カテゴリ:冬の季語( 1234 )

朽葉 の俳句

朽葉 の俳句

朽葉

けもの道朽葉を貫きて萌ゆるもの 平井さち子 紅き栞
なだれたる朽葉に木の実止まらざる 高濱年尾 年尾句集
温む水に黒く全き朽葉かな 楠目橙黄子 橙圃
幾年の朽葉かぶりて名草の芽 椎橋清翠
菊根分朽葉かた土そぐり捨て 西山泊雲 泊雲句集
朽ち葉の香落石注意の釈迦ケ谷 高澤良一 石鏡
朽ち葉深きに菫三つ四つ御殿跡 鍵和田[ゆう]子 未来図
朽葉どき蓮台野より化野へ 高澤良一 燕音
朽葉に鼻突っ込み居れる蝌蚪もあり 高澤良一 素抱
朽葉より花片栗の空の色 金箱戈止夫
朽葉寂雑木の花の降るも寂 及川貞 夕焼
朽葉落ち孑孑しばし潜みたる 会津八一
栗茸の朽葉の匂ひあはれまる 千代田葛彦
渓間の朽葉の八寒地獄かな 高澤良一 さざなみやつこ
枯葉朽葉中に銀杏の落葉哉 落葉 正岡子規
鮭の骸朽葉となりて沈みをり 長谷川櫂 虚空
山の井に色よきままの朽葉かな 素外
山清水鳴れり朽葉を潜り出て 高澤良一 鳩信
山門は朽葉の色とあせにけり 大川黄草
秋日閑雀下りたる朽葉いろ 瀧春一 菜園
松朽ち葉かゝらぬ五百木無かりけり 原石鼎
色深し朽葉のもとの冬すみれ 遠藤 はつ
身に匂ふ古葉朽葉や墓参り 増田龍雨 龍雨句集
睡蓮の朽葉の上の目高かな 星野立子
積年の朽葉をためて小町井戸 中村姫路
切通し落葉朽葉を踏み付けに 高澤良一 宿好
雪解水沈く朽葉に真白き垢 香西照雄 対話
霜踏んで跡に見えたる朽葉かな 杉風
堕ちてはいけない朽ち葉ばかりの鳳仙花 鈴木しづ子
打擲せし百足虫朽葉の香をのこす 野澤節子
茸の跡朽葉静に沈みけり 躑躅
炭がまや猿も朽葉も松の雪 山口素堂
炭竃や猿も朽葉もまつも雪 素堂
炭取の底貧しくも朽葉かな 尾崎紅葉
天窓の暁ふさぐ朽葉かな 那須辰造 天窓
田の底の朽葉に蝌蚪の身を寄せて 高澤良一 石鏡
土凍てて日を経る牛蒡朽葉かな 飯田蛇笏 春蘭
踏む土に朽葉の湿り秋の宮 加藤耕子
道迷ふ朴の朽葉の幽界に 高澤良一 燕音
薄氷と朽葉したしみつつ消ゆる 松村蒼石
樋の口をかたまり落ちし朽葉かな 比叡 野村泊月
浮巣あり大きな蓮の朽葉垂れ 高野素十
墓のうしろの朽ち葉掻いても掻いても出る シヤツと雑草 栗林一石路
母の忌や朽葉濡れゐる樹のまはり 堀口星眠
落ちも敢へず朽葉流れ去る清水かな 会津八一
落葉 朽葉 落葉 朽葉 軍靴 軍靴 木寺和實
鱗だつ朽葉の彼方潟干される 成田千空 地霊
蝌蚪容れて空缶朽葉臭き水 高澤良一 暮津
蟇朽葉の中に動きし眼 山田弘子

朽葉 補遺

柿の枝生けて朽葉も眺めらる 日野草城
朽葉なか水琴窟の音ありけり 飴山實 花浴び
朽葉寂雑木の花の降るも寂 及川貞 夕焼
朽葉色蝶ひらひらと芭蕉林 中村汀女
枯野鴉の啄みたりし何の朽葉 安住敦
枯葉朽葉中に銀杏の落葉哉 正岡子規 落葉
手掴みに朽葉うすらひ蕗の薹 山田みづえ 草譜
春浅し朽葉を掃きて出でし土 細見綾子
松朽ち葉かゝらぬ五百木無かりけり 原石鼎 花影以後
沼べりの朽葉を誰か綴りゐる 佐藤鬼房
雪解水沈(しず)く朽葉に真白き垢 香西照雄
雪解水沈く朽葉に真白き垢 香西照雄 対話
土凍てて日を経る牛蒡朽葉かな 飯田蛇笏 山響集
土凍てて日を経る牛蒡朽葉かな 飯田蛇笏 春蘭
凍てかへる蟇被る朽葉あはれもみぢ 山口青邨
薄氷と朽葉したしみつつ消ゆる 松村蒼石 雁
浮巣あり大きな蓮の朽葉垂れ 高野素十
冷たき空より朽葉わななきつゝ水に落ちぬ 種田山頭火 自画像 層雲集

朽葉 続補遺

ヘばりつく朽葉ながらに飛蛙 桜井梅室
寒ぎくや朽葉をしごく塚の道 野坡
霜踏で跡に見へたる朽葉かな 杉風
炭がまや猿も朽葉も松の雪 素堂
落葉朽葉皆拾はるゝ銀杏哉 北鯤

以上

by 575fudemakase | 2017-12-02 10:18 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

サンタクロース の俳句

サンタクロース の俳句

サンタクロース

いる、いない、本当に来る?サンタの謎 吉原文音
クリスマス二人の吾子のサンタなり 小林好美
サンタ・クロース煙突のなき家ばかり 永野孫柳
サンタクロースの話そらさざるを得ず 石川桂郎
サンタクロース大きな足を脱いでゐる 大石雄鬼
サンタみな揃ひのピンク新世紀 後藤比奈夫 めんない千鳥
サンタも出て歳末商戦巻き返し 高澤良一 石鏡
トナカイもサンタも百円ショップかな 高澤良一 随笑
一人住む四十七歳サンタ待つ 岡本恵美子
街角にサンタ来てゐる神の留守 大塚とめ子
水洟をかめばサンタの声がする 仙田洋子 橋のあなたに
聖果切るためにサンタをつまみ出す 松浦敬親
聖夜眠る幼子いとし父サンタ 今泉貞鳳
地球儀の自転急がせサンタ待つ 吉原文音
茶房の窓スプレー描きのサンタかな 高澤良一 石鏡
枕許サンタにB鉛筆ねがふ 平畑静塔

サンタクロース 補遺

サンタクロースの話そらさざるを得ず 石川桂郎 含羞
サンタみな揃ひのピンク新世紀 後藤比奈夫
ビラ配るサンタク口-ス吾に触る 阿波野青畝
狩人のサンタ袋を空にせず 平畑静塔
息吹くサンタ満持す闇の百貨店 伊丹三樹彦
待人のサンタは忘れものはせじ 平畑静塔
大テント種切サンタヘたりこむ 平畑静塔
枕許サンタにB鉛筆ねがふ 平畑静塔

以上

by 575fudemakase | 2017-11-29 18:07 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

聖夜 の俳句

聖夜 の俳句

聖夜

G氏来てそこまでといふ聖夜劇 小橋久仁
イヴの電飾庭木をうまく使ひけり 高澤良一 石鏡
イヴの灯のとどかぬ闇に生きるもの 大西やすし
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫 めんない千鳥
イヴの夜は耳やわらかき犬といる 佐藤和子
イヴ近き街ゆくブルゾンポッケに手 高澤良一 石鏡
いずこにか戦争があり聖夜かな 坂詰國子
いと小さき聖夜の星となり逝きし 塙告冬
ヴェール着てすぐに天使や聖夜劇 津田清子
ヴェール被てすぐに天使や聖夜劇 津田清子
おほかたは星の子の役聖夜劇 伊藤トキノ
お化け柳くぐって 聖夜劇のかえり 伊丹公子 メキシコ貝
カジノ・シティ聖夜の星を仰ぎけり 仙田洋子 雲は王冠
キャンドルの炎の芯あをき聖夜かな 鈴本とし子
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴ氷川丸灯りけり 今井杏太郎
この家あの家電飾ごっこして聖夜 高澤良一 石鏡
この河の芥かがやき静かに聖夜 町田しげき
この子供臭さへ 聖夜劇開幕 伊丹三樹彦 樹冠
コンクリートに尿撥ね返る聖夜祭 右城暮石 声と声
サンパンは ぽっかり ぽっかり 聖夜の川 伊丹公子 機内楽
しんがりの羊はわが子聖夜劇 松崎 幹
タイムマシン売り切れ聖夜の玩具店 河野 薫
テノールの一瞬昂じ聖夜弥撒 大関靖博
どの国も聖夜枯枝膝で折る 対馬康子 純情
ひと待てば聖夜の玻璃に意地もなし 桂信子 女身
ひと啼きを復習(なら)ふ羊や聖夜劇 村山春子
ヘッドライトに老人浮ぶ聖夜かな 鈴木鷹夫 風の祭
ほろ酔ひの一歩に揺らぐ聖夜の灯 林 翔
みなとみらい天まで点し聖夜来る 岡田文子
むつき洗ふ聖夜の灯なり祈りなり 金井巴津子
ワイン瓶抱きて扉を出づ聖夜弥撒 澤田 緑生
暗き聖夜犬の股間に子犬あまた 堀内薫
闇に始まり闇に終りぬ聖夜劇 高野ムツオ
闇に始まり闇に終わりぬ聖夜劇 高野ムツオ 蟲の王
意地悪の姫は裏声聖夜劇 大島民郎
椅子固し聖夜を遅れきし我に 森田峠
異教徒の聖夜 躓く石が 光る 伊丹公子 メキシコ貝
一つづつ点き聖夜ミサとなる 水田むつみ
一家かたまりうどんをすすり聖夜なり 菖蒲あや
一鉢の棉の実ほぐれ聖夜待つ 徳留末雄
遠航の烏賊船戻り島聖夜 小原菁々子
往診や聖夜の雪につつまれて 新明紫明
横浜の外人墓地に聖夜の灯 鈴木大林子
沖へ出てゆく船の灯も聖夜の灯 遠藤若狭男
沖船も机上も聖夜灯を交す 原裕 出雲
屋台とは聖夜に背向け酔ふところ 佐野まもる
牡蠣提げて男の若き聖夜かな 小池文子 巴里蕭条
海の靄聖夜の寝墓つつみけり 古賀まり子
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄 炎
街灯とイヴの灯競ひ遠い戦火 大高弘達
角砂糖二つ寄り添ひ聖夜待つ 宮脇白夜
額に隠れて 画商が渡る 聖夜の辻 伊丹公子 時間紀行
鴨食べる聖夜のくらき城下町 岩淵喜代子 朝の椅子
乾杯や聖夜の窓のちぎれ雲 殿村莵絲子 花寂び 以後
癌がまた出て来たぞクリスマスイヴ 堀米秋良
飢ゑ知らぬ子らの強気の聖夜劇 つじ加代子
久々に妻へ聖夜の予約席 小島健 木の実
居酒屋に聖夜子連れの杣もゐて 三浦妃代 『花野に佇つ』
極薄の白磁音を生み聖夜更く 稲垣光子 『絵付筆』
近き友遠き友雪の降る聖夜 村越化石 山國抄
金の鶴折る手のひらにある聖夜 対馬康子 愛国
靴磨き聖夜の隅で石となる 穴井太 鶏と鳩と夕焼と
犬急ぎゆけり聖夜の塀に沿ひ 森田峠
肩ひろき牧夫と並ぶ聖夜弥撒 大森三保子
言葉にもりボンかけたくて聖夜 上田日差子
古書店に聖夜の師弟出合ひけり 岩崎照子
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
光てふ神の見え来る聖夜劇 吉原文音
甲斐駒はむらさき凍り聖夜待つ 古賀まり子 降誕歌
紅をさす看護婦産院聖夜来る 杉本寛
黒人の店の聖夜よ星並べ 対馬康子 吾亦紅
骨痛む老婆に 優しい聖夜の燭 伊丹公子 メキシコ貝
今生の母の爪切る聖夜かな 道川 貴
坂をゆく人に距離置き聖夜なり 菖蒲あや
子のなかに牧師の混じる聖夜劇 藤原 浩
子へ贈る本が箪笥に聖夜待つ 大島民郎
師とありて水の青みの聖夜来ぬ 村越化石 山國抄
寺の子が主役となりて聖夜劇 高原喜久郎
時計塔聖夜の雪を粧ひて 大東晶子
車椅子扉口にありて聖夜弥撒 渡会 昌広
蛇口より雫ふくらむ聖夜かな 土肥あき子
主よ主よと言へるのが吾子聖夜劇 今瀬剛一
手に触るるものみないとし聖夜の灯 中島喜久子
手話の子の瞳きらりと聖夜待つ 田中 道子
手話の手に席譲られし聖夜 横山睦子
酒場出て聖夜の橋に妻と逢ふ 岡部六弥太
秋燈に膨る聖夜の飾り具店 関森勝夫
出遅れし星も聖夜の海の上 長田 等
女学生の黒き靴下聖夜ゆく 桂信子
小書*かもポインセチアを得て聖夜 富安風生
少年に藁のにほへる聖夜劇 井上弘美
床鳴らすタツプダンスの聖夜劇 藤田信子
笑ひごゑたてて驕りの聖夜なる 仙田洋子 橋のあなたに
障子窓白く聖夜の弥撒を待つ 古賀まり子 降誕歌
上京の即日人に聖夜に会ふ 古舘曹人 能登の蛙
飾皿の絵は雪深き聖夜にて 有働亨 汐路
燭台を点せるピアノ聖夜奏 品川鈴子
森の奥泉ひかりて聖夜待つ 古賀まり子 降誕歌
森番がひとり炉を焚き聖夜なり 黒木 野雨
神の闇深々とあり聖夜ミサ 岩岡中正
神の子の吾に汝に聖夜更く 松岡ひでたか
親と子が立体交差のまま聖夜 仲 寒蝉
針山に待針植えて妻の聖夜 原子公平
人の鼻つまみし覚えなき聖夜 攝津幸彦 鹿々集
人口滝見詰めて聖夜の酔さます 中村和弘
人逝けりクリスマス・イヴの地下室に 成瀬桜桃子
杉の秀に星無し聖夜の夜学なる 香西照雄 対話
星降ると綴り聖夜のエアメール 山田弘子 こぶし坂
生まれきて名もなく聖夜ただねむる 宮津昭彦
生れきて名もなく聖夜ただねむる 宮津昭彦
生れ来て百日足らず聖夜来る 長田等
生産の灯の帯纏いた聖夜の湾 伊丹三樹彦
聖夜くる欅に被せて灯の衣 ふけとしこ 鎌の刃
聖夜しづかに十字架が守る屑部落 古賀まり子 洗 禮
聖夜スクランブル交差点の楽 長田等
聖夜ただ吾子あまた子にみとりの母 古沢太穂 古沢太穂句集
聖夜なりナプキン花のごとひらき 中尾杏子
聖夜なり前髪切りて黒散らす 鳥居真里子
聖夜にて給水塔鳴る孤児の家 沢木欣一
聖夜には聖歌一路をたどりつつ 友岡子郷 春隣
聖夜に読む光の中に燭を点じ 香西照雄
聖夜の祈り石油危機にも触れにけり 田川飛旅子 『邯鄲』
聖夜の燭絵硝子わづか浮かびけり 小池文子 巴里蕭条
聖夜の肉つめたし刃物もちてそぐ 品川鈴子
聖夜はや紅をおびゆく星得たり 阿波野青畝
聖夜ひとり覚む子に星は十字なせ 林翔
聖夜まつ戸口氷塵流れをり 堀口星眠 営巣期
聖夜まで超過勤務のなほ幾夜 大島民郎
聖夜ミサトロール船団その妻ら 依田明倫
聖夜ミサ祈る神父の息白し 小原菁々子
聖夜めく二頭の馬が曳く橇は 有働 亨
聖夜メロン舟型に切り皿に揺れ 大岳水一路
聖夜わがましろき胸を診られ臥す 鷲谷七菜子
聖夜映え棚の洋酒の色さまざま 河野南畦 『空の貌』
聖夜迎ふ数字かたどるビスケット 有働亨 汐路
聖夜劇ピアノの裏が楽屋なる 中田無麓
聖夜劇みな神の子の瞳もつ 小田切文子
聖夜劇九人天使に吾子混る 長田等
聖夜劇終へし天使が母探す 遠藤若狭男
聖夜劇準備も萩に点灯す 友岡子郷 遠方
聖夜劇走り抜けたる星の役 田中利則
聖夜劇濁りなき声満ちにけり 福永みち子
聖夜劇牧師が波の音つくり 真下耕月
聖夜劇幕引くだけの子の笑顔 徳永亜希
聖夜劇木より顔出す木になる子 落合水尾
聖夜劇牢名主のごと半跏して 角川源義 『西行の日』
聖夜更く地はいくさ無き灯にあふれ 松本 幹雄
聖夜寝る機席に小さき羽根枕 橋本美代子
聖夜身に何加へしや力声 白井春星子 『喜雨』
聖夜待つケーキのやうな嬰の靴 石橋茉莉
聖夜待つホーム白線内側に 対馬康子 純情
聖夜天よりブランコひとつ我に垂る 工藤克巳
聖夜天眼に沁む雪をもたらせり 上田五千石 田園
聖夜灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏
聖夜貧しとも知れる限りを子らうたひ 茂里正治
聖夜母座吹き消し匂ふ蝋げむり 成田千空 地霊
聖夜眠る幼子いとし父サンタ 今泉貞鳳
聖夜眠れり頸やはらかき幼な子は 森澄雄
聖夜霧笛去りゆくはユダかヨハネか 平井照敏 天上大風
聖夜来てすずらん通りの電飾樹 高澤良一 石鏡
聖夜来ぬ「聖ヴエロ二力」の目色にも 石原八束 秋風琴
聖夜来るペンキ屋ペンキだらけなり 中島斌男
聖夜来る甘蔗畑の教会に 下村梅子
聖夜来る蛸壺に闇ひとつづつ 中尾杏子
聖夜饒舌闇をこわがる子のように 対馬康子 純情
石鹸がタイルをすべりゆく聖夜 工藤克巳
赤岳の烈風なぎて聖夜なり 古賀まり子
切貼りの星の一つも聖夜待つ 後藤一朗 『雪間』
選り迷ふ菓子銀皿に聖夜くる 小川濤美子
銭落ちし音の喚び出す聖夜楽 田川飛旅子
鮮紅のサーモン切身聖夜くる 高澤良一 宿好
蘇生器音聖夜の時を刻みをり 水原春郎
早々と小児病棟聖夜の灯 松岡巨籟
窓だけの聖夜洗濯機が廻る 嶋野國夫
他に人の息遣ひなき聖夜なり 岩城久治
体重計みどり子をのせ聖夜来る 轡田 進
台詞言ふ役が子につく聖夜劇 黒坂紫陽子
大学総長らしき天使と聖夜待つ 大屋達治 龍宮
拓地教会聖夜樹吊りの鐘鳴らす 下村ひろし 西陲集
地に悪しき父ゐて聖夜さ迷へり 堀井春一郎
地下道を迷ひて出づる聖夜かな 土橋たかを
追伸のやうに雪降る聖夜かな 黛まどか
爪を感ずる握手聖夜の端なるに 熊谷愛子
締める鶏抱いて聖夜を来たりけり 花尻 万博
釘やさしく打つて聖夜の柊花輪 鈴木栄子
天界の人みな優し聖夜の灯 屋嘉部奈江
湯気あげて聖夜銀座の太鼓焼 杉本寛
灯の奥に楽鳴らしゐる聖夜かな 赤尾恵以
灯の裏に鼠ひそめて聖夜来る 伊藤京子
祷りは歌に歌は祷りに聖夜更く 下村ひろし
逃亡は受難の始め聖夜劇 都築典子
働いて来し手の組まれ聖夜ミサ 小谷伸子
猫二匹杉の根もとに聖夜来る 桜井博道 海上
熱帯の種子がはじける 聖夜の土 伊丹公子 機内楽
馬の眉間つぶさに照らす聖夜の月 磯貝碧蹄館 握手
馬小屋を薔薇もて飾る聖夜劇 下村ひろし 西陲集
背の赤子聖夜のベールにぎりしめ 吉田汀史
背を押され子は星となる聖夜劇 山崎桂
背山にて伐りし樅なり聖夜待つ 堀口星眠
百人の握手もて果つ聖夜劇 岡本一代
氷点下割りしその日の聖夜劇 高澤良一 石鏡
病む妻を見て来聖夜の灯を点す 加藤邑里
病棟に遠き国より聖夜くる 阪本 晋
舞台裏からも讃美歌聖夜劇 長田等
風がたたく屋上の土聖夜きて 桜井博道 海上
風呂敷が園児の衣装聖夜劇 西村和江
副牧師若し聖夜の劇を指揮 鉄田多津桜
頁剪りはなつをわれの聖夜とす 桂信子 黄 炎
返り焔あびるや聖夜の焙り肉 平井さち子 完流
抱きしめし児は手に余り聖夜かな 加藤英津子
抱擁も台詞のひとつ聖夜劇 原 好郎
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏
摩天楼と叫びて聖夜乾杯す 殿村莵絲子 花寂び 以後
満ち潮の如き曲聴く聖夜かな 坂本多加江
明日へ残す火を埋め聖夜更くるかな 後藤一朗 『雪間』
鳴る泉雪敷く泉聖夜来ぬ 古賀まり子 緑の野
目をつむることを祈りに子の聖夜 上田日差子
夜々の星聖夜へ近し慰問劇 古賀まり子 降誕歌
耶蘇名呼び聖夜の犬を甘やかす 三好潤子
予め下手とことはり聖夜劇 高澤良一 石鏡
羊飼ぞろ~しつゝ聖夜劇 森田峠
羊飼ぞろぞろしつゝ聖夜劇 森田 峠
離陸機のゆくて聖夜のニユーヨーク 大島民郎
立つ船の見えて聖夜の松漆黒 殿村菟絲子 『繪硝子』
旅の身の着ぶくれ參ず聖夜ミサ 小原菁々子
恋敵先に来ている聖夜かな 鈴木正夫
蝋涙の一すぢならず聖夜ミサ 木内怜子
冲へ出てゆく船の灯も聖夜の灯 遠藤若狭男
囁きて聖夜にあつまるもの貧し 古舘曹人 樹下石上
橇知らぬ犬も聖夜の雪の上 村越化石 山國抄
磔像に一条の灯の差す聖夜 西野白水
薔薇園に点す一燈聖夜餐 原田青児
蹌踉と雪の聖夜の帰路にあり 牧野寥々

聖夜 補遺

ありあまる日向をイヴにつづかしめ 平畑静塔
イヴの燭黄色の皮膚つつしみ 平畑静塔
イヴの夜のサンダソニヤが傍らに 後藤比奈夫
いと暗き聖夜の燭を灯したり 清崎敏郎
ヴェール被てすぐに天使や聖夜劇 津田清子 礼拝
おのれ摶ちつつ勢ふ聖夜の噴水は 岡本眸
クリスマス・イヴのひとりの麺麭を焦がしたり 安住敦
クリスマス・イヴの暁ちかく妻を得しわが部屋 安住敦
クリスマス・イヴの酔ひ呆けし妻をとどけらる 安住敦
クリスマス・イヴの麺麭を啖らひて寝てしまふ 安住敦
クリスマス・イヴ屋根裏につねのごと 伊丹三樹彦
クリスマス・イヴ架線夫はまだ降りず 伊丹三樹彦
クリスマスイヴぎりぎりの飾りつけ 右城暮石 声と声
クリスマスイヴの橋燈青冴えて 佐藤鬼房
クリスマスイヴの月よと妻言へり 寒食 星野麥丘人
クリスマスイヴの月よと妻言へり 星野麥丘人
クリスマスイヴの七厘焚きけぶらす 右城暮石 句集外 昭和三十二年
クリスマスイヴや丸太の足場外す 右城暮石 句集外 昭和二十六年
クリスマスイヴ好きな人ふたりあり 後藤比奈夫
クリスマスイヴ同體に組む喧嘩 三橋敏雄
この子供臭さへ 聖夜劇開幕 伊丹三樹彦
ゴムの葉をくもらせ聖夜餐の湯気 鷹羽狩行
コンクリートに尿撥ね返る聖夜祭 右城暮石 声と声
タンネンの葉に蝋涙聖夜も更け 山口青邨
ちさき憎み聖夜の卓の耳飾 鷲谷七菜子 黄炎
なふぉ声せり聖夜の宙に架線工 伊丹三樹彦
ネオン明滅滅の間燃えて聖夜の星 加藤秋邨
ひと待てば聖夜の玻璃に意地もなし 桂信子 女身
フライパンなめる火の舌 聖夜さかん 伊丹三樹彦
マンホールより首・肩起す聖夜かと 赤尾兜子 蛇
やがて盗らるべき銀食器聖夜劇 山口誓子
わが家路聖夜の土管掘り起され 鷹羽狩行
何処の鐘聖夜聖刻告げゐるは 阿波野青畝
家々の聖夜を道の石だらけ 橋閒石 無刻
歌ひくく吾子ら聖夜の星つくる 能村登四郎
花のなき壺はトルソに似て聖夜 鷹羽狩行
花よりもサラダを燦と聖夜餐 鷹羽狩行
花舗の裏暗し聖夜の川流れ 岡本眸
咳に寝て聖夜の鐘のはるけさよ 鷲谷七菜子 黄炎
街は聖夜靴屋はなほも靴つくる 有馬朗人 母国拾遺
楽屋より私語のつつぬけ聖夜劇 鷹羽狩行
汽缶焚いて創る聖夜の汗の塩 上田五千石『田園』補遺
銀の箔聖夜の塵に拾ひけり 阿波野青畝
銀紙の聖鐘巨きあはれ軽く聖夜 山口青邨
玄関に洋傘聖夜じみて立つ 鷹羽狩行
古葡萄酒聖夜をすごし又古ぶ 能村登四郎
紅つけしコップを拭ひ聖夜餐 鷹羽狩行
降る雪の紙呆気なし聖夜劇 伊丹三樹彦
最も低し聖夜末子の切る十字 中村草田男
札幌のはや聖夜めく灯と別れ 鷹羽狩行
車椅子なき者は立ち聖夜唱ふ 鷹羽狩行
車椅子遊びしてゐて聖夜更け 鷹羽狩行
遮断機がふらふら降り来 聖夜の果 伊丹三樹彦
女学生の黒き靴下聖夜ゆく 桂信子 女身
上京の即日人に聖夜に会ふ 古舘曹人 能登の蛙
燭持ちて聖夜を唱ふ顎照らす 山口誓子
食後の真水聖夜の吾子等祈り初む 中村草田男
寝ねし子が咳して聖夜しづもるよ 森澄雄
寝惜しむ子聖夜は許す絵蝋燭 能村登四郎
杉の秀に星無し聖夜の夜学なる 香西照雄
杉の秀に星無し聖夜の夜学なる 香西照雄 対話
生産の灯の帯纏いた聖夜の湾 伊丹三樹彦
聖夜ここに道路工事の函ランプ 鷹羽狩行
聖夜ただ吾子あまた子にみとりの母 古沢太穂 古沢太穂句集
聖夜てんでんに第九の音合せ 鷹羽狩行
聖夜とやヒロシマ環礁実験図 中村草田男
聖夜なり懸瀑に音なかりせば 鷹羽狩行
聖夜にてぎんぎらぎんの音地獄 能村登四郎
聖夜に読む光の中に燭を点じ 香西照雄
聖夜に読む光の中に燭を点じ 香西照雄 対話
聖夜の芥犬去りしあと人跼む 岸田稚魚 負け犬
聖夜の階のぼる灯の無きフロア過ぎ 岡本眸
聖夜の伴に洗ひ熊などよからんか 桂信子「草影」以後
聖夜の風出でて野の灯を吹き消しゆく 岸田稚魚 負け犬
聖夜はや紅をおびゆく星得たり 阿波野青畝
聖夜ひとり覚む子に星は十字なせ 林翔
聖夜またたく漁り火の消ゆるころ 鷹羽狩行
聖夜ミサ首筋やはらかく祈る 鷹羽狩行
聖夜わがましろき胸を診られ臥す 鷲谷七菜子 黄炎
聖夜過ぐダストシユートに風の音 岡本眸
聖夜休まず看護婦の白き勤め 鷹羽狩行
聖夜近くクリーニング屋灯を投げて 阿波野青畝
聖夜劇イエス幼き膝を閉ぢ 鷹羽狩行
聖夜劇がらくた舞台裏に積み 鷹羽狩行
聖夜劇モーゼの杖は子に倍す 石田勝彦 雙杵
聖夜劇外套のまま離れ観る 伊丹三樹彦
聖夜劇丈より高き杖を抱き 鷹羽狩行
聖夜劇牢名主のごと半跏して 角川源義
聖夜更けぬ一酔顔へ女の愛 伊丹三樹彦
聖夜更け書斎の筒に羽根のペン 鷹羽狩行
聖夜更け眠る子へ菓子買ひに出づ 伊丹三樹彦
聖夜讃歌吾が息をもて吾る 橋本多佳子
聖夜餐スープ平らに搬び来し 山口誓子
聖夜餐太き朱蝋が点火待つ 山口誓子
聖夜唱ふ胎児は降下しつづけて 鷹羽狩行
聖夜鼠穴をキリスト許し給ふ 鷹羽狩行
聖夜天眼に沁む雪をもたらせり 上田五千石 田園
聖夜眠れり頸やはらかき幼な子は 森澄雄
聖夜霧笛去りゆくはユダかヨハネか 平井照敏 天上大風
聖夜弥撒ヴエールをつけし母とゐる 津田清子
赤鉛筆のぞく聖夜の教師の胸 能村登四郎
雪晴れて蝦夷の聖夜をただよへり 角川源義
戦後の聖夜ゲルマン白き禿顱頂 中村草田男
船笛のこだまが冷ます聖夜餐 鷹羽狩行
層見せて聖夜の菓子を切り頒つ 橋本多佳子
孫の聖夜紙雛めきて紙天使 中村草田男
太筒の亀山蝋燭聖夜の燈 山口誓子
壇降りて神父も聖夜劇の衆 伊丹三樹彦
地に浮浪クリスマス・イヴあはれ更く 伊丹三樹彦
跳ぶさまで止る聖夜の赤木馬 秋元不死男
長い間会堂を暗に聖夜劇 山口誓子
長椅子に仮眠聖夜を涜したり 鷹羽狩行
通行を遮断聖夜の道路工 鷹羽狩行
鉄蓋を除けてしんそこ聖夜なり 鷹羽狩行
鉄板の地下に働く聖夜の灯 鷹羽狩行
剥製に寸の止り木聖夜明け 鷹羽狩行
剥製に戻る海亀聖夜明け 鷹羽狩行
柊がサラダにありし聖夜餐 山口誓子
不況の聖夜雪がすぐ載る厨芥車 飴山實 おりいぶ
不況の聖夜雪がすぐ載る厨芥車 飴山實 おりいぶ
浮浪寝し宙を聖夜の黄金の橇 伊丹三樹彦
風音も劇中のもの聖夜劇 鷹羽狩行
母に掴まり出番待つ聖夜劇 鷹羽狩行
北辺の聖夜にあへる樹氷かな 飯田蛇笏 雪峡
目の力ぬいて目を閉ぢ聖夜ミサ 鷹羽狩行
遥か来し聖夜の星座澄める国 稲畑汀子
翼燈の点滅森を過ぐ聖夜 秋元不死男
流しに一つ束子ころがる聖夜にて 森澄雄
隣りあひ聖鐘を吊りレストラン聖夜 山口青邨
鈴懸の鈴も聖夜の灯が照らす 鷹羽狩行
零下青き道あり癩に聖夜来ぬ 大野林火 飛花集 昭和四十六年
煉炭に炎の小僧聖夜の楽 伊丹三樹彦
蝋燭のほのほ重たく聖夜劇 鷹羽狩行
腕時計柱時計も聖夜告ぐ 阿波野青畝
囁きて聖夜にあつまるもの貧し 古舘曹人 樹下石上
橄欖(オリーブ)油にほはすのみに聖夜の妻 能村登四郎

以上

by 575fudemakase | 2017-11-29 18:06 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

聖歌 の俳句

聖歌 の俳句

聖歌

いまだ暗き世紀に生くる吐息とも祈りは長しグレゴリオ聖歌 近藤芳美
うろ覚えの聖歌ミッションスクール出 高澤良一 素抱
グレゴリオ聖歌の坂の花林檎 石原八束
グレゴリオ聖歌涼しき無伴奏 野見山ひふみ
はや聖歌ながす神戸の毛皮店 大島民郎
ひとすぢの声麗はしき聖歌かな 松岡 潔
椅子ごとに置く聖歌集金木犀 宮脇白夜
枯木星この世の聖歌起りけり 木下夕爾
神を讃ふ寒夜五人の聖歌隊 田川飛旅子
聖歌果てし街は汽笛の雪こだま 加藤知世子 花寂び
聖歌飢を打ちては戻る松の花 加藤知世子 黄 炎
聖歌隊悪人面もをりにけり 西村和子 夏帽子
聖歌隊一斉に立つ死ぬごとく 小川双々子
聖歌隊解かれて処女柿噛る 津田清子 礼 拝
聖歌隊解かれて處女柿噛る 津田清子
聖歌隊吾子を交へて息白し 冨田みのる
聖歌隊青芭蕉群照らし過ぐ 大澤ひろし
聖歌隊息の露けくみな若し 内藤吐天 鳴海抄
聖歌隊霧滲む灯をひとつづつ 堀口星眠 営巣期
聖歌中勇気もて炉の灰おとす 津田清子
聖歌中勇気もて爐の灰おとす 津田清子
聖歌流す盲導鈴に山眠る 三浦妃代 『花野に佇つ』
聖歌彌撒に汝が声を聴く秋冷か 内藤吐天 鳴海抄
聖夜には聖歌一路をたどりつつ 友岡子郷 春隣
青畝忌の街に聖歌の流れけり 由木みのる
冬菊や隣へ慰問聖歌隊 石田波郷
風花に聖歌まぎるる濤の町 河内静魚
緑さす階聖歌隊昇らしめ 石田波郷「春嵐」
涸れ河へ白木蓮の聖歌隊 田川飛旅子

聖歌 補遺

カード漁りの 眼差は祖母 聖歌月 伊丹三樹彦
しまひおく数珠と聖歌集冬日影 山口青邨
夏爐焚き公教聖歌の樂流る 及川貞 夕焼
街は聖歌ばかり メタセコの枯れ円錐 伊丹三樹彦
寒暮来て階梯険しき聖歌楼 山口誓子
汗の雀斑少年聖歌隊解かれ 橋本多佳子
寄生木の実は霧の精 聖歌季節 伊丹三樹彦
梱包に雪載る運河聖歌隊 飴山實 おりいぶ
梱苞に雪載る運河聖歌隊 飴山實 おりいぶ
手燭澄む聖歌乙女の眼鏡の中 伊丹三樹彦
秋風や岩に置くべき聖歌集 平畑静塔
床碑は踏ませ 聖歌隊席灯す高さ 伊丹三樹彦
人の後に吾子悴まず聖歌隊 能村登四郎
聖歌おのずから高調 指環交す 伊丹三樹彦
聖歌五百四十六番聖体すすむ 山口青邨
聖歌従唱すかくしに迂闊の数珠 伊丹三樹彦
聖歌隊解かれて処女柿噛る 津田清子 礼拝
聖歌隊解散 松葉杖の音も 伊丹三樹彦
聖歌隊並みて素木の階きしむ 能村登四郎
聖歌中勇気もて炉の灰おとす 津田清子 礼拝
聖歌反響 反響 はだし少女もいる 伊丹三樹彦
喪の聖歌三度び外套措きて起つ 伊丹三樹彦
提灯に浮び黒凍む聖歌隊 大野林火 飛花集 昭和四十六年
冬菊や隣へ慰間聖歌隊 石田波郷
冬薔薇の棘に余韻の聖歌なほ 鷹羽狩行
日曜は明日 聖歌への声溜める 伊丹三樹彦
白き寒き一紙片掌に喪の聖歌 伊丹三樹彦
服黒き聖歌隊に吾子入るるなり 能村登四郎
裸木の雨露にも虹影 聖歌月 伊丹三樹彦
雷雨去り聖歌しづかなりつづく 橋本多佳子

以上



by 575fudemakase | 2017-11-29 18:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

聖樹 の俳句

聖樹 の俳句

聖樹

ある窓の聖樹の影も港町 福田蓼汀 秋風挽歌
エレベーターの二人聖樹をかけのぼる 加藤貞子
おでん喰ふ聖樹に遠き檻の中 角川春樹
オペ了へし担送車触れ聖樹鳴る 中戸川朝人
おもちゃ屋の聖樹ちゃかぴか景気付け 高澤良一 宿好
かくれ逢ふ聖樹のかげよエホバゆるせ 稲垣きくの
きざはしによべの聖樹の星ひろふ 能村登四郎 咀嚼音
クリスマスツリーにふれて炭運ぶ 菖蒲あや 路 地
クリスマスツリーに愛の雪の家 松瀬青々
クリスマスツリーに光る星の精 渡辺寿栄子
クリスマスツリーに集ふ点滴台 南 桂介
クリスマスツリーに星を先づ飾り 高木晴子 晴子句集
クリスマスツリーのともし残し寝る 稲畑汀子
クリスマスツリーの下のブルドッグ 大木あまり 火球
クリスマスツリーの端に家が見え 星野 高士
クリスマスツリーはや調うて夜は灯す 小澤碧童 碧童句集
クリスマスツリーは逆さまだと思う 五島高資
クリスマスツリー家中が玩具箱 三苫知夫
クリスマスツリー飾りて茶房閑 翁長恭子
クリスマスツリー造花も進歩して 高澤良一 暮津
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
クリスマスツリー点りて癒え初むる 佐藤信子
クリスマスツリー電飾シンプルに 高澤良一 石鏡
これは飾りこれは売物聖樹なる 高澤良一 石鏡
シーサイド・マリーナ聖樹の辺のディト 高澤良一 素抱
ジャスト五時聖樹点灯のダムサイト 佐藤磯子
スコールのあと運ばるる聖樹かな 明隅礼子
そのうち皆聖樹に伊勢佐木町の木々 高澤良一 石鏡
つつましき百円シヨップの聖樹かな 臼井美子
てつぺんの星のゆがめる聖樹かな 行方克己 昆虫記
バイトの子待ちて点りし聖樹かな 古川俊六
はやばやと聖樹灯して子を持たず 大嶋洋子
ベビーシヨツプ聖樹灯して開店す 栗山妙子
まだ日隔くに聖樹を灯し病む人ら 古沢太穂 古沢太穂句集
マッチ売る少女の点けし聖樹かも ふけとしこ 鎌の刃
やすやすと立ちて根のなき聖樹かな 菖蒲あや
安否まづ嗅ぎ合ふ白狗聖樹の下 香西照雄 素心
駅前の木のそこかしこ聖樹の灯 高澤良一 燕音
駅前の木の五、六本聖樹とし 高澤良一 石鏡
煙霧濃き聖樹担がれビルに入る 殿村莵絲子 牡 丹
嫁ぐときゝ聖樹の前も語り過ぐ 殿村菟絲子 『繪硝子』
格子戸に聖樹の似合ふ世なりけり 野村仙水
学士会聖樹をともす吾等粗餐 山口青邨
基督に肖る気なき聖樹かな 藤田湘子 てんてん
幾たびも使へる聖樹飾り立て 高澤良一 宿好
祈りもて聖樹に見えぬもの加ふ 田川飛旅子 『使徒の眼』
偽善者の如銀行の聖樹かな 西村和子 夏帽子
銀座らしきミキモトらしき聖樹かな 萩谷幸子
空の星聖樹の星と光り合ふ 福川悠子
語彙すべて出払つてをる夜の聖樹 櫂未知子 蒙古斑
行きずりに聖樹の星を裏返す 三好潤子
今年また島の聖樹は椿の木 朝倉和江
妻待つや灯がなだれ点く大聖樹 奈良文夫
三味線抱き聖樹の下を通りけり 仲里八州子
姉らしく聖樹を飾る爪立ちて 鈴木貞雄
指弾して聖樹の銀の鐘鳴らず 山口誓子 紅日
枝深きにもまたゝきて聖樹の灯 小路生雅
自動ドア開くたびにクリスマスツリー在る 阪倉研伍
七面鳥皿にひともり聖樹航く 橋本多佳子
手づくりの聖樹華やぐ小児棟 金城百合子
巡回の灯の輪を遠くから聖樹ヘ 田川飛旅子
助っ人に聖樹歳末商店街 高澤良一 石鏡
飾りなき樅の聖樹をまぶしめり 仙田洋子 雲は王冠
植木屋のグラスファイバー聖樹かな 高澤良一 石鏡
寝てる間も聖樹点滅怠たらず 塩川雄三
人混みに聖樹微かに匂ひ立つ 西村和子 夏帽子
世は進み飾る聖樹は新素材(グラスファイバー) 高澤良一 石鏡
聖樹くぐりて産院の車椅子 長田等
聖樹たつ喫茶ガールは離れ佇つ 高濱年尾 年尾句集
聖樹ともして彩やわらかき毛糸編む 浜 芳女
聖樹ともり大丸の窗冬ぐもる 飯田蛇笏 雪峡
聖樹にて星より高き鐘があり 二川のぼる
聖樹にも誤爆写真の子供の眼 松浦敬親
聖樹にも灯らぬ側の暗さあり 竹中碧水史
聖樹に根なし炭屋地べたに炭をひく 菖蒲あや 路 地
聖樹に飾る首級一つを調達せよ 宮崎二健
聖樹に灯フオークの先に帆立貝 山田弘子 螢川
聖樹に燈最も篤信祖母ぎみは 及川貞 夕焼
聖樹の種証(あか)せば発光ダイオード 高澤良一 素抱
聖樹の土乾き乾きて深夜なり 小川双々子
聖樹の灯そのまま町の灯湾の別れ 平井さち子 完流
聖樹の灯わがまばたけばともにまた 加倉井秋を 午後の窓
聖樹の灯音あるごとく点滅す 木村利子
聖樹の灯心斎橋の灯の中に 石原八束
聖樹はや十一月のレストラン 大久保白村
聖樹よりなほ蒼き夜となれりけり 木下夕爾
聖樹高々闇いづこまで接収地 鍵和田[ゆう]子 未来図
聖樹除きしあとひろびろと椅子卓子 津田清子 礼 拝
聖樹雪へ積みて売る市鳩集う 田川飛旅子 花文字
聖樹置きどぶ板通りの福引所 高澤良一 石鏡
聖樹点滅考へる時間欲し 津田清子 二人称
聖樹点滅窓に陸の灯港の灯 福田蓼汀 秋風挽歌
聖樹灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏 霊芝
聖樹貧しく値切るGlの妻と子が 赤城さかえ句集
聖堂の聖樹にもあり裏表 品川鈴子
逝きし娘に聖樹またたきやまざりし 石川星水女
切れし糸つなぎて飾る聖樹かな 岡田守生
雪かゝる聖樹の憲に驢馬の鈴 飯田蛇笏 霊芝
雪のせてクリスマスツリー出来上り 高木晴子 晴子句集
掃除機に聖樹の星のつまりけり 神谷美枝子
相撲部屋小さき聖樹の灯りたる 鈴木綾子
窓越しに騒ぐ聖樹となれぬ木々 片山由美子 天弓
待ち合はすその眼に聖樹とハチ公と 高澤良一 石鏡
大聖樹より現れしベルボーイ 岩垣子鹿
卓上の聖樹に雪のまだ降らず 池田富美子
鳥料理聖樹に触れて運ばるる 千原 叡子
辻更くるこぼれて青き聖樹屑 小池文子 巴里蕭条
点滅し聖樹はいつも暮れてをり 下村福
点滅は聖樹の言葉クリスマス 山崎みのる
電源を切りて聖樹の灯をも悄す 津田清子
電源を切りて聖樹の燈をも消す 津田清子 礼 拝
電飾の聖樹のともる夜の川 魚井イチエ
凍天や無灯の聖樹残しけり 対馬康子 吾亦紅
湯にかよふシベリア廊下聖樹たつ 角川源義 『西行の日』
灯ともして聖樹はくらき木なりけり 関戸靖子
縄飛びにウインド聖樹燈をとどかす 中戸川朝人 残心
日本語は胸にひわれつ聖樹飾る 小池文子 巴里蕭条
猫の目に縦に棲みたる聖樹の灯 田川飛旅子 『薄荷』
廃兵と聖樹棄てられ街光る 田川飛旅子 『山法師』
背伸びして聖樹に星を飾りけり 西村和子 夏帽子
白動車を降りて聖樹へ扉一重 横山白虹
伐り口のにほへる聖樹ならべ売る 加藤三七子
伐り倒されクリスマスツリーたらむとす 加倉井秋を 午後の窓
美容室せまくてクリスマスツリー 下田実花
氷柱にも聖樹あかりのとどく街 山田弘子 こぶし坂
表裏なき聖樹どこにも燈がともる 山口波津女
病人の尿を聖樹の蔭に置く 品川鈴子
病棟に聖樹小さき灯を点す 稲垣一雄
夫と別るる駅へ聖樹の数減りゆく 平井さち子 完流
夫の帰り遅き聖樹を飾りけり 倉田素香
毎年のことよ聖樹の新趣向 高澤良一 石鏡
明滅のなき一つ灯の聖樹かな 高浜年尾
明滅の聖樹に給ふ詩もなし 黒田櫻の園
踊りたく聖樹のかげに来てをりぬ 原田青児
玻璃のうち曇らせ聖樹外にひさぐ 木村蕪城 寒泉
霙くるマンハッタンの聖樹の灯 仙田洋子 雲は王冠

聖樹 補遺

ある窓の聖樹の影も港町 福田蓼汀 秋風挽歌
きざはしによべの聖樹の星ひろふ 能村登四郎
くすりやの聖樹見てより道闇く 山口青邨
クリスマス・ツリーの星が雪の中 鷹羽狩行
クリスマス・ツリーの雪を別に買ふ 鷹羽狩行
クリスマスツリーに関はりなき身なり 桂信子 草影
クリスマスツリーの昼の埃かな 清崎敏郎
クリスマスツリーぶらさがる何々ぞ 日野草城
クリスマスツリー寒波を欲しがれり 百合山羽公 樂土
クリスマスツリー地階へ運び入れ 中村汀女
ことのはは終りぬ聖樹灯りけり 中村草田男
この聖樹銀の大鐘ばかり吊る 山口誓子
ずり落ちず聖樹に積みし綿雪は 山口誓子
なつかしの夕日を待てり大聖樹 平畑静塔
ホテルの聖樹梢には金の星 山口誓子
ホテルの聖樹覗きし鈴に玉は無し 山口誓子
ホテル広場電飾のみの大聖樹 山口誓子
まだ日隔くに聖樹を灯し病む人ら 古沢太穂 古沢太穂句集
やはらかく聖樹の雪を包み売る 後藤比奈夫
レストラン綿で聖樹の雪増やす 山口誓子
安否まづ嗅ぎ合ふ白狗聖樹の下 香西照雄 素心
外套にふれクリスマスツリーかな 清崎敏郎
学士会聖樹をともす吾等粗餐 山口青邨
基督に肖る気なき聖樹かな 藤田湘子 てんてん
菊の間に聖樹とならむ鉢の樅 能村登四郎
金銀の聖樹駐在所に飾る 山口誓子
銀の紐聖樹に銀の鐘を吊る 山口誓子
靴よりも馴鹿(となかい)小さし豆聖樹 百合山羽公 樂土以後
軍章の形聖樹の銀の星 山口誓子
見てならぬ裡見ゆ聖樹の鐘傾ぎ 山口誓子
倖せな父子と見られて聖樹に酌む 能村登四郎
紅き燈に聖樹の雪が紅くなる 山口誓子
紅苺聖樹に点る紅電球 山口誓子
高熱の指に聖樹の雪つまむ 鷹羽狩行
指弾して聖樹の銀の鐘鳴らず 山口誓子
試歩の杖聖樹に凭せたるは誰ぞ 鷹羽狩行
時をりに夜風は強し聖樹市 中村汀女
樹間染め隣病舎の聖樹の灯 石田波郷
剰りたる雪を聖樹の下に置く 山口誓子
精神科広間に聖樹常夜燈 平畑静塔
精神科聖樹に語るにも独語 平畑静塔
聖樹うち眺む都会の駅に降り 伊丹三樹彦
聖樹こそ遠く惨なる定点に 平畑静塔
聖樹とて癩画の樅信徒囲む 大野林火 飛花集 昭和四十六年
聖樹ともり大丸の窗冬ぐもる 飯田蛇笏 雪峡
聖樹にて五角の星を光らせる 山口誓子
聖樹にて終始点れる燈はあらず 山口誓子
聖樹にて雪青くなり紅くなり 山口誓子
聖樹にて鳴ることもなき銀の鐘 山口誓子
聖樹にて樅の木のみがまことのもの 山口誓子
聖樹には大き過ぎたる星と鐘 山口誓子
聖樹には綿をこんもり積もらしめ 山口誓子
聖樹に触れ一気に離る担送車 能村登四郎
聖樹に燈最も篤信祖母ぎみは 及川貞 夕焼
聖樹の鐘穴をこちらに向ける鐘 山口誓子
聖樹の雪落ちしを別の葉に載せる 山口誓子
聖樹の燈紅き燈のみがあればよし 山口誓子
聖樹の燈梢に点る北極星 山口誓子
聖樹の燈雪を冠りて点滅す 山口誓子
聖樹の燈騒然として点滅す 山口誓子
聖樹の燈中に点滅せぬ燈あり 山口誓子
聖樹までやつと自力の車椅子 鷹羽狩行
聖樹より垂れる扁たき銀の星 山口誓子
聖樹より垂れゐる小さき教会堂 山口誓子
聖樹寒し職安の列はや散りて 岸田稚魚 負け犬
聖樹除きしあとひろびろと椅子卓子 津田清子 礼拝
聖樹選ぶその空間を描きつつ 鷹羽狩行
聖樹点滅窓に陸の灯港の灯 福田蓼汀 秋風挽歌
聖樹灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏 春蘭
聖樹灯り水のごとくに月夜かな 飯田蛇笏 霊芝
聖誕快楽 冷房ホテルに聖樹点り 伊丹三樹彦
赤が黄を黄が青を呼ぶ灯の聖樹 鷹羽狩行
雪かかり星かがやける聖樹かな 山口青邨
雪かゝる聖樹の憲に驢馬の鈴 飯田蛇笏 霊芝
雪を積む聖樹の銀の吊鐘も 山口誓子
繊維まで見える聖樹の綿の雪 山口誓子
素はだしの男聖樹に寄らむとす 平畑静塔
太陽の通る天窓下に聖樹 鷹羽狩行
大き鐘聖樹のバランスを破る 山口誓子
大の字の星を聖樹の先端に 山口誓子
地下迷路きて選る飾りなき聖樹 鷹羽狩行
昼間よりなどか聖樹はけばけばし 平畑静塔
天界を篩はれしもの聖樹星 鷹羽狩行
電源に聖樹を点すコード挿す 山口誓子
電源を切りて聖樹の灯をも消す 津田清子 礼拝
湯にかよふシベリア廊下聖樹たつ 角川源義
燈ばかりの聖樹ホテルの前に立つ 山口誓子
日が上るまで精神科の盲聖樹 平畑静塔
表裏なくかがやく精神科の聖樹 平畑静塔
病院の聖樹金銀モール垂る 山口誓子
風が打つ荒壁ともり子の聖樹 佐藤鬼房
風船をくれるを待てり聖樹蔭 能村登四郎
抱かめと寄りそふ精神科の聖樹 平畑静塔
明星が点る聖樹のてつぺんに 山口誓子
螺旋階のぼる聖樹を見下しに 鷹羽狩行
立ち通す聖樹が精神科のすくひ 平畑静塔
六つの華聖樹の雪の結晶は 山口誓子
煖炉に立つ大雪を積む聖樹 山口誓子
玻璃のうち曇らせ聖樹外にひさぐ 木村蕪城 寒泉

以上

by 575fudemakase | 2017-11-29 18:02 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

聖菓 の俳句

聖菓 の俳句

聖菓

あれを買ひこれを買ひクリスマスケーキ買ふ 三村純也
いくたびか刃が通る聖菓の中心 津田清子
いくたびも刃が通る聖菓の中心 津田清子
クリスマスケーキにも灯が殺到す 和知喜八 同齢
チロルの村抜ける聖菓を切るように 岡島禮子
ナイフなほ聖菓の中に動きをり 山口波津女
ひとひらの花瓣のごとく聖菓享く 立原修志
まづしき母幾人とほる聖菓の前 柴田白葉女 花寂び 以後
一切れは仏に聖菓等分す 柴田奈美
家計簿にはさむ聖菓の予約票 大島民郎
栗鼠のごとし聖菓包装する指は 辻田克巳
君を消し得るか聖菓の燭を吹く 三好潤子
健やかな一ト息に消す聖菓の灯 大石昌代 『清見潟』
山は雪ならむ深々聖菓切る 百合山羽公 寒雁
子が無くて聖菓のリボン夫が解く 品川鈴子
小窓より覗く聖菓の家の中 辻田克巳
場末の灯たばこを買へば聖菓あり 百合山羽公 故園
深夜ミサより戻り来て聖菓切る 山内しげ子
水平を持して聖菓をもち帰る 池田秀水
聖菓のてっぺん 舐めて 青春みじかすぎる 伊丹公子
聖菓のてっぺん舐めて 青春短かすぎる 伊丹公子
聖菓の円切るに家族は二人きり 品川鈴子
聖菓食ぶ部屋に白木の神の棚 品川鈴子
聖菓切るキリストのこと何も知らず 山口波津女
聖菓切るために伊勢より急き戻る 下村槐太 天涯
聖菓切るゆたかに底に刃が遠し 橋本美代子
聖菓切る刃先に子の目集つて 高木瓔子
聖菓剪るゆつくり底に刃が達し 橋本美代子
切り分けて聖菓あやふく立ちにけり 塩野典子
塔にまだ火のある聖菓刃を入れる 長田等
父と子にあまる聖菓や刃を入れて 渡辺千枝子
網棚に聖菓小揺れて夜の河 鍵和田[ゆう]子 未来図
夜を更かす聖菓の花も星も食べ 津田清子 二人称
贖罪の如き聖菓を提げ帰る 下山宏子

聖菓 補遺

いくたびも刃が通る聖菓の中心 津田清子 礼拝
クリスマスケーキこの荷厄介なもの 桂信子 晩春
クリスマスケーキのビルが灯つてる 日野草城
クリスマスケーキの薔薇は砂糖です 日野草城
クリスマスケーキ蝋燭の垣をなす 阿波野青畝
甘きもの継ぎ目をなせり聖菓切る 山口誓子
九十有二歳の吾も聖菓欲る 阿波野青畝
山は雪ならむ深々聖菓切る 百合山羽公 寒雁
子への聖菓 水平に 水平に 道草する 伊丹三樹彦
重れる聖菓の塔を解きて食ふ 山口誓子
場末の灯たばこを買へば聖菓あり 百合山羽公 故園
燭の火が聖菓の上に永く燃ゆ 山口誓子
食べんとて聖菓の燭を吹きて消す 山口誓子
精神科銘々皿に聖菓附く 平畑静塔
聖菓ありコーヒーに糖入れずとも 阿波野青畝
聖菓の燭ともせしマッチの煙尾引く 右城暮石 句集外 昭和三十年
聖菓の燭二つともせり二人のため 右城暮石 句集外 昭和三十年
聖菓より移して燭を損はず 鷹羽狩行
聖菓一つ添へてありけり患者食 星野麥丘人
聖菓一つ添へてありけり患者食 弟子 星野麥丘人
聖菓切りその一片に玉こぞる 山口青邨
聖菓切るために伊勢より急き戻る 下村槐太 天涯
聖菓塔蔵しきれずに甘露滴る 山口誓子
聖菓買ひしばらく他人と歩を合はす 岡本眸
窓ありて聖菓の家の真暗がり 秋元不死男
天井に聖菓の甘き火が映る 鷹羽狩行
燃えつくす小蝋燭聖菓いまぞ切る 山口青邨
網棚のクリスマスケーキやや斜め 草間時彦
夜を更かす聖菓の花も星も食べ 津田清子
蝋涙したたるなかれ聖菓の上 山口青邨
蝋涙をあやまつ聖菓塔上に 鷹羽狩行
蝋涙を聖菓にとどめ異教の徒 鷹羽狩行
睨み鯛めきゐしクリスマスケーキ 後藤比奈夫

以上


by 575fudemakase | 2017-11-29 18:00 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

屛風 の俳句

屛風 の俳句

屛風

*こおろぎや一夜宿せし歯朶屏風 白雄
あかあかと屏風の裾の忘れもの 波多野爽波
あはあはと日の没したり金屏風 中西夕紀
アルプスを衝立として夏の湖 関森勝夫
いくたりか亡き句屏風の初茜 西村公鳳
いつもする枕屏風の安らかに 遠藤梧逸
うぐひすや螺鈿古りたる小衝立 久女(京都白川荘)
うすらひのとけゆく無双銀屏風 加藤耕子
カピタンの顔白く塗る屏風かな 由山滋子
かりがねの空ひきよせる鬼屏風 堺 信子
くらがりに七賢人の屏風かな 山口誓子
くらがりの屏風はいつも虎の居る 鳥海むねき
ここにゐる誰もが読めぬ屏風の字 山口昭男
このうしろ禍福のせめぐ屏風かな 宮武寒々 朱卓
この屏風たためば年も新なり 渡辺あらた
こもり居の妻の内気や金屏風 飯田蛇笏 山廬集
しめやかに起居見らるる屏風かな 吉武月二郎句集
すき焼や屏風絵の川流れゐて 池田秀水
それなりに屏風に影や豆雛 深見けん二 日月
それよりは家宝となりし金屏風 京極昭子
たゝまれし屏風の傍の黄水仙 上村占魚 鮎
たたみたる屏風の裏の雲母かな 片山由美子 風待月
たはれめの彦根屏風の絵にも萩 森澄雄
ちりかゝるむしろ屏風のもみち哉 散紅葉もみち<木+色> 正岡子規
ところどころつゝじ咲く也屏風岩 つつじ 正岡子規
なきがらに立てて屏風の山河かな 土屋秀穂
なきがらや光ひしひしと銀屏風 斉藤夏風
はしか子に古りし屏風をとり出だし 京極杞陽
はしか子に立てし屏風の南畫かな 京極杞陽
はせ川の河童屏風の雨月かな 竜岡 晋
ははそはの習はれし絵の屏風かな 後藤夜半 底紅
ビイドロの大衝立や夏座敷 会津八一
ひつそりと枇杷を食ひをる屏風かな 岸本尚毅 舜
ひらきゆく屏風に遊女現はるる 下村 梅子
ひんやりと屏風祭の二階かな 細川加賀
ふるさとや屏風へだてて舸子と寝る 木村蕪城
まつりの日屏風合の判者かな 炭 太祇 太祇句選後篇
みじか夜や枕にちかき銀屏風 蕪村 夏之部 ■ 雲裡房に橋立に別る
みなづきの何も描かぬ銀屏風 黒田杏子 花下草上
やうやくに座のあたたまる屏風かな 飯田蛇笏 山廬集
やはらなる風のゆきゝや葭屏風 堀谷 鋭子
わが書屋句屏風半双あれば足る 小田尚輝
をし鳥や廣間に寒き銀屏風 鴛鴦 正岡子規
安居寺大衝立の奥知らず 今村泗水
遺言は句屏風逆さに立てぬこと 京極杞陽
井戸の辺をすり抜け屏風運ばるる 波多野爽波 『骰子』
一声や屏風倒れて子規 時鳥 正岡子規
一双の秘蔵と見ゆる屏風かな 後藤夜半 底紅
一双の蕪村の屏風拝しけり 海老沢 貞子
一双の片方くらし金屏風 高浜虚子
一度見てそののち遠き屏風かな 橋本鶏二
一燈の世襲の闇の金屏風 森田雄
一瞥の屏風の朝臣がふりむきぬ 福田葉子
一枚の波屏風立ち磯焚火 上野泰
一雙の屏風の源氏物語 高橋淡路女 梶の葉
引きまはす襖の外も稲屏風 立花北枝
宇治に来て屏風に似たる茶つみかな 上島鬼貫
雨の雁ひとり屏風の月を見る 雁 正岡子規
瓜の花屏風の如き雨通る 辻桃子
瓜小屋や莚屏風に二間あり 村上鬼城
運ばむと四枚屏風に抱きつきぬ 後藤綾子
運ばるる屏風に闇のしたがひぬ 石田郷子
運ぶ人見えず屏風の這入りきし 細谷ふみを
影といふものの滲みつく屏風かな 長谷川櫂 天球
奥の間へ祭屏風の松つづき 皆吉爽雨
襖の絵より目を移す屏風の絵 後藤夜半
襖古り屏風古りけり花の宿 大峯あきら 宇宙塵
何ひとつ箸を付けざる葭屏風 中原道夫
夏山に対ふ衝立どかとあり 遠藤梧逸
夏山は寝覚の枕屏風かな 宗因「境海草」
河豚の座の屏風にふかき疵一つ 皆吉爽雨
河豚食ひし顔が屏風の上にのる 井沢正江
花嫁の輝くときの金屏風 今井千鶴子
花過ぎて秋の気もする銀屏風 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
花寂びて日月山水屏風かな 長谷川櫂 古志
蚊をとらふ眼が金屏の剥落に 古舘曹人 能登の蛙
会話にも屏風立てられをりにけり 稲畑廣太郎
海に入る日をこころとし屏風書く 宇佐美魚目 天地存問
海暗くなる金屏風立ち続け 永末恵子
海鼠噛む音しくしくと古屏風 鈴木鷹夫 大津絵
絵屏風に入つてみたき誕生日 浦川聡子
絵屏風に比叡三千坊納む 梶田ふじ子
絵屏風のむかう知つたる顔をして 大石悦子 聞香
絵屏風のわが世になりて古びたる 後藤夜半
絵屏風の山へ逃げゆく道細し 大石雄鬼
絵屏風の死際までも演技して 田浪富布
絵屏風の女を恋ひてかなしけれ 小貝一夢
絵屏風の中も雪降る加賀泊 橋本栄治
絵屏風の鶴の目つきが気になりぬ 夏井いつき
絵屏風の倒れかゝりし火桶かな 子規
絵屏風の年惜めよと展く四季 亀井糸游
絵屏風の撫子赤し子を憶ふ 撫子 正岡子規
絵屏風の名所尽しに遊ぶのみ 真下喜太郎
絵屏風の遊女は遊女いくら見ても 後藤比奈夫 めんない千鳥
絵屏風の洛中に入るさくらかな 神崎忠
絵屏風の龍虎発止と火花散る 邑上キヨノ
絵屏風や病後なごりの二三日 飯田蛇笏 山廬集
貝寄風をここに集めて屏風岩 檜 紀代
垣間見や屏風ものめく家の内 飯田蛇笏 山廬集
覚めてまた今日ある枕屏風かな 中山碧城
割床や屏風の裏に明易き 明け易し 正岡子規
鎌倉の駅を下りたる屏風売 西本一都
甘蔗ばなの影をさばくか石屏風 鳥居おさむ
岩つばめ湧かせ朝日の屏風岩 奈良文夫
岩屏風衿まだ固き水芭蕉 加藤耕子
貴船茶屋屋根も屏風もみな葭簀 岩崎三栄
起き臥しのすこし恙や葭屏風 大橋杣男
起居する灯のふためける屏風かな 吉武月二郎句集
祇園会や飾り屏風も巡行図 南光翠峰
義士屏風女の嗚咽えがかれず 上田フサ子
桔梗活けて屏風は狩野の繋馬 桔梗 正岡子規
汲み置きの水衰ふる屏風かな 山西雅子
居(すえ)風呂や屏風すわらぬ庭の隅 巴流 俳諧撰集「藤の実」
居籠や屏風の裾の筆硯 清原枴童 枴童句集
虚子屏風前に主客の白地かな 井上雪
凶事に金泥尽す屏風かな 大石悦子
曲水を繞らす雛の屏風かな 尾崎紅葉
金泥の無地の衝立春寒し 松藤夏山 夏山句集
金剥落秋冷まとひ屏風の虎 鍵和田[ゆう]子 未来図
金屏にともし火の濃きところかな 高浜虚子
金屏にものの翳ある寒さかな 武藤紀子
金屏にもんぺの新婦鼓のごとく 宮武寒々 朱卓
金屏にわたる虫ある牡丹かな 岡本松浜 白菊
金屏に雨吹きいるる野分かな 蓼太
金屏に宮様虚子を語らるる 星野椿
金屏に君が五木の子守唄 京極杞陽
金屏に袈裟ちかぢかと燭もゆる 飯田蛇笏 春蘭
金屏に人日の目見ず寒牡丹 岡本松浜 白菊
金屏に惜しみなき火の映りつつ 下村槐太 天涯
金屏に惜みなき火のうつりつつ 下村槐太 光背
金屏に昼を灯す雛の店 野見山ひふみ
金屏に灯火の影あるばかり 本田あふひ
金屏に旅して冬を籠る夜ぞ 加舎白雄
金屏のうしろのひとのゆききかな 橋本鶏二 年輪
金屏のかくやくとしてぼたんかな 蕪村「新花摘」
金屏のさかさに夜ごろ燭ともる 飯田蛇笏 春蘭
金屏の金くろずめり山桜 茨木和生 野迫川
金屏の金の剥落山桜 齋藤愼爾
金屏の金ンを放てる虚空かな 上野泰
金屏の金痩せにけり秋の風 小川軽舟
金屏の空の如くに翳りけり 上野泰
金屏の隅に追儺のこぼれ豆 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
金屏の虎が睨んでゐるところ 長谷川櫂 虚空
金屏の松の古さよ冬籠り 松尾芭蕉
金屏の松もふるさよ冬籠 芭蕉 芭蕉庵小文庫
金屏の畳んでありし寒さかな 大石悦子 聞香
金屏の羅は誰があきのかぜ 蕪村
金屏の裏に孵りてまだ飛ばず 中原道夫
金屏の裡の泊りに父の夢 木村蕪城
金屏や寒風描きあるごとく 長谷川櫂 虚空
金屏や刺繍屏風や亀城館 高野素十
金屏や晶子百首をちらしたる 土山紫牛
金屏や父の世に古りいまに古り 上田五千石 風景
金屏風わが生ぶ声の返りくる 岩淵喜代子 螢袋に灯をともす
金屏風何とすばやくたたむこと 飯島晴子(1921-2000)
金屏風何んとすばやくたたむこと 飯島晴子
金屏風傾城こもる秋の暮 秋の暮 正岡子規
金屏風松茸鍋にくもりけり 山田弘子
金屏風立てしがごとく焚火かな 川端茅舎
銀屏にとびつくごとく灯ともりぬ 上村占魚 『球磨』
銀屏に葵の花や社家の庭 野坡「小柑子」
銀屏に今はも心定まりぬ 星野立子
銀屏に今は心も定まりぬ 星野立子
銀屏に今日はも心定まりぬ 星野立子
銀屏に淡し愛子の柩影 伊藤柏翠
銀屏に燃ゆるが如き牡丹哉 牡丹 正岡子規
銀屏に萩を焚く火や光悦寺 橋本鶏二 年輪
銀屏に蕪村の打てる凍み米点 高澤良一 随笑
銀屏に魍魎あそぶ冬燈 富安風生
銀屏の銀の老い行くめでたさよ 池上浩山人
銀屏の古鏡の如く曇りけり 高浜虚子
銀屏の夕べ明りにひそとゐし 杉田久女
銀屏や崩れんとする白牡丹 牡丹 正岡子規
銀屏風にうつす緑や青葉山 盧元
銀屏風紅葉の風に立揺らぎ 京極杞陽 くくたち下巻
銀屏風無月ときめて直しけり 野村喜舟
銀屏風立てし残暑の月夜かな 尾崎紅葉
句を作る屏風の陰や年忘 山口青邨
句屏風の虚子に親しむ一日得し 丸川越司
駒鳥や霧吹きかへす屏風岩 豊長みのる
靴はいてから屏風絵を今一度 波多野爽波 『骰子』
傾城の昼寝はあつし金屏風 昼寝 正岡子規
傾城は屏風の萩に旅寐哉 萩 正岡子規
鶏の目のまはり雪降る金屏風 あざ蓉子
隙間風屏風の山河からも来る 鷹羽狩行
月花のあそびを描く屏風かな 小路智壽子
月蝕のしづかにすすむ金屏風 遠山陽子
月落ちて雲の屏風を星の閨 七夕 正岡子規
見馴れたる物静かなる屏風かな 後藤夜半 底紅
元日の日を満面に屏風巌 関森勝夫
元日やむしろ屏風に梅のかげ 元日 正岡子規
源氏物語の絵屏風立てて新年会 春日井智恵子
源氏屏風に追儺の物の音しける 長谷川かな女 雨 月
古き代の胡粉真白き屏風かな 阿波野青畝
古屏風の金泥淑気はた寒気 鈴木鷹夫
古屏風の潮汲ひとりうしろむき 宇佐美魚目 天地存問
古屏風の剥落とどむべくもなし 松本たかし
古屏風破れしあたりに桃源郷 飯島士朗
枯どぐい海鳴り返す崖屏風 山岸巨狼
虎尾草や鐘掛岸は屏風立ち 本田一杉
五月雨や色紙はげたる古屏風 斯波園女
光琳の金屏の前に祝はれし 石川 梨代
光琳の屏風の梅の香なりけり 細川加賀
公家町や春物深き金屏風 召波
向きかへてふたゝび眠る屏風かな 久保田万太郎 草の丈
紅花の船出を描く屏風かな 小林松代
黒田屏風鬨の声こめ描かれゐる 大橋敦子
今消ゆる夕日をどつと屏風かな 山口青邨
座敷わらし消えて屏風の残りけり 中嶋秀子
冴え返る屏風の銀や霽月忌 三由孝太郎
桜餅置けばなくなる屏風かな 岸本尚毅
三方の山を屏風に輪中秋 関森勝夫
山ざくらまことに白き屏風かな 山口青邨
山と水花と鳥ある屏風かな 後藤夜半
山はまだ知らぬ屏風の紅葉哉 乙由 (百地氏宅)
山靴を脱ぎ金屏の間にとほる 石川桂郎 高蘆
山桜活く玄関の板屏風 茨木和生 遠つ川
山宿の絵屏風なじむ泊りかな 新田千鶴子
山茶花の垣湖の衝立に 山口誓子
山脈のすそが崩れて金屏風 南村健治
山屏風かりがね寒き闇囲ひ 鳥越すみこ
子規選句稿を貼りたる屏風かな 茨木和生 倭
糸繰りの枠積む露地や屏風祭 小笠原貞子(耕)
紙雛に倒れ易くて金屏風 高澤良一 素抱
寺町の奥に秘蔵の屏風かな 平野美子
時雨来と屏風の歌仙隠りけり 阿波野青畝
時鳥鳴くや局の銀屏風 時鳥 正岡子規
次の間へ鈴虫籠を袖屏風 竹腰千恵子 『和景』
鹿の絵の屏風を立てて茶店かな 下村梅子
借りて来し屏風に馴れて住みなれて 上野 章子
借りものといへどめでたし金屏風 森川暁水 黴
手をひかれ屏風見あるく祭かな 大橋櫻坡子 雨月
狩衣をかけて日永し金屏風 日永 正岡子規
受賞者は花束を見ず金屏風 鈴木鷹夫 千年
秀頼の手といふ歌の屏風あり 下村梅子
秋光をさへぎる銀の屏風かな 前田普羅 新訂普羅句集
秋晴や屏風開きに八ヶ岳 岡田日郎
秋風のわたる六曲屏風かな 宇多喜代子
秋風の屏風の蔭の産湯かな 野村喜舟 小石川
秋風や筆みな動く筆屏風 会津八一
舟遊び屏風の如く島ひらき 上野泰 春潮
十三夜炉辺をへだつる小衝立 木村蕪城 一位
祝言の金屏梅に触れにけり 橋本鶏二 年輪
春の夜のともし火赤し金屏風 春の夜 正岡子規
春の夜や屏風の陰に物の息 春の夜 正岡子規
春の夜を屏風囲うて遊ひけり 春の夜 正岡子規
春雨やはなればなれの金屏風 許六
春寒き光琳屏風水流る 行方克己 無言劇
春暁や枕元なる歌屏風 高橋淡路女 梶の葉
春山にそむきて暗き屏風かな 菊池明雲
春山に二十四孝の屏風立つ 後藤夜半
春泥や屏風かついで高足駄 飯田蛇笏 山廬集
春灯や菊勇のかげ銀屏風に 田中冬二 俳句拾遺
春風に屏風の釘の浮いてをり 鈴木鷹夫 春の門
春望といふべし屏風一帆図 森澄雄 空艪
春立つや六枚屏風六歌仙 高浜虚子
春曉や夢の尾消ゆる屏風の絵 松根東洋城
初雪にさらりと鷹の屏風かな 才麿
初嵐衝立はたと倒れける 寺田寅彦
初屏風まへの座布団位あり 井沢正江 湖の伝説
初屏風天の橋立くりひろげ 大石悦子 百花
小屏風にかくれて寝ねし女かな 長谷川かな女
小屏風に人しはぶきす夕蚊遣 蚊遣 正岡子規
小屏風に茶を挽きかかる寒さかな 斜嶺 芭蕉庵小文庫
小屏風のうちの炬燵にくつろぎて 高濱年尾 年尾句集
小屏風の撫子見ても子を思ふ 撫子 正岡子規
少し読めて屏風の文字に待たさるる 田中英子
照明をぐんとしぼつて金屏風 河村信子
笑ふは花歌ふは鳥の屏風かな 上田五千石 琥珀
衝立に良寛の句や蕪蒸し 遠畑勝人
衝立のころびさうなる虫時雨 真山 尹
衝立のへだつ背二つ二日灸 井沢正江
衝立の遺墨の虎や仙忌 小原菁々子
衝立の奥も衝立貴船川床 梶山千鶴子
衝立の花鳥はなやか年忘れ 木国
衝立の金おとろひぬ河豚の宿 楠目橙黄子 橙圃
衝立の虎嘯はだかる写経門 塚田秋邦
衝立の向うよりこゑつつじ寺 高澤良一 暮津
衝立の向冬濤立て昏るる 中原道夫
衝立の繍ひ鳳凰も宵の春 軽部烏帽子 [しどみ]の花
衝立の達磨見まもる名刺受 小路智壽子
衝立の裏にねどこや榾の宿 橋本鶏二 年輪
衝立はしぐれてゐるか煮頃鮒 高橋龍
衝立や栗飯の香を隣なす 石川桂郎 高蘆
衝立や香水の香をその陰に 鈴木鷹夫 大津絵
象川の夜は聞ゆる屏風かな 大峯あきら
畳まれてひたと吸ひつく屏風かな 長谷川櫂
燭置けば金屏巌のごときかな 橋本鶏二 年輪
心ゆく絵紙屏風や冬籠 会津八一
新春の水かがやふや屏風松 落合水尾
真贋はともかく屏風ひらきけり 森村冬人
身に入むと立てし屏風の巡錫図 亀井糸游
身勝手を言ひそばめたる屏風かな 廣江八重櫻
人の世のうつりかはりし屏風かな 鈴木綾園
人の世の屏風の陰といふところ 後藤比奈夫
須磨の宿の屏風に描く千鳥哉 千鳥 正岡子規
水音をはさむ蛍の屏風哉 蛍 正岡子規
水辺の梅を画きし屏風哉 梅 正岡子規
雛の座にかち~山の屏風かな 虚吼
雛の座にかちかち山の屏風かな 相島虚吼
雛屏風舟遊びの図なりしかな 加藤三七子
雛屏風船遊びの図なりしかな 加藤三七子
杉本家屏風祭の案内状 黒田杏子 花下草上
世にうとくなりゆく身なり歌屏風 鈴木綾園
星よ借り着簾台(れんだい)屏風残る松 調古 選集「板東太郎」
晴天に神話ぐらつく金屏風 田中幸子
西海や二人で組んで屏風売 加倉井秋を
醒めきりし丑三ッ刻の金屏風 柴田白葉女
醒めきりし丑三ツ刻の金屏風 柴田白葉女 雨 月
青垣の山たたなはる雛屏風 上田五千石
青簾銀屏よりも撥の冴え 沢木欣一
石楠花や屏風にかこむ巫女だまり 古館曹人
折目正しき屏風より隙間風 鷹羽狩行
雪の精金粉わき立たせ金屏風 永井龍男
雪起しきくべくなりし屏風かな 京極杞陽
雪止みて墨絵の屏風伊賀連山 田中義明
雪信が屏風も見えつ雛祭 高井几董
雪深き夜の金屏風照らひけり 永井龍男
雪晴に明るき百花屏風かな 森田 愛子
雪積みしけはひにしらむ屏風かな 金尾梅の門 古志の歌
浅間嶺へ夕立雲の屏風立ち 深見けん二
曾良に代へ吾が供せん初屏風 山口昭利
相馬家の奔馬屏風も深む秋 宮坂静生 春の鹿
草花の屏風をたゝむ野分哉 也好
袖屏風して迎火を焚きにけり 町田裕康
大寒ややおら銀屏風起ちあがる 佃 悦夫
大石忌遊興の図の屏風展べ 大橋敦子
鷹の絵のかくも古りたる屏風かな 橋本鶏二 年輪
誰が袖を描く遊里の屏風かな 大森扶起子
炭売つて安堵屏風の大字読む 飯田蛇笏 山廬集
短夜やうすものかゝる銀屏風 短夜 正岡子規
短夜やともし火うつる銀屏風 短夜 正岡子規
短夜や枕にちかき銀屏風 蕪村
暖房や葭の衝立扉を隠す 山口誓子
地魚の白身をほぐす葭屏風 綾部仁喜 樸簡
蜘の子や一つ居て這ふ銀屏風 会津八一
竹騒や屏風の鳥の引くさまに 大木あまり
筑波嶺を屏風仕立てに薺摘む 杉本和子
丁子屋のいろはにほへと屏風かな 大石悦子 聞香
丁字屋のいろはにほへと屏風かな 大石悦子
鳥毛立屏風の女に桃供ふ 伊丹さち子
鳥毛屏風展示秋日を遮光して 野村慧二
通夜混みて屏風が倒れかゝりけり 森田峠 三角屋根
鉄瓶の坐りし屏風祭かな 明円のぼる
貼りまぜの屏風や失せし友の句も 及川貞 夕焼
貼りまぜも狂言綺語の屏風かな 高橋睦郎
田鳧啼く屏風しづかにたたまれし 黒田杏子 花下草上
冬ぬくし熔岩を屏風として住まふ 高濱年尾 年尾句集
冬の夜の小屏風立てゝ寐入りけり 筏井竹の門
冬枯や繪の嶋山の貝屏風 冬枯 正岡子規
唐へ行屏風も画やとしの暮 炭 太祇 太祇句選
桃山の屏風めぐらし地虫出づ 山口青邨
湯気立てて花鳥濡れたる屏風かな 橋本鶏二 年輪
内裏雛五曲の金の屏風背に 石井いさお
南蛮の絵屏風立てて曝涼会 若松克子
二位どのが田鶴(たづ)ゑがかせし屏風かな 筑紫磐井 野干
忍の城水攻屏風若葉寺 山口青邨
猫をみて描きし屏風の虎ならん 長谷川櫂 虚空
熱の瞳に動く屏風の花鳥かな 井久保巽
波音や応挙の銀の屏風より 三浦久子
波打てる畳に屏風傾ける 高浜虚子
破れ屏風なれど三十六歌仙 下村梅子
破れ屏風夫在りし日のままに置く 大和田享子
破浪忌や花も供へず屏風立て 飯田蛇笏 山廬集
梅の図の光琳写し雛屏風 大橋敦子 勾 玉以後
梅雨寒や句屏風をたて香をたき 武原はん女
梅雨寒や屏風を渡る蝸牛 庄司瓦全
梅雨鯰古地図にのれる屏風岩 足立 紅
萩寺の屏風に萩の發句哉 萩 正岡子規
萩屏風透けてほとけのけむりだす 河野多希女
伯母の忌の屏風払えば鴨の池 渋谷道
白山屏風そこに渓墨桜の裳 伊藤敬子
白鶴の銀と化したる屏風かな 大石悦子 百花
白屏風谷の魚どちさびはじむ 宇佐美魚目 秋収冬蔵
八けんの灯も衝立のかげも冬 久保田万太郎 流寓抄
抜け山ゆくまめやかものや肉屏風 加藤郁乎
晩秋や金屏除けて富士を見る 鈴木花蓑
尾を垂れて鼠ののれる屏風かな 京極杞陽
美酒や春の屏風のいろは歌 鈴木鷹夫 風の祭
百歳の双子姉妹や金屏風 富田昌宏
氷る岩肌初日さし金屏となりぬ 岡田日郎
病む床や花の春見る屏風越し 杉風
病床の目かくしとなり雛屏風 木場田秀俊
夫恋ひの百首屏風の黴寄せず 八牧美喜子
父ありしごとくに母の屏風かな 黒田杏子
父がたたみ兄の搬びし金屏風 星野恒彦
父の世のはなやかなりし屏風かな 堀内鴻乙
父の世の如金屏と寒牡丹 松本たかし
風音の屏風の内に聞えけり 高浜虚子
風神の衝立古りし生家かな 東畑孝子
風神の衝立立てて神の留守 下村梅子
風吹て禿寒がる屏風哉 寒し 正岡子規
物のけの消えて屏風に蚊の声す 蚊 正岡子規
物知の蘊蓄を聴く屏風かな 野中亮介
蓬莱の屏風の後ろ通りけり 会津八一
北風や山の妙義の屏風立ち 上村占魚 球磨
墨古りて屏風の富士のほのかなり 大橋櫻坡子 雨月
麻刈りて屏風に淋し山の影 麻 正岡子規
枕屏風花鳥の裏の何もなき 高橋淡路女
繭蔵の屏風隔てて婚衣裳 根岸善雄
万太郎のちよぼちよぼ文字屏風かな 中村千絵
茂林寺の縁起屏風に春蚊出づ 神田幸子
木の芽晴風の笛生む屏風岩 雨宮抱星
木曽谷へ霞屏風をめぐらせる 加藤耕子
夜の音遮り更けし屏風かな 吉武月二郎句集
夜の雪屏風一枚ものおもふ 中尾寿美子
夜は秋の死をたたみたる金屏風 井口荘子
夜よりも昼の淋しき屏風かな 岸本尚毅 舜
遊興の図の屏風のべ大石忌 大橋敦子
陽だまりの屏風に虎の寝息かな 岩尾可見
羅かけし屏風に透きて歌麿画 阿部みどり女
落箔のはげしき源氏屏風かな 島田みつ子
利休忌や乱を描きし屏風ある 角 光雄
裏妙義屏風のごとし後の月 上村占魚 球磨
里神楽庄司が屏風借られけり 小杉余子
立てひらく屏風百花の縫ひつぶし 松本たかし
立てまはす古き屏風や隙間風 阿部みどり女 笹鳴
流れ星山屏風して配流めく 文挟夫佐恵 遠い橋
流寓の屏風なきことふとさびし 木村蕪城 寒泉
流鏑馬の絵屏風飾るおん祭 九折和子
嶺屏風ひねもす立てて夏蚕飼ふ 細井みち
礼者迎へ衝立の虎躍り出づ 宮下翠舟
礼帳やたてまはしたる金屏風 高濱虚子
連れ立ちて屏風の裾より雁どち 高澤良一 寒暑
連峰を屏風びらきに桜かな 鷹羽狩行
浪音のをりをりとどく屏風かな 矢島久栄
六曲に委細尽しし屏風かな 大石悦子 百花
六曲の屏風に遊び六歌仙 堀 政尋
六双の屏風に描く気魄かな 高浜虚子
六双屏風並べてみんなみなしご 津のだとも子
六面の銀屏に灯のもみ合へり 上村占魚
囀や枕屏風の水の景 石嶌岳
屏風あり几張なかりし裸雛 後藤比奈夫 めんない千鳥
屏風から糸瓜の枯れに目をうつし 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
屏風たて子のぬぎしものそのもとに 上野章子
屏風とはかくあたたかき面に立つ 井沢正江 以後
屏風ともり姑の死顔に手を仕ふ 柴田白葉女
屏風には山を画書いて冬籠り 松尾芭蕉
屏風の金惜しむ本家は睡くなる 増山美島
屏風の図ひろげてみれば長恨歌 下村 梅子
屏風はる糊のかはきや秋の蝿 雨柳
屏風ほし老の望の外になし 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
屏風より榛の木立を見るとなく 田中裕明 花間一壺
屏風蔭看護疲の目をふさぎ 清原枴童 枴童句集
屏風絵にかゞまりて船の行火かな 長谷川零余子
屏風絵に丹波は古し薬喰 久保龍 『火口の蝶』
屏風絵の花鳥も古りぬ武家屋敷 松本 美簾
屏風絵の寒山拾得つぶやける 鈴木貞雄
屏風絵の雁の山河に薄日差す 鈴木鷹夫 大津絵
屏風絵の山河たたみて小正月 澤村昭代
屏風絵の松林を行く渺々と 大石香代子
屏風絵の仙人と座す山の寺 松永兼子
屏風絵の鷹が余白を窺へり 中原道夫
屏風絵の男女もわかず古びけり 大橋櫻坡子 雨月
屏風絵の田楽舞も日の永し 辻桃子
屏風絵の婆娑羅も湯女(ゆな)も勤化(くわんげ)かな 筑紫磐井 婆伽梵
屏風絵の文武秀でし女たち 鈴木幸一
屏風絵の鞴祭の絵ときなど 松本たかし
屏風岩河鹿が鳴けば谺する 塚田正子
屏風岩廻ればすぐに滝の前 比叡 野村泊月
屏風岩高く翔れる鴛鴦もあり 鈴木花蓑 鈴木花蓑句集
屏風岩垂水ぞすなり著莪の花 木津柳芽 白鷺抄
屏風岩刳りたる湯壺雪囲ふ 中戸川朝人 星辰
屏風見えゐしに唐紙しまりたる 京極杞陽 くくたち上巻
屏風見に紅毛あがる祭宿 大橋櫻坡子 雨月
屏風祭幾世の人のよぎりけり 西村和子
屏風置き部屋の正面決りけり 稲畑汀子
屏風売つて家運を興すよしもなし 福田蓼汀 秋風挽歌
屏風売ゆらりと曲り荒磯道 岸田稚魚
屏風売ゆらりと曲る荒磯道 岸田稚魚
屏風売軒に疾風を躱しけり 白岩三郎
屏風碑の太陽は白踊子は黒 田村了咲
屏風立つ二つ返事のやりとりに 中原道夫
屏風立つ旅雁の屏風その一つ 後藤夜半 底紅
屏風立てて結界せばき起居かな 松本たかし
屏風立て紅梅殿と申しつつ 後藤夜半 底紅
慟哭の屏風の陰に身を寄せて 斎藤双風
稻妻に屏風をかこふ遊女かな 稲妻 正岡子規
簀屏風に柳垂れたる夜店かな 増田龍雨 龍雨句集
簀屏風を戸口に立てゝ蔵住ひ 渡辺そてつ
繪屏風に木槿を漏るゝ夕日哉 木槿 正岡子規
繪屏風の倒れかゝりし火桶かな 火桶 正岡子規
羚羊に雪吹き上ぐる屏風岩 津野美都江 『ひなげし』
葭屏風あらたまりては話なく 西村和子 かりそめならず
葭屏風立ててへだつる話かな 西村和子
葭屏風立てて待ちゐてくれたるよ 辻桃子
邯鄲の屏風のかげに飼はれをり 辻桃子
靉靆と雲を描きたる屏風かな 森田峠

屛風 補遺

繪屏風の倒れかゝりし火桶かな 正岡子規 火桶
繪屏風に木槿を漏るゝ夕日哉 正岡子規 木槿
稻妻に屏風をかこふ遊女かな 正岡子規 稲妻
煖房や葭の衝立扉を隠す 山口誓子
炬燵に屏風立てて鳩のきている聲 荻原井泉水
濤屏風寄せては倒れ*はまなすに 山口青邨
屏風立て紅梅殿と申しつつ 後藤夜半 底紅
屏風立てて結界せばき起居かな 松本たかし
屏風立つ旅雁の屏風その一つ 後藤夜半 底紅
屏風売朽ちし錨に坐し憩ふ 草間時彦 中年
屏風売ゆらりと曲り荒磯道 岸田稚魚 負け犬
屏風売つて家運を興すよしもなし 福田蓼汀 秋風挽歌
屏風置き部屋の正面決りけり 稲畑汀子
屏風絵の蘆より鴨を追ふところ 松本たかし
屏風絵の中の打ちかけありし烏鷺 後藤比奈夫
屏風絵の漁翁がさげし鯉ひとつ 水原秋櫻子 緑雲
屏風の絵桃山時代よかりけり 後藤比奈夫
屏風して夜の物隠す桃の花 村上鬼城
屏風あり几張なかりし裸雛 後藤比奈夫
凩は屏風を浮かす如く吹く 山口青邨
六面の銀屏に灯のもみ合へる 上村占魚 鮎
露草は屏風這ひも上らん草の宿 山口青邨
龍描かれて金屏の畳まれず 鷹羽狩行
流寓の屏風なきことふとさびし 木村蕪城 寒泉
立てひらく屏風百花の縫ひつぶし 松本たかし
立ててある屏風や疵をかくすやうに 山口青邨
裏妙義屏風のごとし後の月 上村占魚
落款なき紅梅白梅図初屏風 山口青邨
遊船や倒れかかるか崖屏風 能村登四郎
遊君のうち連るる絵の屏風かな 阿波野青畝
夜の屏風牟婁の汐騒きこえずや 阿波野青畝
夢に鳴く八島屏風の千鳥かな 内藤鳴雪
夢に書く墨痕淋漓屏風 山口青邨
末枯の中なる屏風七小町 能村登四郎
枕屏風白き短冊あはれなり 山口青邨
枕屏風のひなげしの花と吾子遊ぶ 篠原梵 年々去来の花 皿
麻刈りて屏風に淋し山の影 正岡子規 麻
魔の鳥の鴉を描きし祭屏風 山口誓子
本屏風人形屏風雛飾る 星野立子
本陣の屏風に鋭目の鷹構へ 阿波野青畝
墨痕を淋漓のままに古屏風 鷹羽狩行
北風や山の妙義の屏風立ち 上村占魚 球磨
焚火して金屏風裡にあるが如 川端茅舎
物のけの消えて屏風に蚊の声す 正岡子規 蚊
福寿草何隠したる古屏風 村上鬼城
風吹て禿寒がる屏風哉 寒し 正岡子規
父の世の如金屏と寒牡丹 松本たかし
彦根屏風また春愁の図とも見る 能村登四郎
尾長来て躑躅の花を屏風とす 山口青邨
板屏風立てし板間の大爐かな 松本たかし
麦の芽や土の屏風の立ちつづき 山口青邨
爆竹に驚く屏風絵の龍も(横浜中華街) 鷹羽狩行
萩寺の屏風に萩の發句哉 正岡子規 萩
梅雨の寺銀屏墨の如く古り 野見山朱鳥 曼珠沙華
芭蕉忌の屏風に天女飛行せり 山口誓子
破浪忌や花も供へず屏風立て 飯田蛇笏 山廬集
濃紅葉と夜を隔てたる句の屏風 中村汀女
忍の城水攻屏風若葉寺 山口青邨
二上の屏風がこひに寒牡丹 能村登四郎
南蛮を富める国とし屏風の絵 後藤比奈夫
燈が入りてひとりさびしき屏風かな 森澄雄
桃山の屏風めぐらし地虫出づ 山口青邨
冬枯や繪の嶋山の貝屏風 正岡子規 冬枯
冬の医王金屏映ゆる館より(金沢郊外、湯涌温泉にて) 細見綾子
貼りまぜの屏風や失せし友の句も 及川貞 夕焼
朝焼の屏風のごとくうつくしく 山口青邨
丁子屋のいつもの屏風「いろはにほ」桂信子 花影
築山を屏風がこひに今年竹 鷹羽狩行
遅降を衝立の町冬を待つ 鷹羽狩行
蜘蛛が呪縛の六枚屏風に父祖の詩 三橋鷹女
短夜やともし火うつる銀屏風 正岡子規 短夜
短夜やうすものかゝる銀屏風 正岡子規 短夜
炭売つて安堵屏風の大字読む 飯田蛇笏 山廬集
瀧屏風をりをり黄鶺鴒放つ 石塚友二 曠日
大江山屏風立ちして冬の村 高野素十
泰平の世の美しき屏風かな 上野泰
蔵ふかきままの金屏鳥ぐもり 鷲谷七菜子 一盞
霜除を出て金屏に寒牡丹 松本たかし
草の家の屏風に張れり絵双六 尾崎放哉 大学時代
前山の漆屏風に天の川 水原秋櫻子 帰心
船からは屏風絵のさま島紅葉 鷹羽狩行
洗場や枯野に藁の衝立して 川端茅舎
浅間嶺へ夕立雲の屏風立ち 深見けん二
雪の宿屋の金屏風だ 尾崎放哉 小豆島時代
折目正しき屏風より隙間風 鷹羽狩行
石楠花や屏風にかこむ巫女だまり 古舘曹人 樹下石上
惜春の屏風絵に塗師・傘づくり 能村登四郎
青垣の山たたなはる雛屏風 上田五千石 森林
青あらし堰きて倒れし葭屏風 百合山羽公 樂土
水辺の梅を画きし屏風哉 正岡子規 梅
水音をはさむ蛍の屏風哉 正岡子規 蛍
須磨の宿の屏風に描く千鳥哉 正岡子規 千鳥
壬生狂言風が屏風を吹き倒す 右城暮石 句集外 昭和四十六年
人の世の屏風の陰といふところ 後藤比奈夫
衝立や栗飯の香を隣なす 石川桂郎 高蘆
衝立もすだれも葭簀川床料理 鷹羽狩行
衝立の夏山の絵や亀城館 高野素十
衝立の陰の声音や薬喰 桂信子 花影
衝立の陰に猫侍すどぜう鍋 村山故郷
衝立のはしに庭見ゆ石蕗の花 富安風生
衝立に隠れて暑き食事かな 村上鬼城
笑ふは花歌ふは鳥の屏風かな 上田五千石 琥珀
小屏風の撫子見ても子を思ふ 正岡子規 撫子
小屏風に竹四五本や雪もよひ 寒食 星野麥丘人
小屏風に人しはぶきす夕蚊遣 正岡子規 蚊遣
小百姓の屏風持ちけり今日の月 村上鬼城
春望といふべし屏風一帆図 森澄雄
春泥や屏風かついで高足駄 飯田蛇笏
春昼や彦根屏風の盲瞽女 安住敦
春宵の金屏風負ふここにあれば 山口青邨
春山に二十四孝の屏風立つ 後藤夜半 翠黛
春寒の銀屏ひきよせ語りけり 杉田久女
春は曙屏風の山に遊びけり 山口青邨
春の夜を屏風囲うて遊ひけり 正岡子規 春の夜
春の夜や屏風の陰に物の息 正岡子規 春の夜
春の夜のともし火赤し金屏風 正岡子規 春の夜
俊成卿九十の賀の雛屏風 飯島晴子
十三夜炉辺をへだつる小衝立 木村蕪城 一位
舟遊び屏風の如く島ひらき 上野泰 春潮
秋燈のま下にくぎる小衝立 星野立子
秋桜明かりの絵本を 屏風立て 伊丹三樹彦
狩衣をかけて日永し金屏風 正岡子規 日永
耳屏風して囀りを聴き分くる 右城暮石 句集外 昭和五十四年
而うして初ひぐらしや虚子屏風 藤田湘子 神楽
時鳥鳴くや局の銀屏風 正岡子規 時鳥
時雨来と屏風の歌仙隠れけり 阿波野青畝
詩の屏風廊板にして立てりけり 山口誓子
山坊すずし古屏風画中真紅の日 中村草田男
山茶花の垣湖の衝立に 山口誓子
山桜屏風に描けるより淡し 山口青邨
山靴を脱ぎ金屏の間にとほる 石川桂郎 高蘆
山の寺蕪村屏風を舒べて待つ 高野素十
山と水花と鳥ある屏風かな 後藤夜半 底紅
山ざくらまことに白き屏風かな 山口青邨
座布団の退いてありたる屏風かな 石田勝彦 秋興以後
今消ゆる夕日をどつと屏風かな 山口青邨
黒奴ゐる屏風の絵とは哀しけれ 後藤比奈夫
鉱の*つる春の屏風と申すべく 山口青邨
甲比丹の跣にならぬ屏風かな 阿波野青畝
公卿たちの短冊屏風背に春夜 大野林火 方円集 昭和五十一年
御手植の松へ躑躅屏風のいざなへる 山口青邨
古屏風の剥落とどむべくもなし 松本たかし
古き代の胡粉真白き屏風かな 阿波野青畝
元日やむしろ屏風に梅のかげ 正岡子規 元日
元日の屏風隠れに化粧かな 河東碧梧桐
軒ごとや背の荷ゆらりと屏風売 草間時彦 中年
見馴れたる物静かなる屏風かな 後藤夜半 底紅
月落ちて雲の屏風を星の閨 正岡子規 七夕
月光に屏風のもののあはれ合戦 山口青邨
月を銀に描きて黒し古屏風 山口青邨
隙間風屏風の山河からも来る 鷹羽狩行
鶏頭を屏風の如くわが書屋 山口青邨
傾城は屏風の萩に旅寐哉 正岡子規 萩
傾城の昼寝はあつし金屏風 正岡子規 昼寝
君が居に小屏風おくる萩の秋 石田波郷
靴はいてから屏風絵を今一度 波多野爽波
空間を画せりただの金屏風 山口誓子
句屏風の二双十二句身に沁めり 松崎鉄之介
句屏風の一句心を領し初め 上野泰
句屏風のおはんの家に遊びけり 山口青邨
句屏風に夏の句がなし面白し 星野立子
句を作る屏風の陰や年忘 山口青邨
銀屏風母の遺骨も蚊帳外に 中村草田男
銀屏を立ててめでたき百姓家 高野素十
銀屏や崩れんとする白牡丹 正岡子規 牡丹
銀屏の夕べ明りにひそと居し 杉田久女
銀屏の文字分かぬまで古りにけり 清崎敏郎
銀屏の前桔梗の挿されけり 河東碧梧桐
銀屏の前に五人の沈金師 高野素十
銀屏に魍魎あそぶ冬燈 富安風生
銀屏に燃ゆるが如き牡丹哉 正岡子規 牡丹
銀屏に今日はも心定まりぬ 星野立子
銀屏にとびつくごとく灯ともりぬ 上村占魚
銀無地の屏風をひらく淑気かな 能村登四郎
金屏風立てしがごとく焚火かな 川端茅舎
金屏風傾城こもる秋の暮 正岡子規 秋の暮
金屏風距つ相客祭宿 山口青邨
金屏風何んとすばやくたたむこと 飯島晴子
金屏風何も書かれぬまま立てり 山口誓子
金屏風ななめに立てて夏座敷 山口青邨
金屏風おはん白々と舞ひにけり 山口青邨
金屏や父の世に古りいまに古り 上田五千石 風景
金屏や刺繍屏風や亀城館 高野素十
金屏や一輪牡丹瓶の中 正岡子規 牡丹
金屏の裡の泊りに父の夢 木村蕪城 寒泉
金屏の如くに倒れ鯉游ぐ 野見山朱鳥 曼珠沙華
金屏の前に置かれし田植笠 高野素十
金屏の前に新婦の父としわれ 富安風生
金屏の前で耳うち呉れしこと 波多野爽波
金屏の人影過ぐる翳りかな 上野泰
金屏の晶子百歌や春火鉢 中村汀女
金屏の虎賓客をまじまじと 阿波野青畝
金屏の空の如くに翳りけり 上野泰
金屏の金ンを放てる虚空かな 上野泰
金屏の金には染り菊の白 後藤比奈夫
金屏のかげりもあらぬ今宵かな 上田五千石『天路』補遺
金屏のかげにうかがふ隙間風 富安風生
金屏のうちの我等や十二月 高野素十
金屏のうこんのいろにまぎれなし 岡井省二 有時
金屏に明暗はあり菖蒲の日 古舘曹人 砂の音
金屏に南国の蠅いまだつよく 中村草田男
金屏に灯さぬ間あり猫の恋 原石鼎 花影
金屏に昼の一間や露の宿 原石鼎 花影
金屏に惜みなき火のうつりつつ 下村槐太 光背
金屏に惜しみなき火の映りつつ 下村槐太 天涯
金屏に紅打ち重ぬ牡丹かな 中村汀女
金屏に銀髪これぞ年賀なる 林翔
金泥の雲屏風出て花の雲 山口誓子
橋に出て屏風掃きけり煤払ひ 原石鼎 花影
峡の栖寝ても雪光金屏風 飯田蛇笏 家郷の霧
桔梗活けて屏風は狩野の繋馬 正岡子規 桔梗
祇園会や衝立に透く塔ひとつ 鷹羽狩行
冠*えいの影は立ちけり雛屏風 山口青邨
鴨宿の屏風金屏とはゆかず 桂信子 花影
割床や屏風の裏に明易き 正岡子規 明け易し
掛大根屏風の如く書を読める 山口青邨
垣間見や屏風ものめく家の内 飯田蛇笏 山廬集
外は今暑きさなかよ葭屏風 星野立子
貝寄風や衝立のごと巌島 鷹羽狩行
絵屏風や病後なごりの二三日 飯田蛇笏 山廬集
絵屏風の遊女は遊女いくら見ても 後藤比奈夫
絵屏風の撫子赤し子を憶ふ 正岡子規 撫子
蚊をとらふ眼が金屏の剥落に 古舘曹人 能登の蛙
花暮るる山楽の屏風また古ぶ 山口青邨
花鳥の絵のはなやげる屏風かな 村山故郷
夏炉あり屏風うごかしつゝ掃除 阿波野青畝
何双も五百羅漢の屏風立つ 阿波野青畝
牡丹崩る屏風の牡丹崩るると 山口青邨
牡丹色とはむかしながらの屏風絵の 山口青邨
牡丹の屏風ことしも逝かんとす 山口青邨
鴬や螺鈿古りたる小衝立 杉田久女
襖あけ屏風に当りさうになる 清崎敏郎
遠望の山河さながら初屏風 鷹羽狩行
嬰児籠の児屏風の花鳥見て機嫌 山口青邨
瓜小屋や筵屏風に二タ間あり 村上鬼城
鵜の川の六双屏風金華山 鷹羽狩行
雨の雁ひとり屏風の月を見る 正岡子規 雁
稲架襖開き屏風の形せる 山口誓子
一枚の波屏風立ち磯焚火 上野泰
一双の秘蔵と見ゆる屏風かな 後藤夜半 底紅
一声や屏風倒れて子規 正岡子規 時鳥
一月や屏風絵めきて卯辰山 鷹羽狩行
一と日父が子とあそぶ暇葭屏風 中村汀女
井戸の辺をすり抜け屏風運ばるる 波多野爽波
囲爐裏火に照り輝くや板屏風 松本たかし
阿羅漢の屏風の間をはしりぬけ 阿波野青畝
をし鳥や廣間に寒き銀屏風 正岡子規 鴛鴦
わが前につつじむらさき屏風なす 山口青邨
わが寝ぬる枕屏風のただましろ 星野立子
わが宿の山を屏風の十三夜 山口青邨
やうやくに座のあたたまる屏風かな 飯田蛇笏
みちのく泊り屏風語中に「月支銭」中村草田男
みちのくの山里かなし屏風売 山口青邨
ほぼ真下より見て屏風岩つつじ 鷹羽狩行
ふるさとや屏風へだてて舸子と寝る 木村蕪城 一位
ひひなより屏風の金の世に古れる 上田五千石『琥珀』補遺
ははそはの習はれし絵の屏風かな 後藤夜半 底紅
ナイ夕ーの燈の衝立は吾に向く 山口誓子
とんでゐる屏風の蝶を向けてあり 阿波野青畝
とりいだす屏風ひらくや山桜 山口青邨
ともしびを剪れば明るき屏風かな 富安風生
ところどころつゝじ咲く也屏風岩 正岡子規 つつじ
つぼみ向きむき水仙の花屏風 鷹羽狩行
ちりかゝるむしろ屏風のもみち哉 散紅葉もみち<木+色> 正岡子規
ぢぢばばに紫つつじ屏風なす 山口青邨
たはれめの彦根屏風の絵にも萩 森澄雄
たゝまれし屏風の傍の黄水仙 上村占魚 鮎
さむかぜに衝立の句碑無季を書く 平畑静塔
こもり居の妻の内気や金屏風 飯田蛇笏 山廬集
こちばかり見てゐる人や屏風の絵 星野立子
くらはんか舟の賑ふ屏風の絵 後藤比奈夫
くらがりに七賢人の屏風かな 山口誓子
あきかぜのそよりと彦根屏風かな 鷲谷七菜子 一盞
あかあかと屏風の裾の忘れもの 波多野爽波
*こおろぎの高音夜の山屏風なす 右城暮石 句集外 昭和十五年

屛風 続補遺

*こおろぎや一夜宿せし歯朶屏風 白雄 白雄句集
*蟋蟀や一夜宿せし歯朶屏風 加舎白雄
あつき日やふつと見かゝる屏風の画 成田蒼虬
かげろふや障子かげろふ金屏風 介我
ながき夜を我にむかふや屏風の檜 夏目成美
なき魂の何を耻て歟立屏風 三宅嘯山
はしらかす屏風のうちや年忘 浪化
ほとゝぎす鳴や屏風に寒山寺 桜井梅室
まつりの日屏風合の判者かな 炭太祇
もみぢ見や寺の屏風のやまざくら 三宅嘯山
わくら葉に立や屏風の木地のふち 荷兮
衣がへ躍らば屏風越ぬべし 琴風
引まはす襖戸の外も稲屏風 北枝
宇治に来て屏風に似たる茶つみかな 鬼貫
鴬も屏風ひとへの初音かな りん女
黄鳥の影たゝみこむ屏風かな 桜井梅室
家わたりや屏風摺小木白ぼたん 支考
菓子売の莚屏風や春の風 許六
海棠の朝の香たゝむ屏風かな 桜井梅室
金屏にあらたまりけり百千鳥 凉菟
金屏に雨吹いるゝ野分かな 蓼太 蓼太句集初編
金屏に乾く時雨のやどりかな 中川乙由
金屏に鶴の歩みや秋の色 露川
金屏に夢見て遊ぶ師走かな 支考
金屏に旅して冬を籠る夜ぞ 加舎白雄
金屏のかくやくとしてぼたんかな 与謝蕪村
金屏の隠者となりて花の春 木因
銀屏に葵の花や社家の庭 野坡
銀屏の夜や七夕の嫁入前 支考
五月雨や色紙はげたる古屏風 園女
公家町や春物深き金屏風 黒柳召波
三か月の影まつ雛の屏風哉 野紅
山はまだしらぬ屏風の紅葉かな 中川乙由
山川や金屏移る華の宿 露川
残されて屏風一重や置火燵 りん女
施餓鬼火や不二を屏風に駿河浜 田川鳳朗
春雨やはなれ~の金屏風 許六
春雨や離れ~の金屏風 許六
暑日や産婦も見えて半屏風 黒柳召波
小屏風に山里涼し腹の上 丈草
小屏風に茶を挽かゝる寒サ哉 斜嶺
小屏風やたてはさまるゝ秋の蝶 夏目成美
小屏風や弟通さぬ雛の関 越人
青柳にのまるゝひなの屏風かな 風国
雪信が屏風も見えつ雛祭 高井几董
扇置秋を屏風の折め哉 沙明
大年や屏風傘味噌畳 〔ブン〕村
竪横と屏風に暮て時雨かな 浪化
短冊の屏風を見たり秋のくれ 黒柳召波
虫ぼしにあそぶ八島の屏風哉 如行
土べたに屏風立けり里祭 卓池
唐へ行屏風も画やとしの暮 炭太祇
年棚の下や屏風の梅の花 岱水
病ム床や花の春見る屏風越 杉風
風の来る道に屏風や后の月 嵐青
仏名や屏風見くらす小僧哉 浪化
物売も橋に屏風や冬籠 露川
楊貴妃を屏風で囲ふ煤払ヒ 許六
蘭の香やほのかに光る金屏風 知足
臨終の屏風張せて老の松 琴風
屏風さへ見れば睡たし梨子の花 寂芝
屏風にて庵仕双らべん冬ごもり 土芳
屏風にて押出す猫の別哉 土芳
屏風にも見しか此絵は秋のくれ 支考





by 575fudemakase | 2017-11-07 08:47 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

百合鴎 補遺

百合鴎 補遺

もの言ひてゑくぼ生まるるゆりかもめ 岡井省二 夏炉
ゆりかもめ水に羽根打ち胸打ちて 細見綾子
ゆりかもめ来て霜月の柏尾川 石塚友二 玉縄以後
宇治や来て時雨のいろのゆりかもめ 古沢太穂 捲かるる鴎以後
見あげゐてふつうのかほやゆりかもめ 岡井省二 有時
見上げゐてときをかへたるゆりかもめ 岡井省二 五劫集
松島の中州未完やゆりかもめ 佐藤鬼房
正月の耳福といへばゆりかもめ 森澄雄
生きる日の海は孤ならずゆりかもめ 高屋窓秋
大雪や洲の雪穴のゆりかもめ 松村蒼石 雁
着ごころの三日の着物ゆりかもめ 岡井省二 山色
鉄鉢をのぞきに春のゆりかもめ 岡井省二 猩々
百合鴎少年をさし出しにゆく 飯島晴子
百合鴎西より晴れて西寒し 三橋敏雄
百合鴎中洲が白くなる程に 山口誓子
名にし負はば鴎の中のゆりかもめ 山田みづえ 草譜
夕ずつや揺るるほかなき百合鴎 橋閒石 微光
洛中は物日の音ぞゆりかもめ 藤田湘子

by 575fudemakase | 2017-11-01 08:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

冠雪 の俳句

冠雪 の俳句

冠雪

ある朝の冠雪富士の一部見ゆ 池田秀水
雲上に冠雪の富士七五三 甲斐遊糸 『冠雪』
冠雪の白山なりき稲を刈る 中西舗土
冠雪の白馬を天に鬼無里みち 町田しげき
冠雪の比叡ぞ見ゆれ初蹴鞠 西野白水
冠雪の富士在りし日の師のごとし 甲斐遊糸 『冠雪』
冠雪の風の流れに乗れる鷹 村越化石
冠雪の羅臼岳ゆさぶる春の雷 鈴木夢亭
冠雪やここ桃源と申さるる 宇多喜代子 象
冠雪を誇ることなし讃岐富士 中原道夫
山の鳥冠雪のあやうさに 宇多喜代子 象
振り返るたび冠雪の奥穂高 野見山ひふみ
早池峰山の冠雪茫と月日かな 桜井美枝子
富士勁し冠雪前の襞を張り 中戸川朝人
片岡球子ドカンと冠雪富士を置く 高澤良一 随笑
流鏑馬の馬首めぐらすに冠雪富士 高澤良一 鳩信

冠雪 補遺

その墓碑 その冠雪 なべて死は同形 伊丹三樹彦
その名伊那冠雪の嶺に目ざめけむ 加藤秋邨
冠雪富士見えたり鳥も賑わえり 金子兜太
腰癒えて冠雪富士見るそのしやツ面 金子兜太
真向ひに冠雪の富士鮮やかに(八ヶ岳山麓) 細見綾子
不忘の冠雪牧に牛見えず 阿波野青畝
富士冠雪と聞きぬ病ははかどらず 岸田稚魚 紅葉山
北勝ちに富士冠雪し初めにけり 三橋敏雄
緻密なる富士の冠雪白光す 山口誓子


by 575fudemakase | 2017-10-25 08:36 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)

新嘗祭 の俳句

新嘗祭 の俳句

新嘗祭

やぶかうじ大嘗祭のはじまると 松澤 昭
医王晴れ新嘗祭の太鼓鳴る 前田時余
灯れる新嘗祭の二重橋 京極杞陽 くくたち上巻
柊にからみし旗や新嘗祭 高橋秋耕子
氷屋の猫いなくなる大嘗祭 須藤徹
奉納の繭も慈姑も新嘗祭 三谷いちろ
籾すりの新嘗祭を知らぬかな 新嘗祭 正岡子規
夕ノ儀暁ノ儀や新嘗祭 京極杞陽 くくたち上巻

新嘗祭 補遺

籾すりの新嘗祭を知らぬかな 正岡子規 新嘗祭
大嘗会御用に建てし酒の蔵 阿波野青畝



by 575fudemakase | 2017-10-13 07:03 | 冬の季語 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

雛の句あれこれ
at 2018-02-22 15:53
京雛
at 2018-02-21 10:03
大内雛
at 2018-02-21 10:02
享保雛
at 2018-02-21 10:00
吉野雛
at 2018-02-21 09:59

外部リンク

記事ランキング