カテゴリ:冬の季語( 1261 )

雪雲 の俳句

雪雲 の俳句

雪雲

いま憂季とや雪雲と何十の歌謡 阿部完市 春日朝歌
オリオンやさしも雪雲なくなりぬ 渡邊水巴 富士
まつくろな雪雲鍬の浅使ひ 平畑静塔
茜さす雪雲に消え晴著の子 佐藤鬼房
一抹の雪雲はしる春夕日 前田普羅 飛騨紬
引き返す雪雲有視界飛行 稲畑汀子
雲呑の具は雪雲に相違なし 中原道夫
河口より雪雲うつる神子秋沙 大森三保子
火床(ほど)の終り西空に張る雪雲よ 佐藤鬼房
郷に入る雪雲低きまま日ぐれ 木村蕪城 寒泉
恵那かけて雪雲とぢぬ戎市 水谷晴光
月山にうごく雪雲樗牛の忌 今野貴美子
厚き雪雲首ゆきて足ゆく挽馬 橋閒石 無刻
更に深く雪雲を追ふ旅にあり 椎橋清翠
高野隠して雪雲の通過中 有馬いさお
黒姫を雪雲の帯巻きにけり 松崎鉄之介
紙干して雪雲より陽を誘ひだす 飯田旭村
手に受けて雪雲いろの繭三つ 上田五千石『琥珀』補遺
心揺れ易し雪雲の乱れにも 相馬遷子 山河
酢海鼠や窓に雪雲圧し来たり 鈴木柏葉
青空を展く雪雲渦巻きて 茨木和生 遠つ川
雪雲が押し来る海と一体に 茨木和生
雪雲が赤し海べり工場つまり 飴山實 おりいぶ
雪雲が通る儀礼の雪降らし 山口誓子
雪雲にさへ立つ虹のあることを 稲畑汀子
雪雲にはなやぎあがり船名旗 五十嵐播水 埠頭
雪雲に故郷はよそ貌油槽群 木村蕪城
雪雲に色を変へつつ日本海 稲畑汀子
雪雲に触れ日輪のゆらぎけり 岡田日郎
雪雲に神の燃やす火攀ぢて見む 山口誓子
雪雲に青空穴のごとくあく 高浜年尾
雪雲に青空穴の如くあく 高浜年尾
雪雲に雪雲突つ込み崩れ合ふ 岡田日郎
雪雲に檜山のかたちさだまらず 篠原梵 雨
雪雲に痰つまりたる見る悲し 龍胆 長谷川かな女
雪雲のおもきに疲れ眼鏡おく 角川源義
雪雲のかたちににじみ夕日消ゆ 岡田日郎
雪雲のとゞまる気配山頂に 稲畑汀子
雪雲のはしばし先を争へり 山口誓子
雪雲のまつはる山の青さかな 阿部みどり女
雪雲のもたらす風に出帆旗 五十嵐播水 埠頭
雪雲のやうやく低し船北へ 高浜年尾
雪雲のやがて青空連れて来し 稲畑汀子
雪雲の運河をのぼるうつむいて 佐藤鬼房
雪雲の縁を色どる冬日かな 冬の日 正岡子規
雪雲の空にたゞよふ裾野哉 正岡子規 雪
雪雲の穴ぽつかりと邪馬台国 津田清子
雪雲の支へきれざるものこぼす 稲畑汀子
雪雲の晴れ間の希望すぐに消ゆ 相馬遷子 山河
雪雲の赤松鮮やかに友と逢ふ 中拓夫 愛鷹
雪雲の赤松鮮やか友と逢ふ 中拓夫
雪雲の素通り遠野物語 稲畑汀子
雪雲の朝より山脈を杳くせり 角川源義
雪雲の通路の伊吹雪嶺なり 山口誓子
雪雲の鉄骨を接ぐ火口(ひぐち)吼ゆ 佐藤鬼房
雪雲の天より暗き沼なりき 加藤秋邨
雪雲の頭にすがり来て灘光る 角川源義
雪雲の薄らぐ気配更に無し 右城暮石 句集外 昭和六十三年
雪雲の八方破れ日の光 岡田日郎
雪雲の尾が深川に延びてをり 藤田あけ烏
雪雲の尾のめぐる空卒業す 川崎展宏
雪雲の暮るるに筆を洗ひをり 水原秋櫻子 霜林
雪雲の暮るる間の小豆色 森澄雄
雪雲の裂けし蒼さに死を染めん 橋閒石
雪雲は脚を収めて勢ひ過ぐ 山口誓子
雪雲は重し雪嶽地帯過ぐ 山口誓子
雪雲へ炊煙あげてかわく巷 飴山實 おりいぶ
雪雲へ貌 叫ぶ聲はとどかずも 富澤赤黄男
雪雲やたいこまんなどいらんかね 相原左義長
雪雲や皆俯向きの墓地作り 岸田稚魚 負け犬
雪雲や鬼も肱を出だすべう 去来 俳諧撰集「藤の実」
雪雲や砂丘の谷間風やはらか 草間時彦 中年
雪雲や触診こんなところまで 高橋青矢
雪雲や敵と覚ぼしき砲の音 渋川玄耳 渋川玄耳句集
雪雲や電子の光り島を刺す 相原左義長
雪雲や波にもまれて沖の島 鈴木真砂女 夕螢
雪雲や箱に坐れる若菜売 長谷川櫂 古志
雪雲をかざして岳と岳聳ゆ 岡田日郎
雪雲を愛す時計の大振子 対馬康子 吾亦紅
雪雲を洩る日かすかに薪にさす 川島彷徨子 榛の木
雪雲を海に移して町ねむる 八木忠栄
雪雲を肩に流して飯豊山 富田 要
草青む雪雲嶺をつつむ日も 飯田龍太
息吐いて雪雲雪となりにけり 加藤秋邨
底意地の悪るき雪雲動かざる 中原道夫
鳶・鴎乱舞雪雲沖に籠め 鈴木真砂女 夕螢
日の真珠光雪雲をあふれ出づ 岡田日郎
白老山の春の片雪雲が克つ 古舘曹人 能登の蛙
防空燈雪雲とらへあそびをり 西東三鬼
無相忌の鐘に雪雲うごくなり 遠山麦浪
名残雪雲にまぎれず山四月 阿部みどり女
命の緒掛けて縋れと雪雲は 橋本鶏二
野の雪雲集(よ)りて仕へて白大山 橋本多佳子
羅漢谷 殊に 雪雲蟠る 伊丹三樹彦
陸奥昏ると虹のごとくに雪雲立ち 小林康治 玄霜
嶺かくす雪雲 懸菜縮みきる 伊丹三樹彦
鰈網おろす雪雲重るるところ 木村蕪城 寒泉

by 575fudemakase | 2019-02-12 04:39 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

雪国 雪片 雪庇

雪国 雪片 雪庇


雪国

「トンネルを出れば雪国」の水の青 加藤秋邨
あくがれし雪国に来て飛雪の夜 大島民郎
こけし買ひ雪国に嫁取るごとし 広岡仁 『休診医』
シグナルの青を夜の目雪国ヘ 野澤節子 花 季
しばしこもりて雪国の廁の香 森澄雄
すでに雪国北陸線分岐駅 山口誓子
すでに雪國北陸線分岐駅 山口誓子 大洋
トンネルの裡も雪敷く雪国は 山口誓子
トンネルを出れば雪国雪降れり 清崎敏郎
ホーと木菟雪国の土匂ひ出づ 村越化石
ホーと木莵雪国の土匂ひ出づ 村越化石
リラの花やはり雪国らしきかな 高田風人子
レール若し貨車を雪国より発たす 磯貝碧蹄館 握手
レモン大の雫おちくる雪国晴れ 桜井博道 海上
わがまなぞこに語々据うるごと雪国人 赤城さかえ
わが雪国家の暗部はみな目玉 高野ムツオ 陽炎の家
わが母郷雪国の海蒼き町 大橋敦子 匂 玉
一切を断ち雪国の重襖 鷲谷七菜子 花寂び
一夜経し雪国を去る蟹提げて 伊丹三樹彦
火の酒を雪国の遠き連隊へ 仁平勝 花盗人
貨車の扉に藁はみ出して雪国へ 林 徹
改札出て雪国 少女 瞬きづめ 伊丹三樹彦
柿食ふや雪国に雪ふりはじむ 森澄雄
割箸の毳(けば)雪国のさびしさよ 友岡子郷 未草
帰去来(かえりなんいざ)山国へ雪国へ 橋本榮治 越在
近づく雪国 座席で躍るハートのA 花谷和子
月明に雪国のごと火山灰の島 板敷浩市
肩出して眠る雪国育ちかな 鳥居美智子
軒氷柱雪国の花舗暗かりき 古賀まり子
向日葵に雪国の窓欝とあり 石原舟月 山鵲
降る雪は雪国の財際限なく 品川鈴子
刻かけて吸う 掌の蜜柑 雪国ゆく 伊丹三樹彦
刻かけて吸う掌の蜜柑雪国ゆく 伊丹三樹彦
左義長や雪国にして雪の上 松根東洋城
妻に声送る 雪国の赤電話 伊丹三樹彦
妻へ声送る 雪国の赤電話 伊丹三樹彦
鮭の身の緋を雪国の誇とし 阿波野青畝
子が泣きやみ雪国の雪降りはじむ 川崎展宏
死なくば遠き雪国なかるべし 和田悟朗
自転車の翳に鳩ゐる雪国よ 林桂 銅の時代
遮断機をくぐる雪国かも知れず 対馬康子 純情
春惜しむ灯に雪国の梨食むや 太田鴻村 穂国
所詮めぐりあわせの雪国みそさざい鳴く 高橋登紀夫
小田に水満ち雪國の凧あがる 松村蒼石 春霰
吹かれんと来し雪国に人多し 松崎鉄之介
水着緊むる雪国の肌まぎれなし 成田千空 地霊
晴曇つねならぬ 雪国の家紋障子 伊丹三樹彦
青頸のわが娘ふるさとは悲の雪国 武田伸一
説教のある夜いきいき雪国人 大野林火 方円集 昭和五十二年
雪を黄に染むる燈ありて雪国よ 宮津昭彦
雪竿を立てて雪国始まりぬ 板津 堯
雪眼鏡かけて雪国熟知せる 堀米秋良
雪国が的雪つぶて粉微塵 平畑静塔
雪国にあらためて白水芭蕉 嶋田摩耶子
雪国にいて白鳥は菓子の白 和知喜八 同齢
雪国にこの空の青餅の肌 成田千空
雪国にそも無量寿の桜かな 桜井梅室
雪国にちかづく田水うつろなり 松村蒼石 雁
雪国にテレビ忘るる四日まり 石川桂郎 高蘆
雪国にはじめての雨白魚食ふ 村越化石
雪国にぽたぽたの星春動く 森 澄雄
雪国に嫁ぎ著なれしちやん~こ 三輪きぬゑ
雪国に嫁ぐ雪見に招かれて 長谷川回天
雪国に花鳥づくしの婚衣裳 筑紫磐井
雪国に葛の玉巻く夏は来ぬ 高野素十
雪国に堪ふる眉目の幼な等よ 右城暮石 句集外 昭和三十二年
雪国に子を生んでこの深まなざし 森 澄雄
雪国に住みつくと決め転職す 松尾緑富
雪国に住みて造花の手内職 成瀬正とし 星月夜
雪国に春来しと告げばやと思ふ 高野素十
雪国に棲みはじめもう火を作る頃 阿部完市 無帽
雪国に生れし妻の雪卸し 橋詰 一石
雪国に雪なく不肖の弟子は隅 縄田屋朗々 『きりたんぽ』
雪国に雪ふるどうにもならぬこと 平畑静塔
雪国に雪よみがへり急ぎ降る 三橋敏雄 眞神
雪国に雪解時ありめざましき 伊藤柏翠
雪国に早出しの雛ありにけり 下田稔
雪国に入りまづ水仕まぶしめる 岡井省二 明野
雪国に来て七草の芹の香よ 小島健 木の実
雪国に来て雪をみずクリスマス 久保田万太郎
雪国に齢ふるぶ気も狂はずに 森澄雄
雪国に煉瓦焼場の煉瓦色 山口誓子
雪国に六の花ふりはじめたり 京極杞陽
雪国に迸るなり夜の声 平畑静塔
雪国のあす見む高嶺闇にあり 藤田湘子
雪国のありとも見えず松飾 かな女
雪国のいつも目の前雪がふる 平畑静塔
雪国のきれいな股間思ひ寝る 矢島渚男 延年
雪国のけばだつ鶏鳴眠らぬ旅 鷹羽狩行
雪国のことに淑気や飾炭 森澄雄
雪国のさびしき鎧のプロパンガス 松本恭子 二つのレモン 以後
雪国のはなしはうそでなかりけり 鈴木道彦
雪国のひかりを紙に漉き込める 三森鉄治
雪国のぽとと点りて暗くなる 長谷川双魚
雪国のわつと芽吹ける雑木山 坂本山秀朗
雪国のをとめ等膝小僧隠せ 山口誓子
雪国の闇に覚むもの牛の息 田中菅子 『紅梅町』
雪国の闇に置きたる枕かな 黒田杏子 水の扉
雪国の医院いぶせき藁囲ひ 山口誓子
雪国の一人の人の為人 高野素十
雪国の駅は洞窟目が並び 三谷昭 獣身
雪国の駅や目鼻が汽車を待つ 三谷昭 獣身
雪国の改札を出づ列尾にて 伊丹三樹彦
雪国の海きらきらと卒業す 高木弘子
雪国の刈谷田川の話あり 高野素十
雪国の汽車を歩きて座席探がす 右城暮石
雪国の苦楽日向に玩具鳴り 飯田龍太
雪国の言葉の母に夫奪はる 中嶋秀子
雪国の言葉束ねて花となす 岡本眸
雪国の国道鉄路同じカーヴ 山口誓子
雪国の今日の青空疑はず 岡本眸
雪国の細月の縁朱に燃え 上村占魚 球磨
雪国の桜の花は小粒哉 桜 正岡子規
雪国の産屋そのまゝ納屋代り 森田峠
雪国の子にクラークの言葉あり 山本歩禅
雪国の子に雪の降る七五三 小川里風
雪国の子持女の肉豊か(七尾線二句) 細見綾子
雪国の児も雪持ちて家に入る 右城暮石 句集外 昭和四十三年
雪国の自動車学校埋没す 山口誓子
雪国の篠の子といふものありし 高野素十
雪国の樹の雪は夜に降りし雪 右城暮石 上下
雪国の祝ひバンドリを見てかへれ 加藤秋邨
雪国の春こそきつれ蕗の薹 西島麦南
雪国の春待つ心遠々し 伊藤一露
雪国の春来て乾く桑の土 松村蒼石 雪
雪国の女と瓜の花を見る 高野素十
雪国の深き庇や燕来る 河崎初夫
雪国の深き庇や寝待月 森田 愛子
雪国の人に雪割草の花 高野素十
雪国の人住むところ雪汚れ 品川鈴子
雪国の人等車中によく眠る 右城暮石 句集外 昭和四十年
雪国の水清ら雪を乗せて流る 村山古郷
雪国の星炎えいたり産屋出て 飴山實 おりいぶ
雪国の晴こそ深し臼の市 成田千空 地霊
雪国の雪が減らずに日の暮るゝ 右城暮石 上下
雪国の雪なく明けて初手水 山崎雅葉
雪国の雪にてるてる坊主かな 上村占魚
雪国の雪のない田をよぎる死者 斎藤白砂
雪国の雪のやみたる北斗かな 大峯あきら
雪国の雪の奥より火打石 穴井太 土語
雪国の雪の話や暖炉もゆ 宮本 とよ
雪国の雪を歩きて寒からず 右城暮石 句集外 昭和四十一年
雪国の雪解点滴深く穿つ 森澄雄
雪国の雪見ん心初旅に 宮田帰郷
雪国の雪降る音の無音なる 新谷ひろし
雪国の雪積らねば落ち着かず 佐々木とく子 『土恋』
雪国の雪嶺弔辞に答なし 鷹羽狩行
雪国の雪嶺木の花より美し 山口誓子
雪国の蔵座敷見ゆ穂麦中 阿部みどり女
雪国の苔の青さに一葉落つ 大島民郎
雪国の大蕣の咲にけり 一茶 ■文化四年丁卯(四十五歳)
雪国の鱈の目玉もねぶり喰ぶ 中山純子 沙 羅以後
雪国の朝はすがしや納豆汁 今城余白
雪国の天に道あり鶴帰る 中島巴旦
雪国の田は水びたし農具市 橘川まもる
雪国の土壁に玻璃嵌めし窓 右城暮石 句集外 昭和四十四年
雪国の燈ぞ蒼白の水銀燈 山口誓子
雪国の童等の遊びのはや暮るる 松村蒼石 寒鶯抄
雪国の二人の人の為人 高野素十
雪国の二人の男寡黙なり 高野素十
雪国の日はあは~し湖舟ゆく 飯田蛇笏 霊芝
雪国の日はあはあはし湖舟ゆく 飯田蛇笏
雪国の納屋もろこしの黄を吊す 森田峠 三角屋根
雪国の萩は紅濃し土濡れて 松村蒼石 雁
雪国の父の大屋根母の墓 山田弘子
雪国の分岐の駅の雪管理 山口誓子
雪国の柄太き傘を借り出づる 有馬朗人 女身
雪国の夜のために炉は残りたる 大野林火 飛花集 昭和四十七年
雪国の夜来る前の夜の暗さ 平井照敏 猫町
雪国の夕餉は早し寒念仏 小島健 木の実
雪国の余生暮らしや根深汁 山本 きつの
雪国の旅や先ゆく機関車見え 森澄雄
雪国の藁の白さの藁雛 後藤比奈夫
雪国の綺羅の人波初つばめ 松村蒼石 寒鶯抄
雪国の訛すこしく薺粥 長谷川櫂 古志
雪国はいつも目の前雪が降る 平畑静塔
雪国はことに大事の後架かな 鈴木道彦
雪国は一枚の雪展げたり 山口誓子
雪国は黒瞳せめぐや夜の国 森澄雄
雪国は子と馬泣きてより暮るる 宮坂静生 青胡桃
雪国は雪に挿しをり鳥総松 飴山實 句集外
雪国へ 雪国へ 飴玉を舌転がし 伊丹三樹彦
雪国へお産のために行きし妻 高田風人子
雪国へ家庭教師を帰しけり 山田弘子
雪国へ苛性ソーダを運ぶ貨車 五島高資
雪国へ貨車は青菜を積み込める 館岡沙緻
雪国へ眼を開けしまま姫だるま 川崎展宏
雪国へ帰る人あり冬籠 田福
雪国やけものの仮面あれば足る 対馬康子 吾亦紅
雪国やしづくのごとき夜と対す 桜井博道 海上
雪国やとぼとぼと灯のとぽとぽと 行方克己 昆虫記
雪国やはつはつはつはつ時計生き 森澄雄
雪国や洩るる琴の音夜の泡 平井さち子 完流
雪国や煙草一本甘し深し 森澄雄
雪国や乾びて軽き尉の面 長谷川櫂 天球
雪国や蕎麦きしきしと昼の酒 藤田湘子 てんてん
雪国や月照りてまた白朝日 和知喜八 同齢
雪国や向ふの国の日がとどく 永田耕一郎 方途
雪国や紅おしろひの朝短か 平畑静塔
雪国や耳聾ひしとき年を越す 森澄雄
雪国や女を買はず菓子買はず 西東三鬼
雪国や上框の黒光り 松崎鉄之介
雪国や人若やぎて盲縞 橋石 和栲
雪国や青日輪の炎垂れ 近藤一鴻
雪国や雪なだれこむ橋の下 長谷川櫂 古志
雪国や雪積らねば隙間風 竹田菁雨 『瞽女慕情』
雪国や炭赤くして菓子を食ふ 森澄雄
雪国や停車して煙直上す 森澄雄
雪国や土間の小すみの葱畠 一茶 ■文政五年壬午(六十歳)
雪国や鳶も見えずに鳶のこゑ 森澄雄
雪国や日の漂へば人の声 磯貝碧蹄館
雪国や百葉箱の暗き肋 平井さち子 完流
雪国や夜はともしび蜜柑色 不破博
雪国や糧たのもしき小家がち 蕪村遺稿 冬
雪国や鈴ふるごとく雪ふりつむ 森澄雄
雪国や膕に透く一静脈 林 桂
雪国より一枚白紙委任状 寺井谷子
雪国をがくんがくんと鈍行車 右城暮石 天水
雪国を帰つて来たる奈良寒し 右城暮石 一芸
雪国を去りし明るさ妻へ帰る 有馬朗人 母国
雪国を出てすぐ避寒心かな 安原葉
雪国を出てゆく靴を履き替えて 伊藤かず
雪国を川は流るるいつくしみ 平畑静塔
雪国を訪はん土産は何よけん 成瀬正とし 星月夜
雪国を流るる川のなだらかに 右城暮石 虻峠
雪国人花びら餅をもたらせし 大野林火 月魄集 昭和五十五年
雪國に花鳥づくしの婚衣装 筑紫磐井 未定稿Σ
雪國に寒のもどりと言ふ四月 長谷川 より子
雪國に雪よみがへり急ぎ降る 三橋敏雄
雪國に墓あるからと断われる 中原道夫
雪國のうからとなりて深庇 筑紫磐井 未定稿Σ
雪國の春こそきつれ蕗の薹 西島麥南
雪國の雪に圧されて木芽かな 石井露月
雪國の雪の止み間の淋しさよ 松本たかし
雪國の日はあはあはし湖舟ゆく 飯田蛇笏
雪國やまづは優しき眼に出會ひ 本庄登志彦
雪國や駅舎の棟に鳩よおやすみ 林桂 ことのはひらひら 抄
川流れる雪国雪に柿残す 和知喜八 同齢
素湯呑んで雪國を発つ鳥の数 石寒太 あるき神
蒼海に果つ雪国の雪岬 大橋敦子 匂 玉
着ぶくれてあり雪国に誰よりも 茂里正治
中坪は雪国づくり金魚飼ふ 水原秋櫻子
天から来たやう雪国から雉子の鳥届きたり 中川一碧樓
天から来たやう雪國から雉子の鳥届きたり 中塚一碧樓
湯気白くこまか雪国びとつつみ 大野林火 白幡南町 昭和三十年
灯を低く雪国近眼の洋服屋 森澄雄
波の音低し雪国雪止んで 深見けん二
緋寒桜ほうと見とれて雪国びと 中山純子 沙 羅以後
不安ごとテレカ吸いこまれ雪国へ 吉田嘉彦
父方のふかき縁の雪国に 京極杞陽 くくたち下巻
仏ゐる泰けさにゐて雪国人 大野林火 方円集 昭和五十二年
帽深うして雪国へ赴任せり 大野林火 海門 昭和十三年
密月旅行雪国どこにゆきても雪 長田等
毛蟹食べ雪国の夜のみづみづし 古賀まり子 緑の野以後
夜汽車見て居り雪国にゆかむかと 伊丹三樹彦
夜汽車揺れ雪国の火事近く過ぐ 大野林火 飛花集 昭和四十七年
夜行特急寝酒にむせて雪国へ 鈴木鷹夫 大津絵
立春大吉雪国に雪降りしきり 長谷川櫂 虚空
林檎煮る雪国遠く来し林檎 三好潤子
柩出て畳八枚の雪国なり 古館曹人
訥々と雪国よりの雪見舞 島田まつ子
隧道の中も勾配雪国は 茨木和生

雪片

いくたびか雪片天に眼眩む 山口誓子
かげを持つ雪片にして降り来り 高浜年尾
くろぐろと雪片ひと日空埋む 相馬 遷子
ただならぬ静けさは雪片の大 菅裸馬
たわむれは一片に在り雪片尼 永田耕衣
つまづけり人の暗さの雪片に 栗林千津
どんど火に雪片狂ひそめにけり 行方克己 昆虫記
はるばると来し雪片に夜の湾 舘野 豊
暗黒に降る雪片の見えて積む 大野林火 青水輪 昭和二十七年
渦に凝らす眼のはしを雪片撃てり 橋閒石 無刻
運不運雪片は地にたどりつく 伊丹三樹彦
演出は淵の上ぞな雪片尼 永田耕衣
温泉は遠し肩の雪片すでに凍り 大島民郎
加奈陀の雪片ひらりとクリスマスカード 石塚友二
花の中雪片こほる椿かな 中田剛 珠樹
我が愛の数や中空雪片尼 永田耕衣
崖赭し雪片はひた飛びゆくも 藤田湘子 途上
間髪を入れず雪片鯉が呑む 岸田稚魚 紅葉山
幾万の雪片別れざる妻へ 楠本憲吉 隠花植物
去年今年雪夜雪片かさなり降る 斉藤美規
巨島消えし天雪片を掌に数ふ 古館曹人
空にもどる雪片もあり工事の灯 桜井博道 海上
湖村音なし雪片かぎりなき夜空 鷲谷七菜子 雨 月
午後もまた雪片の業ひたすらに 山口誓子
稿了や朝の雪片大いなる 岡本眸
紅梅のために雪片讃へたる 上田五千石『風景』補遺
降る雪の中に雪片たたかへり 鷹羽狩行
黒人が眉に雪片つけて来る 田川飛旅子 花文字
最上川舟唄雪片を吸ひ込みつ 中原道夫
妻寂し髪の雪片消ゆるより 齋藤玄 『玄』
三叉の花雪片の飛べる中 山口青邨
三椏の花雪片の飛べる中 山口青邨
山にふる夜の雪片に満つる軒 橋本鶏二
山鳩松に雪片落つること迅し 山口青邨
残る僕らの 鼻へ雪片 草城忌 伊丹三樹彦
磁気帯びて春の雪片髪につく 渋谷道
実存は哀れなるかな雪片尼 永田耕衣
囚徒ゆき雪片は地にくだけけり 飯田蛇笏 雪峡
祝福のごと雪片の殺到す 片山由美子 風待月
殉教地春の雪片貌を持つ 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
消え難き雪片をつけ毛つぶ貝 八木林之介 青霞集
人襲ふ雪片の性ありにけり 山田弘子
人慕ふ雪片の性ありにけり 山田弘子
吹きやみし時雪片ら楽しげに 村松紅花
石蕗の葉に雪片を見る霙かな 高浜虚子
雪やみし雪片が舞ふ鱒の池 清崎敏郎
雪片が講義の窓を飾るとき 山田弘子 こぶし坂
雪片が唇よぎり朝の舟 岡井省二 夏炉
雪片が雪のいのちをきらめかす 三好潤子
雪片が髪を濡らすよ月給日 石橋辰之助
雪片が舞うくらがりの石の椅子 河合凱夫 飛礫
雪片となるまではただ鈍色に 猪俣千代子
雪片と人間といづれ雪降りつぐ 石田波郷
雪片と耶蘇名ルカとを身に着けし 静塔
雪片にふれ雪片のこはれけり 夏井いつき
雪片に飛びつく波の上りけり 西村和子 窓
雪片のかかるよ赤子家に迎ふ 太田土男
雪片のたゆたひ遊ぶ牡丹の芽 山口青邨
雪片のつれ立ちてくる深空かな 高野素十
雪片のはげしく焦土夜に入る 飯田蛇笏
雪片のはるかきて断崖に触れ 正木ゆう子 悠
雪片の花びらとなる子の受賞 都筑智子
雪片の過ぐ花辛夷うすみどり 大野林火 飛花集 昭和四十五年
雪片の灰色となり水に失せ 上野泰
雪片の眼より離れず埴輪馬 河野多希女 こころの鷹
雪片の軽味の重味菩薩かな 永田耕衣
雪片の高きより地に殺到す 山口誓子
雪片の自他思い見ゆ昔かな 永田耕衣
雪片の春意を水にひらめかす 上田五千石『風景』補遺
雪片の初ぶの自在や一書生る 平井さち子 鷹日和
雪片の消ぬべくあそぶ辛夷の芽 堀口星眠 営巣期
雪片の水に吸はるるとき迅し 橋閒石
雪片の大いなるものも同速に 石田波郷
雪片の大きく小さく紅梅に 松本たかし
雪片の大きさ今のきざやかさ 細見綾子
雪片の昼も軽味は重味なれ 永田耕衣
雪片の賑かなりし梅の花 高野素十
雪片の布施降り灰となりにけり 永田耕衣
雪片の負けず嫌ひが先争ふ 三好潤子
雪片の平らにのりし寒牡丹 吉野義子
雪片の矢となり遁る噴火口 殿村 莵絲子
雪片の裏返り紺ばかり降る 殿村 莵絲子
雪片の瞼に降りてきたるあり 中田剛 珠樹
雪片は妻が買ひきし魚菜にも 伊丹三樹彦
雪片は誰のてのひら弟よ 栗林千津
雪片は天眼鏡の露となる 阿波野青畝
雪片も旅いそぐかに翁の忌 堀口星眠 青葉木菟
雪片やこぼれ餌にきてこぼれ海猫 吉田紫乃
雪片や呪符のごとくにこころ占む 林田紀音夫
雪片をうけて童女の舌ひつこむ 西東三鬼
雪片をすいと引き寄せ一枯枝 高澤良一 鳩信
雪片をつれて出雲の絵馬もくる 百合山羽公 樂土
雪片をもつて虚空を満たしたる 三好 曲
雪片を児は児の眼して見てゐたる 寒食 星野麥丘人
雪片を受けて握りて決意成る 上田五千石『田園』補遺
雪片を星が降らしぬクリスマス 相馬遷子 雪嶺
雪片を舐め葬列の中にあり 岸田稚魚 紅葉山
雪片蔭ふかき泉の満を持す 飯田龍太
雪片肌欅の幹は空に入る 山口青邨
雪片満つビルがかこみし四角な空 草間時彦 中年
雪嶺に雪片のごと鴎飛ぶ 森田 愛子
絶対安静雪片の軽々しさ 橋本多佳子
絶巓へ降る絶体の雪片よ 坂戸淳夫
戦死せざりき口中にくる雪片 三橋敏雄
創抱くや雪片黒し溢れ来る 岸田稚魚 負け犬
壮年や雪片混みて胸辺過ぐ 伊藤白潮
胎動や午後の雪片太りつつ 飴山實 『おりいぶ』
大いなる雪片ふはと枝をたつ 橋本鶏二
大き雪片呼ばれて胸へ来るごとし 林翔
滝近く雪片急ぎやまざるも 肥田埜勝美
単線待避の 雪片あそぶ 貨車の胴 伊丹三樹彦
中空に見し雪片を身にまとふ 原裕 葦牙
宙にのみありて華麗なる雪片 鷲谷七菜子
宙にわく雪片一縷ののぞみつづく 加藤秋邨
通る雲雪片こぼす猫柳 遠藤梧逸
釣上げて雪片となるプール鱒 平畑静塔
鶴のこゑ身に雪片の消ゆる間も 大岳水一路
鶴の檻雪片月をかすかにす 飯田蛇笏 春蘭
鉄の面に寄りし雪片のつかず去る 加藤秋邨
湯煙を吸ひ雪片を散らす空 成瀬正とし 星月夜
縄文の暗さ雪片とぶ暗さ 廣瀬直人
二月堂昏れ綿虫か雪片か 長谷川史郊
虹くぐり舞ふ雪片のかぎりなし 岡田日郎
日の中に雪片とべるだるま市 門伝史会
白き馬ゆきて雪片くるを待つ 秋元不死男
白樺を雪片掠め掠め飛ぶ 清崎敏郎
髪に浮く雪片一つ夜の煖炉 原石鼎 花影
百万片中一雪片の落下つづく 加藤秋邨
病者見よ熔岩が雪片ゆたかにす 萩原麦草 麦嵐
浮き沈む雪片石切場の火花 西東三鬼
暮るゝものに雪片くらくとまりけり 原石鼎 花影
北方に天の剥落とぶ雪片 上田五千石『田園』補遺
目刺やく一雪片にとびこまれ 下村槐太 天涯
老人と思ひ雪片とびつけり 加倉井秋を
檜山より雪片馬の強咀嚼 宇佐美魚目 秋収冬蔵
穢土と呼ぶこの世の冬ぞ仰ぐとき無数の雪片天より下る 大下一真
罠に雪片森のおきてとして速し 対馬康子 愛国

雪庇

しなだるる雪庇なほ積む雪の量 松崎鉄之介
どうどうと雪庇の下の水地獄 富安風生
はつ夏の雪庇に雨のしぶくなり 飯田龍太
一尺の雪と思ふや雪庇 高野素十
奄奄と胸の雪庇を削ぎゐたり 佐藤鬼房
紙漉きの家の雪庇の落ちんとす 山口誓子
車窓を過ぎし雪庇が暗く口あく村 赤城さかえ
春北斗雪庇も闇へ帰りつつ 有働亨 汐路
石楠花が犇と葉を巻く青雪庇 堀口星眠 営巣期
雪庇そのまま氷柱庇なる 山口誓子
雪庇照りくもはふれゆく青の空 高屋窓秋
葱負うて雪庇の青き下来る 大野林火 白幡南町 昭和三十一年
八ケ嶺の雲に遊ぶよ雪庇 角川源義
風韻の水玉太る雪庇 古舘曹人 砂の音
夜具白く雪庇のごとし顔かげらせ 宮津昭彦
藍ふかぶか雪庇にふるる深山空 大野林火
哭きながら海蝕の崖雪庇なす 佐藤鬼房

その他 (俄雪 雪華)

あだし野の石蒼めては俄雪 能村登四郎
にはか雪頤ひきて石負女 岸田稚魚 負け犬
俄雪ふたたび三たび経師逝く 宇佐美魚目 秋収冬蔵
俄雪凱歌のごとく寒に入る 百合山羽公 寒雁
俄雪日を泛べたり黄水仙 水原秋桜子
掌の雪華それぞれ孛(ひころ)へり 矢部しいん
二十八の母の享年雪華舞ふ 三浦妃代 『花野に佇つ』
夜の刺繍玻璃に雪華のアラベスク 佐藤喜代子 『水の綺羅』
羊歯の葉のみどりするどし俄雪 大野林火 白幡南町 昭和三十一年



以上

by 575fudemakase | 2019-01-29 08:44 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

舞鯛 の俳句

舞鯛 の俳句

舞鯛 冬の季語
ブダイという名前の由来には、いくつかの説があり、身体が鎧を着た武士のようなので『武鯛』、ヒラヒラと舞うように泳ぐ姿から『舞鯛』、鯛に比べて不格好ということで『醜鯛』もしくは『不鯛』という説がある。
地方名
アカブダイ(神奈川県三崎、静岡県伊豆地方)、トネ(三重県)、ウシ、クズナ(大阪府堺市)、イガミ(関西、紀伊、高知県など)、エガミ(高知県)、モハン(熊本県)、ハチウオ、ハチキ(鹿児島県)、アカエラブチャー(沖縄県)、ウーフー(小笠原諸島)。(ウィキペディア)
舞鯛
醜男のぶの面持ちの春不鯛 高澤良一 ぱらりとせ
近海もの今は不鯛(ぶでぇ)とさざゑが旬 高澤良一 ぱらりとせ
鳳作忌珊瑚を舞鯛泳ぎけり 石鍋みさ代
武鯛の目青く暮れ来し幸木 茨木和生 遠つ川
青武鯛忿怒の色の美しき 岸本マチ子
研ぎ減りの包丁をあて武鯛かな 早野和子
民宿のバケツに大きな不鯛かな 森英子
大鱗をとばして捌くなり舞鯛 山田尚良
南無大師遍照金剛寒舞鯛 岡井省二 鯛の鯛
元日を祝ふ嘉例の武鯛あり 高野素十
以上

by 575fudemakase | 2019-01-25 13:31 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

早咲きの桜

早咲きの桜


土肥桜 河津桜 熱海桜 三波川桜(群馬県藤岡市鬼石 鬼石町(おにしまち)) 緋寒桜 寒緋桜

及び 冬桜(寒桜)

https://fudemaka57.exblog.jp/25097236/ (←ここをクリック)



緋寒桜見むと急ぎて日暮れけり 邊見京子

咲きそむる緋寒桜の名護の町 磯野多希

恤ぬりし野万朶の緋寒桜かな 桑田青虎

掻き曇り緋寒桜に雪しぐれ 伊東宏晃

緋寒桜ちる沖縄を終の地に 八牧美喜子

梅に来て熱海桜を見て飽かず 青木重行

緋寒桜ほうと見とれて雪国びと 中山純子 沙 羅以後


水は日を返して寒緋桜かな 永方裕子

河津桜見し夜の夢の韓紅 林 節子

青空へ紅濃き河津桜かな 掘井より子

一幹の緋寒桜に行脚僧 野中千秋

寒緋桜ひらく真下の猫の神 白澤良子

緋寒桜の暗闇にふれ火傷する 岸本マチ子

沖は雪ぼかしに熱海桜かな 上田五千石 琥珀

朝の日の緋寒桜に闌けにけり 清崎敏郎


鳥らいそいそ河津桜の原木へ 高澤良一 ぱらりとせ

ここ河津緋寒桜の田舎咲き 高澤良一 ぱらりとせ

鳥くくと緋寒桜の緋の暮れぬ 高澤良一

寒緋桜うすうすかほり初めにけり 高澤良一

寒緋桜早目が佳しと聞きて来し 高澤良一

寒緋桜明り浴びけり頭(かしら)から 高澤良一

寒緋桜ここに止どむる日差しかな 高澤良一

ただ赭き寒緋桜の中すすむ 高澤良一

河津桜暖雨小止みに小鳥現れ 高澤良一

(末尾は句集名)


以上


by 575fudemakase | 2019-01-21 07:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

氷 の俳句

氷 の俳句

厚氷 綿氷 氷面鏡 氷の声 氷の花 氷点下 氷塊 結氷 氷結* 氷張* 氷閉* 氷上 氷雪 氷田 氷壁 蝉氷 凍裂

氷上

絨毯踏む氷上ながく滑りきて 橋本美代子
暾光きびしく氷上の雪掃かれたり 内藤吐天
夜咄しや氷上を星移りつつ 岡本眸
満洲里行きの列車や氷上を 原田青児
盆茣蓙をはたきしまへり寡婦十年(丹波氷上郡青垣町帰省) 細見綾子
盆仕度蓮の葉買ひに町に行く(丹波氷上郡) 細見綾子
本船へ氷上暮れて往来なく山口誓子
並び立ち氷上の日を眩しめる 西村和子 夏帽子
物を獲て狼迅し氷上を 緒方朴子
氷上渡る一人と見れば暮色かな 楠目橙黄子 橙圃
氷上詣跡の祭の肴舞 井原西鶴
氷上を流れてをりて雪解水 奥田智久
氷上を流れてをりし雪解水 奥田智久
氷上を飛びて大樹を目指す鳥 廣瀬直人
氷上を湖心といへるあたりまで 奥田智久
氷上を犬駆ける採氷夫が飼へり 橋本多佳子
氷上を帰り地上を帰らざる 斎藤玄 狩眼
氷上を滑りきて髪匂はする 丸山哲郎
氷上をゆく人のあり煌めく中 山口青邨
氷上をさざなみ走り朱鳥の忌 山上樹実雄
氷上や背の銃身に真日そそぐ 木村蕪城 寒泉
氷上や寒九の雨のうちけむり 齋藤玄 飛雪
氷上や雲茜して暮れまどふ 原石鼎
氷上やわが口笛の哀しくて 原石鼎 花影
氷上やうつりかはして二焚火 風生
氷上も風も残照ばかりなり 渡邊水巴 富士
氷上へひびくばかりのピアノ弾く 篠原鳳作 海の旅
氷上へひゞくばかりのピアノ弾く 篠原鳳作
氷上ヘひびくばかりのピアノ弾く 篠原鳳作
氷上の礫を吹きて風鳴れる 高澤良一 燕音
氷上の夕陽すべらす鷲の肩 平井さち子 紅き栞
氷上の暮色ひしめく風の中 廣瀬直人
氷上の焚火の焔いろ吹かれとぶ 石原八束 空の渚
氷上の雪の足跡大股に 清崎敏郎
氷上の雪の足跡漁夫遠し 木村蕪城 寒泉
氷上の積藁に通ふ鼠かな 臼田亜郞 定本亜浪句集
氷上の錐揉乙女鴇色に 赤尾兜子
氷上の塵を掃きをり採氷夫 小林愛子
氷上の少年重さ鴉ほど 山口誓子
氷上の最短距離を橇走る 藤野弥生
氷上の混みゐて人とぶつからず 塩川雄三
氷上の香を猟犬の逃さざり 荒井正隆
氷上の肩青空をもてあます 桜井博道 海上
氷上の径野につづき初詣 田村了咲
氷上の雲の暮色の崩れざま 古館曹人
氷上の一児ふくいくなる暮色 飯田龍太
氷上の一児ふくいくたる暮色 飯田龍太
氷上のものこま~と暮れにけり 原石鼎 花影
氷上のまつしぐらなる轍かな 辻桃子
氷上のスピンあやしき花の茎 中 千鶴留
氷上に霰こぼして月夜かな 亜浪
氷上に卵逆立つ うみたて卵 三橋鷹女
氷上に遊ぶ白富士の不夜城下 上田五千石『田園』補遺
氷上に矢となる青年ら 方向もつ 伊丹三樹彦
氷上に風の行方の定まらず 保坂伸秋
氷上に舞いきらきらと鳥となる 長内道子
氷上に夫婦の旅嚢一個置く 欣一
氷上に氷塊青き影もてり 橋閒石 雪
氷上に鳶とまりをる暮色かな 木村蕪城 寒泉
氷上に道一筋をあらしむる 斎藤玄
氷上に道あり暮れて帰るなり 金箱戈止夫
氷上に投げ捨てありし掛矢かな 河野静雲 閻魔
氷上に転ぶと思ひ転びけり 金箱戈止夫
氷上に釣りて寡黙にありしかな 奥田智久
氷上に船より落ちし火の燃ゆる 大倉今城
氷上に石走らすやとどまらず 山口青邨
氷上に西日をおとす風となる 松澤昭 神立
氷上に吹きとばされぬ烏瓜 金尾梅の門 古志の歌
氷上に身の影像をけむらする 石原八束 空の渚
氷上に上りし鴨の足歩く 嶋田摩耶子
氷上に少しく土の崩れ落ち 波多野爽波 鋪道の花
氷上に出でぬ未来を行くごとく 野澤節子 遠い橋
氷上に手袋落しすぐ拾ふ 森田峠 避暑散歩
氷上に捨てし氷に夕茜 中村汀女
氷上に自殺じやらじやら首飾り 寺田京子 日の鷹
氷上に黒礫載せ母の国 加倉井秋を 『隠愛』
氷上に肩寄せ育つ音をきく 原裕 青垣
氷上に漁る父に使の子 木村蕪城 一位
氷上に華麗なる火を焚き捨てに 岸田 稚魚
氷上に花園なして鴛鴦ねむる 星眠
氷上に影の裔ゐてやや淡し 斎藤玄
氷上に一塊の氷あり憩ふ 木村蕪城 一位
氷上にばらまきしごと鴨のゐる 石井とし夫
氷上にとぼしき蜆掻きあげぬ 蕪城
氷上にかくも照る星あひふれず 水巴
氷上に*どあぐる不二の方照らふ 木村蕪城 寒泉
氷下魚網氷上雪のつもりたる 松原地蔵尊
氷下魚釣氷上に彩ともしけり 古賀まり子 緑の野以後
氷下魚釣る糸氷上にたぐり溜 大橋桜坡子
白桃を喰ふと重き戸開け閉てす(丹波氷上郡青垣町帰省三句) 細見綾子
白桃の熟して己れ全うす(丹波氷上郡青垣町帰省三句) 細見綾子
馬叱る声氷上に在りにけり 高浜虚子
馬叱る声氷上にありにけり 高浜虚子
日は低く氷上にあり橇ゆきき 田村了咲
泥亀がバケツに飼はれ夜鳴きせり(丹波氷上郡) 細見綾子
注連まとひ氷上わたる氏子たち 木村蕪城 寒泉
大試験氷上の日の午前午後 木村蕪城 寒泉
憎からぬ氷上の妻雪めがね 三宅一鳴
雪眼の子氷上すべる靴穿ける 森川暁水 淀
初鴉はや氷上に奪ふもの 原田柿青
春隣雨氷上をながれけり 石原舟月
春隣る雨氷上をながれけり 舟月
受験期や氷上の傷縦横に 岡本眸
月食の夜を氷上に遊びけり 山口誓子
穴釣の暮れて氷上明りなる 渡辺博生
栗飯や氷上泊りの二三日 松瀬青々
火の粉飛び氷上の闇うごくなり 臼田亜浪
鴛鴦こぞり起つ氷上の谺かな 臼田亜浪 旅人
安全に歩くことのみ氷上は 稲畑汀子
もぎたての白桃全面にて息す(丹波氷上郡青垣町帰省三句) 細見綾子
むしろ空へ映るあやふさ氷上子 今瀬剛一
ふりあぐる斧のきらめき氷上に 木村蕪城 一位
スケーターワルツ氷上の傷すぐ潤ふ 中嶋秀子
ころりんと胡麻斑海豹氷上に 松崎鉄之介
うちつけに氷上叩く雨となりぬ 木村蕪城 一位

氷壁

聳えゐて氷壁に翳まぎれなし 鷲谷七菜子
瞑れば雉子鳩背後には氷壁 佐藤鬼房
嶺の星黄を氷壁へしたたらす 太田嗟
木々芽吹く富士の大氷壁の前 羽部洞然
氷壁を攀づくれなゐの命あり 大串章
氷壁を煽りて発てるブルージェイ 高澤良一 ぱらりとせ
氷壁へ氷壁の影刃のごとし 羽部洞然
氷壁は息絶えわれの声けぶる 中本源二
氷壁は女の誘ひかも知れず 石田よし宏
氷壁の碧を引き寄せユーカラ織る 中山砂光子 『納沙布』
氷壁の空真蒼に日脚のぶ 飯田龍太
氷壁の下の教会ともりそむ 石原八束
氷壁の奥は知らずも死後の国 河野南畦 湖の森
氷壁のおのがこだまの中に鴎 古館曹人
氷壁に来て燦然と鳥乱る 中戸川朝人 残心
氷壁に夕雲の来てゐたりけり 岡田日郎
氷壁に着くゴンドラの終の駅 山口誓子
氷壁に石楠花凍る葉を垂らす 岡田日郎
氷壁に垂る一線のザイルの朱 小倉英男
氷壁に黒燿石の洞の闇 中戸川朝人 残心
氷壁が返すこだまはわれのもの 本田青棗
氷壁が雲とたたかふ牧の空 大島民郎
悼むべき「氷壁」を読む炬燵かな 三和玲湖
啄木鳥や氷壁に日のにじみ落つ 中村 信一
絶巓の夜明け氷壁エメラルド 福田蓼汀 秋風挽歌
生活の氷壁きびし爪を剥ぐ 富澤赤黄男
春あけぼの凱歌の如き氷壁立つ 有働亨 汐路
三面の氷壁のなか水揉み合ふ 岡田日郎
火の山の一氷壁の美しき 児玉 菊比呂

結氷

綺羅星を湖に封じて結氷す 吉田ひろし
嘶きて白馬百頭結氷期 柚木紀子
友とゐて口数すくな結氷音 石川桂郎 高蘆
目瞑りて聴く砂浜の結氷を 対馬康子 吾亦紅
補聴器のじんじんと鳴る結氷期 平吹史子
碧落の蔵王に迫る結氷期 斉藤典子
熱き酸結氷の野へ運ばれる 飴山實 『おりいぶ』
縄綯ひて夜の耳白む結氷音 豊山千蔭
冬垣結ひ結氷前の唇緘づる 能村登四郎
沈舟に結氷厚く水過ぐる 中戸川朝人 残心
蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男
蝶墜ちて大音響の結氷期 赤黄男
誕生日来る結氷に日の燃えて 早崎明
滝壺の一点蒼し結氷界 佐野美智
対岸は昼も暮れ色結氷湖 野沢節子
全面結氷の気配の灯色きらきらす 岸田稚魚 紅葉山
潜る鵜の水晶島は結氷す 古館曹人
川波のめくれしままに結氷期 広渡詩乃
青銅の屋根を結氷音歩く 河合凱夫 飛礫
聖泉の結氷に突く双手かな 井上弘美
吹き上ぐる月光ばかり結氷湖 今瀬剛一
子の記憶何時より目醒む結氷期 有馬朗人 母国
山へだて結氷湖あり眠られず 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
昆布納屋に氷屑のしぶき結氷期 西本一都
湖心さして美しき結氷始まれり 大高弘達
古代史読む結氷続く窓の湖 有馬朗人 母国
見てきつる結氷の湖炉火に現る 大野林火 青水輪 昭和二十六年
結氷前潟人すでに声あらず 能村登四郎
結氷湖氷の解けし方に村 大野林火 潺潺集 昭和四十二年
結氷湖足踏みをして暖をとる 高澤良一 素抱
結氷湖魚のすみかのほのあかり 今瀬剛一
結氷湖懐中燈の輪がすすむ 大野林火
結氷圏流木に星流れつく 河合凱夫 飛礫
結氷期老人黙し行き違ふ 岸田稚魚 紅葉山
結氷期赤城の神は風を駆りぬ 水原秋櫻子 秋苑
結氷期子は黒鍵となり眠る 高野ムツオ
結氷期子は鍵盤となり眠る 高野ムツオ 鳥柱
結氷期血の味の肉食ひ終る 有馬朗人 母国
結氷期近し渚の常夜燈 斎藤梅子
結氷期近し渚の常夜灯 斎藤 梅子
結氷期机にすがりつづけいし 宇咲冬男
結氷期ずしんずしんと薪を割る 青木啓泰
結氷期 戦場を雲流れたり 松田正徳
結氷音海より来たり夜を統ぶ 岸田稚魚 筍流し
結氷を迫らるる湖半生過ぐ 上田五千石
結氷を湖が怠りをるところ 伊藤白潮
結氷をゆるりと落とす那智の滝 小林茂晴
結氷をへだて白鳥よび交し 上野泰
結氷や港に動くもののなく 佐竹 泰
結氷や危機寸前の身を愛せ 岸風三樓
結氷やホテル室なる檻に入る 寺田京子 日の鷹
結氷の日の金銀に脚を下す 古館曹人
結氷の瀬戸際うかぶかいつぶり 和田 祥子
結氷の象牙の塔にうずくまる 八木三日女 落葉期
結氷の湖芯に柚子をころがしぬ 大雪々
結氷の湖真中より哭きはじむ 吉田未灰
結氷の湖尻にまづ鴨目覚む 廣瀬直人
結氷の湖へ幼児を歩かせる 廣瀬直人
結氷の岩に火飾る幼妻 飯田龍太
結氷の眼の遠海魚 媽祖像裏 伊丹公子 時間紀行
結氷の海に埋めし草の種子 対馬康子 吾亦紅
結氷のはじまる鳥をちりばめて 宮坂静生
結氷のごとく塩被て地蔵凍む 中戸川朝人 尋声
鯨骨の墓碑がきらめく結氷期 有馬朗人 母国
畦草のあをき鮮烈も結氷前 能村登四郎
屈葬や怒濤に迫る結氷期 野見山朱鳥 幻日
銀漢の結氷の音すゝむなり 小川軽舟
金魚揺れ昼の天河が結氷す 坪内稔典
眼前に古鏡眼下に結氷湖 岡本眸
角々に昭和の兵士結氷期 米花紺子
屋根裏で飼う結氷の山の音 対馬康子 愛国
沖かけて湾曇るなり結氷期 有働亨 汐路
羽のごとき氷片湖結氷のはじめ 下田稔
ひといろの闇に噴水結氷す 仙田洋子 橋のあなたに
トランプもして結氷を待つばかり 比叡 野村泊月
がうがうと鳴る結氷の湖の下 岩波文子
あをあをと日輪わたる結氷期 田辺正人

氷塊

冷麺のあとの氷塊痩せ泛けり 石塚友二
冷蔵庫収れて氷塊過不足なし 軽部烏頭子
夕河岸の三和土氷塊けぶらへり 茨木和生 往馬
夜の酷暑氷塊惜しむ舌端に 石塚友二 方寸虚実
並べたる氷塊に雨滝なせり 右城暮石 句集外 昭和二十四年
風灼けて氷塊を水流れ出づ 大岳水一路
病院の奥へ氷塊引きずり込む 西東三鬼
氷上に氷塊青き影もてり 橋閒石 雪
氷塊を挽く雑沓の中に立ち 右城暮石 上下
氷塊を挽き切る音のまぎれなし 右城暮石 句集外 昭和四十三年
氷塊を挽き終えて夏星空ヘ 大井雅人 龍岡村
氷塊を配る青年傍見せず 右城暮石 虻峠
氷塊を二夕部屋とせる白仕切り 山口誓子
氷塊を爪に殺して尾白鷲 深谷雄大
氷塊を茶釜としたる朝茶かな 伊藤敬子「百景」
氷塊を地に置く底がひかるなり 右城暮石 句集外 昭和二十七年
氷塊を積むトラックの急に停車 右城暮石 声と声
氷塊を水尾に伴ひ砕氷船 市川公吐子
氷塊を持ち込む雫 擬死娼区 伊丹三樹彦
氷塊をひいてゆく何故か急がず 細見綾子
氷塊をさげて巨船の影をゆく 飯田龍太
氷塊は流れザトンの鐘きこゆ 田村了咲
氷塊の如大水母衝きたれば 山口誓子
氷塊の深部の傷が日を反す 橋本多佳子
氷塊の上に祭の氷挽く 鷹羽狩行
氷塊の解けたる水に浮かびをり 右城暮石 句集外 昭和二十八年
氷塊のこつんと置かれ喪の三和土 鷹羽狩行
氷塊に大鷲群るる羅臼沖 北村方男
氷塊に煙まつはる日の出前 右城暮石 声と声
氷塊となりつゝ滝の響きつゝ 夏井いつき
日ざかりの氷塊に立つ魚の鰭 水原秋櫻子 霜林
闘牛の丘へ氷塊曳きゆけり 沢木欣一
透明の氷塊四つの部屋に伐る 山口誓子
転がされ氷塊吐きぬ大鮪 白岩三郎
滴りて氷塊もまた生けるもの 鷹羽狩行
地に置かれたる氷塊を犬が舐む 茨木和生 木の國
葬列に蹤き氷塊の自転車押す 右城暮石 上下
草枯れへ使ひあまりの氷塊を 野澤節子 未明音
青雉子に氷塊あます氷室口 堀口星眠 営巣期
逝しき色氷塊と真夏空 飯田龍太
水の中氷塊アシカより濁る 金子兜太
人よけて氷塊通す飾山笠 伊藤てい子
辛じて避く氷塊の自転車を 右城暮石 句集外 昭和四十二年
新しき色氷塊と真夏空 飯田龍太
掌に氷塊にぎれど海相果なきよ 中村草田男
春雷の下に氷塊来て並ぶ 西東三鬼
殺鼠剤と氷塊失せし石の上 宇多喜代子
詐取・汚職梅雨の氷塊引き出さる 岸田稚魚 負け犬
今日氷塊は地上比ぶなき光を得 細谷源二
幸追うて越えきし山河みな氷塊 細谷源二 砂金帯
見よやこの氷塊の末いさぎよし 中原道夫
魚くさい街に氷塊虹を噴く 三谷昭 獣身
汗拭くやトラックの氷塊疾し 原田種茅 径
学校が厭で氷塊蹴り帰る 辻田克巳
海に出むとして氷塊の蒼ざめぬ 山田麗眺子
炎熱の日々を過ごせり氷塊のやうなる孤独地獄とともに 江畑實
炎天の老婆氷塊さげ傾ぐ 野沢節子 花季
一貫目といふ氷塊を提げ戻る 井上郁夫
茜さす方へ氷塊搬び去る 山口誓子
ビル暗く運ぶ氷塊朝を告げ 大井雅人 龍岡村


氷点下

野の涯に人の灯点る氷点下 有光令子
母の名を忘れてゐたり氷点下 鳥居美智子
氷点下杖音近く聞こえけり 佐藤母杖 『一管の笛』
氷点下十度鋼の路を行く 高橋笛美
氷点下四十一度てふクッキー 高澤良一 素抱
氷点下割りしその日の聖夜劇 高澤良一 石鏡
事故車吊るワイヤー細き氷点下 松倉ゆずる
妻の息白し寒厨氷点下 日野草城
ポケットに握る拳や氷点下 高澤良一 宿好
ごつつりと汽車停る発つ氷点下 鷹羽狩行

氷面鏡

氷面鏡夜は山姥が紅刷きに 渡辺恭子
氷面鏡日ゆき月ゆき枯木ゆく 中島月笠
氷面鏡鶴ともならず畦を行く 神蔵 器
氷面鏡私いますひびわれて 高澤晶子
氷面鏡今日のアリスはどこ行くの 鷲田 環
美しき言葉さやげる氷面鏡 寺井谷子
廃鉱の村に全き氷面鏡 鷹羽狩行
濃く淡く木々影落とす氷面鏡 友次郎
日輪に薔薇はかなくて氷面鏡 飯田蛇笏 山響集
鶴立ちておのが影研ぐ氷面鏡 古賀まり子
鳥どちのいのちひしめく氷面鏡 鍵和田[ゆう]子 飛鳥
竹竿や妹が掛けたる氷面鏡 正岡子規 氷
地の飢ゑに神の忘れし氷面鏡 松澤昭 神立
啄みて小鳥のあゆむ氷面鏡 中村まさ子
滝壺は一面の氷面鏡かな 下村梅子
滝壷は一面の氷面鏡かな 下村梅子
銃口の影のけむれる氷面鏡 石原八束
若者に男の香なし氷面鏡 藤田湘子 神楽
始祖鳥のやうな文様氷面鏡 高澤良一 石鏡
逆さまの影もうき世ぞ氷面鏡 也有
一隅にうつし身蒼く氷面鏡 小池万里子
どこからか水の乗り来る氷面鏡 小原啄葉
スケーターステップ刻む氷面鏡 高澤良一 石鏡
ここ真水あそこ塩水氷面鏡 阿波野青畝

氷張る

放生の善為し終へて氷張る 山口誓子
氷張る微々たる水も見逃さず 丁野 弘
氷張る鳩の水場に子等集ふ 小松世史子
氷張る谷の小川や水ぬるむ 水温む 正岡子規
氷張る空の太枝なつかしや 宇佐美魚目 秋収冬蔵
氷張る寒さの歯朶にこたへけり 増田龍雨 龍雨句集
氷張る桶の重たし葛晒 岩根壽美
氷張る横に兎のにほひかな 飯島晴子
氷張りつめて弁慶橋の下 今井杏太郎
薄氷張る厚氷割りし跡 右城暮石 句集外 昭和三十八年
喪返へしやどこも大きく氷張る 大木あまり 火のいろに
初凪や氷張りたる滑川 水原秋桜子
樹の下に俤ありて氷張る 飯島晴子
紙漉くや水あるところ氷張り 大橋敦子
紙の村紙の薄さの氷張り 滝 佳杖
山頂小屋天水桶に氷張る 成宮弥栄子
山寺の天水桶に氷張る 淀川玲治
びびびびと氷張り居り月は春 川端茅舎
ひし~と氷張りつゝある如し 高濱年尾 年尾句集
カナリヤの声がよすぎて氷張る 秋元不死男

厚氷

仄かにも人馬のひびき厚氷 飯島晴子
肋骨のやうな雲出て厚氷 岡本眸
蓮池はいかにぐれんの厚氷 立圃
両隣に訃ありて池の厚氷 永井龍男
名の消ぬその魂や厚氷 鬼貫
北向やこんこん叩く厚氷 尾崎紅葉
北向やこん~叩く厚氷 尾崎紅葉
微笑など厚氷より感染す 中尾寿美子
薄氷張る厚氷割りし跡 右城暮石 句集外 昭和三十八年
薄雪の狐の痕や厚氷 会津八一
梅の咲をりもあらうか厚氷 夏目成美
馬下駄やひけどもあがらず厚氷 常矩
賑やかに善人消えし厚氷 橋石 和栲
釣瓶置く石を包める厚氷 高浜虚子
丹田が顔を見るなり厚氷 永田耕衣
大和美し厚氷踏む音も 大島雄作
青空を雁が流れぬ厚氷 橋本鶏二
浄瑠璃寺「モネの水蓮」に厚氷 伊藤 敬子
松風の落かさなりて厚氷 松岡青蘿
十二月八日の朝の厚氷 西谷芳雄
捨てられて丸さ全き厚氷 片山由美子 天弓
山靴にくだく除日の厚氷 望月たかし
砂肝をかりりと美濃や厚氷 湘子
昏れてゆく人の顔あり厚氷 栗林千津
高熱の落ちたる湖の厚氷 橋閒石 無刻
厚氷抛り出されて冰りけり 岸田稚魚 『花盗人』
厚氷放り出されて氷りけり 岸田稚魚
厚氷微賤逃亡死に薫ず 永田耕衣
厚氷畜生の舌ひるがへり 川端茅舎
厚氷池の木賊を閉ぢ込めて 山口誓子
厚氷真ふたつに割れ吉兆か 能村登四郎
厚氷思はず君を匿へり 清水径子
厚氷妻の非力を刎ねかへす 日野草城
厚氷金魚をとぢて生かしめて 橋本多佳子
厚氷幾日金魚をとぢ込めて 山口波津女
厚氷割つてゐる音近くにす 岸田稚魚 紅葉山
厚氷割つたる歓喜童子かな 川崎展宏
厚氷案内の孤とぼくと 尾崎紅葉
厚氷より声ありき黙示録 鷹羽狩行
厚氷びしりと軋みたちあがる 加藤秋邨
厚氷なるこの遊びくりかへす 宗田安正
厚氷これを見にきしごとくなり 千葉皓史
犬が舐め一滴もなし厚氷 鷹羽狩行
月すごし魚の音きく厚氷 信徳
屑買の女の声に厚氷 百合山羽公 故園
勤行の父封じこみ厚氷 磯貝碧蹄館
桐の実のこぼれそめけり厚氷 成田蒼虬
恐ろしき鴉の觜や厚氷 正岡子規 氷
久女忌の路上に蹴られ厚氷 肥田埜勝美
逆さまに捨てあリ閼伽の厚氷 深見けん二
絵馬掛けて野のうす氷厚氷 神尾久美子 桐の木
火掻棒もて割りにけり厚氷 中村雅樹
一人や金色変は厚氷 永田耕衣
よく見れば仏間のごとき厚氷 中尾寿美子
ほとばしりいづ山水や厚氷 松村蒼石 露
ひとごゑの短く過ぎて厚氷 岡本眸

氷結

氷結湖日輪落つる穴一つ 小川原嘘帥
氷結の戻らねば滝やつれたり 上田五千石 森林
氷結の滝の安らかなりしかな 西田浩洋
氷結の上上雪の降り積もる 山口誓子
紅梅を氷結びに山の音 中戸川朝人 尋声

凍裂

木々の間に凍裂の音はりつめし 奥田智久
凍裂の匂ひ顕ちくる杉林 伊藤杜夫
凍裂の一樹ながらも鳥かばふ 平井さち子 鷹日和
凍裂のとど松癒す朝日の矢 小林雪雄 『海明け』
凍裂のありたる椴の生臭し 小林雪雄 『海明け』
蝦夷地なる父は凍裂選ぶころ 櫂未知子 蒙古斑以後
とど松の凍裂ひびく阿寒川 広谷てる女
あたらしき凍裂松の匂ひけり 佐野農人

氷雪

樅の影かぶり氷雪割るは誰 村越化石 山國抄
福寿草氷雪の巌迫り立つ 千代田葛彦 旅人木
氷雪裡輪飾かけて固き戸ぞ 楠目橙黄子 橙圃
氷雪を草は荷へり楮剥 平畑静塔
氷雪の吐く霧に濡れお花畑 矢島渚男 延年
氷雪の青まほらなす桐畑 佐藤鬼房
氷雪の森深く入る糞尿車 佐藤鬼房
氷雪のごと美しく滅びたし 古市絵未
氷雪に寝て明星を眉間にす 日野草城
氷雪に愛しき機関銃と寝る 日野草城
色ふかき菫氷雪の峯天に 有働亨 汐路
炎天下氷雪を売る標あり 山口青邨
かぜ晴れて氷雪の香をはこびくる 瀧春一 菜園

氷田

氷田の罅美しき悲境かな 上田五千石『田園』補遺
氷田の中なる家は疾く暮れて 柳田湘江
氷田の上に切出夫が乗れり 平畑静塔
同じ厚さに氷田の切り出さる 平畑静塔
鋸で氷田を引く採氷夫 平畑静塔

蝉氷

日の渡る空のよろこび蝉氷 池田澄子 たましいの話
蝉氷盥の水の咬み合うて 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
蝉氷いまし羽ばたくかも、しれず 伊藤白潮


その他

綿氷浮きてただよふ翁道 松崎鉄之介
氷閉ぢ込めて華やぐ杉枯葉 右城暮石 句集外 昭和四十五年
日輪のほむらとまはる浮氷 上田五千石『天路』補遺
蝶 墜 ち て 大 音 響 の 結 氷 期 富澤赤黄男
かんばせのくもり美し初氷 上田五千石 天路

以上





by 575fudemakase | 2019-01-20 14:12 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

一冬木 の俳句

一冬木 の俳句

省くだけ省きし寂に一冬木 百瀬美津
海見えて山桜いま一冬木 大串章 朝の舟
一冬木仕置のごとく牛繋ぐ 太田土男
青空に筋通すごと一冬木 高澤良一 石鏡
通夜の灯の洩れて突立つ一冬木 佐藤母杖 『一管の笛』
もとよりの痩身であり一冬木 増成栗人
そそり立つ一冬木見て職引く身 高澤良一 宿好
B棟の患者見下ろす一冬木 高澤良一 さざなみやつこ
もとよりの痩身であり一冬木 増成栗人
誰からも遠くに在りて一冬木 杓谷多見夫
汽車過ぎていよいよ暮色一冬木 森澄雄
はるかより近づいてくる一冬木 岡井省二 夏炉
一冬木雲におのれを送りゐる 岡井省二 有時
満月をあげ依代の一冬木 佐藤鬼房
残照や歩まねば吾も一冬木 岡本眸

以上

by 575fudemakase | 2019-01-20 01:59 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

ダイヤモンドダスト

ダイヤモンドダスト

ダイヤモンドダスト 氷晶 氷霧 氷塵 霧雪 細氷

ダイヤモンドダストの中の髪膚かな 渡辺 昭
ダイヤモンドダストわが命燿く 三邨やすし
ダイヤモンドダスト遠くで銃の音 岩崎 潮
ダイヤモンドダスト言葉のはじめなり 松澤雅世
ダイヤモンドダスト助走の短くあり 有田莉多
ダイヤモンドダスト少年の長睫 横地妙子
ダイヤモンドダスト神の吐息です 石川花城
ダイヤモンドダスト太古の空の青 鈴木貞雄
ダイヤモンドダスト氷野の夜に仰ぐ 深谷雄大
ダイヤモンドダスト北方圏の葬 石倉京子
ひかりさへ氷晶となり草絶えたり 高屋窓秋
まなじりに細氷塵の泪なす 深谷雄大
細氷の太古の空となりて降る 相澤乙代
細氷や煌めきに足す朝の息 相澤乙代
細氷現象(ダイヤモンドダスト)氷野の夜に仰ぐ 深谷雄大
女神彫る氷塵の綺羅身に浴びつ 川島千枝
星がかるい音楽になるダイヤモンドダスト 伊藤畠夫
聖夜まつ戸口氷塵流れをり 堀口星眠 営巣期
氷下魚漁氷塵は日を吹き浚ふ 金箱戈止夫
氷晶のそよりと天の楽起こる 清水道子
氷晶や遠く黒子の氷下魚釣 石川桂郎 高蘆
氷塵のおのれまぶしむ光かな 柚木 紀子
氷塵の煌めく由布の初日の出 小西 藤満
風の木の氷塵きそふ岳の前 阿部ひろし

by 575fudemakase | 2019-01-17 11:21 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

年越蕎麦の俳句

年越蕎麦の俳句


年越に蕎麦打つ家の習ひかな 伊東牛歩

年越蕎麦待てばしきりに救急車 水原秋桜子

船宿に年越蕎麦の届きたる 鈴木貞雄

おもえば年越蕎麦の箸をおきしがおわかれ 荻原井泉水

ルームサーヴィス年越蕎麦肩に載せ 山口誓子

年越すや不二の忍野の蕎麦打ちて 水原秋櫻子 蘆雁以後

年越の親子贔屓の蕎麦屋あり 安住敦

年越蕎麦山妻豚児かたはらに 村山古郷

月さすや年越蕎麦の蒸籠まで 水原秋櫻子 蘆雁

玉の緒よ年越蕎麦の長かれと 内藤鳴雪

運び来しホテルの年越蕎麦ひとつ 桂信子 草影

ふるさとの出湯に年越し蕎麦すすり 臼田亜浪

宵寝して年越蕎麦に起こさるる 水原秋桜子

箸にかけて年越蕎麦の長短か 水内鬼灯

年越蕎麦鰊臭さが顔にくる 高澤良一 暮津

年越蕎麦鰊の小骨もてあます 高澤良一 暮津

母・妻・吾

年越蕎麦終の数なるこの三人(みたり) 高澤良一 暮津



以上


by 575fudemakase | 2018-12-30 03:56 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

クリスマスソング

クリスマスソング

お楽しみ下さい


https://youtu.be/3Jvtaj55r94

https://youtu.be/sme8N2pzRx8

https://youtu.be/VXczrjAsOKk

https://youtu.be/S0XOmgJc2cE

https://youtu.be/LPAqyC6GMw8


https://youtu.be/L2UCRNldC3s


以上


by 575fudemakase | 2018-12-26 10:53 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冬の浜 の俳句

冬の浜 の俳句

冬の浜

うちあげし卒塔婆冬浜人を見ず 福田蓼汀 秋風挽歌
えんぴつで海牛つつく冬渚 高澤良一 随笑
くれなゐの小貝ちりばめ寒渚 内藤吐天 鳴海抄
はるかにも犬の身ぶるひ冬の濱 八木林之介 青霞集
ロシアは見えず どろりと黒い冬渚 高間三十六
わが乗れる汽車の尾が見え冬の浜 菊川千代子
遺言を一行書きぬ冬の浜 櫂未知子
貝の列に沿うてありくや冬の浜 高浜年尾
貝遠く光れるために冬浜ゆく 上田五千石 田園
魚籠一つ雨に打たるる冬の浜 渡辺和子
己が影追うて鳥ゆく冬渚 岸原清行
死の先を越えゆくものよ冬渚 斎藤玄 雁道
死の先を越しゆくものよ冬渚 斎藤玄
児が泣けば冬浜に集る日の翼 原裕 葦牙
時失せてゆく眩しさや冬の浜 仙田洋子
走り来し息もて逢わん冬渚 寺井谷子
大年の裳裾ひろがる冬汀 原裕 青垣
蛸壺のからびきつたる冬の浜 道川虹洋
丹も濃ゆき海星を拾ふ冬の浜 佐藤美恵子
冬の浜骸は鴉のみならず 森田 峠
冬の浜空瓶に砂詰まりゐて 今井三重子
冬の浜後姿のはや遠し 西村和子 夏帽子
冬の浜人あらはれて海苔を干す 伊東宏晃
冬の浜米兵が子を肩ぐるま 松村蒼石 寒鶯抄
冬の浜理髪店のみ総玻璃戸 香西照雄 対話
冬の浜鴉ばかりの静けさに 山根きぬえ
冬渚懐中の鈴鳴りにけり 大石悦子 聞香
冬渚仔牛馳せゆき汚れなし 木村蕪城 寒泉
冬浜にかゆきかくゆき小犬かな 清原枴童 枴童句集
冬浜に憩ひ湖上の舟に坐す 山口波津女 良人
冬浜に残す足跡海女若し 野見山ひふみ
冬浜に人現れて消えにけり 池内たけし
冬浜に生死不明の電線垂る 右城暮石
冬浜に病む母載せしリヤカーゆく 能村登四郎 合掌部落
冬浜に湧く真清水の香をまとふ 原裕 葦牙
冬浜に洋傘を突きさして憩ふ 内藤吐天 鳴海抄
冬浜に浪のかけらの貝拾ふ 上田五千石
冬浜に老婆ちぢまりゆきて消ゆ 西東三鬼
冬浜に老婆ちゞまりゆきて消ゆ 西東三鬼
冬浜に老婆ちぢまりゆきて消ゆ 西東三鬼(1900-62)
冬浜のひとりの視野にひとりの人 阿部完市 無帽
冬浜のむなしさに雨降りいでし 松村蒼石
冬浜の錆リヤカーは婆のもの 池田秀水
冬浜の深き靴跡かへり見ず 内藤吐天 鳴海抄
冬浜の足跡かへりみる未練 稲垣きくの 黄 瀬
冬浜の煤枯れ松を惜みけり 杉田久女
冬浜の暮るゝに間ある焚火かな 高浜年尾
冬浜へ一声仔牛呼びかへす 木村蕪城 寒泉
冬浜や暁かけて網干すなり 小林康治 四季貧窮
冬浜や浪に途切れし轍あと 松本たかし
冬浜を一川の紺裁ち裂ける 中村草田男
冬濱に煙草突き刺し大事去る 藤後左右
灯を携へて灯に向かふ冬渚 友岡子郷
灯を携へて灯へ向かふ冬渚 友岡子郷 風日
踏み跨ぐものことごとく冬渚 綾部仁喜 樸簡
百千の白兎駈け来る冬の浜 山田みづえ
風つのる冬浜明けて旅の髭 松村蒼石 雪
保母が駆け子ら駆け冬浜甦る 鍵和田[ゆう]子 浮標
埋め立ての浜は直線冬の草 後藤 充
老犬曳く人も白髪冬渚 倉橋羊村
梵字書く鳥の足あと冬渚 渡辺恭子

冬の浜 補遺

うちあげし卒塔婆冬浜人を見ず 福田蓼汀 秋風挽歌
かかる仕事冬浜の砂俵に詰め 西東三鬼
きのふわがふみし足迹冬渚 富安風生
ト口ッコの線路跨ぎて冬の浜 山口誓子
よごれゐてあたたかきかな冬の浜 松本たかし
わが影を残して帰る冬の浜 橋閒石
一町程先に屍ありて冬の浜 山口誓子
沖へ向き口あけ泣く子冬の浜 西東三鬼
餓鬼のぞく冬浜の貝紅失す 角川源義
貝遠く光れるために冬浜ゆく 上田五千石 田園
涯なく冬浜おのれ堪へざらむ 山口誓子
寒渚人の行かねばひかりけり 岸田稚魚 紅葉山
眼に松を見ず冬浜の鳴りつのる 山口誓子
句を練れば唇乾く冬渚 鈴木真砂女 都鳥
月落ちて鳥の尾叩く冬渚 角川源義
子に貝を拾ひたるのみ冬浜去る 伊丹三樹彦
屍に提燈つけて夜更けし冬の浜 山口誓子
死の先を越えゆくものよ冬渚 斎藤玄 雁道
児が泣けば冬浜に集る日の翼 原裕 葦牙
時間なき冬浜やがて引き返す 右城暮石 句集外 昭和四十二年
捨墓に小貝もまじる冬渚 角川源義
職無しに似て冬浜をどこまでも 伊丹三樹彦
人現れておなじ道来る冬の浜 岡本眸
石投げて不惑の身浮く冬の浜 岡本眸
大年の裳裾ひろがる冬汀 原裕 青垣
鶴を飼う濁つて赤き冬渚 飴山實 おりいぶ
底抜の樽も用あり冬の浜 山口青邨
冬の浜心の重さだけくぼむ 岡本眸
冬の浜踏みしその夜は夢を見ず 橋閒石 微光
冬の浜米兵が子を肩ぐるま 松村蒼石 寒鶯抄
冬の浜埋髪店のみ総玻璃戸 香西照雄
冬の浜理髪店のみ総玻璃戸 香西照雄 対話
冬渚こころを抱いて出でしかな 飯田龍太
冬渚仔牛馳せゆき汚れなし 木村蕪城 寒泉
冬渚潮汲むことをくり返し 富安風生
冬渚目をうるませて流木拾ふ 細見綾子
冬浜にこころ虔しみ日を見送る 山口誓子
冬浜にサーファ服を脱ぐところ 佐藤鬼房
冬浜にひとりのわが身紛れたる 山口誓子
冬浜に沖を見る子のいつか無し 西東三鬼
冬浜に火を焚く何か育てたく 岡本眸
冬浜に噛みあふ犬よ殺しあへ 山口誓子
冬浜に巨き犬曳きいごつそう 能村登四郎
冬浜に鋸屑が飛び匂ひをり 能村登四郎
冬浜に漁夫がいそぎし足の型 飴山實 おりいぶ
冬浜に光りはあれど松風や 角川源義
冬浜に死を嗅ぎつけて掘る犬か 西東三鬼
冬浜に深く埋れし何のロープ 右城暮石 句集外 昭和四十年
冬浜に生死不明の電線垂る 右城暮石 上下
冬浜に鳥翼ながくとどまらず 山口誓子
冬浜に入る溝川の底ひかる 角川源義
冬浜に病む母載せしリヤカーゆく 能村登四郎
冬浜に湧く真清水の香をまとふ 原裕 葦牙
冬浜に浪のかけらの貝拾ふ 上田五千石 森林
冬浜に老婆ちぢまりゆきて消ゆ 西東三鬼
冬浜のさびしければの挙固なる 上田五千石『琥珀』補遺
冬浜の起伏高みに火を焚けり 岡本眸
冬浜の弧の一点や濤こぞる 角川源義
冬浜の捨冷蔵庫開きつ放し 岡本眸
冬浜の日が射し込んで眼の中へ 右城暮石 句集外 昭和二十四年
冬浜の防風の根をたゞ信ず 山口誓子
冬浜の満天星に昴の綬 山口誓子
冬浜へ一声仔牛呼びかへす 木村蕪城 寒泉
冬浜へ家のかげより鼠馳す 大野林火 雪華 昭和三十六年
冬浜や貝殻の音身のどこかに 山口誓子
冬浜や暁かけて網干すなり 小林康治 四季貧窮
冬浜ゆく遠く光れる貝のため 上田五千石『田園』補遺
冬浜を一川の紺裁ち裂ける 中村草田男
冬浜を褐色に網干しはじむ 大野林火 雪華 昭和三十六年
冬浜を子にてもよけれ誰か通れ 山口誓子
冬浜を標的のごと歩むなり 岡本眸
白波や泡ののこれる冬の浜 桂信子 花影
百千の白兎駆け来る冬の浜 山田みづえ 手甲
病者おきて犬の先立つ冬の浜 角川源義
風つのる冬浜明けて旅の髭 松村蒼石 雪

以上

by 575fudemakase | 2018-12-25 17:51 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

獺魚を祭る の俳句
at 2019-02-19 07:30
磧 河原 川原 の俳句
at 2019-02-19 07:28
磧 の俳句
at 2019-02-19 07:25
川原 の俳句
at 2019-02-19 07:24
河原 の俳句
at 2019-02-19 07:23

外部リンク

記事ランキング