりにけり 阿部完市 純白諸事
クローヴァーの花咲くをまちし姉ははや 川島彷徨子 榛の木
コップに入り残り蚊悲鳴棺の姉 香西照雄 素心
サクランボ父に病死の姉いたり 対馬康子 吾亦紅
サフランや姉居し頃の蓄音機 木村十三
ピーマンのゆがみに姉の掌の恍惚 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
メビウスの輪に姉がゐる十六夜よ 大屋達治 繍鸞
リラの香の薄れて姉の七七忌 佐藤知敏
一息に十貫坂上姉の恋 斎藤冬海
七福神詣での姉と浅草に 松崎鉄之介
三十七が姉の一期や十三夜 嶋田麻紀
上の姉母に似てきしさくら餅 金田咲子 全身 以後
二階には牡丹生けたり姉の部屋 牡丹 正岡子規
交替に姉の出てゆく盆踊 湯川雅
人妻の姉と連れ立つ花衣 山口波津女 良人
今生の姉が母なる負真綿 津幡龍峰
供華へ北風姉の考え聞き漏らす 相原左義長
冬の虹姉の手紙のほかは絶ゆ 小池文子 巴里蕭条
冬隣癒ゆるめどなき姉看取る 阿部美恵子
冷麦に朱の一閃や姉遠し 秋元不死男
出奔す姉の螢と刺し違へ 齋藤愼爾
出戻りの姉哀なり雛の客 中村楽天
初夢や夜逃げ支度の姉と逢ふ 角川春樹
初嵐さらはれ易く姉小さし 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
初泣のすべては姉を恨みかな 中村汀女
初電話二人が起ちて姉がきく 五十嵐播水
動物園に老いたる姉を置き忘れ 橋本輝久
十ちがひの姉につかへる良夜かな 市野沢弘子
十三夜姉を攫いに来る蝶か 斎藤愼爾 冬の智慧
卯の花や姉とも知らで戀ひそむる 筑紫磐井 野干
双六や風邪を召したる姉の側 蘇山人俳句集 羅蘇山人
双子座の姉きて並ぶ花きゅうり 小山 淑
叱られて姉は二階へ柚子の花 鷹羽狩行「七草」
呼びに来し姉に草矢を射て逃ぐる 平田夏丈
埋火に三面鏡は姉のもの 久米正雄 返り花
墓石に朱文字の大姉一位の実 藤岡筑邨
夏祭り姉は神出鬼没なり 如月真菜
夏蚕飼ふ姉に貰ひし小銭かな 花中
夕端居国に姉あり妹あり 横倉牧民
大姉も小姉も細身十月野 大木あまり 山の夢
大姉居士野に出てあそぶ月夜かな 北見さとる
妹は薔薇赤く姉は百合白し 薔薇 正岡子規
姉いつか鵜の鳥孕む海辺の家 金子兜太 早春展墓
姉いもと色を違へて浮いて来い 杉山加代
姉がりに来て妻たのし茗荷汁 下村槐太 光背
姉が来てごまめ作りをはじめけり 小圷健水
姉が来て妹が来るじぶ煮かな 古館曹人
姉が来て義弟の帰る年の暮 松田紀子
姉が泣き葛籠の中は紐ばかり 鳴戸奈菜
姉が目の敵に菊畑の斑雪 塚本邦雄 甘露
姉が織り妹が縫ふて更衣 更衣 正岡子規
姉たちが連れ笑いする野ばらの実 児玉悦子
姉だけに小菊の中に残るかや 娘-いち 俳諧撰集玉藻集
姉ちやんたちは燃えてしもうた長崎忌 松崎 鉄之介
姉といふ媼もよけれ諸葛菜 千代田葛彦
姉とねて峠にふえるにがよもぎ 安井浩司
姉とひらくカヤツリ草の白い時間 岩佐光雄
姉とふたりまだあたたかき栗を食ふ 和田耕三郎
姉と呼びてあはて眼伏せぬ葉鶏頭 雑草 長谷川零餘子
姉と呼び通せし母の墓洗ふ 田畑芙穂女
姉と居れば母のするよな蕎麦湯かな 大須賀乙字
姉と書けばいろは狂いの髪地獄 寺山修司 花粉航海
姉と雪の降る日の貝あはせ 筑紫磐井 野干
姉にやる子ながら淋し石竹花 木歩句集 富田木歩
姉に会ふただそれだけのお正月 有道 桂
姉に叱られ姉につき行く浜昼顔 大口元通「周遊切符」
姉ねむりこめば芹の田ますます音楽 阿部完市 純白諸事
姉のごとくに揚羽は居れど泣く赤子 高柳重信
姉のごと一輪ひらき二輪草 猪俣千代子 堆 朱
姉の墓地上は雨に枯れいそぐ 川島彷徨子 榛の木
姉の子の紅椿待たせられけり 太田鴻村 穂国
姉の小さいぐらいだー飛び有職故実 阿部完市 春日朝歌
姉の忌のくる頃猩々袴立つ 蓮田紀枝子
姉の忌の天地をつなぐ烏瓜 仁平勝 東京物語
姉の忌の青木は花をこぞりけり 大石悦子
姉の忌へ集ふ彼岸の雪のあと 冨田みのる
姉の恋ならず水引草こぼる 峯 信恵
姉の手のけむりたけの刹那かも 安井浩司 阿父学
姉の桐妹の桐花咲きぬ 喜多村慶女
姉の死に叔父が泣くなり花菜漬 鈴木鷹夫 大津絵
姉の死後紅山茶花に佇つことも 嶋田麻紀
姉の訃やあまたの野梅過ぎ来たり 大石悦子 聞香
姉の訃や白梅を見し鎌倉に 鈴木鷹夫 大津絵
姉は亡し合歓の花枝を笠に着て 香西照雄 素心
姉は嫁げりまたクレヨンの紙を剥く 大屋達治 繍鸞
姉は水弟は線香雪の径 西山泊雲 泊雲
姉は浜なす海は戸口に立っている 西川 徹郎
姉もあそんでつんつんあるいて木から木から木 阿部完市 春日朝歌
姉もたぬわが一生かな水禽図 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
姉よ巨きはえとりたけに空みえず 安井浩司 中止観
姉よ抛らん郁子の実の青い拳 金子皆子
姉よ松虫草が咲いて黴びました 金子皆子
姉らしくなりて蘆笛つくりやり 石井とし夫
姉らしく聖樹を飾る爪立ちて 鈴木貞雄
姉ゐねばおとなしき子やしやぼん玉 杉田久女
姉をまね高麗人も野に伏せり 攝津幸彦 未刊句集
姉を消ししずまりいたる青芒 宇多喜代子
姉を焼いて臙脂のロールスロイスで冬野 橋田サカエ
姉ハイク弟バイク日の短か 高澤晶子 純愛
姉七つ妹三つ七五三 細井セツコ
姉上は何枚脱いで夏に入る 桑原三郎 晝夜
姉八十弟七十梅ぽつぽつ 宇多喜代子 象
姉君が菖蒲合はせの怨みごと 筑紫磐井 野干
姉呼んで馳ける弟麦の針芽 西東三鬼
姉夏子いもうとくに子芙蓉咲く 久保田万太郎 流寓抄以後
姉妓にも無言詣のことは秘し 中田余瓶「百兎集」
姉尾道のてんとむしだましにやさし 阿部完市 純白諸事
姉棄てて弟泳ぐ土用波 坪内稔典
姉欲しと思ひし頃の吊しのぶ 藤田湘子 去来の花
姉母似妹母似鳳仙花 坊城俊樹
姉沼も雁ゆくころか葱しなぶ 橘川まもる
姉泣けば妹も涙の朝ぐもり 堀口星眠(橡)
姉消えて常世に立てる蛇の高さ 安井浩司
姉申す十一の市みえること 阿部完市 春日朝歌
姉病むと柳散るころ便あり 寺田寅彦
姉立つて花、感情の椿花 阿部完市 春日朝歌
姉絵本弟積み木日向ぼこ 上野泰 佐介
姉老いて夏帯も濃きみどりとす 山口青邨
姉肥えて母屋の宴に割り込めり 味元昭次
姉若く妹老いぬ夏蜜柑 小澤實「砧」
姉追いてすずなすずしろ橋渡る 下村洋子
姉逝きて冬至南瓜の残されし 木下和香子
姉逝きて遠くなる町鰯雲 柴山絹江
実なんてん赤子に姉のやうな母 小川昇一
家墓に刻めぬ姉の名萩咲き続く 香西照雄 対話
寄せ鍋や齢あかりに姉おとと 辺見じゅん
寺へ嫁ぎし姉の砧がきこゆなり 吉田冬葉
小町崩れの姉ふらふら来小正月 たむらちせい
少年に長けし姉あり花なづな 藤田あけ烏 赤松
少年や春著の姉をまぶしとも 藤松遊子
居士大姉臘八粥の湯気の中 小坂順子
展墓行姉の意のうち濡れにけり 金田咲子 全身 以後
山萩は姉の傍こまごま不思議 阿部完市 春日朝歌
山萩紅そこはあふれて姉をまつ 阿部完市 春日朝歌
年暮るる姉に小筐の貝細工 直人
廻禮や姉が日頃の守り神 会津八一
弟が姉ぶつ梅雨のシーチキン 坪内稔典
弟の姉呼ぶ秋の声であり 黒田杏子 花下草上
強ひて言へば鉤裂の姉暑苦し 栗林千津
弾初の姉のかげなる妹かな 高浜虚子
彼岸まで妹の刻姉の刻 須川洋子
我姉も兄も小太り茄子の馬 林 菊代
或ときは母の如く姉のごと大馬鹿ものよと無類の妻 橋本夢道 無類の妻
捕虫網持たされもせず姉は従者 森田 峠
摘草のははよ姉よと深追いす 伊達みえ子
摘草の子に年問へば姉答へ 大橋桜坡子
放水路の風ひややかに姉見舞ふ 石田あき子 見舞籠
故郷の母と姉との初便 高浜虚子
数の子は姉より酒は兄貴より 納谷一光
数珠玉の露やこまごま姉の文 鷹野清子
整然と歌留多を並べ姉を呼ぶ 山本一歩
新涼の髪結ひやうや姉いもと 道芝 久保田万太郎
新潟にある短夜を姉と妹 高木晴子
新生姜水に浸して姉の盆 原田喬
旅鶴や身におぼえなき姉がいて 寺山修司 花粉航海
早苗饗や姉の大きな膝頭 小野口 豊
明易し姉のくらしも略わかり 京極杞陽
春の旅くぐもりて鯉を呼ぶ姉 金子皆子
春蚕飼う姉に吉野の櫂の音 大西健司
春闌けて蔓物多き姉の閨 攝津幸彦 鹿々集
春風や姉七十路のEメール 寺司禎子
望の夜の芒を刈りに姉いもと 大串章
朝の姉夕べの姉も草を刈る 坪内稔典
朝の木にぶら下がつている姉の卵管 西川徹郎 家族の肖像
朝顔の種子採りしづかすぎる姉 清水径子
朝顔の蜜やほどよき姉の愛 香西照雄 対話
枯幹に触るこれが姉あれは兄 千代田葛彦 旅人木
柚子の香の別るる姉となりにけり 小池文子 巴里蕭条
柩背負えば姉青い花のおおかみ 西川徹郎 家族の肖像
柿色の姉の家までおどりおどり 阿部完市 にもつは絵馬
梅仰ぐ喜寿過ぎし姉傘寿の兄 川村紫陽
樗咲き敢て甘ゆる姉娘 林翔 和紙
死の姉がこの荒壁の中にある 石橋辰之助
死んだ姉のやさしかりしよ小豆粥 久保田万太郎 流寓抄以後
母とほく姉なつかしき壬生菜かな 大石悦子
母に似し水茎よ姉の十三夜 中島月笠 月笠句集
母の忌に姉と蜜豆食べにけり 高野ふよ子(繪硝子)
母の忌や一つ日傘を姉とさし 渡辺恭子「涼しさだけを」
母の忌や姉より届く水中花 渡辺恭子
毎年も椎茸呉るる姉の子よ 日永田 久
江湖会や気象はげしき一大姉 河野静雲 閻魔
泣く姉に匂いこもりぬ白まんま 池田澄子
泳ぎ終へしわが脂浮く中の姉 大屋達治(1952-)
浜に嫁す姉の便りや白子干 良籐き代
浮かぬ顔姉の金魚と見比べて 高澤良一 随笑
淋しさに炉箒使う胎の姉 西川徹郎 死亡の塔
澤庵を漬くることして姉も老ゆ 藤松遊子
炉開きや姉からとゞく見舞状 小酒井不木 不木句集
炎天に真直ぐ立ち煙り姉焼く煙り 後藤明良
烏瓜母につながる姉の逝く 松山足羽
無憂大姉久女の墓の秋暑なほ 西本一都 景色
無花果の匂ひの父を姉と呼ぶ 攝津幸彦 鹿々集
狐火のあとぞろぞろと居士大姉 木内彰志
生身魂ほほゑむ姉となりにけり 鈴木公二
病む姉の肩に萩ちる相模かな 鈴木としを
癌の姉看てより気弱夜寒妻 大熊輝一 土の香
白あやめを姉とも思ふ一日かな 宮川由美子
白揚羽未だ見ぬ姉が塩道に 攝津幸彦
白玉を姉はひたすら茄でる役 櫂未知子 貴族
白象に苦しむ姉に江戸の春 攝津幸彦
白酒や姉を酔はさんはかりごと 日野草城
白髪の姉を秋降る雪と思い込む 西川徹郎 月山山系
百千鳥姉味のソプラノよく響き 関森勝夫
百日草姉に言はれしこと守る 石井奈加
皸や貧に育ちし姉娘 皸 正岡子規
盆僧の姉の子ばかり褒めしかな 菅 章江
真綿被し背にこもるもの姉の声 加藤知世子 花寂び
眼鏡かけて老いたる姉に行く年や 寺田寅彦
睡蓮の姉や妹水を出て 矢島渚男 延年
石垣の上の姉より柘榴受く 廣瀬直人
秋蝉の茨に鳴くや姉の家 雑草 長谷川零餘子
空ゆこゑ母か姉かと帰り花 鈴木鷹夫 大津絵
端居してこの頃涙もろき姉 出羽智香子
竹咲くや会うて見おろす姉の髪 中島斌雄
箪笥からはみだす姉のはらわたも春 西川徹郎 家族の肖像
紅梅や一人の姉に家ゆづる 村越化石
紅葉し月下に踊る姉と兵 志波響太郎
紙鳶姉に持つて貰うてのもどかしさある 梅林句屑 喜谷六花
紫蘇の実を漬けるふる里姉の居て 蕪木啓子
絹糸草姉がめぐし子二人寝て 小池文子「木靴」
緑立つ母・姉・義兄よ長暇 村越化石
縫ふ事が姉の生甲斐針祭る 星 陽子
花楓姉東海道を上り来る 佐野青陽人 天の川
花菜漬持ち姉の家に居候 田中敬子
花蘇枋姉に背負はれ育ちたる 和田耕三郎
若葉しぐれ姉のなみだを思はしめ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
茄子の花姉は大き露ならむ 河原枇杷男 訶梨陀夜
茎漬の母でなかりし姉なりし 高野素十
草笛や巫女を姉とし吹き習ふ 阿波野青畝
菱餅の記憶泣きゐし姉ありて 藤岡筑邨
著莪咲けば姉の忌日の来りけり 阿部みどり女 月下美人
蒲公英や姉より老けてよき妹 久米正雄 返り花
藤の花姉女が帯の解けそめし 尾崎紅葉
藪入の姉の下駄履き野菊摘む 南南浪
蘭に花芽ふいつと姉が大事なり 坂本敏子
虫干や野口英世の姉の刀自 西本一都 景色
蝶の香ふと姉の日傘に入りしとき 河原枇杷男 蝶座
蝶を追ふ多佳子大姉の先んじて 平畑静塔
行く春や美しき姉太りゆく 阿川道代
行年や鏡に向ふ姉いもと 行く年 正岡子規
被布を着し姉を思ふや姉の忌に 吉本虚林
諸兄姉と松山を去る子規忌かな 藤田湘子 てんてん
豌豆の花にかくれて姉の泣く 田中蛙村
貝塚の里を春着の姉いもと 冨田みのる
貰ひたる蛍を分けに姉の家 上野泰 春潮
踏切をわたりゆうがおになる姉よ 大西健司
踏絵する誰も見てない姉の部屋 梅原昭男
軍人をくはへし姉の霞むなり 攝津幸彦
辻で別れた姉が紅葉となっている 西川 徹郎
退院の姉に二度咲く白桔梗 林 民子
逆髪は姉にてものを灼く陽にて 竹中 宏
途中より姉にかはりし手毬唄 小原啄葉
遠嶺発つ冬の薄日に姉の葬 相原左義長
郁子の実や一人の姉を狂はせて 川崎展宏
野良にゐる姉を手伝ふ岐阜提灯 原田ゆふべ
野苺つまむ自家中毒の姉にちかく 安井浩司 赤内楽
長姉吾に父母の絆や木の葉髪 大橋敦子 手 鞠
雁ゆくやキッチン・ドリンカーの姉に 中烏健二(1953-)
雛祭姉の娘に惚れて見ん 雛祭 正岡子規
雨の柚子とるとて妻の姉かぶりに奉る 高浜虚子
雪兎いまでもほしきものに姉 笠井百合彦
雪明り虚ろの姉に添ひ寝して 中村苑子
露七彩網戸に満つや姉祷る 中戸川朝人 残心
青木の実譜本に褪せし姉の文字 中里房子
青芒姉が遺せし男の死 鈴木鷹夫 風の祭
青葉木菟姉亡き家の涼し過ぐ 羽部洞然
鬼灯の口つきを姉が指南哉 一茶 ■文政三年庚辰(五十八歳)
鳥渡る真ッ赤な櫛を姉洗ふ 和田耕三郎
鶏が姉であった日霊場ふぶく 西川徹郎 家族の肖像
麦笛や迎ひに来る姉のあと 五十嵐播水 播水句集
黴の花不嫁(ゆかず)の姉のチリ文學 塚本邦雄 甘露
齢して五十の姉や暑気中り 石塚友二 光塵
●姉貴
●姉君 
姉君が菖蒲合はせの怨みごと 筑紫磐井 野干
●姉御
●姉様 
冬雲雀空は姉さま化粧中 伊地知建一
姉様に参らす桃の押絵かな 夏目漱石 明治三十年
姉様を誘うて行くや墓參 寺田寅彦
姉様人形壺のつるもどきが慕ふ 磯貝碧蹄館
柚子の籠抱へ姉様被りかな ふけとしこ 鎌の刃
花葛に紙姉様を二つ置き 長谷川かな女 花寂び
●異母兄弟 
蝙蝠傘は異母兄弟である ひらく 味元昭次
●妹 
あにいもうとたんぽぽに乗る溶けてゆく 坪内稔典
あねいもとまたそのいもと雪まろげ 遠山昭次
あねいもと初観音へ手を結ぶ 西尾桃子
あねいもと別の山見てかすみけり 長谷川双魚 風形
あねいもと性異なれば香水も 吉屋信子
あねいもと月読みのはなし海あかり 秋元零折
いもうとがあににあまえてさくらの実 大石悦子 群萌
いもうとがくるくる回るシャボン玉 二村典子
いもうとが一羽二羽ゐて夏やさい 筑紫磐井 花鳥諷詠
いもうとが日覆をまくる萩の月 萩 正岡子規
いもうととふらんすの小島はとおし 阿部完市 春日朝歌
いもうとと飛んでいるなり青荷物 阿部完市 にもつは絵馬
いもうとに死の翼きて秋の夜 阿保恭子
いもうとに言われてごまの花ならぶ 阿部完市 純白諸事
いもうとのかぞえる青百いくつかな 阿部完市 春日朝歌
いもうとのひっかき傷は蛹かな 矢野千代子
いもうとの十一年その十一本の木のなかの 阿部完市 春日朝歌
いもうとの告別式よ日短か 京極杞陽 くくたち上巻
いもうとの夢に幼し木の実独楽 佐野美智
いもうとの平凡赦す謝肉祭 林桂(1953-)
いもうとの羽子板すこし劣りたる 遣羽根 正岡子規
いもうとの袂のあかり螢飛ぶ 磯貝碧蹄館
いもうとの袂探れば椿哉 椿 正岡子規
いもうとの魚締めにくる夏祭 下田稔
いもうとも共にあるかや魂祭 及川貞
いもうとよいちごつぶせばいくさみゆ 八木三日女
いもうとを子とし毛糸を編みにけり 森川暁水 黴
いもうとを泣かせしむかし草の笛 山上樹実雄「四時抄」
いもうとを蟹座の星の下に撲つ 寺山修司 花粉航海
いもうとを迎ふる門火雨に焚く 小野千枝子
いもうと朝ぱんを川波のかたちに切れ 阿部完市 春日朝歌
お年玉ちらと見くらべ姉いもと きりを
さがし居り白山山系のなかのいもうと 阿部完市 にもつは絵馬
さくらにみられていもうとすがた痛がりぬ 阿部完市 春日朝歌
そのひとのわれはいもうと花菜風 正木ゆう子 悠
できあがるいもうとの舟そしてまんだら 阿部完市 純白諸事
ねぎとあさつきたべていもうと歌候 阿部完市 春日朝歌
ねじばなの紅のひとすじあねいもうと 酒井弘司
ねむりにゆく春ゆふぐれの姉いもと 柿本多映
はやうまがきていもうとが濃いという 阿部完市 春日朝歌
ひひなの夜二段ベットの姉いもと 松永美重子
まゆはき草火花ちらしぬあねいもと 高岡すみ子
ゆく年やある夜したしき姉いもと 長谷川春草
わが宿の姉いもうとの羽子の音 後藤夜半 翠黛
ダンボの耳ほしがるいもうとみづいろのみみそよぎだす八月の朝 大谷和子
僧正のいもとの小屋のきぬたかな 尚白
兄いもうと目袋似たる障子哉 瀧井孝作
兄いもといつも一緒に枯芝に 安住敦
兄いもとひとつの凧をあげにけり 安住敦
兄いもと一つの凧をあげにけり 安住敦
兄いもと遠く隔てゝ卒業す 大場白水郎 散木集
初蚊とぶ兄といもうととの間 正木ゆう子 悠
夕蛙いもうと兄を門に呼ぶ 敦
夜明けまで山椒魚でいる兄いもと 佐藤きみこ
妻のいもと筥玉虫に妻とあそぶ 森川暁水 黴
姉いもと色を違へて浮いて来い 杉山加代
姉夏子いもうとくに子芙蓉咲く 久保田万太郎 流寓抄以後
寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり(1941-)
寒燈下嫁かずいもうと字をならふ 長谷川素逝
新涼の髪結ひやうや姉いもと 道芝 久保田万太郎
春あらし兄いもとしてまろびけり 安住敦
望の夜の芒を刈りに姉いもと 大串章
梅の木とぽーとともつていもうとらし 阿部完市 春日朝歌
海を想ういもうと断食の日の出前 加川憲一
片仮名の名のいもうとにばつた跳ぶ 長谷川双魚 『ひとつとや』
田芹飯兄いもうとは多感にて 栗林千津
祭わぶ妻にいもとら泊りに来 森川暁水 淀
紫蘇畑隣家つぶらのあにいもと 久保田和子
腰曲げて母のいもうと蓬餅 鈴木鷹夫 渚通り
花すみれ吾に仏の兄いもと 木附沢麦青
花の木のぼる黒猫花の木のいもうと 金子皆子
葉にまみれ葉がまみれいもうとはだか 西川徹郎 家族の肖像
薪を割るいもうと一人冬籠 正岡子規
藪入や二人のいもといつくしみ 野村喜舟 小石川
行年や鏡に向ふ姉いもと 行く年 正岡子規
貝塚の里を春着の姉いもと 冨田みのる
雁鳴くやひとつ机に兄いもと 安住敦
鳳仙花部屋にこもるやあにいもと 川崎展宏
*むつを煮るいづれが姉か妹か 久野鈴一
いかづちの籠る妹子の墓の森 田島和生
いじめると陽炎になる妹よ 仁平勝 東京物語
うすくなる眉引く妹の初鏡 富永晃翠
うつくしき妹をもてり猿まはし 猿廻 正岡子規
うつゝなき妹が笑ひや獏枕 妻木 松瀬青々
おしろいは妹のものよ俗な花 白粉花 正岡子規
かき抱く妹が目まひや若烟草 東皐
かそけくも咽喉鳴る妹よ鳳仙花 富田木歩
かまつかや幼き妹が米を磨ぐ 皆川白陀
かるい一日かわが妹の羽みえ 阿部完市 にもつは絵馬
きのふ見し妹が垣根の花あやめ 暁台「暁台句集」
この岡に根芹つむ妹名のらさね 芹 正岡子規
この岡に田芹つむ妹名のらさね 芹 正岡子規
さにつらふ妹を百済の桃と讃ふ 筑紫磐井 婆伽梵
さゝやかな力や妹が雪まろげ 雪丸げ 正岡子規
たづさふや竜胆折りし妹が手を 山口誓子
つと出でて妹の春駒いさむかな 菊池芳女
つぶ~と肥たる妹が紙子哉 妻木 松瀬青々
てのひらに清水の重さ妹はるけし 蓮田双川
なきあとに妹が鏡の寒さ哉 寒さ 正岡子規
なてしこは妹がかへ名かありかたや 撫子 正岡子規
なよたけの妹のみごもり青葉月 筑紫磐井 野干
ねんねこや泣く妹を抓りもし 松岡博水
はたはたや妹が唇すふ山の径 山口誓子
はつ雪や酒の意趣ある人の妹 炭 太祇 太祇句選
ひとの家に粽結ふ見え妹許へ 下村槐太 天涯
ほう引きや炬燵にすねる妹ひとり 蓼太
ほし合に我妹かさん待女郎 服部嵐雪
ほし合ひや詩作る妹がつらがまへ 大魯
もてなしに栗燒くとて妹がやけど哉 栗 正岡子規
ものの芽の紅きがうれし妹とゐる 上村占魚 球磨
ももすもも妹らすでに在らざりき 及川貞
やっかいな妹の来るクリスマス 栗島 弘
やゝ酔ひし妹が弾初いざ聴かん 高浜虚子
ゆづり葉や古歌の終りは妹を恋ひ 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
よそながら妹尋ぬるや茶摘歌 茶摘唄 正岡子規
れんげうや夜目に拾へる妹がみち 石川桂郎 四温
わが前の妹にかくるゝ石ひとつ 河野閑子
わすれゐし帷子ありぬ妹が許 高井几董
ゐのこづちいとしや妹も風邪ひきて 下村槐太 天涯
ショパンなほ続く妹の秋の薔薇 横光利一
セロの夜ぞこころ逸れゆく妹の上 伊丹三樹彦 人中
ネロの兄お七の妹毛虫焼く 加藤三七子
ネーブルや妹として久しかる 出口善子
ネ口の兄お七の妹毛虫焼く 加藤三七子
マタニティ妹に譲る黐咲くころ 田川飛旅子
ワシントンに蝉きく遠く来し妹と 小沢 明美
一枝の紅葉そへたり妹が文 紅葉 正岡子規
一花は妹のをさなさ二輪草 堀口星眠 樹の雫
七夕の色紙分つ妹かな 七夕 正岡子規
七夕や家中大かた妹と居す 炭 太祇 太祇句選
不言問木尚妹与兄桃李 桃の花 正岡子規
二三里の妹かり行くや露の中 尾崎紅葉
五年目に歸れば妹が砧かな 砧 正岡子規
井戸端に妹が撫し子あれにけり 撫子 正岡子規
亡き妹の現れて羽子板市なるや 角川春樹(1942-)
亡き妹をいたはりし夢昼寝覚 佐野美智
京都より妹来てゐる春炬燵 山田弘子 こぶし坂
今年また忌にある妹や初便り 金子せん女
仏名やかるい銀撰る妹が指 野坡
佐保姫に召さるゝ妹のわかれかな 日野草城
何故の妹が涙や秋の風 鈴木花蓑句集
余り歯朶妹が櫛笥も飾りけり 高田蝶衣
元朝や未だつくろはぬ妹が髪 柴田宵曲
兄ありて妹賢し地蔵盆 林昌華
兄らしく妹らしく石鹸玉 和田克己
兄呼びに妹出でぬ秋の暮 市ノ瀬 翔子
兄鰥妹孀福沸 和田奄美人
兎ら妹らしずかに想像している乱 阿部完市 にもつは絵馬
児妹の絆は花のごと温し 阿部みどり女
入院の妹の窓えんとつ棲む 寺田京子 日の鷹
其中に妹も交りて茶摘哉 寺田寅彦
冬ざれの天龍河原妹を点ず 大峯あきら
冬虹の根の妹よおいでおいで 増田まさみ
凍空に陰なす魄をかき抱くかぼそき月よ妹ぞこほしき 吉野秀雄
出でゝ待つ妹が出仕度秋日和 鈴木花蓑句集
切(きれ)に包めば山脈となる妹よ 攝津幸彦
初ゆきや酒の意趣ある人の妹 炭 太祇 太祇句選後篇
初伊勢や古稀を迎へし妹を祝ぎ 大橋淳一
初雪や酒の意趣ある人の妹(いも) 炭太 (たんたいぎ)(1709-1771)
化粧のらぬとなげくわが妹稲終へたり 大熊輝一 土の香
卯の花や妹か垣根の朝ほらけ 卯の花 正岡子規
卯の花や妹が垣根のはこべ草 蕪村
卯月住むや楓の花と妹ぎり 渡邊水巴
厄介な妹が来る七日かな 川村智香子
受胎の妹 エアーメールに蘭封じ 伊丹啓子
古草や妹が垣根に芳しき 高浜虚子
吾がつぶて妹がつぶてに鳰遠し 粂田夕洋子
吾に殉ず枯葉のごとき妹の手 後藤綾子
呼子鳥妹ふりかへりつつ遠し 黒岩有径
唐辛子妹が垣根も冬枯るゝ 冬枯 正岡子規
団扇の手たゆき鍾馗の妹かな 尾崎紅葉
土竜妹が黄菊は荒れにけり 黒柳召波 春泥句集
地の氷は皺の氷や離婚の妹 寺田京子 日の鷹
垣なくて妹が住居や白つゝじ 雁宕
垣朽ちて小菊枯れたり妹が家 枯菊 正岡子規
塗り下駄に妹(いも)が素足や今朝の秋 井上井月(1822-86)
塗り下駄に妹が素足や今朝の秋 井月の句集 井上井月
墓並ぶ父母妹麦青む 高野素十
士筆野に妹も母の眼細めがち 平井さち子 完流
夏やせを肌みせぬ妹の思ひかな 夏痩 正岡子規
夏引の糸のもつれや妹が恋 伊藤松宇「松宇家集」
夏服の妹とは違ふ傷み方 櫂未知子 貴族
夕汽笛一すぢ寒しいざ妹へ 中村草田男
夕端居国に姉あり妹あり 横倉牧民
夜の殿や妹が垣根の瓜畠 重丸 選集「板東太郎」
夜明けにて妹は萩叢妊れり 河原枇杷男 定本烏宙論
夢にさえ付添の妹のエプロン 住宅顕信 未完成
大汗の鍾馗を拭ふ妹かな 尾崎紅葉
夫のない子を産み子を負い泥手泥足で立つ妹 橋本夢道 無禮なる妻抄
奥阿蘇の妹許にして雪女郎 大久保橙青
女礼まづ妹の来りたる 高橋淡路女 梶の葉
妹あわれ野遊の飯食みこぼし 三谷昭
妹か家の我家に續く岡見哉 岡見 正岡子規
妹か顔青鬼灯の青さかな 青鬼灯 正岡子規
妹がかぶる手拭白し苗代田 寺田寅彦
妹がさす春雨傘やまぎれなし 中村秀好
妹が口卯の花腐の赤きかな 高濱虚子
妹が口海酸漿の赤きかな 高濱虚子
妹が垣伏見の小菊根分けり 村上鬼城
妹が垣根さみせん草の花咲ぬ 蕪村
妹が垣根古下駄朽ちて落葉哉 落葉 正岡子規
妹が墓に椿落ちたり土饅頭 寺田寅彦
妹が子に宿の儀方を書せけり 松瀬青々「妻木」
妹が子は穂麦の風にふとりけり 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
妹が子は薺打つ程に成にけり 成 美
妹が子は餅負ふ程〔に〕成にけり 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
妹が子やじくねた形りでよぶ螢 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
妹が家の我家へつゞく岡見哉 岡見 正岡子規
妹が宿春の驟雨に立ち出づる 高濱虚子
妹が居といふべかりける桐火鉢 高浜虚子
妹が居や木犀の香の門灯り 加藤隆一
妹が庭や秋海棠とおしろいと 秋海棠 正岡子規
妹が手をふるれば開く月見草 高浜虚子
妹が掌の空蝉燃やす夢のあと 齋藤愼爾
妹が掌をこじあけたれば桜貝 小川素風郎
妹が文候二十続きけり 夏目漱石 明治二十八年
妹が梅ほりぬき井戸にひたしたり 下村槐太 光背
妹が欲しいといふ子福寿草 岡本一代
妹が歯をさとく当てたる梨白し 清水基吉
妹が母となる夜の蛍籠 鈴木鷹夫 大津絵
妹が目を閉じ蜜柑咲くおかしな迂路 宮崎二健
妹が箸に持ちなやみけり芋頭 風馬
妹が腹すこし身にふり更衣 飯田蛇笏 春蘭
妹が読む伊勢物語宵の春 池上浩山人
妹が門つゝじをむしる別れ哉 つつじ 正岡子規
妹が門雛の客に開きあり 成瀬正とし 星月夜
妹が頬のほのかに赤し桃の宴 桃の宴 正岡子規
妹が食む芋ぞ焼かむと落葉掻く 林原耒井 蜩
妹さするひまの端居や青嵐 木歩句集 富田木歩
妹とあがをれば来鳴きぬ鴎等も 篠原鳳作 海の旅
妹とあり火蛾のつぶてに打たれつつ 三谷昭 獣身
妹ときに毬をつきゐし枯芙蓉 瀧澤伊代次
妹とまたも仮寓や秋どなり 吉武月二郎句集
妹とグラジオラスのすぐ傾ぐ 田口満代子
妹と偽つて出す砂糖水 筑紫磐井 婆伽梵
妹と埋め合う対の薄氷 二村典子
妹と夫婦めく秋草 尾崎放哉(1885-1926)
妹と東京に逢ふ梅雨明るし 沢木欣一
妹と桶屋を罵る母が麦飯を歯のない顔で食う 橋本夢道 無礼なる妻
妹と母うち解けぬ故郷の牛の大きい静かな目 橋本夢道 無禮なる妻抄
妹と行けば漆の紅葉径に斜め 山口誓子
妹と見し紅梅の枝折れてをる 横光利一
妹なくて向ひ淋しき巨燵哉 炬燵 正岡子規
妹に七夕星を教へけり 正岡子規
妹に口で負かされ桃の花 大原教恵
妹に摘草の手を高く上げ 高野素十
妹に蛞蝓溶ける登山小屋 萩原麦草 麦嵐
妹に買ううるしぐろなる日傘 飯田蛇笏 霊芝
妹に買ひし紬や蛍の夜 橋本榮治 逆旅
妹に軍書読まする夜長哉 正岡子規
妹に雨夜みずすましになろうか 金子皆子
妹のごとく水餅眠りをり 櫂未知子 蒙古斑以後
妹のせて牧の起伏の橇遊び 太田土男
妹のそののち知らず獺祭忌 行方克巳
妹のオーデコロンのような嘘 曾根毅
妹の前髪厚く蜜柑むく 如月真菜
妹の吹かれてをりぬ豆の花 中村わさび
妹の声あるやうな栗の飯 細見綾子
妹の婚へ早息氷雨あふれくる 寺田京子 日の鷹
妹の嫁ぎて四月永かりき 中村草田男
妹の子のせおふたなりや配り餅 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
妹の宿枯木のなかとなりけるや 久保田万太郎 流寓抄以後
妹の巣に露ふりよする誉かな 黒柳召波 春泥句集
妹の忌の母だけの秋の風 玉城一香
妹の忌の濤音高き卯月かな 角川春樹
妹の手が鮎になるそして鮎ゆく 阿部完市 軽のやまめ
妹の日焼からかひ兄不仲 緒方初美
妹の服縫う四月はてしなく 津沢マサ子 楕円の昼
妹の朝顔赤を咲きにけり 朝顔 正岡子規
妹の歳告げて幸乞ふ春神事 上村占魚 『かのえさる』
妹の泣き顔に似しぐちを釣る 遠山郁好
妹の泪ふくらむ豊の国 穴井太 天籟雑唱
妹の白きブラウス受難節 中村わさび
妹の雨夜みずすましになろうか 金子皆子
妹はいつも妹桜の実 早稲田良子
妹はただひとりだけさくらんぼ 大井雅人
妹は嫁菜われは汀の芹を摘む 寺田寅彦
妹は薔薇赤く姉は百合白し 薔薇 正岡子規
妹ふたりある術なさをかげろふか 下村槐太 天涯
妹や鼻緒捨てきし夏夕べ 津沢マサ子 楕円の昼
妹よひかりの感覚花樗 藤田藍子
妹より気弱な兄や吸入器 清水基吉
妹よ二人の朝の初鴉 渡辺水巴 白日
妹よ来よこゝの土筆は摘まで置く 高浜虚子
妹よ淀は砂漠の水車 鈴木六林男 悪霊
妹よ無口なり新興住宅地の秋夜 夜基津吐虫
妹をくすぐるあきのゑのころぐさ 太田土男
妹を兄のいぢめる栗の花 内田美紗 魚眼石 以降
妹を悲しませずに済む焚火 櫂未知子 貴族
妹を泣かせてしまふ花野かな 山本洋子
妹を率て金剛力や富士登山 飯田蛇笏 霊芝
妹を電話で叱る暮の春 橋本榮治 麦生
妹叱つて独り者めくいぶり炭 渡辺水巴 白日
妹婚期を知らぬごとくに泥田刈る 大熊輝一 土の香
妹得しは私小説めく去年今年 伊丹三樹彦 人中
妹忌むや幾重の露に万の虫 齋藤玄 『玄』
妹恋ひに似て懐手してゐたり 清水基吉 寒蕭々
妹手拍つ冬雲切れて日が射せば 中村草田男
妹殊に哀がりけり虎が雨 嘯山「葎亭句集」
妹泣きそ天下の畫なり秋の風 水巴句帖 渡邊水巴
妹現れて魂魄むすぶ昼寐かな 下村槐太 天涯
妹瓜を揉むま独りの月夜かな 渡辺水巴 白日
妹老いぬ目刺焼く火の浄らかに 渡邊水巴 富士
妹見よや銀河と云ふも露の水 渡辺水巴 白日
妹訪へば背戸の畑に桑を摘む 寺田寅彦
妹許に星をまつるといふことも 京極杞陽
妹許へ萩に触れゆく切通し 北野民夫
妹許や水仙貰ふ帰るさに 尾崎迷堂 孤輪
妹許や露の笹原踏み分けて 寺田寅彦
姉が来て妹が来るじぶ煮かな 古館曹人
姉が織り妹が縫ふて更衣 更衣 正岡子規
姉の桐妹の桐花咲きぬ 喜多村慶女
姉七つ妹三つ七五三 細井セツコ
姉母似妹母似鳳仙花 坊城俊樹
姉泣けば妹も涙の朝ぐもり 堀口星眠(橡)
姉若く妹老いぬ夏蜜柑 小澤實「砧」
嫁が君妹が手鞠をかくしけり 大谷句佛 我は我
嫁ぐ妹と蛙田を越え鉄路を越え 金子兜太 少年/生長
子規の妹木歩の妹や草の花 半澤清隆
宵闇ぽつつり灯ぼし嫁いだ妹が来る 人間を彫る 大橋裸木
寒き夜や妹か門邊の温飩賣 寒し 正岡子規
寒ン近し地上に二人の妹あり 阿部みどり女 月下美人
寒昴鉛書きの妹の遺書 角川春樹
寒昴鉛筆書きの妹の遺書 角川春樹
寒梅に蕾ぎつしり妹嫁す日 香西照雄 対話
寒蝉やわが色黒き妹達 三橋敏雄 まぼろしの鱶
寝る妹に衣うちかけぬ花あやめ 木歩句集 富田木歩
寝台車秋雨に妹拉し去りぬ 渡邊水巴 富士
小さう咲いて勿忘草や妹が許 村上鬼城
小夜砧妹が茶の子の大きさよ 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
山の辺の妹のふるさと芥子咲けり 山内遊糸
山一つ彼方妹が家星佛 放 江
山空にわが鼻赤し妹眉濃し 金子兜太
山茶花の新月に浴む妹を待つ 宮武寒々 朱卓
岡見すと妹つくろひぬ小家の門 嵐雪
岬山の蝶の恋ひたる妹が汗 大屋達治
帰国せし妹に豆撒かせけり 田中青鳥
年とるもわかきはをかし妹が許 太祇
幼く死にし妹ふみ子を懐ふ 雑草 長谷川零餘子
弟も妹もをさなく鳳仙花 木内怜子
弾初の姉のかげなる妹かな 高浜虚子
彼岸まで妹の刻姉の刻 須川洋子
律といふ子規の妹木の実降る 宮坂静生
後家が子を産む位い何ぞと妹泣いて母に抗う 橋本夢道 無礼なる妻
志賀の里妹子の村の稲実る 西村雅苑
恋かあらぬ妹かあらぬ春深み 春深し 正岡子規
恋こめて妹が手伝ふ粽かな 青白
惜春の遠き展墓に妹と在り 吉武月二郎句集
我妹子が蛭の血を拭く蕗葉かな 松瀬青々
我妹子にわれから屠蘇の水祝 水祝 正岡子規
我妹子の下戸もてなすや雪の粥 尾崎紅葉
我妹子の膝にとりつく竈馬かな 松瀬青々
我妹子をおもへば赤し雲の峰 会津八一
我庭に歌なき妹の茶摘哉 茶摘 正岡子規
手花火に妹がかひなの照らさるゝ 山口誓子
押入れに螢火ひとつ妹欲し 寺山修司 『 わが高校時代の犯罪』
捕鯨船かなしき別れ妹を抱き 山口青邨
掛乞や雪ふみわけて妹が許 黒柳召波 春泥句集
掛香をきのふわすれぬ妹がもと 蕪村「夜半叟句集」
散紅葉妹が小鍋にかかるかな 一茶
敷きかけの布団に倒れ従兄妹たち 池田澄子 たましいの話
新潟にある短夜を姉と妹 高木晴子
日盛りを妹裁ち板にあらざりし 阿部みどり女 笹鳴
春の夜の妹が手枕更けにけり 春の夜 正岡子規
春の夜や松明捨つる妹が門 春の夜 正岡子規
春の水妹が垣根を流れけり 正岡子規
春の雲妹が目の内にうつりけり 松瀬青々
春日傘うへの妹さんに会ふ 夏井いつき
春暁亡妹来り酒静か 入江亮太郎
春眠の妹が瞼や吸うて見ん 中野三允
暇乞低声に妹の春の昼 下村槐太 天涯
月代すかなかなに病む妹を残し 松村蒼石 春霰
朝鮮の妹や摘むらん葉人参 其角 選集「板東太郎」
朧夜の妹が嵩張つてゐる 大石雄鬼
木の実はら~隣拾へる妹か魔か 島村元句集
末の妹の初ひ児のひよめき朝ひばり 平井さち子 完流
松立ちし妹が門辺を見て過ぎぬ 高浜虚子
枯草を吾は踏みゆき妹は径を 中島斌男
枯菊の終に刈られぬ妹が手に 岡本松浜(1879-1939)
柚の花や妹の魚干す軒のつま 二柳「津守舟」
柿好きの子規が妹にあたるこゑ 高澤良一 さざなみやつこ
桔梗や忌日忘れず妹の来る 吉武月二郎句集
桔梗折る妹が手もとのたゆげ也 桔梗 正岡子規
桜紅葉拾ひ妹が名灸り出す 田中水桜
椿の実この地つづきに妹の家 岡田久慧
殘菊のしどろに妹が垣根かな 菊 正岡子規
母と二人妹をまつ夜寒かな 正岡子規
母に似し妹の横顔切山椒 中川須美子
母の面罵を真向に妹は後家で子を産みしゆえ 橋本夢道 無礼なる妻
水とりて妹が糸瓜は荒れにけり 蓼太
水中花妻の妹の子を膝に 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
水兵と行くは妹か足袋もはかず 佐野青陽人 天の川
水漬く私を妹らみつけるたちまち景色 阿部完市 にもつは絵馬
氷割ってむしろ妹めく兄の声 楠本憲吉
汝が墓の眺め爽やか妹よ 狩野みほ
江鮭まづ妹が目にうつくしき 松瀬青々
泣くために早くねる妹干菜風呂 増田達治
流さるる罪のまぶしさ妹脊雛 赤松[けい]子 白毫
海の香の酸漿妹が口にあり 矢田部勲
海棠の薄月夜とて妹の来し 中島月笠 月笠句集
海酸漿鳴らして曇る妹よ 田口満代子
溺れ谷にちょんし妹する弟な水よ 加藤郁乎
爪弾の妹が夜寒き柱かな 泉鏡花
父とすわり母も来てすわり話すでもない妹も来てすわり 橋本夢道 無礼なる妻
牡蠣を焼く火の輪の中の我妹子よ 原田喬
独りゐて新茶汲む妹いとまありぬ 渡邊水巴 富士
玉虫や妹が箪笥の二重 村上鬼城
生きん誓木の実つつめる妹の手とる 川口重美
産み月の妹が曳きゆく藁の屑 桑原三郎 春亂
田螺取る妹が泥手の若さかな 松瀬青々
異母妹の大阪跳びを盗みけり 仁平勝 東京物語
病む妹に夜気忌みて鎖す花あやめ 富田木歩
病む妹の言澄む夜のぼたん雪 砂永波夫
白い鍋釜つかい白い妹しくしく 阿部完市 にもつは絵馬
白菊に汚れし妹が櫛筐かな 西山泊雲
百合の蘂金色に妹とく癒えよ 澤木欣一
皃見せや夜着をはなるゝ妹が許 蕪村 冬之部 ■ 題戀
着心や妹がしたての衣かへ 更衣 正岡子規
睡蓮の姉や妹水を出て 矢島渚男 延年
短夜や妹がほむらの有あかし 高井几董
短夜や妹が蚕の喰盛 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
砂山に泳がぬ妹の日傘見ゆ 日野草城
秋あつく蚕のはふ妹がたもとかな 石原舟月 山鵲
秋寒や愛ゆゑ妹が顔をうつ 飯田蛇笏 雪峡
秋暑く蚕のはふ妹がたもとかな 石原舟月
秋海棠妹が好みの小庭哉 秋海棠 正岡子規
秋耕にたゆまぬ妹が目鼻だち 飯田蛇笏 霊芝
秋薔薇妹の骨壷まだぬくし 清水靖子
稗蒔を見つゝ妹と午餉かな 渡辺水巴 白日
穀象や妹の生活の教師の賦 杉本寛
空の凧いま素直なり妹が手に 下村ひろし 西陲集
空蝉を妹が手にせり欲しと思ふ 誓子
竹竿や妹が掛けたる氷面鏡 氷 正岡子規
竹雪や妹が郷に翁飴 齋藤玄 飛雪
笑いたんぽぽ妹の切られし胃腑どこに 寺田京子 日の鷹
紅梅にあはれ琴ひく妹もがな 夏目漱石 明治二十九年
紅梅や妹らみな一子の母 大橋敦子
紐赤き妹が笠きて案山子かな 高橋淡路女 梶の葉
紫陽花に声す妹は亡きに 佐野美智
老いて慈悲ふかき妹寒玉子 成田千空
臥す妹に一と雨ねぎぬ軒葡萄 富田木歩
芋粥や妹脊に露のお朔日(京都に着きし朝) 『定本石橋秀野句文集』
花*ささげ海霧降りゐるは妹が畑 金箱戈止夫
若水や妹早くおきてもやひ井戸 高浜虚子
茸狩約束だけで逝きし妹 中村好子
草萌ゆる尻きれし草履我妹 梅林句屑 喜谷六花
菊活ける妹の指先ひそかに勁し 桜井博道 海上
菜は花に妹は濯ぎの臀まろし 清水基吉 寒蕭々
蒲公英や姉より老けてよき妹 久米正雄 返り花
蓑虫の妹恋しとは鳴かぬ也 正岡子規
蓼酢つくる妹が浴衣着そめたり 渡邊水巴 富士
蕣や赤きを咲ける妹が垣 朝顔 正岡子規
薔薇の花マリーと呼ぶは妹なり 薔薇 正岡子規
薪をわる妹一人冬籠 正岡子規
藤に逢ふ妹といへど人の妻 柴田白葉女 遠い橋
藻の花も桃もやはらか妹よ 林桂 銅の時代
蚊を焼くや紙燭にうつる妹が顔 一茶
蚕部屋より妹も眺めぬ秋の虹 飯田蛇笏 霊芝
蜆かく妹が赤帯赤襷 寺田寅彦
蟲干や誓詞奪合ふ妹が許 村上鬼城
行くとしやただならぬ身の妹分 黒柳召波 春泥句集
行としやたゞならぬ身の妹分 召波
行春や松苗作る妹が宿 妻木 松瀬青々
褻晴(けはれ)なし妹が手爪まの更衣 調和 選集「板東太郎」
貌見世や夜着をはなるる妹が許 蕪村
賢兄に放埓の妹さくら咲く 橋本榮治 逆旅
赤とんぼそこにもここにも妹が 坪内稔典
蹤き来る妹には告げぬ秋の蛇 山口誓子
遠く病む妹のあり天の川 嶋玲子
酔ひ臥しの妹なつかしや年忘れ 召波
酔臥の妹なつかしや年忘 黒柳召波 春泥句集
野あやめの妹分の著莪咲けり 高澤良一 さざなみやつこ
野に龍宮の吹きながし仮面する妹よ 加藤郁乎
野遊びの妹にして人の妻 南川成樹
金屏や賢き妹が筆始 会津八一
金木犀匂ひて妹優しかり 寺木由喜枝
金魚鉢にそよや落ちけり妹が櫛 春郊
銀杏ちる兄が駆ければ妹も 安住 敦
鋸に炭切る妹の手ぞ黒き 炭 正岡子規
鏝さしてぬるき炬燵よ妹が宿 木村蕪城 一位
防人の妹恋し野に若菜摘む 久野行人
障子張る妹に花も過ぎにけり 渡邊水巴
雁よ死ぬ段畑で妹は縄使う 安井浩司 青年経
雛芥子は美しけれど妹恋し 雑草 長谷川零餘子
雨に入りて手製の新茶妹が鮓 会津八一
雨の山坂ぎざぎざできれい妹あるけ 阿部完市
雨晴れて妹が若菜はのびにけり 菊の苗 正岡子規
雪に置く濁活やはらかし妹嫁ぐ 宮坂静生 山開
雪割草に跼むや兄も妹も 山田みづえ
雪解や妹が炬燵に足袋片シ 蕪村遺稿 春
雪降らば雪でぬくめよ妹が墓 内山文栄
雷晴れて庭の妹やな芥子起す 雑草 長谷川零餘子
青い竹やぶつぎは皆野の駅なり妹 阿部完市 軽のやまめ
青柳は妹がかたみか洗ひ髪 青柳 正岡子規
青葉木菟妹がゆあみの音すなり 山本歩禅
青青蚕豆眩暈に坐る妹に 金子皆子
音立てず妹の蹤く捕虫網 青山克子
顔寄せてラムネ抜く兄待つ妹 片山通夫
顔見世や夜著をはなるゝ妹が許 蕪村
風はやの阜の早蕨妹が採り 横山白虹
風鈴や妹が秀句を小短冊 竹冷句鈔 角田竹冷
食欲の無き妹に叩き鯵 青木歌子
餅切ると指切りし妹に胸さわぐ 餅 正岡子規
馬を追ふ妹にあひけり花茨 河東碧梧桐
鬼灯に妹がうらみを鳴らしける 鬼灯 正岡子規
鮎のぼる土着のしずけさ妹たち 篠田悦子
鰒くひし妹か住居も荒にけり 嵐山
鰒喰ひし妹が住居もあれにけり 嵐山
麦まきや妹が湯を待つ頬かぶり 鬼貫
●親族 うから 
年ごとに十六日祭の親族老い 岸本マチ子
親族のひたひた月夜茸踏んで 柴田朱美
朝顔や親族罪は伏せしまま 河野多希女 月沙漠
うからありてもさみしき虎耳草咲けり 成瀬桜桃子 風色
うからみな愁しみもてり柿青く 角川源義
うからやから老いては泣けり夜の秋 岸田稚魚
うかららの身近なはなし釣忍 佐藤美子
うから不幸妻のおほばも遍路に出 森川暁水 淀
うから二、三*はまなすに汐到る 駒志津子
うから寄りけんちん汁の炉を囲む 高野彩里
うから寄り八十八夜の茶を摘める 内山 茂
うから寧しコスモスに日の満ちあふれ 大熊輝一 土の香
くろがねを打ち来て夜食するうから 久米正雄 返り花
そろはずも盆のうからの正信偈 大橋敦子 手 鞠
やまぼうしうから肩凝り頭痛持ち 榎本愛子
わがうから洟ひる熊に親しめり 八木三日女 赤い地図
一揆の裔のうから集える神楽かな 青木春寿
三人のうから葬りし年を守る 上村占魚 球磨
冬の葬うからの中の女学生 中拓夫
吹貫をあげゐるうからやからかな 銀漢 吉岡禅寺洞
在天のうからやぬくき雪降らす 平井さち子 紅き栞
夕凪に鼻先そろふうからたち 松澤昭 麓入
夕餉炊くでもなしの粥あつくうからあきぬ 梅林句屑 喜谷六花
妻待ちし小暑海彼のうから来ぬ 千保霞舟
娶せてうから殖しぬ春炬燵 毛塚静枝
工うから良夜のパンを膝にこぼし 細谷源二
年一度うからの揃ふ墓参かな 大宮良夫
引鴨のうからか友か空に合ふ 中 拓夫
戦死者のうから肩やせ招魂祭 細谷源二 鐵
揖して曰くうから寝しやと夜の蟻 千代田葛彦
摘みに来るうからに残す庭苺 佐藤れい子
新豆腐うから還らぬ誰々ぞ 加藤楸邨
日短く棺さしのぞくうからかな 飯田蛇笏
木の実蹴ればうからやからも走りけり 田中水桜
木守柿うからやからをもう忘れ 高澤良一 さざなみやつこ
柿若葉うから欠けゆくも天然 石田順久
楫して曰くうから寝しやと夜の蟻 千代田葛彦 旅人木
死神はうからまで来し桃啜る 中戸川朝人 尋声
汐満ちてうからやからの朱欒かな 五島高資
河骨の昼はうからの寄りたがる 福永二三枝
燈にぬくみ芒みみづくうからなる 宮津昭彦
盆唄やあまたうからの木の股に 宮崎あや
空海忌うからの一人僧籍に 大森紅蔦
老いてうからの微酔の汗や豆の飯 赤城さかえ
老夫婦に夜の守宮もうからかな 羽部洞然
胡瓜揉みうからはらから共に老ゆ 根岸 善雄
花の座のうから七人喜寿傘寿 西岡千鶴子
蓬莱に鼠のうからやから哉 蓬莱 正岡子規
蓮食ひのうからならねどこの頃や穴開きしごと繁(しじ)に忘るる 高橋睦郎 飲食
蝉山にうからやからのしやれこうべ 河村正浩
袴著や我もうからの一長者 高浜虚子(たけし息洋の袴著)
裏戸より高きに上るうから哉 芝不器男
遠蛙うからやからの忌がつづき 荒井秋生子
鉛筆工のうからや雪につたなく汚れ 細谷源二
雪國のうからとなりて深庇 筑紫磐井 未定稿Σ
雪眼鏡かけてうからを忘れけり 文挟夫佐恵 遠い橋
雪達磨とうから人の前をゆく 杉野一博
霧笛吼ゆうからを呑みし海とこそ 依田明倫
霧笛寒くうから寝落つや哭くごとし 小林康治 玄霜
●弟 
おとうととわらわれている春景色 阿部完市 春日朝歌
おとうとと吹くハモニカや寒茜 井上雪
おとうとと揚羽と覗く墓の穴 内田美紗 浦島草
おとうとと髪切虫に耳すます 黒田杏子 木の椅子
おとうとに鼠の歯型さるすべり 増田まさみ
おとうとのさびしがりたる雛納め 佐藤美恵子
おとうとのひとり桜の樹となりぬ 黒木幸子
おとうとの吃音つづく遠花火 仁平勝 東京物語
おとうとの声する木の実拾いけり 内藤ちよみ
おとうとの梅一輪の忌日かな 赤尾恵以
おとうとの皿に厚肉青葉の夜 佐野美智
おとうとの頭でつかち冬籠 二村典子
おとうとは今も十八冬苺 水原春郎
おとうとよ海酸漿がよく鳴るよ 金子弓湖
おとうとをトマト畑に忘れきし ふけとしこ 伝言
おとうとを野原の郵便局へ届ける 西川徹郎 死亡の塔
かくれんぼおとうとといつも暮れ残る 大西政司
しやぼん玉ぶつかり合はせ姉おとと 栗原稜歩
ランボーは遠いおとうと目刺で酒 原子公平
一連の目刺にあるや兄おとと 鈴木鷹夫 風の祭
不知火のその海底のあねおとと 黒田杏子 花下草上
入学のかなはぬおとと父老いぬ 森川暁水 黴
入学のならぬおととに職をしふ 森川暁水 黴
夏痩の大き目の似て兄おとと 相馬黄枝
寄せ鍋や齢あかりに姉おとと 辺見じゅん
扨て星のひとつが落ちて兄おとと 火渡周平
旱星おとうと死んで暇が出来 松本文子
校葬のおとうと銀河が床下に 西川徹郎 死亡の塔
縄跳びのかげのおとうとより暮れて 山田哲夫
胎内へ還るおとうと日向ぼこ 齋藤愼爾
菊人形背丈ちがひに兄おとと 上田日差子
蚊帳吊草あにもおととも錆ついて 岡田美佐枝
賀状書くわが旧姓のおとうとへ 内田美紗 浦島草
露の墓おとうと兄にかしづけり 樋笠文
あきうどの弟ひとり西鶴忌 西本一都 景色
あげ汐に弟雪ちかし鴨の声 エド-支梁 十 月 月別句集「韻塞」
あね弟雪玉の寄るごとくなり 平井照敏 天上大風
いづれ賢兄愚弟やら蕗の薹 檜紀代
げんげ田に泣く弟を姉が抱く 太田土男
さかんなる山火に弟を呼ぶ子あり 石橋辰之助 山暦
その兄をAIDS弟を何何と呼びて迎へむ轉楽(うただの)しささ 高橋睦郎 飲食
またあふまじき弟にわかれ泥濘ありく 山頭火
まだ彷徨う亡弟が来し夜の白雲 峠 素子
みどり新たに椎の兄楠の弟 上田五千石 森林
よくあげてゐるは弟濁り鮒 尾形恵以子(日矢)
ゴッホに弟蔦茂る墓ふれあひて 小池文子 巴里蕭条
サングラスかけ弟になつてみる 益永涼子
ダリア畑でダリア焼き来し弟とすれちがうとき火の匂うなり 佐藤通雅
パンの匂いの村で弟嫁もらう 阿部完市 絵本の空
一つ灯に賢兄愚弟夜学かな 小林寂無
一人残る末弟に梅雨のひとつ星 富安風生
上品に弟は餅焼いてをり 櫂未知子 貴族
久しくて来し弟の墓よ雨を経し シヤツと雑草 栗林一石路
五円着いたと兵隊の弟から寒いたよりが来た 橋本夢道 無禮なる妻抄
亡弟がゐるかと雪のところ過ぎ 清水径子
亡弟と薬師を越えし日も秋風 岡田日郎
亡弟の形見秋風の石拾ふ 岡田日郎
元日や父に肖ぬ我似し弟 中島月笠 月笠句集
兄に逢ふ弟に逢ふほたるかな 黒田杏子 花下草上
兄欲しや弟欲しや凧を買ふ 成瀬正とし 星月夜
兄気弱弟ひ弱秋の風 河辺克美
兄神も弟神も春の山 夏井いつき
兄鵜弟鵜それ~の名に並ぶなり 鈴鹿野風呂 浜木綿
八月や弟が来て母と居り 斉藤美規
六つで死んでいまも押入で泣く弟 高柳重信(1923-83)
円卓や栗飯に呼ぶ弟あり 河東碧梧桐
冬籠弟は無口にて候 夏目漱石 明治三十年
冷えきったコートよ中に弟が 池田澄子
凡兄凡弟白息朗々母の忌や 平井さち子 完流
凧の尾をつかまんとする弟哉 凧 正岡子規
凧持てをる弟の頭はつはつな 梅林句屑 喜谷六花
南瓜や絲瓜の從弟茄子の叔父 南瓜 正岡子規
古蒲団かぶりだまつて弟病む 菖蒲あや
吾を塗る弟憎し歌かるた 会津八一
喜寿の兄古稀の弟田螺鳴く 今村 薫
四月馬鹿弟ほしと思ひけり 望月一美
土に罅そして筍弟癒えよ 奈良文夫(萬緑)
土用白菊弟の嫁を棺に閉じ 相原左義長「地金」
土筆野へかへす兄かな弟かな 柿本多映
塩鮭や賢兄愚弟むつみあふ 柴田白葉女 『月の笛』
夏服や弟といふも愚かもの 石塚友二 光塵
夏痩や師のいとしみの弟の坊 尾崎迷堂 孤輪
夭折の弟があり赤のまま 太田土男
姉は水弟は線香雪の径 西山泊雲 泊雲
姉ハイク弟バイク日の短か 高澤晶子 純愛
姉八十弟七十梅ぽつぽつ 宇多喜代子 象
姉呼んで馳ける弟麦の針芽 西東三鬼
姉棄てて弟泳ぐ土用波 坪内稔典
姉絵本弟積み木日向ぼこ 上野泰 佐介
婚礼の荷に入れる弟の義足 上野千鶴子
少年に弟生れ初蛙 岩崎健一
帯かけて鞦韆つくる弟かな 蘇山人俳句集 羅蘇山人
弟が兄にやさしく心太 島田牙城
弟が先に来てをり墓参り 藤本紫粒
弟が大緑陰を取り仕切る 益永孝元
弟が姉ぶつ梅雨のシーチキン 坪内稔典
弟が本家を継ぎし生身魂 小林一行
弟が立寄り呉れて門火焚 高澤良一 ももすずめ
弟つれ髪刈つてきて冬日の中 古沢太穂 古沢太穂句集
弟てふ遠き男よ麦青む 辻美奈子
弟と摘む朝のべにばな露ばかり 澁谷道
弟と日暮れを立てば鐘霞む 柴崎七重
弟にうとんぜられて枇杷啜る 野田美帆
弟に店を任せて紙衣哉 紙衣 正岡子規
弟に白梅わたす夢の中 清水径子
弟に讃嘆されてお書初 千葉皓吏
弟のひだるい愛へ水奔る 水谷鈴子
弟のひとりは無口しじみ汁 恒任愛子
弟のシーツはがすや韮の花 瀬間 陽子
弟の一人のこりし門火かな 安住敦
弟の京の人気も花だより 坂東みの介
弟の只に信ずる茄子の馬 攝津幸彦 鹿々集
弟の姉呼ぶ秋の声であり 黒田杏子 花下草上
弟の忌の青柿に雨はげし 菖蒲あや
弟の忌や竹馬の子が通る 土橋いさむ
弟の手を引いてくる甘茶かな 加藤抱蘭
弟の手を離さずに虫送り 松井トシ
弟の描いてゐる庭の水を打つ 加倉井秋を
弟の死よ*たらの芽を摘んで来よ 萩原麦草 麦嵐
弟の生まれてうれし水鉄砲 米沢和子
弟の積みしケルンに触れてゆく 杉谷慶子(渦)
弟の臨終のあはれ伝へ得る一人の兵もつひに還らず 窪田章一郎
弟はまだ優曇華の映画館 高野ムツオ「蟲の王」
弟はジヤバより皈り墓詣 萩原麦草 麦嵐
弟は丘でボーンと鳴っている 星野一郎
弟は大根を跳び撓ひけり 桑原三郎 春亂
弟は漫画が好きで春の風邪 田野岡清子
弟は魚の青銀河さかのぼる 小檜山繁子
弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦 鹿々集
弟へ真白き花の打球かな 攝津幸彦
弟も兄も逝きたる柏餅 亀田虎童子
弟も妹もをさなく鳳仙花 木内怜子
弟も老いて無事なり秋祭 古橋呼狂
弟や恋の傘さす百日紅 清水基吉 寒蕭々
弟よ一銭玉を摺り写し 桑原三郎 花表
弟よ名付けて金魚を呼ぶ勿れ 池田澄子 たましいの話
弟よ相模は海と著莪の雨 高柳重信
弟をおんぶして来るさくらかな 井上弘美
弟をつれておそろし夏の原 宇多喜代子 象
弟を一夜老杉に封じたり 宇多喜代子
弟を久しく忘れ色鳥来 宇佐美ちゑ子
弟を呼ぶごと茅花つなぎけり 小泉八重子
弟を子どもあつかひ切山椒 久保山敦子
弟を征服しつ雛の女王なる 久米正雄 返り花
弟を従へてゆく捕虫網 清水由美子
弟を産まざる母の墓洗ふ 亀田虎童子
弟作つてなか~溶けず雪達磨 中島月笠 月笠句集
弟半泣き ネムって冷たい木だな、おい 坪内稔典
弟憎し蚕の社前過ぎて 塚本邦雄 甘露
弟死にしそのままの蒲団ふくらみ シヤツと雑草 栗林一石路
弟看とる灯のもとのみんな親子なり シヤツと雑草 栗林一石路
弟逝けり水銀の汗われにのこし 澁谷道
弟酔へばねずみ花火の真似をする 加倉井秋を 午後の窓
影も二つ月の友かな弟かな 渡邊水巴
従弟どち月に語るや魂祭 白雄
新藷や弟を見る子のごとく 石野兌
早乙女に腿立白き弟つゞく 百合山羽公 故園
明け易き夢や十九の従弟同士 明け易し 正岡子規
昼餉共にして夏痩の弟よ 高澤良一 燕音
晩涼や弟が描くモデルとなる 加倉井秋を
月若く弟切り草は芳ぐはしき 川井玉枝
末弟の我もやや老い金風忌 村松紅花
柾の実父弟逝きをんなばかり 岡田海市
柿に見よと弟浅瀬に泳く哉 尾崎紅葉
死ぬ日近きに弟よ銭のこといへり 栗林一石路
死んで、弟は笑つて父にふりむいて行つた入営の日の顔が別れか 橋本夢道
死んで弟は骨壺の骨、峠の海が青しとも青し 橋本夢道 無禮なる妻抄
母よ弟は骨壺にみたず シヤツと雑草 栗林一石路
泣かせたる方が弟木の実独楽 泉浄宝
浜木綿へ兄は流れて弟も 中村苑子
湯豆腐のゆれて賢兄愚弟老ゆ 西尾照子
溺れ谷にちょんし妹する弟な水よ 加藤郁乎
烈風に鳴く葭切や弟三十 榎本冬一郎 眼光
父に似し弟一人残る菊 松本たかし
片陰に親待つ兄と弟と 対馬康子 吾亦紅
犬の尾に稲が実るぞ弟よ 夏石番矢 神々のフーガ
生れずの弟も居る灯蛾の乱 平松彌栄子
盆帰省弟ととぶ河原石 太田土男
目刺の色弟が去りし鉄路の色 中村草田男
真つ先に弟の来る門火なり 児玉輝代
知られざる一末弟や三汀忌 松山足羽
短夜のこよひの寝あり征く弟に 森川暁水 淀
神奈備に雪兆し哭くは男弟一柱 高柳重信
秋蝉やああ弟が襁褓して 鈴木鷹夫 千年
秋風と兄悼む弟ひとりごと 福田蓼汀 秋風挽歌
節分や弟のあとの湯に入る 林田隆士
粽解くにも弟の負けてゐず 西村和子 夏帽子
絵を売りに弟出て行く冬の雁 加倉井秋を
花も昏れ弟瞑す大鳥居 今泉貞鳳
草笛のつまりし音色末弟に 新谷ひろし
荼毘の音この凍空へ弟よ 松本草戊
落葉の中に弟の墓のやや高み シヤツと雑草 栗林一石路
葡萄吸ふ弟のやうな睫毛して 櫂未知子 貴族
蕗味噌の焦げ弟の忌と思ふ 角野良生
蝶狙う悪い双子の弟が 高澤晶子 純愛
蟇舎弟にたよること多し 山口都茂女
蟷螂を見てゐしが弟夫婦来る 加倉井秋を 午後の窓
裏切って麦笛を吹く弟は 坪内稔典
誰も彼もにほめられて死んでしまった弟です 橋本夢道
貝寄風や若く死にたる弟に 榎本好宏
賢兄は戦死愚弟は籠枕 鈴木鷹夫 風の祭
走らねば蜻蛉に食われてしまう弟よ 西川徹郎
迎え火に門限はない弟よ 平山道子
道端で乾く鰯か弟か 坪内稔典
金魚ただしづかに弟征く日来ぬ 森川暁水 淀
鉄棒の夜の高さに弟よ 徳弘喜子
雪片は誰のてのひら弟よ 栗林千津
駅の灯を啜り俳優となる弟 阿部完市 絵本の空
骨壺の弟よ児弟でふるさとの流れや橋を渡る 橋本夢道 無禮なる妻抄
骨壺の弟を抱え母と故郷の海見ゆる峠となる 橋本夢道
鰰や末弟ゆゑに生き残り 松山足羽
鴨渡る塀の辺弟に似た子供 金子兜太
●義兄弟 
義兄弟銀木犀の屋敷にて 飯島晴子
●兄弟 
あとさきに霞みて知らず句兄弟 村上鬼城
いさかうて一つの橇を兄弟 大家湖汀
かなしみの我ら兄弟夏休 波多野爽波 鋪道の花
こけしには親兄弟もなかりけり 中勘助
しやぼん玉兄弟髪の色違ふ 西村和子 窓
やき芋の兄弟欲りしひとり子よ 本間有紀子
よその兄弟はたらける野にてはたらく シヤツと雑草 栗林一石路
ソーダ水声変りして兄弟 吉川康子
ソーダ水飲む間仲良き兄弟 林 博子
一夜漬兄弟に澄む虫ありて 岩田昌寿 地の塩
七くさや兄弟の子の起そろひ 炭 太祇 太祇句選後篇
七五三兄弟軍服着し記憶 田中棟麻
七草や兄弟の子の起きそろひ 太祇
九人兄弟揃へり黄泉の月の座は 岸洋子
二上山を兄弟(いろせ)と呼ばむ曼珠沙華 津田清子
会へば兄弟ひぐらしの声林立す 草田男
僧と医の兄弟河豚の皿を中 赤松[けい]子 白毫
兄弟(はらから)に黒き柱を一本ずつ 宇多喜代子
兄弟(ひんでい)に問ふ紋白の落處かな 筑紫磐井 婆伽梵
兄弟が瓜と茄子の訴訟哉 瓜 正岡子規
兄弟が顔見合すや蜀魂 向井去来
兄弟と離れし月日柏餅 大原蓉子
兄弟に巣箱の穴のまろさかな 小笠原和男
兄弟に桔梗一本濃く残る 小林美代子
兄弟に蚊遣は一夜渦巻けり 石田波郷
兄弟に黒き柱を一本ずつ 宇多喜代子
兄弟のあいゆずらざる喧嘩ごま 井上土筆
兄弟のざこね正しき夜寒哉 夜寒 正岡子規
兄弟のもつれて歩く捕虫網 植野フサ子
兄弟の並ぶ墳墓や虎が雨 下村梅子「四季選集」
兄弟の並べる墓や虎ヶ雨 下村梅子
兄弟の交り淡しうるか食ふ 堀口星眠 営巣期
兄弟の似てくる初老茶立虫 落合美佐子
兄弟の別れ木実踏去り顧みず 波郷
兄弟の勝ち残りたる草相撲 松田きみ子
兄弟の墓に梅雨入りの山河あり 長谷川かな女 雨 月
兄弟の夕餉短し冷奴 加藤楸邨
兄弟の多かりし世のさつまいも 保坂加津夫
兄弟の子が喧嘩する蒲團哉 蒲団 正岡子規
兄弟の年貢納やゴムの靴 相島虚吼
兄弟の弟赤子夏布団 蓬田紀枝子
兄弟の心異る寒さかな 高浜虚子(1874-1959)
兄弟の手のうち十六むさしかな 木口六兵衛
兄弟の枇杷植うといふ垣根哉 鏑木一葉
兄弟の楽屋三様夏のれん 片岡我当
兄弟の相睦みけり彼岸過 石田波郷
兄弟の競ひて伸びる立葵 藤田郁子
兄弟の網うち習う赤のまま 長谷川かな女 牡 丹
兄弟の若盛也大根引 桃 隣
兄弟の見上げる春の虹二重 満田春日
兄弟の遂に似ざるか夏の露 齋藤玄 飛雪
兄弟の餅搗き唄やいまもあり 菅家今朝男
兄弟の黒帯同志初稽古 堀 磯路
兄弟はたんだいさかへ花にこそ 智月 俳諧撰集玉藻集
兄弟は多きほど良し柏餅 白鳥寛山
兄弟は病み父さんはいよよ老い二上山は晴れていますぞ 池田はるみ
兄弟やかいなを交す瓜畑 宇多喜代子
兄弟や一つ袋に椎拾ふ 村田橙重
兄弟や地虫の穴にうづくまり 西山泊雲 泊雲句集
兄弟や実に柊の香のゆきつ 齋藤玄 飛雪
兄弟や祖父にならひし鶫罠 中尾白雨 中尾白雨句集
兄弟学校へ南瓜棚の下から出てゆく シヤツと雑草 栗林一石路
兄弟揃ひ天地の果てへ草矢打つ 脇本星浪
兄弟裏山のきのこ取り朝雨に濡れ来る 人間を彫る 大橋裸木
八月一日反戦デモに押しかける兄弟輝しい顔だ 橋本夢道 無禮なる妻抄
初鰹兄弟揃ふ日なりけり 高田堅舟
夏帽に兄弟面テ並べけり 増田龍雨 龍雨句集
大いなるかな法兄弟の時雨笠 阿波野青畝
婚前の兄弟革をつなぐなり 攝津幸彦
寒き種子分ち農兄弟田に別る 齋藤愼爾
御十夜や兄を導師に五兄弟 河野静雲 閻魔
掃苔や相かへり見て兄弟 高濱年尾 年尾句集
晩秋の葉洩れ日兄弟だけの言葉 佐藤真次
暮るるまで兄弟凧を競いけり 高村寿山
暮を待つ兄弟の子や釣花火 花火 正岡子規
朧梅につどふ兄弟減りにけり 堀口星眠 営巣期
木の芽雨兄弟濡れて棺担ぐ 木村里風子
松の雪とけず兄弟別れたり 岩田昌寿 地の塩
残る虫兄弟実に押しだまる 齋藤玄 飛雪
水喧嘩負くるも勝つも兄弟 竹下陶子
泥と血で結ばる晩稲田の兄弟 齋藤愼爾
湯豆腐や兄弟だけの一忌日 渡辺いえ子
濁酒や兄弟狎るゝ父亡き夜 小林康治 四季貧窮
熱燗や会ふだけで足る兄弟 大見川久代
燈籠の下に兄弟久しぶり 清原枴童 枴童句集
生身魂兄弟齢をとりにけり 成瀬櫻桃子
画家兄弟死後も睦まじ秋のバラ 関森勝夫
畳屋兄弟肘うち揃へ盆仕事 中村草田男
盆の月兄弟淡くなりにけり 岡澤康司
磐に閲(せめ)ぐ兄弟わかし火蛾の下 竹下しづの女句文集 昭和十五年
稲光して兄弟のうりふたつ 岩田由美 夏安
立ばんこ見に兄弟や手をつなぎ 清原枴童 枴童句集
網目兄弟蔓の緒違ふ青メロン 百合山羽公 寒雁
緋目高の緋は兄弟の秘密なり 栗林千津
花枇杷に不良兄弟ひそみいる 長谷川かな女 花 季
茅の輪匂ふ神官兄弟ほそおもて 鍵和田[ゆう]子 浮標
茶断して鬱の摂津や乳兄弟 高柳重信
茸飯や兄弟の日はあらねども 齋藤玄 飛雪
菖蒲湯に兄弟父を流し合ふ 高橋悦男
菱の実や兄弟似たるまま老ゆる 庄内健吉
葭切の兄弟似たるところなし 田中裕明 櫻姫譚
蝙蝠傘は異母兄弟である ひらく 味元昭次
豆撒いて何かはなやぐ兄弟 山崎一枝
貧しさに兄弟多し根深汁 雉子郎句集 石島雉子郎
送り火を焚き兄弟のまた老ゆる 神蔵 器
通夜の兄弟ひとつ文旦むきにけり 邊見京子
運転席のぞく兄弟白夏帽 大越みほ
野馬追へ具足着け合ふ兄弟 松崎鉄之介「長江」
銀漢や兄弟多き曲馬団 日原傳
雪沓や兄弟らしき二人の子 上野泰 佐介
餅ふくらんで兄弟の仲直り 海野はつ子
●兄妹 
うちそとに兄妹のこゑ煤拂 石田あき子 見舞籠
そぞろ寒兄妹の床敷きならべ 安住敦
ひかり頒けつつ兄妹の麦藁帽 楠本憲吉
三月尽兄妹いつまで倶にあらむ 石田波郷
二夜三夜兄妹会はず冬了る 石田波郷
兄妹にはるかぜ海を見にゆかむ 山田みづえ 草譜
兄妹に月美しきメロンかな 橋本寅男
兄妹に蚊遣は一夜渦巻けり 石田波郷
兄妹に雑木の花の降る日かな 山田みづえ 木語
兄妹のあひのこ二人泳ぐのみ 京極杞陽
兄妹のパリーに会す新樹雨 高木晴子 花 季
兄妹の今宵鄙めく茶立虫 石田波郷
兄妹の仲よきときの氷菓子 山田弘子 螢川
兄妹の合の子二人泳ぐのみ 京極杞陽 くくたち上巻
兄妹の壺に頒ちし東菊 大星明子
兄妹の焚火のあとの寒の雨 安住敦
兄妹の相睦みけり彼岸過 石田波郷
兄妹疎遠母のむかしの飯櫃入 石川桂郎 高蘆
分けあうて兄妹病める目刺かな 石野兌
初つばめ兄妹の歌すぐ揃ふ 吉田北舟子
四月尽兄妹門にあそびけり 安住敦
埋火や兄妹に刻過ぎやすし 大石悦子 群萌
墓の虻生きおる兄妹たちの声 寺田京子
夏すでに兄妹懈く叱り合ふ 石田波郷
寝話しの親子兄妹二月尽 瀧春一 菜園
帰り花兄妹睦びあひにけり 敦
幼な顔の兄妹よ涼充ちきたり 渡辺水巴 白日
新生姜兄妹の灯のなにげなし 小池文子 巴里蕭条
春雪や兄妹部屋を異にして 安住敦
暁の鐘兄妹いまも蛇泳ぎ 柿本多映
月見草どこまで行つても兄妹 小泉八重子
枯野吐き出す発熱の兄妹 対馬康子 吾亦紅
柘榴割きわれら射手座の兄妹 馬場駿吉
梶の葉を戀のはじめや兄妹 梶の葉 正岡子規
母見舞ひ帰る兄妹夕焼中 山田弘子 螢川
潮浴の手をとりあひて兄妹 富安風生
脚長き兄妹の売るラムネかな 行方克巳
花降るがに噴水は千兄妹に 小池文子 巴里蕭条
西瓜喰ふまだ机なき兄妹 小川軽舟
野遊びに昏れ兄妹の同じ声 杉本雷造
鉄線花兄妹に朝流れけり 小池文子 巴里蕭条
隙間風兄妹に母の文異ふ 石田波郷
露寒や兄妹さらに黙り合ふ 石田波郷
●愚兄
●実兄
●長兄 
迎火を焚く長兄を見おろせり 中拓夫
長兄の居間に集まり露けき夜 三野青鳥花
長兄の手品はいつも薔薇が出る 仁平勝 東京物語
長兄は二歳の仏栗ごはん 成田千空
●次兄
●愚弟 
いづれ賢兄愚弟やら蕗の薹 檜紀代
一つ灯に賢兄愚弟夜学かな 小林寂無
塩鮭や賢兄愚弟むつみあふ 柴田白葉女 『月の笛』
湯豆腐のゆれて賢兄愚弟老ゆ 西尾照子
賢兄は戦死愚弟は籠枕 鈴木鷹夫 風の祭
●愚妹
●小姑
●小舅
●姉弟 
ゆき違ふ姉弟の春信銭憂ふ 中戸川朝人 残心
大根干す声をそろえて姉弟 鈴木木鳥
姉弟で守れる滝の茶店かな 比叡 野村泊月
姉弟の遺稿冬日に重ねおく 宇多喜代子 象
姉弟やへちまの棚の朝井汲む 角川春樹 夢殿
姉弟可不可も凡に進級す 石塚友二
姉弟青のみどろに入りゆけり 高澤晶子
母病めば秋流離めく姉弟 佐野美智
白塗りの手首窶れし姉弟 宇多喜代子
白萩や忌につながりて姉弟 伊藤京子
秋を聴く肺あたたかき姉弟 沼尻巳津子
腹当や相むつまじき姉弟 佐山ゆり
苧殻焚く姉弟言葉なきまゝに 菖蒲あや 路 地
蝉殻を溜めて姉弟のちぎりとす 原コウ子
西瓜喰ぶ背まるめ老いし姉弟 菖蒲あや
返り花姉弟中年過ぎて会ふ 村越化石 山國抄
●姉妹 
あやとりの無心につづく姉妹かな 江口明美
おとといの花火へ戻る姉妹 坪内稔典
すぐ逢へるところに姉妹桜餅 山田弘子 こぶし坂
すずなすずしろよく笑ふ姉妹かな 森山夕樹
まゝごとの姉妹の静か菊日和 石井とし夫
やぶ入りの枕うれしき姉妹 召波
アネモネや姉妹ふたりの理髪店 大森理恵
ネクタリン切れながの眼の姉妹 川崎展宏
ミス水着準ミス水着姉妹 河崎初夫
七夕の雨きて姉妹翼とぐ 八木三日女 落葉期
三椏の花咲き水を汲む姉妹 穴井太 原郷樹林
人参の明るい乱雑姉妹に母 伊藤淳子
仏壇の祖父にはにかむ 日焼姉妹 伊丹公子 メキシコ貝
何やかや姉妹寄り合ふ切山椒 高橋あさの
兄の忌に姉妹欠けずよ柏餅 岡田 和子
写し絵の姉妹一つ団扇持つ 久米正雄 返り花
冬休み姉妹同じもの編めり 栗原米作
冬菜畑同じ本読む姉妹 田中裕明
吉野忌や和服好まぬ姉妹 関森勝夫
四分割姉妹に石榴実を高盛り 中村草田男
地蔵盆旅の姉妹の灯のうちに 平井孝子
夏の木のうしろで消える幼姉妹 宇多喜代子
夏帽のリボンたがへて姉妹 千原叡子
夜店見に連れ立つごとし姉妹仏 藤岡筑邨
夫婦箸姉妹が使ひ秋灯下 後藤綾子
姉妹(おとどい)や麦藁籠にゆすらうめ 高浜虚子
姉妹あり一雨ごとに怖くなる 中烏健二
姉妹いずれを愛でむ初螢 大庭紫逢(1947-)
姉妹とひと目でわかり夏帽子 片山由美子 水精
姉妹と母と父なり初詣 永井龍男
姉妹に仮名の名重ね露けしや 木村敏男
姉妹に蚊張吊草の昔あり 山田弘子 こぶし坂
姉妹の名の八重一重さくらもち 龍岡晋
姉妹の孫連れて来し山の秋 高木晴子
姉妹の弾く三味線も月見かな 増田龍雨 龍雨句集
姉妹の怨寝もよし初鏡 山口青邨
姉妹の踊を戻る先後哉 石井露月
姉妹の願いの糸の色ちがふ 沢田岳楼
姉妹の髪を梳きあい七日盆 富田潮児
姉妹の麦稈籠をきそひ編む 阿部みどり女 笹鳴
姉妹や織りかけ機の稲の秋 小杉余子 余子句選
姉妹や麦藁籠にゆすらうめ 高浜虚子「虚子全集」
姉妹よければ加藤苔めきすべる蘭 加藤郁乎
姉妹三人連れだつことも二の替 大橋敦子 手 鞠
姉妹夕餉のじやが芋煮ゆるとき 川崎展宏
姉妹思ひ同じく春火鉢 中村汀女
姉妹椎の実たべて東京の雑誌よんでる 尾崎放哉
姉妹父にすがりて春祭 斉藤史子
姉妹白玉つくるほどになりぬ 渡辺水巴「水巴句集」
富士渡し姉妹の尼に浅き春 飯田蛇笏 春蘭
対の鈴つけて姉妹の茶摘籠 長田等
屠蘇祝ふ姉妹の髪に白きもの 谷岡尚美
山茶花やすぐ仲直りして姉妹 長田等
年寄りし姉妹となりぬ菊枕 星野立子
弾初や流儀ことなる姉妹 阿部みどり女 笹鳴
彩りし犬の画姉妹夜学かな 長谷川かな女 雨 月
後の月一つ机に姉妹の名 佐藤正大
据銃して風と姉妹が目立つてくる 阿部完市 絵本の空
新年の部厚き雑誌未婚姉妹 右城暮石 上下
日傘もつ姉妹ほどよき距離たもつ 岩月星火
日焼姉妹楽譜ひろげしまま秋へ 平井幸子
早乙女やどの顔見ても姉妹 早乙女 正岡子規
昏れがての姉妹より受け山桜 阿部みどり女
星恋いの姉妹の宇宙繩ばしご 八木三日女 落葉期
月の庭の端を歩みて姉妹 寺井谷子
月山を見せて姉妹が倒れてゐる 攝津幸彦
朝顔や同じ工場へ姉妹 田村了咲
東西に嫁して姉妹や雛飾る 石昌子
柾の実空手に通う姉妹 白石みや
桃の花パズルのやうな姉妹 土岐富美子
橋詰に日傘の姉妹鉄を接ぐ 徳弘純 非望
水の姉妹くす玉の街めぐる 八木三日女 落葉期
水無月の小さな旅も姉妹 川端紀美子
汗し饒舌亡父語るわれら異母姉妹 平井さち子 完流
洗ひ髪ならべて月に姉妹 柴田白葉女 遠い橋
洗ひ髪身ぐるみ匂ふ姉妹 大塚品子
渓流に桃を浸して姉妹 風間良子
炉明りにみめよしあしの姉妹 木村蕪城 一位
畦道を来る姉妹の春著かな 館岡沙緻
石楠花や姉妹に繊きをんな偏 河野多希女「花の韻」
石竹や母思ひなる姉妹 大橋麻沙子(雨月)
祝ぎごとの母の姉妹や切山椒 平林恵子
福笑ひ四人姉妹のはなやげる 佐藤ちさと
秋のリボンは白蝶と姉妹かも知れぬ 細谷源二
秋の日や姉妹異る髪の影 阿部みどり女
秋暑し姉妹ガム噛み尖り顎 香西照雄 素心
籐椅子が四つ四人姉妹会ふ 橋本多佳子
籔入や思ひは同じ姉妹 子規句集 虚子・碧梧桐選
紅梅や姉妹の振る采の筒 夏目漱石 明治三十二年
紫の似合ふ姉妹や濃竜胆 今泉貞鳳
老いてこそ姉妹美し谷崎忌 三木敬子(航標)
脱穀の姉妹どこかが赤かりき 和知喜八 同齢
花は姉妹木いちごそして路地苺 町春八十女
花李小さき姉妹に吾子育つ 上野さち子
菊たべて灰となるまで姉妹 大木あまり 雲の塔
菜の花やよう似た顔の姉妹 菜の花 正岡子規
葛と萩並みて姉妹花葉裏白し 香西照雄 素心
藪入や思ひは同じ姉妹 藪入 正岡子規
蜜豆で別れる慣ひ老姉妹 石丸泰子
話まだ寝茣蓙につづく姉妹かな 井上和子
誘ひあひ彼岸詣の老姉妹 星野立子
道の上に蕎麦を打つなり姉妹は 軽部烏帽子 [しどみ]の花
遠花火この家を出し姉妹 阿波野青畝
銀河濃く瑞穂と七海の姉妹 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
階段は姉妹で蘆見るところ 鈴木鴻夫
雛の日を揃はずいよよ老姉妹 岡田 和子
雨やみて苺畑に姉妹 阿部みどり女 笹鳴
風の道くる素足の姉妹山桃と 澤 悦子
馬市や草を負ひ来し姉妹 田村了咲
鯛焼きや姉妹病みても笑いぐせ 安井昌子
●舎弟 
蟇舎弟にたよること多し 山口都茂女
●乳兄弟 
茶断して鬱の摂津や乳兄弟 高柳重信
●長男 
クロールの長男に負け母泳ぐ 稲畑汀子
四肢透けて長男次男泳ぎ伴れ 山本歩禅
夕雲かつぎ長男箱根山こえる 阿部完市 絵本の空
夫が著て長男が著て古浴衣 大島詠子
寒禽の裏山越えてくる長男 坂井三輪
川波へ長男ぺりかんのように瞠る 阿部完市 軽のやまめ
数の子や長男長女未婚なる 石河義介
武具飾る長男次男文科系 鷲田 環
灯蛾赤し幼長男は立ち上がり 池田澄子
炉の父に長男次男従はず 河野初夫
長男がまもる故郷の餅届く 早乙女成子
長男が一日早く冬休 森田峠
長男という泪目の兜虫 関田誓炎
長男として春風の家にあり 森田峠 避暑散歩
長男とそしてきりきりしやんと小松 阿部完市 春日朝歌
長男と家を出てゆく春の蝿 青野三重子
長男と競ひ泳ぎて負けまじく 稲畑汀子 春光
長男に生れて老ゆる梅の花 本宮哲郎
長男の初髪の客ただならず 吉村よしお
長男の力借りもし年用意 稲畑汀子
長男の眉に爽気のおとこ波 源鬼彦
長男の足ひつ込まぬ夏蒲団 稲畑汀子
長男の身を持ちくずす麦の秋 穴井太 原郷樹林
長男の重荷見せたる三尺寝 社本矩子
長男の髯面むさき子供の日 高澤良一 素抱
長男は涙流さず哭く五月 対馬康子 吾亦紅
長男は貧しさを知り炬燵に居 京極杞陽
長男も我も酉年初不動 増田平才奈
長男も次男もなくて夏布団 面毒斎八女太
長男も次男も他郷天の川 富永 花鳥
長男を次男が送る花吹雪 福田甲子雄
長男を連れ来し大根配かな 茨木和生 倭
長男女其次女男や桃の宿 小澤碧童
●次男 
げんのしようこ次男長女の籠にも入れ 石橋辰之助 山暦
ぼんやりと次男の耳よ種袋 宮坂静生 山開
上背ある次男と土用鰻食ぶ 高澤良一 さざなみやつこ
可憐な智慧の次男と長女法隆寺 八木原祐計
四肢透けて長男次男泳ぎ伴れ 山本歩禅
在祭帰郷の次男ら小綺麗に 奈良文夫
帰省子の次男の奴が赤ふどし 岩木躑躅
御次男は馬が上手で雪見かな 炭 太祇 太祇句選
次男よく背が伸びており楪や 寺井谷子
次男より借り原色の海水着 高澤良一 寒暑
武具飾る長男次男文科系 鷲田 環
深酔いの次男三男蛸干す島 穴井太 原郷樹林
源五郎虫次男の髪に隠れけり 長谷川かな女 花 季
炉の父に長男次男従はず 河野初夫
色ならば次男は黄色星祭 黒沢孝子
藁塚や次男三男家を去り 守田椰子夫
藁塚裏の陽中夢みる次男たち 福田甲子雄
過疎の村次男が継ぎし麦の秋 山口裕子
長男も次男もなくて夏布団 面毒斎八女太
長男も次男も他郷天の川 富永 花鳥
長男を次男が送る花吹雪 福田甲子雄
●同胞 
同胞に苦艾ふえ昏れのこる 攝津幸彦 未刊句集
同胞よ会へば涼しくなつかしく 星野椿
民の春同胞三千九百萬 初春 正岡子規
白雨閉じ電車の中の同胞よ 香西照雄 対話
●腹違い
●令兄
●老兄弟
●老兄 
老兄の候文の初便 渡利渡鳥
老兄にあるは菊酒ぬくめ酒 きくちつねこ
●末子 
わが末子立つ冬麗のギリシヤの市場 飯島晴子
クリスマスギフトに末子鞍欲しと 上野泰
人老いて末子可愛し雛祭 雛祭 正岡子規
僧にやりし末子座に無き関囲爐裏哉 石島雉子郎
命毛ながし末子に与ふ吉書の筆 北野民夫
四等を喜こぶ末子運動会 稲畑汀子
大試験地獄の底に末子かな 上野泰
妻許せ末子入学に落ち泣ける 河野静雲 閻魔
引き据えて末子にのます風邪薬 田島弘子
形代やひとりとなりし末子の名 橋本冬樹
我が歯一つ末子に示し露へ投ぐ 中村草田男
投扇興末子さかしく笑ひ初む 大谷句仏
末子が食べし小鯛の裏を母夜食 中村草田男
末子の一指繃帯緩く昼寝せる 北野民夫
末子嫁き小春の母に白き猫 鍵和田[ゆう]子 未来図
栗焼けば寝そびれあそぶ末子かな 水原秋桜子
栗飯や末子が継ぎし毛虫眉 小島千架子
梓弓末の末子の袴着や 福田井村
梢に巣函幹に末子の牛乳函 中村草田男
水車は慈父小鳥は末子来て遊ぶ 中村明子
蓬餅一つ残りし末子かな 松浦 力
行きづりの初午末子へ加護祈る 中村草田男
賀状そくばく末子に綾取せがまるる 民夫
野遊びの一番先の末子かな 上野 泰
霜の花いつもあなたの末子です 大木あまり 火球
何故の末の子の下痢避暑の宿 上野泰
初泣や末の子の頭をぶつけきぬ 小島健 木の実
取箸やちよろぎを添へて末の子も 大日向洋
夕焼にそまりやすさよ末の子は 今瀬剛一
末の子が匙なめて日を短くす 長谷川双魚 『風形』
末の子が来てうす日さす犬ふぐり 長谷川双魚 風形
末の子が黴と言葉を使ふほど 中村汀女
末の子に一枚だけの賀状来る 永森ケイ子
末の子に大いなるかな掛蒲團 上野泰
末の子に眼のない父やとろろ汁 高岡いつ
末の子のおたまじやくしを科学する 上野泰
末の子のよろこび上手草の花 つじ加代子
末の子の今の悲しみ金魚の死 上野泰(1918-73)
末の子の入学式に参りけり 青峰集 島田青峰
末の子の凧引きずりて得意なり 蘇山人俳句集 羅蘇山人
末の子の又起きて来し夜長かな 泰
末の子の子猫に何か諭しゐる 塗師康廣
末の子の家に住ひて桃の花 長谷川櫂 蓬莱
末の子の宿浴衣著て顔小さし 上野泰
末の子の折目正しき御慶かな 上野泰
末の子の泳げるつもり浮輪つけ 稲畑汀子
末の子の瓶に大蟻飼はれをり 上野泰
末の子の見上ぐる背丈卒業す 稲畑汀子
末の子の訝しむ瞳の寒なまこ つじ加代子
末の子もめとり萩刈る手が淋し 田中英子
末の子も別にねだりて蚕かな 一茶
末の子や汐干の留守の雛遊 汐干狩 正岡子規
末の子をたよりに生きて魂祭 福田蓼汀 山火
老いの子の末の子の雛祭るなり 林原耒井 蜩
負け嫌ひなる末の子の独楽を打つ 上野泰
*たらの芽や放浪の血を末つ子に 大木あまり 火のいろに
乗つ込みや末つ子が田を継ぐといふ 増田斗志
十八の末つ子の避暑見送りに 亀井糸游
末つ子に就職の目處日脚のぶ 下村ひろし 西陲集
末つ子のまま年重ね墓洗ふ 岡田順子
末つ子の受験に励む太郎月 高澤良一 さざなみやつこ
末つ子の声の大きが卒園す 服部智子
末つ子の嫁も末つ子桃の花 平松三平
末つ子の水撒き上手水打てり 高澤良一 ねずみのこまくら
末つ子の色足袋らしく脱がれあり 上野泰 春潮
末つ子の親となる日や桜桃 和田千恵子
末つ子の鳥籠にまで年を祝ぐ 中戸川朝人 尋声
末つ子を踊の輪へと押し出だす 山田弘子 初期作品
蚕ざかりの末つ子だけが家にゐず 藤後左右
還暦の今も末つ子墓洗ふ 白石多重子
●双子 
ゆく春や閉しかかる戸の双子星 宮武寒々 朱卓
タクシーのぬくき充満双子の歌 和田悟朗
一対の雛の辺双子睡りをり 文挟夫佐恵 遠い橋
七夕や新家の双子美しき 四明句集 中川四明
双子とはいふも良く似て甚平着て 森高たかし
双子山の裏も表も春の雪 長谷川かな女 雨 月
双子山脊肩のさむい夕日哉 滝井孝作 浮寝鳥
双子山見えず雪降る曾我の墓 中島月笠 月笠句集
双子山頂のはだれ夕日かな 滝井孝作 浮寝鳥
唐黍の青生毛吹く双子山 原裕 青垣
寒卵割れば双子の目出度さよ 高浜虚子
寒玉子割れば双子の目出度さよ 高浜虚子
寒食や頂まろき双子山 星野麥丘人
形代の一枚に書く双子の名 小林勇二
手にとりし雛のあられの双子かな 上野泰 佐介
旅さびしかの嶺に春の双子星 福田蓼汀
春光や双子を乗せし乳母車 当真嗣栄
枇杷すゝりをはりし双子宙にせる 岸風三楼
柿若葉双子の襁褓ひるがへり 小栗しづゑ
梅雨晴や双子抱きて力士来る 長屋せい子
潮焼けの面ひとしき双子かな 五十嵐播水 播水句集
牡丹を双子見てゐる山の雨 大木あまり 火のいろに
産声を上げて双子やさくらんぼ 水原 春郎
福の豆双子の牛の背に跳ねる 児玉幸枝
萓草の十時にひらく双子の家 宮坂静生 樹下
著莪咲ける双子寺杖の束休み 岩淵英子
蝶狙う悪い双子の弟が 高澤晶子 純愛
行水にまた泣いてゐる双子かな 鈴木芳野(圓)
隠沼の鷭の双子や菱紅葉 邊見京子
雛に似ぬ双子をときに疎んずる 文挟夫佐恵 遠い橋
青柿や双子またよく似てきたり 齊藤美規
青葉越しみ名の双子峰二つとも 林原耒井 蜩
鵜縄さばきに双子あゆます水ほとり 文挟夫佐恵 遠い橋
●義兄 
恃む義兄より厚切の餅届きけり 村越化石
秋暑し胃のなき義兄のこごみ癖 羽部洞然
緑立つ母・姉・義兄よ長暇 村越化石
●義弟 
吹雪如月義弟・毬栗倫理学 高柳重信
姉が来て義弟の帰る年の暮 松田紀子
義弟とは言葉少なくビール酌む 森田峠 避暑散歩
餌付きの金魚貰へり義弟より 高澤良一 随笑
●義姉 
元旦に母が犯されたる証し義姉は十月十日の生れ 浜田康敬
八十八夜母逝きてより義姉残る 中拓夫
●義妹 
火事赤し義妹と二人のみの夜に 右城暮石 声と声
はーと微塵な義妹ら乳ら血をしけるかも 加藤郁乎
●三人姉妹
姉妹三人連れだつことも二の替 大橋敦子 手 鞠
●長姉 
とろろの泡さはに長姉は還暦か 栗生純夫 科野路
長姉吾に父母の絆や木の葉髪 大橋敦子 手 鞠
●姉さん 
ひとおもう冬や姉さん被りして 澁谷道
姉さんが鰯になって陽をつつく 坪内稔典
姉さんと呼ばれてふりむく歳の市 宇多喜代子
横文字の如き午睡のお姉さん 宇多喜代子
紺のすみれは死者の手姉さんだめよ 西川徹郎 死亡の塔
風呂をたく姉さんかむり濃山吹 河野静雲 閻魔
鶴臭を放つ姉さん被り哉 永田耕衣 狂機
●はらから 
はらからと久の湯宿の麦とろろ 市村千代美
はらからと冬満月と星一つ 阿部みどり女
はらからと古蚊帳に寝る生家かな 大澤修子「青き踏む」
はらからと喪服を灼かる炎天下 高澤良一 素抱
はらからと梅雨満月と星一つ 阿部みどり女
はらからと谷中の梅を見て別る 深谷雄大
はらからと赤き桃食べ送り盆 渡辺みかげ
はらからにへりし枕や*かやの秋 吉武月二郎句集
はらからに三十路の果の秋扇 『定本石橋秀野句文集』
はらからに会ふ彼岸会の斎の刻 深谷雄大
はらからに僧正二人さくら咲く 柿本多映
はらからに家紋の羽織なつかしや(姉上京) 『定本石橋秀野句文集』
はらからに残る童顔むかご飯 柳原佳世子
はらからのうき顔さむく覗き去る 中尾白雨 中尾白雨句集
はらからのここにも祈る梅雨の燭 宮武寒々 朱卓
はらからのつきせぬ心語る秋 原石鼎 花影以後
はらからのひとり臥せをり花辛夷 篠原千代子
はらからのみるみる遠し夜の霰 正木浩一
はらからの一列になり盆の道 河田青嵐
はらからの一様に老ゆ小正月 飯島てる子
はらからの加齢更なり芋茎汁 湯川京子
はらからの墓にあづけし日傘かな 松村幸一
はらからの如くに月と雲とあり 粟津松彩子
はらからの宇宙遊泳春の夢 岡田久慧
はらからの富まざるがよき歳暮かな 小川恭生
はらからの教師ばかりや漱石忌 高橋悦男
はらからの死に風化なし敗戦忌 山本つぼみ
はらからの浴衣万燈さびしかり 石原舟月
はらからの白髪となりし西瓜かな 山本とく江
はらからの皆ちりぢりに濁り鮒 小野克之
はらからの結び目に母冬ざるる 藤原照子
はらからの老いはわが老い柏餅 渡辺立男
はらからの蚊帳の眠りや遺影の間 沢木欣一
はらからの螢を分かつ袋かな 会津八一
はらからの訪ひつ訪はれつ松の内 星野立子
はらからの送り来し荷の柚餅子かな 金子翠羽
はらからの集ひし宿の銀河濃し 渡部きん
はらからは女ばかりや生身魂 田中柏文
はらからは屈んですなり苧殻焚 高澤良一 鳩信
はらからは彼岸へ吾れに滝飛沫 原 不沙
はらからひとり旅にしあれば晴れ続く 野村朱鱗洞
はらからも番地も失せりサングラス 松山足羽
はらからも過客のひとり盆の月 菊地弘子
はらからを踏みつつ亀の子の歩む 家弓寿美子
七人のはらから欠けず薺粥 長谷英夫
七種や故郷にはらから既になし 五味真琴
兄弟(はらから)に黒き柱を一本ずつ 宇多喜代子
六人のはらからちりぢり目刺焼く 川上良子
再会のはらから老いぬ心太 平田 千鶴
初詣はらからたちの中にゐて 中曾根康弘
前うしろ竹のはらから竹落葉 平畑静塔
古稀過ぎは誰もはらから島ざくら 荒井正隆
古籐椅子はらからうとくなりにけり 橋本花風
土用とははらからの陽のとどくこと 岡井省二
垣雑草収め焚くはらからふたりかな 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
妣の夜着足しはらからの喪の雑魚寝 羽田岳水
学校始そのはらからに日冷し 吉村落暉
忘れ居しはらから一人更衣 河野静雲 閻魔
旧正のはらから泊むる灯を更かし 長谷川素逝 村
東京にはらからつどふ良夜かな 福島せいぎ
桜餅はらからの眉みな垂れて 宇多喜代子 象
橡の實のはらからにして形ちがふ 上村占魚 『かのえさる』
独活担ぎゆく新月のはらから 柿本多映
生きてゐてこそのはらから盆の月 福富豊子
着太りてはらからや老いわれも老ゆ 石塚友二 光塵
短夜やはらから遠くより集ひ 岸風三楼 往来
石蕗の花はらからうとくなりにけり 西川秋蘿
福寿草むかしはらから睦みけり 樋笠文
胡瓜揉みうからはらから共に老ゆ 根岸 善雄
花茣蓙にはらから多き遠忌かな 佐藤十全
茱萸噛んでみな産小屋のはらからぞ 本田静江
蓮の実のとべる真闇よはらからよ 原田喬
親とゐてはらから多き子猫かな 山口波津女 良人
金魚の死はらからの死に続きけり 高澤良一 素抱
錦織る女はらから寒食す 露月句集 石井露月
霜強しはらからの声野面這ふ 田中禾青
音もなく雪はらからを口にせり 栗林千津
鮟鱇鍋はらからといふよき言葉 鈴本真砂女
●吾妹 
かたはらに吾妹も年を守りけり 久保田万太郎
ふれてみて足のつめたき吾妹もかな 上村占魚 球磨
化粧部屋に吾妹子光る宿の春 初春 正岡子規
吾妹子が摘みて籠に満つ蓬かな 岩田潔
吾妹子が敷いてくれたる宝舟 高浜虚子
吾妹子が眉に置きけり朝の霜 朝霜 正岡子規
吾妹子が門忘れめや木瓜の花 木瓜の花 正岡子規
吾妹子が雛もちかし梅の花 会津八一
吾妹子と二人ならんで年わすれ 年忘 正岡子規
吾妹子に仇波寄する汐干かな 寒川鼠骨
吾妹子のいのちにひゞきさはな鳴きそ 篠原鳳作 海の旅
吾妹子のうしろ姿やけさの春 今朝の春 正岡子規
吾妹子の寝冷などとはうべなへず 深川正一郎
吾妹子の肌なまめかしなつの蝶 山頭火
吾妹子の髪に銀河の触るゝかに 依田秋葭
吾妹子は栗剥きなから怨しけり 尾崎紅葉
吾妹子も古ひにけりな茄子汁 尾崎紅葉
吾妹子やまだ宵ながら寝積まむ 浅井龍勇
吾妹子や白水漑ぐ鳳仙花 野村喜舟 小石川
吾妹子を夢みる春の夜となりね 夏目漱石 明治三十四年
吾妹子を客に口切る夕哉 夏目漱石 明治二十八年
吾妹追ふ草矢のいつか手より失せ 伊藤白潮
夏浅く吾妹のかけし襷かな 久保田万太郎 流寓抄
濡れしもの吾妹に胆にきんぽうげ 攝津幸彦
窈窕と吾妹はゆけり歳の市 飯田蛇笏 霊芝
立春の現に吾妹観世音 下村槐太 天涯 下村槐太全句集
紅梅を見るや吾妹の顔変る 横光利一
酔かなし雪女かも吾妹かも 京五紅
●妹がり 
しくるゝや妹がりはいる蛇の目傘 時雨 正岡子規
久しぶりに妹がり行けば落葉哉 落葉 正岡子規
妹がりに鰒引さげて月夜哉 一茶 ■文政八年乙酉(六十三歳)
妹がりの初句会とて五六人 高濱年尾 年尾句集
妹がりや宵更初るうめの月 松岡青蘿
妹がりや荒れし垣根の蠣の殻 牡蠣 正岡子規
寒き夜や妹がり行けば温飩賣 寒し 正岡子規
春の夜の妹がり行けば小雨ふる 春の夜 正岡子規
猪牙借りて妹がり行けば川千鳥 千鳥 正岡子規
頭巾くれし妹がりゆく夜霙ふる 高井几董
鰒さげて妹がりいそぐ寒さ哉 寒さ 正岡子規
 
以上


by 575fudemakase | 2022-06-23 03:22 | ブログ


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング