人気ブログランキング | 話題のタグを見る

こだま 類語関連語(例句)

こだま 類語関連語(例句)

●こだま●木霊●山彦●谺●エコー●反響(音)●残響●とよもす●響動む

●こだま 
あんこだま夜の茂りを見てくふも 八木林之介 青霞集
いづこにも雲なき春の滝こだま 飯田龍太 忘音
いづこよりこだま小さし星鴉 藤森かずを(童子)
うぐひすのこだまを返す息長し 平山路遊
うつろ巌こだましあへる卯浪かな 橋本鶏二 年輪
きさらぎの門標をうつこだまかな 飯田蛇笏 山廬集
こだまして昼夜をわかつ寒の渓 飯田蛇笏 椿花集
こだまして森をはみだす瑠璃のこゑ 唐澤南海子
こだまして赤翡翠の炎ゆる恋 堀口星眠(橡)
こだまする後山の雪に豆を蒔く 飯田蛇笏
こだまする樹海わが掌に夏蜜柑 村越化石 山國抄
こだまする蛙の中の坊泊り 阿部みどり女
こだま欲し干潟に貝の放射脈 成田千空 地霊
この秋の大いなる声こだませり 萩原麦草 麦嵐
そばの花こだまころがる峡の昼 佐藤みさご
とりおどしこだましてゆく御空かな 北村 光阿弥
とろみ鳴く鴉のこだま芽ぐむ山 成田千空 地霊
どの島の返すこだまか鐘の秋 八染藍子
ばつたんこ法鼓のごとくこだませり 山本洋子
ふくろうの瀧のこだまに出て怒る 松村蒼石 雪
ふくろふの滝のこだまに出て怒る 松村蒼石 雪
よしきりのこだまをりをり城下町 長谷川双魚
わがこゑのこだまさびしき夏の山 石原舟月
わらび山母が笑ふをこだまする 中山純子 沙羅
エスカルゴ噛み満月へこだまする 白澤良子
ゴスペルの樹にこだましてみどりの日 辻村拓夫
スタジアムラガーの気合こだまする 森下昌彦
一切流転冬山こだまかへしくる 柴田白葉女 花寂び 以後
一山に滝の音声冬こだま 野澤節子 遠い橋
三日はや峡のこだまは炭曳くこゑ 加藤楸邨
中辺路の山にこだまし冬の音 桂信子 花影
二月ころふりさけみれば伊勢こだま 阿部完市 純白諸事
仏法僧こだまかへして杉聳てり 大野林火
仏法僧こだま返して奥身延 上田正久日
伊那谷に音こだまして猟名残 岩下千代美
信濃なる滝のこだまの馬蹄音 吉田紫乃
公害魚擲られ磯の枯れこだま 河野南畦 湖の森
冬あたたか竹のこだまの竹踊り 成田千空 地霊
冬の峰谿渡り行く法螺こだま 粕谷容子
冬山の汽笛のこだまの船に帰す 下村槐太 天涯
冬日の合歓母にこだまの減りゆくや 宮坂静生 山開
冬旱こだまはのぼる木をえらび 長谷川双魚 『ひとつとや』
冬晴や恋のこだまに耳すます 仙田洋子 雲は王冠
冬木きるや人らこだまに意を注がず 細谷源二 砂金帯
冬瀧のきけば相つぐこだまかな 飯田蛇笏
凍てゆるむ落石音や七こだま 加藤知世子
凍ゆるむ落石音や七こだま 加藤知世子 花 季
凍解けて瀧にもどりし水こだま(常陸袋田瀧) 上村占魚 『方眼』
初猟の第一発のこだまかな 大橋櫻坡子 雨月
初蝶の行方は水のこだまかな 勝又木風雨
初鵙のこゑこだまして山は晴 小谷紫乃
勝名乗寒ンのこだまを返しけり 久保田万太郎 流寓抄
十五夜にこだましてゐる町の鍛冶 阿部みどり女 『微風』
友とその新妻春の汽車こだま 友岡子郷 遠方
双魚忌の山に籠りし水こだま 梶田悦堂
句碑洗ふ青嶺にこだま返しては 長山遠志
吹雪中呼べどこだまもこたへせず 長谷川素逝
呼ばず返さず冬のこだまは受けるのみ 村越化石 山國抄
呼びあへるこだまのはても峡青田 杉本寛 『杉の実』
咳こだまリョウメンシダの林にて 高澤良一 さざなみやつこ
啄木鳥(けら)こだま山齢樹齢あらたまる 千代田葛彦
啄木鳥が森にこだます森にゐて 山本宏子
啄木鳥の音のこだまや鞍馬山 国枝洋子
啄木鳥やおのがこだまの中に棲み 太田黄波
啓蟄の蛇に丁々斧こだま 中村汀女
地の底の神が滝呼ぶ闇こだま 河野南畦 湖の森
夏みなぎるグワーングワーンと鉄こだま 古沢太穂 古沢太穂句集
夏潮の谺がこだま生む岬 上村占魚
夕汽車のこだまの中の家愛す 金子皆子
夕霞して剥落の嶽こだま 新井海豹子
夜気ふかみ仏法僧のこだまかな 藤田雅子
大原や鳴子こだますよき日和 高橋淡路女 梶の葉
大霞したる海より濤こだま 橋本鶏二
天を打つ凍み割れの樹のこだまかな 笠井操 『雪の紋』
夫婦滝紅葉の山にこだまして 佐藤信子
夫恋へば朝蜩のこだまして 山田芳枝
奥つ瀬のこだまかよふや葛の花 水原秋櫻子
奥壁は雪崩のこだま返し来ず 高田貴霜
奥蝦夷にこだます馬耕日和かな 千葉仁
威銃こだまを返し来て威す 山岸木風
威銃のこだまの響く三毳山 森田とみ
実椿の数へきれざる滝こだま 岩崎多佳男
家壊す音こだまして秋暑し 中村しげ子
寒念仏眠りし山にこだませる 小野淑
寒暁の鶴啼くこだまかけめぐる 貞吉 直子
対岸の石切るこだま夏蓬 大中祥生
少年鑑別所郭公のこだま浴び 飯田龍太
山々にこだまを返す冬将軍 望月基子
山々に鐘こだまして花祭 阿部タミ子
山の井の釣瓶のこだま墓掃除 丸島弓人
山ぼうし谺がこだま生みにけり 和田冬生
山城の雲にこだます採蓮歌 宮武寒々 朱卓
山廬忌の秋は竹伐るこだまより 西島麦南
山火事のあと漆黒の瀧こだま 飯田龍太
山蘆忌の秋は竹伐るこだまより 西島麦南
山門の日に老鴬のこだまかな 原石鼎
岡寺にこだまやすらふ除夜の鐘 山田孝子
巣雀の声さへこだましてきこゆ 原石鼎 花影以後
巫女の鈴こだまとなりて杜小春 石川規矩子
幾棹も山にこだまし雁渡る 阿部みどり女
御厨人窟や冬蚊喰鳥こだまなす 黒田杏子 花下草上
慈悲心鳥こだまの奥は濡れており 国武十六夜
斑雪山月夜は滝のこだま浴び 飯田龍太
斧を振る青いこだまを孵らせて 穴井太 原郷樹林
斧音のこだまかへれば割るゝ榾 蔵本高子
旧山河こだまをかへし初鼓 飯田蛇笏
春の燭ミサのこだまと共に揺れ 山本歩禅
春伐りのこだま斑雪の瀬山越え 石原八束 雪稜線
春寒のミサのこだまの天より来 山本歩禅
春雷のこだまぞきそふ甲斐の国 多田裕計
春雷や埋めし愛のこだまとも 仙田洋子 橋のあなたに
晴れ予報備後藺を刈る鬨こだま 高橋六一
月光にこだます鐘をつきにけり 杉田久女
月光にしづめる部落滝こだま 柴田白葉女 花寂び 以後
月明りこだまこだまの紅葉山 川崎展宏
木歩忌の橋にくぐもる船こだま 角川 照子
朴の咲く淵にこだます機屋かな 水原秋桜子(1892-1981)
杉山に父かと思ふ瀧こだま 原 裕
林中のやがて涼しきこだまかな 長谷川双魚 『ひとつとや』
枯れてゆく山にこだまして砧うつなり 山本木天蓼
枯山をこだまのごとし道が這ふ 平井照敏 天上大風
枯桑にとびつく筬のこだまかな 石原舟月 山鵲
梅天に抛つ怒りこだませよ 稲垣きくの 牡 丹
樹々邃く鳶啼くこだまはるかすむ 飯田蛇笏 雪峡
残雪に少年が打つ斧こだま 中村里子
段々の水田こだまにほととぎす 森澄雄
水こだま走りて釣瓶落しかな 長谷川双魚
氷壁が返すこだまはわれのもの 本田青棗
氷壁のおのがこだまの中に鴎 古館曹人
氷海やこだまさびしきわれの咳 伊藤彩雪
汐浴びの声ただ瑠璃の水こだま 中村草田男「来し方行方」
流氷のうちあふこだま宙に消え 高田高
流氷の寄せくるこだま天に飛ぶ 柳瀬重子
流氷や遠いこだまは耳内の垢 野川幸江
海堡のこだま捨て来しものと蘇える 堀葦男
温泉の宿に何建つ昼の斧こだま 石塚友二 光塵
湖艇去る笛こだまして山眠る 宮武寒々 朱卓
滝こだまして山葵田の水匂ふ 伊東宏晃
滝こだまして総身をくもらせぬ 原裕 葦牙
滝涸れて返すこだまもなくなりぬ 西島麥南 金剛纂
濤こだま実朝忌まだ先の日ぞ 友岡子郷 風日
熊まつりはじまる法螺のこだまかな 栗原愛子
猟犬を呼ぶ指笛のこだまかな 渥美三江
猟銃のこだまは別の銃のごと 皆吉爽雨
猪撃ちの第一発のこだませる 金井綺羅
献詠の披講こだます獺祭忌 坂泰子
疎の村の青嶺こだまに機を織る 河野南畦 湖の森
真夜覚めて波郷と呼べり霜こだま 林 翔
神滝のこだまや濁る世へ絶えず 北さとり
秋天にこだまも青く枝おろし きくちつねこ
秋深し身をつらぬきて滝こだま 鷲谷七菜子
秋風やこだま返して深山川 飯田蛇笏 山廬集
稲扱くや水の佐原の夕こだま 橋本榮治 麦生
空蝉のこだま綴りし少年期 齋藤愼爾
窯打ちのこだま韋駄天枯木山 池元 道雄
立春のこだま隧道抜けてくる 田山諷子
竜胆に触るる空なり嶺々こだま 勝又寿々子 『春障子』
竹伐って村のこだまを運び去る 神蔵 器
竹伐つて今昔もなきこだまかな 河野友人
竹伐つて竹のこだまを浴びにけり 石嶌岳
竹伐りのこだま海側山側に 手塚美佐 昔の香
筒鳥のこだまに由布の山夜明 雨宮美智子
簗なほす青水無月の夕こだま 橋本榮治 逆旅
籾摺の音こだまして夜に入る 相良 九馬
紅糸が足らぬ日暮の滝こだま 神尾久美子 桐の木
群鶴の声こだまする天暗く 小原菁々子
羯鼓うつ音にこだます鳴子かな 岡本松浜 白菊
老杉の空えんぶりのこだまかな 原よしろ
老鴬に谷ひえびえとこだましぬ 飯田蛇笏 春蘭
老鴬のこだまを返し地獄谷 伊東宏晃
老鴬のこだま秘境へ幾峠 今村征一
老鴬のこだま返しに隠り沼 加藤耕子
老鶯に谷ひえびえとこだましぬ 飯田蛇笏
聖歌果てし街は汽笛の雪こだま 加藤知世子 花寂び
胎内に母音のこだま花祭 橋口 等
舊山河こだまをかへしはつ鼓 飯田蛇笏
芒闌けこだまが遠嶺より返る 河野南畦 湖の森
花さんざし斧のこだまの消えてなし 神尾久美子 桐の木
花といへば鳥と答へる標語(こだま)かな 筑紫磐井 花鳥諷詠
花の駅噴水塔がこだまして 中島双風
花火こだまする深い山肌 シヤツと雑草 栗林一石路
芽吹き山二重にこだま返しけり 二村典子
若葉してこだまを返すホルンの音 佐長 芳子
苧殻折る刻こだまする寺の鐘 山城やえ
茸狩りのわらべこだまに憑かれけり 西島麦南
草原に湧きたつこだま野馬追へり 秋山素子
草笛や白鳥陵の水こだま 石田勝彦
荒尾根の雲へこだまの雷一過 河野南畦
落石のこだま還らず去年今年 ほんだゆき
落葉松に焚火こだます春の夕 前田普羅 春寒浅間山
蕨狩りの声の こだまの 青天井 伊丹三樹彦 一存在
薄暗き厨房秋の水こだま 奈良鹿郎
薪棚を崩すこだまや昼霞 楠目橙黄子 橙圃
藪伐れば峰のこだます寒さかな 飯田蛇笏 山廬集
蝉やむと夜は天づたふ滝こだま 神尾久美子 桐の木
蝕け向日葵こだまは言を裏返す 中戸川朝人 残心
蝶凍てゝ青空石切るこだまのみ 友岡子郷 遠方
蝶蜂の高さの上を谷こだま 藤田湘子 てんてん
試めし打つ銃のこだまや夏木立 楠目橙黄子 橙圃
谷こだましてまんさくの日和かな 小島健 木の実
谷ふかく滝こだまして厚朴の花 柴田白葉女 花寂び 以後
谿ひろくこだまもなくて嶽の秋 飯田蛇笏 雪峡
谿枯れてこだまとどめず蔓もどき 有働亨 汐路
轟々と建国の日の滝こだま 吉田銀葉
通草咲き風のこだまをこもらせる 小松崎爽青
遠郭公深井のこだま聞くごとし 大熊輝一 土の香
郭公こだま一車より白衣降り 友岡子郷 未草
郭公こだま妙法此処に定まりし 林原耒井 蜩
郭公にこだま白樺に水鏡 宮津昭彦
郭公のそれのこだまと遠き音と 皆吉爽雨「寒柝」
郭公の遠音こだまは末消ゆる 豊長みのる
郭公は近しこだまははるかより 大矢一風
重陽やこだまし吠ゆる杣の犬 大峯あきら 鳥道
鉄砲射堋(あづち)霧間の樹神(こだま)かよひけり 調古 選集「板東太郎」
銃こだま雪こんこんと葉につもる 川島彷徨子 榛の木
降臨の峰にもこだま胡麻を刈る 脇本星浪
除雪夫乗せ索道の空唄こだま 沢藤紫星 『活字架』
雅楽の音木々にこだます来迎会 中橋文子
雨ながら老鴬嶺にこだまして 山内遊糸(蘇鉄)
雪山に春のはじめの滝こだま 大野林火
雪山をはひまはりゐるこだまかな 飯田蛇笏
雪崩音止みて落石音こだま 岡田日郎
雪解富士戸々の賤機こだませり 飯田蛇笏 春蘭
霜枯に柩打つ音こだませず 草間時彦
霧濃ゆし馬蹄のこだま喝破とのみ 竹下しづの女 [はやて]
青啄木のこゑこだまして雑木山 加藤功
青天より落花ひとひら滝こだま 野澤節子 黄 炎
風韻のこだまかへしに寒ざくら 吉田未灰
馬をよんでみた大聲に こだまがなかつた 吉岡禅寺洞
高千穂の双肩高き冬こだま 殿村莵絲子 牡 丹
高西風に斃馬を落すこだまかな 飯田蛇笏 霊芝
鳥追ふや山から谷から兄のこだま 加藤知世子 花 季
鳶啼けり渓こだまして余花の昼 飯田蛇笏 霊芝
鴬のこだま二の沢三の沢 松田ひろむ
鵯こだま嵯峨の旨水日々に透き 高野途上
鶴唳のこだま返しの残照に 山田弘子 こぶし坂
黄昏れて山に稲刈る音こだま 佐瀬しづ江
●木霊 
えぞにうの木霊オホーツク海へ抜け 永田耕一郎
かしづくや木霊をさなき欅苗 正木ゆう子 静かな水
きつつきの樹を打つ音も木霊かな 大高芭瑠子
ことばみな木霊となれり桷の花 新井世紫
しめっぽい木霊とびかう置き薬 穴井太 原郷樹林
ちやぐちやぐ馬こ森に木霊を引きにけり 昆ふさ子 『冬桜』
どの子にも木霊返して山開き 白根君子
どの径も木霊目覚めよ午まつり 石原次郎
どの木にも木霊生まるる寒昴 美野節子
ひさしぶりの雨だ灯を消せ匂う木霊 柴崎草虹子
みよし野の木霊となりしほととぎす 長山あや
一つ声ひとつ木霊す紅葉山 牧野洋子
一斉に木霊の醒むる春の森 柴田白葉女 花寂び 以後
伊那谷は木霊の色も紅葉して 木方三恵
冷まじく暮れて木霊も居らざりき 槐太
初明り一つ咲きたる木霊かな 穴井太 原郷樹林
初猟の木霊が遠く重なれり 米澤吾亦紅
匂い立つ樹々の朧に笛木霊 長谷川かな女 牡 丹
十月の木霊が通る鉈の上 折井紀衣
啄木鳥の纔に木霊の耳を澄ます 尾崎紅葉
国栖奏の鼓は木霊呼ぶごとし 山田弘子 螢川
地の震ひ岳の木霊す御神渡 増澤正冬
声ちがふ木霊竹霊利休の忌 岡井省二
大暑にて杉の木霊は背の高き 正木ゆう子
寒林の切株四五は木霊の座 能村登四郎
少年へ涼しき声の木霊が居り 平井さち子 紅き栞
嶺と嶺結ぶ木霊や斧始 藤木倶子
常夜鍋木霊は山に帰りけり 佐々木六戈 百韻反故 初學
幹打つて覚ます木霊や西行忌 大石悦子 群萌
廃校の子供らの木霊している天井 青木久生
恋猫や椎の木にある夕木霊 古舘曹人 樹下石上
春立ちし国栖の大きな木霊かな 大石悦子 百花
月山の木霊と遊ぶ春氷柱 有馬朗人(1930-)
月明の木を離れたる木霊かな 河原枇杷男 流灌頂
木枯の木霊修那羅の神の声 加藤知世子 花寂び
木霊ありいつか身につく走るフォーム 上田 玄
木霊より軽き子を抱く冬隣 橋間石
木霊ゐず霧か露かの山の鯉 岡井省二
木霊を呼ぶか掌中の落椿 大高 翔
木霊棲む山めぐらすや神楽笛 伊藤純
木霊棲む神の大楠夜鷹鳴く 豊長みのる
松蝉の木霊あそびの前山寺 鈴木蚊都夫
梅雨の夜の園の木霊と犬を呼ぶ 木津柳芽 白鷺抄
樹氷林声なき木霊空に充ち 伊東宏晃
母声の木霊が帰る月下かな 杉本雷造
氷る湖の木霊呼びつつ機始 原 柯城
汗の身を木霊が透り過ぎにけり 徳永山冬子
海棠や教会の鐘木霊なし 宮坂静生 青胡桃
涸谿の木霊言霊冬ざるる 佐原トシ
父にしてむかし不良の木霊かな 攝津幸彦(1947-96)
狼は亡び木霊は存ふる 三村純也
甲斐駒の返す木霊や吾亦紅 山下喜子
種に入る木霊の一部青くるみ 正木ゆう子 悠
結界の木霊となりける青葉木菟 栗桶恵通子
老杉の木霊をゆすり初神楽 加藤多美子
老桜の木霊や現れて返り花 大石悦子 群萌
胸に木霊こむらさきの不整脈 浅沼参三
落石の木霊とどろく雪解川 広井瑞枝
郭公の木霊の中の火山かな 杉本寛
開拓や斧よ木霊よ遠郭公 北光星
雨細し木霊枯れ棲む磯林 河野南畦 湖の森
雪の日のちよつと遊びに出る木霊 ふけとしこ 伝言
零の空間へ木霊のように二人立つ 坂間恒子
露日和木霊は元の木にもどり 友岡子郷
青梅雨や木霊棲みつく鞍馬杉 河野多希女 納め髪
青葉木菟鳴いて木霊はうまいどき 西村 博子
鵯鳴いて木霊たのしむ雑木林 後藤秋邑
●山彦 
いくたびも山彦かへす夕焼かな 吉武月二郎句集
おーいおーいと永久にあなたを呼ぶ山彦 池田澄子
おーいおーい命惜しめといふ山彦 高柳重信
からうじて山彦もどる吾亦紅 下田稔
ざんばら髪の山彦あるく油照り 長谷川双魚
しぐるるや山彦は樹を親と思ひ 長谷川久々子
しぐれきて山彦絶ちし下りかな 原田種茅 径
ためしたき山彦青嶺ま近なり 朝倉和江
ひよどりの山彦の澄む初詣 田村木国
ぼんでんの法螺山彦のごと吹きあふ 上村占魚
亀鳴くや山彦淡く消えかかる 赤尾兜子
二人行けど秋の山彦淋しけれ 佐藤紅緑 紅緑句集
全山の芽や山彦がもの言へり 米沢吾亦紅 童顔
凧高うなりて山彦もう答へず 内藤吐天 鳴海抄
前山に山彦棲む日松飾る 渡辺柳風
吠え牛に山彦高し霧の中 西山泊雲 泊雲句集
夕凍みの山彦山に残りけり 秋山ユキ子
夕焼る山彦山に帰るとき 三田きえ子
天彦呼びに山彦駈くる斧始 大野せいあ
子遍路に山彦のゐる札所かな 山崎一角
寒卵割り山彦の国を出る 市原光子
山彦が聞えてあやめ祭来ぬ 萩原麦草 麦嵐
山彦とならぬわがこゑ落胡桃 白岩 三郎
山彦とゐるわらんべや秋の山 百合山羽公
山彦と啼く郭公夢を切る斧 山口素堂
山彦と晴れて学校始めかな 松下鶴生
山彦にいつか鳴き勝て羽抜鶏 秋山朔太郎
山彦にさからひやまず霧の鵙 西島麦南 人音
山彦にも毀れるひかり二月の樹 速水直子
山彦に妻の遊べる山毛欅若葉 菅原多つを
山彦に山葵の花や散りかゝり 萩原麦草 麦嵐
山彦に散果たしたるさくらかな 米密 三 月 月別句集「韻塞」
山彦のあと一斉に杉花粉 岡本まち子
山彦のうしろ姿を漉き上げる 小澤杏林
山彦のしばしとだへし紅葉かな 杉本寛
山彦のしばらくありて草刈男 西山泊雲 泊雲
山彦のはきはきとして青吉野 大石悦子 聞香
山彦のはじめつばらにねこじやらし 藤田湘子
山彦のはなれはなれよ妓王の忌 神尾久美子 桐の木
山彦のまだ覚めぬ山つばくらめ 矢島渚男 百済野
山彦のゆつくりとほる弥生かな 中村契子
山彦のよくかへる日よえびかづら 遠藤露節
山彦のわれを呼ぶなり夕紅葉 臼田亞浪 定本亜浪句集
山彦のゐてさびしさやハンモツク 水原秋桜子(1892-1981)
山彦の一歩も退かず閑古鳥 檜紀代
山彦の南はいづち春のくれ 蕪村遺稿 春
山彦の口まね寒きからすかな 千代尼
山彦の尻尾だすまで黄落す 西野理郎
山彦の山みな遠し花うつぎ いのうえかつこ
山彦の己の声に呼ばれ夏 白岩三郎
山彦の待ちかまへゐし山開き 木内怜子「繭」
山彦の打つ小鼓や山葵咲く 田方建子「土鈴」
山彦の打てもどしに砧かな 紫貞女
山彦の棲む山めざし旱道 徳永山冬子
山彦の棲む谷々の薄紅葉 三村純也
山彦の気配を棟に冬仕度 岡本まち子
山彦の触れず落ちたる一位の実 浅井一志
山彦の語尾のすとんと山眠る 山本秋穂
山彦の駆けて椎の実こぼしけり 井本芦水
山彦はみな男ごゑ冬の山 大谷てるみ
山彦は他所(よそ)の事なりわかな摘 千代尼
山彦は呼べぬ齢や栗の花 赤塚五行
山彦は宵に戻るやのちの月 千代女
山彦は山に捨て置く夜の桃 鈴木湖愁
山彦は山へかへりて枯一途 鹿野佳子
山彦は杜甫か李白か登高す 白澤良子
山彦は湖に出てゆく朴の花 長田等
山彦は男なりけり青芒 山田みづえ 木語
山彦は青年のこゑ山笑ふ 二藤 覚
山彦も山を出ることなき二日 鷹羽狩行
山彦も島出づるなし青芒 朝倉和江
山彦も魂ぎる多摩や血止め草 高柳重信
山彦やむらさきふかき春の嶺 池田秀水
山彦や湯殿を拝む人の声 桃隣「陸奥鵆」
山彦や知らなくてよいけもの道 池田澄子
山彦や花の梢にひびき行く 水田正秀
山彦をかへし雪渓夜もしるく 福田蓼汀 山火
山彦をすぐに戻せぬ樹氷林 北見弟花
山彦をつけてありくや鉢たたき 千代女
山彦をぬすむすすきのすだま見つ 栗生純夫 科野路
山彦を伴ふ窓に夏経かな 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
山彦を呼び出してゐる山開き 小野伶(南風)
山彦を呼び戻せしが雪となる 相原左義長
山彦を山に帰して修二の忌 関野八千代
山彦を山へかへして卒業す 遠藤若狭男
山彦を引き寄せてゐる春田打 小泉八重子
山彦を探す夕暮れ頬濡らし 久野千絵
山彦を連れて半鐘防火の夜 野澤節子 遠い橋
山眠るや山彦凍てし巌一つ 松根東洋城
岬現れ海彦山彦すでに春 河野南畦 湖の森
引鶴のこゑ海彦へ山彦へ 福島笠寺
拍手が山彦となる四方拝 石津不及
旅人の中を山彦ときに野火 三枝桂子
早春の山彦かへる垣根かな 萩原麦草 麦嵐
明けまたぬ小野の山彦土竜うち 吉武月二郎句集
春愁やひとの山彦われに来る 米沢吾亦紅 童顔
月明や山彦湖をかへし来る 秋櫻子
木耳を踏み山彦の老いゆくよ 長谷川双魚 風形
朴の青枝下されて飛騨の山彦 金子皆子
松の花炎ゆ山彦に海彦に 渡辺桂子
梅雨雲がすぐ山彦を追ひかへす 米沢吾亦紅 童顔
極月の山彦とゐる子供かな 細川加賀 『傷痕』
海彦と山彦あそぶ初茜 樫村安津女
海彦と山彦そろふ入学期 原裕 新治
海彦と山彦とゐる霧笛かな 鈴木洋々子
海彦も山彦も来て綱を引く 荒井籠聲
海彦も山彦も来よ太刀飾る 野木桃花
澱みなく山彦とんで神無月 斎藤佳代子
火祭の山彦ゆゆし秩父人 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
牛飼の山彦わかし冬隣 岩田昌寿 地の塩
町の子の山彦遊び秋の山 安藤登美子
白根葵咲けりといふよ山彦も 水原秋櫻子(馬酔木)
窓の外にゐる山彦や夜学校 芝不器男
老鴬に山彦もなき浮葉かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
腸の水の山彦昼寝覚 高澤良一 随笑
花菜いちめん孤児に山彦野彦する 磯貝碧蹄館 握手
蔓梅擬山彦つれて山の子ら 古賀まり子 緑の野以後
近づいてくる山彦の暑さかな 松澤昭 山處
近頃は山彦となる不如帰 橋本鉄也
返盃や会うこともなき山彦に 仁平勝 東京物語
雪嶺のいづかたよりの山彦ぞ 猪俣千代子 秘 色
鞦韆や春の山彦ほしいまゝ 秋櫻子
鶏のこゑ山彦すなり日南ぼこ 吉武月二郎句集
やまびこのゐて立ちさりし猿茸 飯田蛇笏 霊芝
やまびこの消えてさびしき鳴子かな 阿波野青畝
やまびこをつれてゆく尾根いわし雲 飯田蛇笏 春蘭
やまびこを交してをりぬ植樹祭 小田切輝雄
初機のやまびこしるき奥嶺かな 飯田蛇笏
夏の炉にやまびこきこえ師弟古る 石原舟月
木菟の森やまびこ昼をねむりけり 西島麦南 人音
盆花を摘む子等の声やまびこも 川崎展宏
破魔弓ややまびこつくる子のたむろ 飯田蛇笏
門前のやまびこかへす碪かな 飯田蛇笏 霊芝
●谺 
あさましや谺も同じ雉の声 半捨
あまぎ嶺に谺し冬の鳥射たる 五所平之助
いと高きに登るも谺聴かぬなり 矢崎硯水
いわし雲斧の谺は父祖の声 高橋素水
うぐひすの谺も神の瀧のもの 田村木国
えごの花ひと日谺の中にをり 磯部実
おらが世は臼の谺ぞ夜の雪 一茶
かぐらせり唄谺して雪もよふ 黒木千佳子
かげろひゆく身に谺して怒濤音 鷲谷七菜子 雨 月
かたくりの花すぐゆれて谷谺 飯塚田鶴子
かの瀧のかの瀧谺手を合はす 黒田杏子 花下草上
さきがけて蕗咲く渓の谺かな 飯田蛇笏 霊芝
さくら陰誰に谺か山の神 菊十
さしのぼる月の谺のきんひばり 神戸光
さみしくて雪に潜りし水谺 栗林千津
さみしさや谺返しの威銃 小林康治 『叢林』
しづり雪しまらく谺してありし 五十畑英一
しんしんと谺殺しの雪の谷 藤田湘子 てんてん
じやんがらの鉦の谺す閼伽井嶽 平山節子
すぐ応ふ谺も秋や旅日和 村越化石
そのこゑに谺ちかづく囮籠 福永耕二
たはやすく谺する山たうがらし 飴山實 『次の花』
ひぐらしの崖に谺す外海府 継田ひでこ
ひぐらしや山頂は陽の谺生み 雨宮抱星
まんさくや谺返しに水の音 岸野千鶴子
みちのくの山谺して松の芯 吉田鴻司
むかごにもありし大小山谺 西谷 孝
わが咳の谺 始発の地下ホーム 中道量子
わが声の二月の谺まぎれなく 木下夕爾
わが声の谺と知らず女郎花 小泉八重子
わが谺かへらぬ祖谷の初御空 伊沢 健存
ボート・レース雲と谺と繋がりて 大島邦子
マッキンレーからの谺か秋つばめ 平井さち子 鷹日和
ユーラシア五分遅れの谺かな あざ蓉子
万緑や舟唄水に谺して 土屋うさ子
丈高き谺返し来春の滝 小林康治 『虚實』
下萌のいづこともなく水谺 日向野貞子
二ン月の天に谺し城普請 花野有情
二期田植う村に射爆の遠谺 玉城一香
人去りて木の芽の谺包む館 長山あや
人声の谺もなくて飛騨雪解 前田普羅 飛騨紬
伐採の谺の雪となりにけり 西村博子
修羅落す谺を追ふて雪崩れたり 山口草堂
冬あけぼの谺の還る魚の口 石母田星人
冬に入る瀧の谺の一屯 宮坂静生 樹下
冬の宿谺を返し夕暮るる 横光利一
冬山や鉈音よりも谺澄み 羽部洞然
冬杣の谺杉枝の雪散らす 町田しげき
冬河に誰呼びおるや谺なし(片山桃史戦死) 石橋辰之助
冬滝の谺蕩々と湯の小滝 松村蒼石 雁
冬牡丹てうつに蔵の谺かな 言水
冬耕のひとりとなりて生む谺 橋本榮治 麦生
冬菫ときにさみしき潮谺 友岡子郷 風日
冬麗を己が谺とゐる鴉 村越化石
冴ゆる夜の谺にひゞく汽笛哉 寺田寅彦
冷蔵庫に潮騒のあり谺あり 工藤克巳
凍蝶に落石の音谺しぬ 羽部洞然
凍蝶の息ひきとりし谺かな 宗田安正
刀打つ鎚の谺す青吉野 品川鈴子
初富士や崖の鵯どり谺して 川端茅舎
初山や木の倒されて谺生む 本多一藻
初猟の第一弾の谺かな 森 竜南
初神楽巌に太鼓の谺して 阿部ふみを
初雷のいま前山に谺せる 高瀬竟二
初鶏の銘酒の里に谺して 木内彰志
前山に谺あづけて牛蒡引く 端山日出子
十和田湖に暮春の谺崩しけり 雨宮抱星
号令が谺す夕日の小学校 斎藤康子
呼び出しの声谺してスキー場 中沢菊絵
咳よりも咳の谺のさびしさよ 林翔 和紙
啄木鳥のついばむ音も谺して 西岡仁雅
啄木鳥の己が谺を叩きけり 佐之瀬木実
啄木鳥の谺は天に滝凍る 三谷和子
噴射機に鳴り億兆の露谺 石塚友二 光塵
地球発SOSが谺せり 小倉満智子
堰落つる水の谺や茱萸の花 伊藤紫都子
夏山に谺して過ぐ広報車 向井晴江
夏山の大木倒す谺かな 内藤鳴雪(1847-1926)
夏山より谺のごとき子の便り 柳 欣子
夏潮の谺がこだま生む岬 上村占魚
夕暮の谷戸に谺し黒つぐみ 長谷川草洲
夕焼けて谺戻らぬ活火山 駿河白灯
外したる谺の間合威銃 吉田鐵城
夜のポストつぎつぎ谺が投函される 佐孝石画
夜をこめて会式谺す向つ峰 竹冷句鈔 角田竹冷
大山山麓すかんぽ噛めば谺 金子兜太
大当りの声の谺や初恵比須 松原幸子
大滝の谺相うつ杉襖 石原八束 白夜の旅人
大瀧や月の谺のただ中に 黒田杏子 花下草上
大瑠璃の谺をかへす虚空かな 加藤耕子
大花火峡の谺の逃げ場なし 川村紫陽
天地の谺もなくて雪降れり 鈴鹿野風呂
夫の忌や風の谺のえごの花 小島裕子
姥百合にかへる谺となりにけり 蘭草 慶子
威し銃裸の山が谺返す 津田清子 礼 拝
威銃谺して大磨崖仏 牧野春駒
子を叱る声筒抜けに寒谺 小林康治 四季貧窮
子花火と爆ぜて谺の返りけり 石塚友二 光塵
家毀つ音秋天に谺して 高澤良一 寒暑
富士の火を鎮めの宮の鵯谺 西本一都 景色
富士夏嶺谺雄々しく育ちをり 橋本榮治 麦生
寒垢離の一喝山に谺して 藤田達子
寒山に谺のゆきゝ止みにけり 前田普羅 飛騨紬
寒月や野の大門の谺呼ぶ 乙字俳句集 大須賀乙字
寒詣過去は谺の割れる先 首藤基澄
寒谺高校生の弔銃に 中村草田男
寒鯔の川いきいきと群れ谺 尾崎鈴子
射初また谺はじめの松の幹 中戸川朝人 星辰
小蒸気のもどる谺や月の潭 千代田葛彦 旅人木
屏風岩河鹿が鳴けば谺する 塚田正子
山々にお会式太鼓谺して 中里之妍
山がひの杉冴え返る谺かな 芥川龍之介 澄江堂句集
山に向きくさめ一つの冬谺 村越化石
山ぼうし谺がこだま生みにけり 和田冬生
山伏問答峰に谺し山開 高橋耕子
山墓の巨石がまとふ夏谺 原裕 葦牙
山始一人が谺起しけり 増井冬木
山峡の杉冴え返る谺かな 芥川龍之介 蕩々帖〔その二〕
山焼の音谺せり大阿蘇に 高木あけみ
山眠りいづこへ帰る谺なる 影島智子
山谺かえる花火の尾は新涼 長谷川かな女 花 季
山谺して錫杖の響き冴ゆ 山崎慈昭
山里に餅つく音の谺かな 浜田波静
山雲にかへす谺やけらつゝき 飯田蛇笏
岩尾根に夏暁の鳥が谺啼き 河野南畦 湖の森
峡空に谺かへすや大花火 鈴鹿野風呂 浜木綿
川原吹く風より水の青谺 原裕 青垣
年酒また独りがたのし鵯谺 宮田要
幼な名を呼べど秋嶺谺なし 福田蓼汀 秋風挽歌
弔砲の谺は冬の山地駆せ 安田北湖
当り矢の谺がへしに霜の天 伊藤いと子
御神楽の谺をかへす新樹かな 杉原ヒロ子
念仏踊左右の山よりよき谺 羽部洞然
息ひそめ棺うつかぎり寒谺 小林康治 四季貧窮
悪玉の声谺して野外劇 魚田裕之
惜春の雄波もみあひ谺せり(喜屋武岬) 上村占魚 『玄妙』
我が笛の谺聞きゐる月の森 雑草 長谷川零餘子
拍手の谺となりて山始 廷々元子
採氷池子等への怒声日へ谺 木村蕪城 寒泉
探梅の谺に応ふ声のあり 米沢吾亦紅 童顔
斧強く打てば谺も寒の冴 橋本榮治 麦生
新涼の谺予期せぬところより 遠藤孝明
日おもてに谺のあそぶ斧始め 木内彰志
日面に谺のあそぶ斧始 木内彰志
春光に人語鳥語の谺かな 梅谷紀子
春嶺となれり万雷の瀧谺 川村紫陽
時無しに竹伐る春の谺かな 青木重行
晩秋の木曾谷汽車の遠谺 福田蓼汀
月一痕仏法僧の遠谺 渡邊千枝子
月落ちて仏法僧の遠谺 高橋克郎「月と雲」
有線のこきりこ青嶺谺せり 三浦妃代 『花野に佇つ』
木の実ふるわが名谺に呼ばすとき 寺山修司 未刊行初期作品
木樵ゐて冬山谺さけびどほし 橋本多佳子
木耳に谺邃くも来つるかな 山口草堂
朴の花谺のごとく咲きふえし 山城英夫
朴一花ひらけり山の谺も稀 太田土男 『西那須野』
朴咲くや谺のごとく雲殖えて 福永耕二
杉菜の雨土足の谺渡殿に 下村槐太 天涯
杭打つて 一存在の谺呼ぶ 伊丹三樹彦
松籟も寒の谺も返し来よ 小林康治 四季貧窮
松風の谺返しや夕桜 小林康治 四季貧窮
枝打ちの谺小さく日の澄めり 松村蒼石 露
枝打ちの谺返しに始まりぬ 石田郷子
枝打ちの音谺して底冷えす 柴田白葉女 花寂び 以後
枯山の短き谺かへしけり 星野麦丘人
枯山の谺となれば寧からむ 藤田湘子 てんてん
梟の谺のこもる月の杜 つじ加代子
棟上げの相打つ谺山笑ふ 菅沼義忠 『早苗饗』
棺を打つ谺はえごの花降らす 結城昌治(1927-1996)
椿寿忌や山に谺す大木魚 河野静雲
樹々ら/いま/切株となる/谺かな 高柳重信
歩みゐて谺に呼ばる西行忌 伊藤京子
死して/無二の/谺が/のぼる/寝釈迦山脈 高原耕治
残雪や谺鳴きして山の禽 小林康治 玄霜
水取や五體投地の堂谺 松瀬青々
水涸れて谺は渓を出づるなし 安立公彦
水谺深き夜明けの初音売 臼田亜浪
氷伐る谺もきこゆ朝かな 安藤橡面坊
氷瀑の砕けて谺裏妙義 永田しげ
汽車たつや四方の雪解に谺して 前田普羅 飛騨紬
流氷の谺をかへすモヨロ塚 橋本和男
浄智寺の屋根替衆に鵯谺 肥田埜勝美
浦島草過ぎるは人の谺かな 保坂リエ(くるみ)
海へ出て寒の谺となりにけり 小林康治 玄霜
深田鋤く谺しぶきに身をゆだね 松村蒼石 春霰
湖二つ郭公谺し合ふ距離に 川村紫陽
湯もみ唄谺す山の芒かな 中島月笠 月笠句集
湾内に花火の谺あまた度 西村和子 夏帽子
滝落ちて谺を天へ返しけり 小山曲江 『余韻』
滝谺水の匂ひを失くしたり 阿部俳声
漕ぎ揃ふ声の谺の船起 出口孤城
濤摶ち合ふ谺はけふも青岬 豊長みのる
濤谺のぼるを追へり秋燕 橋本鶏二
濤谺天をもどらず銀河澄む 橋本鶏二
瀧壺へ根こそぎの水枯谺 宮坂静生 山開
炎天に谺す深井汲みにけり 松井葵紅
炎天や鳶交る声谺して 佐野青陽人 天の川
炎天下嶺々の谺もなかりけり 行方克己 知音
照紅葉谷に谺の美辞麗句 高橋綾子
熊撃たる谺一つで終りけり 伊藤しげじ
熊野なる瀧谺なす月今宵 黒田杏子 花下草上
熊野路へ谺波打つ威銃 大澤柿村
父の日の谺となりて槌の音 前原蟻子
牧びらき牛の谺のために嶺 太田土男
獺が又森谺さす夜振月 乙字俳句集 大須賀乙字
玄関へ奥の鶯の谺かな 西山泊雲 泊雲句集
瑠璃沼の暁け谺して黒鶫 伊藤いと子
生凍豆腐叩く谺や寒未明 小佐田哲男
甦る滝の谺や梅散れり 小林康治 『潺湲集』
田鶴群の啼けば谺は天のもの 野見山ひふみ
畦叩き塗りて母校に谺さす 太田土男
白山は谺かへさず蕗のたう 奥坂まや
白木蓮鉈の一打がうむ谺 福永耕二
白鳥の立上りたる水谺 綾部仁喜 寒木
眠る山呼べば谺を返し来る 片山喜世
石一つ抛げし谺や山桜 西山泊雲 泊雲句集
石伐りのたがね谺す夏の海 前田普羅 能登蒼し
石叩き谷間に小さき谺なす 米久保進子
石抛れば汐に谺や夜光虫 富田潮児
石段に下駄の谺や山椿 池内たけし
神さびの町谺なし春の雪 波多江たみ江
神杉に谺し雪のびんざさら 伊藤いと子
祭の子谺遊びの町内湯 高澤良一 鳩信
禅林やその裏山の鵯谺 石塚友二
秋の谷とうんと銃(つつ)の谺かな 阿波野青畝(1899-1992)
秋晴や薬草講義谺呼び 和田ゑい子
稲架を解く音の谺の山日和 山田弘子 初期作品
空いろのふとん叩けば谷谺 小西ありそ
空蝉の谺とならず谿昏れる 山田晴彦
空谿の何の谺ぞ鴨かへる 藤田湘子
立山の卯月の谺返しくる 萩原麦草 麦嵐
竜泉洞夏玲瓏と谺寒む 沢田草光
竹を伐る音谺せり翁みち 中島小美
竹伐りの一徹山に谺せり 谷口いつ子
竹取の冬の谺に入りゆけり 宮坂静生 山開
絶壁にて怒濤と春雷谺わかつ 加藤知世子 花寂び
綿虫消え峡を満たせる水谺 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
老鴬に九十九谷の青谺 伊丹さち子
老鴬の谺にふふむ雨の色 古市絵未
老鴬の鍛へしこゑの谺せり 武井与始子
老鴬や律儀に谺返す谷 吉田青湖
聖鐘の谺と来たり初つばめ 西村博子
船の銅羅かの雪嶺に谺せる 福田蓼汀 山火
船笛に遅るる谺氷河より 品川鈴子
色鳥や谺をつくる山のこゑ 雨宮抱星
花に打てばまた斧にかへる谺かな 飯田蛇笏 霊芝
花の峡シグナル谺して下りぬ 宮武寒々 朱卓
花火あがる母ゐる天に谺して 大西一冬
花火音立て込む家に谺して 高澤良一 宿好
若葉滝まだ谺ともなりきれず 大高松竹
草の絮父の谺のなき山河 森田鵜柳
草焼いて谺とあそぶ山童 伊藤凍魚
荒滝の段なし谺打ち込めり 山口草堂
落栗やなにかと言へばすぐ谺 芝不器男(1903-30)
落石のとどまらざりし霧谺 青畝
落石の月に響きし谺かも 小林碧郎
落石の谺とかへる鵯の声 成智いづみ
落石の谺は渓の早春譜 平田青雲
落粟やなにかと言へばすぐ谺 芝不器男
落葉して人にかかはりなき谺 原裕 青垣
落葉松に春逝く谺ひびきけり 小林吐秋
蒲団叩けば団地に谺開戦日 奈良文夫
薄墨桜ことし谺の棲むことも 諸角せつ子
蚊柱や斧の谺のいつ止みし 雉子郎句集 石島雉子郎
蜩や古鏡に谺あるごとし 加藤知世子 花寂び
行く春の谺をひとつ離れ礁 豊長みのる
裏山に返す谺や山始 堤俳一佳
谷底に簗つくろへる谺かな 黒田櫻の園(馬酔木)
谺 谺 す る ほ が ら か 山頭火
谺こめて五月の一樹雨降れり 松村蒼石
谺して伊那谷深き威し銃 原田さがみ
谺して夜明けの峡の黒鶫 白鳥武子
谺して宙真空の秋の井戸 河野多希女 こころの鷹
谺して山ほとゝぎすほしいまゝ 杉田久女
谺して山川草木神楽の季 大久保たけし
谺して春霜木々へ還りゆく 藤田湘子
谺して男一人の斧始 川村紫陽
谺して谷の底まで梅日和 森藤千鶴
谺して雉子のふた声後啼かず 福田蓼汀
谺して雪崩のけむりあがりをり 石原八束 『雁の目隠し』
谺して雪嶺牧の子の相手 太田土男 『西那須野』
谺して鶴帰る日の山河澄む 林十九楼
谺する渡良瀬の言霊正造忌 佐江衆一
谺せずビル高階のつくり滝 船坂ちか子
谺たつる鈴鴨の音や水明り 高田蝶衣
谺とは思へぬひびき威し銃 片山由美子 天弓
谺めく津軽ことばや薄暑光 新谷ひろし
谺も不在雪渓垂らし針の木小屋 宮津昭彦
谺も豆か膝に落ちつく山の国 奥山甲子男
谺呼ぶにつれなくて昼蛙鳴く 松村蒼石
谺生み谺をつれてスケーター 町田しげき
豆たたく鬼歯の谺たのしめり 影島智子
豊年や谺呼びあふ出羽の山 細川加賀 生身魂
赤げらの音の谺に穂高晴れ 宇佐川礼子
赤腹鶫の谺をかへす月山湖 鈴木幹恵
蹴り落す石の谺や谷紅葉 水原秋桜子
身近きは響き野分の遠谺 斎藤空華 空華句集
透きとほる雨後の谺や岩煙草 平子公一
逝く人を呼び谺せり冬木立 赤尾恵以
遅き日や谺聞ゆる京の隅 蕪村
遠谺して木曾谷の修羅落し 加古宗也
還らざる谺もありぬ朴の花 佐藤国夫
郭公の己が谺を呼びにけり 山口草堂
郭公の谺し合へりイエスの前 大野林火
郭公の谺に晴るる阿蘇五岳 甘田正翠「紫木蓮」
郭公や母と谺をへだて住む 今瀬剛一
郭公や谺あそびはわれもせし 中戸川朝人 尋声
野平らに何の谺や花芒 廣江八重櫻
野葡萄の房にとどけり滝谺 五十島典子
鈴虫や甕の谺に鳴き溺れ 林原耒井 蜩
鈴音の谺しみ入る秋遍路 黒木幸子
鉄を打つ谺短かし斑雪山 阪本 晋
鉄砲の谺や山の笑ひ声 山笑う 正岡子規
鉦太鼓谺し三日の山部落 福田蓼汀 秋風挽歌
銃声の谺雪山無一物 長嶺千晶
銃谺寒禽翔つて山緊る 福田蓼汀
錦秋の谺の中に禽死す 榎本虎山
鐘谺宿坊の冷えきたるかな 清水基吉 寒蕭々
長き夜の空に谺し孔雀経 横山白虹
降る雪の/野の/深井戸の/谺かな 重信
陶土打つ杵の谺や谷紅葉 渡部勝雄
隠り滝溢れて谺なかりけり 小林康治 『存念』
雉子笛に霊峰谺かへしけり 小森都之雨
雪山を匍ひまはりゐる谺かな 飯田蛇笏
雪山を匐ひまはりゐる谺かな 飯田蛇笏
雪嶺のどれか谺をかえす発破音 田邊香代子
雪折のとゞまりがたき谺かな 阿波野青畝
雪折竹焚きゐる谷の谺かな 稲荷島人
雪解川滾ちて天に谺なし 前山松花
雷鳥を追ふ谺日の真上より 河東碧梧桐
青啄木鳥の笛の谺や朝雲 木村コウ
青嶺より青き谺の帰り来る 多胡たけ子(山茶花)
青葉木菟遠し二羽とも谺とも 肥田埜勝美
静けさが谺している今朝の植田 明智その
音すべて谺となれり山始 黛執
風谺するカルストの牧閉ざす 三好寿子
首根っこ打てる花火の大谺 高澤良一 素抱
高きより谺をとばす冬の鳥 原裕 青垣
高原の鈴虫星へ谺せる 橋本美代子
鳥威し谺となりし翁みち 遠藤孝作
鳥渡る少年Aは谺なり 青野三重子
鳶の笛谺とならず冬の山 佐藤灯光
鴛鴦こぞり起つ氷上の谺かな 臼田亜浪 旅人
鴬の谺のやうに呼び合へる 加藤ひろみ
鵜つかひの舷叩く谺かな 大谷句佛 我は我
鵯谺初日は千木にのみさしぬ 加倉井秋を
鵯谺稀に馬車行き谷戸の秋 福田蓼汀 山火
鶯の谺す淵を覗きけり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
鶯の谺聴きゐぬ障子内 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
麦秋の石切りをるや沖谺 小林康治 四季貧窮
●エコー 
エコーに写る胎児の欠伸桜咲く 土本美亀
●反響(音) 
金盥落ちし反響花の夜に 野沢節子
壁寒く議長と呼ぶ語反響す 中島斌男
●残響 
五個空洞雷後の大気残響す 斎藤空華 空華句集
残響のごと雲白き桜山 渡邊千枝子
残響の尋ね人欄冬景色 坂間恒子
鍵盤に触れし残響五月闇 徳田千鶴子(馬酔木)
離郷残響霙の尋ね人われは 汎 馨子
●とよもす 
いかづちの戸隠山樹魂とよもせり 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
かの茂る山截ち裂きてとよむ滝 相馬遷子 山國
このあをき夜がはや今年ぞととよむ 上井正司
とよもして海蝕の洞海髪を吐く 山崎冨美子
やまばと の とよもす やど の しづもり に なれは も ゆく か ねむるごとくに 会津八一
一軒に一橋とよむ雪解川 小川原嘘帥
乃木坂をとよもす軍歌憂国忌 池上いさむ
唐辛子乾びてとよむ能登の海 冨樫藤予
夕つかた町とよもして地震過ぎつわれはしろがねの粥食みゐしを 高橋睦郎 飲食
夜は夜の波のとよもす新松子 三田きえ子
家にしも非る家もたまさかを訪ふきみに厨とよもす 高橋睦郎 飲食
寒林をとよもして雉おどろけり 相馬遷子 雪嶺
峯とよむ祭や湖の水なれ棹 嘯山
春嵐鳴りとよもすも病家族 石田波郷
桜*うぐいとよもすものを雲の中 伊藤敬子
樹液鳴りとよむ満開のさくら揺れ 仙田洋子 橋のあなたに
汝を帰す胸に木枯鳴りとよむ 藤沢周平
津和野藩主亀井家の墓所尋め来れば木立とよもす蝉しぐれなる 森伊佐夫
海境のとよもる八雲の忌なりけり 邊見京子
狗ひん翔ぶや雲嶮しく山山とよもしけり 日夏耿之介 婆羅門誹諧
生まれ家の柱のとよむ卯月かな 柿本多映
白山の雪しろ濁りとよむかな 飴山實
私市はきさいちとよむ雨の私市 阿部完市 鶏論
縹渺の頸城・魚沼・蒲原と切なき地名に吹雪とよもす 大滝貞一
蜩のとよもしあへる泊瀬かな 西村和子 かりそめならず
銀漢に鳴りとよもせる那智の滝 鈴木貞雄
銭ほしとよむ人ゆかしとしのくれ 服部嵐雪
雨樋の鳴りとよもせる夏書かな 飴山實「次の花」
雲海のとよむは渦の移るらし 水原秋櫻子
雲海をとよもし航けるエンジン音 高澤良一 素抱
須佐之男の山河とよもす星の恋 永井由紀子
駒鳥の日晴れてとよむ林かな 高桑闌更
鯖食いたしあをあをと夜のとよもせば 上井正司
鳴きとよむ水の暗さの恋河鹿 原裕 青垣
鳴りとよむ火口に霧の巻くしづけさ 山口草堂
●響動む 
左義長の響動めきに酔ふ在の衆 吉井秀風
山川の響動み流るる良夜かな 茨木和生 往馬
しづかなるどよめき中や鶴来る 米田双葉子
その足の絵を踏みたればどよめきぬ 夏井いつき
どよむ瀬の上ヮ響きして河鹿かな 楠目橙黄子 橙圃
どよめきから部隊をもつて行くレールの鐵錆も五月 橋本夢道
どよめきて花火の闇を傾がせる 加藤 耕子
どよめきに馬のたじろぐ多度祭 林 圭子
どよめきのいづくともなく鉾祭 桂信子 「草影」以後
どよめきの繰込む会陽仁王門 細川子生
ほとゝぎす日もすがら啼きどよもせり 高浜虚子
万歳の間に玄界のどよもしぬ 野中亮介
信玄忌太鼓どよもす花の寺 岡村 實
初富士を得しどよめきの食堂車 浅野右橘
初日のつと萬歳の聲どよみけり 初日 正岡子規
前山の吹きどよみゐる霞かな 芝不器男
吹きどよむ風もをさまり彼岸過ぐ 加藤三七子
夕月にどよむ汐干の帰帆かな 尾崎紅葉
夢の淵どよもしゐたる梅雨出水 藤本安騎生「夢の淵」
大庭をどよもす風や駒迎 露月句集 石井露月
大熊手売れしどよめきおこりけり 成瀬正とし 星月夜
太陽の銀盤が 窓にかゝつて 蚤の市のどよめき 吉岡禅寺洞
尾根雪崩れ鳴りどよみひんひんと餘韻消ゆ 京極杞陽
山出しにどよもす木遣おんばしら 石鍋みさ代
山川のどよみまさりて雪解かな 楠目橙黄子 橙圃
岩煙草どよもす滝に揺れやまず 河本好恵
岩窟にどよもす浪に初明り 福田蓼汀
拝観の御苑雉子啼きどよもせり 高浜虚子
摘草に夕どよもすや町の空 青峰集 島田青峰
樹々の風谷どよもすやぬくめ鳥 松根東洋城
物言ひに杜どよめきて草相撲 平尾圭太
白牡丹ちまたのどよみ遠巻きに 鍵和田[ゆう]子 未来図
磯焚火潮音どよむ松林 皆川盤水
福引の笑ひどよめく隣哉 福引 正岡子規
福杖を打つて金堂どよもせり 中戸川朝人 星辰
竹の精どよめき匂ふ雨五月(飯能・竹寺) 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
竿灯のどよめきを抜け母見舞う 加藤安子
草木の光どよもすイースター 水田むつみ
虹消えし空のどよめき破船群 今瀬剛一
軽きどよめき麦藁帽の花火なり 高澤良一 随笑
遠泳の先頭見ゆとどよめきぬ 柳俳維摩
雲にどよむ正午のサイレン朴咲けり 大野林火
音に凝る花火もありてどよもせる 高澤良一 さざなみやつこ
餅投げのどよめく声や山笑う 足立克子
鰆網しぼりどよめく船に蝶 水野淡生
鰯がしけの町のどよもす濤音 梅林句屑 喜谷六花
鵜飼どよみ掌中軽き一句帖 北野民夫
黒潮のどよもしてゐる蕗の薹 高木良多
 
以上


by 575fudemakase | 2022-06-25 22:47 | ブログ


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...
My style

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

ねえ、どれが いい? ジョン..
at 2022-08-20 08:14
コートニー ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 07:08
ピクニック ジョン・バーニン..
at 2022-08-20 06:36
ガンピーさんのふなあそび ジ..
at 2022-08-19 17:25
まるのおうさま 谷川俊太郎 ..
at 2022-08-19 16:36
うそ 詩 谷川俊太郎 絵 中..
at 2022-08-19 16:09
もこ もこ たにかわしゅんた..
at 2022-08-19 11:44
おじいちゃん ジョン・バーニ..
at 2022-08-19 11:04
ラチとらいおん マレーク・ベ..
at 2022-08-19 09:35
版画 のはらうた I ..
at 2022-08-19 08:41
んぐまーま 大竹伸朗・絵 谷..
at 2022-08-19 06:42
こんな本出てました。
at 2022-08-18 03:09
棚田を歩けば 文・絵 青柳健..
at 2022-08-16 17:42
版画 のはらうた II ..
at 2022-08-15 16:02
版画 のはらうた V 詩..
at 2022-08-15 15:07
版画 のはらうた III ..
at 2022-08-15 14:22
土竜を含む俳句例
at 2022-08-15 13:14
もぐらはすごい アヤ井アキコ..
at 2022-08-15 12:02
ぼく、だんごむし 得田之久 ..
at 2022-08-15 11:52
電柱 電信柱 の俳句
at 2022-08-15 10:36

外部リンク

記事ランキング