人気ブログランキング |

カテゴリ:無季( 1283 )

コーヒー(珈琲) の俳句

コーヒー(珈琲) の俳句

あたたかしのむコーヒーも濃く甘し 京極杞陽 くくたち上巻
アマリリス炎のいろ珈琲香だちゐて 柴田白葉女 『月の笛』
イーハトーブの雨つぶでコーヒーをどうぞ 前田保子
カウベルに迎ふ夜霧のコーヒー店 川村紫陽
かまくらへ運ぶコーヒー熱きかな 阿波野青畝
かんばしき黒珈琲や初時雨 日野草城
かんばしく珈琲たぎる余寒かな 日野草城
きこく垣に春の砂塵やコーヒー欲し 細見綾子
きこく垣に存の砂塵やコーヒー欲し 細見綾子 花寂び
クロイツェル・ソナタ氷片珈琲に 日野草城
コーヒーゼリーの暗黒ゆれて鵙鳴けり 中村和弘
コーヒーとでこぽん一つゆめひとつ 臼井文法
コーヒーに春の焚火の灰まじる 夏井いつき
コーヒーのミルクの渦や今朝の冬 山田節子
コーヒーのむ冬日の窓に木椅子寄せ(八ヶ岳山麓二句) 細見綾子
コーヒーの一杯分を時雨けり 岩垣子鹿
コーヒーの強き香りや秋時雨 藤山波紋
コーヒーの香を枯山に洩らし住む 津田清子 二人称
コーヒーの氷のかけら音すなり 篠原梵 年々去来の花 皿
コーヒーの粉の浮きたる義士祭 大石雄鬼
コーヒーはブラックがよし巴里祭 森 礼意三
コーヒーはブラックにする寅彦忌 森 武司
コーヒーをひく女あり廃港に 佐藤鬼房
コーヒーを飲みに出るのが避暑散歩 阿波野青畝
コーヒーを飲み雪壁の中走る 細見綾子
コーヒーを挽き薫らすも事始 辻田克巳
コーヒーを揺らす朝の春の海 岩淵喜代子 朝の椅子
コーヒー飲み残して下る斑雪山 廣瀬直人
コーヒー喫む美術の秋の森の中 山口青邨
コーヒー代もなくなつた霧の夜である 下山英太郎
コーヒー店永遠に在り秋の雨 永田耕衣
コーヒー店前古草の成長す 永田耕衣
コーヒー碗ぬくめて淹れる雁の頃 石川文子
コーヒー奢って 刑事立ち去る 夏至の巷 伊丹三樹彦
こころ推し量るコーヒーゼリー揺れ 西村和子「かりそめならず」
コスモスを活けてコーヒー豆ひける(呉服元子さん茶房) 細見綾子
セピアの写真泛く 鮭上る日の珈琲店 伊丹公子 アーギライト
セロ弾きゴーシュ居そうな 木洩れ日珈琲館 中田敏樹
つゞく動乱コーヒーくろく沸騰する 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
デザートに一口珈琲日短か 辻田克巳
バード・パークの門番 珈琲色で 午前 伊丹公子 ドリアンの棘
ぷりぷりとコーヒー色の裸かな 今井千鶴子
ぺたんこの珈琲茶碗冷房に 渡邊白泉
まだ冷しコーヒー所望したきかな 稲畑汀子
みぞるゝや弔旗コーヒー店をかくし 岸風三楼 往来
ミモーザの花下の珈琲まだ冷めず 阿波野青畝
わがための珈琲濃くす夜の落葉 福永耕二
逢う時のコーヒーゼリーは海の底 永井江美子
安房二月コーヒー店も花あふれ 新井 英子
一匙一匙コーヒー飲む吾子町燕 中村草田男
一杯のコーヒーの銭さくら草 細見綾子
一盃のコーヒーの銭さくら草 細見綾子 黄 炎
一椀の珈琲のぬくみ春くるゝ 『定本石橋秀野句文集』
一碗の佳き珈琲に惜む春 日野草城
宇宙さみし一月のコーヒー店 酒井 弘司
嘘も一緒に飲み込んだ短日の苦いコーヒー 熊谷従子
遠き日のアイスコーヒー二つかな 二階堂英子
黄砂ふる朝より二杯目のコーヒー 足柄史子
黄落や港に多き珈琲館 古賀まり子 緑の野以後
黄落をブレンド けさの珈琲に 中田敏樹
夏炉なき冷や珈琲匂ひ来る 殿村莵絲子 花 季
花は珈琲にのみ散る 筑紫磐井 花鳥諷詠
花杏珈琲を挽く朝の刻 岩城久治
花見舐めして珈琲碗鬱勃たり 永田耕衣
荷風忌や焼き立てパンと珈琲と 芦川まり
蝦夷の奥珈琲もとめ額の汗 角川源義
蝦蛄仙人掌咲く珈琲の香の中に 池田秀水
海峡を越えきし朝の珈琲喫む 伊丹三樹彦
海底探険談 コーヒーに粗目(ざらめ)沈め 伊丹三樹彦
皆出でよ食後コーヒー秋芝に 嶋田摩耶子
角砂糖中にコーヒー亀鳴いて 石川桂郎 高蘆
鴨平悼む コーヒーに匙ながく沈め 伊丹三樹彦
寒灯やコーヒー熱き欠茶碗 日野草城
緩やかな珈琲の渦春の海 倉田健一
缶コーヒー膝にはさんで山眠る 津田このみ
缶珈琲ごとりと夏の闇に出る 辻美奈子
缶珈琲温石として懐に 小谷ひろゆき
丸善に秋思の木椅子 濃い珈琲 大西やすし
雁わたる街でコーヒー豆を買ひ 細見綾子
顔見世やコーヒーに八ツ橋そえらるる 土田桂子
錦木紅葉コーヒー店内みんな愉悦 中北綾子
銀杏散る我が珈琲にも一つ落ちよ 仙田洋子 橋のあなたに
空々と男抱き込む珈琲浄土 攝津幸彦 鹿々集
敬老の日のコーヒーのアメリカン 村本畔秀
敬老の日や珈琲は濃くひとり 寺沢はる子
玄き珈琲飲みて別れて旅路青し 中村草田男
吾に濃き珈琲ありぬ避暑期過ぐ 星野麥丘人
黒きコーヒー夏の夜何もはじまらぬ 野澤節子
今朝秋のモーニングコーヒーブラックで 高澤良一 暮津
今朝秋の出勤途上の珈琲店 高澤良一 暮津
三伏の珈琲好きも病むうちや 石川桂郎 高蘆
自販機のホットコーヒー ごとんと冬 大和充代
篠懸の花咲く下に珈琲店(カツフエ)かな 芥川龍之介
蛇穴を出てコーヒーを買いに行く 村上哲史
若水に珈琲の香の膨れくる 高岡すみ子
手渡しにくる缶コーヒー大花野 東原順子
秋はものの 珈琲封じるミルクの膜 伊丹三樹彦
秋日和惜しみ一杯のコーヒー飲む 細見綾子
秋風や珈琲の木のいとけなき 高野素十
出没の珈琲を猪と思いけり 永田耕衣 人生
春の風邪街にコーヒー黒く沸く 猿橋統流子
春の夜の明ける愉しみ珈琲の琥珀を飲みて胃をなだめたり 西村尚
春はあけぼの珈琲は炭火焼 田沢公登
春愁のコーヒーカップ冷えにけり 森本順世
春深く挽く珈琲はキリマンジャ口 長谷川かな女 花寂び
春昼の珈琲濃かれただ濃かれ 相生垣瓜人 負暄
春昼を来て大阪の濃き珈琲 右城暮石 句集外 昭和三十八年
初秋の珈琲にがく少女期終る 内藤吐天 鳴海抄
初富士に珈琲さゝぐボーイあり 長谷川かな女 雨 月
女給笑ひ皿鳴りコーヒー湯気立てゝ 高浜虚子
小さきコーヒー店あり冬日満つ(八ヶ岳山麓二句) 細見綾子
寝ござ干す峠の茶屋の罐コーヒー 村本畔秀
新涼の壁に珈琲分布地図 岩崎照子
新涼や英語の中の朝の珈琲 鈴木鷹夫 千年
真白きテーブルクロス冷し珈琲 岡松 あいこ
水中花囲みコーヒーセツト青 上野 章子
晴れし香のコーヒー遠山ほど霞み 野澤節子 黄 炎
清明やざわつく立飲み珈琲店 能城檀
聖菓ありコーヒーに糖入れずとも 阿波野青畝
青芝に弧を描く珈琲紙コップ 鷹羽狩行
青春の苦き珈琲ゼリー食む 成田郁子
雪の声珈琲は重厚紅茶は軽快 日野草城
雪の夜の黒珈琲は沈痛に 日野草城
雪の夜や珈琲重き舌の上 日野草城
雪嶺に目を離し得ず珈琲のむ 岩崎照子
雪嶺は 遠い切り絵で 珈琲沸いた 伊丹公子 アーギライト
雪嶺やコーヒー餓鬼のわが乾き 秋元不死男
千九百年生れの珈琲冬の草 永田耕衣
窓高き珈琲倉庫蚊喰鳥 木村 都由子
送別の珈琲秋の星うつし 長谷川かな女 牡 丹
霜害や起伏かなしき珈琲園 佐藤念腹
待つためのコーヒー秋はきまぐれに 山本つぼみ
大学に来て踏む落葉コーヒー欲る 中村草田男
鷹鳩と化すコーヒーにミルクの渦 吉田ひろし
誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子
暖炉の火燃ゆる音するコーヒー店 林真砂江
地圖をさし珈琲実る木ををしへけり 室生犀星 犀星発句集
朝の珈琲濃くて父の日はじまりぬ 中村明子
朝刊とパンとコーヒー風五月 浅野右橘
潮を聴き黒き珈琲に牛乳を流す 日野草城
長き夜や珈琲の湯気なくなりぬ 日野草城
鳥雲にぺこんとへこむコーヒー缶 穴井太 原郷樹林
通りすがりに珈琲にほふ雪の町 つじ加代子
提灯花珈琲の香のしてきたり 燕雀 星野麥丘人
天高くなる珈琲がうまくなる 蔦三郎
屠蘇にかへ大久保康雄と初珈琲 角川源義
冬のコーヒー一匙分の忘却や 寺山修司 『 わが高校時代の犯罪』
冬の日や珈琲沸し進みすすむ 山口誓子
冬高原コーヒーのめば椅子きしむ(八ヶ岳山麓) 細見綾子
冬匂ふ珈琲幸もこの程度に 山口誓子
冬立ちにけり町角の珈琲の香 伊丹三樹彦
燈火親しコーヒーの香にひたりつつ 間地みよ子
闘鶏を抱ヘコーヒー畑くる 野崎ゆり香
二杯目の珈琲苦し夜の落葉 橋本榮治 逆旅
熱きコーヒー書斎派の暑気払ひ 辻田克巳
熱き珈琲歌劇少女とゐて啜る 伊丹三樹彦
馬来珈琲の30セント 混血同志 伊丹公子 ドリアンの棘
敗色濃し珈琲を飲む椅子探す 林田紀音夫
梅の村にて珈琲をちびちびと 如月真菜
梅を見てより一杯のコーヒーかな 細見綾子
煤逃やコーヒー店に僧の居て 大橋正子
買物の女も駄馬や花珈琲 目黒はるえ
白ら息はそのまま夜霧コーヒー欲る 町山直由
白鳥見る悪魔の濃さの珈琲喫み 鈴木栄子
犯人の飲み掛けアイス缶コーヒー 守屋明俊
挽きたてを提げて珈琲木菟遠し 秋元不死男
挽き立ての珈琲狐臭に勝ちて匂ふ 日野草城
飛雪の町 さまよう 朝から珈琲飢餓 伊丹三樹彦
百合の壺匂ふ真下に濃き珈琲 吉屋信子
氷原に珈琲こぼす なにの標 伊丹公子 アーギライト
封を切るコーヒーの香や夏館 磯崎美枝
風花や木椅子数個の珈琲店 有馬朗人 天為
片手もてコーヒーを挽く原敬忌 伊藤紫水
母と来て噴水見ゆる珈琲館 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
母の日ひとり珈琲にミルク咲き 岡本眸
菩提樹下誘はれて涼し珈琲どき 桂樟蹊子
芳烈の珈琲に重きクリイムを 日野草城
棒砂糖珈琲に噛む四迷の忌 下村ひろし 西陲集
本能寺変冷し珈琲に余燼 長谷川かな女
夢の世や珈琲館はいまも雪 摂津よしこ
木がらしは外にはげしも夜ふけて寒くもの食ふ珈琲店のなかに 中村憲吉
遊船に移りゆく景コーヒー甘し 吉良比呂武
郵便秤に載せ朝涼の珈琲豆 鈴木栄子
冷し珈琲飲みて一と日の句読点 三輪温子(雨月)
冷まじや珈琲を断ち酒を断ち 相生垣瓜人 明治草
鈴懸の花咲く下に珈琲店かな 芥川龍之介
烈日の珈琲や放屁連発翁 永田耕衣
炬燵今日なき珈琲の熱さかな 久米三汀 返り花
珈琲(ブラック)や湖へ大きな春の虹 燕雀 星野麥丘人
珈琲がすこしすつぱく花曇 小島千架子
珈琲と 鴎と 同性愛のふたり 伊丹公子 アーギライト
珈琲とポインセチアに待たさるる 今井千鶴子
珈琲と桜のムース四月寒 島山允子
珈琲にきんつばが合ふ漱石忌 本山卓日子
珈琲にさくら四分や恋に似る 森澄雄
珈琲に蚊のこゑの来る斜陽館 鈴木鷹夫 風の祭
珈琲に酸ほのかなるみどりの日 辻美奈子
珈琲に春飲の事亦あらむ 相生垣瓜人 負暄
珈琲に普化らしき蛾の投身す 永田耕衣
珈琲に浮かべし氷音涼し 長谷川櫂 蓬莱
珈琲のお代り自由春時雨 桐村日奈子
珈琲のかをり直進花わさび 石寒太 翔
珈琲のむ粘つく鳥のはばたき飲む 高野ムツオ 陽炎の家
珈琲のモカ挽く香り今朝の秋 奥村 八一
珈琲の渦を見てゐる寅彦忌 有馬朗人
珈琲の苦味かぐはし寅彦忌 牧野寥々
珈琲の香が木犀の香を消せり 相生垣瓜人 負暄
珈琲の香にあふ舗道秋の雨 片山桃史 北方兵團
珈琲の香にいまは飢ゆ浜日傘 横山白虹
珈琲の匙ひんやりと初紅葉 務中昌己
珈琲の酸味卯の花腐しかな 永方裕子
珈琲の水汲みにゆくお花畑 山田春生
珈琲の霜見刻なる鋼(まがね)かな 永田耕衣
珈琲の朝の湯気みな春待てる 原子公平
珈琲の豆を碾く音夜の秋 長谷川櫂 蓬莱
珈琲の豆挽く音の冴返る 伊東ゆみ子
珈琲の梅雨を越すべき濃度かな 相生垣瓜人 負暄
珈琲の味も香もなく春の風邪 植木千鶴子
珈琲の目にぞ古草尤もだ 永田耕衣
珈琲の爐紙に泡立つ余寒かな 葛西省子
珈琲はアメリカン 尼僧も加わるパイプ椅子 伊丹三樹彦
珈琲はブラッククリスマスローズ 星野麥丘人
珈琲はブラック生き過ぎたかも知れぬ 立岩利夫
珈琲は手の中の沼秋ぐもり 皆吉司
珈琲や夏のゆふぐれながかりき 日野草城
珈琲や其角が露を探し居る 永田耕衣 葱室
珈琲や葱を思いて熱かりき 永田耕衣 物質
珈琲や葱を想いて熱かりき 永田耕衣 物質
珈琲や夜に入るまでの蝮草 桂信子
珈琲よき家居を恋へりスキー行 森田峠
珈琲をあまくあまくして事務疲れ 日野草城
珈琲を飲むとき冬の日は斜め 今井杏太郎
珈琲を喫せりロッヂ「五千尺」 高澤良一 宿好
珈琲を吾が飲めり兵は泥水を 日野草城
珈琲を書斎に沸かし寅彦忌 岩崎健一
珈琲を入れてあら兎も茶色 あざ蓉子
珈琲を挽く香の厨弥生尽 大野雑草子
珈琲を淹れよげんじつかくきびし 安住敦
珈琲を淹れよちちははふとこほし 安住敦
珈琲を淹れよひとみなしんじつなし 安住敦
珈琲を碾く度秋の深みけり 相生垣瓜人 負暄
珈琲煙草不養生の身や木の葉髪 村山古郷
珈琲屋劇画の多喜二起ち上がれ 阿部娘子
珈琲屋出て珈琲屋梅雨深し 辻桃子
珈琲館に好きな絵ありて夏深し 桂信子 草影
珈琲館昆虫色の西東忌 鷹羽狩行
珈琲館船の汽笛が梅雨誘ふ 河野南畦 湖の森
珈琲館辻の灯くらく窓涼し 水原秋櫻子 餘生
珈琲館鶺鴒の巣のあるらしき 岡崎筍林
珈琲秋思の 銀匙 重くも軽くもなく 伊丹三樹彦
珈琲店河鹿鳴く瀬の風入れて 手島 靖一
珈琲豆挽く山番 床に栗鼠走らせ 伊丹三樹彦
珈琲熱し白山茶花の散りはじめ 増沢和子
珈琲濃しあさがほの紺けふ多く 橋本多佳子
珈琲濃しけふ落第の少女子に 石田波郷
珈琲濃し木枯めぐる六本木 柴田白葉女
珈琲変へ器日々替へ梅雨長し 林翔
珈琲啜るウィーンは遠しライラック 今泉貞鳳
珈琲碾くかたへにくろし烏猫 田中冬二 俳句拾遺
絨緞やアラビアンコーヒー右手に受く 村岸明子
轢かれたる猪の匂いの珈琲哉 永田耕衣 人生
鄙びつゝわが娘育つや花珈琲 佐藤念腹
霙ふるまたよからずや珈琲喫む 山口青邨
鱶を飼うコーヒーいつも胃に溜まり 八木三日女 落葉期
鵙聞けばコーヒーの香の昔かな 斎藤空華 空華句集

以上

by 575fudemakase | 2019-07-07 03:56 | 無季 | Trackback | Comments(0)

マリリン・モンロー の俳句

マリリン・モンロー の俳句


クーラーにピンクのリボン モンロー忌 沙羅冬笛

春昼のモンロー歩きして家鴨 黒坂紫陽子

モンローの写真を壁に黴の家 里見信子

モンロー忌今日と知らずに西瓜食ふ 皆吉司

モンローの忘れ睫の美女柳 杉本京子

モンローも死ぬ夕映えの木蔭の湯 八木三日女 赤い地図

年移るモンローといふ蘭の花 沢木欣一 往還以後


以上


by 575fudemakase | 2019-06-29 06:22 | 無季 | Trackback | Comments(0)

お尻 の俳句

お尻 の俳句


臀部

サーファーの臀部凛々しく南風吹く中 高澤良一 宿好
鱗粉にまみれて捕蟲網の臀部の昏睡 江里昭彦 ラディカル・マザー・コンプレックス

お尻

えごの花虻のお尻の大きこと 高澤良一 寒暑
お尻から腐つて来たる瓜の馬 茨木和生
まんまるくお尻濡らせり汐干狩 星野恒彦
みなで取る保母のお尻の草虱 西山温子
三月のお尻にさはる痴漢とは 筑紫磐井 花鳥諷詠
春灯に戦車のお尻が揺れる 三浦北曲
人丸忌お尻は座るためにある 永末恵子
生まれくる前から嗤っていたお尻 鎌倉佐弓
東にお尻を向けて潮干狩 内田利之
枇杷の実のお尻宇宙の涯は此処 正木ゆう子
浮いてこい浮いてお尻を向けにけり 阿波野青畝

御居処

丈六佛涼しみ拝む御居処かな 高澤良一 素抱

尻軽

古雛にはや尻軽の駒鳥よ 橋閒石
尻軽ジープ去りぬ展墓の夕眺め 香西照雄
尻軽な花菜の虻とおもへりき 高澤良一 素抱
生れて十日仔馬跳ねをり尻軽し 松崎鉄之介
麦秋を飛べり尻軽ヘリコプター 鷹羽狩行

尻餅

花屑に尻餅ついて泣き出せる 行方克己 無言劇
吾子ちさき尻餅つきぬつく~し 伊丹 丈蘭
向日葵大輪仰ぎ尻餅つく吾子よ 太田土男
死神に尻餅つかせ鎌鼬 林 翔
尻餅におのれ可笑しき大根引 藤原たかを
尻餅もやすらひ花よ休らひよ 一茶
尻餅をつけば蟋蟀かなしめり 三橋鷹女
水温むや尻餅ついて女の子 岸本尚毅 鶏頭
水澄むや尻餅ついて女の子 岸本尚毅
睡蓮に鳰の尻餅いくたびも 川端茅舎
氷河つるつる尻餅ついたら百年目 高澤良一 素抱

眼尻

かなかなや円空仏が眼尻上ぐ 伊藤敬子
はたはたの流れに落ちし眼尻かな 山口都茂女
ふんばつて雨を眼尻に田掻馬 近藤一鴻
鴬や眼尻垂れ合ふ老ふたり 渡邊白泉
牡丹売り眼尻の皺に覚えあり 能村登四郎
眼尻に汗ながれこむ訃の一つ 福永耕二
眼尻の寒さもろとも振り返る 鎌倉佐弓
春の灯や眼尻のほくろつばらかに 日野草城
榛咲くやねむりのあとの眼尻濡れ 飯田龍太
麦藁帽農夫の眼尻いつも笑ふ 細見綾子
雷鳥の眼尻の紅の刺すごとし 古舘曹人
淋しうて眼尻につけぬ寒の紅 木田千女
苜蓿の香や春の雲眼尻に 石塚友二 光塵

鍋尻

鍋尻がチカチカ燃えて狸汁 富安風生
鍋尻につつかへてゐる根榾かな 綾部仁喜
鍋尻を這ひて春行く炎かな 辻桃子

湖尻

*えり古りて湖尻の氷雨上がりけり 松村蒼石 寒鶯抄
さなきだに湖尻はさびし時鳥草 上田五千石
雲ふかくかりがねひびく湖尻かな 近藤一鴻
雁下りて湖尻は湖の波あつむ 中田勘一 『雪礫』
結氷の湖尻にまづ鴨目覚む 廣瀬直人
湖尻といふ秋風の藻屑寄せ 能村登四郎
湖尻とは即ち野末秋の風 杉本零
湖尻に来てさいはての花火見る 能村登四郎
湖尻のここだ水湧く柳蔭 下村ひろし 西陲集
湖尻のさびしさにゐて糸蜻蛉 能村登四郎
湖尻の州崎の千鳥雨けぶる 木村蕪城 寒泉
湖尻の風のきしめる大根引 橋本榮治 麦生
湖尻は焼藻のけむり迢空忌 能村登四郎
湖尻や雪厚くせる山毛欅林 大野林火 白幡南町 昭和二十八年
妻と来し湖尻泊りにしぐれ虹 桂樟蹊子
初富士や湖尻に浮ぶ舟一つ 星野椿
水満々余呉の湖尻鯉子浮く 右城暮石 句集外 昭和五十四年
青梅雨の浜名湖尻のささ濁り 山田みづえ まるめろ
灯の入りし湖尻の茶店行々子 瀬戸豊子
年の湯を湖尻に汲み松江びと 下田稔
豊年や家密集し湖尻まで 今井勲
夜田刈の一燈見ゆる湖尻かな 一鴻
鷭鳴くや湖尻に雨の膨れくる 中川龍造


その他


*あぶらむし尻立てて夏至くもりけり 佐野俊夫
*かや尻におりて夜を鳴く轡虫 太田鴻村 穂国
*どびろくやゑうておろしゝ尻からげ 阿波野青畝
あたたかき二等車田の牛尻とがる 平井さち子 完流
いかのぼり尻ふる時は哀なり 兀峰
いかり猪ににげ尻みせぬかがしかな 水田正秀
いつまでも眺めてゐたりレモンの尻 山口青邨
いつまでも眺めてをりぬレモンの尻 山口青邨
いとけなき陽炎のぼる象の尻 加藤秋邨
いにざまに尻たゝかるゝ袷哉 凉菟
うき人に尻を向けたる田植かな 正岡子規 田植
うぐひすや万年筆の尻重く 小川軽舟
うづくまりゐれば尻垂れ鴨の寄る 仙田洋子 橋のあなたに
うらがれや尻の焦たる火吹竹 長翠
うれしさや江尻で三穂の十三夜 其角
えり編女磐石の尻据ゑにけり 後藤比奈夫
おはぐろや少年の尻ほそぼそと 平井照敏 天上大風
おもだかの花の白きを湯尻の田 山口青邨
お釈迦様の尻まだ青き産湯哉 正岡子規 仏生会
ががんぼの尻振つて過ぐ陶の町 吉田鴻司
かぎろひの野に石の貌石の尻 竹車悠紗
かけなみに追れて高し鴫の尻 加藤曉台
かじかみし手を尻に敷き靴みがき 北野民夫
かたびらの尻はづかしや今朝の秋 尚白
かつて矢尻を研ぎし泉の神隠し 橋閒石
かなしくて浴衣の尻や草の露 会津八一
かの俘虜と縮尻(しくじり)二水といづれ憂き 渡邊白泉
から尻に夫婦のりけり桃の花 正岡子規 桃の花
から尻に凩あるゝ廣野哉 正岡子規 凩
から尻に凩つよき廣野哉 正岡子規 凩
から尻のうしろは寒き姿かな 寒し 正岡子規
から尻の馬にみてゆく千鳥哉 傘下
から尻を競馬に見なせ夏木立 中川乙由
きぬ~に鵲尻を向ヶにけり 黒柳召波
きぬぎぬに鵲尻を向けにけり 黒柳召波 春泥句集
きらきらと海亀の尻卵産む 三浦晴子 『晴』
くわりん頭上尻に玲瓏雨雫 山口青邨
こがらしの尻吹きすかす素(す)鞍かな 野明 俳諧撰集「有磯海」
こがらしの尻吹すかすす鞍かな 野明
ことば尻とらへられたる春炬燵 神崎 忠
ことり雪の夜目尻ゆたかに湯治婆 古沢太穂 火雲
ころげたる木の実の尻の白きかな 山口青邨
ころげ出て尻皆青き蜜柑哉 前田普羅
さびしさや尻から見たる鹿の形 木導
さみだれの尻をくゝるや稲びかり 去来
ざらめ残雪一子のみある尻蒸かす 磯貝碧蹄館 握手
シーソーの尻がうつ地の薄暑かな 波多野爽波
ジーパンの尻湿りくる石蓴掻き 伊藤ゆきえ
したたかなくわりんの尻と云ふべかり 高澤良一 寒暑
ストリツパーの尻漂へり風邪心地 岸田稚魚 負け犬
すぼ~と夕ぐれて見ゆ鶴の尻 夏目成美
その尻をきゆつと曲げたる秋茄子 清崎敏郎
そら豆の尻かあたまか口あそび 三橋敏雄
それとみる松の戸尻や茎の桶 炭 太祇 太祇句選後篇
たぎつ瀬に尻もち華の一歳児 佐藤鬼房
たまらなく胃が痛き蠅の尻め 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ダム尻を船で渡しぬ三依炭 西本一都 景色
ちびっ子の水着姿やつんと尻 高澤良一 素抱
つくづくと黴面白き墨の尻 高橋睦郎(1937-)
つくづくと黴面白し墨の尻 高橋睦郎 稽古
つみためて臼尻に撰る蓬かな 飯田蛇笏
つるされて尾のなき鴨の尻淋し 鴨 正岡子規
どこも尻鴬餅の座りよし 矢羽野沙衣
どつしりと尻を据えたる南瓜かな 夏目漱石 明治二十九年
どびろくやゑうておろしし尻からげ 阿波野青畝
とまらんとして橇の尻横すべり 高浜年尾
とりついて小供尻つく牡丹かな 牡丹 正岡子規
とんどの火達磨の尻をまづ舐めぬ 清水基吉
なはしろに老のちからや尻だすき 嵐雪
なひ恋を尻にあらする踊哉 吾仲
なまはげの赤子の尻を撫でにけり 石島 岳
はいかいは真ッかう赤しさるの尻 凉菟
はげちょろの蜆の尻のすまし汁 高澤良一 宿好
はしゃぐこと尻をぷりぷり浮輪の子 高澤良一 素抱
バスの尻ばかり見せられ街薄暑 桜井博道 海上
バスの尻バスより見えて十二月 行方克己 無言劇
バスの尻豊かに曲る若葉の中 並木鏡太郎
はつ雪を見よや奴が尻の先 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
バネ直かに尻にこたふる理髪初夏 宮武寒々 朱卓
はやぶさの尻つまげたる白尾哉 野水
はや働くさまに尻立て蟻出づる 後藤一朗 『雪間』
バルコニー「マサイの矢尻」鉢に活け(ミニプランツ) 高澤良一 暮津
ぴいと啼き尻声かなし夜の鹿 芭 蕉
ぴいと啼く尻声悲し夜の鹿 松尾芭蕉
びいと啼く尻声悲し夜の鹿 芭 蕉
ぴいと啼く尻声悲し夜の鹿 芭蕉
びいと啼尻声かなし夜の鹿 芭蕉
ぴいと啼尻声かなし夜の鹿 芭蕉
びいと啼尻声悲し夜の鹿 芭蕉
ぴいと啼尻声悲し夜の鹿 芭蕉
ひき汐の汐尻の泡炎えにつつ 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
ひぐらしや円坐に尻の痩せを知り 石川桂郎 高蘆
ひとり尻取り/結末のお大星 仁平勝 東京物語
ふたつの江尻眼にかけて初しぐれ 成田蒼虬
ふらこゝを下りて尻打つ芝生かな 岡本松浜
へなへなの橋や江尻のうらゝなる 伊東極浦
ほころぶや尻も結ばぬ糸桜 立圃
ほたる火のひかりまはるや尻がしら 智月尼
ほとゝぎす山田の土管尻さがり 廣江八重櫻
ほとゝぎす尻に聞ヵせて飛脚哉 浪化
ほとゝぎす啼残したる尻ごゑか 玄梅
まひまひや菖蒲にあさき水車尻 飯田蛇笏
みどり児の尻は清潔花は葉に 和田耕三郎
みどり児を尻から抱いて日雷 能村登四郎
みな憩ふ尻にもつこや池普請 橋本鶏二 年輪
みな尻をもちて神輿のあと歩く 大石雄鬼
みねこすか尻声はねて郭公 野坡
むめが香や庵の尻の吹どまり 知足
むんぢ~尻毛ひつこものおもしろさ 惟然
むんぢむんぢ尻毛ひつこものおもしろさ 広瀬惟然
めんどりの尻蹴つてああ夏の果 藤田湘子
ものごころついて尻拭く葉っぱかな 小林勇
もゝ尻のうき名や松の郭公 露川
もゝ尻の鳥を留るや梅の華 中川乙由
もゝ尻の来てはせり合火燵哉 十丈
もや~と尻に笠きる田植かな 梢風尼
やせ馬の尻ならべたるあつさ哉 暑 正岡子規
ゆきずりのよもつひらさかももの尻 久保純夫
ゆく秋や尻も結ばぬ糸すゝき 横井也有 蘿葉集
ゆふがほに片尻懸ぬさんだはら 北枝
ゆふがほの片尻懸けぬさんだはら 立花北枝
よるの雨尻へぬけたる蛍哉 井原西鶴
わが前にいつも夜橇の馬の尻 山口青邨
わりなくも尻を吹する涼哉 一笑(金沢)
ゑぼし着て尻もちつくや小松引 存義 古来庵発句集
をのが葉に片尻かけて瓢かな 凉菟
芦の葉にすはらぬ尻となりにけり 千代尼
芦刈の舟を尻より着けにけり 石田勝彦 秋興
暗殺者の手が撫でている青い尻 上野ちづこ
鞍とれば寒き姿や馬の尻 河東碧梧桐
一つの湯呑の尻がどつしりと重たい 尾崎放哉 小豆島時代
一行の詩があり朱夏の豚の尻 高野ムツオ 雲雀の血
一樹なき河尻に蝉聴きとがむ 右城暮石 声と声
稲刈の女のむかし尻高々 宇多喜代子
隠れたる子の尻見えて暖かし 中山一路
羽摶て水を離れず鴨の尻 石田勝彦 百千
雨がへちまの尻からしずくしている雨 荻原井泉水
雨そぼ~花の梢に猿の尻 高桑闌更
雨季に入ることに瀬尻の夕まぐれ 飯田龍太
雨雫そだちて柚子の尻うごく 飴山實
嬰の尻を十指でつつむ初湯かな 小林波留
演壇にゴムの木ぼくら尻から冷え 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
炎昼のきはみ女の尻うちてぞ 岸田稚魚 筍流し
炎天に犬尻ふりて欠伸せり 加藤秋邨
炎天に尻うち据ゑて栄螺割る 矢島渚男(1935-)
遠くより見えて二月の山羊の尻 藤田湘子
奥能登や雲尻ひくく深田刈る 高井北杜
鴬の尻声引て木玉かな 露川
鴬やぴんとひじりの笈の尻 蘆文
鴬や尻をもためず暇ごひ 伊勢-計徒 俳諧撰集「有磯海」
屋根ふきの尻を吹かるゝ野分かな 佐藤紅緑
屋根師らの尻の小さし真炎天 高井北杜
桶の尻干したる垣に春日哉 夏目漱石 大正三年
桶の尻見えて蛍の飛夜かな 長翠
下闇や牛尻向け居通られず 喜舟
下萌や寝牛の尻のこそばゆき 下萌 正岡子規
何處となく尻に火がつく十一月 高澤良一 石鏡
夏たのし尻ポケツトにハーモニカ 原田青児
夏の炉にゐて気易さの木尻の座 能村登四郎
夏はらへ尻ほころびを見られけり 寥松
夏は白花抱き合うときは尻叩け 金子兜太
夏休みころころと子の尻こぶた 辻田克巳
夏山に水の眼ナ尻ひかりそむ 飯田龍太
夏草や焦っく蜑の尻こぶた 嵐竹
夏嗚呼と嬰の尻ぺた洗いおり 大沢輝一
歌留多とるに皆尻もちやぐ一年生 小林道子 『下萌』
河尻の冬日を財と見つつ過ぐ 角川源義
河童どもあまた遊船の尻につき 山口青邨
火と見ゆる蛍の尻に付木哉 越人
花に入て虻の尻鳴つゝじ哉 一笑(金沢)
花虻の尻の無防備めでたけれ 野本京
花祭尻焙りてはお札売る 三浦晴子 『晴』
花南瓜尻窄まりの通り雨 高澤良一 ぱらりとせ
花蜂の尻の見えゐる残暑かな ふけとしこ
荷馬の尻とがりて北の夏の果 源鬼彦
過労の妻ヘトラョクの尻片眼光る 金子兜太
蚊屋つりてあだ尻たゝく楽寐哉 一笑(金沢)
我が尻に似てしなびたる絲瓜かな 富田木歩
我庵やつゆを置ぬは尻の下 桜井梅室
我門へ尻の近よる田植かな 横井也有 蘿葉集
海士の尻沈むで浮て霰かな 其角
海女もぐる尻の丸さを秋天へ 原コウ子
皆尻を曲げて色づけ唐辛子 楠目橙黄子 橙圃
皆大江山に尻向け田を植うる 京極杞陽
貝掘りの尻を数へん豊後灘 飴山 實
咳響く尻に両手の頬かむり 野見山朱鳥 曼珠沙華
街道を尻に稻こく女かな 稲扱 正岡子規
蛙釣って ニッコリ 尻出し童児である 伊丹三樹彦
蛙鳴けば雲赤し江尻風車台 久米正雄
角切つて月より白き鹿の尻 古館曹人
学問は尻からぬけるほたる哉 蕪村
学問は尻からぬける蛍哉 蕪村
額に汗尻に火がつき砂ゆっこ 高澤良一 素抱
滑走路尻のごときもの降りて来よ 在 気呂
蒲団敷く尻当りたる襖かな 原石鼎 花影
鴨引きし江戸川尻に我宿る 阿波野青畝
粥杖に信連尻をうたせけり 蓼太
寒ごりに尻背けたるつなぎ馬 蕪村遺稿 冬
寒ごゑや尻から付る御曹司 三宅嘯山
寒雲や尻骨高く張りて牛 有働 亨
寒雲や尻骨隆く張りて牛 有働亨 汐路
寒垢離に尻背けたり繋ぎ馬 蕪村
寒垢離に尻背けたる繋ぎ馬 蕪 村
寒凪やなか~消えぬ汽車の尻 飴山實
寒凪やなかなか消えぬ汽車の尻 飴山實
汗疹の児尻へに蜆採り倦まぬ 佐藤鬼房
甘藷を掘る三保の松原に尻立てて 古館曹人
艦底に夜ごと兵らの尻を打つ 渡邊白泉
観音に尻つきむけて田植哉 許六
観潮船に並ぶ女の尻撮す 田川飛旅子
観潮船に竝ぶ女の尻撮す 田川飛旅子 『薄荷』
貫綿や尻のあたりのへの字穴 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
閑な市電尻ふり早春の運河沿いに 赤城さかえ
岸の鴨暮れて尻ふりはじめけり 阿波野青畝
岩鼻や眞向に細き鹿の尻 鹿 正岡子規
雁の棹枯嶺の尻に日本海 角川源義
雁啼くやから尻つなぐ朝くらみ 加州-巴水 俳諧撰集「藤の実」
帰るぞと見れば短し雁の尻 五明
帰花さくやさびしき鹿の尻 寥松
騎手の尻頭より高しよ青嵐 上村敦子
騎馬尻の火男過ぐと若葉冷え 角川源義
鬼すべの鬼の縄尻とつて禰宜 江口竹亭
亀山や尻にして来る花筏 北枝
蟻共の尻みな光る春日かな 富田木歩
桔梗も馬の尻毛も靡く野ぞ 川崎展宏
黍嵐師の自転車の尻乗りに 能村登四郎
灸花頭隠して尻隠さず 高澤良一 暮津
旧正や漁船は陸に尻あづけ 鷹羽狩行
牛もなき車の尻や夕すゞみ 支考
牛祭尻張声の事々し 三宅嘯山
牛馬の尻並べけり蝿の中 正岡子規
牛憂う九月の河へ尻を向け 金子兜太
去年今年尻ポケットの皮財布 飯田龍太
競り台に牛の尻押す菜種梅雨 土屋保夫
胸懸も尻懸も朱に野馬追武者 松崎鉄之介
曲り放題糸瓜の尻の上りけり 野村喜舟
玉苗の尻を叩いて揃へけり 美柑みつはる
近江から尻くわせたる夜寒かな 中川乙由
金閣に尻炙られて松手入 辰巳比呂史
金魚掬ひ古本市に尻むけて 百合山羽公 樂土以後
銀漢の風尻に蹤く瀬音かな 角川源義
九月なり朽木に据えて尻の骨 中島斌雄
九年母は尻もくさらず秋暮ぬ 中川乙由
駒牽の尻撫てやる名残哉 越人
駒尻に卯波の青し都井岬 前田時余
空梅雨の路地に尻出し煮干釜 下村ひろし 西陲集
空也忌のひつくりかへる鴨の尻 寺瀬 雫
屑籠の尻を叩きて掃納 野田早都女
熊油法師空蝉尻細り 百合山羽公 樂土
啓蟄やいきなり尻を持ちこまれ 安住敦
継ぎ当ての大(だい)早乙女の尻の大 鷹羽狩行
警察大学跡地継子の尻拭ひ 矢島三榮代
軽尻を追こむころやさわぐ雁 桜井梅室
激写時代この大汗は胸か尻か 田川飛旅子 『薄荷』
月へはねて鄙うたの尻「ああなんだね」 古沢太穂 古沢太穂句集
月光に渡御の神馬の尻緊る 飯島晴子
月代にみがき立けり鍋の尻 朱廸
犬とつまづく尻にサビタの花つけて 阿部完市 軽のやまめ
見えてゐて擬宝子震はす虫の尻 高澤良一 随笑
遣羽子の尻叩きけり泣きにけり 遣羽根 正岡子規
言ひたきを言はず栄螺の尻とがる 山野邊としを
古郷や厠の尻もわく清水 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
枯れきつてまことままこの尻ぬぐひ 行方克己 知音
枯芝を尻に背中につけてをり 高浜虚子
枯野ゆく急かれては牛の尻尖り 北原志満子
枯蓮のつひながるるよ小沼尻 飯田蛇笏 山廬集
午睡さめて尻に夕日の暑さかな 内藤鳴雪
吾が髭に尻ごむ悠希のどかなる 小松崎爽青
御降に尻ぞ濡れ行く草履取 寺田寅彦
御仏に尻むけ居れば月涼し 正岡子規 涼し
口尻に髪の触れゐる油照り 鷲谷七菜子
幸(さち)ながら青年の尻菖蒲湯に 秋元不死男(1901-77)
幸さながら青年の尻菖蒲湯に 秋元不死男
江尻田や蛙子をなす宵の雨 桃妖
甲虫飛んで弱尻見せにけり 橋本多佳子
耕牛の尻に脈うつ大地かな 内藤吐天 鳴海抄
行きつつも白地の皺が尻の辺に 藤田湘子 黒
行く秋や眞向に細き鹿の尻 鹿 正岡子規
行く春や尻もむすばぬ峰の雲 立花北枝
行く年に畳の跡や尻の形 去来 極 月 月別句集「韻塞」
行春や尻もむすばぬ峰の雲 北枝
行水の子の尻蒼し合歓の花 宮坂静生 青胡桃
行年に畳の跡や尻の形 去来
講習の尻に汗して刻過ぐる 芦沢一醒 『花枇杷』
黒虻の尻の黄色が逆立ちぬ
腰にさして尻まくりたる団扇かな 会津八一
今が旬牡蛎剥く女でんと尻を据え 渥美ふみ
根くばりや片尻かけてみねの梅 浪化
根深売尻声強しけさの雪 利次
左義長に尻あぶりゐるも男気ぞ 言水
妻がりの梅雨の痩せ尻からげたり 草間時彦 中年
歳晩のトラックの牛尻並ぶ 石寒太 翔
犀の尻釣瓶落しの日を遠に 高澤良一 石鏡
祭馬尻ゆつたりと振り出でぬ 江川虹村
菜の花の露ひいやりと尻をうつ 菜の花 正岡子規
菜の花の露ひやゝかや顔と尻 菜の花 正岡子規
菜の花や片尻かけてうごろもち りん女
咲く沙羅に 尻声しかと三光鳥 伊丹三樹彦
咲花の中をぬけ出て尻つまげ 乙訓
晒井に和尚の尻の白さかな 会津八一
三田尻の塩を切りけり初鰊 豊水
三頭の馬の尻ある白露かな 鈴木鷹夫 千年
山出しの庭へはねたる榾の尻 沙明
山晴れてとうがんの尻白きこと 飯島晴子
山里や枳殻の花に尻合 中川乙由
四温なり小屋より牛の尻見えて 大熊輝一 土の香
四十はや身はあさ瓜の尻くゝり 芦角
子の尻に夜風流れて枝蛙 飯田龍太
子の尻をていねいに拭き文化の日 小島健
子規なくや尻から夜も明る 万乎
子規鳴や田うえの尻の上 許六
子供達は熱河源泉の尻に泳ぐ 山口青邨
子蟷螂の尻上げてゐる吹いてやろ 米澤光子
指に吸ひつきてままこの尻ぬぐひ 西村和子 かりそめならず
死の灰や恋のボートの尻沈み 西東三鬼
糸尻の温みいとしむ大和粥 福田甲子雄
糸尻の掌になじみたる白露の日 斉藤史子
糸尻を切つて即ち春立てり 伊藤敬子
紙で尻ふく白さがすべての父母の村 金子兜太
時鳥雉子啼なり尻こされ 朱拙
鹿の子の雹におどろく尻ましろ 下村槐太 天涯
鹿の尻あしびがくれに何時までも 西山泊雲 泊雲
鹿の尻追ふ鹿のありその次も 日原傳
鹿二つ尻を重ぬる月夜哉 鹿 正岡子規
七夕や尻ぼそなれど瓜一つ 風麦
七輪あふぐ女の尻を枯野に向け 森澄雄
蛇穴をきのふはあたまけふは尻 東皐
蛇逃げしあと溝萩の尻拭い 星野紗一
若鮎の尻はねかえる化粧塩 魁たけし
若者の嗚呼なる尻や十夜鉦 三宅嘯山
若者立ち尻形残すひめじよおん 小室善弘
種茄子の土に尻すゑなほ太る 山田春子
種茄子尻を鍛へてをりにけり 石田勝彦
酒の僧日本海で尻洗う 金子兜太
受難日や尻ゆたかなる蜂来たる 能村登四郎
秋の家鴨の尻を見ており定型愛す 金子兜太
秋の灯の糸瓜の尻に映りけり 子規
秋ノ灯ノ絲瓜ノ尻ニ映リケリ 糸瓜 正岡子規
秋の燈の糸瓜の尻に映りけり 正岡子規
秋茄子の尻キチキチと塩の中 長谷川秋子
秋茄子の尻地に着けて太りゐし 池田秀水
秋茄子もすでに終りや尻とがり 高田門前子
秋光やここ帯広の馬の尻 杜春
秋暑し仮装悪魔の黒尻ッ尾 文挟夫佐恵 黄 瀬
秋深きばつたの尻の茜かな 小杉余子
秋晴やかもめの尻に水の映え 高浜年尾
秋蝉のこゑ尻しみる山郷土 飯田蛇笏 家郷の霧
秋風のおもふがままに獏の尻 飯島晴子
秋風の尻から吹や七まがり 路青
秋風やられに行く牛の尻 夏目漱石 大正元年
秋風や屠(ほふ)られに行く牛の尻 夏目漱石(1867-1916)
秋風や屠られに行く牛の尻 夏目漱石
秋立つや達磨の尻のくさりより 正岡子規 立秋
舟の尻に提灯をともしては川へはなれる シヤツと雑草 栗林一石路
舟一つつなぎて崩れ簗尻に 皆吉爽雨 泉声
舟尻に垂れ雪吊のほどき縄 石田勝彦 秋興以後
十月や畑の茄子みな尻まろし 古川芋蔓
重尻の蟻落ちにけり蟻地獄 長嶋みち枝
熟睡の尻を責めてる鉄の棒 須藤 徹
出がはりやおもひきつたる尻つまげ 林紅
出し抜けに尻を打たるる厄落し 福永京子
春の蚊の尻ほそぼそと影のあり 吉武月二郎句集
春の日や達磨大師の尻もだえ 調和
春の野が尻に冷たし靴の皺 池田澄子 たましいの話
春の野に尻をつまるゝ比丘尼哉 荷兮
春雨や火もおもし〔ろ〕きなべの尻 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
春雨や火もおもしろきなべの尻 小林一茶
春雨や京菜の尻の濡るるほど 夏目漱石 大正三年
春雲や逃げてふくらむ鶏の尻 中戸川朝人
春霞尻より沈む支那の船 攝津幸彦 鹿々集
春寒や鴎は尻を丸出しに 安住敦
春愁や尻叩かれしはじき猿 小松崎爽青
春泥や肩に登りし吾子の尻 鈴木五鈴
春闘の解けて素直なバスの尻 松倉ゆずる
春風に尻を吹るゝ屋根屋哉 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
初ゑびす尻まろき子の尿はずむ 『定本石橋秀野句文集』
初花や西郷どんは尻向けて 内藤鳴雪
初茄子の尻藁におき八ケ岳の雨 山口青邨
初雁やあたまに発句尻に哥 万子
初日影尻たのもしき光かな 野童
初髪の尻階段をのぼりゆく 柳家小三治
初髪をゆふ目ナ尻の上がる程 村手圭子
初夢や赫々として馬の尻 大木あまり 火球
暑き夜や尻ついて拭く足の裏 菖蒲あや
渚辺に若きらの尻みな黄菊 金子兜太
書けぬ日の蟻蜂は尻見せにくる 秋元不死男
女らに尻の浮鴨ばかりなり 大石悦子
女生徒が尻もちをつき山笑ふ 藤岡筑邨
小原木や紅葉でたゝく鹿の尻 其角
小男鹿の尻声きゆるあらし哉 正岡子規
小男鹿の尻聲きゆるあらし哉 鹿 正岡子規
小鳥来る江尻囲といふところ 佐藤鬼房
小諷ひの尻べたたゝく扇哉 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
小鱸や片尻かけて塩ざかひ 林紅
焼過ぎた尻をことわる柚味噌かな 太祇
硝子鉢くもらせ水蜜桃の尻 鷹羽狩行
丈六佛涼しみ拝む御居処かな 高澤良一 素抱
常山木の花に暫時尻曲げ揚羽蝶 西山泊雲 泊雲句集
蒸れる工場ヘトラツク尻から入る 守田椰子夫
尻あげて泳ぎ吉野の川に育つ 橋本多佳子
尻あげて起きあがる子に夏は来ぬ 持田石映 『まぼろし』
尻あげて蟷螂の子は双葉かな 高木一惠
尻あぶる人山を見る焚火かな 喜舟
尻かゆる蚕の度や口の糸 許六
尻からげして葱ぬいて居る 尾崎放哉 須磨寺時代
尻からげ下ろして詣る閻魔かな 橋本鶏二 年輪
尻かろき旅のたとへやてうの羽 野坡
尻くさる火燵を出れば初雷す 矢野奇遇
尻ごみのさまに稲妻二度三度 佐藤鬼房
尻ごゑは宵の中也ところてん 芙雀
尻ざまに人通しけり雪の道 四睡
尻さむし街は勝手にクリスマス 仙田洋子 橋のあなたに
尻ざりに鴨見て入ぬ門の口 松窓乙二
尻すぼになくや夜明けの鹿の声 風睡 芭蕉庵小文庫
尻すぼになくや夜明の鹿の声 風睡
尻だすき懸ヶて同じく飛蛍 乙訓
尻たてて湯の橋渡る秋風裡 角川源義
尻つきし鴨に水面のへこみけり 宮坂静生
尻つつく癖あるものも羽抜鶏 平井照敏 猫町
尻ながき客に木槿の露けさよ 間石
尻なでゝ落馬さするな花すゝき 去来
尻のさき待ち針いろの糸蜻蛉 高澤良一 暮津
尻の火に横筋もゆる螢かな 原石鼎 花影
尻の火の横條もゆる螢かな 原石鼎
尻の汗疹かゆしと女工ら笑ひあふ 菖蒲あや
尻の跡のもう冷かに古畳
尻の知る苜蓿冷えを誰も言ふ 中原道夫 巴芹
尻の肉ぴりぴり相撲動きなし 阿波野青畝
尻ばかり熱くて枯野発の電車 久保砂潮
尻はたきここ一番の大相撲 高澤良一 宿好
尻ひねり祭りその名は伝れど 後藤比奈夫
尻ふつてついふり切ルや蛙の子 白雪
尻ふつてゐる夏鴨のうまさうな 仙田洋子
尻ふりて蛤ふむや南風 涼菟
尻べたの蚊を打つ芋の葉風哉 巣兆
尻べたの蚊を打芋の葉風かな 建部巣兆
尻ぽつと白く牡鹿の鳴き駈くる 右城暮石 句集外 昭和二十九年
尻まろきこれは潮吹またもやか 高澤良一 素抱
尻まろく鶏頭蒔くなり夫がため 石田あき子 見舞籠
尻むけて親しらず也海松拾ひ 凉菟
尻むけて八幡を立やかへる雁 尚白
尻むけて飯くふふりも花見哉 成田蒼虬
尻もちをつきし不覚も霜の午後 皆川白陀
尻やふかん紙衣やぬはん夷紙 紙衣 正岡子規
尻をつく大道踊夕桜 古舘曹人 樹下石上
尻を出し頭を出すや雲の月 月 正岡子規
尻を帆にあげて波だつ田植哉 中川乙由
尻押させぐいと曳揚げぬ田植牛 西山泊雲 泊雲句集
尻押して牛を乗せたり牧終ひ 登嶋弘信
尻寒くほとべは医師の残虐待つ 赤城さかえ句集
尻鼓打々ひとり扇哉 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
尻向けて汽車を憎めり田草取 石塚友二
尻向けて芒の天の石を切る 渡邊白泉
尻高き牛は地の涯濃龍膽 古舘曹人 砂の音
尻高にトンボ桂月先生碑 古館曹人
尻高の四足獣かや田草取 香西照雄 素心
尻込をする児に持たせる蝉の殻 東 久子
尻子玉抜かれしごとき水中り 茨木 和生
尻取に母が躓く灯取虫 江頭信子
尻重き業の秤やふゆごもり 炭 太祇 太祇句選
尻重き十一月の山の虻 宮坂静生 山開
尻重き人の見てきし賀茂祭 後藤比奈夫
尻重き白鳥もゐて啼き合へり 石原八束 『白夜の旅人』
尻重き翔ちざまの鴨白鳥湖 橋本多佳子
尻重く髪切虫のとぶ咫尺 小島昌勝
尻重の益子の碗や冬いちご 川原游巴
尻出して月夜涼しとはたく音 尾崎紅葉
尻焦けし柚味噌の釜や古疊 正岡子規 柚味噌
尻焦げし癩園の茄子夫婦棲む 草間時彦 中年
尻鞘は誰やら雪の鈴鹿越 松窓乙二
尻上げて山風読むか鴉の子 藤田湘子 てんてん
尻上げて這ひそめし子や蓼の花 渡辺 立男
尻上り言葉を浴びつ夾竹桃 八木林之介 青霞集
尻振つて羽抜家鴨でありにけり 小林京子
尻振つて花に溺れし虻出づる 安藤馬城生
尻振つて付き来離宮の羽抜鳥 早川とも子
尻振って風船逃げる冬青空 伊丹三樹彦
尻振つて陸を歩けり餌づけ鴨 右城暮石 一芸
尻振りて玩具めく鴨近寄り来 高澤良一 燕音
尻振り家鴨 追込む お下げ髪跳ねる 伊丹三樹彦
尻据ゑし厠の屋根の瓢かな 青嵐
尻据ゑて野に遺賢ある南瓜かな 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
尻声を拾ふて鳴やほとゝぎす 玄梅
尻青き林檎もぐなと言告げぬ 平畑静塔
尻茸を生えしめ梅雨の痔とはいふ 石塚友二
尻斗てられて立や秋の鹿 野坡
尻踏んであるズック靴西ようず 茨木和生
尻飛びに闇の螽や穂の頭マ 野坡
尻腐れ座りづめなる布袋草 高澤良一 素抱
尻揚げて江上の鴨羽ばたけり 阿波野青畝
尻立てゝ泳ぎ流るゝ田亀かな 浅原鴨石
尻立てて山の水飲む秋の蜂 山本英津子
尻立てて蜂 首塚に秋日の熱 伊丹三樹彦
尻立てて蜷の歩みし道ならむ 大石悦子 百花
尻立て犬に蟇向かへて去るつもり 河野静雲 閻魔
尻立て犬に蟇向きかへて去るつもり 河野静雲
尻撥ねて十六*ささげ露けしや 石塚友二 磊[カイ]集
寝むしろや尻をかぞへて行螢 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
寝返つて尻が青きよ若葉風 奈良文夫
振る尻の泪光りに秋の蜂 上田五千石 風景
新じやがの尻の青さよ一間借り 鈴木東州
深川の家尻も見へて朝寒き 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
深皺を尻に集めし隼人瓜 滝沢伊代次
薪尻に猫逐ひやりし囲炉裏かな 松藤夏山 夏山句集
親馬の尻追ふ仔馬葱の花 橋閒石 雪
身やかくてぼうふり虫の尻かしら 路通「草庵集」
身やかくて孑孑むしの尻かしら 路通
進みゐるくわりんの尻の虫腐れ 高澤良一 随笑
人に尻振つていかにも春の鴨 後藤比奈夫
人の世に尻を居えたるふくべ哉 蕪村
人の世に尻を居へたるふくべ哉 蕪村 秋之部 ■ 四十にみたずして死んこそめやすけれ
人の声尻であしらふをどり哉 配力
人工衛星へ尻むけ這いまわる百姓群 仲上隆夫
水を蒔く奴が尻へ木葉哉 一茶 ■文化十年癸酉(五十一歳)
水桶の尻干す日なり羽蟻とぶ 一茶
水桶の尻干日也羽蟻とぶ 一茶 ■文政元年戊寅(五十六歳)
水牛の尻みな尖る夕立晴 石原 透
水玉や尻ををかしくかいつぶり 野村喜舟 小石川
水車尻の洲掘れ澪押す川浮巣 内田百間
水風呂に戸尻の風や冬の月 十丈
酔ひし武者に馬が尻上ぐお野馬追 菅野イチ子 『花漆』
瀬にひたす尻は真桑瓜の幼な児ら 金子兜太
瀬の岩の秋陽炎の少女尻 加藤秋邨
星寒し人の言尻胸に尾を 石塚友二
生きるゆゑみな尻持てり干菜風呂 和田耕三郎
声尻をつなぎて別の法師蝉 小山ヨシ子
西瓜ンと尻をはねるや秋の風 許六
西行に長尻さするしみづ哉 越人
西尻たべてひげ剃ると云はる恢復期 滝井孝作 浮寝鳥
西日に尻顔のごと出し田草取 川島彷徨子 榛の木
醒井の地蔵や瓜の尻ひやし 許六
青柿の尻辺に廻る雨滴かな 高澤良一 燕音
青尻トマト又一菜に詩人たり 上田五千石『琥珀』補遺
青年の尻こりこりと青い柿 甲斐すず江
青梅の尻見ゆ子には蒙古斑 文挟夫佐恵 雨 月
青牧の牛が出て来て尻を向け 山口誓子
石にかけて痺れし尻や鳥渡る 内田百間
石に尻かけた斗の枯野哉 一笑(金沢)
赤ん坊の尻持ち上ぐる冬座敷 波多野爽波
赤ん坊を尻から浸す海旱り 飴山 實
赤牛の尻を目がけて虻叩く 深沢義夫
切株に尻が余れる神無月 佐藤鬼房
雪の戸に尻込む犬を押し出せり 比叡 野村泊月
雪の夜の停電テレビ尻すぼみ 平畑静塔
雪もてる雲の尻兀ちからなし 曉台
雪打ちや首から尻に滝のいと 荒雀 俳諧撰集「有磯海」
雪飛ぶ艀女が炊ぐ尻立てゝ 小林康治 玄霜
雪来るか尻ふりいそぐ家鴨たち 飴山實 おりいぶ
川ぶねの尻も詠て螢かな 中川乙由
川越の尻を見せぬやはなの浪 望月宋屋
川縁や蝶を寝さする鍋の尻 一茶 ■文化元年甲子(四十二歳)
川狩や陶淵明も尻からげ 芥川龍之介
川床や片尻かけて旅まくら 知足
浅瓜も老極りぬ尻くゝり 三宅嘯山
浅草や家尻の不二も鳴雲雀 一茶 ■文化七年庚午(四十八歳)
洗はれて白菜の尻陽に揃ふ 楠本憲吉
洗われて白菜の尻まな板に 四十物敦子
洗われて白菜の尻陽に揃う 楠本憲吉 孤客
前には尻の薄暮がある君ながもちするな 加藤郁乎
禅刹の見て飽かぬもの梅の尻 鷹羽狩行
爽籟や艶にも馬の尻ならび 篠田悌二郎
掃人の尻で散たる牡丹かな 一茶 ■年次不詳
早乙女のならぶや宮を尻にして 正岡子規 早乙女
早乙女の尻につかへる筑波哉 一茶 ■文化十二年乙亥(五十三歳)
早乙女の尻よそ者を通しをり 細川加賀 『傷痕』
早苗取尻を濡らして起つてをり 阿波野青畝
巣ごもりの冬蜂尻が入りきれず 加藤知世子
痩尻のあはれ股引恃みかな 藤田湘子 てんてん
草の実や尻からげなる裏表 阿波野青畝
草取りが消え竹藪の尻なびく 飯田龍太
草笛を吹く眼の青年 荷馬車の尻 伊丹三樹彦
草萌ゆる尻きれし草履我妹 梅林句屑 喜谷六花
草履の尻折てかへらん山桜 芭蕉 江戸蛇之鮓
草履の尻折りてかへらん山桜 松尾芭蕉
草履の尻折りて帰らん山桜 松尾芭蕉
藻の花の尻のすはりや水の縁 露川
藻の花や尻のすはりは水次第 露川
送る出漁島に尻向け女子供 三橋敏雄
送水会行者の尻に毛皮垂れ 松崎鉄之介
霜強しひとり習はむ尻上 山崎芳子
足弱の息を尻へに落葉踏む 佐藤鬼房
卒園の列を外れたる犬の尻 石寒太 翔
卒業や尻こそばゆきバスに乗り 西東三鬼
多佳子忌や紅あはあはと梅の尻 青木重行
多摩蘭坂ぶるんと寒の雲の尻 安西 篤
太き尻ざぶんと鴨の降りにけり 阿波野青畝
太き尻ざぷんと鴨の降りにけり 阿波野青畝
太き尻ざぶんと鴨の降りにけり 阿波野青畝(1899-1992)
打水や土につきたる蜂の尻 芝不器男
袋よりはち切れさうな梨の尻 間部美智子
大阿蘇に尻立てて摘む土筆かな 池松幾生
大河の尻に家なし枯柳 岩谷山梔子
大牛の尻に夕立つ山路哉 正岡子規 夕立
大根引ぬいてたゝくや牛の尻 〔ブン〕村
大尻の蟻や山に来髪灼かる 秋元不死男
大雪がくると尻振るへくさ虫 橋本榮治 逆旅
大船の尻のそきたる汐干哉 汐干狩 正岡子規
大団円蜘蛛の匠の尻黄なり 藤田湘子 てんてん
大年の闇があと追ふ貨車の尻 成瀬桜桃子
大仏の尻より吹きぬ秋の風 正岡子規
大佛の尻より吹きぬ秋の風 秋風 正岡子規
鷹匠に尻喰せてや鳴鶉 桃妖
滝尻の渦しづかにて雪の中 飯田蛇笏
瀧尻の渦しづかにて雪の中 飯田蛇笏 家郷の霧
瀧尻の渦ながれつぐ深雪かな 飯田蛇笏 心像
沢瀉は水のうらかく矢尻かな 蕪村「落日庵句集」
叩いてもみて白菜の尻の艶 能村登四郎
炭薪貧の帖尻底抜けに 石塚友二 光塵
男踊り日本一の尻ばしょり 高澤良一 寒暑
地吹雪を木曽の尻振列車かな 後藤綾子
地虫は尻から子は頭から世に出しや 吉田未灰
蜘蛛多芸なり逆上り尻上り 大橋敦子(雨月)
虫の尻なにげなき灯にあらはれし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
朝掘りの竹の子の尻冷えまさり 石川桂郎 四温
朝採りの尻濡れてゐる秋茄子 赤井達男
朝暑し地べた掻く鶏の尻見えて 佐藤鬼房
朝湯溢らし尻あまやかす機関手ら 飴山實 おりいぶ
朝日あり童貞の尻固すぼみ 金子兜太
朝日子に草籠おどる農婦の尻 伊丹三樹彦
朝鵙や雑巾がけは尻立てて 本庄登志彦
潮びたる廃船の尻冬暖か 佐藤鬼房
長尻の客もたたれしみぞれかな 史邦 芭蕉庵小文庫
長尻の客もたゝれしみぞれ哉 史邦
長尻の客もたたれし霙かな 中村史邦
長尻の秋に驚く螢かな 中川乙由
鳥ごゑの語尾尻上り新樹山 高澤良一 素抱
鳥雲に象牙の印の尻滑らか 田川飛旅子 『山法師』
椎の実にづるりと滑りずでんと尻 高澤良一 石鏡
掴まれし尻つぽ男狐しどろもどろ 稲垣きくの 牡 丹
佃煮の釜の尻干す蜻蛉かな 石田勝彦 秋興
漬菜の石胸に抱き上ぐ尻つき出し 菖蒲あや 路 地
蔦紅葉小猿の尻のまぎれけり 巌谷小波
椿も描き遺作の中に牛の尻 古館曹人
泥まみれどん尻の矢を番へけり 佐藤鬼房
鉄気井戸夕ぐれどきの海女の尻 沢木欣一
鉄瓶の尻がつかえる炭団かな 小田切獅子
天に代りて日焼児の尻をぶつ 楠節子
天の川や尻に舟曳く星もあり 柳居 柳居発句集
添へ板に尻落ちつけて大瓢 杉山三知子
田を植うる尻の辺より虹立てる 宮坂静生 青胡桃
田亀いま尻打ち立てゝ獲物を得 福島秀峰
田植え進む同紺の尻朝日に向け 山口 伸
田植進む同紺の尻朝日に向け 山口伸
田掻馬王者の墓に尻を向け 有馬朗人 母国拾遺
都鳥尻に敷るゝちどりかな 芝光 園圃録
冬の蜂死ぬ尻立ててをりにけり 藤田湘子 神楽
冬の蜂尻を耀らし爆心地 岸風三楼
冬の蜂尻を燿らし爆心地 岸風三楼
冬瓜の尻のしもふり星祭 辻桃子
冬瓜の白尻叩く讃岐かな 岡井省二 猩々
冬河に貧窮の尻さらしけり 岩田昌寿 地の塩
冬終る鴉水田に尻つけて 岸風三楼
冬草に下ろす大きな臼の尻 辻田克巳
冬暖か綺麗に割れて馬の尻 堀 敬子
冬白波尻のせてをり海人の墓 能村登四郎
冬蕪の真つ白な尻積みあげゆく 古沢太穂 古沢太穂句集
冬蕪の真っ白な尻積みあげゆく 古沢太穂 三十代
冬蕪の真つ白な尻積みあげゆく 太穂
冬蜂の尻てらてらと富士の裾 秋元不死男
冬野まで並びひた押す煉瓦の尻 赤尾兜子 蛇
冬籠る尻の下ゆく夜汽車かな 会津八一
凍鶴の澎湃と尻吹かれけり 八木林之介 青霞集
唐突に冬の日暮れて犀の尻 高澤良一 随笑
島の旧正子豚の尻がうす紅に 奈良文夫
東京に尻向け田草取る青年 山崎十生「上映中」
湯上りの尻にべつたりせうぶ哉 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
燈籠の蛍の尻は夜中かな 寂芝
逃げ尻を笑ふからすもしぐれかな 水田正秀
闘牛の尻竹竿で叩かれて 山口誓子
堂前や日数の矢尻年の暮 露章 選集「板東太郎」
道も狭に耕馬の尻やすみれ花 前田普羅 普羅句集
特急の明色瞬時田植の尻 伊丹三樹彦
鳶の尾や汐干やすみのかもめ尻 野坡
奈良の町鹿尻ふつて走りけり 柳原極堂
鍋の尻ほし並たる雪解哉 一茶 ■文政二年己卯(五十七歳)
鍋の尻ほし並べたる雪解哉 小林一茶
縄尻を控へて縫へり鳴子引 日野草城
南風の中尿する尻の定まらず 岸田稚魚 負け犬
南無妙の声が尻うつ厩出し 福田甲子雄
汝が泥の尻を打擲して春野 三橋敏雄
二三人雨月の傘や尻からげ 西山泊雲 泊雲句集
日向にも尻のすはらぬ猫の妻 鬼貫
日向水農婦尻より子を浸す 皆川白陀
日焼子の尻のつめたき祭かな 松本文子
日焼子の白尻父に少女めき 石川桂郎
日本の実桃末子の尻を掌に受けて 中村草田男
入鹿や尻に廻りて夜が明る 朱拙
尿さす子の尻の丸さもやがて春 菖蒲あや
韮売の尻の大きな飛騨の国 細谷ふみを
猫の尻見せられてゐる大暑かな 仙田洋子
年逝くや小舟もつとも尻あげて 石田勝彦 百千
濃尾バス尻を振り振りもみぢ山 高澤良一 素抱
蚤飛ぶや長坐の客の尻の跡 守屋青楓
婆の尻ふりふり籾を零しゆく 石寒太 あるき神
馬の尻 洗うは 磨くは パパイヤ樹下 伊丹三樹彦
馬の尻に行きあたりけり年の市 子規
馬の尻の綺麗に割れて菫咲く 中村和弘
馬の尻みがく少年雲の秋 小松崎爽青
馬の尻消えて明るき雪襖 秋元不死男
馬の尻雪吹きつけてあはれなり
馬の尻馬の尻ここは雪の国 細谷源二 砂金帯
馬の尻撫でてみようか草青む 古市蛇足
馬珂貝の尻の辺りが剥げゐたる 高澤良一 ももすずめ
馬洗へば河童がねらふ馬の尻 山口青邨
馬肥えて富士五合目に尻並べ 山本順子
梅が香に尻のつかゆるくもり哉 嵐青
梅の実の尻に子どものころの痣 宮坂静生
梅の実の尻美しき国に来し 稲田眸子
梅雨医室尻もふぐりもさらし寝て 皆川白陀
梅雨空のずり落ちてくる馬の尻 石寒太 炎環
梅雨空のずり落ちて来る馬の尻 石寒太
這ひ這ひの尻高々と九月かな 山崎千枝子
蝿たまる水道尻の小家哉 正岡子規 蝿
萩焼の糸尻高き新茶かな 岡田久慧
白菜の尻ふたつある銃後かな 田中信克
白菜の尻ふたつづつ束ねらる 嶋田麻紀
白菜割り光の尻をもてあます 北原志満子
白菜干すおてんとさんに尻向けて 高澤良一 随笑
白萩に尻さはられつ畑を打つ 飴山實
白墨の尻ぽつきりと寒かりき 平井照敏 天上大風
白露に老の細臑尻からげ 西山泊雲 泊雲
薄から出て来る風の尻戸哉 秋之坊
薄雪やから尻寒し斎坊主 車庸
麦生うや哀しくまろき馬の尻 北原志満子
畑打の尻つき合す日暮かな 成田蒼虬
板の間に落つかなぶんの硬き尻 高澤良一 素抱
板一枚尻に上司と船料理 嶋田麻紀
晩秋へ掴めるほどの童女の尻 中山純子
磐石の尻を据ゑたる冬籠
比良夕風赤襟鳰の尻押せり 高澤良一 燕音
飛ほたる尻の短き光かな 三宅嘯山
尾を高く巻きたる犬の尻枯野 川崎展宏
枇杷を剥く櫺子のうちに尻から剥く 竹中宏
百姓の臼豊年の幕尻に 百合山羽公 寒雁
瓢箪の尻に集まる雨雫 棚山 波朗
瓢箪の尻に集る雨雫 棚山波朗
瓢箪の尻もすはらず秋幾日 雪芝
苗代に老がちからや尻だすき 服部嵐雪
富士山にすぐ尻向けの稲子かな 阿波野青畝
富士晴れて大根引の尻高し 飯島晴子
布杭に桶の尻ほす五月かな ミノ-可吟 五 月 月別句集「韻塞」
敷藁に尻をうづめて種茄子 岩下幸子
浮寝鳥波来て尻のあがりけり 石田勝彦 秋興以後
浮世絵の景河尻の白魚漁 右城暮石 天水
葡萄は風に染まり尻毛を抜かれ抜かれ 橋閒石
風の水鳥みな尻揚り胸揚り 中村草田男
風越の峯の櫻は強顔(つれなし)か 佐藤鬼房
風邪重くなる大根の尻切つて 秋元不死男
伏勢の矢尻そろへる芒かな 正岡子規 薄
仏壇に尻を向けたる団扇かな 夏目漱石 明治二十九年
仏壇に据ゑられ桃の尻潰ゆ 品川鈴子
物にあたり尻ぼつ立るつゞり虫 四睡
壁炉にて薪は尻より火を噴けり 山口 誓子
片尻は岩にかけけりはな莚 丈草
片尻は岩にかけけり花筵 丈草
片尻は春へかけたり梅の花 浪化
片尻をかけては蛍とんで又 芦角
墓舐めて山蟻の尻みづみづし 白岩 三郎
暮早き野に尻を振る白馬かな 仙田洋子 雲は王冠
峰越すか尻声はねて郭公 野坡「小柑子」
方向をくるりと転じ虻の尻 高澤良一 宿好
芳草の中の継子の尻拭 大橋敦子 匂 玉
蜂の尻ふは~と針をさめけり 川端茅舎
蜂の尻ふわ~と針をさめけり 川端茅舎
蜂の尻ふわふわと針をさめけり 川端茅舎
豊の田に五十鈴川尻広くなる 阿波野青畝
鉾の緑浴衣の尻を並べたる 長谷川櫂 蓬莱
北風に尻据えかんな砥ぐとき唄ひくし 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
北風や夜店尻なる古雑誌 五十嵐播水 播水句集
盆棚に白桃が尻ならべたる 辻桃子
万歳や馬の尻へも一祝ひ 一茶
蜜を吸ふ度に蕊打つ蜂の尻 徳重怜子
稔り田に風神尻をつきし痕 本井英
夢のごと咲くや継子の尻拭ひ 島谷征良
無下に見ず南瓜の尻の花どまり 綾部仁喜 寒木
霧こめて途ゆく先や馬の尻 高井几董
霧こめて道ゆく先や馬の尻 几菫 五車反古
霧こめて道行先や馬の尻 几董
名月や家よりたかき舩の尻 長翠
明けてけさ鍋の尻かく秋の声 几董 (立秋の翌庚申なりければ)
明てけさ鍋の尻かく秋の声 高井几董
明る野や兎の尻に春の風 加藤曉台
鳴る水に尻こそばゆき川床料理 高澤良一 寒暑
毛衣を尻まで垂らし杣通る 高浜年尾
毛虫焼く児に棹尻をとられゐて 馬場移公子
木がらしや尻戸を足で引立ル 十丈
木枯よ達磨の尻を吹きまくれ 会津八一
夜あらしよ尻吹きをくれ峯の鹿 広瀬惟然
夜あらしよ尻吹をくれ峯の鹿 惟然
野あやめを尻なし鴨のたつことよ 八木林之介 青霞集
野茨の青めど飛ばぬ牛の尻 飯田龍太
野馬追武者見上ぐにでんと馬の尻 松崎鉄之介
野遊びの児の尻花粉まみれなる 江里昭彦
薬食ひ火がなでまはる鍋の尻 能村登四郎
遊山子の足音尻に蕎麦刈れる 百合山羽公 寒雁
夕闇に鹿の白尻流れけり 井上弘美
夕陰の尻にしかるゝ扇かな 一茶 ■文政四年辛巳(五十九歳)
夕顔の片尻懸けぬさんだはら 北枝
夕月に尻つんむけて小田の雁 一茶 ■文化九年壬甲(五十歳)
夕月やふくべの尻の花乍ら 正岡子規 瓢
夕凪の瀬尻は水の性つよし 飯田龍太
夕日に尻をむけ明るく静かなる牛 シヤツと雑草 栗林一石路
夕不二に尻を並べてなく蛙 一茶
夕貌に尻を揃へて寝たりけり 一茶
夕立や並んでさわぐ馬の尻 正岡子規 夕立
夕涼み尻をまくりて歩きけり 下村牛伴
夕涼や水投つける馬の尻 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
夕皃に尻を揃て寝たりけり 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
羊たち秋落日に尻をむけ 山口青邨
羊肥ゆ尻辺腹辺の秋蝶に 林翔 和紙
裸の膝同じ血流る尻を置く 猿橋統流子
裸子の尻の青あざまてまてまて 小島 健
裸子の尻らつきようのごと白く 本井英
裸身や水鶏を尻に蜆とり 三浦樗良
雷の尻すぼまりに海の方 高澤良一 寒暑
雷鳴に尻照らされて隼人瓜 豊口陽子
落栗の向け合ふ尻の白さかな 石田勝彦 秋興
落椿の尻少しあせし紅さかな 原石鼎 花影
陸尻の花田明りや燕来る 角川源義
流れ急ぐ雲尻をひやゝ鳥の追ふ 安斎櫻[カイ]子
流川に尻をうちゐる蜻蛉哉 三宅嘯山
流木の瘤に水着の尻を据ゑ 品川鈴子
緑蔭を家鴨尻振りどこへ行く 村山古郷
露いくつ絲瓜の尻に出あひけり 糸瓜 正岡子規
露時雨蟷螂尻をどかと据ゑ 川端茅舎
露天湯に霊芝(れいし)のごとき老いの尻 高澤良一 随笑
蝋燭の尻に穴なき夜寒かな 龍岡晋
凩に尻をむけけり離れ鴛 正岡子規 凩
凩に吹き落されな馬の尻
凩の尻吹き上げる厠かな 会津八一
凩や木から落たる猿の尻 加藤曉台
囮鳴尻をうかして揺れてをり 岸田稚魚 紅葉山
壜の尻浮く憲法の日の運河 出井一雨
壺焼の尻焦げ抜けてゐたりけり 茨木和生 丹生
學問は尻からぬけるほたる哉 蕪村 夏之部 ■ 一書生の閑窓に書す
寐具合や惠方に尻を向けて居る 恵方 正岡子規
搗臼の尻の重さや五月雨 許六
榾尻に坐りて世話も何くれと 京五紅
榾尻に細き焔のすいと出で 高野素十
榾尻の泡吹いてゐる火の熾ん 高浜年尾
橙の尻をひと撫でして飾る 山尾玉藻
浣腸の尻曝けをり春の暮 安住敦
渺~と尻をならぶる田植かな 曲翠
炬燵よりおろかな猫の尻が見ゆ 平井照敏
甕の尻並びて春の昼曇る 橋閒石
瘤尻にのぞける青や隼人瓜 石田勝彦 秋興以後
竈猫尻の大きな妻がいる 和田幸司
筍の尻の太きが売れ残る 吉田ひろし
簗尻の大陥りをもて崩れ 皆吉爽雨 泉声
縋りつくものにままこの尻ぬぐひ 馬見塚吾空
茱の花や常陸なまりの尻あがり 松崎鉄之介
茗荷の子童女の尻を見てゐたる 河野南畦 『元禄の夢』
菫咲き埴輪の馬に尻の穴 田川飛旅子 『使徒の眼』
蒟蒻掘る尻がのぞきて吉野谷 橋本多佳子
藪陰を尻づよに出る蛍かな 北枝
藪尻にはづみのつくや梅の花 建部巣兆
藪尻の賽銭箱や春の雨 一茶 ■文化十一年甲戊(五十二歳)
藪入や逆さくぐりの鴨の尻 石田勝彦 秋興以後
蘆刈の舟を尻より着けにけり 石田勝彦 秋興
蘆刈や月のほのめく湖の尻 角川源義
蜑の畑長茄子尻をあげにけり 石田勝彦 百千
蜻蛉の尻でなぶるや角田川 一茶
蜻蛉生れかちわたる子らの尻まるく 瀧春一 菜園
蜻蛉釣りの放す尻切り蜻蛉かな 中山柳家
蜩の聲の尻より三日の月 正岡子規 蜩
蟇地球を尻の下に敷く 福田貴志
蟲鳴くや鍋の尻敷あるあたり 廣江八重櫻
蟷螂の尻の重さよ露時雨 川端茅舎
蟷螂の逃げるにあらず尻向けぬ 高澤良一 暮津
褌の尻浅黒き祭かな 飯島晴子
貂の尻見えたり蕗の葉隠れに 巌谷小波
迯尻に尿して蝉のはぐれ啼 朱拙
迯尻を笑ふからすもしぐれかな 正秀
駘蕩の春尻の肉痩(こ)けにけり 佐藤鬼房
鮓のれん尻切蜻蛉来て止る 萩原麦草 麦嵐
鮓の石丸くして尻が据りけり 守屋青楓
鯰捕赤城を尻に置きにける 藤田湘子 去来の花
鰡の飛ぶ江尻の汐の高さかな 河東碧梧桐
鴉の子尻なき尻を振りてけり 飯島晴子
鶯の尻のす見たり檐の梅 正岡子規 鶯
鶯の足跡細し鍋の尻 正岡子規 鶯


以上


by 575fudemakase | 2019-06-28 18:51 | 無季 | Trackback | Comments(0)

剽軽

剽軽

ひょう‐きん〔ヘウ‐〕【剽▽軽】
[名・形動]《「きん(軽)」は唐音》気軽でおどけた感じのすること。また、そのさま。「剽軽なしぐさ」「剽軽者」
元は中国語から来ている言葉のようだ。
別に「剽げる」と言う言葉がある。「剽げて」等と使う。

あの剽軽さふぐり落しをせし所為や 中原道夫
うぶすなの剽軽て空を神楽笛 猪俣千代子 秘 色
ひょうきんな目をした鷽の替えらるる 高澤良一 暮津
ひょうきん者ねずみ泳ぎのネズミフグ 高澤良一 燕音
わが剽軽じいつと猿と見くらべる 橋本夢道 無禮なる妻抄
山風に剽軽てあるく藜杖 宇佐美魚目 天地存問
豆、根を発すや剽軽の原因貧に始まる 橋本夢道 無禮なる妻抄
髭粗き山葵はかほの剽軽に 栗生純夫 科野路
剽軽な子もゐて葺かる花御堂 松崎鉄之介
剽軽に祈雨の念仏踊かな 片岡紫舟
貂棲んで剽軽鳴きや夜長宿 銀漢 吉岡禅寺洞

以上

by 575fudemakase | 2019-06-26 02:14 | 無季 | Trackback | Comments(0)

ネオンサイン

ネオンサイン

いぶせき陽落つとネオンはなかぞらに 篠原鳳作
うそ寒し昼のネオンの骨欠けて 吉田不可止
うたひめにネオンかはたれはつしぐれ 飯田蛇笏 雪峡
タイ購へばネオンの温み秋惜しむ 宮武寒々
ネオンサインくぐるくつきり汗疹かな 仙田洋子 橋のあなたに
ネオンサイン左右に走り日短か 山口青邨
ネオンさす狭き事務所や夜食とる 小田道知
ネオンともり人水族と化しにけり 林原耒井 蜩
ネオンと俺との空間が鳴り十二月 古沢太穂 火雲
ネオンなき菜館ならぶ夜の若葉 大島民郎
ネオンなき夜寒の街にバラライカ 津野美都江 『ひなげし』
ネオンの音寒し都会の夜はことに 鷹羽狩行
ネオンの灯青真菰より立ちのぼる 山口青邨
ネオンばかりいきいきさむし喪の深夜 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
ネオンはや息吹く大阪秋日宙 伊丹三樹彦
ネオン街秋風袖をひるがへす 山口誓子
ネオン街青赤の塵を宙にせり 三橋敏雄
ネオン眼を射て高価なる冬百貨 飯田蛇笏 雪峡
ネオン見て柿よ柿よと子供かな 岸本尚毅 舜
ネオン坂一遍功徳の花菜風 脇坂啓子
ネオン射すたび 詐欺めいて 路上の梨 伊丹公子 メキシコ貝
ネオン射すたびに 詐欺めいて 路上の梨 伊丹公子
ネオン秋街の晩貌泣くばかり 飯田蛇笏 雪峡
ネオン赤き露の扉にふれにけり 木下夕爾
ネオン点け勝手に夜にしてしまふ 川島水鶏
ネオン冬出逢つて話す広告マン 田川飛旅子 花文字
ネオン明滅滅の間燃えて聖夜の星 加藤秋邨
はてしなき闇がネオンにみぞるるよ 篠原鳳作
ハンカチもネオンで真赤心せはし 中村草田男
びしよ濡れネオン梅雨の長靴欲かくす 田川飛旅子 花文字
やつと退勤ネオンの色の牡丹雪 草間時彦 中年
ラテン語やとろんとろんとネオン痩せ 阿部完市 証
をだまきのネオンの墓場春の霜 宮武寒々 朱卓
安宿のネオン音出す芙美子の忌 岩田岩雨
一字だけつかぬネオンや猫の恋 栗林明弘
一字欠けネオンサインも冬に入る 森田幸夫
遠きネオン雲丹食べて父蘇る 渡辺祥子
遠ネオン読めて意味なし鴨も旅寝 中村草田男
鴎舞ひ白夜のネオン淡かりし 広瀬河太郎
牡蠣舟にネオンうるさし大阪は 伊丹三樹彦
牡蠣船のネオンともりて小さしや 右城暮石 句集外 昭和二十九年
夏燕街のネオンにひるがへる 林 康子
河豚鍋や水面のネオン雨に痩せ 桂郎
花火空ネオンあくまで照らすなり 林原耒井 蜩
花街のネオン師走の雨に濡れ 本宮哲郎
蚊喰鳥ネオンは語りはじめたる 山田弘子 懐
海をみだらに染めるネオンを截る艀 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
街へ出しこころの底にネオン咲く 伊丹三樹彦
刈田にネオン兵隊部落闇に浮く 佐藤鬼房
寒鴉とほきネオンのはやともる 木下夕爾
堪へかねて寒暮のネオン走り出す 岡本眸
肝吸に隣のバーのネオンかな 鈴木鷹夫 千年
顔そむる飾窗ネオン夜の凍て 飯田蛇笏 雪峡
岐阜城のネオン灯りて鵜舟来る 新倉美紀子
幾重にもネオンの滲む時雨かな 上月ひろし
近松忌ネオンの花が水に咲く 桝井順子
空涼しネオン疲るるさまもなく 岩崎照子
古町にネオン一点ビールの酔 香西照雄
枯柳更けてネオンに触れ易し 山田佐人
枯蓮は焦土に似たりネオン咲き 岡本眸
虎ケ雨濡れてネオンのなまなまし 清崎敏郎
紅ばらにネオンの雨が大粒に 柴田白葉女 遠い橋
冴ゆる夜やネオンの一字欠けしまま 青木不二子
子には読めて無縁なネオン旱の街 伊丹三樹彦
子規の忌の月を上げたりネオン坂 黒田杏子 花下草上
思ひ思ひにネオン点滅忘年会 右城暮石 句集外 昭和三十九年
死化粧や遠くネオンの赤凍てて 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
手に胸にネオンはげしや乾ける冬 草間時彦 中年
終の駅夜涼遠近の区にネオン 山口誓子
春の河夜半に大阪ネオン消す 橋本多佳子
春暁の用なきネオン点りしまゝ 右城暮石 句集外 昭和三十年
春水の暮れつつネオンとらへつつ 亀井糸游
春灯の中ネオン明滅豊橋なり 山口青邨
春燈として車燈点きネオン点き 嶋田摩耶子
女等昼寝ネオンの骨に蝉が鳴く ねじめ正也
除夜もネオン地下理髪師の名をともす 山口誓子
笑うキリストの主題ありきや冬のネオン 田川飛旅子 花文字
森疎なり神にちかぢか冬ネオン 鍵和田[ゆう]子 未来図
人は征くネオン燃えホツトジヤヅ沸き立ち 日野草城
人待てば年のネオンは媚びるかに 岩田昌寿 地の塩
厨芥牽く老いた猟犬 ネオンの斑 伊丹三樹彦
水のシンポジウム果てたるネオン街 石田よし宏
聖誕歌ネオン真下に闇溜めて 平井さち子 完流
青きネオン赤くならんとし時雨る 竹下しづの女 [はやて]
青葉冷万太郎忌の夜のネオン 中村汀女
雪はらむ夜空はふくれネオンばかり 岩田昌寿 地の塩
雪降るや僻地のネオン赤がちに 有働亨 汐路
曾根崎のネオン見て過ぐ近松忌 冨田みのる
送火を終へたる遠きネオンかな 石川経子
霜夜のネオン火のごと埋立てられてすぐ 大野林火 雪華 昭和三十九年
短か夜のネオンに近き目覚めかな 林原耒井 蜩
短日のネオン流るゝかき料理 高木晴子 花 季
短日の或る時点よりネオン増ゆ 山口誓子
昼の蟲骨格見するネオン管 田川飛旅子 花文字
昼ふかきネオンの骸にしぐれゐる 篠原鳳作 海の旅
昼深きネオンの骸にしぐれゐる 篠原鳳作
虫の原染むるネオンに更け色なし 伊丹三樹彦
鳥の字のネオン青光り睡魔くる 金子兜太
天の川寂たりネオン昇降す 林原耒井 蜩
点滅のネオンを探る返り花 中沢一枝
吐く唾に降誕祭のネオン映ゆ 宮武寒々 朱卓
賭場並び春のネオンを競ひをり 吉良比呂武
賭博市の質屋の春のネオン赤 吉良比呂武
都會のネオンが こゝの貝殻までは 映らない 吉岡禅寺洞
冬支度済みたる風の遠ネオン 岡本眸
冬帽や家路のどこもネオン満つ 草間時彦 中年
冬夕焼ネオンがさきに夜創る 長岐靖朗
凍てきびし屋上ネオン雲に映え 飯田蛇笏 雪峡
凍て空にネオンの蛇のつる~と 篠原鳳作
凍て空にネオンの塔は畫きやまず 篠原鳳作
凍空にネオンの蛇のつる~と 篠原鳳作 海の旅
道頓忌原色ネオン映す堀 檜 紀代
年あけぬネオンサインのなきがらに 篠原鳳作
年のネオン遠目夜空は戦火に似る 岩田昌寿 地の塩
年の瀬のネオン山本山高島屋 星野立子
芭蕉枯れて水面はネオン散らしけり 五島高資
梅雨夜空ネオンがほしいままにせり 波多野爽波 鋪道の花
売られる映画館のネオン息づく赤青緑黄 栗林一石路
肥船をネオン粧ふ近松忌 秋元不死男
美しきネオンの中に失職せり 富澤赤黄男
文学もかなしネオンの赤き夏 下村槐太 光背
母出稼ぐ干した襁褓のネオンまみれ 伊丹三樹彦
柳散る一枚は赤のネオン一枚は青の 山口青邨
油虫ネオンの赤き夜に会ふ 右城暮石
夕ばえてはやきネオンに地が凍てぬ 飯田蛇笏 雪峡
夕霧にネオンせはしき街となる 阿部みどり女
夕立やネオン浮かべる水溜り 玉澤淑子
落ちたネオン 木馬も黒い影で眠る 伊丹三樹彦
旅につく高きネオンや秋の暮 高田風人子
旅来し妻春夜ネオンは火の如し 細川加賀
冷えに昵まぬ黄のネオンあり餡を噛む 中村草田男
露けくて闇の彼方のネオンともる 右城暮石 句集外 昭和二十八年
藁塚とならび湯宿のネオン塔 阿波野青畝
晝深きネオンの骸にしぐれゐる 篠原鳳作

以上


by 575fudemakase | 2019-06-22 12:19 | 無季 | Trackback | Comments(0)

円形同心円 の俳句

円形同心円 の俳句

円形同心円

*たらの芽の葉のひろがりに月円か 大津春洋
???まきつく楕円くびれぬ楕円 八木三日女
オーロラ半円拡ぐるコンパス無限大ヘ 中村草田男
おでん食ぶ三角四角球楕円 川崎路草
くろい壷の 中の 半円の 歌声よ 富澤赤黄男
くろい壺の 中の 半円の 歌聲よ 富澤赤黄男
さくら散る山より段畠扇形 関森勝夫
さぼてんの楕円へゆるやかな午前 桂信子 花寂び 以後
しやぼん玉楕円忽ち円となる 阿波野青畝
しらかみに大き楕円を描きし子は楕円に入りてひとり遊びす 河野裕子
ぬく飯に落して円か寒玉子 高浜虚子
まひまひは同心円をよろこべり 阿波野青畝
マラソンの足扇形に滝の使徒か 八木三日女
みちのく田植みな弓形腰に見え 平畑静塔
みのり田に松島なして墳円か 上田五千石『琥珀』補遺
やはらかき楕円光沢繭ごもる 猪俣千代子 秘 色
ラグビーの天を落下の楕円球 粟津松彩子
愛は死と同心円とぞしかすがに日光月光ひとしくそそぐ 春日井建
一満月一韃靼の一楕円 加藤郁乎
一粒の露の楕円を愛しけり 渡邊白泉
芋の露直径二寸あぶなしや 川端茅舎
越前海月来襲弓形列島に 高澤良一 暮津
円形の街のかたちに街は枯れ 対馬康子 愛国
円形墳あり濃薊に裾をひき 中村汀女
鉛直に水平に塔よ月半輪 和田悟朗 法隆寺伝承
夏の暮楕円を閉づるごとくなり 正木ゆう子
我影の滝にあり仰ぐ月円か 比叡 野村泊月
海上の楕円なる日と木の葉かな 中田剛 珠樹以後
垣薔薇円か夏立つあらしやりすごし 上田五千石『天路』補遺
寒夜 ひしひし円周の中に踞し 富澤赤黄男
眼中に半円の海夏帽子 上田日差子
忌に咲いて泰山木の椀円か 上田五千石『琥珀』補遺
鬼蓮の直径一尋づつ静か 阿波野青畝
蟻地獄同心円を並べけり 野見山朱鳥
弓形に海受けて土佐冬ぬくし 右城暮石
弓形に電車出て来る花林檎 佐々木蔦芳
弓形の日本列島弓始 須田郁子
教師も蹴る枯木を抜いた楕円の球 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
空に浸る月の円形朝桜 香西照雄
空罐に半円の水傾く死者 金子兜太
啓蟄の籬に雨の玉円か 橋本鶏二 年輪
月の暈大き楕円や復活祭 松崎鉄之介
月の暈大き楕円よ復活祭 松崎鉄之介
月上げてうまざけ三輪の山円か 大野林火 月魄集 昭和五十六年
月暈の半円ささげ総落葉 栗生純夫 科野路
己が身を直径として茅の輪かな 能村研三 鷹の木
枯枝に初春の雨の玉円か 高浜虚子
胡桃割るやや寒の灯の半円に 橋閒石 雪
五月来ぬ朝日半円に土管の影 古沢太穂「古沢太穂句集」
五月来る朝日半円に土管の影 古沢太穂
妻病む日経たり玉菜の半円に 伊丹三樹彦
雑木山入れて半円冬の虹 加藤ふみえ
山かげに半円しづみ月の暈 栗生純夫 科野路
産土神の茅の輪大きく楕円なり 中尾杏子
紙いっぱいに楕円を書いて暖かし 池田澄子
芝を焼く一篇の詩を円形に 鷹羽狩行
灼け下界遠くしづかに円形闘戯場(コロセウム) 山口誓子
春の日に見よ半輪のはしの雪 来山
春めいて空の半円鶴に垂れぬ 吉岡禅寺洞
春日満つ薪の切口の円・半円 岸田稚魚 筍流し
春風の館の楕円の大鏡 上野泰
初日いま楕円核爆発あるな 三橋敏雄 まぼろしの鱶
初日半輪親しきものの眩しさに 香西照雄
女郎蜘蛛楕円函数論知るや 高澤良一 宿好
色鳥や子産みの石の相円か 上田五千石『琥珀』補遺
食器みな白く円形夏木立 須川洋子
真ん丸な月あり真夜の虎落笛 柘植梅芳女
水砧同心円の波送る 阿波野青畝
水禽に夜空ややわらかく楕円 池田澄子 たましいの話
水平線弓形なせり岩燕 能村登四郎
雪つけて竹弓形に靄の中 飯田龍太
扇形に犬放つユーカリの月を細め 橋閒石 風景
窓の円半円は寒潮の紺 日野草城
楕円の夢 くろびかりつつ歪むかな 富澤赤黄男
楕円球の前には行けずラガー群る 塚本務人
泰山木楕円の雪の晴れにけり 川端茅舎
拓チャンの書初め大いなる楕円 池田澄子
拓チヤンの書初め大いなる楕円 池田澄子
濁り鮒近江の真昼楕円なり 鈴木湖愁(岳)
田を植ゑて鳶半円を海のうへ 中拓夫
塗格子半輪出たるきく白し 桜井梅室
土俵の直径についてバラを見ながら言う 四ッ谷 龍
冬光は広場円形たるために 対馬康子 純情
踏青や野外劇場半円に 田村恵子
虹の半円いづこにありや駆け出す 平井照敏
虹消えて やがてひろごる 黒色半円 富澤赤黄男
虹半円人どち盲点重ね合ひ 中村草田男
虹立ちて余る半円胸に足す 野澤節子 八朶集以後
葱二本楕円の思惟はくづれたり 攝津幸彦
年逝くや雲の隣に月円か 廣瀬直人
梅雨の月半輪高し白鷺城 水原秋櫻子 餘生
白き息吐く円周は万国旗 対馬康子 愛国
白萩の風のこまかな葉の楕円 加倉井秋を
半円をかき恐しくなりぬ 阿部青鞋
半輪の寒月光に奈良照らす 山口誓子
浮寝鳥同心円を出でざりき 柴田奈美
盆の月杉間を離れゆき円か 佐藤鬼房
麻刈りに楕円真赤な日がのぼる 佐藤鬼房
未登緑労務者の眼に秋楕円か 磯貝碧蹄館 握手
明日ありて虹の半輪蔵ふなり 友岡子郷 日の径
木戸に見し中天に冴え月円か 片倉ゆかり
琉球干す日の出すすむへ扇形 大野林火 雪華 昭和三十四年
列島の弓形強め年迎ふ 鷹羽狩行
露伴忌や黄ばむ楕円の帽子箱 摂津よしこ
聾唖の指話蛾は半輪の花に似て 中村草田男
囀りの同心円にある祈り 豊田都峰
楮煮る釜の直径雪降れり 松本淳子
榧の実に真青な楕円子に未来 須川洋子
簗暮れて月半輪の榛名山 水原秋櫻子 蘆雁
蜻蛉の国は楕円の水一つ 田中水桜
螢の夜ふけて楕円に似たりけり 橋間石
螢の夜更けて楕円に似たりけり 橋閒石 微光
螢火の大き円弧をもて嘆く 鷹羽狩行
駭きとほせよ円周の雛罌粟(コクリコ) 柚木紀子「ミスティカ」

以上


by 575fudemakase | 2019-06-16 03:22 | 無季 | Trackback | Comments(0)

影絵

影絵

アラジンの影絵終わりて土用波 安藤つねお
うから昼餉の影絵一枚簾の中 中村草田男
うら山の影絵のきつね雪降らす 穴井太 天籟雑唱
お法会に影絵あるよし朧かな 飯田蛇笏 山廬集
きさらぎや影絵にうつす指狐 鈴木栄子
そのなかの城を影絵に遠花火 鷹羽狩行
チユーリツプ影絵のごとく風を呼ぶ 平川 苞
われもまた影絵のひとり流燈会 猿田咲子
一家つどひ影絵たまたま春隣り 伊丹三樹彦
雨ざらしの犬よ影絵になるまで少女 久保純夫
鵜飼果てすべて影絵になりました 小堤香珠
噂すれば影絵のごとく守宮くる 森川 明
雲暮色影絵のごとく子等遊び 内久根眞也
影絵から刳り貰く時間月見草 朝吹英和
影絵しばいの 鋭角の下 盲楽士 伊丹公子
影絵すとしぐさ稚なきあにいもと 伊丹三樹彦
影絵となる船渡御 沖は無尽光 伊丹三樹彦
影絵となる保雪夫雪の長万部 藤田湘子
影絵の吐息 ひろがる 建国日の花火 伊丹公子 アーギライト
影絵めく牛馬朝日を織る蜻蛉 中村草田男
影絵劇一団下車す月見草 山口青邨
影絵細工師いて影を売る町晩夏 楠本憲吉 孤客
影絵消え長崎の墓碑ひたすら灼ける 穴井太 土語
遠白雨陽ざす雄阿寒影絵なし 石原八束 空の渚
奥より見れば馬の影絵や氷室の口 中村草田男
黄塵裡影絵の部隊征きに征く 日野草城
沖澄んでひとつ影絵の遠ゑまひ 佐藤鬼房
夏灯し影絵のきつね端正に 小島征子
火事の夜は狐の影絵して遊ぶ 古館曹人
貨車が 影絵のようにとまつていて ぬくい冬の夜霧 吉岡禅寺洞
楽きくと影絵の如き国にあり 篠原鳳作 海の旅
楽きくと影絵の如き國にあり 篠原鳳作
干鰈影絵のごとく透けてをり 西澤ひろこ
月へ地へ 溶けつづく 影絵芝居の王 伊丹公子
月へ地へ溶けつづく 影絵芝居の王 伊丹公子 ガルーダ
軒簾この世の人の影絵過ぐ 渡辺 恭子
原爆地影絵のごとく梅を干す 中村 和弘
呼び合ひて一人は影絵夜学生 中村草田男
湖の影絵めくられ冬木山 和知喜八 同齢
広島忌声あげてゐる影絵たち 小泉八重子
妻訪い婚の壁へ 影絵のヤクの角 伊丹公子
坂でキッスの影絵 艦檣の灯から暮れる 伊丹三樹彦
惨劇は昨日 影絵の男・女 森 洋彦
残雪を影絵のごとく雉子棲めり 松村蒼石 雪
子育ての胼の手夜は影絵の手 村上喜代子 『雪降れ降れ』
時鳥鳴くや影絵の筏乗 野村喜舟 小石川
手花火を影絵のごとく囲みけり 斉藤阿津子
秋の夜の影絵をうつす褥かな 芝不器男
十六夜の親子狐は影絵法師 脇本千鶴子 『てんと花』
春の影絵の善人も悪玉も 田中裕明 櫻姫譚
春の夜の影絵狐の耳も指 上田五千石『琥珀』補遺
春雪の影絵の愛撫ちちとはは 間庭とよ子
初雀影絵となりて日の障子 水原春郎
新秋や影絵に雨の光げはしる 臼田亜郎 定本亜浪句集
水仙の吾れを影絵として通す 伊豆三郷
星を鏤めて 影絵の沙羅の花 伊丹三樹彦
聖母譚の村 昏れ 羊はみな影絵 伊丹公子 山珊瑚
青丹よし奈良は影絵のお山焼 貞吉直子
雪解谷わが青鹿は影絵のやう 佐藤鬼房
喪の簾影絵の人を歩ましむ 吉田みち子
草うらの影絵の世界 匂ふべき夜叉のおごりもあさつきの色 筑紫磐井 未定稿Σ
足のある影絵の魚夜の秋 二村典子
朝の馬ついに影絵となる旅立ち 金子兜太
津の母に死が来て影絵なすみさご 佐藤鬼房
天に彗星影絵のように父歩む 藤原月彦
南部富士影絵のごとく菊枯るる 井上京子
二上山も鞍部(たわ)も影絵に寒牡丹 石原八束 『黒凍みの道』
日昏れいつも エルクの影絵 氷河の村 伊丹公子 アーギライト
波止釣の影絵となりて十三夜 壺井久子
梅雨雲や影絵のごとく三つ子島 角川源義
梅雨霧の影絵となりぬ石頭 佐藤鬼房
梅咲いて影絵のやうに翌檜 鈴木鷹夫 渚通り
白浪の絶ゆるときなし鵜の影絵 横山白虹
麦秋や影絵のをどる妖女伝 谷中隆子
飛火野の月に影絵のやうな鹿 後藤比奈夫
付添って二人の影絵石蕗の花 近藤三知子
訪えば 寒い灯をつけに起つ 影絵老母 伊丹三樹彦
朴若葉影絵のごとく霧の小屋 河野南畦 湖の森
摩天楼影絵めくなり菜種梅雨 大高霧海
霧を来て影絵の如く鐘を撞く 星野椿
餅食べて影絵あそびに加はれり 栗林千津
夕簾祷りのひとを影絵にす 大野林火 飛花集 昭和四十六年
鈴生りパパイヤ 影絵芝居は裸灯一つ 伊丹三樹彦
蓮掘の独りとなりて影絵めく 橋本榮治 麦生
老ふたり影絵ぐらしの大暑かな 田中みどり
藁帽以下影絵のごとし塩田夫 森澄雄
篝火に影絵のごとき鵜匠かな 金久白楊
繃帯の指を影絵に活かしたる 茨木和生 三輪崎

以上

by 575fudemakase | 2019-06-14 09:00 | 無季 | Trackback | Comments(0)

影絵.切り.絵シルエット の俳句

影絵.切り.絵シルエット の俳句




影絵


切り絵

クッキーも切絵も修道院秋天 古沢太穂 捲かるる鴎
ふところに江戸切絵図や柳散る 加藤郁乎 江戸桜
阿波踊の切絵のなかに音の欲し 大段博利
一花なき病室に切絵の秋の鳥 桂信子 草影
寒夕焼切絵めきたる薩摩富士 渡辺峰山
岐阜うちは切絵透に燈のゆるる 長谷川久々子「花香」
橋を渡って切絵のような町夕焼 山崎光子
春愁や縁切り絵馬の重なりて 杉山青風
星月夜切絵の妻が倚り立てり 舘川京二
切り絵幣風通るたび火が恋し 戸塚時不知
切絵売る智恵子の里や野菊晴 澤野粂子
雪嶺は 遠い切り絵で 珈琲沸いた 伊丹公子 アーギライト
冬ざれや母港切絵の影となる 対馬康子 吾亦紅
冬の夜や江戸切絵図を拡げては 星野麥丘人 2005年
冬天に切り絵のごとき金閣寺 落合ひろ恵
年の端や馴れても嶮し切絵の眼 富安風生
陽を截るは 切絵のインコ 切絵の塔 伊丹三樹彦

シルエット

シルエット若しその髪夏すがた 林原耒井 蜩
雲海に御嶽山のシルエット 西尾泰一
寒いかと問へばうなづきシルエツト 京極杞陽
幹添ひに目遣れば蝉のシルエット 高澤良一 宿好
金木犀シルエットでも無言でも 田井淑江
暮れなづむ庭木に鵙のシルエット 高澤良一 さざなみやつこ


以上

by 575fudemakase | 2019-06-14 08:59 | 無季 | Trackback | Comments(0)

音楽2 の俳句

音楽2 の俳句



序曲

いまだ序曲/鞄の中の/鏡の/宿曜 林 桂
おにやんまはべり湖波の序曲めく 湯本道生
オペラ座の序曲始まる秋扇 赤尾恵以
バードデー川鵜の棹を序曲かな 百合山羽公 樂土以後
ひぐらしの序曲焚く火の能舞台 八木三日女 落葉期
五線紙の序曲を綴る春夕べ 古市絵未
小鳥来る蝙蝠序曲はなやかに 山口青邨
船白く海が遠退く冬序曲 河野南畦 湖の森
増えてまた亡びの序曲冬の鹿 金川允子
冬薔薇序曲は絃の細音より 神長裕子 『苦楽園』
白木蓮の苞はらと解く序曲かな 大橋敦子
利根万里風の序曲に柳の芽 三枝青雲


遁走曲

エスカレーターは銀の遁走曲ぞ寒に入る 鳥居おさむ
遁走曲めく短詩いぢりに返り梅雨 北野民夫

フーガ

響きわたる「花鳥」のフーガ春の昼 川崎展宏 冬
芝焼いてをりオルガンのフーガかな 亭午 星野麥丘人
蒼き指もて星のフーガを弾き初む 五島瑛巳
凩が凩を追ひフーガ果つ 岡田日郎

練習曲 

麦熟れぬギタートレモロ練習曲 日野草城

エチュード

エチュードの後のしじまの旱星 高橋修宏
革命のエチュード終る春の月 西條李☆
狂ひたるピアノ・エチュード寒茜 仙田洋子 橋のあなたに
少年が弾くエチュードや秋の窓 文挟夫佐恵 黄 瀬

行進曲 マーチ

かの日炎天マーチがすぎし死のアーチ 高柳重信
ひまわりが咲いてぎんぎらマーチかな 秋月 乱
運動会裏拍を踏むマーチかな 吉原文音
燕尾服にかの行進曲こそ涼しけれ 大井恒行
少女逝きし朝の結婚行進曲 日野晏子
結婚行進曲ひびけり寧ろわびし 日野草城
行進曲のごとし向日葵群立つは 早崎 明
進水のマーチ始まり悴まず 森田 峠
正午の露消え行進曲鳴り響き 中村草田男
日曜のマーチ流るる浮寝鳥 山口青邨
日輪のわけても行進曲(マーチ)淋しけれ 攝津幸彦
峰雲や行進曲に国滅び 渡邊千枝子
木瓜咲いて軍艦マーチ歌いだす 岸本マチ子
野外演奏まづ行進曲高鳴らし 加藤水万「恩寵」

即興曲

春は華やぐ音色即興曲岩木 高澤良一 燕音
即興曲高らかにニユーイヤーコンサート 佐藤美恵子

セレナーデ

胡桃割りをれば弦楽セレナーデ 大石悦子 群萌
喉元をするり氷菓とセレナーデ 有馬英子

夜曲

秋夜曲たのし女も脚を組む 日野草城
秋夜曲雨のかなたにきこえけり 日野草城
春宵の蘇州夜曲は聴かざりし 深川正一郎

小夜曲

小夜曲空にうなじを残しつ 遠藤進夫

夜想曲

いま誰のことも思わず夜想曲 笠尾文子
夜想曲さくら前線まだ遠し 鍵和田[ゆう]子 未来図
蓴菜のするする逃げて夜想曲 今村博子
春愁や眉寄せて聴く夜想曲 吉原文音

ノクターン

澄む秋や受話器の奥のノクターン 中根千夏
菊枯れてゆく時間なるノクターン 丸山南石

バラード
バラード入江で迷ったかもめ 頭上へまた 伊丹公子 アーギライト
終りなきバラードのわが踵傷 佐藤鬼房
幻想曲
ポピー揺れはじめ田園幻想曲 古賀まり子

舞曲 円舞曲

スケートの少女独楽なす円舞曲 西山青篁
去年今年円舞曲なほつづきゐて 品川鈴子
湖より霧岩燕はや円舞曲 田中水桜
石舞台に宙より流る円舞曲 妹尾 健
送る万歳死ぬる万歳夜も円舞曲(ワルツ) 攝津幸彦
冬ぬくく夜霧舞曲を黄ならしむ 飯田蛇笏 雪峡
舞曲聴く逃亡の霧森に舞い 原子公平
遥かまで円舞曲ステップ黄落期 仙田洋子
遙かまで円舞曲(ワルツ)ステップ黄落期 仙田洋子 雲は王冠

ワルツ

この月夜燈を消しワルツなど鳴らそ 伊丹三樹彦
スケートの父と子ワルツ疑はず 石田波郷
ダブル・ホリディ紳士その母ワルツ踏む 伊丹三樹彦
みずくらげワルツのステップ踏むごとし 高澤良一 素抱
みな遠し小犬のワルツたゞ弾かれ 楠本憲吉 隠花植物
もずよそんなに叫んだらワルツが踊れない 華おもて
ヨハンシュトラウスのワルツにあはせ団扇ふる 大類つとむ
ワルツより始まる夜の花吹雪 赤尾恵以
ワルツ止み瓢箪光る黴の家 西東三鬼
三階へ青きワルツをさかのぼる 西東三鬼
除夜たのしワルツに青きひかりさす 山口誓子
水温む光よワルツでも踊ろう 前田清子
送る万歳死ぬる万歳夜も円舞曲(ワルツ) 攝津幸彦
白靴やサティのワルツを唇に 仙田洋子 雲は王冠
暮れなづむ大阪湾はワルツの色 八木三日女
絨毯をころがるシヨパンのワルツかな 林翔
遙かまで円舞曲(ワルツ)ステップ黄落期 仙田洋子 雲は王冠

ロンド

かなかなのロンド果てゆく森の家 今井茅草
ロンド華麗に天井桟敷男で蒸す 堀 葦男

ポロネーズ

ポロネーズ新樹の森に甦る 篠崎 余士子
夏野菜にはまよねーず、ポロネーズ 手塚 美佐
白木槿少年の弾くポロネーズ 鶴岡 容子

ポルカ

眉毛に白いっぽん ポルカ流れる朝 伊丹三樹彦
白靴をはいてしばらくポルカの中 折井紀衣

マズルカ

マズルカと思ひ踊子草を見る 京極杞陽
マズルカを弾きこなし得ず塩汁鍋 赤尾恵以

ソナタ

かもめかもめ風のソナタの入口に 鷲田 環
クロイツェル・ソナタねむたき事務疲れ 日野草城
クロイツエル・ソナタ折り鶴凍る夜 浦川聡子
クロイツェル・ソナタ男女の頬に西日 日野草城
ソナタ月光三鬼の女みな死ねり 鈴木六林男
バイオリン・ソナタ秋思を奏でけり 堀口星眠
ベートーヴェン自筆のソナタ春の月 仙田洋子 雲は王冠
完璧なソナタぶるとん兎耳 折笠美秋 虎嘯記
秋刀魚焼く「冬のソナタ」を聞きながら 万代紀子
春疾風情熱ソナタほとばしる 松影通男
冬蝙蝠月光ソナタ聴きに来よ 矢島渚男 延年

組曲

組曲を弾ず琴あり冬もみぢ 長谷川かな女 花寂び
無伴奏組曲夜の枇杷太る 浦川 聡子

レクイエム

レクイエム北窓開き聴きにけり 佐藤晴子
レクイエム裸電球ゆれている 紫崎正彦
海鳴をレクイエムとし花海桐 水原 春郎
寒木に風哭く神戸レクイエム 樟 豊
胸に湧く鎮魂曲(レクイエム)あり雲の峰 仙田洋子 雲は王冠
積まれたる献花に南風レクイエム 池北久子(青海波)
体より砂丘があついよレクイエム 池田澄子

オラトリオ

桜(はな)愛す亡娘の絶唱や聖譚曲(オラトリオ 蒲田美音

アリア

「G線上のアリア」流るる支倉忌 下川白湘
「アリア」ヘダイヤル 車窓拭いても拭いても 霧 伊丹三樹彦
ウィーンの森に赤きアリアの道しるべ 五島エミ
カメラを櫓に替えた 陳氏の朝のアリア 伊丹三樹彦
さくらんぼ悲鳴のやうなアリアかな 辻桃子
わがアリア雲雀野の弥(いや)輝けり 佐藤鬼房
首折れカンナ格子窓からアリア続く 伊丹三樹彦
雛罌粟や翅音のアリアたちのぼる 吉原文音
滝飛沫あびてアリアを聴くごとし 高澤良一 ぱらりとせ
虫絶えぬアリアは燃ゆる恋の唄 林翔
腹筋はアリアの為ぞ花氷 中原道夫
陽炎にうつつの詠唱(アリア)かの胸辺 佐藤鬼房
捩花をなぞればG線上のアリア 半田信子

オーケストラ

オーケストラ聴くに無用の扇子挿す 横山 房子
タクト一閃寒林となるオーケストラ 今井 聖
啓蟄やオーケストラのピット出づ 吉原文音
秋水にオーケストラの百五人 森賀 まり
雷雲を野に学生のオーケストラ 津田清子

管弦楽

管弦楽の夕陽が乗って 泰山木 伊丹公子 パースの秋
管弦楽奏す白夜の大宮殿 田中和子
敗荷の地中管弦楽おこらむ 沼尻巳津子

吹奏楽

吹奏楽卒業ちかき校舎より 猪俣千代子 堆 朱
梁に吊る吹奏楽器笹子くる 中戸川朝人 尋声

室内楽

早春や室内楽に枯木なほ 石田波郷
脳裡へと奏で晩涼の室内楽 能村登四郎

交響楽

ストコウスキー交響楽を指揮すわが為めに 日野草城
ひろがれり葡萄の味の交響楽 高澤良一 ぱらりとせ
交響楽「黒船」さくら吹雪くなり 伊達甲女
交響楽運命の黴拭きにけり 野見山朱鳥
春昼の交響楽を溢れしむ 日野草城
雪は霏々交響楽の弦揃ふ 福田蓼汀 秋風挽歌
蝌蚪乱れ一大交響楽おこる 野見山朱鳥

テンポ

テンポの差合わせるためにメロン食む 木村成子
天平のテンポとリズム修二会行 吉原文音

旋律

ある時は風の旋律落葉舞ふ 小野里洋子
わすれゐし旋律うかぶ冬の薔薇 大島民郎
雲海を呼ぶ旋律の笙に舞ふ 河野多希女 こころの鷹
芽柳の旋律のいま高き波 西谷 孝
胸の薄さで今澄む旋律お亡母さん 楠本憲吉 孤客
旋律や夜の木馬の吹かれ立つ 中村苑子
虫の音の一旋律に寝ね難し 苑 清子
朝風の零す旋律露しぐれ 湯川雅
白日 音のない旋律の中に たつている 吉岡禅寺洞
葉の上の風の旋律糸とんぼ 小澤克己


以上




by 575fudemakase | 2019-06-10 10:05 | 無季 | Trackback | Comments(0)

音楽1 の俳句

音楽1 の俳句



賛美歌


賛美歌とコーラン競ふ街おぼろ 津野美都江 『ひなげし』
賛美歌に雨音親し茶の花忌 久保田順子
賛美歌のここにて消ゆる薔薇館 源鬼彦
賛美歌の洩るる窓辺に青胡桃 松沢満里子
賛美歌やうしろにて桃熟れて落つ 岸田稚魚 負け犬
初夏の学林(これじょ)にならふ賛美歌(ごろうりあ) 筑紫磐井 婆伽梵
葬送の賛美歌蝿を手ではらう 井上真実
冬薔薇孤児賛美歌の他知らず 宮坂静生 青胡桃
蓑虫の揺れ賛美歌の高音部 ふけとしこ

ブギ・ウギ

ブギ・ウギに春の心肝ゆらりゆら 筑紫磐井 花鳥諷詠
ブギ・ウギや雨洩るままに梅雨の家 伊丹三樹彦
三月尽ブギの女王逝かれけり 村山古郷
藷洗ふ笠置シヅ子のブギウギに 高澤良一 ぱらりとせ
梅雨を四十路のブギウギ低く口ずさみ 赤城さかえ

ロック

ジヨンガラもロックも愛す夜長かな 山口都茂女
ひとところロック調とも寒念佛 北見さとる
給油所にロック流るる日の盛り 田中三樹彦
若者の夜濯ぎロック流しつつ 武田光子
水牛が角振る ヒッピー村のロック 伊丹三樹彦
風つれて島のロックの熱帯夜 山口八叡

パンク

夜も残暑パンク以上の音一つ 中村草田男

ブルース

おぼろ夜のブルースはかなげに術なげに 日野草城
ブルースや氷片溶ける微妙音 楠本憲吉 孤客
伊勢佐木町ブルース単衣のソックリさん 高澤良一 暮津
檸檬転がり今宵の曲はブルースで 赤尾恵以


ゴスペル 黒人霊歌

ゴスペルの樹にこだましてみどりの日 辻村拓夫
ハスキーな風よゴスペル涼しかり 吉原文音
ハミングに黒人霊歌冬はじめ 井沢正江 湖の伝説
リラ薫る黒人霊歌かなしき時 加藤知世子
一穂一穂に麦熟れ黒人霊歌湧く 伊丹三樹彦
炎天の黒人霊歌けむらへり 石原八束 空の渚
黒人霊歌くらやみの隅に傘濡れて 室生幸太郎
黒人霊歌しづかに春へ唄ひ出づ 吉田素糸
黒人霊歌るるとふるえて蝶の羽化 森武司
黒人霊歌牡丹の鬱気身に浴びる 河野多希女 こころの鷹
黒人霊歌日覆ふかき坂の家 古賀まり子
黒人霊歌蜆の水の澄みにけり 大木あまり 山の夢
春浅き黒人霊歌地下よりす 上田五千石
帯なす朝焼黒人霊歌は女声高し 金子兜太
台風の眼に居て黒人霊歌聴く 岸本マチ子
朝の薔薇が聴いていたのは黒人霊歌 森田智子
椎の花黒人霊歌地を這ひ来 鍵和田[ゆう]子 未来図

ラテン

地底よりラテン音楽枯木星 藤田 良
囀りの歌姫にしてラテン系 高澤良一 随笑

タンゴ

アネモネやタンゴ流るる理髪店 梅田圭一郎
タンゴ弾く男のひげの冬深し 有馬朗人 耳順
タンゴ聴きリズム取りゐる皮ブーツ 高澤良一 石鏡
タンゴ踊るきままな白き日曜日 赤尾恵以
タンゴ踊る恋にあらずも額に汗 中村純子 『花守』
ばらは香を放ちダンスはいまタンゴ 大橋敦子
ピアソラのタンゴ魂露と凝り 高澤良一 鳩信
ポインセチアぼくにはタンゴ踊れない 亭午 星野麥丘人
レコードのタンゴゆるやか夏の逝く 桂信子 「草影」以後
雨から雪へ老人ばかりのタンゴ 遠山陽子
運転手地に群れタンゴ高階に 西東三鬼
街の木は枯れてタンゴの鼻濁音 高澤良一 燕音
極月のタンゴの集ひ共白髪 高澤良一 石鏡
極月の針跳ぶ ALMA TANGUERA(アルマ タンギーラ)(ALMATANGUERA=タンゴを踊る人の心) 高澤良一 石鏡
口許が割れて洩れだす夜のタンゴ 高澤良一 燕音
秋燕やタンゴの国から帆船来て 平井さち子 鷹日和
水母の夜ルンバ・タンゴに疲れおり たまきみのる
霜の花踏んでタンゴを踊らうか 仙田洋子 雲は王冠
暖炉灼く夫よタンゴを踊ろうか 三橋鷹女
冬涛や胸にタンゴの鳴り止まず 坂本宮尾
二ン月のタンゴに切れ目切れ目かな 有馬ひろこ
風を抱きタンゴ踊ろか鬼やんま 比嘉幸子
米磨げばタンゴのリズム春まぢか 三木正美
夜はタンゴ氷のやうに火のやうに 三橋鷹女
踊るならタンゴに如かず高脚蟹 高澤良一 ぱらりとせ
老の身をタンゴに反らす一遍忌 吉田汀史
煖炉灼く夫よタンゴを踊らうか 三橋鷹女
薔薇崩る曲もその名のタンゴにて 水谷 晴光

マンボ

汗垂れて庶民モツ喰ふヘイ・マンボ 岸田稚魚
寄りて揚ぐる大マンボ鮫部落若葉 古沢太穂 捲かるる鴎
不作海苔干しつつマンボ唇を洩る 原裕 葦牙
密集して蚋腰高に振るマンボ 赤尾兜子

サンバ

サンバの音量あげるカモメとすれちがい 佐藤博三
ブラジルのサンバの空の花火かな 森田幸夫
一糸纏ひてサンバが通る雲の峰 梅木たろう(紺)
自動ドア祭のサンバ繰り出せる 品川鈴子「真澄」
浅草にサンバ繰り出す針祭 広瀬千鶴
波頭月のサンバを乗せてくる 星野椿

レゲエ

掠れたるレゲエの短波ふゆざくら 石寒太 翔

サルサ

虹立つやサルサの歌手のおちよぼ口 仙田洋子 雲は王冠

ボサノバ

ボサノバのゆつくり更けるクリスマス 筑紫磐井 花鳥諷詠
ボサノバの流るるカフェ冬木立 千秋岳人
秋の夜のレツドワインとボサノバと 指澤紀子

ガムラン

ガムランえんえん 膝の子まさに目借どき 伊丹三樹彦
ガムランに 物売少女の出番もある 伊丹三樹彦
ガムランの 憂さの極みの ロビーの午後 伊丹三樹彦
ガムランの響き涼しき十字星 石田章子 『雪舞』
ガムランの月光 一生を座して弾く 伊丹公子 ガルーダ
ガムランは 呪術のその端 古都ホテル 伊丹公子 ガルーダ
ガムランは眠りの昼の 旧王宮 伊丹三樹彦
ガムランやあからみそめし鱶の海 白澤良子
ガムラン急調 桟敷の奥に師の眼光り 伊丹三樹彦
ガムラン流す機窓 噴煙は直に 平に 伊丹三樹彦
鵜が翔り数のガムラン打たれけり 岡井省二 鯛の鯛
円虹に機影 ガムランの楽流し 伊丹三樹彦


歌謡曲 流行歌

きつねと百とみそらにうかび歌謡曲 阿部完市 春日朝歌
しまひ花火窓流行歌ぶちまけて 『定本石橋秀野句文集』
初湯中黛ジユンの歌謡曲 京極杞陽
津軽の西日ここ先途なき流行歌 中村草田男
波つぎつぎ流行歌うしろより暑し 岸田稚魚 雁渡し
夜霧ああそこより「ねえ」と歌謡曲 高柳重信
流行歌きく雪風の天竜寺 宮武寒々 朱卓
流行歌詞身に覚えなく秋の風 中村草田男

BGM

鈴虫をBGMに食事する 高橋哲子
CTスキャンBGMも爽やかに 三浦晴子 『晴』
ひとりでパズル埋めているBGM 梅田元子

演歌 艶歌

一万の空の時雨で聞く演歌 今泉貞鳳
演歌など聞かぬふりして年忘 堀口星眠
演歌まみれわが一身も稔り田も 野田信章
艶歌師のうしろ真青に鰤の海 水原秋櫻子 霜林
艶歌師の雨着真青く梅雨の月 林翔 和紙
艶歌師を冬の鴎の影が追ふ 水原秋櫻子
夏風邪や乙女の瞳をして演歌聞く 安斉君子
銀行街しぐれて艶歌通りけり 長谷川双魚 風形
主題歌も踊り演歌も踊るなり 依光陽子
初旅にすぐ艶歌師の恋の唄 殿村菟絲子
衰亡の茄子の老木の艶歌かな 永田耕衣
冬耕のあとさき艶歌こぼしゐて 長谷川秋子
病み痩せし人の演歌や春来よと 林翔
病む者に演歌の力み声きこゆ 金子兜太

シャンソン

シャンソンと酢海鼠いまも好きですか 吉澤利枝
シヤンソンに酔ひし日遠しリラ薫る 安野良子 『篝火草』
シヤンソンに溜息漏らす雪女 宮崎とき女 『雪椿』
シャンソンのよく透く雨の麦畑 穴井太 土語
シヤンソンの流れに浮かぶ夏帽子 大槻玲子
シヤンソンを聴く薄明の勿忘草 きくちつねこ
シャンソンを鳴らしくちぶえ月夜へ吹き 伊丹三樹彦
ずうっと抱擁 ずうっとシャンソン そんな夜長 伊丹三樹彦
ずうつと抱擁 ずうつとシヤンソン そんな夜長 伊丹三樹彦 覊旅句集三部作 神戸・長崎・欧羅巴
ひとり聴くシャンソンに酔ふ夜半の秋 山火白沙
河流れ シャンソン流れ 橋灯る 伊丹三樹彦
栗の花シャンソン暗く繰返す 小池文子
小夜時雨 シャンソン歌手は BUNBUNBU 伊丹三樹彦
男娼の唄うシャンソン巴里祭 加藤静子
夜濯やシャンソンも好きジャズも好き 篠原 穂積
輪唱シャンソン 巴里に生まれて 巴里に老い 伊丹公子 機内楽

カンツォーネ

カンツォーネ運河に響き秋麗 森田文
そこで無言の妻に戴冠カンツォーネ 楠本憲吉 孤客
バナナは おお ゴンドラ 月夜のカンツォーネ 伊丹三樹彦
月涼し運河をめぐるカンツォーネ 今留治子
新秋の小夜更けて聴くカンツォーネ 林翔
朝からカンツォーネ炊事婦 聖母の花も換えた 伊丹三樹彦
冬夕焼カンツォーネめく舸子の声 佐藤喜代子 『水の綺羅』
満月をまつすぐ見つめカンツォーネ 吉原文音

唱歌

うろ覚え唱歌張り上げ初湯殿 高澤良一 石鏡
ランプ灯く「忘れ唱歌」に冬の月 長谷川かな女 牡 丹
ロに出づ唱歌ふるしや雪の暮 村山古郷
柿赤き方に唱歌や南朝址 桂樟蹊子
学び舎に朝の唱歌と雀の子 山内遊糸
鬼灯を鳴らしやめたる唱歌哉 鬼灯 正岡子規
紅葉林湯女の唱歌の聞へけり 前田普羅 能登蒼し
辞書繙かな明治唱歌に楝散る 坂本誠之
七種や唱歌ふくめる口のうち 北枝
車中の風呂敷弛み老いの唱歌 和田悟朗
秋日和散歩唱歌も忘れゐし 相生垣瓜人
春の川小学唱歌うたひ出す 下山宏子
唱歌聞ゆ天長節の朝日哉 正岡子規 天長節
小学校唱歌へ歩く蓼の花 松山足羽
小寒や老婆が唱歌みな生かす 山本紫黄
松風の琴の唱歌や蝉のこゑ 野々口立圃
厨女が唱歌うたふや花木槿 永井龍男
卒業唱歌楢は水のよな葉をとどむ 佐野良太 樫
柳鮠小学唱歌たいせつに 伊東達夫
廊下尽きて唱歌室あり春の雲 永井龍男

国歌

アメリカの国歌に終る花火の宴 高木晴子 花 季
唄ひ初めごまかしやうのない国歌 高澤良一 石鏡
花の悲歌つひに国歌を奏でをり 高屋窓秋
海より来国歌をくらい顔できく 佐藤鬼房
寒風に立ちて国歌を敬ひあふ 山口誓子
国々に無惨な国歌螢飛ぶ 矢島渚男 延年
初飛行縹渺と国歌起るかに 渡邊水巴 富士
組まれた長い疲れた脚ら国歌わく 鈴木六林男 桜島
碧さもどる水に響きてわが国歌 臼田亜郞 定本亜浪句集
椰子まだ溶暗 国歌で起末の李夫妻 伊丹三樹彦

校歌

キヤンプ守るをとめら校歌もてりける 岸風三楼 往来
チユーリップ校歌はいつも高らかに 中山純子
つばくろや校歌に山河とこしなへ 鞍悦子
紀の山河校歌に讃へ卒業す 堀 康代
校歌まだ歌えるふしぎ秋夕焼 渡邊禎子
校歌唱ひゆくに滴るところあり 友岡子郷 遠方
校舎なき校歌の山や初景色 七沢実雄
若き日の校歌くちずさみ秋くさに 日野草城
若き日の校歌口ずさむ夫に和す 日野晏子
新年会校歌となりて果てにけり 宮下邦夫
清掃登山校歌を斉唱して終る 五代儀幹雄
惜しや桐蔭炎天にわが校歌残る 加藤秋邨
石鎚山を讃ふる校歌卒業す 近藤恵美子
雪嶺芽吹く嶺朝湧く力校歌創る 加藤知世子 花寂び
霜柱の皓歯や校歌くり返す 奈良文夫
卒業の校歌に和せる老教授 高浜年尾
卒業や校歌即ち富士讃歌 甲斐遊糸 『冠雪』
朝顔やここの校歌を作れとこそ 中村草田男
踏青のやがて校歌の聞え来る 鈴木鷹夫 風の祭
廃校の校歌の山を登りけり 岩本和雄
白桔梗校歌貞女に徹せよと 野上寛子
風光る窓から校歌あふれけり 遠藤典子
無人駅さわさわと湧く校歌あり 宮川としを
友送る一と群におこる校歌冴ゆ 原田種茅 径



モコモコのマフラーにある応援歌 二村典子
薫風や老いてもうたふ応援歌 下村ひろし 西陲集
犬ふぐり目つむり聞けば応援歌 加藤秋邨
天道虫しんがりの子に応援歌 山田 翠

軍歌

あれは軍歌 苺ケーキのうえ駆ける 伊丹公子
いっぽんの街灼くる軍歌つらぬける 伊丹三樹彦
どんぐりの山から山へ夕日の軍歌 桜井博道 海上
はるばる来て吐き出す軍歌真珠の海 八木三日女 赤い地図
ゆつくりと女の背なにきく軍歌 波止影夫
羽蟻の夜軍歌猥歌とわかちなし 細川加賀
営火炎え軍歌果なく激しゆく 伊丹三樹彦
黄葉林抜けし軍歌の声変る 山口誓子
雁淡し夕汐橋にわが軍歌 桂樟蹊子
騎士像に遠き軍歌の薔薇の街 河野南畦 湖の森
郷愁に軍歌おのづと堪えがたな 伊丹三樹彦
軍歌がむなし男やもめの寒厨 本田功
軍歌で酔ふ性忘れめや雛祭 上田五千石『田園』補遺
軍歌なほ残る縄飛び唄の中 根岸善雄
軍歌に歩合ひゐしか北風遽かなり 草間時彦 中年
軍歌ふと泪こみあげ寒風裡 伊丹三樹彦
軍歌過ぎ虫の音垣によみがへる 石塚友二 方寸虚実
軍歌過ぎ蟲の音垣によみがへる 「百萬」 「方寸虚実」石塚友二
軍歌夜々よぎりて青し芒の穂 加藤楸邨
軍歌和しこころなぐさむ夕小焼 伊丹三樹彦
軍歌嗄れいっぽんの樹に星こぞる 伊丹三樹彦
啓蟄や軍歌出でくる地下鉄口 鍵和田[ゆう]子 浮標
建国祭軍歌雄々しくて悲し 小澤満佐子
口ずさみたくなる軍歌紅葉山 鴻巣又四郎
今になほ軍歌を捧げ葦平忌 矢頭峯子
残菊やむしろ平和の遠軍歌 草間時彦 中年
紫苑高し軍歌をうたふ母と子に 三橋鷹女
児の軍歌意味なしなさず寒き落暉 中島斌男
秋真昼ねむたく居れば軍歌きこゆ 石川桂郎 含羞
初霜や軍歌めくものふと唇に 鍵和田[ゆう]子 未来図
親雀仔雀ラヂオ軍歌ばかり 中村草田男
水澄めり酔へばかなしき軍歌 岡本眸
先行の不安の鼠軍歌の律 阿部完市 絵本の空
草笛軍歌のトレモロ 中年だから だから 伊丹三樹彦
草虱 軍歌忘れの身は残り 伊丹三樹彦
霜到りよみがへりたる軍歌急 藤田湘子 途上
短日の往還しきりなる軍歌 伊丹三樹彦
池覆う蓮の枯色 旧軍歌 伊丹三樹彦
町寒き灯しごろを軍歌帰る 伊丹三樹彦
低い融点の軍歌がざぶざぶ来る 林田紀音夫
凍つる夜のラジオは軍歌もて了る 岸風三楼 往来
道暗しラジオの軍歌掠め帰る 三橋敏雄
熱燗の酔ひの手伝ふ軍歌かな 村上としを
乃木坂をとよもす軍歌憂国忌 池上いさむ
梅に酌む唄は軍歌や二度わらべ 山口いさを
焚火して軍歌いつとはなく激せり 伊丹三樹彦
忘年会軍歌で棄てた青春持ち 伊丹三樹彦
霧の街古き軍歌の顔酔へり 西東三鬼
目つむりて軍歌と和しぬ葦平忌 小関寛子
夜業しまふおどけ軍歌を連れ唱ひ 三橋敏雄
野木めぐりさぶし傷兵等が軍歌 伊丹三樹彦
理は革新情は現状蕎麦がき軍歌 金子兜太
流るる軍歌梅の香を被て手風琴 河野南畦 湖の森
橇の子等軍歌ためらふこともなく 中村草田男
蚋子しげき樹間軍歌に誘われゆく 金子兜太

寮歌

慰霊碑を寮歌で囲み長崎忌 達山丁字
三高の寮歌歌へばしぐれけり 山本歩禅
寂び聲の寮歌すなはち秋の聲 下村ひろし 西陲集
通りゆく北大寮歌涼みけり 徳永山冬子
熱燗や同窓会は寮歌から 安田直隆
風光る夫の寮歌の湖を航く 脇本千鶴子 『てんと花』

舟歌

餌をはこぶ蟻にボルガの舟歌よ 滝口 悟
舟歌のどのに隱れて蘆の花 芦の花 正岡子規
舟歌のやんで物いふ夜寒かな 正岡子規 夜寒
柳葉魚漁るアイヌ舟歌雪がふる 野見山朱鳥
夕月の荒涼の野へ得し舟歌 金子兜太

童謡

ぼうぼうと老いの童謡しゃぼん玉 八木三日女 赤い地図
桑の芽桑の芽童謡と句とどちらだ 北原白秋
憩ふに易き一石爽やか童謡詩 北野民夫
湖畔落葉の金銀童謡馬車の鈴 柴田白葉女 雨 月
口誦む童謡いくつ白秋忌 黒岩英子
採蓮の歌童謡に聞く日かな 河東碧梧桐
水鳥のほろと声立て童謡碑 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
草笛の童謡とぎれとぎれては 楢原清子
貼り交ぜの雨情童謡のどかなる 須賀遊子 『保津川』
凍て星や童謡流し灯油売り 橋本冬生
童謡かなしき梅雨となりにけり 相馬遷子
童謡ごと昏れる川縁シャガールよ 八木三日女 落葉期
童謡のふる里のみち春の星 小島崇子
童謡の歌碑に夕日や春田打 宮田道子
童謡の母は迎えに来ぬ氷雨 対馬康子 吾亦紅
童謡碑鳰は誰にも愛されて 鍵和田[ゆう]子 浮標

童歌

めまとひを手繰り寄せたる童歌 菅野茂甚
口笛は童歌なり落葉道 片倉茂男
梅雨のラジオ怒号のあとの童歌 岸田稚魚 負け犬

数え歌

数え歌少し飛び飛び秋茜 西川さやか

子守歌

稲架襖裾の越後の子守歌 細見綾子
河原冬日子より眠しや子守歌 古沢太穂 古沢太穂句集
蚊帳は海色母をもつつむ子守歌 中村草田男
柿の花こぼれる木かげ少年がみどり児のため唄う子守歌 武川忠一
狗尾草貧中子守歌やさし 清水基吉 寒蕭々
桑の実を噛めば聞こゆる子守歌 米須盛祐
犬の子がねいるものかや子守歌 正岡子規
山女魚焼くほうやれほうと子守歌 島みえ
子守歌うたつてみたし春の宵 谷口桂子
子守歌そろそろ動く籔椿 猪俣千代子 堆 朱
子守歌ながす良夜の愛の鐘 古賀まり子 降誕歌
子守歌念誦のごとし秋の風 山本洋子
七夕や男がうたふ子守歌 三橋鷹女
秋の暮川の向ふに子守歌 秋元不死男
秋暑き汽車に必死の子守歌 中村汀女
蝶とぶや道々かはる子守歌 正岡子規 蝶
蝶々ヤ駅々ノ子守歌 正岡子規 蝶
冬茜木の国よりの子守歌 前田秀子
冬麗の海を木の間に子守歌 片山由美子
葱坊主泡と消えたき子守歌 二村典子
梅漬けの頃に焼津の子守歌 斉藤夏風
姫君のあはれや雛の子守歌 雛 正岡子規
母の日の風のどこかに子守歌 林 昌華
涅槃けふ吾子の唱ひし子守歌 中村草田男
砌の蜥蜴十年ぶりの子守歌 中村草田男
蝙蝠にかなしき母の子守歌 高浜虚子


以上

by 575fudemakase | 2019-06-09 16:13 | 無季 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

拙句 【桜】 (高澤良一)
at 2019-07-13 09:16
拙句 【花】(高澤良一)
at 2019-07-13 09:15
拙句 【花】(高澤良一)
at 2019-07-13 09:12
拙句 【桜】 (高澤良一)
at 2019-07-13 08:18
拙句 末枯 (高澤良一)
at 2019-07-12 13:03

外部リンク

記事ランキング