2018年 02月 15日 ( 11 )

冬満月 の俳句

冬満月 の俳句

冬満月

おづおづと冬満月へ手を伸ぶる 川崎展宏
その昔海といふ町寒満月 若杉由紀子
たか~と冬満月や深大寺 角川春樹
はらからと冬満月と星一つ 阿部みどり女
ポスト迄寒の満月上るころ 鳥居曼珠子
逢ひたくて冬満月を仰ぐなり 浜田いさ子
伊那谷の冬満月の白さかな 佐川広治
移りけり冬の満月高みへと 川崎展宏
遺されて灯を惜しみなく冬満月 長谷川久々子
嬰のまはりはことばの華よ冬満月 熊谷愛子
寒満月こぶしをひらく赤ん坊 三橋鷹女
寒満月どかと下卑たる笑ひかな 仙田洋子
寒満月伊豆の旅の子もう寝しや 岩崎敏子
寒満月急に遠吠えしたくなる 大坪和子
寒満月兄弟姉妹ひとりづつ 黒田杏子 花下草上
寒満月山脈低み宙に浮く 相馬遷子 雪嶺
寒満月生き身の翳を深めをり 松本澄江
寒満月天竜荒瀬きらめくも 平澤 徹
寒満月湯小屋の棟に鹿の角 福田蓼汀 秋風挽歌
寒満月白銀の笹そよぎ鳴り 福田蓼汀 秋風挽歌
寒満月本ま顔して嘘を言ひ 影島智子
寒満月無一物のわれ歩ましむ 小橋啓生
寒満月遊行上人遊行の眼 黒田杏子 花下草上
迎え出れば冬満月の登り来る 正木祐子
桜桃子忌寒満月を仰ぎけり 鈴木鳳来
山風の旅信ひらりと寒満月 野沢節子
神戸が燃える冬の満月をかくし 野田田美子
清流に寒満月のゆるぎなし 松村多美
生きてありと言の重さよ冬満月 杉本寛
胎児への道はひとすぢ冬満月 杉本雷造
丹波より山芋届く冬満月 鈴木鷹夫 春の門
冬満月 やっと眠らす眼鏡拭く 三田村弘子
冬満月あとさきに影入れかはり 南 典二
冬満月こころ叫びてゐたる日の 野澤節子
冬満月ご赦免の日の近きかな 角川源義
冬満月われの匂ひの中にねむる 寺田京子
冬満月囲ひし芋の寝息きく 高野喜八郎
冬満月家鴨いつまで夜を更す 樋笠文
冬満月願かけ不動に人の影 金堂豊子
冬満月仰げば哀れまるるごとし 寺田京子 日の鷹
冬満月古りし巷をくらくせり 有働亨 汐路
冬満月今なら姥捨山に行ける 小長井和子
冬満月佐渡より寄する波がしら 文挟夫佐恵
冬満月山の容をのぼりくる 桑原三郎
冬満月島の守りうた石切り唄 友岡子郷 遠方
冬満月百の金魚田こゑもたず 原 好郎
冬満月歩幅ひろげてゆく一人 幡野千恵子
冬満月柳をそれしところかな 阿部みどり女
白がねの寒満月の面てかな 粟津松彩子
薄給や冬の満月位置ひくく 菖蒲あや
飛火野の冬満月や良弁忌 青木和枝
野に老いて冬満月を食ひ減らす 佐藤鬼房
裏庭へ廻りてをりし寒満月 黒米満男
立ちしものに光りを注ぎ冬満月 碇 英一
連なりし屋根越えてくる寒満月 箱嶋幸子
和三盆冬満月でありしかな 早乙女 健
湾照らす冬満月や阪神忌 塗木翠雲
呵々と笑ひたるは欅か寒満月 橋本榮治 麦生
藺を植ゑて冬満月を水びたし 木村風師

冬満月 補遺

寒満月こぶしをひらく赤ん坊 三橋鷹女
寒満月山脈低み宙に浮く 相馬遷子 雪嶺
寒満月中天にあり忘れゐし 岸田稚魚 紅葉山
寒満月沈みたる日に照らされて 三橋敏雄
寒満月湯小屋の棟に鹿の角 福田蓼汀 秋風挽歌
寒満月白銀の笹そよぎ鳴り 福田蓼汀 秋風挽歌
絹を着てこもる一ト日の冬満月 野澤節子 八朶集以後
艮(うしとら)に冬満月の浮かび出づ 佐藤鬼房
焦土より水ほとばしり冬満月 加藤秋邨
船窓に冬の満月落ちもせず 金子兜太
地震國日本お粗末寒満月 三橋敏雄
冬満月この夜幾人汚れけむ 加藤秋邨
冬満月ご赦免の日の近きかな 角川源義
冬満月われをうかがふ目を感ず 加藤秋邨
冬満月何かが誘ひふと多弁 加藤秋邨
冬満月三鬼に髭のありしなり 佐藤鬼房
冬満月蝕のきざしか黄金いろ 角川源義
波郷死後冬の満月昏かりき 村山故郷
父母未生以前とは祖国寒満月 中村草田男
満齢喜寿冬満月の空邃し 松崎鉄之介
野に老いて冬満月を食ひ減らす 佐藤鬼房

以上

by 575fudemakase | 2018-02-15 06:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬三日月 の俳句

冬三日月 の俳句

冬三日月

こけしの眉冬三日月をともなひし 河野多希女
これやこの冬三日月の鋭きひかり 久保田万太郎
ひとごとのやうにみごもり冬三日月 仙田洋子
一点の刃こぼれもなし寒三日月 塚腰杜尚
駅からは冬三日月の明りかな 高橋和子
煙突と冬三日月と相寄りし 岸風三楼
煙突と冬三日月の相寄りし 岸 風三楼
横顔に寒三日月の刃をあてる 廣嶋美恵子
何祈らむ冬三日月を額に享け 横山房子
海が墓冬三日月の指すあたり 北見さとる
葛飾の冬の三日月通ひ妻 星野石雀
寒三日月うすうすまろし父を恋ふ 堀口星眠 営巣期
寒三日月言葉ひとつに身を削り 嶋田麻紀
寒三日月妻にて影のちひさしや 清水基吉 寒蕭々
寒三日月凄しといひて窓を閉づ 藤田烏兎
寒三日月錨は砂に埋もれて 新山恵美子
寒三日月不敵な翳を抱きすすむ 野沢節子
寒三日月目もて一抉りして見捨てつ 篠原 梵
疑ふ目冬三日月を見るときも 加倉井秋を 『午後の窓』
顕微鏡見し眼に冬の三日月を 山口青邨
妻遅し冬の三日月玻璃の隅に 加畑吉男
三日月の光る鼻梁の凍りけり 野澤節子 黄 瀬
山の端に冬三日月の金沈む 阿部みどり女
人死んで冬三日月の反り加減 松本弘子
水煙の飛天冬三日月に失せ 阿波野青畝
鯛焼を手にささげ持ち冬三日月 長谷川かな女 牡 丹
地辷り止まず冬三日月を拝めども 西本一都
天竺へ冬三日月をとりにゆく 高桑弘夫
冬三日月ひたと機窓に深空航く 富安風生
冬三日月わが形相の今いかに 鳴戸奈菜
冬三日月羽毛の如く粧ひ出づ 原コウ子
冬三日月屋台車に石噛ます 黒沢一太
冬三日月家の中まで水通る 鈴木晴耕子
冬三日月絵本を買つて帰ろかな 本庄登志彦
冬三日月祈りて叶ふことならず 福田蓼汀 秋風挽歌
冬三日月見てゐて匙を落しけり 加倉井秋を
冬三日月更に呑むため別れゆく 寺井谷子
冬三日月高野の杉に見失ふ 桑島啓司
冬三日月男宮詣での篠島衆 高澤良一 鳩信
冬三日月浮く丘のそら縹いろ 柴田白葉女 『月の笛』
反射炉へ冬三日月のかかりけり 阪本孝子
飛ぶ雲の寒三日月にかゝりたる 森 みち子
夫へ朝刊冬三日月をはさみました 金子弘子
抱く輪に金砂ちりばめ寒三日月 相馬遷子 雪嶺
夢にあればわれも幼な子冬三日月 山田諒子

冬三日月 補遺

闇市の冬三日月にあひにけり 加藤秋邨
右眼に見えぬ冬三日月が左眼に双つ 安住敦
寒三日月不敵な翳を抱きすすむ 野澤節子 未明音
寒三日月目もて一抉りして見捨てつ 篠原梵 年々去来の花 皿
気が触れる冬三日月を引き寄せて 佐藤鬼房
君ら去る冬三日月とわれを残し 佐藤鬼房
顕微鏡見し眼に冬の三日月を 山口青邨
砂踏むや蹠崩るる寒三日月 加藤秋邨
三日月の光る鼻梁の凍りけり 野澤節子 未明音
水煙の飛天冬三日月に失せ 阿波野青畝
睡重りを横泡き急ぐ冬三日月 中村草田男
繊しとも細き寒三日月なりけり 安住敦
太刀魚の刃に冬三日月の微光憑く 富安風生
弾痕と聖堂と冬三日月と 野見山朱鳥 運命
冬三日月ひたと機窓に深空航く 富安風生
冬三日月わが顔面の目鼻なし 橋閒石 朱明
冬三日月祈りて叶ふことならず 福田蓼汀 秋風挽歌
熱なければ冬三日月を妻と見る 大野林火 冬青集 雨夜抄
病める眼に冬三日月は嗚呼見えぬ 安住敦
抱く輪に金砂ちりばめ寒三日月 相馬遷子 雪嶺
旅の身に島の夜早し冬三日月 村山故郷

以上

by 575fudemakase | 2018-02-15 06:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

凍月 の俳句

凍月 の俳句

凍月

ガーデンブリツジ魔都に凍れる月ふたつ 吉原文音
ぶら下るごと月かかり道凍てぬ 星野立子
ぶら下るごと月かゝり道凍てぬ 星野立子
ぶら下るごと月かかり道凍てぬ 立子
まろみなほ朝月凍ててそも偸安 香西照雄 対話
ゆく馬の背に月凍る年の暮 金尾梅の門 古志の歌
よべの凍ミ月にのこれり白磧 中戸川朝人
悔のごと繊月凍ててかかりけり 斎藤 道子
垣なして月明の鶴凍つるなり 原 裕
寒天を凍らすけふの月のぼる 大橋桜坡子
機鑵車の蒸気が凍てる月明り 飯田蛇笏 雪峡
空ふかく凍星月を待ちにけり 松村蒼石 寒鶯抄
月に吊り日に外しけり凍豆腐 高浜虚子
月の光穂高に堰かれ凍りたり 岡田貞峰
月塊の己が光に浸り凍つ 福田蓼汀
月徐々に射す凍滝の苦悶相 林 翔
月凍つる群青の村その下に 岡田順子
月凍てて千曲犀川あふところ 福田蓼汀 山火
月明し凍蝶翅を立て直す 橋本多佳子
出し月ののぼりかねゐる城の凍 宮武寒々 朱卓
神死ぬや凍れる月に吠ゆる犬 濱田小十郎
水煙の飛天の楽も凍る月 長谷川史郊
杉山に月のぼるなり凍豆腐 岡井省二
浅間立ち月天四方に凍りけり 水原秋櫻子
走り根の月ある方へ凍りけり 櫛原希伊子
大空に月ぶら下り雲凍てぬ 浩山人
滝音を蔵し凍てゆく月の巌 鷲谷七菜子 雨 月
地表出る凍月おとを喪へり 飯田蛇笏 雪峡
天山は月を忘れて四方の凍 青笳
田の畦の凍豆腐に月させり 加藤楸邨
冬の月母と子の距離凍てついて 河野静雲
凍れかし鋭さあまる月の湖 西岡正保
凍空に陰なす魄をかき抱くかぼそき月よ妹ぞこほしき 吉野秀雄
凍月のとどまるとなく薄光す 飯田蛇笏 椿花集
凍月の指にはりつくやじろべえ 二村典子
凍月の森黝々と呑みし闇 白石かずこ
凍滝と奥嶺の月と照らし合ふ 能村登四郎
凍瀧が落ちて来さうな月の町 今瀬剛一
凍蝶のそのまま月の夜となりし 深見けん二
凍蝶の夢をうかがふ二日月 摂津よしこ
凍蝶や月天涯を照らしつつ 河原枇杷男
凍蝶を摧(くだ)かむばかり月射せり 奥坂まや
凍蝶を摧かむばかり月射せり 奥坂まや
凍天に星を鏤め月を彫り 福田蓼汀 秋風挽歌
凍豆腐月の猪垣遠巻きに 大竹きみ江
凍豆腐月は諏訪湖に傾ける 金子雅博
凍豆腐今宵は月に雲多し 松藤夏山
凍豆腐千早の月にさらしけり 山下秀子
湯の注ぐところ凍らず月映り 福田蓼汀 秋風挽歌
恋の血の高鳴つていま月凍る 仙田洋子 橋のあなたに
鶯の凍へ死ぬらん冬の月 冬の月 正岡子規

凍月 補遺

ぶら下るごと月かゝり道凍てぬ 星野立子
まろみなほ朝月凍ててそも偸安 香西照雄
闇凍てて孤高の月となりにけり 稲畑汀子
一滴も余さず凍つる月の滝 能村登四郎
機鑵車の蒸気が凍てる月明り 飯田蛇笏 雪峡
空ふかく凍星月を待ちにけり 松村蒼石 寒鶯抄
月させば凍らむ合掌菩薩の手 能村登四郎
月の出の湿地の凍てを家郷とも 佐藤鬼房
月射して凍滝さらに凍つる刻 能村登四郎
月徐々に射す凍滝の苦悶相 林翔
月凍つか地球の影の掩ふとき 渡邊白泉
月凍てて千曲犀川あふところ 福田蓼汀 山火
月凍り熊星北を晦くせる 山口誓子
月凍り星をして星たらしむる 山口誓子
月明き夜は恍惚と墓凍つる 鷲谷七菜子 銃身
月明し凍蝶翅を立て直す 橋本多佳子
月落ちむ凍河はかくも汚れたる 高屋窓秋
杉の穂に凍るともなく二十日月 佐藤鬼房
浅間立ち月天四方に凍りけり 水原秋櫻子 殉教
滝音を蔵し凍てゆく月の巌 鷲谷七菜子 銃身
地表出る凍月おとを喪へり 飯田蛇笏 雪峡
田の畦の凍豆腐に月させり 加藤秋邨
凍靴と犬と月さす露路更けぬ 加藤秋邨
凍月のとどまるとなく薄光す 飯田蛇笏
凍星の月のはなれて光るかな 鈴木真砂女 卯浪
凍雪の籬に月の嵐かな 飯田蛇笏 白嶽
凍滝と奥嶺の月と照し合ふ 能村登四郎
凍滝に月の光のいま及ぶ 山口青邨
凍蝶のそのまま月の夜となりし 深見けん二
凍蝶の寝息誘へる月明り 飯田龍太
凍天に星を鏤め月を彫り 福田蓼汀 秋風挽歌
湯の注ぐところ凍らず月映り 福田蓼汀 秋風挽歌
鶯の凍へ死ぬらん冬の月 正岡子規 冬の月

以上

by 575fudemakase | 2018-02-15 06:04 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

大阪 の俳句

大阪 の俳句

大阪

「食ひ倒れ」てふ大阪の重詰は 河本 和
うごく大阪うごく大阪文化の日 阿波野青畝
うろこ雲大阪生れ奈良育ち 津田清子 二人称
かはほりや大阪にあるよきゆふべ 遠藤梧逸
これからが大阪の夜釣荵 西野郁子
しやぼん玉大阪に市が幾つある 藤田湘子 てんてん
たんぽぽや河は流れて大阪へ 長谷川櫂 虚空
てつちりやけふまぎれをり大阪に 森澄雄
ながらえては大阪の水濁るばかり 田仲了司
逢いたかつたと思う大阪から帰り妻の目も膝も六月夕べ 橋本夢道 無禮なる妻抄
異母妹の大阪跳びを盗みけり 仁平勝 東京物語
稲妻に覆われしこの大阪良き 渋谷道
鰯雲大阪おほふ日ありけり 茂里正治
炎天を来て大阪に紛れ込む 右城暮石
燕一閃大阪は橋多きかな 田中英子
牡丹雪大阪で死ぬ人いくにん 坪内稔典
牡蠣船に居て大阪に来てゐたり 池内たけし
牡蠣船に大阪一の艶話かな 河東碧梧桐
牡蠣船のこと大阪の頃のこと 阿陪青人
夏帽の大阪訛りより買ふ絵 鈴木しづ子
寡婦に馴れ大阪に馴れ寒夕焼 久松久子
火事ひとつあり大阪の仏生会 辻田克巳
海の上まで大阪の花曇 辻田克巳
海の日の大阪にゐる相撲取 中村房枝
蛙に目貸してゐる間に大阪に 細川加賀 『玉虫』
汗かきて大阪の母甘酸つぱ 平畑静塔「旅鶴」
汗ばかりかきて大阪より戻る 辻田克巳
顔見世や大阪に来て眼千両 吉田笠雨
喜雨を待つ水の近江も大阪も 三谷蘭の秋
帰るべき大阪はあり水の秋 長谷川櫂 蓬莱
詰りたる年大阪に見て帰る 小川匠太郎
京にこころを大阪に身を花くもり 城太郎
京の夢大阪の夢目刺焼く 長谷川かな女 花 季
橋親し大阪親し蚊食鳥 溝口杢生
銀杏黄葉大阪馴染なく歩む 宮本幸二
月の道大大阪のうちとかや 五十嵐播水 播水句集
月へ離陸 大阪の人を愛すなり 松本恭子
枯芦に大阪沈む煙かな 楠目橙黄子 橙圃
妻をはなれて妻がこいしい六月の夜の大阪の灯や河 橋本夢道 無禮なる妻抄
四条畷は半分大阪山笑う 竹内義聿
時鳥大阪こしに淡路見ゆ 松瀬青々
射干の花大阪は祭月 後藤夜半
秋日傘大阪嫌いを滔々と 宇多喜代子
住吉天王寺大阪の春の空 中塚一碧樓
十月の木に猫がいる大阪は 坪内稔典
出初式また大阪に橋失せて 大島民郎
春の月大阪のこと京のこと 長谷川櫂 虚空
春の雷大阪の灯を昏くせり 松村富雄
春風の大阪湾に足垂らす 坪内稔典
上げ潮の香や大阪の夏が来る 西村和子
心太大阪暮らしややに慣れ 西村和子
身ひとつを大阪に置く更衣 長谷川 櫂
水ぬるみつゝ大阪は大都会 高浜年尾
生涯を大阪ぐらし懐手 前山松花
川よりの大阪の秋ありにけり 塙告冬
足もとに大阪眠る露台かな 日野草城
大阪でひとつ歳とる雑煮かな 長谷川櫂 蓬莱
大阪にありにし昔若夷 長谷川櫂 虚空
大阪にあり一八の夕にあり 岡井省二
大阪にかりがねの道廃れけり 岡本欣也
大阪にこんな涼しい風もあり 後藤比奈夫 花びら柚子
大阪にのこる寒さやぬくめ鮓 北詰雁人
大阪にはや冬の雨ふり暗き 久保田万太郎 流寓抄以後
大阪にまたなき雪や牡蠣船へ 大橋桜坡子
大阪にまた無き雪や牡蠣船へ 大橋櫻坡子 雨月
大阪に暗き町あり竹床几 光山是無
大阪に雨の降りけり初暦 藤田あけ烏 赤松
大阪に曳き来し影も秋めきぬ 加藤楸邨
大阪に沖減りゆきて海南風 塩川雄三
大阪に慣れて淋しき冬帽子 西村和子
大阪に絹の雨降る花しづめ ふけとしこ
大阪に三日月あがり日短かし 前田普羅
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石
大阪に人となりけり蛭子講 柴浅茅
大阪に赤だし啜る雁渡し 冨田みのる
大阪に探す銀河も別離以後 後藤綾子
大阪に潮満ちてゐる雨月かな 山本洋子
大阪に日がさしはしやぐ正露丸 坪内稔典
大阪に来し甲斐ありき冬煙霧 右城暮石 上下
大阪に来て水鳥の貌ならぶ 彌榮浩樹
大阪に来て夕月夜近松忌 大峯あきら
大阪のある道の果秋日落つ 高浜年尾
大阪のキタの朝の夏至の風 藤平寂信
大阪のくもりにあがる紙鳶 松瀬青々
大阪のけふよく晴れてうめもどき 森澄雄 浮鴎
大阪のしぐるるころの一つの忌 大橋敦子
大阪のつるべ落しに電光板 片山 悌
大阪のひととなりけり結昆布 長谷川櫂 蓬莱
大阪の雨ざうざうと鱧の皮 茨木和生
大阪の煙おそろし若布売 阿波野青畝
大阪の煙おそろし和布売 阿波野青畝
大阪の屋根に入る日や金魚玉 大橋桜坡子
大阪の屋根の歪みも大暑かな 桂 信子
大阪の外には住まず釣荵 下村非文
大阪の街中に見し蝶々かな 大橋櫻坡子 雨月
大阪の寒さこれより初戎 西村和子
大阪の妓がひとり見る山火かな 角川春樹
大阪の戯作者に会ふ聖霊会 玉出雁梓幸
大阪の強暖房に身がくもる 右城暮石 上下
大阪の橋が減りゆく鱧料理 斎藤朗笛「盲腸」
大阪の空へ吊りたる金魚玉 藤田あけ烏 赤松
大阪の空らしくなる銀杏の芽 山田弘子 こぶし坂
大阪の隅にて仰ぐ鰯雲 品川鈴子
大阪の芸人長屋吊忍 斎藤朗笛
大阪の巷に旅愁蚊喰鳥 高浜年尾
大阪の祭つぎ~鱧の味 青木月斗
大阪の祭つぎつぎ鱧の味 青木月斗
大阪の残暑真つ赤な観覧車 平松美知子
大阪の師走をあとに帰りけり 玉越琅々
大阪の秀吉贔屓船祭 松田弘子(年輪)
大阪の宿や秋暑の街の音 細川加賀
大阪の出はづれに芦枯れにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
大阪の暑に試さるる思ひかな 西村和子
大阪の暑気や生き貝箸の先 細見綾子 黄 炎
大阪の真ン中に住み雑煮食ふ 大橋櫻坡子 雨月
大阪の人とし老ゆる鱧の皮 木国
大阪の人の明るさ戎笹 福本せつこ
大阪の水の上なる残暑かな 小川軽舟
大阪の水清くなり施餓鬼舟 出野重夫
大阪の水辺の春の遅々として 高濱年尾 年尾句集
大阪の寸土に蝉の一樹かな 広岡仁 『休診医』
大阪の西に海あり初戎 夏秋明子
大阪の西日の屋根の重なれる 阿部みどり女 笹鳴
大阪の赤き月出づ船料理 村山古郷
大阪の川の天神祭かな 青木月斗
大阪の川の天神祭りかな 青木月斗
大阪の船の見えをる汐干かな 楠目橙黄子 橙圃
大阪の船場の庭の牡丹かな 日野草城
大阪の大きな夕日お取越 山本 洋子
大阪の大年いかにわれら健 石塚友二 方寸虚実
大阪の地図をひろげて草芳し 山本洋子
大阪の土を巻きあげ春疾風 宇多喜代子
大阪の冬の灯ともる頃へ出る 後藤夜半
大阪の冬日やビルにひつかかり 京極杞陽
大阪の灯に春愁を深めたる 片山由美子
大阪の灯のいきいきと春シヨール 西村和子
大阪の灯の生き生きと春ショール 西村和子
大阪の煤によごれて芦茂る 富安風生
大阪の煤ふる窓の金魚玉 島田鶴堂
大阪の夜のはじまる田螺和 片山嘉子
大阪の夜の端にゐて祭かな 佐々木 咲
大阪の夜景ななめにラムネ飲む 小西明彦
大阪の遊びはじめや宵戎 長谷川櫂 蓬莱
大阪の夕凪に馴れ簾捲く 大橋越央子
大阪の落花落日モツを焼く 坪内稔典
大阪の緑がふるえ朝の蝉 坪内稔典
大阪の埃なつかし夾竹桃 西本一都
大阪の埃りなつかし夾竹桃 西本一都 景色
大阪の朧まとひて旅情とす 西本一都 景色
大阪はこのへん柳散るところ 後藤夜半
大阪はしぐれてゐたり稲荷ずし 北野平八
大阪は月の濁りのひやし飴 細川加賀 『傷痕』
大阪は売らんかの町年の暮 吉年虹二
大阪へ五時間でつく晩夏かな 鈴木しづ子
大阪へ今日はごつんと春の風 坪内稔典
大阪へ出る途中はや出水して 高濱年尾 年尾句集
大阪へ来ててつちりを昼間から 筏恵一郎
大阪も西のはづれや蚊喰鳥 青山岬 銀化
大阪も梅田の地下の冷しそば 有馬朗人
大阪やけふよく晴れてうめもどき 森澄雄
大阪やけぶりの上にいわし雲 阿波野青畝
大阪やぷくんぷくんと布袋草 坪内稔典
大阪ややゝに黝む秋没日 大橋敦子
大阪やラムネ立ち飲む橋の上 伊丹三樹彦「人中」
大阪やラムネ立飲む橋の上 伊丹三樹彦 人中
大阪や煙の中を鳥帰る 青木月斗
大阪や掛乞だらけ橋だらけ 掛乞 正岡子規
大阪や黒猫灼けし屋根歩き 有働亨 汐路
大阪や秋の扇子をポケットに 川崎展宏
大阪や秋夕焼のその中に 長谷川櫂 蓬莱
大阪や水路づたひに恋の猫 深川知子
大阪や埃の中の油照 青木月斗
大阪を好きも嫌ひも宵戎 吉田すばる
大阪を捨て得ず蚊帳を繕へり 米沢吾亦紅 童顔
大阪を通過して来し葡萄狩 右城暮石 上下
大阪を離るる気なし鱧料理 下村非文
大阪煙るカレーの皿と顔離せば 林田紀音夫
大阪中央郵便局の菊人形 宮坂静生 春の鹿
馳け廻る用に大阪さみだるゝ 大場白水郎 散木集
登山装灯の大阪に帰り着く 右城暮石 上下
働きにゆく大阪の酷暑の壁 黒沢一太
肘干の花大阪は祭月 後藤夜半
暮れなづむ大阪湾はワルツの色 八木三日女
戻らねばならぬ大阪秋暑し 保田晃
夜なべする大阪に音なくなるまで 浦みつ子
露天の桃買へり大阪のかはたれ時 細見綾子 黄 炎
籐椅子にけぶる大阪を四方にせり 大橋櫻坡子 雨月

大阪 補遺

うごく大阪うごく大阪文化の日 阿波野青畝
うろこ雲大阪生まれ奈良育ち 津田清子
から梅雨の大阪に旅疲れをり 村山故郷
しやぼん玉大阪に市が幾つある 藤田湘子 てんてん
てつちりやけふまぎれをり大阪に 森澄雄
どんどこ船出て大阪の祭らし 右城暮石 一芸
ネオンはや息吹く大阪秋日宙 伊丹三樹彦
胃の底に大阪の臓物(もつ)酔発す 伊丹三樹彦
雨ざんざぶり大阪に皮鯨 岡井省二 鯨と犀
炎天を来て大阪に紛れ込む 右城暮石 上下
牡蠣舟にネオンうるさし大阪は 伊丹三樹彦
牡蠣船に大阪一の艶話かな 河東碧梧桐
寒牡丹こゝに見る、生活は大阪に 日野草城
汗拭きに来し大阪と思ひけり 亭午 星野麥丘人
雁の声行きし方角大阪空 右城暮石 句集外 昭和三十七年
近松忌大阪にあり鳩と睦み 大野林火 方円集 昭和五十年
古城朱夏大阪少年大人さび 中村草田男
紅梅の艶をつくせり大阪に 森澄雄
射干の花大阪は祭月 後藤夜半 底紅
秋晴の大阪へ足向きてゐし 右城暮石 句集外 昭和四十五年
住吉天王寺大阪の春の空 中川一碧樓
春の河夜半に大阪ネオン消す 橋本多佳子
春昼を来て大阪の濃き珈琲 右城暮石 句集外 昭和三十八年
初買や大阪に来て刀の鍔 松崎鉄之介
食ひ倒れの大阪にあり盆休 松崎鉄之介
西日つよきいま大阪の河の面 桂信子 「草影」以後
雪降つて解く大阪の生旺ん 山口誓子
早春の雨大阪を一と降りす 細見綾子
足もとに大阪眠る露台かな 日野草城
大阪にあり一八の夕にあり 岡井省二 有時
大阪にこんな涼しい風もあり 後藤比奈夫
大阪にして片陰も亦深し 右城暮石 句集外 昭和四十四年
大阪にゆかりたづぬる西行忌 上田五千石『天路』補遺
大阪にゐて食ひ倒れ鱧の笛 後藤比奈夫
大阪に伊勢より来たり初鰹 森澄雄
大阪に何ほかしたる鱧の皮 岡井省二 鯨と犀
大阪に鴨来ゐしきに根太あり 岡井省二 鯨と犀
大阪に出て得心すクリスマス 右城暮石 上下
大阪に出て歩きたき年の暮 右城暮石 句集外 昭和六十三年
大阪に川の減りたる鱧の皮 鷲谷七菜子 一盞
大阪に中座のこるや近松忌 水原秋櫻子 餘生
大阪に来し甲斐ありき冬煙霧 右城暮石 上下
大阪に来てゐるのみに汗流す 山口誓子
大阪に来てをり霰しまく日を 村山故郷
大阪のなほ疣いぼの赤なまこ 岡井省二 鯨と犀
大阪の煙おそろし和布売 阿波野青畝
大阪の屋根の歪みも大暑かな 桂信子 緑夜
大阪の花の中なる遠忌かな 桂信子 草影
大阪の帰燕仰げば旅の声 中村草田男
大阪の気球林立水温む 右城暮石 句集外 昭和三十六年
大阪の強暖房に身がくもる 右城暮石 上下
大阪の薫風ここの御堂より 山口誓子
大阪の最中鉄橋暑をきざす 伊丹三樹彦
大阪の秋晴一ぜんめし屋混む 右城暮石 句集外 昭和四十五年
大阪の宿の火鉢に二三日 山口青邨
大阪の宿はこのへん日短か 高野素十
大阪の暑気や生き貝箸の先 細見綾子
大阪の西日真向より来たる 桂信子 草影
大阪の赤き月出づ船料理 村山故郷
大阪の船場の庭の牡丹かな 日野草城
大阪の大年いかにわれら健 石塚友二 方寸虚実
大阪の昼稀に来て火事に会ふ 右城暮石 句集外 昭和三十四年
大阪の普通の夕餉鱧料理 後藤比奈夫
大阪の噴水塔も氷纏ふ 右城暮石 句集外 昭和三十六年
大阪の甍の海や鯉幟 杉田久女
大阪はこのへん柳散るところ 後藤夜半 底紅
大阪は育ちが悪し雲の峰 右城暮石 散歩圏
大阪は親しみ易し蚊喰鳥 高浜年尾
大阪は西の虚しさビヤガーデン 山口誓子
大阪は曇天なりき八重桜 雨滴集 星野麥丘人
大阪へ用神農の虎にのみ 百合山羽公 樂土以後
大阪やけふよく晴れてうめもどき 森澄雄
大阪やけぶりの上にいわし雲 阿波野青畝
大阪やラムネ立飲む橋の上 伊丹三樹彦
大阪や掛乞だらけ橋だらけ 正岡子規 掛乞
大阪や月の屋根屋根明け易き 日野草城
大阪をひとり歩きす年の暮 右城暮石 一芸
大阪を出外れの闇濃き藁塚 右城暮石 句集外 昭和二十七年
大阪を生駒距てゝクリスマス 右城暮石 句集外 昭和三十四年
大阪を西に霞の連翹花 右城暮石 句集外 昭和九年
大阪を通過して来し葡萄狩 右城暮石 上下
大阪を流るる水も月の頃 後藤比奈夫
大阪朝涼わりこせりこに碧眼居ず 中村草田男
大阪朝涼板裏草履の音も往き 中村草田男
暖房車つなぐ大阪東京間 右城暮石 句集外 昭和三十二年
吊皮に個々の握力 大阪蒸す 伊丹三樹彦
底ひびきする大阪の残暑かな 橋閒石 微光
登山装灯の大阪に帰り着く 右城暮石 上下
煤掃の日を大阪に遁れ来し 右城暮石 句集外 昭和四十八年
伏見気で今朝大阪のしぐれかな 来山
別れきし身に大阪の残暑かな 日野草城
貌ながら貝寄風の大阪にあり 岡井省二 夏炉
眠る大阪天守のみ寒燈に泛き 伊丹三樹彦
名は大阪なんばはりはり鍋はあり 岡井省二 大日
木犀の香や大阪の夜空明かし 右城暮石 句集外 昭和二十五年
露天の桃買へり大阪のかはたれ時 細見綾子
蝙蝠が飛ぶ大阪の生マビール 右城暮石 句集外 昭和三十六年
鵙叫ぶ妻大阪に着けるころ 山口誓子

以上

by 575fudemakase | 2018-02-15 05:58 | 無季 | Trackback | Comments(0)

東京 の俳句

東京 の俳句

東京

あな東京が燃えてゐるくらがりの虫 シヤツと雑草 栗林一石路
うどんのあつもり東京捨て得ぬ母と啖ふ 磯貝碧蹄館 握手
エンゼルフィッシュ群る東京のまんなかに 小松原みや子
おとうとよ東京は走るよに歩け 松本勇二
おぼろ夜の東京だいだらぼつちがゆく 加藤楸邨
お雑煮や東京に出て兄の家 松下紫人
カマンベール東京に雪降つてをり 多田睦子
ガラスの硬度に映る直線 東京首夏 伊丹公子 山珊瑚
こもりくの泊瀬の春泥東京まで 志城 柏
シャボン玉吹く東京の風にのせ 小山 遥
しんとして東京の昼桐咲けり 今井杏太郎
ずぼらな日々東京に出て二科を観る 高澤良一 素抱
セルを着て遊びにゆくや東京へ 松本たかし
そのかみの東京恋ふる銀河かな 鈴木しづ子
つるべ落し東京タワーは絵蝋燭 段原羊子
なかなかに東京遠し雁供養 齋藤玄 飛雪
はてしらぬ闇東京の虫が鳴く 林原耒井 蜩
ビルの花壇東京陽炎生まれけり 松山足羽
ふるさとは東京うぐひす餅を買ふ 鈴木蚊都夫
ほつと月がある東京に来てみる 山頭火
ぽつぺんに東京の空うつりけり 細川加賀 『玉虫』
ぼや負ふや東京遠くすもゝ食ふ 石橋辰之助 山暦
マーガレット東京の空よごれたり 阿波野青畝
マーガレツト東京の空よごれたり 阿波野青畝
マスクして嗅ぐ東京の世紀末 山田径子
またの夜を東京赤く赤くなる 三橋敏雄
みつ豆や東京にふと青い空 相田勝子
やや寒き雨の東京滞在に 稲畑汀子
をなもみや東京の人早歩き 日野たんぽぽ(童子)
茜空凍みて東京横浜間 高澤良一 宿好
遺されし者に東京空襲忌 山崎ひさを
鰯雲出てゐたる日の東京市 たけし
雲の彼方東京遠し月祭る 沢田しげ子
雲ひとつなき東京の震災忌 尾池和夫
炎昼いま東京中の一時うつ 加藤楸邨
燕帰る東京生れの子を連れて 清水春生
燕去りし街東京の匂ひせり 佐野美智
鉛のごとき東京の屋根巴里祭 高島 茂
屋上の鈍器 空席 東京地図 上野敬一
恩師みな東京で死ぬ揚雲雀 二村典子
花が葉になる東京よさようなら 山頭火
花ざかりの東京なのに 師はいない 伊丹公子 山珊瑚
花曇東京に子をとられたる 上村勝子
花冷の改札口も東京市 攝津幸彦 鹿々集
海苔をあぶりては東京遠く来た顔ばかり 尾崎放哉
海苔粗朶の上に低しや東京市 松藤夏山 夏山句集
外出が殖ゆ東京に鴨が来て 鈴木鷹夫 大津絵
外套の襟を立て東京の隅へ帰る 加倉井秋を
街路樹の鈴掛に巣をつくりたる雉鳩よおまへは東京が好きか 山田富士郎
柿くふや東京の子の疎開ツ子 石川桂郎 含羞
柿秋葉東京ことば愛でられて 鈴木しづ子
葛ざくら東京に帰り来しと思ふ 小坂順子
寒の雨東京に馬見ずなりぬ 西東三鬼
観覧車より東京の竹の春 黛まどか
眼より枯れて東京歩きおり 高澤晶子
雁や貧しき頃を東京に 武藤善尚
帰り来て耳に東京の春の塵 猿橋統流子
鬼灯市東京ぐらしにも馴れし 池田秀水
泣き飽きし女東京に雪降れり 対馬康子 吾亦紅
旧山河東京の辺の明易き 石田波郷
境内に東京の土朝顔市 橋本美代子
玉蜀黍かじり東京に未練なし 青野れい子
銀河うすき東京に来てまた住むなる 篠原梵
銀座銀河銀河銀座東京廃墟 三橋敏雄 畳の上
空ツ風に髪吹かれ東京に疲る 橋本美代子
空地の草のしつとりと露の東京の朝 シヤツと雑草 栗林一石路
空風の東京夫と別行動 橋本美代子
啓蟄や東京を出る新幹線 味元昭次
茎立や東京へ立つ襤褸なり 齋藤玄 飛雪
軽井沢に東京の香や下谷鰻重 田中冬二 俳句拾遺
軽井沢の昼下り東京パンの匂ひのこる 田中冬二 俳句拾遺
月汚れ東京の灯にまぎれ棲む 仙田洋子 雲は王冠
月光にしめりはじめている東京 池田澄子
月冷えてたてる東京タワーかな 成瀬正とし 星月夜
原爆忌東京ところどころ雨 秋山未踏
狐火をみて東京にかへりけり 久保田万太郎 草の丈
御社に花の東京の標準木 高澤良一 寒暑
江戸の空東京の空秋刀魚買ふ 摂津幸彦
紅葉且つ散る東京の客二人 西村良子
行き戻る東京も鎌倉も初夏 石塚友二 光塵
裟釣るや東京タワー灯るまで 大島民郎
冴返る日の東京に帰りけり 渋沢渋亭
搾取されに折り重なつた暗い顔びつしり詰めて東京が呻く朝の電車 橋本夢道 無禮なる妻抄
桜草の野に東京の遥かかな 風生
笹鳴を聞く東京のど真ん中 奥てるを
山焼きし者東京にいでにけり 萩原麦草 麦嵐
山独活に東京者の舌づつみ 高澤良一 燕音
姉妹椎の実たべて東京の雑誌よんでる 尾崎放哉
子の寝息妻に東京遠かりき 石橋辰之助
子らの皆東京へ出し種おろし 太田土男
詩篇あり東京巣鴨の食堂に 攝津幸彦
歯痛はげしまるで東京の若葉 高野ムツオ 陽炎の家
耳がまづ東京に慣れ鬼城の忌 満田春日
耳掻購(か)い帰る東京の旱星 赤尾兜子
七月は水の落ち合ふ東京府 筑紫磐井 花鳥諷詠
捨つるべき扇を愛でて東京へ 中川宋淵
若葉てらてら東京何処でも道訊きて 寺田京子
手毬唄十は東京なつかしと 水上涼子
首夏ふじいろ 東京は活字浮遊の街 伊丹公子 山珊瑚
秋つばめ東京の空裾見えず 石田あき子 見舞籠
秋の灯の橋をわたれば東京市 京極杞陽 くくたち上巻
秋も半ばの東京より来て智恵子のそら 高澤良一 石鏡
秋衣あめの東京はなれけり 鈴木しづ子
秋高し東京に子を攫はれて 最東峰
秋風を呼ぶ東京の無精卵 坪内稔典
秋冷の東京に出て人體展(人体の不思議展東京国際フォーラム) 高澤良一 石鏡
春塵や東京はわが死にどころ 鈴木真砂女
春待ちて我等東京の屋根の下 成瀬正とし 星月夜
初便在東京とあるばかり 田中季春
初旅や午後の紅茶は東京で 佐土井智津子
焼跡の東京広し月見草 成瀬桜桃子
乗りたきは東京メトロ春近し 内田美紗 魚眼石 以降
新幹線から見る東京の黒い思想 藤後左右
新涼や百姓の子の東京に 石田波郷
真夜の雪東京の音なくなりぬ 石原舟月
針もつ母に東京の冬空となりくる シヤツと雑草 栗林一石路
人工衛星来る少年朝刊横抱きに東京五時二十一分 橋本夢道 良妻愚母
酢に晒す東京独活の白き肌 市川添子
吹き寄せられてゆく東京の空つ風に 高澤良一 ねずみのこまくら
水中花東京の雷数へつつ 瀧澤和治
瑞穂の国学東京の初日かな 土橋石楠花
星凍てたり東京に住む理由なし 鈴木しづ子
正体不明者(デスコノシドス)と行方不明者(デサパレシドス)の東京や 江里昭彦 ロマンチック・ラブ・イデオ口ギー
切干大根みるみる東京の水吸へり 遠山陽子
川青く東京遠きすみれかな 五所平之助
巣箱掛く東京へ出る卒業子 太田土男 『西那須野』
卒業をして東京に未練なく 中川きよし
打かざす団扇の下の東京市 松藤夏山 夏山句集
大きい腹を見せて東京の夜の上をゆく飛行船です 橋本夢道 無禮なる妻抄
大試験東京雪となりにけり 山本一歩
大年の東京煮ゆる人地獄 石塚友二
啄木をころしし東京いまもなおヘリオトロープの花よりくらき 伊藤一彦
誰が為か東京に佇つ若緑 齋藤玄 飛雪
着膨れて東京デイズニーランド行 松川洋酔
鳥雲に娘を東京に置きもどる 上野さち子
鳥帰る東京に人流れつく 和田耕三郎
吊革の輪に東京の秋の空 石川文子
釣堀に東京の日の懶さよ 高田秋仁
庭木刈つてみゆる東京タワーの灯 久保田万太郎 流寓抄以後
天牛や東京の月病みてをり 鈴木五鈴
冬雲やビルが動いている東京 高林菊次
冬星の下にきらめく東京よ 成瀬正とし 星月夜
凍天へ東京タワーは蟹の骨 山川安人
東京 このへんはうす青い山を遠くにして教室 荻原井泉水
東京いづこに行けど寒風と人流れ 松崎鉄之介
東京がじつとしてゐる初景色 黛まどか(1965-)
東京からと言ひ雪卸し見てをりぬ 能村研三 鷹の木
東京からなまはげになる子が帰る 三浦てる
東京から出て行きたい月夜です 橋本夢道 無禮なる妻抄
東京が右往左往す大野分 鈴木ひさを
東京が好きで離れず雲の峰 鈴木榮子(春燈)
東京が好き句が好きで花淋し 池内友次郎 結婚まで
東京が暑さが用が吾を待つ 成瀬正とし 星月夜
東京じゅうで雪解けてるよアドバルン 池田澄子
東京タワーの高さは海底の淋しさ 遠山郁好
東京タワー光よ久しぶり泣いた 五島高資
東京タワー総身秋の灯となれり 多摩 茜
東京と江戸も變りて君か春 君の春 正岡子規
東京と十日隔てぬ夕雲雀 中村汀女
東京と生死をちかふ盛夏かな 鈴木しづ子
東京と生死を誓ふ盛夏かな 鈴木しづ子
東京にあかき落葉とわが四十路 宮津昭彦
東京にくつさめ一つ到着す 山田みづえ
東京にくらしたてをり震災忌 鈴木真砂女
東京にちゝはゝいます大暑かな 相馬遷子 山国
東京にテトリスの雨積み上がる 滝口千恵
東京にでなくていゝ日鷦鷯 久保田万太郎 流寓抄
東京にでなくていい日鷦鷯(みそさざい) 久保田万太郎
東京ににんげん多く酉の市 山崎 聰
東京にはらからつどふ良夜かな 福島せいぎ
東京に茜彫りなる冬の富士 能村研三 鷹の木
東京に闇などなくて濃餅汁 清滝龍馬
東京に闇の戻りし二日かな 戸恒東人
東京に井戸ある不思議秋彼岸 能村研三
東京に育ち花菜の村へ嫁く 杉本寛
東京に一商賈たり鰯雲 久保田万太郎 流寓抄以後
東京に嫁し手花火の母となれり 三浦紀水 『湖その後』
東京に覚め淡雪に取り乱す 宇多喜代子 象
東京に渇き始めた鏡餅 櫂未知子 貴族
東京に鴨の来る日の塩煎餅 鈴木鷹夫 大津絵
東京に瓦斯火は赤し秋刀魚焼く 桂郎
東京に帰り来し夜の青葉木菟 石田郷子
東京に帰る浮輪を手放さず 深川正一郎
東京に亀鳴くといふ日向かな 田中裕明 櫻姫譚
東京に菊の雨降る蕎麦の味 有働亨 汐路
東京に近づく車窓春の雪 松尾緑富
東京に桂信子や草城忌 草間時彦
東京に吾を待つは何草青む 山田弘子 螢川
東京に江戸のまことのしぐれかな 久保田万太郎 流寓抄
東京に行かずにすみし夜長かな 久保田万太郎 流寓抄
東京に高き空あり桐の花 山本柳翠
東京に山見ゆる日の障子貼る 東野礼子
東京に住み古り椎を匂はする 和田順子
東京に住む日のありや木守柿 石川桂郎
東京に住む籐椅子を置きにけり 遠藤梧逸
東京に出でゆく御用納の日 高澤良一 ぱらりとせ
東京に出て日は西す鳰の岸 石田波郷
東京に出なくていい日三十三才 久保田万太郎
東京に出なくていゝ日鷦鷯 久保田万太郎
東京に出る用ありて夏畢る 高澤良一 素抱
東京に尻向け田草取る青年 山崎十生「上映中」
東京に人のへったり秋のくれ 秋の暮 正岡子規
東京に世渡りやすき胡瓜哉 胡瓜 正岡子規
東京に星空戻る除夜の鐘 富田直治
東京に星座の切れ端神の留守 平井さち子
東京に棲みつき都忘れかな 永島理江子
東京に雪のふる日の花林糖 鳥居真里子
東京に千の満月・マンホール 高澤晶子
東京に走光性の虫ひとり 遠藤寛子
東京に待てる友情温め酒 山田弘子 こぶし坂
東京に滞在憲法記念の日 稲畑汀子
東京に着きし二三日花曇 楠目橙黄子 橙圃
東京ニ怒レル華ハ雪ノ華 夏石番矢 真空律
東京に念々ねぶる昔飴 攝津幸彦 鹿々集
東京に疲る空風に髪吹かれ 橋本美代子
東京に病む人問はず大暑来ぬ 相馬遷子 雪嶺
東京に富士見ゆる日や菊を焚く 森澄雄
東京に眠りて梅のひらく音 高野ムツオ 陽炎の家
東京に綿虫の飛ぶ交差点 山田閏子
東京に来て汗ばめる白絣 細見綾子
東京のいつもこのころ春の雪 長谷川櫂 蓬莱
東京のいまが日盛り水中花 高野素十
東京のきれいなことば子供の日 西本一都
東京のさくらを全部師に捧ぐ 和田耕三郎
東京のすき間に桜咲きにけり 岩淵喜代子 硝子の仲間
東京のせまき空より忘れ雪 土橋たかを
東京のつつじといへば根津権現 高澤良一 石鏡
東京のどこかに忘れサングラス 嶋田一歩
東京のビルの屋上午祭 板谷芳浄
東京のまッたゞなかの霞かな 久保田万太郎 流寓抄
東京のゆきとどきたる小春かな 海津篤子
東京の悪に触れたる冬銀河 新城杏所
東京の一隅に住み鳥総松 安陪青人
東京の噂妬まし春の風邪 西村和子 かりそめならず
東京の殴られ強き男かな 桑原三郎
東京の音の中へと避暑帰り 成瀬正とし 星月夜
東京の何に堪えゐる冬木かな 山田みづえ
東京の何に堪へゐる冬木かな 山田みづえ
東京の花に寄り道してをりぬ 橋本佐智
東京の花見がてらの通院日 高澤良一 寒暑
東京の蛙鳴き下手つくしけり 宇田零雨
東京の雁ゆく空となりにけり 久保田万太郎 流寓抄以後
東京の客がある唐黍をもぐ シヤツと雑草 栗林一石路
東京の客をひきとめ櫛比つらら 平井さち子 完流
東京の空とも見えず渡り鳥 鈴鹿野風呂 浜木綿
東京の空に花ある集いかな 熊野和子
東京の空の上に空雁が行き 加藤秋邨 怒濤
東京の空の濁りや魂迎 鈴木真砂女 夕螢
東京の空の碧さよ震災忌 甲斐 謙次郎
東京の空歪みをり花くぬぎ 山田みづえ
東京の隙間に生きて初つばめ 林 瑞夫
東京の隙間風とも馴染みたる 山田弘子
東京の寺に詣づる彼岸かな 永井東門居
東京の車きてをり避暑の宿 前田六霞
東京の首のあたりにゐて寒し 中里 結
東京の首夏を駝鳥がちよっと走る 池田澄子
東京の秋雨にぬれ能登の客 田中冬二 冬霞
東京の春宵に旅立ちて来し 成瀬正とし 星月夜
東京の春昼かゝるときしもや 久保田万太郎 流寓抄
東京の暑さ逃れて来し思ひ 安永泰子
東京の宵空となり鬼やらひ 久米三汀
東京の少し田舎の草の餅 岸本尚毅 舜
東京の上の冬雲襤褸のごと 松本たかし
東京の水に夕日に都鳥 今井杏太郎
東京の水甕に雨冷奴 鈴木鷹夫 風の祭
東京の星の遠さよ星祭 河野美奇
東京の星の貧しき社会鍋 斎藤道子
東京の星を数へる蛇笏の忌 藤田弥生
東京の星低かりし雪達磨 望月たかし
東京の拙き雪を見舞はるる 正木ゆう子
東京の雪うぐひすを啼かしむる 黒田杏子 花下草上
東京の雪ををかしく観て篭る 山形龍生
東京の雪柔かし草城忌 中田みなみ
東京の雪吊が雪招きけり 藤原照子
東京の線路ぴかぴか入社式 富樫均
東京の大方の花了りけり 石川桂郎 含羞
東京の宅地に畑薯の花 木檜和久
東京の端の緑蔭炎天寺 鈴木鷹夫 大津絵
東京の端居なる位置柴叉は 能村研三 鷹の木 以後
東京の中の葛西の春田かな 久保田万太郎
東京の朝焼け入院一日目 高澤良一 鳩信
東京の椎や欅や夏果てぬ 石田波郷
東京の灯に親しむや子が住めば 縄田屋朗々 『きりたんぽ』
東京の灯へ下りて行く紛れんとして 金子弘子
東京の燈も寝頃なる天の川 亜浪
東京の燈も寐頃なる天の川 臼田亜浪 旅人
東京の燈火したしむべき季節 久保田万太郎 流寓抄以後
東京の日日忘れよと夜々の霧 稲垣きくの 黄 瀬
東京の梅の名残りを知らで去る 萩原麦草 麦嵐
東京の晩涼に足り宿を出ず 亀井糸游
東京の非情身に付け卒業す 藤田湘子 てんてん
東京の美しき米屋がともだち 阿部完市
東京の膝に女とねこじゃらし 坪内稔典
東京の病院に一夜明易し 阿部みどり女 『石蕗』
東京の風に馴染んで野水仙 国分ひで子
東京の墓城の隅の一露なる 毛塚静枝
東京の暮しに帰る子に吹雪く 徳永寒灯
東京の暮しはじまる蜆汁 山田弘子
東京の暮色を好むかいつぶり 橋本修
東京の方に當りて雲の峰 石井露月
東京の盆ぬけて来て青田かな 久保田万太郎 草の丈
東京の木枯にたち方位なし 福田甲子雄
東京の夜のチューリップ濃かりけり 阿部俳声
東京の夜や夏萩の池畔より 長谷川かな女 花 季
東京の夜風にあひぬ夏祓 石田郷子
東京の夕日傾きメロン切る 山崎十死生
東京の落葉こそつく通院日 高澤良一 石鏡
東京の凩われは田舎もの 石井とし夫
東京の薺摘みくふなつかしく 加藤楸邨
東京はわが故郷よ獅子ばやし 永井東門居
東京は暗し右手に寒卵 藤田湘子
東京は雨なり沖縄慰霊の日 小林照代
東京は雨の青年ほたるいか 駿河静男
東京は我が敗北の市街地図 斎藤冬海
東京は雪といふ夜の葛湯かな 西山 誠
東京は日暮の早し鮟鱇鍋 茂里正治
東京は墓多き街武具飾る 田中裕明「夜の客人」
東京は螺旋の光り卯波かな 野崎憲子
東京は雷雨と聞きし柿若葉 永井龍男
東京へい行く懶さ梅雨の靴 石塚友二 光塵
東京へ帰る浮輪を手放さず 深川正一郎
東京へ行きも帰へりも嵯峨は雪 西山泊雲 泊雲句集
東京へ行くのはおよし虎落笛 かどみのる 銀化
東京へ行く汽車音よ避暑地の夜 松本たかし「火明」
東京へ行く約束の稲刈り居り 山口 伸
東京へ東京へ汽車虫鳴かせ 今瀬剛一
東京へ東京へ車窓雪嶺しづむ 桜井博道 海上
東京へ歩いてゐるやいぬふぐり 岸田稚魚
東京へ戻る大正十五年 橋本夢道 無禮なる妻抄
東京へ夕立遣らん唾して 夕立 正岡子規
東京もこの界隈の土筆哉 寺田寅彦
東京も神戸ももどり墓洗ふ 万代紀子
東京も弁慶橋の曼珠沙華 鈴鹿野風呂 浜木綿
東京も友も遠しや稲光 石塚友二
東京も鈴懸落葉勤めをり 久米正雄 返り花
東京やからからと鳴る受験絵馬 福井隆子
東京やガラスの箱に冬すみれ 茅根知子
東京やさびしき襤褸のたまるなり 松本恭子
東京やはこせこ古りしはこべらは 加藤郁乎
東京やベッドの下に蜘蛛ひからび 横山白虹
東京や菖蒲掛けたる家古し 菖蒲 正岡子規
東京や菖蒲葺いたる家古し 菖蒲葺く 正岡子規
東京や働けどさんまも食えずなり果てし 橋本夢道
東京より俳優(わざおぎ)が来て菊花展 高澤良一 石鏡
東京よ小公園に朝降る雪 高柳重信
東京をふるさととして菊膾 鈴木真砂女
東京を愛し冬靄の夜を愛す 富安風生
東京を一日歩き諸葛菜 和田悟朗
東京を一夜離れぬ蜜柑山 山口青邨
東京を海から眺め薄暑光 和田耕三郎
東京を去る朝榧の実が匂ふ 阿部みどり女
東京を去る未練なし卒業す 辻口静夫
東京を故郷と決めて落葉焚く 白川宗道
東京を好みて詠みて秋ふかし 火臣
東京を三日離れて山法師 鈴木真砂女
東京を蛇の目に走るさくらどき 渋谷道
東京を出る旧道の桜坂 松岡里江 『桜坂』
東京を知らぬと言ひて大根引く 片山由美子 天弓
東京を知らぬ子ばかり麦の秋 鈴木真砂女
東京を濡らしてゐたる牡丹雪 鈴木五鈴
東京を蟲鳴きかこむ夜空低く 内田百間
東京空襲アフガン廃墟ニューヨーク 大井恒行
東京言葉きたなし好きはかき氷 及川 貞
東京残暑船尾の日の丸疲れたり 村山さとし
東京西日金なき妻子家におく 古沢太穂 古沢太穂句集
東京日の出屋根の隙より柿あふれ 加藤知世子 花 季
東京歩く藷掘りし腰定まらず 大熊輝一 土の香
東京満員ねむりし北国の魚を下げ 寺田京子
東京國立博物館の野蒜食ぶ 佐々木六戈 百韻反故 初學
灯の鋲の東京タワー年の暮 鷹羽狩行
働いてきし東京の朝櫻 黒田杏子 花下草上
二三日東京にゐて震災忌 大橋櫻坡子 雨月
虹が二度顕つ東京へ母呼びたし 八田木枯
日は赤く東京へゆき犬ふぐり 和知喜八 同齢
乳房と拳銃ばかりの看板東京涸れ 楠本憲吉
年明くる雲の雪崩の東京へ 加藤楸邨
梅雨あけし簾透く灯よ東京よ 久保田万太郎 流寓抄
梅雨の遊覧バスゆく東京ど真ん中 高澤良一 素抱
八十八夜東京は灯を荒使い 宇咲冬男
尾が生えるまで東京に春の雪 高野ムツオ 雲雀の血
肘触れて立食うどん東京朱夏 有光米子
筆より持たぬ指にて 東京夜景さす 伊丹公子 山珊瑚
筆りんだう摘んで東京遥かなり 栗原米作
百合鴎東京に空失ひて 千代田葛彦 旅人木
氷雨東京 ひとりで寝ろと ホテルの鍵 伊丹三樹彦 樹冠
鰭酒に酔う東京の夜は雨に 石崎素秋
鰭酒に酔う東京の夜や雨に 石崎素秋
崩れゆくああ東京の雪だるま 八木忠栄
忘年会合唱東京ラプソディ 高澤良一 石鏡
埋立てて東京の地やつばくらめ 斉藤夏風
妹と東京に逢ふ梅雨明るし 沢木欣一
万緑となる東京や髭伸びつつ 榎本冬一郎 眼光
蓑虫や子は東京に吊るされて 小林円
夢さめてゆく東京に鳥渡る 川崎完治
名月の下東京の屋根の下 成瀬正とし 星月夜
毛皮臭き御仁と同車東京まで 高澤良一 暮津
毛皮被て東京砂漠歩むかな 山田弘子
木がらしや東京の日のありどころ 芥川龍之介
木枯や東京の日のありどころ 芥川龍之介
目刺し焼くここ東京のド真中 鈴木真砂女
夜顔や東京の音怒濤なす 小松崎爽青
薮うぐひすようこそ東京広きかな 及川 貞
柚子湯して「石版東京図絵」と決む 永井龍男
夕顔を蒔く東京に帰りたし 小川軽舟
夕立あと東京に谷あまたあり 五島高資「雷光」
用足して丸善に寄る東京首夏 高澤良一 素抱
葉桜のくらみ東京夕焼けたり 中山砂光子 『納沙布』
葉桜の東京ぬるく濡れている 池田澄子 たましいの話
凩や東京の日のありどころ 芥川龍之介 我鬼窟句抄
夾竹桃東京砂漠灼けはじむ 千代田葛彦
朧夜を東京へゆくと別れたる 田中冬二 俳句拾遺
枸杞の実を噛み東京を憎みをり 原田喬
檻の鶴歩む東京の花終り 鈴木鷹夫 渚通り
欅の木の下の東京あるく鶏 阿部完市 鶏論
盂蘭盆や東京にある妻の墓 大岡龍男
藪うぐひすようこそ東京広きかな 及川貞
藪鴬ようこそ東京広きかな 及川 貞
蜃気楼見たし東京の滅び見たし 蝦名石蔵
鯊釣るや東京タワー灯るまで 大島民郎
鯰食って東京までゆれどうし 山口 伸

東京 補遺

おぼろ夜の東京だいだらぼつちがゆく 加藤秋邨
しりへにす東京タワー甘茶仏 阿波野青畝
すぐ髪の白む東京稀の雪 松崎鉄之介
なかなかに東京遠し雁供養 齋藤玄 飛雪
ほつと月がある東京に来てゐる 種田山頭火 草木塔
マーガレット東京の空よごれたり 阿波野青畝
またの夜を東京赤く赤くなる 三橋敏雄
リスボンは雨東京に合歓咲いて 燕雀 星野麥丘人
れんこんの泥東京に来て乾く 細見綾子
鮎甘く煮る東京に子を奪られ 岡本眸
囲はれし東京の闇螢とぶ 山口青邨
駅で磨く歯 友らまだ眠りいる東京 伊丹三樹彦
炎昼いま東京中の一時うつ 加藤秋邨
夏めく日妻が娘と東京へ 飯田龍太
花が葉になる東京よさやうなら 種田山頭火
霞む東京おほかたは撤軌され 鷹羽狩行
海苔をあぶりては東京遠く来た顔ばかり 尾崎放哉 大正時代
柿くふや東京の子の疎開ツ子 石川桂郎 含羞
鎌倉を背に東京や実朝忌 石塚友二 玉縄以後
寒の雨東京に馬見ずなりぬ 西東三鬼
寒糊を煮る東京の古き町 亭午 星野麥丘人
桐咲けり焼けし東京の丘の上に 村山故郷
襟巻ふかぶか消えしか目高東京靄 古沢太穂 捲かるる鴎
銀河うすき東京に来てまた住むなる 篠原梵 年々去来の花 雨
銀座銀河銀河銀座東京廢墟 三橋敏雄
茎立や東京へ立つ襤褸なり 齋藤玄 飛雪
江戸の月東京の月相同じ 山口青邨
行き戻る東京も鎌倉も初夏 石塚友二 光塵
行く秋や東京の灯をつつむ雨 村山故郷
歳末の東京薄く灯りけり 石塚友二 磯風
冴え返る日々東京の噂きこゆ 大野林火 早桃 太白集
山茶花や東京はまだ暖かく 山口青邨
山鳥到来東京は雪霏々とふり 山口青邨
山刀伐のみの蟲の子は東京へ 加藤秋邨
姉妹椎の実たべて東京の雑誌よんでる 尾崎放哉 須磨寺時代
歯固や東京に山見ゆる日の 岡本眸
耳掻購い帰る東京の旱星 赤尾兜子 歳華集
秋暑し東京の夜を雷雨ぐせ 松崎鉄之介
秋深し君が東京を離るる日 村山故郷
週二日東京に出てうきねどり 能村登四郎
集散東京 好日婚の鯛など 提げ 伊丹三樹彦
春暁の東京にをり芽木に雨 森澄雄
春月や東京近き汽車の窓 高野素十
春塵や東京はわが死にどころ 鈴木真砂女 夕螢
春大雪の宵東京のラヂオ聞く 村山故郷
沼の月東京遠き思ひかな 富安風生
新雪の東京神妙に在りぬ 山田みづえ まるめろ
新涼や百姓の子の東京に 石田波郷
吹雪きつつあはれ東京に電車絶ゆ 水原秋櫻子 岩礁
水上バス東京暑くなりしかな 村山故郷
霜柱白し東京を去る人等 加藤秋邨
泰山木咲き東京を濡らす雨 平畑静塔
大年の東京煮ゆる人地獄 石塚友二 曠日
誰が為か東京に佇つ若緑 齋藤玄 飛雪
暖房車つなぐ大阪東京間 右城暮石 句集外 昭和三十二年
椎若葉東京に来て吾に合はぬか 石田波郷
東京 黄落 坂の名いちいち憶えきれぬ 伊丹三樹彦
東京いづこに行けど寒風と人流れ 松崎鉄之介
東京たのし健啖に夏働きて 岡本眸
東京と江戸も變りて君か春 正岡子規 君の春
東京にくらしたてをり震災忌 鈴木真砂女
東京にしかと根を据ゑ鬼やらふ 鈴木真砂女 都鳥
東京にちゝはゝいます大暑かな 相馬遷子 山国
東京にまれの星空懐手 森澄雄
東京に移す本籍鳥雲に 鈴木真砂女
東京に瓦斯火は赤し秋刀魚焼く 石川桂郎 含羞
東京に帰らば自然薯の髭つままむ 加藤秋邨
東京に吉兆の雪三日明く 上村占魚
東京に空あり鰯雲御所の上 山口青邨
東京に月大きさや猫の恋 森澄雄
東京に妻をやりたる野分かな 石田波郷
東京に住む日のありや木守柿 石川桂郎 含羞
東京に出て日は西す鳰の岸 石田波郷
東京に出て馬刺食ふ花の雨 佐藤鬼房
東京に人のへったり秋のくれ 正岡子規 秋の暮
東京に世渡りやすき胡瓜哉 正岡子規 胡瓜
東京に駄馬の蹄鉄音さわやか 西東三鬼
東京に着て汗ばめる白絣 細見綾子
東京に南部の炭の大俵 山口青邨
東京に麦飯うまし秋の風 石田波郷
東京に彼岸の雪の憚らず 山田みづえ 草譜
東京に病む人問はず大暑来ぬ 相馬遷子 雪嶺
東京に富士見ゆる日や菊を焚く 森澄雄
東京に明日は帰らむ火鉢かな 村山故郷
東京のいまが日盛り水中花 高野素十
東京のこよひ花ちる啄木忌 山口青邨
東京の一人ぐらしや虎落笛 稲畑汀子
東京の何に堪へゐる冬木かな 山田みづえ 手甲
東京の歌路地をゆく紅椿 角川源義
東京の花のもつとも躑躅のころ 富安風生
東京の街白黒に雪ふりて 山口青邨
東京の瓦礫の大路蝿生まる 村山故郷
東京の汽車来て嬉し稲の露 前田普羅 普羅句集
東京の起伏や梅雨の甍ばかり 中村苑子
東京の響枯野を越えて来る 橋閒石 雪
東京の空の上に空雁が行き 加藤秋邨
東京の空の濁りや魂迎 鈴木真砂女
東京の空青く晴れ枯木立 中村苑子
東京の月夜の霧に濡れて戻る 村山故郷
東京の口一千万や初秋刀魚 山口青邨
東京の今日の一日水中花 高野素十
東京の残暑を負うて帰られよ 山口青邨
東京の秋世田谷の九品仏 燕雀 星野麥丘人
東京の初雪人が出て歩く 山田みづえ 手甲
東京の暑を去る顔の並び佇つ 飯田龍太
東京の上の冬雲襤褸のごと 松本たかし
東京の人と見てゐる春の虹 後藤比奈夫
東京の雪らしく雪降りにけり 岸田稚魚 紅葉山
東京の雪をよろこび雪椿 山口青邨
東京の大方の花了りけり 石川桂郎 含羞
東京の大路越えがての母に北風 松崎鉄之介
東京の谷間や秋の灯をひとつ 山口青邨
東京の谷間人住み葛かかり 山口青邨
東京の中よりくらくさむき東京現れたり 篠原梵 年々去来の花 皿
東京の椎や欅や夏果てぬ 石田波郷
東京の燈も寝頃なる天の川 臼田亜郎 定本亜浪句集
東京の燈も寐頃なる天の川 臼田亜浪 旅人 抄
東京の梅雨の一日のことをこまごま 高野素十
東京の非情身に付け卒業す 藤田湘子 てんてん
東京の風痛し東京地図拡ぐ 右城暮石 句集外 昭和三十二年
東京の片隅にをり霾曇 松崎鉄之介
東京の辺や蝸牛の角伸びて 石田波郷
東京の夜空はまぶし帰る雁 山口青邨
東京の余白の空を帰る雁 加藤秋邨
東京の雷ぐせに滞在す 稲畑汀子
東京の落葉はじまる灯影かな 岡本眸
東京の薺摘みくふなつかしく 加藤秋邨
東京は暗し右手に寒卵 藤田湘子
東京は初雪が降り初天神 山口青邨
東京は不毛の汗のピカソ展 平畑静塔
東京は風の青空 火焔瓶 伊丹三樹彦
東京へ、風呂敷さげてちようちよう 荻原井泉水
東京へい行く懶さ梅雨の靴 石塚友二 光塵
東京へ出る愚かさの小春かな 石塚友二 磊[カイ]集
東京へ歩いてゐるやいぬふぐり 岸田稚魚 負け犬
東京へ歩ゐてゐるやいぬふぐり 岸田稚魚 雁渡し
東京へ夕立遣らん唾して 正岡子規 夕立
東京へ来てすみれ見よつくし見よ 後藤比奈夫
東京もここにこの花明治恋ふ 富安風生
東京も果ての山辺の夕時雨 飯田龍太
東京も友も遠しや稲光 石塚友二 光塵
東京やつくづく遠き冬茜 加藤秋邨
東京や菖蒲掛けたる家古し 正岡子規 菖蒲
東京や菖蒲葺いたる家古し 正岡子規 菖蒲葺く
東京をはなれ入院鳥渡る 高浜年尾
東京をふるさととして菊膾 鈴木真砂女
東京をふるさとにもち春惜しむ 能村登四郎
東京を愛し冬靄の夜を愛す 富安風生
東京を一歩も出でず夏終る 鈴木真砂女 都鳥
東京を一夜離れぬ蜜柑山 山口青邨
東京を過ぎ去る旅の初冬かな 飯田龍太
東京を三日離れて山法師 鈴木真砂女 紫木蓮
東京を西へ西へと冬欅 燕雀 星野麥丘人
東京を知らぬ子ばかり麦の秋 鈴木真砂女
東京近し家立暑く密になりゆく 篠原梵 年々去来の花 皿
東京出て昼顔咲かす貨物線 松崎鉄之介
東京焼く火明りさむく星消したり 大野林火 早桃 太白集
東京西日金なき妻子家におく 古沢太穂 三十代
東京灯りぬ金魚のごとき雲を泛べ 篠原梵 年々去来の花 皿
灯の鋲の東京タワー年の暮 鷹羽狩行
日々歩めど東京寒くなじみうすし 松崎鉄之介
乳房と挙銃ばかりの看板東京涸れ 楠本憲吉 孤客
馬糞蒸発東京の五月晴 津田清子 礼拝
梅も風に震へ東京空襲忌 林翔
白樺の庭東京の蝶弱し 秋元不死男
白鳥座さむざむ東京への打電 山口誓子
稗蒔やことしの夏も東京暮し 安住敦
氷雨東京 ひとりで寝ろと ホテルの鍵 伊丹三樹彦
盆用意東京で買ふ蓮苧殼 細見綾子
目刺し焼くここ東京のド真中 鈴木真砂女 都鳥
餅つくと東京者の咳一つ 平畑静塔
夜半の春東京燃ゆる火の手見ゆ 村山故郷
螺階のぼる東京は古し鯉幟 山口青邨
落葉ふり東京通りいまはなし 山口青邨
旅具を置く東京しづかなるメーデー 伊丹三樹彦
藪うぐひすようこそ東京廣きかな 及川貞 夕焼
鵙の嘴東京オリンピック来向へり 石田波郷

以上

by 575fudemakase | 2018-02-15 05:57 | 無季 | Trackback | Comments(0)

大雪 の俳句

大雪 の俳句
大雪

あひ触れて深雪の廂夜は深し 福田蓼汀 山火
うつはりに鶏の鳴く深雪かな 吉田冬葉
おでん酒うしろ大雪となりゐたり 村山古郷
お降りのうす墨刷ける深雪かな 西本一都 景色
がう~と深雪の底の機屋かな 皆吉爽雨
がうがうと深雪の底の機屋かな 皆吉爽雨
がら~と深雪の底の機屋かな 皆吉爽雨
かん酒や深雪とならん深雪になれ 白泉
きさらぎや深雪に沈む林檎園 福田蓼汀 山火
ごう~と深雪の底の機屋かな 皆吉爽雨
こゝろだに置処なき深雪哉 松岡青蘿
ことと音又も深雪にことと音 京極杞陽
この冬の深雪に割れし墓拝む 森田 愛子
この日人逝き大雪のただ晴れけり シヤツと雑草 栗林一石路
こんにやくの一枚ありし深雪かな 龍岡晋
しんしと柱が細る深雪かな 栗生純夫
しんしんと柱が細る深雪かな 栗生純夫
たぐひなき深雪なりけり初歳 龍岡晋
ダム広き裏大雪や初紅葉 鮫島交魚子
だん~に深雪の畑となりにけり 阿部みどり女 笹鳴
だんだんに深雪の畑となりにけり 阿部みどり女
てり返す峰々の深雪に春日落つ 普羅
てり返へす峰々の深雪に春日落つ 前田普羅 飛騨紬
ぬばたまの闇も深雪も祀らるる 西本一都
のり出でて両岸迫る深雪かな 高浜年尾
バイブルに鞣し香のある深雪かな 石原八束
ひとはふり塵ののりゐる深雪かな 銀漢 吉岡禅寺洞
ひめはじめ八重垣つくる深雪かな 増田龍雨
ひめ始八重垣つくる深雪かな 増田龍雨
ふる雪やすでに深雪の一伽藍 橋本鶏二
ほつたりと鴉深雪の樹に暮るる 加藤知世子
まろ~と白大嶽や峡深雪 松根東洋城
ミサの歌こもり深雪の梁太し 宮津昭彦
みちつけて水の出でくる深雪沢 上田五千石 森林
みちのくの深雪の倉の寒造 遠藤梧逸
みな切に歩く豪雪の市民たち 西村公鳳
わが前に道なしと誦し深雪踏む 中戸川朝人 残心
わんこそば食べ大雪に泳ぎけり 小島健 木の実
わんこ蕎麦食べ大雪に泳ぎけり 小島 健
愛のごとし深雪の底の水音は 小林康治
逢ふ人の皆大雪と申しけり 雪 正岡子規
鮎の炉の火かげとゞかず深雪の戸 前田普羅 飛騨紬
伊万里絵皿ひろぐる娶り深雪晴 中戸川朝人 残心
一すぢの大雪晴となる大河 鶴田佳三
一筋の深雪の径の追儺寺 梧桐 青吾
一人づつ子に白湯のます深雪かな 長谷川春草
一人づゝ子に白湯のます深雪かな 長谷川春草
一村がかまくらとなる深雪谷 室田陽子
一文字の一葉はね居る深雪かな 西山泊雲 泊雲句集
隠沼に消えし深雪のけもの跡 山田弘子
卯の花の深雪咲きして美術館 本宮鼎三
唄弥撒の鐘にはじまる深雪晴 中戸川朝人 残心
姥捨の深雪の底の炬燵婆 藤岡筑邨
洩るる灯のそこより前後なき深雪 安東次男 裏山
駅にだけ人をり深雪村眠る 嶋田摩耶子
駅凍てゝ曠野につゞく深雪かな 前田普羅 飛騨紬
猿の湯や杉は深雪に花つけて 松村蒼石 雪
縁下へ燈火がさせる深雪かな 佐野良太 樫
遠ち方の鶏音に覚めし深雪かな 富田木歩
奥山に大雪やある余寒かな 原石鼎 花影以後
奥山に比良持つ里の深雪かな 松根東洋城
屋根の辺を人語過ぎゆく深雪かな 竹田菁雨 『瞽女慕情』
温室の花買ひぬ信濃の深雪中 及川貞 夕焼
温泉上りの身の柔らかし深雪の夜 殿村莵絲子 牡 丹
音といふ音閉ざされし深雪宿 稲畑汀子
何も飛ばず何も飛ばさず深雪晴 鈴木光彦
蝦夷わせ蝉はたと声断つ大雪谿 加藤知世子 花寂び
蝦夷見むと深雪に窪む長靴は 小林康治 玄霜
我寐れば暗の仏の深雪かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
海苔舟大雪の岸へ寄つてゐる シヤツと雑草 栗林一石路
開かぬ戸もはづれゐる戸も深雪宿 皆吉爽雨
開山の昔を今や深雪寺 尾崎迷堂 孤輪
橿鳥の鳴くばかりなる深雪かな 大橋櫻坡子 雨月
寒菊に著せたる傘も深雪かな 橋本鶏二
監視塔四囲に深雪の収容所 安田北湖
観能の灯の昼ふかき深雪かな 西島麦南 人音
観能の灯の晝ふかき深雪かな 西島麥南
岩温泉に老猿ばかり深雪晴 西本一都 景色
機音にゆきあたりたる深雪かな 清准一郎
気管切開かれて声失う 大雪来ているという 折笠美秋 君なら蝶に
汽罐車庫うすけぶりたつ深雪かな 宮武寒々 朱卓
祈祷師の家に深雪のかゝり人 森田峠
起きてゐる咳や深雪となりにけり 『定本石橋秀野句文集』
叫びたい子等に深雪のつくり山 成田千空 地霊
境内や深雪晴れたる池の水 石原舟月 山鵲
教会の塔めじるしの深雪かな 山本歩禅
金箔師/鯉師の/深雪暮かな 林桂 銀の蝉
金襴の軸のさがれる深雪宿 京極杞陽
軍港の兵の愁ひに深雪晴れ 飯田蛇笏 霊芝
詣りぬれば釣鐘蒼き深雪かな 野村喜舟 小石川
鶏たかく榎の日に飛べる深雪かな 飯田蛇笏 山廬集
月光に深雪の創(きず)のかくれなし 川端茅舎
月光に深雪の創のかくれなし 川端茅舎
月読の梢をわたる深雪かな 加藤楸邨
見せたやな越の山河の深雪晴 船平晩秋
見の遠き深雪の鶴になぜ泣くや 斎藤玄
元日の大雪なりし二日かな 高浜虚子
元日の大雪卸しはじめける 三宅句生
古志ふかくこし大雪の雪菜粥 長谷川櫂 古志
故里の深雪に吾子を旅発たす 山田弘子 螢川
枯蔓にうす日あたりて深雪かな 清原枴童 枴童句集
湖守るは灯一つの深雪かな 正木不如丘 句歴不如丘
午ちかく雀なき出し深雪かな 原石鼎
吾一語汝一語や夜の深雪 徳永山冬子
鯉銜え大鷺翔る深雪晴 大桃貴美子
口も手も深雪にゆるめでく廻し 宇佐美魚目 秋収冬蔵
広重の亀山の図の深雪かな 伊藤敬子
行きゆきて深雪の利根の船に逢ふ 加藤秋邨
行き暮れの深雪に埋まる渡月橋 西銘順二郎
行年の深雪の音に子と団欒 久米正雄 返り花
豪華古るラツキーシツプ深雪晴れ 飯田蛇笏 雪峡
豪雪に強気挫けて腹で泣く 三浦勲 『生きる』
豪雪に三日こもれば髭かゆし 千葉 仁
豪雪に籠りてよりの鍋光る 井出美代
豪雪に籠りひと日を銭にふれず 平井さち子 完流
豪雪の雪の匂ひに囲まるる 藤木倶子
豪雪の爪跡泳ぐ秋の蝶 小出秋光
豪雪の爪跡芽木に残りけり 高澤良一 燕音
豪雪の予報に点す雛の間 冨田みのる
豪雪や山妣にも芳紀はあつた 鈴木石夫
豪雪や母の臥所のかぐわしく 橋かんせき
豪雪を友へ禅林の太柱 福田蓼汀 秋風挽歌
豪雪下まつくらがりの茂吉の家 津田清子 二人称
豪雪報心跼めて午後すごす 平井さち子 完流
刻々と手術は進む深雪かな 中田みづほ
此あたり深雪漸く人あらず 高浜年尾
災害の跡大雪に覆はるる 西都諭子
三月の大雪見ませ淡路女忌 阿部みどり女
傘松と飼はるゝ鶴と深雪かな 野村喜舟 小石川
参籠の人の掻き居る深雪かな 比叡 野村泊月
山の音深雪にしづむ永平寺 石原八束 『操守』
山の音深雪にしづむ氷平寺 石原八束
山寺へ深雪踏みゆく郵便夫 菅原庄山子
山二つ一双なせる深雪かな 橋本鶏二
山鳩たつほかは動かぬ 深雪の町 伊丹公子 時間紀行
山門を掘り出してある深雪かな 清崎敏郎
産屋口深雪をかぶる村の墓地 つじ加代子
仔牛の耳毛深雪降る音の底 大熊輝一 土の香
司祭館大雪塊の融けのこる 小澤實
四方の深雪に山上湖温みそむ 松村蒼石 雁
子等散つて深雪の学舎たそがるゝ 石橋辰之助 山暦
師よ開けて下さい深雪の墓の扉を 平井さち子 鷹日和
死顔の妻のかしづく深雪かな 石原八束 『操守』
死者は深雪に生者は檻に安らがむ 齋藤玄 『玄』
事ぶれの軒端より声深雪宿 島崎五穂 『さざれ石』
寺領なる闇が深雪を照らしゐる 鳥居おさむ
車窓に迫り来深雪兎の走りし跡 赤城さかえ句集
手毬唄十は深雪の十日町 大井戸辿
樹も橋もこの世にありぬ深雪晴 清水径子
春の大雪一年分の鳥の羽 高野ムツオ 鳥柱
春ゆふべ大雪となるほかはなく 安東次男 昨
春深雪呼吸荒るるはただならず 溝口青於
春深雪買はねばならぬ青菜の値 及川貞 夕焼
春雪の二夜の深雪星を得ぬ 及川貞 夕焼
初雪が大雪となるよき年か 伊藤政美
初雪の深雪となるやユダ市場 有働亨 汐路
初雪の大雪になるそ口をしき 初雪 正岡子規
初雪の大雪になるぞ口をしき 正岡子規
初富士の大雪塊を野に置ける 遠藤正年
除夜の鐘かすかに聞え深雪かな 清原枴童 枴童句集
小屋ぬちに田舟乾ける深雪かな 猿橋統流子
小柴門出入のしげき深雪かな 飯田蛇笏 山廬集
松島は薄雪平泉は深雪 田村了咲
湘南に春の一ト日の深雪かな 高木晴子
上*せいの燈明りわたり深雪かな 原石鼎 花影以後
新年の深雪ぬくとく愛馬飼ふ 飯田蛇笏 春蘭
深雪なほ高まりゆくは堤らし 青葉三角草
深雪に高く継ぎ足す道しるべ 羽吹利夫
深雪に入る犬の垂れ乳紅きかな 原子公平
深雪の底生まる水音に命延ぶ 小林道子 『下萌』
深雪の夜きさまとおれの酒交す 源鬼彦
深雪やむときの粉雪に星浮ぶ 松村蒼石 雪
深雪より嘴をぬき鶴歩む 大澤ひろし
深雪雲割れて真つ青霊の道 加藤知世子 花 季
深雪見むと軒へのべたる手燭かな 原石鼎 花影以後
深雪宿炭火ほのほとなりにけり 皆川盤水
深雪晴すれ違ふものみな細眼 柴田友季子
深雪晴わが影あをき虚空より 深谷雄大
深雪晴飴のいろなる鮭を干す 長谷川櫂 古志
深雪晴雁木表に馬具吊られ 松崎鉄之助
深雪晴桑の小枝のほうと出て 矢島渚男 釆薇
深雪晴血を滴らす歯科のメス 高橋六一
深雪晴小鴨花なす山の湖 笠井きよ
深雪晴酢をうつ香り二階まで 中戸川朝人
深雪晴誰にも会釈したくなる 長谷川春
深雪晴非想非非想天までも 松本たかし
深雪晴北に樹を負ふ一戸づつ 中戸川朝人 残心
深雪晴野を来て町は汚れたる 相馬遷子 雪嶺
深雪掻く家と家とをつながんと 西東三鬼
深雪谷芽木峻烈の枝を伸べ 辻田克巳
深雪中湖村一塊となり睡る 鷲谷七菜子 雨 月
深雪踏み長持唄を通しけり 濱本 八郎
深雪道のけぞり合うてすれ違ふ 長尾虚風
深雪道ゆづり合ひつつ目礼す 原 梅乃
深雪道来し方行方相似たり 中村草田男
深雪野の割れしところにさゝ流れ 高濱年尾 年尾句集
深雪野をいちにち歩き面痩せし 伊藤 敬子
神棚の大雪沓や貌を持つ 加藤知世子 花 季
針供養宮戸座裏の深雪かな 増田龍雨 龍雨句集
人の来て薬師を開ける深雪かな 大峯あきら
人を消し忘れ帝都の深雪かな 五島高資
人形のまなこが殖ゆる深雪里 源鬼彦
人形使お七に添いて深雪踏む 藍不二子
水を揉み落とす深雪の白竜頭 岡田日郎
雛の酒大雪嶺を座に入れて 吉田紫乃
雛の日の都うづめし深雪かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
杉の木の揺れて大雪とはなりぬ 今井杏太郎
摺り摺りて呉須描き易し深雪晴 稲垣光子 『絵付筆』
世に遠く浪の音する深雪かな 臼田亜浪
成人の日ぞ大雪もたのもしき 細川加賀
聖鐘へ深雪明りの梯子とどく 宮津昭彦
昔/真神の/深雪匂ひの/青春楡峠(あをだもたうげ) 林桂 銀の蝉
石狩豪雪行くは還らざるごとし 寺田京子 日の鷹
赤ちやんの通つた匂い深雪晴れ 坪内稔典
赤海老のさしみ縮めり深雪の夜 殿村莵絲子 牡 丹
雪の音絶えて深雪となりゐたり 橋本 冬樹
雪の道深雪の里を遠さかな 東洋城千句
雪卸し暮れており立つ深雪かな 前田普羅 飛騨紬
雪見酒その域越ゆる深雪かな 藤戸千代子
雪折の竹もうもれし深雪かな 鈴木花蓑
雪墜ちて深雪ににぶき音うまる 桂信子 黄 炎
雪吊の千切れて垂れし深雪かな 鈴木貞雄
雪踏みの無言につづく深雪空 松村蒼石 雪
雪片のつれ立ちてくる深雪かな 高野素十
仙叟忌京の師来たる深雪坂 吉岡喜代
祖父逝くやその拓きたる野は深雪 依田明倫
僧に遇ふのみの深雪の高野かな 岩崎照子
壮行や深雪に犬のみ腰をおとし 中村草田男
早梅や深雪のあとの夜々の靄 増田龍雨
槍の穂は雪をとどめず深雪晴 福田蓼汀 山火
足裏に力あつまる深雪かな 井上雪
村まはりする花嫁御深雪晴 木村蕪城 寒泉
打解て落人圍ふ深雪かな 井上井月
大雪がくると尻振るへくさ虫 橋本榮治 逆旅
大雪が押す禅堂の雪囲ひ 山口誓子 不動
大雪といふ夜いよよ筆一本 野澤節子
大雪となりけりかるたとり更くる 孤軒
大雪となりしはまこと四月馬鹿 原田青児
大雪となりたる犬を入れて寝る 原田青児
大雪となりて今日よりお正月 前田普羅
大雪となるべし駅のはや点り 遠藤梧逸
大雪となる我が家の玄関まで 右城暮石 声と声
大雪と書くことたのし日記初 大場香波
大雪と成けり關のとざしごろ 蕪村遺稿 冬
大雪にシヨートケーキの如き街 川口咲子
大雪になるや夜討も遂に来ず 正岡子規
大雪にぽつかりと吾れ八十歳 飯島晴子
大雪に行方不明の福寿草 長谷川かな女 花寂び
大雪に止めの朝日射しにけり 坂本山秀朗
大雪に鐘つく人の見ゆるかな 大峯あきら
大雪に神事の鯉の匂ひけり 大峯あきら
大雪に竹たぢたぢとなりにけり 高澤良一 随笑
大雪に埋もる家より柩出す 関久江
大雪に狎れず怖れず棲み古りぬ 京五紅
大雪のあとのかんばせおもんみる 松澤昭
大雪のいづこ掘りたる芹なづな 長谷川櫂 古志
大雪のスキー列車の夜をいねず 水原秋桜子
大雪のたなぞこふるる別れかな 斎藤玄
大雪のたなぞこふるゝ別れかな 齋藤玄 飛雪
大雪のなほ降る闇へ鬼やらふ 相馬遷子 山河
大雪のふかまりゆくや音絶えて 横光利一
大雪のものしづかさや明の春 几圭 選集古今句集
大雪のもの静かさや明の春 几圭
大雪のもの静さや明の春 几 圭
大雪のルルドに来るは野鳥のみ 朝倉和江
大雪のわが掻きし道人通る 相馬遷子
大雪のわれのニコニコ絣かな 飯島晴子
大雪のわれの二コニコ絣かな 飯島晴子
大雪の蓋を開ければ煮ころがし 川崎展宏
大雪の岸ともりたる信濃川 長谷川櫂 古志
大雪の国を出で来し御慶かな 近藤浩一路 柿腸
大雪の今朝山中に煙たつ 宇多喜代子 象
大雪の山猿こころかわきけり 松村蒼石 雪
大雪の小川たぎちて道添へり 松村蒼石 雪
大雪の上にぽっかり朝日かな 雪 正岡子規
大雪の大甕の祖母の甘酒よ 阿保恭子
大雪の旦よく燃ゆかまどの火 露月句集 石井露月
大雪の旦若菜をもらひけり 加舎白雄
大雪の中戻り来し賀状かな 増田龍雨 龍雨句集
大雪の昼過きて物買ひに出る 尾崎紅葉
大雪の底に生き延びゐたりけり 伊藤玉枝
大雪の都電とゞまる旧居前 水原秋櫻子
大雪の不破の関跡訪ひもせず 高濱年尾 年尾句集
大雪の物静さやあけの春 几圭
大雪の黙を持ち込む終列車 橋本榮治 逆旅
大雪の夜の間髪や竹折るゝ 清水基吉 寒蕭々
大雪の夜は千代紙のだまし舟 奥村美那子
大雪の夜を打崩す景色かな 松岡青蘿
大雪の予感有事の予感あり 高松美智子
大雪の予報無人の駅舎にも 小島左京
大雪の廂折りたり松は無事 宇佐美魚目 天地存問
大雪の鴉も飛ばぬ野山哉 雪 正岡子規
大雪の鵯聞いてゐる墓の虚子 対馬ひさし
大雪へ機関銃夜明けている 秋山秋紅蓼
大雪やあちらこちらに富士いくつ 雪 正岡子規
大雪やあはれ痔痛む夜べなりし 富田木歩
大雪やむかし時計は柱にあり 大高弘達
大雪やものゝ音なき時の音 小杉余子 余子句選
大雪や闇にしんしん音しずめ 山本としみ
大雪や井水の流れ夜もゆたか 金尾梅の門 古志の歌
大雪や印の竿を鳴く烏 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
大雪や玉のふしどに猪こゞへ 雪 正岡子規
大雪や手毬の音の軒つゞき 富田木歩
大雪や州の雪穴のゆりかもめ 松村蒼石 雁
大雪や洲の雪穴のゆりかもめ 松村蒼石 雁
大雪や出入りの穴も明の方 一茶
大雪や焼く餅みんなふくれ来し 大谷碧雲居
大雪や上客歩行で入りおはす 蕪村遺稿 冬
大雪や寝るまでつがん仏の灯 渡辺水巴 白日
大雪や人を呼び込む壕の中 岸田稚魚
大雪や水暖かに水前寺 吉武月二郎句集
大雪や雀落しのあさましく 野村喜舟 小石川
大雪や石垣長き淀の城 雪 正岡子規
大雪や朝の茶濃くも煮えて来し 碧雲居句集 大谷碧雲居
大雪や底びかりして夜の梁 七菜子
大雪や納屋に寝に来る盲犬 村上鬼城
大雪や能登巡礼の黒づくめ 井上雪
大雪や背山は知らず峡の里 尾崎迷堂 孤輪
大雪や風鈴鳴りつ暮れてゐし 渡辺水巴 白日
大雪や夜明けの汽笛ひびきくる 伊藤君江
大雪や幽明わかず町寝たり 渡辺水巴 白日
大雪や隣のおきる聞き合せ 浪化 俳諧撰集「有磯海」
大雪や暦に記す覚え書き 椎橋清翠
大雪や狼人に近く鳴く 雪 正岡子規
大雪や藪と藪との切通し 秋紅 俳諧撰集玉藻集
大雪や關所にかゝる五六人 雪 正岡子規
大雪を出て大雪を戻りけり 工藤雄一
大雪を嘆く鴉の舌赤し 西村公鳳
大雪を報ぜしあとを楽流れ 伊藤京子
大雪を来て掛乞のねぎらはる 三宅句生
大雪を連れて父の忌来たりけり 勝又星津女
大雪を朗報のごと春立てる 百合山羽公 寒雁
大雪を囃す太鼓や鱈祭 荻原映☆
大雪塊ころげ現はれ雪崩やむ 岡田日郎
大雪原翔ちて清らな鶴の脚 禰寝雅子
大雪片不意に吾が眼の前に降る 山口誓子 青銅
大雪嶺雲突き抜けて鎮もれり 大原雪山
大年の大雪となる昼の雪 大井雅人
谷の水くゞもりひゞく深雪かな 比叡 野村泊月
谷杉の深雪に堪へてつむじ舞ふ 松村蒼石 雪
谷杉の鬱蒼真白深雪かな 松根東洋城
谷々の流れとまりし深雪かな 岡本松浜 白菊
炭鉱の灯のかたまれる深雪かな 戸沢寒子房
地の深雪宙の二階の白根澄む 飯田蛇笏 椿花集
池水にかさなりかゝる深雪哉 高井几董
遅月にふりつもりたる深雪かな 飯田蛇笏 山廬集
竹に見て野を慕(なつ)かしむ深雪哉 羅父
茶焙じて我夜果てなき深雪かな 碧雲居句集 大谷碧雲居
中空に起重機鳴れる深雪かな 米沢吾亦紅 童顔
鳥が去り光がのこる深雪晴 柴田白葉女
鳥とぶや深雪がかくす飛騨の国 前田普羅
鳥の嘴に赤き実のなき深雪かな 野村喜舟 小石川
鳥落ちず深雪がかくす飛騨の国 前田普羅
嬬恋の里も深雪の中の頃 成瀬正とし 星月夜
吊橋の乾きあとさき深雪道 中戸川朝人
吊橋の深雪ふみしめ飛騨へ径 前田普羅 飛騨紬
釣堀の葭簀囲ひの深雪かな 龍岡晋
庭におく深雪の石にみそさざい 飯田蛇笏 椿花集
釘店の路地に住みても深雪かな 野村喜舟
天よりも夕映敏く深雪の面 野澤節子
天井に駕籠つるしある深雪かな 龍岡晋
天壁を夕焼のぼる深雪かな 児玉南草
天墨の如し大雪になるやらん 青木月斗
天臺の大寺にして深雪かな 橋本鶏二
兎ゆきしあとのみ散りて深雪なり 及川貞
湯女どちと深雪月夜を一つ温泉に 松本たかし
湯女どちの肌の湯艶よ深雪宿 たかし
灯とぼるは家あるあかし深雪原(越後柏崎) 上村占魚 『橡の木』
燈を洩らし深雪の関ヶ原に住む 山口誓子 紅日
踏みゆきて佐渡の深雪の能舞台 坂井建
踏み出でて大雪晴に身の浮けり 岡本 眸
踏切の灯を見る窓の深雪かな 飯田蛇笏 山廬集
頭より転ぶ石狩豪雪降りやむとき 寺田京子 日の鷹
闘うて鷹のえぐりし深雪なり 村越化石
闘うて鷹のゑぐりし深雪あり 村越化石
堂押祭深雪を踏んで声しぼる 皆川盤水
二日より深雪に飛ばす鉄火かな 齋藤玄 飛雪
日本曹洞第一道場深雪晴(越前永平寺) 上村占魚 『橡の木』
葱洗ふや月ほのぼのと深雪竹 飯田蛇笏 山廬集
念ごろな飛脚過ゆく深雪かな 蕪村遺稿 冬
農具市深雪を踏みてかためけり 前田普羅
農具市深雪を踏みて固めけり 前田普羅
白魚や深雪のうへの夜の雨 龍岡晋
白壁の日は水のよな深雪かな 佐野良太 樫
粕焼いて深雪の底の白髪童子 西村公鳳
薄雪の炭火深雪の炭団かな 小杉余子 余子句選
箸一ぜん買ひに出でたる深雪かな 龍岡晋
発止ときし鶺鴒つぶて深雪原 鷲谷七菜子 銃身
比良一帯の大雪となり春の雷 大須賀乙字
肥橇曳く遠深雪野に消えむため 小林康治 玄霜
非目前深雪の杉の立話 和知喜八 同齢
飛騨人や深雪の上を道案内 前田普羅 飛騨紬
眉もたぬ公卿人形の深雪晴 源鬼彦
鼻腔・気管詰まり深雪に仏貌 溝口青於
漂泊のこゝろ羽黒の深雪踏む 桑田青虎
富山にて金澤おもふ深雪かな 松根東洋城
舞踏室の灯洩れ薬師堂深雪かな 宮武寒々 朱卓
聞き及ぶ高田瞽女訪ふ深雪中 松尾緑富
兵を送る松明あらはるゝ深雪かな 前田普羅 飛騨紬
片膝をついて深雪や凍死人 紅実
菩提樹の實のこぼれゐる深雪かな 河合凱夫 藤の実
望郷やしなのの山の深雪空 松村蒼石 雪
埋もれて穴あく笹の深雪かな 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
満目の深雪の底に温泉あり 村上三良
蓑着て街路樹へ大雪掻く人たち 橋本夢道
霧行くや樅は深雪に潰えつゝ 相馬遷子 山国
婿投げといふ奇祭あり村深雪 藤戸千代子
娘等濯ぐ深雪の中の温泉の流 伊藤柏翠
木々に隙ありて深雪や鬼やらひ 宮坂静生 春の鹿
目のあたり浴泉群女深雪晴 松本たかし
門をゆくひと物いはぬ深雪かな 会津八一
夜の柱肥るは深雪くるならむ 稲島帚木
夜桜や大雪洞の空うつり 子規
夜晴れて朝又降る深雪かな 虚子
夜明けむと大雪壁の押出づる 望月たかし
夜明けんと大雪壁の押出づる 望月たかし
野に大雪も来よとおもふ冬菜を漬ける 中塚一碧樓
葉ごもりて深雪のごとき牡丹かな 橋本鶏二
落葉松の深雪に月の遥かかな 井上康明
落暉今余光となりつ大雪野 小坂明治
離りて貧し深雪の中の翌檜 小林康治 四季貧窮
旅人に我糧わかつ深雪哉 高井几董
恋猫の通ふ深雪の紅殻戸 佐野美智
廊灯しゆく婢に月明の深雪竹 飯田蛇笏 山廬集
六尺以下を大雪とは言はず 齊藤美規
剪定は寒にするもの深雪掘る 西本一都
啼きしあと鶴は深雪の中あゆむ 安田 晃子
姨捨の深雪の底の炬燵婆 藤岡筑邨
棹立てて越の深雪やみをつくし 水田正秀
橇下りる深雪に足を下したる 高濱年尾 年尾句集
橇用意して娼家ある深雪かな 森川暁水 黴
檻の鶴いとしみのぞく深雪かな 大場白水郎 散木集
毬唄や十は深雪の十日町 大井戸辿
濤音の賀状深雪の賀状かな 大嶽青児
疼きけり深雪に地震に疼きけり 西本一都
簀囲ひに蒟蒻踏める深雪かな 野村喜舟 小石川
羚羊の跡ぞ深雪を巌頭へ 篠田悌二郎
衾被て木魚の眠る深雪かな 鈴木貞雄
蹇や深雪ゆく子を励ましつ 小林康治 玄霜
鰤の尾に大雪つもる海女の宿 前田普羅 能登蒼し
鰤来るや大雪止まぬ越の岬 羽田岳水
大雪 補遺

あひ触れて深雪の廂夜は深し 福田蓼汀 山火
あまづたふ日のさざなみの深雪原 上村占魚
おしひらく傘新しき深雪かな 原石鼎 花影
おでん酒うしろ大雪となりゐたり 村山故郷
おのづからよき声の出て深雪晴 能村登四郎
かん酒や深雪とならん深雪になれ 渡邊白泉
きさらぎや深雪に沈む林檎園 福田蓼汀 山火
しんしんと深雪や鴨も声を断つ 野見山朱鳥 幻日
しんしんと大雪吊の天地かな 村山故郷
しんとして深雪の視野のあるばかり 加藤秋邨
そこここと網倉見ゆる深雪かな 阿波野青畝
ただに素顔の青流沿へり深雪道 中村草田男
たべ物の切口ならび夜の深雪 中村草田男
だんまりの深雪一行子を中に 平畑静塔
てり返へす峰々の深雪に春日落つ 前田普羅 飛騨紬
なつかしき水の音する深雪かな 清崎敏郎
ひとつづつ深雪の上の星の数 加藤秋邨
ぼけの蕾のふくらみようは大雪にして晴れ 荻原井泉水
みちつけて水の出でくる深雪沢 上田五千石 森林
めづらしい春の大雪 尾崎放哉 小豆島時代
ゆるやかに大雪片のまじりきし 清崎敏郎
われを呼ぶ深雪の中の母の墓 野見山朱鳥 愁絶
をさな子も深雪を帰るクリスマス 日野草城
愛のごとし深雪の底の水音は 小林康治 玄霜
逢ふ宵の大雪ふりとなりにけり 日野草城
逢ふ人の皆大雪と申しけり 正岡子規 雪
鮎の炉の火かげとゞかず深雪の戸 前田普羅 飛騨紬
井戸の窪一茶旧居の深雪中 松崎鉄之介
一葉の便りが通る深雪掻く 上田五千石 森林
飲砲光つて居る深雪 尾崎放哉 小豆島時代
駅凍てゝ曠野につゞく深雪かな 前田普羅 飛騨紬
猿の眼に 飢ありありと 深雪の檻 伊丹三樹彦
猿の湯や杉は深雪に花つけて 松村蒼石 雪
奥山に大雪やある余寒かな 原石鼎 花影以後
応挙寺大雪塊のしりぞかず 阿波野青畝
黄に爛れ深雪晴せる硫気口 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
温室の花買ひぬ信濃の深雪中 及川貞 夕焼
温室の戸を緑のぞくよ深雪晴 大野林火 雪華 昭和三十七年
温室へ出入り二日またぎの深雪晴 大野林火 雪華 昭和三十七年
音といふ音閉ざされし深雪宿 稲畑汀子
河豚の文大雪降ると物しけり 河東碧梧桐
火形(かぎゃう)にて焚火深雪にくだけゆく 平畑静塔
蝦夷見むと深雪に窪む長靴は 小林康治 玄霜
外灯立ちその先深雪道昏し 野澤節子 未明音
幹たかく葬後深雪の夕ながし 飯田龍太
観音の御衣深雪にはだけむほど 松崎鉄之介
観能の灯の昼ふかき深雪かな 西島麦南 人音
起きてゐる咳や深雪となりにけり 石橋秀野
郷倉は深雪・氷柱よ三百年 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
鏡なす大雪嶺を北の盾 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
局地性大雪六甲山に積む 山口誓子
駒鳥や大雪嶺に真横の陽 石塚友二 曠日
空の紺氷柱の瑠璃に深雪晴 松本たかし
空町へ土塀の坂や深雪晴 大野林火 潺潺集 昭和四十一年
空谿の深雪のどこか月ありぬ 加藤秋邨
軍港の兵の愁ひに深雪晴れ 飯田蛇笏 霊芝
鶏たかく榎の日に飛べる深雪かな 飯田蛇笏 山廬集
月光に深雪の創のかくれなし 川端茅舎
午ちかく雀なき出し深雪かな 原石鼎 花影
稿すすむ夜半サボテンの花も大 大野林火 雪華 昭和四十年
行きゆきて深雪の利根の船に逢ふ 加藤秋邨
豪華古るラツキーシツプ深雪晴れ 飯田蛇笏 雪峡
豪雪に寝て髪の毛の白くなる 山口誓子
豪雪の岩がしら息鮮しや 佐藤鬼房
豪雪の空港となり燈も見えぬ 佐藤鬼房
豪雪の夜明のおさな髪撫でる 橋閒石
豪雪や母の臥所のかぐわしく 橋閒石
豪雪をうがつわが尿レモン色 平畑静塔
豪雪を友へ禅林の太柱 福田蓼汀 秋風挽歌
豪雪報ひしひし雪割草は知る 山口青邨
骨上げ 深雪路 モンペおかしい姉遅れる 伊丹三樹彦
骨上げ 大雪 隠亡待ちのたたら踏む 伊丹三樹彦
山は深雪湯檜曽の村は夕日さす 村山故郷
山々のはればれねむる深雪かな 飯田龍太
山雀の声の深雪を誘ひゐる 飯田龍太
山刀伐の深雪の中に炭を焼く 阿波野青畝
山刀伐の深雪解けまで文字ねむれ 加藤秋邨
山門を掘り出してある深雪かな 清崎敏郎
四方の深雪に山上湖温みそむ 松村蒼石 雁
柴折戸を押すすべもなき深雪かな 原石鼎 花影
酌めば茶のすぐにさめたる深雪かな 鈴木真砂女
朱の柵とざして廟の深雪かな 日野草城
首綱で犢引き来る深雪かな 河東碧梧桐
春寒き夜半の深雪を人知らず 村山故郷
春深雪買はねばならぬ青菜の値 及川貞 夕焼
春雪の二夜の深雪星を得ぬ 及川貞 夕焼
春大雪この世眩しみゐたりけり 鷲谷七菜子 天鼓
春大雪の宵東京のラヂオ聞く 村山故郷
春大雪未明友逝き逝きて帰らぬ 金子兜太
初七日の春の深雪を忘れめや 日野草城
初雪の大雪になるそ口をしき 正岡子規 初雪
初鴉山に大雪降らせけり 岸田稚魚 紅葉山
女名の家の濡縁深雪嵩む 中村草田男
小柴門出入のしげき深雪かな 飯田蛇笏
小雪庇よし大雪庇知らざるも 右城暮石 句集外 昭和四十三年
庄司が二婦深雪のせつに馨りけり 佐藤鬼房
松の枝大雪塊ののり撓め 高野素十
鐘の音の一つひとつの深雪かな 鷲谷七菜子 天鼓
障子梅の木の影、大雪大に晴れ 荻原井泉水
上*せいの燈明りわたり深雪かな 原石鼎 花影以後
新年の深雪ぬくとく愛馬飼ふ 飯田蛇笏 春蘭
深雪して遺愛樹の洞ふたがりぬ 中村草田男
深雪つむ夜のシンクロンただ聾ひぬ 飯田蛇笏 白嶽
深雪にアイヌは腰の定りぬ 後藤比奈夫
深雪に会へば眉目の新しき 細見綾子
深雪のどれもみみづく越後の子 森澄雄
深雪の下くぐり来し水漉場に入る 橋本多佳子
深雪の顔にかかりし子の白息 細見綾子
深雪の戸はひれば読んで居り暗し 平畑静塔
深雪の照り双頬へ来てそを熱す 中村草田男
深雪の燈灯れる駅を通過せり 清崎敏郎
深雪の夜友をゆさぶりたくて訪ふ 中村草田男
深雪やへくそかづらがふとそよぎ 加藤秋邨
深雪やむときの粉雪に星浮ぶ 松村蒼石 雪
深雪よりいま一滴の旅はじまる 加藤秋邨
深雪見むと軒へのべたる手燭かな 原石鼎 花影以後
深雪降らしていま憩ふ空月と星 中村草田男
深雪宿温泉室の屋根は雪を置かず 松本たかし
深雪宿足あと家を一めぐり 高野素十
深雪晴 木馬 ブランコ みな音絶ち 伊丹三樹彦
深雪晴たばこのけむり濃むらさき 日野草城
深雪晴雁木表に馬具吊られ 松崎鉄之介
深雪晴湯花凝らしめ湯は流れ 大野林火 雪華 昭和三十七年
深雪晴非想非非想天までも 松本たかし
深雪晴野を来て町は汚れたる 相馬遷子 雪嶺
深雪青翳畦川ほそき音ひらき 鷲谷七菜子 銃身
深雪掻く家と家とをつながんと 西東三鬼
深雪中湖村一塊となり睡る 鷲谷七菜子 銃身
深雪踏む楽しさ胸に旅始 林翔
深雪踏む白き看護婦呼べばふり向く 西東三鬼
深雪道来し方行方相似たり 中村草田男
深雪野の美濃や近江は彦根まで 石塚友二 玉縄抄
世に遠く浪の音する深雪かな 臼田亜浪 旅人 抄
石の精神、まず大雪をぬきんず 荻原井泉水
雪卸し暮れており立つ深雪かな 前田普羅 飛騨紬
雪墜ちて深雪ににぶき音うまる 桂信子 女身
雪踏みの無言につづく深雪空 松村蒼石 雪
壮行や深雪に犬のみ腰をおとし 中村草田男
槍の穂は雪をとどめず深雪晴 福田蓼汀 山火
村まはりする花嫁御深雪晴 木村蕪城 寒泉
大雪が押す禅堂の雪囲ひ 山口誓子
大雪となるべし春の夜空これ 岸田稚魚 紅葉山
大雪となる我が家の玄関まで 右城暮石 声と声
大雪となる兎の赤い眼玉である 尾崎放哉 須磨寺時代
大雪になるや夜討も遂に來ず 正岡子規 雪
大雪にぽつかりと吾れ八十歳 飯島晴子
大雪にほめき出る月ありにけり 原石鼎 花影
大雪に耐ふる柱の時計うつ 橋閒石
大雪に耐ゆる柱の時計うつ 橋閒石 朱明
大雪に埋れざるものなかりけり 三橋敏雄
大雪に来て肥を汲む男かな 原石鼎 花影
大雪のただひたぶりな一日かな 細見綾子
大雪のたなぞこふるゝ別れかな 齋藤玄 飛雪
大雪のなほ降る闇へ鬼やらふ 相馬遷子 山河
大雪のわが掻きし道人通る 相馬遷子 山河
大雪のわれのニコニコ絣かな 飯島晴子
大雪の山猿こころかわきけり 松村蒼石 雪
大雪の小川たぎちて道添へり 松村蒼石 雪
大雪の上にぽっかり朝日かな 正岡子規 雪
大雪の村に水銀燈点る 山口誓子
大雪の谷間に低き小村かな 内藤鳴雪
大雪の朝を出でゆく魚の骨 佐藤鬼房
大雪の都電とどまる旧居前 水原秋櫻子 帰心
大雪の夜の排卵を拝むなり 橋閒石
大雪の夜の白檀を燻ずべし 橋閒石
大雪の夜を福寿草ひらきけり 橋閒石
大雪の鴉も飛ばぬ野山哉 正岡子規 雪
大雪やあちらこちらに富士いくつ 正岡子規 雪
大雪やめくら暦の里埋もれ 百合山羽公 樂土
大雪や玉のふしどに猪こゞへ 正岡子規 雪
大雪や山毛欅の諸枝のどこか揺れ 阿波野青畝
大雪や洲の雪穴のゆりかもめ 松村蒼石 雁
大雪や寝るまでつがん仏の灯 渡邊水巴 白日
大雪や人を呼び込む壕の中 岸田稚魚 雁渡し
大雪や石垣長き淀の城 正岡子規 雪
大雪や底びかりして夜の梁 鷲谷七菜子 花寂び
大雪や納屋に寝に来る盲犬 村上鬼城
大雪や風鈴鳴りつ暮れてゐし 渡邊水巴 白日
大雪や母の点つ茶の泡みどり 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
大雪や幽明わかず町寝たり 渡邊水巴 白日
大雪や狼人に近く鳴く 正岡子規 雪
大雪や關所にかゝる五六人 正岡子規 雪
大雪を曳きあへずして汽車うごく 平畑静塔
大雪を冠りて木々も低頭す 山口誓子
大雪を見に大雪の国へ行く 山口誓子
大雪を降らして伊吹雪少な 山口誓子
大雪を降らす曲者伊吹山 山口誓子
大雪を必然として埋れ住む 山口誓子
大雪を朗報のごと春立てる 百合山羽公 寒雁
大雪原人の住む燈の見当らず 山口誓子
大雪原地球のうねりそのままに 山口誓子
大雪原天には月を掲ぐのみ 山口誓子
大雪片不意に吾が眼の前に降る 山口誓子
大雪嶺子らの喊声打ち返し 上田五千石『田園』補遺
大沢の深雪解くるに間あるなり 山口誓子
大年の襖の隙の深雪かな 百合山羽公 春園
瀧尻の渦ながれつぐ深雪かな 飯田蛇笏 心像
啄木鳥や深雪に立てる木も凍り 水原秋櫻子 秋苑
谷杉の深雪に堪へてつむじ舞ふ 松村蒼石 雪
地の深雪宙の二階の白根澄む 飯田蛇笏
地は厚くして大雪の富士を載す 山口誓子
遅月にふりつもりたる深雪かな 飯田蛇笏 山廬集
竹の張力、太陽へ大雪を払う 荻原井泉水
竹垣にひそむ雉子の眸深雪晴れ 廣瀬直人 帰路
鳥とぶや深雪がかくす飛騨の国 前田普羅 飛騨紬
吊橋の深雪ふみしめ飛騨へ径 前田普羅 飛騨紬
庭におく深雪の石にみそさざい 飯田蛇笏
天よりも夕映敏く深雪の面 野澤節子 未明音
兎ゆきしあとのみ散りて深雪なり 及川貞 夕焼
盗伐で生く曲木部落いま深雪 佐藤鬼房
湯汲老婆に 妓から会釈の 深雪の橋 伊丹三樹彦
湯女どちと深雪月夜を一つ温泉に 松本たかし
湯女どちの肌の湯艶よ深雪宿 松本たかし
湯畑の湯花採る日や深雪晴 松本たかし
燈を洩らし深雪の関ケ原に住む 山口誓子
踏み出でて大雪晴に身の浮けり 岡本眸
踏切の灯を見る窓の深雪かな 飯田蛇笏
二十五年目といふ大雪に降られたる 細見綾子
二日より深雪に飛ばす鉄火かな 齋藤玄 飛雪
日のあたる方へ深雪の幹歩む 藤田湘子
日暮まで降り出して大雪となる 右城暮石 散歩圏
日本曹洞第一道場深雪晴 上村占魚
日輪のいでて深雪やスキー行 百合山羽公 春園
葱洗ふや月ほのぼのと深雪竹 飯田蛇笏 山廬集
農具市深雪を踏みて固めけり 前田普羅 普羅句集
白鳥座大雪嶺を越えて翔く 上田五千石『田園』補遺
発止ときし鶺鴒つぶて深雪原 鷲谷七菜子 銃身
半ば魔を恃む深雪に両足消し 西東三鬼
彼岸過ぎの大雪ふるさと人嘆く(丹波) 細見綾子
肥橇曳く遠深雪野に消えむため 小林康治 玄霜
飛騨人や深雪の上を道案内 前田普羅 飛騨紬
富士の里大雪に筬を鴫らす門 村山故郷
負け独楽のつきささりたる深雪かな 加藤秋邨
復活や深雪に墓の抱かれて 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
兵を送る松明あらはるゝ深雪かな 前田普羅 飛騨紬
暮れてなほ倶楽部にゐたり外は深雪 村山故郷
望郷やしなのの山の深雪空 松村蒼石 雪
枕辺に妻ゐて春の深雪云ふ 村山故郷
霧行くや樅は深雪に潰えつゝ 相馬遷子 山国
明け方の暗さもどりし深雪に降り立つ 篠原梵 年々去来の花 皿
木立裾落ち込んでゐる深雪かな 高浜年尾
黙々生きて暁の深雪に顔を捺す 佐藤鬼房
目のあたり浴泉群女深雪晴 松本たかし
夜の明けてゆくと深雪の冷えぞこれ 篠原梵 年々去来の花 皿
野に大雪も来よとおもふ冬菜を漬ける 中川一碧樓
柳鰈貰ふ大雪そのあとに 大野林火 潺潺集 昭和四十三年
落葉松林の奥しづかなる深雪かな 村山故郷
離りて貧し深雪の中の翌檜 小林康治 四季貧窮
嶺近く大雪晴るる水迅し 廣瀬直人 帰路
廊灯しゆく婢に月明の深雪竹 飯田蛇笏 山廬集
老孤松大雪景を降らしけり 永田耕衣
老松方方を拝す大雪景 永田耕衣
煖炉に立つ大雪を積む聖樹 山口誓子
蹇や深雪ゆく子を励ましつ 小林康治 玄霜
鰤の尾に大雪つもる海女の宿 前田普羅 能登蒼し

大雪 続補遺

あかるさに蠅の出て行深雪哉 田川鳳朗
こゝろだに置処なき深雪哉 松岡青蘿
たをやかに柳もうけよ初深雪 馬場存義
ない事のやうに来ていふ深雪哉 田川鳳朗
よし野山も唯大雪の夕哉 野水
大雪と成けりけさは鶴のこゑ 蒼虬
大雪に埋まぬものや鏡の声 落梧
大雪に明たまゝ也枝折門 荻人
大雪に餅をならべし莚かな 建部巣兆
大雪のこゝにも食のけぶりかな 不玉
大雪のつみ残しけり腹のうち 田川鳳朗
大雪の降とは見えず浦のさま 蒼虬
大雪の旦若菜をもらひけり 白雄
大雪の中からほのと赤つばき 諷竹
大雪の夜を打崩す景色かな 松岡青蘿
大雪やむぐらの宿のひしけ物 野水
大雪や我を山家に庭の松 夏目成美
大雪や水の枝折の埋跡 野坡
大雪や落つきて啼鳥の声 紫白女
大雪や里どまりするひわの声 卯七
大雪や隣のをきる聞合せ 浪化
大雪や隣へ行ば雪の洞 路健
池水にかさなりかゝる深雪哉 几董
猪突の控に立る深雪かな 加藤曉台
底冷やいつ大雪の朝ぼらけ 此筋
日比見し松も深雪の高根哉 高桑闌更
旅人に我糧わかつ深雪哉 几董
棹立て越の深雪やみほつくし 正秀
以上


by 575fudemakase | 2018-02-15 05:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ライオン 獅子

ライオン 獅子

ライオン
ぶらりとライオン都会の赤児が眠っている 坪内稔典
ライオンの咆吼遥か虫が涌く 野原 薫
ライオンの咆哮風を涼しくす 梶田悦堂
ライオンの抜けてきさうな茅の輪かな 小野口正江
ライオンの渇き鹹湖のとさか草 八木三日女 石柱の賦
ライオンの立て髪は神への不義だ 春海教子
ライオンの虚言癖はみなみ風 稲葉百穂
ライオンの貌大なり花吹雪 河野静雲 閻魔
ライオンは寝てゐるわれは氷菓嘗む 正木ゆう子
ライオン苦し赤剥け岩の一冷雲 赤尾兜子
三越のライオンにをり春シヨール 染谷彩雲
仰向けにライオン眠る葭簀張り 右城暮石 上下
銃口は何処ライオンが老いていく 滝口千恵
馬の脚ライオンの脚天高し 二村典子
百獣の王寝てばかり空つ風 高澤良一 寒暑
百獣の王の幽閉冬どなり 福田貴志
獅子
あなたぬしあなおもしろと獅子跳ねて 阿波野青畝
あふのけになりて獅子泣く涅槃かな 野村喜舟
かはわっぱりスピロヘータる獅子吼かな 加藤郁乎
から獅子の血を干しつけて牡丹かな 李由 四 月 月別句集「韻塞」
がくがくとかつがれ行くや獅子頭 長谷川浪々子
くたくたと獅子がへたばる獅子の宿 前田普羅
くた~と獅子がへたばる獅子の宿 前田普羅 新訂普羅句集
さうぶ湯に老いたる獅子に似て沈む 伊藤白潮
しばらくの畦をかつぎぬ獅子頭 米沢吾亦紅 童顔
じゃんじゃらじゃん双十節の獅子現れぬ 高澤良一 燕音
ひた踊る獅子はかなしも地に低く頭をおろし又振り上げにけり 大野とくよ
ひるの日となりつつ獅子の笛ながれ 長谷川素逝 村
ふり向くや獅子舞の顔昏れてなし 斎藤優二郎
まことにも獅子の愁や涅槃像 野村喜舟 小石川
まんだらの里さなぶりの獅子舞はす 岩崎すず
めしたべてゐる獅子舞の二人かな 吉田汀史
ガチ~と鳴る獅子の歯の夕つむじ 久米正雄 返り花
コップ酒飲みて獅子舞酒場出る 板垣峰水
ディロスの獅子吐く稲妻に髪立つ媼 八木三日女 石柱の賦
デイゴ咲き口中赤き魔除獅子 中嶋秀子
七日銀座獅子舞が人を見て佇てり 長谷川かな女
不龍獅子虎(フランシスコ)といふ名の父を知る秋や 夏石番矢
中華獅子おどけ瞬きしたりけり 高澤良一 燕音
乾季来る石中の獅子駈けつづけ 加藤秋邨 死の塔
亀鳴けり甍の獅子は唸りもし 坊城 俊樹
二千古を咆ゆれば湖もひからぶ獅子 八木三日女 石柱の賦
八幡町氏子に獅子の歯を鳴らし 高澤良一 素抱
六斎や胡蝶に狂ふ獅子頭 池尾ながし
六斎や蕎麦食べに来し越後獅子 早渕道子
六階にゐて懐しや獅子ばやし 永井龍男
初東風や肩にねむりし獅子頭 高橋潤
初瀬の駅獅子舞汽車を待てるかも 山口誓子
初空へさし出す獅子の首哉 一茶 ■文化八年辛未(四十九歳)
加賀獅子の箸置そろへ年酒かな 野澤節子 『駿河蘭』
十二橋の一つの橋を獅子の笛 町田しげき
原つぱに出て獅子舞は風湧かす 古庄陽炎
厨子甕の獅子立つ四隅春鳳梨 吉田紫乃
名作の鏡獅子人形去年今年 阿部みどり女 月下美人
君ナクテ獅子シヅミコム寒サカナ 瀧井孝作
吹かれつつ獅子舞とゆく伊良湖岬 大野林火
啄木の墓に獅子独活花かざす 金子伊昔紅
啓蟄や獅子身中の虫騒ぐ 柴田奈美
噴煙は枯野に獅子の影なせる 水原秋桜子
埋没の石獅子の首麦青む 日原傳
夏足袋を頭へ蹴上げ獅子の舞ふ 加藤耕子
夕櫻鶏の頭を喰ふ獅子に 小澤實
大つばき獅子王挿して席披き 及川貞 夕焼
大歯朶をのせたり古き獅子頭 長谷川かな女 雨 月
大雨に獅子を振りこむ祭かな 鬼城
天の川ねむりの四肢の獅子となり 加藤郁乎
妻立てば獅子舞は籬の外をゆけり 湘子
子を抱きて待つ獅子舞のそれゆきぬ 林翔 和紙
寒波来と酒田の雄獅子耳を立て 中村苑子
小春日の三越の獅子の玄関かな 青峰集 島田青峰
屋根ごとに魔除獅子置き仏桑花 轡田 進
山の子に獅子の遠笛やるせなや 長谷川素逝
山伏も高西風に佇ち獅子をみる 宮武寒々 朱卓
山国や霧蹴つて舞ふささら獅子 宮田富昭
山川や神輿について獅子かへる 前田普羅 新訂普羅句集
山越えて来る獅子舞に兎網 米沢吾亦紅
山車獅子の晴れ着の唐草模様も古り 高澤良一 燕音
工場のふえる町ゆく獅子の笛 相河美智子
引獅子や昏れをうながす笛と風 加倉井秋を 『隠愛』
影ばかり脊梁山脈の獅子舞 金子兜太
打ち伏せるかまつか獅子の如くにも 馬場移公子
文様の綿の中に獅子射られ 和田悟朗 法隆寺伝承
新兵の欠礼街に獅子舞へり 萩原麦草 麦嵐
新北風の幅を見据ゑよ屋根獅子 鳥居おさむ
日輪に挑み舞獅子舞ひ狂ひ 上野泰
早稲の香におぼるるばかりささら獅子 落合水尾
春の星触れむばかりに屋根の獅子 新田祐久
春雨や眠りがちなる檻の獅子 抱魚
春風や獅子のかたちに太湖石 日原傳
月天心獅子のうへなる知恵菩薩 佐川広治
月浴びて縁に子等居り神楽獅子 木歩句集 富田木歩
村獅子の笛遠離るかづら橋 麻植悦子
来てみれば獅子に牡丹のすまひかな 松尾芭蕉
東京はわが故郷よ獅子ばやし 永井龍男
格子戸を出し獅子舞の煙草喫ふ 星野立子
格子戸を出て獅子舞の煙草喫ふ 立子
檻の天より藤垂れ獅子を懐柔す 津田清子 礼 拝
此の河岸は倉庫ばかりの獅子過ぐる 久米正雄 返り花
死ぬときも派手に和蘭陀獅子頭 櫂未知子 蒙古斑
母の銭温し獅子舞の短さよ 小林康治
母の銭温し獅子舞ひの短かさよ 小林康治 玄霜
母恋や暮れてより来し獅子舞も 小林康治 玄霜
毒の水激ち獅子独活花盛り 岡田日郎
泉吸ひ紅髪を獅子のごとぬらす 古舘曹人 砂の音
海の日やダイナミックな獅子と竜 大林充幸
潜り入る獅子に雪吊り刎ねにけり 久米正雄 返り花
潮待ちの船に獅子来る浦祭 石原義輝
火の如き獅子のたてがみ五月来る 澤井我来
灯りて獅子舞の色はじきあふ 朝倉和江
炎帝の玉を捉らむと屋根の獅子 沢木欣一 沖縄吟遊集
父として幼き者は見上げ居りねがわくは金色の獅子とうつれよ 佐佐木幸綱
父子で舞ふ獅子の前足後ろ足 高間礼子
牟婁の子も来て獅子に逢ふ露の秋 宮武寒々 朱卓
牡丹や仏乗らるゝ獅子はなく 野村喜舟 小石川
牡丹亭獅子文六の五月かな 久保田万太郎 流寓抄
牡丹忌や現れさうな獅子の舞 酒井 武
狂ひ獅子かうべめぐらす牡丹かな 椎本才麿
狂獅子かつと閉ぢたる顎かな 皆吉爽雨
獅子の児の親を仰げば霞かな 幸田露伴 拾遺
獅子の囃子獅子のねむりとなりにけり 増田龍雨
獅子の毛を短かく振りぬびんざゝら 長谷川かな女 雨 月
獅子の舞巌となりて耳震ふ 月笠
獅子も立ち踊る六斎和唐内 松本三余
獅子を狩る男でありし前世かな 和田悟朗 法隆寺伝承
獅子使苜蓿ゆくも鞭鳴らす 内藤吐天 鳴海抄
獅子像のまなこ虚ろに街吹雪く 有働亨 汐路
獅子像を過ぎて城見ゆ冬日かな 宮武寒々 朱卓
獅子吠ゆる激怒のときも石のまま 八木三日女 石柱の賦
獅子囃子吾児の温みを胸中に 町山直由
獅子寐るや其唇に蠅の糞 幸田露伴 谷中集
獅子岩の陰にゐるらし磯あそび 藤田あけ烏 赤松
獅子役のピアスが光る月の宮 吉原文音
獅子牡丹わが名八束の湖の島(島根県八束郡八束町) 石原八束 『幻生花』
獅子独活に翅音ひびけるものばかり 鈴木しげを
獅子独活のたてがみしろし蝶よぎり 堀口星眠 営巣期
獅子独活の群落白き岳月夜 福田蓼汀
獅子独活の藪から棒に恐山 高澤良一 随笑
獅子独活の雨の山荘閉ぢにけり 鈴木しげを
獅子笛や山河眩しき父のくに 佐川広治
獅子舞がすたすたゆけり最短路 皆川盤水
獅子舞が波止場の舟に稼ぎ抜く 河野南畦 『風の岬』
獅子舞が通りこぼれる崖の土 桂信子 黄 瀬
獅子舞つて山里の花綻ばす 小松原みや子
獅子舞と行き過ぎしより荒磯みち 秋元草日居
獅子舞にお捻りの指噛まれけり 大森三保子
獅子舞にぞろぞろついて村の子等 竹田 佳女
獅子舞にひそと鎖しゐて夕餉かな 富田木歩
獅子舞に家族起立の町工場 菊地美恵子
獅子舞に山の手暮色雪ふり出す 風生
獅子舞に戸をあけ放つ蔵座敷 吉田 二葉
獅子舞に暇乞唄暇笛 加倉井秋を
獅子舞に背なの子噛ます渡舟中 加藤隆二
獅子舞のあはれ狂ひとなン驚破 久保田万太郎 流寓抄
獅子舞のあるひは水の辺に憩ひ 安住敦
獅子舞のおのれかなしく足を噛む 芦川源
獅子舞のかしら庇ひて濡れゆけり 塩谷はつ枝
獅子舞のまづしき顔や聖橋 杉山岳陽
獅子舞の二つ反り打ち土間の中 温亭
獅子舞の二人の足を見詰めけり 野村喜舟 小石川
獅子舞の去りし空白にごり酒 北見さとる
獅子舞の反りかへりたる空に雲 久米正雄 返り花
獅子舞の口に祝儀を銜へ舞ふ 羽吹利夫
獅子舞の口の奥より酔ひて笑ふ 楸邨
獅子舞の口中深き眼と合へり 八染藍子
獅子舞の土嗅ぐ仕種日本晴 一考
獅子舞の大きく震い地に伏せり 中村和弘
獅子舞の太鼓松風ぐもりかな 久保田万太郎 流寓抄
獅子舞の巨口がつくり舞ひ納む 福田蓼汀
獅子舞の心臓ふたつもて怒る 大石雄鬼
獅子舞の憩ひゐるとき頭を脱ぎて 河野南畦 湖の森
獅子舞の来てゐる町角うどん食ふ 桜井博道 海上
獅子舞の橋に行き会ふきらびやか 久米三汀 返り花
獅子舞の泣く子なだめて去りにけり 山田節子
獅子舞の浪見てかへす熊野灘 桂樟蹊子
獅子舞の浪見て返す熊野灘 桂樟蹊子
獅子舞の片耳なきが来て舞えり 土師清二 水母集
獅子舞の狂ふとき飢ゑきたらずや 細川加賀 『傷痕』
獅子舞の獅子さげて畑急ぐなり 森 澄雄
獅子舞の獅子の口より人の声 田川飛旅子 『植樹祭』
獅子舞の獅子は四肢から酔ひはじむ 山田空石
獅子舞の獅子は浅草者とかや 富岡九江
獅子舞の獅子抱き帰る山手線 松本三千夫
獅子舞の獅子目覚めたるところより 高澤良一 燕音
獅子舞の笛がまづ来る磯の径 利根川妙子
獅子舞の笛に蹤きゆく遊び鶏 藤井 亘
獅子舞の笛のきこえてここへは来ず 安住敦
獅子舞の胸紅く運河渡るなり 石田 波郷
獅子舞の胸赤く運河渡るなり 石田波郷
獅子舞の脚の歩いて巷まで 甲斐 つる子
獅子舞の舷梯のぼる紙吹雪 中本柑風
獅子舞の艫に来て舞子漁はじめ 植田露路
獅子舞の藪にかくれて現れぬ 高浜虚子
獅子舞の道中笛に和す蝉時雨 町田しげき
獅子舞の青天に毛を振りかぶり 久米正雄 返り花
獅子舞の頭取りたる美少年 山田ゆう子
獅子舞の骨まで崩し伏せりけり 殿村菟絲子 『樹下』
獅子舞は入日の富士に手をかざす 水原秋桜子
獅子舞は巷に世阿弥五百年 久米正雄 返り花
獅子舞ひとり朝の都電に拾はれつ 岡田 貞峰
獅子舞も七草過ぎのすがたかな 増田龍雨 龍雨句集
獅子舞も奥湯へいそぐ夕あられ 山岸 治子
獅子舞も濡れて行くなり嵯峨の雨 河北斜陽
獅子舞も雪もしづかに舞ひをさむ 笹井武志
獅子舞やあの山越えむ獅子の耳 万太郎 (いまはむかしの、忠七よ、半平よ、喜代作よ……)
獅子舞やあの山越えむ獅子の耳 久保田万太郎 流寓抄
獅子舞やしばらく恋の二つ面 久保田万太郎 流寓抄
獅子舞やちやらけはちまき太鼓方 久保田万太郎 流寓抄
獅子舞やふいにおみなを殴りたし 安井浩司
獅子舞やー人よすけのりちぎにて 久保田万太郎 流寓抄
獅子舞や大口明けて梅の花 一茶
獅子舞や大和に古りし長谷街道 鈴鹿野風呂
獅子舞や寒気煽つて耳震ふ 渡辺水巴 白日
獅子舞や岡辺の家居木にこもり 木津 柳芽
獅子舞や師走の空の雪催ひ 木歩句集 富田木歩
獅子舞や戯絵ふせたる机辺まで 前田普羅
獅子舞や海の彼方の安房上総 五所平之助
獅子舞や獅子を眠らす子守唄 安住敦
獅子舞や笛の少年戸に凭れ 橋本鶏二 年輪
獅子舞や篁の土乾ききり 石川桂郎 高蘆
獅子舞や裾をふはりと眠るさま 野村喜舟
獅子舞をおろす短かき寄港すむ 黒木 夜雨
獅子舞を終へし囁き真顔となる 加藤楸邨
獅子舞を見にゆく赤い下駄はいて 橋本鶏二 年輪
獅子舞来るカチカチカチと子供食う 澤柳たか子
獅子衣装干して紫苑の軒低し 海野ふさ子
獅子遂に面白くなる手毬かな 雑草 長谷川零餘子
獅子頭かぶりて落す咳ひとつ 築城百々平
獅子頭しまふ月夜のブリキ箱 吉原文音
獅子頭どさりと置きて男老ゆ 小池龍渓子
獅子頭まつる神座荒東風す 角川源義
獅子頭低くして舞ひはじめけり 池田秀水
獅子頭八方にらむ土用干 加藤一智
獅子頭双十節の高空に 高澤良一 燕音
獅子頭天を仰ぎて舞ひはじむ 佐藤信子
獅子頭揺らぎ~の金魚かな 野村喜舟 小石川
獅子頭毛の房々や神の留守 野村喜舟 小石川
獅子頭笛の音澄めば眠りけり 山田恵子
獅子頭背にがつくりと重荷なす 西東三鬼
獅子頭脱いで煙草を買うてをり 吉屋信子
獅子頭脱ぎたる顔の憮然たり 相生垣瓜人
獅子頭脱ぎたる顔の撫然たり 瓜人
獅子頭連ねかざして祭かな 高浜年尾
獅子頭露地の童に舌出して 石塚友二
獣に青き獅子あり涅槃像 後藤夜半 翠黛
田楽の獅子の口から手が覗く 早川翠楓
畦潰ゆ獅子舞獅子を肩に垂れ 桂郎
百万遍のどか獅子舞ふおかめ舞ふ 高橋栄子
皹を獅子身中の虫という 宇多喜代子
盃に遠世のごとし獅子の笛 川端火川
眠る獅子の背にたぐへつつ荒川の膨れてうねる水面みてゐる 鎌倉千和
眼にばかり酔ひ集れり獅子舞へり 永井龍男
睡る獅子ぴひよろぴひよろと笛起す 福田蓼汀
石像の獅子もしなやか春夕べ 桂信子 花寂び 以後
石橋の虚空獅子飛ぶ牡丹かな(関根知孝氏独立披露能) 石原八束 『風霜記』
祭獅子煽る日の丸扇子かな 黒田咲子
祭獅子祓ひては子に泣かれゐる 丸山美奈子
祭笛獅子頭めきバスが来る 香西照雄 対話
禊酒残りは獅子が喇叭飲み 品川鈴子
秋天を仰ぎ打ち出す獅子太鼓 宮田富昭
秋日截る獅子の銜へし剣の尖 伊藤いと子
秋深し獅子より匂ふナフタリン 吉原文音
秋灯に舞はねば仮死の獅子頭(加須にて二句) 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』
笛しばし遅れ思案の獅子頭 谷口桂子
笛の音や泣きみ怒りみ祭獅子 高橋淡路女 梶の葉
笛もなく激しく舞へり旅の獅子 殿村莵絲子
笛吹川一筋あをく獅子舞来 橋本榮治 麦生
結ひたての髪を喰ひけり獅子頭 庭後
耳たれて舞獅子伏せし青畳 掛札常山
舞ひ獅子の大地に顎をのせしところ 上野 泰
舞ひ終へて金色さむし獅子頭 三橋鷹女
舞ふ獅子にやさしく噛まれ暖かし 殿村莵絲子
舞ふ獅子の白衣に蹤きて蝶涼し 伊藤いと子
花嫁衣裳の紅獅子椿咲き重れ 和知喜八 同齢
若夏の魔除獅子いかる屋根の上 角川源義
荷を解きて獅子舞となる舟着場 米澤吾亦紅
菜の花の中や手にもつ獅子頭 乙二
蕗畑厄神獅子の通りけり 前田普羅 新訂普羅句集
豊隆の胸へ舞獅子口ひらく 西東三鬼
豊饒の稲抱くしぐさ金の獅子 吉原文音
赤きもの獅子舞となる山河かな 鷹羽狩行 第九
路地曲る獅子舞の笛風に乗り 面地 豊子
鉄工所冬正門に獅子を彫れり 細谷源二 鐵
隔りて少年獅子の笛を吹く 鳴金洞
雨の日に身伸べて眠る獅子を見ぬ獅子の見る夢わが夢に来よ 来嶋靖生
雨乞の獅子が立寄る湯治宿 臼井軍太
雨乞や狂ふばかりにささら獅子 梅澤和記男
雪をたひらに棲めば獅子舞来たるなり 村越化石
雪噛んできし北国の獅子頭 佐藤恵子
雲形や獅子駆け鹿島槍ヶ岳 加古宗也
青獅子の文殊菩薩や花祭 加藤三七子
青獅子も首垂れ嘆く涅槃変 福田蓼汀 秋風挽歌
静まりて獅子は帰りをいそぎけり 前田普羅 新訂普羅句集
頭を低くして獅子舞が舞ひ始む 本荘
頭家出る獅子に切火の涼しさよ 伊藤いと子
顔せにあてて吹くなり獅子の笛 橋本鶏二 年輪
風呂敷に獅子舞の具峠越す 下田稔
鶏の獅子にはたらく逆毛哉 榎本其角
麦笛やふいて見による獅子がしら 伊賀-魚日 俳諧撰集「有磯海」

by 575fudemakase | 2018-02-15 05:47 | 無季 | Trackback | Comments(0)

ゴリラ


ゴリラ

ことば持たねばゴリラは芦になりきれず 稲垣きくの 牡 丹
ゴリラほど草負えば容易い平和 小柳 準
ゴリラ不機嫌父の日の父あまた 渡辺鮎太
ゴリラ路上に瞳孔という壺かかえ 井手都子
子供の日背を向けてゐる大ゴリラ 藤本朋子
嵐の前ゴリラと歩調合わせけり 宮崎斗士
心配性のゴリラ背中で進化論 森須 蘭
春眠のゴリラの地下足袋めく蹠 高澤良一 寒暑
木の葉散るゴリラの背ナの愁ひかな 伊藤いと子
椿の木みえてゴリラの純愛かな 松本恭子
牡丹見てそれからゴリラ見て帰る 鳴戸奈菜
秋風やゴリラの胸毛白きもの 鈴木勇
薔薇色銀色ゴリラの色のあまたなり 水野真由美
蜜柑投ぐゴリラの媚びの哀しくて 稲垣きくの 牡 丹
逆立ちの人みてゴリラ逆立ちす 宮崎重作
遅日のゴリラ転進不能と絡みあふ 竹中宏 饕餮
遠くを見るゴリラに園の晩夏かな 高澤良一 
雪解けて顔のふくらむゴリラかな 成田千空
頭かかへてゴリラが芦になりすます 稲垣きくの 牡 丹

by 575fudemakase | 2018-02-15 05:45 | 無季 | Trackback | Comments(0)

動物園

動物園
うららかや恋の季節の動物園 波多野惇子
めぐり出る動物園や雲の峯 会津八一
人群がる動物園の小春哉 寺田寅彦
冬天の動物園や歌舞伎町 平井照敏
動物園さわやかに象みえ来たる 京極杞陽 くくたち上巻
動物園に三ケ所の奥ありにけり 五十嵐研三
動物園に老いたる姉を置き忘れ 橋本輝久
動物園ユーラシア区の落葉季 高澤良一 さざなみやっこ
動物園上空の青寒気団 今井 聖
動物園園児の点呼うさぎの前 高澤良一 寒暑
動物園子等には寒さなかりけり 岡安仁義
動物園寒し両掌でもの食ふ猿 右城暮石 声と声
動物園春の煙をあげにけり 大木あまり 火球
土固き動物園の梅開く 右城暮石 声と声
地があからさまに落葉す動物園 右城暮石 声と声
平凡な顔して秋の動物園に来た親と子 人間を彫る 大橋裸木
日常茶飯の動物園の麒麟かな 荻野雅彦
春の日も動物園もしまひかな 上野美智子
木の実落つ動物園のような夜 対馬康子 吾亦紅
無月なる動物園の鳥獣 川崎展宏
着始めの冬着のにほふ動物園 高澤良一 寒暑
秋の蝶動物園をたどりけり 正岡子規
蟻穴を出でて動物園を馳す 大串章
鶴の首夕焼けてをりどこよりもさびしきものと来し動物園 伊藤一彦


by 575fudemakase | 2018-02-15 05:44 | 無季 | Trackback | Comments(0)

鸚鵡


鸚鵡

おしやべりな鸚鵡は誰の形見かな 山崎智子
かまつかに「指缺けたよ」と喚ぶ鸚鵡 竹中宏 饕餮
さはやかや絵の中に添ふ白鸚鵡 吉野義子
もの言はぬ鸚鵡よ南十字星 関根あつ子
よく喋る茶店の鸚鵡木の芽晴 中山輝鈴
マンゴー売るペットの鸚鵡肩に止め 服部郁史
三島忌や多弁の鸚鵡少しよごれ 上西兵八
人影を待てる鸚鵡や遅日宿 楠目橙黄子 橙圃
園枯れ果つ鸚鵡の舌の鐵色に 中島斌男
小春日や鸚鵡に薄き瞼ある 岩田由美
少年の今日の陽 蔵った 鸚鵡貝 伊丹公子
屋上の鸚鵡が月を見ておりぬ 対馬康子 純情
彼岸會やこゑの枯れたる老鸚鵡 松村蒼石 雪
愛してる 鸚鵡のひとつ覚えかな 柳谷 昌
愛シテル鸚鵡繰り返して晩夏 柴田奈美
抱く子の鸚鵡返しや新松子 北住京子
掛乞に一声もらす鸚鵡かな 阿波野青畝
放ち飼ふ鸚鵡がをりて花蘇枋 高浜年尾
春愁や籐のかごにて飼ふ鸚鵡 筑紫磐井 野干
春炬燵鸚鵡の真似をする人間 中村草田男
時の日や鸚鵡は過去を饒舌に 矢崎硯水
朝すずの鸚鵡とあそぶこゑ透る 石原舟月 山鵲
松島を/逃げる/重たい/鸚鵡かな 高柳重信
松島を逃げる重たい鸚鵡かな 高柳重信
死に近き鸚鵡の諳んじた言葉 三橋たまき
潮騒が呼ぶはかの世の鸚鵡貝 関口比良男
短日の鸚鵡に呼ばれたる顔よ 細川加賀 『傷痕』
籠にせる鸚鵡をはなつ梅雨の火事 宮武寒々 朱卓
紗の蚊屋や鸚鵡身じろぐ月の楼 幸田露伴 拾遺
絶えず人を佇めて鸚鵡の日永かな 比叡 野村泊月
舟住みの夜濯ぎ妻に鸚鵡啼く 石原八束 空の渚
草萌や寺院の吊る鸚鵡籠 飯田蛇笏 霊芝
薔薇館言葉気取りし鸚鵡ゐて 原田青児
街角にもの言ふ鸚鵡と眸め合ふ寂しく充ちてわが私生活 島田修二
街路樹に旧正月の鸚鵡籠 飯田蛇笏 山廬集
逝く鸚鵡抱いてさざんかしかみえぬ 渋谷道
鍵盤を匍ふ梅雨寒の鸚鵡かな 宮武寒々 朱卓
雪の日に倦みて鸚鵡のものまねび 筑紫磐井 野干
風の椰子鸚鵡は籠にひとりごと 山本歩禅
魂つよき鸚鵡の死後のうす氷 渋谷道
鸚鵡二羽うつうつねむる青嵐 加藤楸邨
鸚鵡叫喚日まはりの花ゆるるほど 三好達治
鸚鵡孤児寒夕焼に舌染めて 渋谷道
鸚鵡昼寝種本尽きし老学者 香西照雄 素心
鸚鵡涼し常磐津師匠盲ひゐて 石原八束 空の渚
鸚鵡飼ふめしひにぬくき冬日かな 石原舟月 山鵲
鸚鵡飼ふ癇持妻の派手浴衣 石原八束 空の渚
カラオケはオウムの肝を吸いますの 五島エミ
まつ白のオウム鳴き出す秋彼岸 乙武佳子
電話口孫出てあうむ返しの処暑 高澤良一 寒暑
蕾む百合あうむ返しをせる如し 高澤良一 鳩信
梅雨籠りあうむの与太を飛ばしをり 高澤良一 ぱらりとせ
梅雨籠りあうむにこゑを奪はるる 高澤良一 ねずみのこまくら 昭和六十二年
孫おうむ返しに「せみさんしんでいる」 高澤良一 寒暑
嘴熱きおうむを肩に心太 渋谷道

by 575fudemakase | 2018-02-15 05:42 | 無季 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

厚岸草 の俳句
at 2018-09-18 06:55
孤独 の俳句
at 2018-09-12 09:10
紅一点 の俳句
at 2018-09-12 02:27
昭和 の俳句
at 2018-09-11 06:07
カヌー の俳句
at 2018-08-29 08:35

外部リンク

記事ランキング