人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「詳細」秋の天文の例句 in 角川俳句大歳事記 秋

「詳細」秋の天文の例句 in 角川俳句大歳事記 秋
「詳細」秋の天文の例句 in 角川俳句大歳事記 秋_b0223579_17501143.jpeg
谿ふかく秋日のあたる家ひとつ

秋晴の口に咥へて釘甘し
秋晴の何処かに杖を忘れけり
秋晴や瀬田の唐橋一文字
秋晴や宙にゑがきて字を教ふ

仏像は金の冷たさ秋日和
畳屋の肘が働く秋日和
歩くこと蝶にもありて秋日和

息吹いて金箔のばす菊日和

秋旱軍鶏の砂浴びきりもなし

ひとめぐりして秋色をいふばかり

頷きて厚き書閉づる秋の声
大伽藍草と化したる秋のこゑ
秋声を聴けり古曲に似たりけり

にょっぽりと秋の空なる不尽の山
上行くと下くる雲や秋の天
空箱のきれいに燃えて秋の空

天高し雲行くままに我も行く
長城は臥竜のすがた天高し
痩馬のあはれ機嫌や秋高し
鳶の輪に斬り込む烏秋高し

秋の雲立志伝みな家を捨つ
噴煙はゆるく秋雲すみやかに

鰯雲立塞ぎけんふねの道
いわし雲大いなる瀬をさかのぼる
鰯雲個々一切事地上にあり
鰯雲人に告ぐべきことならず
鰯雲鰯いよいよ旬に入る
いわし雲人は働き人は病む
あれこれと死後も難儀や鰯雲
鰯雲日かげは水の音迅く
いわし雲空港百の硝子照り
鰯雲夜もひろがる出雲崎

われをつれて我影帰る月夜かな
月さびよ明智が妻の咄しせん
声かれて猿の歯白し峰の月
月天心貧しき町を通りけり
傘も化けて目のある月夜かな
月に栖む嫦娥にものを言はんかな
ふるさとの月の港を過るのみ
月の山大国主命かな
父がつけしわが名立子や月を仰ぐ
灯を消すやこころ崖なす月の前
蔓草の伸び放題の月夜かな
風立ちて月光の坂ひらひらす
やはらかき身を月光の中に容れ
月光の象番にならぬかといふ
千万年のちを思へばただ月光
徐々に徐々に月下の俘虜として進む

盆の月ねたかと門をたゝきけり
盆の月山に近くて山てらす

三日月がめそめそといる米の飯

待宵や女主に女客

名月や池をめぐりて夜もすがら
三井寺の門たたかばやけふの月
名月をとってくれろと泣く子かな
名月や草木に劣る人のかげ
名月や門の欅も武蔵ぶり
一燈を消し名月に対しけり
名月やはばたくものを籠の中

筆硯に多少のちりも良夜かな
ひとそれぞれ書を読んでゐる良夜かな
織るまへの糸のしめりも良夜かな
生涯にかゝる良夜の幾度か
我庭の良夜の薄湧く如し
鰹木のふとぶととある良夜かな

いくたびも無月の庭に出でにけり
いつしかに無月の庭に妻も居る
草踏んで獣通りし無月かな
而して酌みはじめたる無月かな

雨の月どこともなしの薄明り
五六本雨月の傘の用意あり
うなぎ笊ころがしてある雨月

十六夜やちひさくなりし琴の爪
十六夜や品川に海ありしころ

わが影の築地にひたと居待月
脇息のありて即ち居待月

寝待月墓をであるくもの在らむ

更待の月や最終便待てば
更待や繰りて手擦れし七部集

宵闇に神の灯ほのとあるばかり
宵闇や女人高野の草の丈

有明の月に身の修羅語りけり

馬子唄や二十三夜の湯治客

夜ル窃(ひそか)ニ虫は月下の栗を穿ツ
補陀落の海まっくらや後の月
思はざる山より出でし後の月
麻薬うてば十三夜月遁走す
どこまでも豆名月ののぼるなり

秋の星ひとつひとつの遠きかな

星月夜白き市門のあらびあ海
カジノ裏とびきりの星月夜かな

荒海や佐渡によこたふ天河
天の川の下に天智天皇と臣虚子と
妻二タ夜あらず二タ夜の天の川
天の川わたるお多福豆一列
うすうすとしかもさだかに天の川
天の河わらひわかれてふとさびし
戸隠や顔にはりつく天の川
寝袋に顔ひとつづつ天の川
あまのがは くま なく もえて かゝり けり
銀河より聞かむエホバのひとりごと
銀河濃し父となりたるばかりにて
銀漢や史記にて絶えし刺客伝

流星の使ひきれざる空の丈
夜這星座りなほしてまた一つ

碇星そこを通れる雁の声

秋風の吹きわたりけり人の顔
秋風や藪も畠も不破の関
あかあかと日は難面(つれなく)もあきの風
石山の石より白し秋の風
秋風やしらきの弓に弦はらん
十団子も小粒になりぬ秋の風
秋風や息災過ぎて野人なり
秋風にちるや卒塔婆の鉋屑
秋風や黄ばみそめたる鮎の腹
秋風やむしりたがりし赤い花
淋しさに飯をくふなり秋の風
秋風や眼中のもの皆俳句
亡骸や秋風かよふ鼻の穴
秋風や模様のちがふ皿二つ
あきかぜのふきぬけゆくや人の中
秋風や甲羅をあます膳の蟹
秋風や殺すにたらぬ人ひとり
秋風や親疎別ある両隣
秋風や水より淡き魚のひれ
秋風に曲げて髪結ふ肘二つ
ひとり膝を抱けば秋風また秋風
秋風やかかと大きく戦後の主婦
吹きおこる秋風鶴をあゆましむ
秋風の持ち上げてゐる蟻の足
旅客機閉ざす秋風のアラブ服が最後
秋風や芯まで乾く簑と笠
秋風や柱拭くとき柱見て
秋風や水のおもてに鯉の口
遠くまで行く秋風とすこし行く
あきかぜにいちいちうごくこころかな
秋風や射的屋で撃つキューピッド
秋風の馬上つかまるところなし
蚊帳出づる地獄の顔に秋の風
でで虫が桑で吹かるる秋の風
阿蘇山頂がらんどうなり秋の風
病めばすぐ人の寄りくる秋の風
もういちど吹いてたしかに秋の風
肘あげて能面つけぬ秋の風
秋風が芯まで染みぬ帰ろうか
鳥籠にぶらんこ一つ秋の風

籠らばや色なき風の音聞きて
解脱門色なき風とくぐりけり
金印の島の素風をはだへにす

空を飛ぶ鴉いびつや初嵐
ひるがへり雀白しや初あらし
なんの湯か沸かして忘れ初嵐
みどりまだ残る箒や初嵐

芭蕉野分して盥に雨を聞夜かな
吹飛ばす石はあさまの野分かな
一番に案山子をこかす野分かな
鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分かな
大いなるものが過ぎ行く野分かな
白墨の手を洗ひをる野分かな
死ねば野分生きてゐしかば争へり
長靴に腰埋め野分の老教師
撫で殺す何をはじめの野分かな
ソース壜汚れて立てる野分かな
足指をひらきて洗ふ野分かな
漆黒の天に星散る野分かな
濁流を一本とほす野分晴

台風が毛虫を家に投げ込みぬ
台風のなか夫も子もよく眠る
台風の潮位の無線刻々と
颱風の白浪近く箸をとる
台風圏叩いて枕ととのふる
巣箱もろともの倒木台風過
台風裡騒ぐ男に寝る女

高西風や飯屋の裏の綱干道

蜑小屋の屋根に石置く鮭颪

草木より人翻る雁渡し
こんな小さな位牌になって雁渡し
へつつひの火のたらたらと雁渡し

青北風が吹いて艶増す五島牛

青空のままの一日芋嵐
童顔の教師なりけり黍嵐

蘆も鳴らぬ潟一面の秋ぐもり
天井に届く本棚秋曇

ひとりごと言うては答ふ秋湿り

秋雨や旅に行きあふ芝居もの
秋の雨しづかに午前をはりけり
石庭の石がまづ濡れ秋の雨
振り消してマッチの匂ふ秋の雨
秋雨の瓦斯が飛びつく燐寸かな
秋雨は無声映画のやうに降る
泥連れの水おそろしや秋ついり
秋霖ににじんできたる薄日かな

五合目の燈の消え御山洗かな
御山洗あがり靄立つ樹海かな
降り止まぬ御山洗となりにけり

秋しぐれ塀をぬらしてやみにけり
川音は粗に秋しぐれ密に過ぐ

秋雷や旧会津領山ばかり

いなづまやきのふは東けふは西
稲づまや浪もてゆへる秋つしま
稲妻に近くて眠り安からず
懐かしき遠稲妻や膝の上
稲妻のぬばたまの闇独り棲む
稲妻のゆたかなる夜も寝べきころ
稲妻のほしいまゝなり明日あるなり
いなびかり北よりすれば北を見る
海道を好みて走るいなびかり
みちのくにさらに奥ありいなびかり
いなびかり玄海灘を横ざまに

みなくぐるうゐのおくやま秋の虹
秋の虹手を振ればはや消えており

渤海の秋夕焼やすぐをはる

秋がすみこたびは越ゆる芋峠

霧しぐれ富士をみぬ日ぞ面白き
有明や浅間の霧が膳をはふ
白樺を幽かに霧のゆく音か
霧はれて湖におどろく寒さかな
さやうなら霧の彼方も深き霧
ランプ売るひとつランプを霧にともし
噴火口近くて霧が霧雨が
ここは信濃唇(くち)もて霧の灯を数ふ
霧吹けり朝のミルクを飲みむせぶ
霧の村石を投(ほう)らば父母散らん
一切があるなり霧に距てられ
霧の道わづかにくだりつづけたり
「英霊」なぜ十五歳いまも霧
街燈は夜霧にぬれるためにある
霧襖ふり返りても霧襖
人ごゑのいきなり近し霧ぶすま
還らざるものを霧笛の呼ぶ如し

しら露や無分別なるおき所
露の世は露の世ながらさりながら
蔓踏んで一山の露動きけり
金剛の露ひとつぶや石の上
露の虫大いなるものをまりけり
落ちかゝる葉先の露の大いさよ
暁紅に露の藁屋根合掌す
露の夜は山が隣家のごとくあり
白露や死んでゆく日も帯締めて
芋の露連山影を正うす
露けさの弥撒のをはりはひざまづく
くわんおんのながきおんてのつゆけさや
露けさやこどもの声に目が覚めて

東雲や八十坊の露しぐれ

露寒や乳房ぽちりと犬の胸

露霜や竹伐りたふす竹の中

釣瓶落しといへど光芒しづかなり
淡路文楽一幕釣瓶落しかな
鹿ヶ谷まで来しつるべ落しかな

以上

作者名を知りたければ原典を参照されたし
因みに
「新版 角川俳句大歳事記 秋」角川書店 2022・8・31 初版

by 575fudemakase | 2023-04-06 05:09 | ブログ | Trackback


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2024年 06月
2024年 05月
2024年 04月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...
魚屋三代目日記
My style

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

嘱目 うんちせいしょ...
at 2024-06-17 23:20
嘱目 49お世話にな...
at 2024-06-15 14:39
嘱目 48副作用抑へ...
at 2024-06-15 14:34
嘱目 47牛乳飲んで...
at 2024-06-15 14:31
嘱目 46ふくじん漬...
at 2024-06-15 14:28
嘱目 45はつ夏のき...
at 2024-06-15 14:26
嘱目 44平飼いの鶏...
at 2024-06-15 14:22
嘱目 43花火パの横...
at 2024-06-15 14:18
嘱目 42心臓の医師...
at 2024-06-15 12:52
嘱目41涼気すとトイ...
at 2024-06-15 12:49
嘱目 40我家の或る...
at 2024-06-15 12:45
嘱目 39箱根畑宿の...
at 2024-06-15 12:40
嘱目 38枝垂れ万本...
at 2024-06-15 12:29
嘱目37啓翁桜草月流...
at 2024-06-15 12:26
嘱目 36関山てふ桜...
at 2024-06-15 12:22
嘱目 35扇絵の見返...
at 2024-06-15 12:21
嘱目 34駿河台匂と...
at 2024-06-15 12:18
嘱目33熱海駅裏山沿...
at 2024-06-15 12:14
嘱目32利休梅意外に...
at 2024-06-15 12:12
嘱目31ドンプスと息...
at 2024-06-15 07:57

外部リンク

記事ランキング