人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 516 )   > この月の画像一覧

夜叉 の俳句

夜叉 の俳句

夜叉

【夜叉】
《(梵)yakṣaの音写》顔かたちが恐ろしく、性質が猛悪なインドの鬼神。仏教に取り入れられて仏法を守護する鬼神となり、毘沙門天の眷族 (けんぞく) とされる。八部衆の一。

あぢさゐや瀧夜叉姫が花かざし 永井荷風
せされいや金色夜叉は墨の稿 平畑静塔
つぶら実の霧氷に透くは夜叉柄杓 加藤秋邨
ゆく秋の夜叉神峠の雲迅し 倉林美保
わが庭に山吹棲みてわれに夜叉 齋藤玄 『玄』
われも夜叉かな昼の芒にまどろめば 間庭とよ子
花散らす夜叉を彫られし姐御かな 筑紫磐井 婆伽梵
芽吹く夜叉ほの明るしや切通 角川源義
外能登や海かけて来る夜叉時雨 岩坂満寿枝
鬼女の像灼けつつ内面夜叉美人 加藤知世子 花寂び
桑の実を夜叉の口もて食うぶかな 大石悦子
月浴びて夜叉のはくれん突っ立てる 高澤良一 随笑
見夜火堂夜叉倍子の実のくろぐろと 高澤良一 鳩信
枯斜面富士や内心如夜叉立つ 三橋敏雄
護摩焚きの二月の寒き夜叉方位 佐藤鬼房
三日、強風、"金色夜叉"の夜に入れり 久保田万太郎 流寓抄以後
山焼の夜叉の火影のはしるかな 大橋敦子 匂 玉
糸瓜忌の夜叉のごとくに七分粥 古舘曹人 樹下石上
女ゆゑ夜叉ともなりぬ虎落笛 佐藤鬼房
振り向けば夜叉の相かも大枯野 白井 爽風
赤城嶺のはだれて宵は夜叉の道 鳥居美智子
雪道で歯が抜け落ちて夜叉になる 富岡和秀
善女とも夜叉ともなれず春の闇 奥田恵美 『再度山』
挿し置きし夜叉五倍子花粉こぼしをり 中戸川朝人 尋声
草うらの影絵の世界 匂ふべき夜叉のおごりもあさつきの色 筑紫磐井 未定稿Σ
短夜を夜叉駆け抜ける目覚めかな 榎並信一
半纏木軍荼利夜叉に花こぞる 中戸川朝人
斑猫のとぶ夜叉神の峠口 荒川優子
緋は夜叉の白は菩薩の冬牡丹 鷹羽狩行
姫夜叉と名付けし竹も春の頃 大島民郎
仏とも夜叉とも見えて雲の峰 郡山とし子(好日)
片蔭にまなこつむりて夜叉を飼ふ 仙田洋子 橋のあなたに
菩薩と夜叉こもごも看取り明易し 木村 ふく
貌見せぬ夜叉払ひたる鎌鼬 中村順子
霧にてんてん夜叉の吊花みなきらめく 加藤秋邨
夜叉となり観音となり焚火果つ 小川原嘘帥
夜叉の面つけて舞ひたき芒原 北井ちず子
夜叉ぶしの花のうちなる夢の中 森澄雄
夜叉ぶしの実は断崖に垂るるかな 平井照敏 猫町
夜叉五倍子の実なり生つても生つても生る 後藤比奈夫
夜叉五倍子の青実南風にごっつんこ 高澤良一 燕音
夜叉神に女人の土工霜溶くる 飯田蛇笏
夜叉神の修羅落しあと霧雫 中戸川朝人 星辰
夜叉倍子のつぶら実の青とどまらず 加藤秋邨
夜叉倍子の實の藪焦げてまた海あり 岡井省二 前後
夜叉舞や舞ひ崩れてはおらびつつ 高柳重信
夜叉木を立てて山葵の棚田なし 清崎敏郎
野を渡る夜叉嫁入り道具になりすまし 西川徹郎 天女と修羅
乱鴬や夜叉の般若の女面 大橋麻沙子
厠男して株る半ちくの夜叉しさ 加藤郁乎

以上

by 575fudemakase | 2019-03-29 07:39 | 無季 | Trackback | Comments(0)

「春爛漫」 と「爛漫」

「春爛漫」 と「爛漫」


俳句に於ける言葉の使い方を見るのに、その例句を並べて見た。

某かヒントがある筈である。春爛漫の方が使い方が難しいのが一目瞭然であろう。



春爛漫


春爛漫供花で伝ふ現世や 白山敏子

春爛漫龍野の町にもろみ買ふ 小田すみ子

象という春爛漫をなぜている 岸本マチ子

独り酌む春爛漫の窓明けて 遠藤梧逸

気紛れに花札飛んで春爛漫 佐藤鬼房

「何者じや春爛漫の木石とは」中村草田男


爛漫


爛漫と鳩を翔たしめ初詣 福田蓼汀

焼跡に赤まま咲けり爛漫と 原子公平

花爛漫大河のごとく風わたる 上村占魚 『かのえさる』

花吹雪くこと爛漫の景となる 桑田青虎

爛漫の花にたゆたふ昏さあり 八木絵馬

映りあふ灯に禽さめて花爛漫 西村公鳳

桃の花爛漫といふはや穢れ つじ加代子

花爛漫タオルは肌をすべり落つ 林原耒井 蜩

鉢の菊爛漫として倨る主かな 尾崎紅葉

爛漫たる牡丹に家の小さく見ゆ 笠原ひろむ 『棕梠の花』

パンジーの俯向くも爛漫の態 市川博久

爛漫といふ刻ありて山桜 廣瀬直人

桃源はさくら爛漫たりしかな(山梨) 細見綾子

爛漫と夕日を透さない桜 篠原梵 年々去来の花 中空

花ざくら爛漫として人飢うる 日野草城

つなぐ手のやや冷くて花爛漫 岡本眸

爛漫の花地にも垂れわれつつむ 山口青邨

爛漫の花日をふくみわれつつむ 山口青邨

亡き夫人智恵子の色絵冬爛漫 中村草田男

釣釜に外は爛漫のさくらかな 森澄雄


以上


by 575fudemakase | 2019-03-29 06:06 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

拙句 花見の俳句 高澤良一

拙句 花見の俳句 高澤良一



東京の花見がてらの通院日

花を見る目配りにさへお人柄

けふあたり出向きおかねば散る花ぞ

花見支度し居れば雨や肩すかし

お花見のおあづけとなる朝の雨

満開のけふを逃して何とする

腰どんと地べたに据えて花見かな


松山中学校跡

濠端の花見に夏目金之助

おぼろ夜の湯の梯子して椿の湯


花見客もう百段に顔見合はせ

棒切れで地図を描ける花の許

野毛花見

花愛づる毛唐の大首横濱絵


その頃となれば花見に徒心

かたばみの花見るものの無ければ瞰る

花見弁当ひらけば鳩の優しく寄る

沿線の花見切符を撫しながら

母の云へる

米寿まで生きたついでの花見せむ

花見むと来しリハビリに気散じに

酔どれのそれそれそれと散る花を

花見衆持ち込む小ぶりの瓦斯ボンベ

花見客に唸る屋台のバッテリー


藤右衛門さんのはちまき花談義

花を見る心ええならええ花見

日本の櫻を他国に植う話

名庭園ならんとさくらの木も努める

ソメイヨシノ

人間が構ってやって咲くさくら

雨ありてあとは櫻の花次第

振り返る桜がそこにあればなり


沿線の桜見ながら汽車ぽっぽ

花見客杖を忘れし身延線

ネクタイをして花見とは上野山

出来れば近場妻との花見何處にせん

川沿ひにセスナ機飛んで花見時

花どきの乳首の脇へ聴診器

花を見て花の生み継ぐ風を見て

人間の勝手放題花を見る


以上


by 575fudemakase | 2019-03-26 13:43 | 自作 | Trackback | Comments(0)

拙句 花見の俳句 高澤良一

拙句 花見の俳句 高澤良一



東京の花見がてらの通院日

花を見る目配りにさへお人柄

けふあたり出向きおかねば散る花ぞ

花見支度し居れば雨や肩すかし

お花見のおあづけとなる朝の雨

満開のけふを逃して何とする

腰どんと地べたに据えて花見かな


松山中学校跡

濠端の花見に夏目金之助

おぼろ夜の湯の梯子して椿の湯


花見客もう百段に顔見合はせ

棒切れで地図を描ける花の許

野毛花見

花愛づる毛唐の大首横濱絵


その頃となれば花見に徒心

かたばみの花見るものの無ければ瞰る

花見弁当ひらけば鳩の優しく寄る

沿線の花見切符を撫しながら

母の云へる

米寿まで生きたついでの花見せむ

花見むと来しリハビリに気散じに

酔どれのそれそれそれと散る花を

花見衆持ち込む小ぶりの瓦斯ボンベ

花見客に唸る屋台のバッテリー


藤右衛門さんのはちまき花談義

花を見る心ええならええ花見

日本の櫻を他国に植う話

名庭園ならんとさくらの木も努める

ソメイヨシノ

人間が構ってやって咲くさくら

雨ありてあとは櫻の花次第

振り返る桜がそこにあればなり


沿線の桜見ながら汽車ぽっぽ

花見客杖を忘れし身延線

ネクタイをして花見とは上野山

出来れば近場妻との花見何處にせん

川沿ひにセスナ機飛んで花見時

花どきの乳首の脇へ聴診器

花を見て花の生み継ぐ風を見て

人間の勝手放題花を見る


以上


by 575fudemakase | 2019-03-26 13:42 | 春の季語 | Trackback | Comments(0)

拙句 牛蒡連作 高澤良一

拙句 牛蒡連作 高澤良一


新牛蒡どちの雑談牛蒡語で 随笑

上の牛蒡が下の牛蒡に何やらいふ

喜雨聴きつ牛蒡をこそげおとす音

あつあつの牛蒡のささ掻き開化丼

繊維質をうんぬんけふも牛蒡出づ

牛蒡ばかり食はする妻のおたんこなす

目もさやに秋は来にけり牛蒡の葉 素抱

腸によき献立牛蒡一点張り 寒暑

腸の為よろしき牛蒡召し上がれ 随笑

託(ことづか)る注連・松・牛蒡忘れまじ 宿好

牛蒡サラダに軽井沢風コッペパン 燕音

朝市の牛蒡せり出す寺門脇 ねずみのこまくら 昭和六十一年

ごきげんよう朝の畑の新牛蒡

新牛蒡秩父の雨の荒叩き

みるからに黒土こんもり牛蒡引

(末尾は句集名)


【参考】


●「目もさやに秋は来にけり牛蒡の葉」の俳句で

「目もさやに」は どういう意味ですか


「目にもはっきりと」の意味になります。


これは『古今和歌集』巻四、秋歌上に見える、藤原敏行のよく知られた歌:


秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

(立秋になって秋が来たと目にははっきりとその様子が見られないが、吹く風に秋が来たとはっと気づかされる)


を踏まえて、『古今集』の立秋の日を詠う古歌には「目にはさやかに見えねども」と詠うけれども、この俳句の作者は「牛蒡の葉」が風にそよぐのを見て、「目もさやに(=「目にもさやかに」を略した言い方)」、つまり、「目にもはっきりと」秋が訪れたのが見える、と言っているのです。(ウィキペディアより)


● 牛蒡ばかり食はする妻のおたんこなす

無礼なる妻よ毎日馬鹿げたものを食わしむ 橋本夢道


「無礼なる妻よ」「毎日馬鹿げたものを食わしむ」。最初、「えっ!」と思いましたよ。でもこんなことを詩でもある俳句にする筈がない、と思いながら繰り返し読んでましたら、そのうち何だか面白くなってきて、笑ってしまいました。

「毎日馬鹿げたものを食わしむ」、「不味いものを」ではなく、「馬鹿げたものを」という不可思議な言い回し、それに「無礼なる妻よ」という呼びかけにも似た呟き。

「不味いものを」でしたらもう字義通りに読むしかなく、「無礼なる妻よ」は怒っている時に使う言葉になってしまう。

「馬鹿げたもの」というのは「いろいろ残り物を工夫して作ったおかずで、何の料理かわからないもの」という意味だと思います。「食わしむ」は「食べさせてくれる」です。少しの詠嘆のニュアンスもあります。

つまり、「すまんこっちゃ、俺の稼ぎが悪いせいでこいつはあるものでどうにかやりくりして、いろいろ食事を作ってくれる。世間のやつだったら文句の一つも言うだろうにこいつは愚痴一つこぼさずにいやがる。ほんにすまんことじゃ。ほんにありがたいことじゃ」と。

いかがですか?以前この句、私は読んだことがありますのでたぶん私の読みは間違ってはいないだろうと思います。


今から橋本さんのことを調べますが、間違ってたらごめんなさい。

*橋本夢道=1903~1974。徳島県生まれ。「秋刀魚」創刊主宰。句集「無礼なる妻」「不類の妻」など。

(村上護著「きょうの一句」より)


以上


by 575fudemakase | 2019-03-26 01:43 | 自作 | Trackback | Comments(0)

拙句 牛蒡連作 高澤良一

拙句 牛蒡連作 高澤良一


新牛蒡どちの雑談牛蒡語で 随笑

上の牛蒡が下の牛蒡に何やらいふ

喜雨聴きつ牛蒡をこそげおとす音

あつあつの牛蒡のささ掻き開化丼

繊維質をうんぬんけふも牛蒡出づ

牛蒡ばかり食はする妻のおたんこなす

目もさやに秋は来にけり牛蒡の葉 素抱

腸によき献立牛蒡一点張り 寒暑

腸の為よろしき牛蒡召し上がれ 随笑

託(ことづか)る注連・松・牛蒡忘れまじ 宿好

牛蒡サラダに軽井沢風コッペパン 燕音

朝市の牛蒡せり出す寺門脇 ねずみのこまくら 昭和六十一年

ごきげんよう朝の畑の新牛蒡

新牛蒡秩父の雨の荒叩き

みるからに黒土こんもり牛蒡引

(末尾は句集名)


【参考】


●「目もさやに秋は来にけり牛蒡の葉」の俳句で

「目もさやに」は どういう意味ですか


「目にもはっきりと」の意味になります。


これは『古今和歌集』巻四、秋歌上に見える、藤原敏行のよく知られた歌:


秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども 風の音にぞ おどろかれぬる

(立秋になって秋が来たと目にははっきりとその様子が見られないが、吹く風に秋が来たとはっと気づかされる)


を踏まえて、『古今集』の立秋の日を詠う古歌には「目にはさやかに見えねども」と詠うけれども、この俳句の作者は「牛蒡の葉」が風にそよぐのを見て、「目もさやに(=「目にもさやかに」を略した言い方)」、つまり、「目にもはっきりと」秋が訪れたのが見える、と言っているのです。(ウィキペディアより)


● 牛蒡ばかり食はする妻のおたんこなす

無礼なる妻よ毎日馬鹿げたものを食わしむ 橋本夢道


「無礼なる妻よ」「毎日馬鹿げたものを食わしむ」。最初、「えっ!」と思いましたよ。でもこんなことを詩でもある俳句にする筈がない、と思いながら繰り返し読んでましたら、そのうち何だか面白くなってきて、笑ってしまいました。

「毎日馬鹿げたものを食わしむ」、「不味いものを」ではなく、「馬鹿げたものを」という不可思議な言い回し、それに「無礼なる妻よ」という呼びかけにも似た呟き。

「不味いものを」でしたらもう字義通りに読むしかなく、「無礼なる妻よ」は怒っている時に使う言葉になってしまう。

「馬鹿げたもの」というのは「いろいろ残り物を工夫して作ったおかずで、何の料理かわからないもの」という意味だと思います。「食わしむ」は「食べさせてくれる」です。少しの詠嘆のニュアンスもあります。

つまり、「すまんこっちゃ、俺の稼ぎが悪いせいでこいつはあるものでどうにかやりくりして、いろいろ食事を作ってくれる。世間のやつだったら文句の一つも言うだろうにこいつは愚痴一つこぼさずにいやがる。ほんにすまんことじゃ。ほんにありがたいことじゃ」と。

いかがですか?以前この句、私は読んだことがありますのでたぶん私の読みは間違ってはいないだろうと思います。


今から橋本さんのことを調べますが、間違ってたらごめんなさい。

*橋本夢道=1903~1974。徳島県生まれ。「秋刀魚」創刊主宰。句集「無礼なる妻」「不類の妻」など。

(村上護著「きょうの一句」より)


以上


by 575fudemakase | 2019-03-26 01:41 | 秋の季語 | Trackback | Comments(0)

飲食の類語 の俳句

飲食の類語 の俳句


食事https://fudemaka57.exblog.jp/29326489/

御飯https://fudemaka57.exblog.jp/29326481/

朝餉https://fudemaka57.exblog.jp/29326522/

昼餉https://fudemaka57.exblog.jp/29326435/

夕餉https://fudemaka57.exblog.jp/29326524/

夕飯https://fudemaka57.exblog.jp/29326508/

朝食https://fudemaka57.exblog.jp/29326498/

昼食https://fudemaka57.exblog.jp/29326495/

夜食https://fudemaka57.exblog.jp/29326433/

正餐https://fudemaka57.exblog.jp/29326486/

晩餐https://fudemaka57.exblog.jp/29326512/

コーヒーhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326511/

紅茶https://fudemaka57.exblog.jp/29326514/

ミルクhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326517/

牛乳https://fudemaka57.exblog.jp/29326441/

チョコレートhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326444/

ランチhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326446/

ジュースhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326445/

コーラhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326505/

ヨーグルトhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326506/

レモンティーhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326491/

レモネードhttps://fudemaka57.exblog.jp/29326494/

番茶https://fudemaka57.exblog.jp/29326490/

茶柱https://fudemaka57.exblog.jp/29326448/

お茶https://fudemaka57.exblog.jp/29326450/

濃茶https://fudemaka57.exblog.jp/29326483/

焙じ茶https://fudemaka57.exblog.jp/29326500/

ジャスミン茶https://fudemaka57.exblog.jp/29326479/

名水https://fudemaka57.exblog.jp/29326484/

点心https://fudemaka57.exblog.jp/29326487/

【お飯 おまんま】https://fudemaka57.exblog.jp/29326478/

【朝飯 朝御飯】https://fudemaka57.exblog.jp/29326477/

【昼飯 昼食 昼御飯】https://fudemaka57.exblog.jp/29326476/

【夕食 夕御飯 晩飯 晩御飯】https://fudemaka57.exblog.jp/29326470/

【軽食 間食】https://fudemaka57.exblog.jp/29326474/

【お八つ お三時】https://fudemaka57.exblog.jp/29326472/

【飲み物 ドリンク 飲み水】https://fudemaka57.exblog.jp/29326468/

【天然水 ミネラルウォーター】https://fudemaka57.exblog.jp/29326467/

【日本茶 緑茶 グリーンティー】https://fudemaka57.exblog.jp/29326466/

【煎茶 玉露】https://fudemaka57.exblog.jp/29326464/

【玄米茶 抹茶 挽き茶 お薄 薄茶】https://fudemaka57.exblog.jp/29326462/

【芽茶 葉茶 茎茶 粉茶 銘茶 粗茶 渋茶】https://fudemaka57.exblog.jp/29326461/

【空茶 出涸らし】https://fudemaka57.exblog.jp/29326460/

【昆布茶 烏竜茶】https://fudemaka57.exblog.jp/29326454/

【エスプレッソ カフェオレ カフェラテ カプチーノ】https://fudemaka57.exblog.jp/29326456/

【ココア ショコラ】https://fudemaka57.exblog.jp/29326458/


以上


by 575fudemakase | 2019-03-24 08:55 | 無季 | Trackback | Comments(0)

夕餉

夕餉

「最後の晩餐」覆はれしとき現なるわれらが夕餉失せにたらずや 高橋睦郎 飲食
CDからこぼれ落ちた夕餉の笛吹童子 松岡月虹舎
いつもより早き夕餉や冬の雨 宮本 静代
いつもより早めの夕餉苧殻焚 高澤良一 暮津
うどん煮て山家は秋の夕餉時 村山古郷
かなかなの近づき過ぎる夕餉かな 内田保人
かなかなやどの家も父のゐる夕餉 鈴木 榮子
かの家も夕餉や寒く父を待つ 千代田葛彦 旅人木
からすうり咲くを見にいづ夕餉あと 水原秋櫻子 餘生
くわりん落つことを夕餉の話題とす 高澤良一 寒暑
けら鳴いてひとりの夕餉音もなし 鷲谷七菜子 黄 炎
ことしは蚊が遅い寺の夕餉でもして去ね 梅林句屑 喜谷六花
さゝやかな夕餉すまして暮遅し 高橋淡路女 梶の葉
スコールに濡れたるままの夕餉かな 金子兜太 少年/生長
そらまめのみどりに汗し夕餉の父 桜井博道 海上
それぞれの花愉しんで来し夕餉 山田弘子 こぶし坂
だまり食ふひとりの夕餉牡蛎をあまさず 加藤楸邨
たらの芽を摘みて夕餉の湯治宿 遠藤文江
ちぬ貰ふ夕餉すみたるところなり 伊丹 丈蘭
ちろちろと夕餉たく火や苫の雪 正岡子規 雪
つれづれに夕餉待たるる木瓜の花 日野草城
トマトなど*もぎ来て夕餉もてなされ 福井圭児
トマト赤一人で喋る娘と夕餉 丸橋静子
とろろ葵妻も半裸の夕餉見ゆ 森澄雄
はかり炭買ひゐて夕餉おくれけり 森川暁水 黴
ひらきそむ夕顔棚に蜑夕餉 小原菁々子
ふらこゝに夕餉つぐる婢や再び 阿部みどり女 笹鳴
ベランダを夕餉の場とし一家健 左右木韋城
ペンションの夕餉の早し火焔菜 大平房江
まずしき夕餉したたむる灯のすずしさよ 野村朱鱗洞
まどろみの後の夕餉の干し鰈 能村登四郎
みどりなす松や父なき子の夕餉 角川源義
わが庭の土筆添へある夕餉かな 渋亭
わが病めば子らいさかはぬ夕餉寒し 吉野義子
一人居の夕餉とセット晦日そば 岡村喜代子
一椀を拝む夕餉や散紅葉 大庭紫逢
稲熟れて冴え冴えとして夕餉とる 細見綾子
稲積んで忙しき夕餉さんま焦ぐ 柴田白葉女 遠い橋
芋掘れば芋の夕餉になりにけり 日野六花子
雲焼くる夕餉の膳にある小魚 富澤赤黄男
泳ぎ子よ岸辺翳なす夕餉どき 林翔 和紙
駅ビルで済ます夕餉や初つばめ 岡本眸
縁うすきひとも夕餉の枝豆に 大野林火 早桃 太白集
縁談や夕餉つねなる冷奴 本島高弓
塩加減ほめて夕餉の豆の飯 数井千昌
牡丹を活けておくれし夕餉かな 久女
何時止みし花火か夕餉済みにけり 野口南枝
夏の夕餉はうれしき馬鈴薯の煮ころがし 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
夏雨に炉辺なつかしき夕餉かな 杉田久女
夏痩のひとりの夕餉皿のこす 三橋敏雄
夏蕨遠山見ゆるころ夕餉 大野林火
家郷の夕餉始まりをらむ夕桜 大串 章
火の匂ひして紅葉村夕餉どき 友永佳津朗
火をせざりし夕餉わびしうさみだるゝ 金尾梅の門 古志の歌
火蛾狂ひ夕餉の睦み荒さるる 加藤翠苑子
花あふぎ夕餉のあとを岸にあり 中田剛 珠樹
花合歓の下のままごと夕餉まで 小松絢子
茄子汁にすこし早めの夕餉とる 高澤良一 素抱
茄子植ゑて夕餉遅るゝ厨ごと 永井寿子
蚊遣火をまづ置く坊の夕餉かな 今里満子(山茶花)
解禁の日なり夕餉の安房若布 兼巻旦流子
海の南風入れて夕餉の卓大き 岡本差知子
垣間見ゆ父母の涼しき夕餉の灯 冨田みのる
郭公とたしかめて取る夕餉かな 角川源義
乾いた手ばかりで掴む夕餉の蟹 久保純夫 瑠璃薔薇館
寒念仏灯なき夕餉の露地となる 『定本石橋秀野句文集』
紀の国の夕餉は早し海雲粥 原 芳恵
菊なます風邪の夕餉を床のうへ 及川貞
休日の早き夕餉の筍煮て 鈴木 榮子
居酒屋の漢の夕餉初鰊 渡辺とき子
京菜あるに白魚を得たる夕餉かな 渡邊水巴 富士
蕎麦好きの神田育ちや梅雨夕餉 水原秋櫻子 蘆雁以後
玉虫を子がもたらせし夕餉かな 瀧澤伊代次
桐あふち薄暑夕餉の家族見ゆ 宮武寒々 朱卓
空の深みに紙片港湾夫の夕餉 金子兜太
空の深みに紙片港灣夫の夕餉 金子兜太
兄弟の夕餉短し冷奴 加藤楸邨
蛍烏賊ムー大陸は夕餉どき 小笠原風箕
蛍狩夕餉つめたきもの食べて 大石悦子
月島や夏犇犇と阿鼻叫喚の夕餉どき 橋本夢道
月夜富士犬に與へし憂き夕餉 三橋敏雄
月朧坊の夕餉の湯葉づくし 塩澤美津女
遣羽子に負けてくやしき夕餉哉 遣羽根 正岡子規
湖よりも凍みて根場の夕餉どき 依田由基人
狐罠かけきし夕餉黙し食ふ 亀井糸游
胡瓜もみ夕餉明るき中にすむ 相馬 黄枝
向き合う二階の夕餉たがいに秋灯満たし 金子兜太
向日葵に人の夕餉となりしかな 永井龍男
溝川の澄むに夕餉の烏賊洗ふ 下村ひろし 西陲集
行水の後の夕餉や養老酒 行水 正岡子規
砂糖黍かぢり居り母のこゑ夕餉呼ぶ 伊丹三樹彦
妻の呼ぶ夕餉早めや花鬼灯 冨田みのる
妻子いま夕餉のころか初蛙 長谷川櫂
菜食の夕餉の清し白絣 中村純子 『花守』
索麺の一丈ありて夕餉かな 岩瀬鴻水
桜草灯下に置いて夕餉かな 富田木歩
桜鯛釣れしと夕餉待たさるる 朝倉和江
鮭ぶち切つて菫ただようわが夕餉 赤尾兜子 歳華集
札納の京にて夕餉すませけり 角 光雄
皿替へて夕餉はなやぐ若葉季 古賀まり子 緑の野
三十三才あとばたばたと夕餉かな 中村汀女
山葵買ひ足して夕餉のものととのふ 岡本眸
山降りて夕餉もたのし門蛙 福田蓼汀 山火
山住みに馴れし夕餉の衣被 平岡保人
山小屋の夕餉早しや目細鳴く 大野今朝
蚕飼妻夕餉の肩を蚕這ふ 三宅句生
姉妹夕餉のじやが芋煮ゆるとき 川崎展宏
子と母の夕餉あやめを眸にゑがき 三橋鷹女
子の為に朝餉夕餉のトマト汁 星野立子
子等帰り夕餉待つ間の蜩に 坂井建
獅子舞にひそと鎖しゐて夕餉かな 富田木歩
紫蘇揉んでひとりの夕餉涼しけれ 石田あき子 見舞籠
紫陽花や水辺の夕餉早きかな 水原秋桜子
時雨るるやすぐ洗い終う夕餉のもの 古沢太穂 古沢太穂句集
次の間にいただく夕餉秋簾 瀧 春一
次の間に夕餉たのしげ春灯漏れ 日野草城
汐あびの戻りて夕餉賑かに 杉田久女
七夕竹人の夕餉の覗かるる 欣一
煮魚の夕餉どの家冬隣 高澤良一 素抱
煮凝やなべて夕餉は母ごのみ 白岩 三郎
若菜あおしひとりの夕餉灯をともさず 藤木清子
手づくりの胡瓜夕餉のサラダかな 麻生 良昭
酒そはぬ四日の夕餉すましけり 山田佐々子
酒絶ちて夕餉はやまる花菜漬 岡本眸
受験子の夕餉のキャベツ大盛りに 館岡沙緻
受賞作家夕餉の秋刀魚焼いてをり 鈴木真砂女
秋雨や夕餉の箸の手くらがり 永井荷風
秋風や夕餉すませて子と町に 安住敦
終戦日夕餉の椀に貝の砂 今村妙子
十一や山家の早き夕餉の灯 五味すず
十月を送る夕餉のあとに柿を 森川暁水 黴
十薬のまだ見えてゐる夕餉かな 本庄登志彦
宿の夕餉は日のあるうちの水にあやめ 荻原井泉水
春雨や夕餉せかるる汁葉摘み 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
春潮の陽も円肩の夕餉ごろ 飯田龍太
初がつをと筍飯の夕餉かな 田中冬二 俳句拾遺
初秋刀魚夫が夕餉をせかせけり 伊藤圭子
初雪に*このしろ灸る夕餉かな 野村喜舟
女房の待ちゐし夕餉ねぶか汁 日野草城
松過ぎてサラダ色めく夕餉膳 初川トミ子
松手入松の匂へる夕餉かな 中村勝臣
松茸の一本に夕餉豊かなり 瀬戸みさえ
沼に月いでし裸の夕餉かな 橋本鶏二 年輪
食糧難つづく夕餉鶴のごとくにのみ下す 橋本夢道
新しき流木夏の夕餉どき 飯島晴子
新酒上りて安堵の杜氏と夕餉かな 比叡 野村泊月
新藷に夕餉すゝみしうれしさよ 中尾白雨
新豆腐添へる夕餉や秋祭 水原秋櫻子 餘生
新涼の灯が早かりし夕餉かな 楠目橙黄子 橙圃
人波に夕餉時あり生姜市 栗原米作
須磨涼し唐人どもの夕餉時 正岡子規 涼し
水鶏鳴く子らの夕餉の狼藉に 堀口星眠 営巣期
水菜切る音も夕餉の膳にのる 岩谷末子
雛の灯も忘れてそそと夕餉かな 富田木歩
生きさざえ焼きて夕餉や夜の空 細見綾子
聖画のような夕餉が見えて 冬の月 伊丹公子 時間紀行
西日なほ北に遊べる夕餉かな 阿部ひろし
青ぬたや夕餉の卓に若き客 吉田道子
青紫蘇を刻めば夕餉整ひし 星野 椿
青田より鯰を得たる夕餉かな 野村喜舟 小石川
青葉木菟夕餉を終へし手を拭けば 水原秋櫻子
接木して落ちつかぬ日の夕餉なり 藤原たかを
接木ふと心もとなき夕餉かな 田村木国
雪国の夕餉は早し寒念仏 小島健 木の実
先づはまづ水打つてをり夕餉まへ 森澄雄
浅漬の贅一本を切る夕餉 坊城中子
禅林に夏日まともの夕餉かな 久保田月鈴子
早春の寺の夕餉に場気のもの 中山純子
早春の寺の夕餉に湯気のもの 中山純子 沙羅
草の実や留守の夕餉の日あるうち 橋閒石
霜くすべ夕餉了へても明るかり 中原道夫
霜やけや母に夕餉の後影 『定本石橋秀野句文集』
打水に一人きりなる夕餉かな 石橋秀野
待宵や夕餉の膳に松の月 正岡子規 立待月
大寒の独りの夕餉冷めやすし 竹内恒男
大根煮や夕餉の病舎さざめきて 波郷
大阪の普通の夕餉鱧料理 後藤比奈夫
大北風の煤降る中に夕餉かな 金尾梅の門 古志の歌
茸の名いちいち聞いて宿夕餉 高澤良一 燕音
短日の薬臭の歯にとる夕餉 山田弘子 螢川
男あり晩き夕餉の秋刀魚焼く 寛彦
男の子と辛夷見に行く夕餉前 川崎展宏
地虫なく農家と同じ夕餉どき 百合山羽公 故園
朝よりの跣足のまゝの夕餉かな 村上星洞
潮あびの戻りて夕餉賑かに 杉田久女
蝶消えて夕餉の席に真理ゐるか 角川源義
鶴来る大皿十枚にして夕餉 相川文子
庭に敷く夕餉の筵こどもの日 坂本竜門
田楽に夕餉すませば寝るばかり 杉田久女
田楽や夕餉のあとの永日射 石田波郷
渡り漁夫朝刊を読む夕餉時 刈込照子
土筆添へて夕餉の箸のはじまりぬ 及川貞
冬館一人のための夕餉の灯 戸川稲村
冬灯滲む夕餉終りし窓々なり 松崎鉄之介
凍てし髪の綿屑知らで夕餉かな 渡辺水巴 白日
湯の宿の露台の夕餉旅楽し 池内友次郎 結婚まで
湯気のたつものの夕餉や春の雪 鈴木真砂女
豆飯がけふ出先にも夕餉にも 藤田湘子 神楽
陶工の夕餉ほうたるなだれけり 黒田杏子 花下草上
南部ことばいきいき杜氏らの夕餉 荒井正隆
葱汁と塩鱈のこの夕餉かな 細見綾子
熱き場に水さす春の夕餉どき 飯田龍太
熱き湯に水さす春の夕餉どき 飯田龍太
覗き行く夕餉の家や鰯賣 鰯 正岡子規
波郷忌の夕餉のものを買ひに出づ 関戸靖子
波郷忌を言ひてだまりし夕餉かな 関戸靖子
這ひ交む蚕蛾夕餉のおそき農 丸山海道
蝿生る共働きの遅夕餉 新島 艶女
萩剪つて花こぼしたる夕餉前 佐藤鬼房
白魚飯炊きて夕餉をすごしけり 水原秋櫻子 餘生
白鳥の貧しき夕餉水鳴らし 堀口星眠 営巣期
麦嵐なぎたるあとの夕餉かな 萩原麦草 麦嵐
箱庭の水車が廻る夕餉かな 田中美沙
肌脱ぎの役者溜りも夕餉時 山崎千枝子
板じきに夕餉の両ひざをそろへる 尾崎放哉
枇杷腹と言ひつも夕餉にぎはへる 古村美恵子
病院の夕餉は早し木瓜は実に 柳沢健一郎
病熱の憂しき夕餉に蜜柑の黄 中尾白雨 中尾白雨句集
苗木売り夕餉の灯色遠く見て 桂信子 遠い橋
風鈴狂へり夕餉おくるゝ由ありて 竹下しづの女 [はやて]
風呂吹にあたゝまりたる夕餉かな 岩木躑躅
風呂吹や二人の夕餉静かなる 吉村容子
蕗の薹煮てかんばしき夕餉かな 富田木歩
仏との早き夕餉や盆三日 北村 保
仏壇の火も入れ夕餉盆休 大野林火 月魄集 昭和五十四年
平凡に生きて秋刀魚の夕餉かな 前川良雄
母と子に夕餉の豆腐秋ふかし 片山桃史 北方兵團
母に遠きおもふこの日夕餉の冷し汁 中川一碧樓
母の日の常のままなる夕餉かな 小沢昭一
母屋から運ぶ夕餉や栗の花 杉田久女
法師蝉耳に離れし夕餉かな 阿波野青畝
頬凍て子の帰り来る夕餉哉 子規
頬凍て子の歸り來る夕餉哉 正岡子規 凍る
北風あと心呆けし夕餉かな 富田木歩
盆の灯に青き夕餉の仏たち 鈴木鷹夫 渚通り
繭ごもる音のたのしき夕餉かな 史朗
蔓引いてむかごの夕餉決まりけり 坊城 中子
娘がゐねば夕餉もひとり花の雨 杉田久女
命日のけふは夕餉も茄子汁 小松月尚
明るくて夏の夕餉はすでに終ふ 山口波津女
迷ひ蝉夕餉一家を掴み去る 石塚友二
綿虫をつれて夕餉にかへりくる 羽公
夜学終へし妻との夕餉子は眠り 石井とし夫
野遊や夕餉は連れの友の家 鈴木花蓑
夕焼けに少しおくれし夕餉かな 関村光子
夕焼を見て来て夕餉青野菜 細見綾子
夕餉あと尚明るくて蚊喰鳥 山口波津女
夕餉あと裏の川べり焼きにけり 金尾梅の門 古志の歌
夕餉さへ終日ひとり雁わたる 及川貞 夕焼
夕餉して居どこにまよふ土用凪 石塚 友二
夕餉すみて根岸を出るや酉の市 正岡子規 酉の市
夕餉すみて濱の散歩や鰯網 鰯 正岡子規
夕餉すみ夏山のさま母は問ひぬ 石橋辰之助 山暦
夕餉にはわれにも粥や成道会 森 澄雄
夕餉には戻ると答へ初時雨 中戸川朝人 尋声
夕餉に腹足りて出づれば夏の月 高澤良一 暮津
夕餉のあと夕顔を見て星を見て 高澤良一 暮津
夕餉の香してつゆけさの町の空 草間時彦
夕餉の座おしだまり山焼けてゐる 金尾梅の門 古志の歌
夕餉はてゝ迎火を焚くいそぎ哉 迎火 正岡子規
夕餉まだひとり帰らず良夜かな 藤田久子
夕餉まだ日のあるうちや桜鯛 森澄雄
夕餉までの眠りの中の遠ひぐらし 和田耕三郎
夕餉まで山葵田めぐりせよと言ふ 川井玉枝
夕餉まで腹へつてゐる単衣かな 森澄雄
夕餉まで炉に吊る鍋の小春かな 小杉余子 余子句選
夕餉よばふ声にわかれぬ雪遊び 金尾梅の門 古志の歌
夕餉呼ぶ子の声さやに夏来る 角川源義
夕餉後の明るさにあり萩根分 大江梅
夕餉時いつもの守宮来てをりし 小玉孩子
夕餉時は亡きひとら来る花うつぎ 熊谷愛子
夕餉時葭切は何の刻ならむ 相生垣瓜人 微茫集
夕餉炊くでもなしの粥あつくうからあきぬ 梅林句屑 喜谷六花
夕餉待ち梅雨ひぐらしを待つこころ 水原秋櫻子 蘆雁
夕餉待つ眼悲しく蝿を打つ 角川源義
夕餉待つ眼悲しく蠅を打つ 角川源義
夕餉待つ落葉明りに雀ゐつ 林原耒井 蜩
夕餉焚く母の顔みてちゝろ虫 百合山羽公 故園
夕餉目剌をみんなで分けて祈らず喰う 細谷源二
容赦なく関節折つて蟹夕餉 江守美千代
用心深い鳥影うごく 夕餉どき 伊丹公子
葉唐辛子一枚簾下げて夕餉 長谷川かな女 花 季
浴衣の胸ややにはだけし師と夕餉 松崎鉄之介
流星や露台の夕餉終ひけり 石橋秀野
旅果ての夕餉のすしの金目鯛 村上辰良
旅籠屋に夕餉待つ間の暮遅し 正岡子規 遅き日
淋しき夕餉しまひたり電燈ともる 種田山頭火 自画像 層雲集
隣より筍届き夕餉膳 横井栄子
隣人も夕餉の早きキャンプかな 笹本カホル
炉にくべる薪切り終へて夕餉待つ 松崎鉄之介
老夫妻黙の糸瓜に夕餉はや 松村蒼石 露
帚木に男ばかりの夕餉して 中田剛 竟日
漱石忌猫に食はしてのち夕餉 平井照敏
筍流し沈める屋根を被て夕餉 長谷川かな女
艀の夕餉に倉庫を曲るまで見られ 金子兜太
萵苣欠ぎて夕餉の支度とゝのひし 平野一鬼
蜩や誰かに見られゐし夕餉 加藤秋邨
螢狩夕餉つめたきもの食べて 大石悦子 聞香
螻蛄鳴くやひとりの夕餉戸を閉てず 金久美智子
鱧皮や夕餉半ばに雷迫り 村上光子

以上

by 575fudemakase | 2019-03-24 08:15 | 無季 | Trackback | Comments(0)

朝餉

朝餉

うぐひすや朝餉の卓に茶碗蒸し 水原秋櫻子 蘆雁
きのふの白魚にて朝餉をし夫婦 梅林句屑 喜谷六花
けさ秋の島の朝餉のもづく粥 茂里正治
しみじみと朝餉のゆたか終戦日 山下美典
チーズドリアに朝餉の庭の涼しかり 菅野イチ子 『花漆』
チンと鳴る朝餉余寒のドル相場 大西やすし
はて薬飲みしか小春の朝餉あと 高澤良一 随笑
ほととぎす夜明の前に朝餉来て 黒坂紫陽子
まみどりの朝餉に狩の祖父ら来る 佐藤鬼房
ものくさの蚊帳もたゝまず朝餉かな 田中塵外
リラの香の朝餉来合はす修道女 堀口星眠 営巣期
わが朝餉*もぎし無花果よりはじむ 楠井光子
われのみに肉添ふ梅雨の朝餉憂し 石川桂郎 含羞
伊予の国栗煮ふくめの朝餉かな(松山にて) 細見綾子
一人とる遅き朝餉や寒玉子 三沢久子
一人居のおそき朝餉や鳥交る 谷島 菊
一枚二十銭の絵を売り食へり凍ての朝餉 三橋鷹女
雨の鵙朝餉は沖を見る椅子に 及川貞 夕焼
雲の峰真向ひにして朝餉かな 長谷川櫂 虚空
燕鳴く朝餉のゴングどてら脱ぐ 林原耒井 蜩
燕来て子等の健啖朝餉より 新明紫明
屋根は雪をしみじみ積んで下は朝餉 細谷源二
花冷に朝餉の卵もりあがり 鉄宮多佳詩
海雲粥好みの味に朝餉かな 山本せつ子
郭公や家族の朝餉まちまちに 松倉ゆずる
郭公や牧の朝餉の木のナイフ 平野無石(梛)
粥も好き京の朝餉の花菜漬 浅野白山
寒暁の小塩いただき寺朝餉 松本 旭
寒玉子即ち破つて朝餉かな 阿波野青畝
間引菜のみどり柔らに朝餉汁 粂田美智子
帰省子の遅き朝餉に誰もゐず 上田五千石『琥珀』補遺
玉子かけご飯の朝餉敗戦日 高澤良一 暮津
玉子一つ割りて朝餉や走り梅雨 鈴木真砂女 夕螢
玖珠の温泉の朝餉椎茸焙りしを 松岡伊佐緒
熊笹を敷く朝餉なり夏の百舌鳥 水原秋櫻子 古鏡
江寒く蛋民の朝餉見て下る 鈴木六林男 荒天
高きに登る神葉(じんば)の味噌汁で朝餉 金子兜太
黒南風や手首重たき朝餉前 日越意津子
佐渡見ゆる船の朝餉の新生姜 東條和子
妻が招く朝餉や蝉の涼しさに 山口青邨
妻の座に妻いて朝餉柿坊主 内田恒道
菜を間引く朝餉のための一掴み 穂坂日出子
桜桃の花の静けき朝餉かな 川崎展宏
鮭番の朝餉の鮭の部厚さよ 時彦
笹粽旅の朝餉に添へくれし 高濱年尾
山鳩もひとり朝餉か萩ゆれて 堀口星眠 営巣期
残鶯や朝餉おくりの舟見出づ 太田鴻村 穂国
子の為に朝餉夕餉のトマト汁 星野立子
思ひ切り晴れし雪嶽や朝餉の座 村山古郷
私と鴉とおどけそびれている朝餉 乾 禎子
歯こまかき子の音朝餉のきうり漬 古沢太穂
歯こまかき子の朝餉のきうり漬 古沢太穂
七夕の見ゆるところに朝餉する 阿部みどり女
煮凝りにパセリの青き朝餉かな 中村苑子
種下しして来し朝餉二人きり 高野素十
種蒔に朝餉の迎へ来りけり 皆川白陀
受験終へぬ四月となりてゐし朝餉 及川 貞
秋くると朝餉の味噌の香は酸つぱ 富澤赤黄男
秋蚕終ふ朝餉の箸を常の位置 飯田龍太
汁淡竹小鉢わらびの早き朝餉 及川貞 夕焼
出されし朝餉は茶粥木の芽和 星野立子
出穂の田の日の出に村はすむ朝餉 長谷川素逝 村
春の朝餉天窓の日ざしぽと落つる 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
春蝉や朝餉の箸を揃へ置く 稲田眸子
春霜や兵の朝餉のはや了る 村山古郷
初菊を活けて朝餉の豊かなり 川村はるか
初霜や朝餉のあとの茶のかをり 日野草城
初霰耳に残りてゐし朝餉 相生垣瓜人 微茫集
小豆粥おそき朝餉を老夫婦 島村茂雄
焼いわし食うぶ朝餉も暑さ馴れ 高澤良一 素抱
障子にしみて汽笛鳴るつつましき朝餉 シヤツと雑草 栗林一石路
新海苔の色つやを賞づ朝餉かな 飯山白咲
真つすぐに朝餉の煙瑠璃来鳴く 右城暮石 声と声
神饌田守朝餉の萵苣を摘み戻る 朝日澄子
人日に拘わりのなき朝餉なり 鈴木句秋
青山の照り出す夏の朝餉の座 村山古郷
雪はれの朝餉の酸茎噛みにけり 日野草城
雪焼の男にしづかなる朝餉 有働 亨
雪晴のヒユツテの朝餉皆はやく 石橋辰之助 山暦
雪晴の朝餉の酸茎噛みにけり 日野草城
雪晴の朝餉の酢茎噛みにけり 日野草城
雪晴れの朝餉の酢茎噛みにけり 日野草城
僧等の朝餉ひそかにて顔汗しとど 加藤知世子 花寂び
早発ちの夫の朝餉に柚の香添へ 安野良子 『篝火草』
草萌や日ざしへだつる朝餉 金尾梅の門 古志の歌
送り出してひとりの朝餉レモン切る 寺岡捷子
霜焼の男にしづかなる朝餉 有働亨 汐路
息の根にふれて朝餉の蕗の薹 細見綾子
息災を願う朝餉や寒卵 中井敏子
谷あひの町の朝餉ぞほとゝぎす 飴山實 句集外
探梅の記事あり雑炊の朝餉了ふ 原田種茅 径
団栗や熊野の民の朝餉 凡兆
昼近き朝餉に雪の白根嶽 飯田龍太
朝顔に朝餉の煙かゝりけり 松藤夏山 夏山句集
朝市の甜瓜(まくわ)を朝餉代りかな 高澤良一 寒暑
朝餉すみし汗やお位牌光りをり 渡辺水巴 白日
朝餉とる間もくわうくわうと鶴帰る 内山芳子
朝餉とる部屋のまはりに雪がふる 高屋窓秋
朝餉なる小かぶがにほふやゝ寒く 及川貞
朝餉なる小蕪がにほふやや寒く 及川 貞
朝餉に火かけて茗荷の子をとりに 宮下翠舟
朝餉のもの朴の葉で煮るなお濃霧 金子兜太
朝餉の間老鴬霧に沈みたる 林原耒井 蜩
朝餉の座仙台虫喰をきくは誰 水原秋桜子
朝餉の茶台風接近前にして 高澤良一 暮津
朝餉はすゞしいぢやが芋三つ四つだけで 種田山頭火 草木塔
朝餉ひそと風邪の子にへだたりて 大野林火 海門 昭和七年以前
朝餉まつ冬服の膝折りそろへ 谷野予志
朝餉終ふ間にあとかたもなき霧氷 篠田悌二郎
朝餉前霧を満喫して戻る 百合山羽公 寒雁
朝餉待つ胡坐に吾子とぬくみ育てつ 篠原梵
朝餉遅しなか~霞む東山 渡邊水巴
朝餉用夏葱いつぽん抜く男 谷内茂(高志)
鶴の田に旭のさだまれる朝餉かな 大岳水一路
凍庭に鳥の撒餌もして朝餉 皆吉爽雨 泉声
湯治場の朝餉の干菜汁熱し 吉田ひろし
藤の実が朝餉にはぜて予後はじまる 上林 裕
奈良はよし朝餉の卓に初桜 福田蓼汀
葱あまき朝餉の汁をしあはせに 西島麥南
納豆の糸ひく朝餉断絶家族 中台春嶺
梅さぶし灯もきへず朝餉 素覧
白粥の朝餉に夏のものばかり 原石鼎
白鷺の朝餉は何や春田道 高澤良一 随笑
麦秋の朝が朝餉の外に来て 長谷川素逝 村
八つ手の葉掻いてゐ朝餉まだか 梅林句屑 喜谷六花
鳩交む病者朝餉の窓にして 稲垣きくの 黄 瀬
避暑の荘朝餉の卓を青芝に 日野草城
眉白や朝餉の匂ふキャンプ村 樟真弓
百合の香や朝餉の炭火つぎに来る 村山古郷
病人に遅き朝餉や春の雨 木村蕪城 一位
病良き朝餉ちよつぴり鶯菜 森総彦
不漁(しけ)の朝餉鍋墨につく静かな火 佐藤鬼房
不漁の朝餉鍋墨につく静かな火 佐藤鬼房
父の死を告ぐに朝餉の医師起たず 伊丹三樹彦
父母遠し朝餉にきざむ瓜の音 小山えりか
父母老いて朝餉静かや庭桜 高浜年尾
母が買ひ来て朝餉明るき熊手かな 新井声風
味うすき京の朝餉の秋茄子 今井つる女
夢に泣きて朝餉すすまず茗荷竹 皆川白陀
霧の海に朝餉の塵を掃く名残り 宮武寒々 朱卓
霧よりも上で朝餉の菜を洗ふ 岡田史乃
明易き瀬に口すすぎ朝餉する 水原秋櫻子 岩礁
野分して向の朝餉垣はなし 正岡子規 野分
立秋の父なき朝餉今済みし 高田風人子
旅の朝餉青波見する冬の湖 村山古郷
旅の朝餉嶽麓雪を敷きにけり 村山古郷
旅の爪うとむ朝餉やものの芽や 角川源義
鈴虫のこゑの全き朝餉かな 原裕 『青垣』
鈴虫の声の全き朝餉かな 原裕
簾買ふのみに妻出づ朝餉あと 白岩 三郎
露の玉朝餉のひまもくづれざる 高屋窓秋
露むぐら半島びとの朝餉のとき 古沢太穂 古沢太穂句集
茉莉花の摘みたて浮かべ朝餉の茶 渡真利真澄
茗荷竹朝餉に妻とかく生きて 金子麒麟草
蟷螂の朝餉またたくひまに了ふ 三橋鷹女
蟷螂の貧しき朝餉吾が朝餉 三橋鷹女
鶯や朝餉のはこべ匂うなり 古沢太穂 古沢太穂句集

以上

by 575fudemakase | 2019-03-24 08:14 | 無季 | Trackback | Comments(0)

ミルク

ミルク

クリスマス近し少年はミルク色 対馬康子 愛国
コーヒーのミルクの渦や今朝の冬 山田節子
こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
デモ暗く揉み合うミルクを地に散らし 金子兜太
ばらの根にミルクの罐や梨の皮 寺田寅彦
ベビー蒲団干してミルクの匂ひ立つ 栗山妙子
ペレストロイカ ミルク初冬の喉に白し 国 しげ彦
みこぼすミルクの端にゐし蟻よ 加藤楸邨
ミルクこぼれ一面復活祭の夜 有馬朗人
ミルク甘し島の茶房の時雨窓 村山古郷
もてなさる収穫の甘藷濃きミルク 及川貞 夕焼
雲海に穴ありミルクごぼごぼ飲む 横須賀洋子
何の顔ありてか僕に酒よりミルク 楠本憲吉 方壺集
夏痩の犬と頒け合ふミルクかな 石田あき子 見舞籠
花嫁のしるくミルクの深紅かな 攝津幸彦
花海棠散りこむ犬のミルク壷 芝 由紀
花菜どき内側ひかるミルク罐 佐藤鬼房
寒さは若さ朝のミルクに膜生れて 川口重美
気怠さのミルク飲み干し夏近き 藤原たかを
五月微風ミルクの膜の舌ざはり 秋元不死男
祭日の君との朝はミルク飲む 奥野ちあき
菜種梅雨関守ぬくめしミルク飲む 角川源義
子がなくて苺ミルクの匙なむる 桂信子
子の留守のミルクは妻と分ち飲む 伊丹三樹彦
死を遁れミルクは甘し炉はぬくし 橋本多佳子
歯ぎしりを天に双手をミルクの中へ 児山正明
秋はものの 珈琲封じるミルクの膜 伊丹三樹彦
終戦日ミルクに浸すパンの耳 崎間恒夫
十二月八日ミルクの膜厚き 櫂未知子
春暁やミルク屋は壜奏で過ぐ 楠本憲吉 孤客
掌中に寒のミルクを温めぬ 対馬康子 愛国
松本は明易き町ミルク買ふ 有動 享
上京や春は傷みしミルク膜 あざ蓉子
新米やミルクのやうなとぎ汁も 辻桃子
青栗やミルクふくます日陰婆 宮坂静生 雹
青田の径真直ぐの北陸ミルク冷し 金子兜太
洗面のミルクに霧のうごきくる 石田波郷
船ゆれて苺のミルクかたよりぬ 田中憲二郎
窓を川霧 ミルク・ポットは諸手で抱く 伊丹三樹彦
太陽にミルクをこぼす木瓜の花 杉浦はるか
大脳やミルクの湯気の立ち込めり 松本恭子
鷹鳩と化すコーヒーにミルクの渦 吉田ひろし
朝のミルクこつくり白し晩春の身は奔放に在りてしづけし 小島ゆかり
朝の街ミルクのなかのイエス様 滝口千恵
天高く羊ケ丘のミルク濃し 岩崎照子
冬木根にこぼれミルクや科吸はる 中村草田男
濃きミルクひとを去なしめ沸しをる 伊丹三樹彦
濃きミルクわが卓にあり春浅き 有働亨 汐路
馬上はるかミルク片手の母が居る 対馬康子 吾亦紅
白い靄に朝のミルクを売りにくる 高屋窓秋
白南風の牧のミルクは立つて飲む 有働 亨
分ち飲む猫亡しミルクひとり飲む 日野草城
別れんと寒のミルクを杯に亨く 角川源義
母の日ひとり珈琲にミルク咲き 岡本眸
霧吹けり朝のミルクを飲みむせぶ 石田波郷
野火殖ゆるミルク口ードは暮れゆけり 阿波野青畝
遊ぶかに蚊のとびわたり濃きミルク 中村草田男
落葉に白き納め忘れのミルク瓶 有働亨 汐路
立つて呑むミルクが熱し雪害地 有働亨 汐路
緑ゆく自転車かごにパイ・ミルク 上田日差子
緑蔭の戸毎に朝のミルクあり 石橋辰之助
和解とは苺ミルクを潰すのみ 河野多希女 両手は湖
嚥みこぼすミルクの端にゐし蟻よ 加藤秋邨
苺にミルクたつぷりかけて夜が余る 菖蒲あや
苺食む朱唇ミルクに濡れそぼち 日野草城
苺潰すミルクの中に灯を交ぜて 佐野まもる

以上

by 575fudemakase | 2019-03-24 08:10 | 無季 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

渡御 の俳句
at 2019-05-20 06:59
拙句 五月雨の俳句
at 2019-05-20 05:05
拙句 青葉の俳句
at 2019-05-20 04:45
拙句 若葉の俳句
at 2019-05-20 04:38
拙句 緑の俳句
at 2019-05-20 04:33

外部リンク

記事ランキング