人気ブログランキング | 話題のタグを見る

春の蚊

春の蚊

例句を挙げる。

あはあはし春蚊よりわが生きざまは 朝倉和江
いきものは春の蚊なりし来るらしき 小池文子 巴里蕭条
しばらくは耳に春の蚊熊野道 斉藤夏風
たゝみ居る衣よりたちし春蚊かな 森千代子
ともしびにうすみどりなる春蚊かな 山口青邨
ともしびの色定まりて春蚊出づ 波多野爽波 鋪道の花
ひつそりと春の蚊を打つ水の音 森田正実
ぷーんと来る春の蚊にしてあな近き 高澤良一 寒暑
みどり児の手を出し眠る春蚊出づ 伊東とみ子
もの云ふはめんだう春蚊ふつと吹く 長谷川かな女 雨 月
ゆく春の蚊のスタンドに影ひける 臼田亞浪 定本亜浪句集
よだれかけ乳くさければ春蚊出づ 上田五千石 田園
わが袖のどこかに失せし春蚊かな 加倉井秋を 午後の窓
不忍の池より春の蚊の来たる 今井杏太郎
仏像のてのひらにして春蚊の死 鷲谷七菜子 黄 炎
何か曳き春の蚊飛べり三鬼亡し 秋元不死男
何もかもゆるしてをりぬ春蚊かな 松山足羽
何もかも春蚊も親し草の庵 富安風生
先生のあたりはづれや春蚊出づ 横山昌子
写楽の絵見てゐる春の蚊きいて 北原白秋
初蚊遣けふ箸初の浩宮 石田あき子 見舞籠
初蚊遣香や変らず青き渦 百合山羽公 寒雁
坐しゐたり鴫立庵の春の蚊に 町田しげき
声のみの春の蚊措きて文なさず 石川桂郎 四温
声明の黙より春の蚊がひとつ 中岡毅雄
夕日かなし春の蚊柱だけに差す 加倉井秋を 午後の窓
夕空を昇らむために春蚊生まれ 木村勇
大伽藍ぬけたる安房の初蚊なり 辻桃子
女のこと思ひ出さする春蚊かな 右城暮石 声と声
建長寺さまの東司や春蚊いづ 小沢謙三
御代の春蚊屋は萌黄にきはまりぬ 越人
患者らの血に太りたる春蚊打つ 三宅年子
愛憎の誰彼とほし初蚊遣 伊藤孝一
文机の脚を離れぬ春蚊かな 石川桂郎 高蘆
春の蚊がとまり白墨まみれの手 日原傳
春の蚊が墜ちし海図の最深部 内藤吐天 鳴海抄
春の蚊だ竹林に風呂立ててゐる 北原白秋
春の蚊のいておぞましや亭を去る 高濱虚子
春の蚊のうすうすとして灯に寄りぬ 水谷 たつ子
春の蚊のこゑなき肋痛むなり 石田波郷
春の蚊のとまりて敷布のべられし 中島月笠 月笠句集
春の蚊のひとたび過ぎし眉の上 日野草城
春の蚊のゐておぞましや亭を去る 高浜虚子
春の蚊のゐる手さぐりに吊り束子 石川桂郎 高蘆
春の蚊の乞食(ほいと)の葱にまとはるも 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
春の蚊の低きへ飛びて見失ふ 右城暮石 声と声
春の蚊の噂ほどなる声曳きて 野沢節子
春の蚊の寄つて来るのは寂しいか 佐々木六戈 百韻反故 冬の皺
春の蚊の尻ほそぼそと影のあり 吉武月二郎句集
春の蚊の文福茶釜より出でて 横山たかし
春の蚊の燈のほとり過ぎ顧みず 山口誓子
春の蚊の畳に低くそひうせし 上村占魚 球磨
春の蚊の絮の如くに吹かれきし 古賀 秀女
春の蚊の翅がうごいて紅らみぬ 今井杏太郎
春の蚊の翅のみどりに辞書の中 中拓夫
春の蚊の翅も乱さず打たれけり 加藤あき江
春の蚊の聞き誤りし声やらん 高濱年尾 年尾句集
春の蚊の肢折れやすく子を嫁かす 角川源義 『秋燕』
春の蚊の腹のみどりに辞書の中 中拓夫 愛鷹
春の蚊の酒肴の上をとびにけり 大橋櫻坡子 雨月
春の蚊は人になじまず去り行けり 高濱年尾 年尾句集
春の蚊ふつとたたいた 北原白秋
春の蚊やまみえてくらき翁像 深見けん二
春の蚊や一つとまりし雛の顔 正岡子規
春の蚊や乞食の葱にまとはるも 佐々木六戈
春の蚊や深酒せぬに二日酔 近藤一鴻
春の蚊や牡丹の覆けふ除りし 清原枴童 枴童句集
春の蚊や着物の膝をはなれゆく 三橋敏雄 まぼろしの鱶
春の蚊や職うしなひしことは言はず 安住敦
春の蚊や舞の由来に大柱 古館曹人
春の蚊よ竹林に風呂焚きつけて 北原白秋
春の蚊を真つ先に打つ女かな 仙田洋子 雲は王冠
春の蚊を遊ばせてゐる一と間かな 細川加賀 『玉虫』
春蚊たつ花鳥の袂曳く辺より 大橋敦子
春蚊とてめぐるをしばし許しけり 植田露路
春蚊とび子恋は安らぎに似たり 細川加賀
春蚊出づ擁きて世に遅るゝや 小林康治 玄霜
春蚊出づ暗きに文書裁断器 山崎ひさを
春蚊出てゆふべやさしきもののかげ 向田貴子
春蚊出て久女の墓に音生まる 北見さとる
春蚊出て早鐘の音をまとひけり 北見さとる
春蚊浮く夜や山ちかく移り住み 高井北杜
春蚊生る良寛の背の黒松に 堀 古蝶
春蚊生れて一隅水のひゞきけり 山上樹実雄
春蚊生れ闇も綾目をなせりけり 福永耕二
春蚊鳴く耳のうしろの暗きより 小林康治
松の幹によるべなくとぶ春蚊かな 雑草 長谷川零餘子
死をのがれたるか春蚊に鳴き寄らる 山口波津女 良人
浅草の鐘鳴り春の蚊一匹 石橋秀野
漂へる春蚊に昏き伎楽面 有馬籌子
独り病めば春蚊ささやく鼻の上 細川加賀
畳目にまぎれて春の蚊なりけり 岡本眸
病む母の息あはあはと春蚊いづ 恩田秀子
眼鏡の度上げねば初蚊見失ふ 高澤良一 素抱
紅茶土瓶の湯気の夜の春の蚊 北原白秋
脚垂れてきて金刀比羅の春蚊かな 古舘曹人 樹下石上
襟掛けてをれば出初めし春蚊かな 下田実花
西方に飢えし国あり春蚊鳴く 和田耕三郎
観音の腰のあたりに春蚊出づ 森澄雄
酒匂ふ神楽控へに春蚊出て 荒井正隆
金泥の菩薩刺さんと春の蚊が 古川水魚
雨二夜春の蚊過ぎぬまのあたり 中村汀女
電灯に近づき春蚊見えずなる 鷹羽狩行
顔の上草のにほひの初蚊鳴く 野沢節子

以上
# by 575fudemakase | 2014-04-29 08:05 | 春の季語 | Trackback

山椒の芽

山椒の芽

例句を挙げる。

こなごなにたましひありて山椒の芽 齋藤玄 『無畔』
まだ匂ひ放たぬ小さき山椒の芽 官田節子
何にでも添ふる山椒の芽を摘んで 稲畑汀子
土用芽の中の山椒の芽を摘まな 戸井田和子
夕刊をとりて山椒の芽をとりて 高野富士子
大風に山椒の芽も出揃ひし 瀬戸 十字
夫婦となる人に匂えり山椒の芽 長谷川かな女 花 季
寺の水飲めば山椒の芽が匂ふ 青柳志解樹
山椒の芽さゞ波立てゝ拡ごりぬ 渡辺桂子
山椒の芽まつすぐに世を見たりけり 須佐薫子
山椒の芽やはじめても逢ふごとし 井沢正江 晩蝉
山椒の芽を摘みに出て門灯す 西村和子 夏帽子
山椒の芽午後から降らなきゃいいのにねぇ 高澤良一 燕音
山椒の芽少し摘みすぎ悔いにけり 佐藤ゆき子
山椒の芽摘むや山椒の香にまみれ 畠山譲二
山椒の芽摘む度に火山灰埃して 有里要子
山椒の芽母に煮物の季節来る 古賀まり子 緑の野
山椒の芽盗まむ夜を待ちにけり 石川桂郎 高蘆
山椒の芽食べてかぐろき遊びする 中村苑子
摺鉢は膝でおさへて山椒の芽 草間時彦
日もすがら機織る音の山椒の芽 長谷川素逝
朝夕に摘む一本の山椒の芽 上村占魚
流刑地の今はつらつと山椒の芽 佐藤ゆき子
祝ぎ言を享けをり芽山椒の香を口に 石田あき子 見舞籠
芽山椒の舌剌す一茶の墓詣 野沢節子
芽山椒一本を日にいくど見む 石川桂郎 高蘆
芽山椒青年を摘む匂いして 星野明世

以上
# by 575fudemakase | 2014-04-29 08:04 | 春の季語 | Trackback

春惜しむ

春惜しむ

例句を挙げる。

*のろあそぶ興安の春惜しみけり 田村了咲
あんぱんの葡萄の臍や春惜しむ 三好達治(1900-64)
いささかはひらく愁眉に春惜む 瀧春一 菜園
いつ来ても沼はたらちね春惜む 石井とし夫
いとこなる女と春を惜みけり 東洋城千句
うしろ手をつき沼人と春惜む 浅倉里水
うまや路の春惜しみぬる門辺かな 芝不器男
かしこまる膝に手を置き春惜しむ 伊東月草
この雨はつのるなるべし春惜む 松本たかし
すこしづゝ酔ひて来りて春惜む 久保田万太郎 草の丈
ぜんまいの春惜むげにたけにけり 清原枴童 枴童句集
なかなかに散るもの多し春惜む 後藤夜半 底紅
ひと惜しむこころに春を惜しみけり 角川春樹
ふたかかへほどの榧あり春惜しむ 山本洋子
ふところに句帳と財布春惜しむ 成瀬正とし 星月夜
ふらと出し駅裏に春惜しみけり 茂里正治
ふるさとの友四五人と春惜しむ 京極杞陽 くくたち下巻
ほの暗しくたぶれてしまひ春惜む 瀧井孝作
まじ~と何みて春を惜めるや 久保田万太郎 流寓抄以後
まどろみつまどろみつ春惜しみける 村越化石
みほとけの頸かしげ春惜しめるや 伊丹三樹彦 仏恋
やつとくぐれる鳥居くぐつて春惜しむ 藤岡筑邨
ゆく春を惜しむこころに人丸忌 森澄雄
よき衣に春惜む糸を引きにけり 長谷川かな女 雨 月
わが叔父は木で病む男惜春鳥 寺山修司 花粉航海
ケンタッキーのをぢさんと春惜しみけり 辻桃子
ドーム古りあかねす暮雲春惜しむ 飯田蛇笏 雪峡
パスポート納め日本の春惜しむ 眞砂松韻
パンにバタたつぷりつけて春惜む 久保田万太郎(1889-1963)
ポスターの虚子先生と春惜しむ 大久保白村
ミサ終へし乙女峠の春惜む 松尾白汀
ユトリロの絵に似し路地に春惜しむ 冨田みのる
一睡のあとの水呑み春惜しむ 池田秀水
丹の欄にさへづる鳥も惜春譜 杉田久女
乙女あり一人窓辺に春惜しむ 高橋淡路女 梶の葉
九品仏迄てくてくと春惜む 川端茅舎
事務終へて浄机となりぬ春惜しむ 井沢正江
亡きひとと在り惜春の鯛の肉 中島斌雄
人の顔ながめ歩きて春惜しむ 上村占魚 球磨
人は子を生みわれ惜春の髪染めて 鈴木真砂女 夕螢
人も旅人われも旅人春惜む 山口青邨
人惜む春を惜むに似たるかや 谷口和子
今日会ひて今日去る人と春惜しむ 村越化石
仲良しのいとさんも居て惜春忌 京極杞陽
仲見世の花かんざしに春惜しむ 『定本石橋秀野句文集』
伊吹見ゆ丘にのぼりて春惜しむ 近藤一鴻
伝馬船に啼く籠鳥と春惜しむ 石原八束 空の渚
何事もあきらめて春惜みけり 久保田万太郎 草の丈
信玄のかくし湯に来て春惜む 堤俳一佳
俳碑壁曼陀羅と見て春惜しむ 大橋宵火
先人は必死に春を惜しみけり 相生垣瓜人 明治草抄
入水の老優悼み春惜む 大橋敦子 手 鞠
切岸にけふも馬立つ春惜む 下村槐太 光背
切崖を落ちる土くれ春惜む 辻桃子
剃刀のつめたく春を惜しむなり 辻美奈子
名も知らぬ花に北見の春惜む 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
君とわれ惜春の情なしとせず 高浜虚子
吹きさらし白鳳の鐘春惜ぞ 瀧井孝作
善く割るゝ薪にも春を惜む人 石井露月
四五人の春惜みゐる野点かな 中村鎮雄
国分寺へ惜春の道なつかしく 小原菁々子
土蔵潰え猫鳴く焦土春惜しむ 宮武寒々 朱卓
地に片手つけば惜春おのづから 村越化石 山國抄
城の春惜しむ一つの柱得ては 加倉井秋を 午後の窓
堰二つ見えて浮間の春惜しむ 手塚美佐 昔の香
塵焚きて木末の春を惜みけり 温亭句集 篠原温亭
墓の母とならびて跼み春惜しむ 成瀬桜桃子
外つ國の魔除け手ぐさに春惜む 下村ひろし 西陲集
多佳子亡き奈良や阿修羅と春惜しむ 吉野義子
多摩川の雨のにごりや春惜しむ 及川貞 夕焼
天守より更に顔あげ春惜しむ 赤松[ケイ]子
太陽のあがれる春を惜しみけり 三橋敏雄 まぼろしの鱶
好きな道好きなだけゆき春惜しむ 茂里正治
子の髪を編んで結んで春惜しむ 野見山ひふみ
宮様の春惜しまるる御姿 成瀬正とし 星月夜
寒山に拾得に逢ひ春惜しむ 深川正一郎
寝ねたらぬ泪に春を惜しみけり 金尾梅の門 古志の歌
居眠りて春を惜しめる聖かな 河野静雲 閻魔
山吹や春惜しからむ谷の水 宗養
山番と山を見廻り春惜しむ 影島智子
山門の聯よめずとも春惜しむ 岩崎照子
山風に春をしむこころおどろく 飛鳥田[れい]無公 湖におどろく
岳あふぐわが惜春のチロル帽 澤田緑生
徒に惜春の語を弄しけり 相生垣瓜人
心よわくなりて我あり春惜しむ 上村占魚 球磨
忘れ物したる如くに春惜む 伊藤虚舟
恋々と春惜しむ歌や局人 飯田蛇笏 山廬集
恋塚の碑文を写し春惜しむ 安成三郎 山魯俳句集
惜春あはあはと歳とり過ぎぬ 松村蒼石 雁
惜春のある日汐汲女のやうに 神尾久美子 桐の木
惜春のひとで渚に朱印押し 岩本尚子
惜春のわが道をわが歩幅にて 倉田紘文
惜春のわれ内視鏡嚥まんとす 荒川あつし
惜春のオーデコロンは潤沢に 樋笠文
惜春の七嶺七谿越えて旅 稲垣きくの 黄 瀬
惜春の人ら夕の水亭に 浅井青陽子
惜春の吉野に過客たりしかな 佐土井智津子
惜春の女に白き波がしら 本岡 歌子
惜春の妻を黒白にして撮す 古館曹人
惜春の少年の子規セピア色 岩田佳世子
惜春の川とはならぬ流れかな 上田日差子
惜春の席あたためてゐたるのみ 中原道夫
惜春の帯にはさみし句帖かな 高木 美雪
惜春の座に一人の狂言師 高野素十
惜春の心しみ~人に従き 星野立子
惜春の息を吐きたり伎芸天 西村和子
惜春の橋の畔といふところ 星野高士
惜春の淡路島山うちけむり 田畑美穂女
惜春の犬と目が合う車椅子 有馬英子
惜春の瞳の片寄れる猫目石 後藤綾子
惜春の空すっぽりと空いてゐる 村上高悦
惜春の船を泛べて嵯峨にあり 田畑比古
惜春の蒔絵に顔を磨き出す 古舘曹人 能登の蛙
惜春の虚しく鋤田ばかりなる 瀧春一 菜園
惜春の虚子の画像に対すかな 大橋敦子 手 鞠
惜春の道うしろにも続きけり 倉田紘文
惜春の遠き展墓に妹と在り 吉武月二郎句集
惜春の酒一二杯虚子を恋ふ 成瀬正とし 星月夜
惜春の闇を背にため燭をともす 古舘曹人 砂の音
惜春の雄波もみあひ谺せり(喜屋武岬) 上村占魚 『玄妙』
惜春の雷ぞ海彦統ぶる国 大西淳二
惜春の鼻を浮かべて池の亀 高澤良一 鳩信
惜春やいつも静かに振舞ひて 星野立子
惜春やかくも長きを国手たり 近田千尋
惜春やここのわたりの金蔵院 八木林之介 青霞集
惜春やしかと変りし船の向 稲垣きくの 牡 丹
惜春やすこしいやしき紫荊 松本たかし
惜春やまなぶた薄き麗子像 向笠和子
惜春やもつとも遠き友に文 井沢正江 火襷
惜春や堆朱の香炉艶ふかむ 伊藤敬子
惜春や山すみれなど花束に 松林朝蒼
惜春や思ひ出の糸もつれ解け 星野立子
惜春や捨て去りしもの得たるもの 鈴木真砂女
惜春や斯く老いて吾異国に 間崎黎
惜春や暇を見つける暇のなく 大木涼子
惜春や波間の鴎一トならび 五十嵐播水 埠頭
惜春や父の書斎に長居して 藺草慶子
惜春や白き日暮を繰返し 櫛原希伊子
惜春や耳の形の噴火口 京極杞陽
惜春忌君の瞳わが瞳まだ黒く 京極杞陽
憶良の山旅人の水城春惜しむ 下村梅子
手に触るゝものを毟りて春惜しむ 右城暮石 上下
手をとめて春を惜しめりタイピスト 日野草城(1901-56)
手燭して庭ふむ人や春惜しむ 蕪村
捨て焚きの磯火に寄りて春惜しむ 上村占魚 『自門』
採点のペンを離さず春惜む 森田峠 避暑散歩
旅に寝て故郷の春を惜みけり 春武
春をしむ人や榎にかくれけり 蕪村遺稿 春
春をしむ座主の聯句に召れけり 蕪村 春之部 ■ 召波の別業に遊びて
春を惜む北山しぐれよき庭の 渡邊水巴 富士
春を惜む姿や笛を吹く老妓 渡邊水巴 富士
春を惜む心の外に更衣 樗良
春を惜む心ほの~塵拾ふ 渡邊水巴 富士
春を惜む灯に幽かなる河鹿かな 渡邊水巴
春惜しみかつ犯人の捕縛まつ 田川飛旅子
春惜しみたまひし釈迦を憧るる 京極杞陽
春惜しみつつ地球儀をまはしけり 長谷川双魚
春惜しみつつ記紀の世の端にあり 千田百里
春惜しみつつ風交のしづかにも 石原舟月 山鵲
春惜しみつゝ地球儀をまはしけり 長谷川双魚 風形
春惜しみ出でしか草履消えてをり 赤松[ケイ]子
春惜しみ命惜しみて共にあり 星野立子
春惜しむいのちを惜しむ酒惜しむ 結城昌治(1927-1996)
春惜しむおんすがたこそとこしなへ 水原秋櫻子
春惜しむことばしづかに灯しけり 西島麥南
春惜しむすなはち命惜しむなり 石塚友二
春惜しむとてや面は十とひとつ(高月町) 岸田稚魚 『花盗人』
春惜しむなんじやもんじやの花も見て 右城暮石
春惜しむほかはいつさい何もせず 中里麦外
春惜しむカナリアの首上がり下がり 仙田洋子 橋のあなたに
春惜しむドア・マンの掌の新鋳貨 宮武寒々 朱卓
春惜しむ亡き父母の部屋そのままに 山根きぬえ
春惜しむ人それぞれに歩をゆるめ 木下夕爾
春惜しむ人にしきりに訪はれけり 夏目漱石
春惜しむ人にまじりし一人かな 長谷川かな女 雨 月
春惜しむ人に侍りて犬聰き 林原耒井 蜩
春惜しむ人に点じぬ山炉の火 林原耒井 蜩
春惜しむ人や落花を行もどり 召波 五車反古
春惜しむ刷渋淡き茶の袋 大谷句佛 我は我
春惜しむ同じ病を問ひ問はれ 福田蓼汀
春惜しむ国師は白く笑み給ふ 久米正雄 返り花
春惜しむ夕べいのちのすみれいろ 櫛原希伊子
春惜しむ奇術の鳩が二羽三羽 河野南畦 『硝子の船』
春惜しむ奔流に月さしわたり 石原舟月
春惜しむ宇治十帖をひらきしまま 長谷川かな女 花寂び
春惜しむ宿やあふみの置火燵 蕪村 春之部 ■ ある人に句を乞はれて
春惜しむ心と別に命愛し 富安風生
春惜しむ心ゆすりて風荒し 成瀬正とし 星月夜
春惜しむ手の能面を紐ながれ 皆吉爽雨 泉声
春惜しむ旅のひと日のこぬか雨 渡辺和子
春惜しむ歩みのいつか揃ひをり 西村和子 夏帽子
春惜しむ水にをさなき浮葉かな 中村汀女
春惜しむ淋しき顔を合はせけり 大谷句佛 我は我
春惜しむ深大寺蕎麦一すすり 皆吉爽雨
春惜しむ灯に雪国の梨食むや 太田鴻村 穂国
春惜しむ白き献花の列にゐて 都筑智子
春惜しむ白鳥(スワン)の如き溲瓶持ち 秋元不死男(1901-77)
春惜しむ礎石くり穴雨ためて 細見綾子 黄 瀬
春惜しむ納蘇利の面ンは青丹さび 杉田久女
春惜しむ脱ぎすてし衣に冷えもどり 伊藤京子
春惜しむ膝の能面昨日舞ひし 皆吉爽雨 泉声
春惜しむ薬研に少し日を入れて 加藤晃
春惜しむ語らぬ山の大いなる 上村占魚 鮎
春惜しむ遺品の絵筆軸欠けをり 岩田昌寿 地の塩
春惜しむ酒気の人らが墓山に 岡本政雄
春惜しむ鉦とこそ聞け壬生念仏 安住 敦
春惜しむ風の一日や船の上 永井荷風
春惜しむ食卓をもて机とし 安住敦
春惜しめとや伊賀線のよく停まる 岩崎照子
春惜み丸ビル惜みつつ移転 稲畑廣太郎
春惜み命惜みて共にあり 星野立子
春惜むおもてかくすや塗笠に 久保田万太郎 流寓抄
春惜むおん姿こそとこしなヘ 水原秋櫻子
春惜むごとくに刻を問ひもせし 村越化石
春惜むすなはち命惜むなり 石塚友二
春惜む一日や土にまみれけり 島村元句集
春惜む一日画をかき詩を作る 正岡子規
春惜む三千院の茶店かな 比叡 野村泊月
春惜む二合の酒に蕎麦二枚 橋本榮治 逆旅
春惜む人にしきりに訪はれけり 夏目漱石 明治四十一年
春惜む人に暮れゆく東山 五十嵐播水 播水句集
春惜む人のさまして木株立つ 長谷川かな女 牡 丹
春惜む人や落花を行みどり 召波
春惜む仰ぎてなんじやもんじやの木 皆川白陀
春惜む何かにつけて母惜む 山田みづえ 草譜
春惜む卓上の酒や色とり~ 青峰集 島田青峰
春惜む句座整ひて人少な 青峰集 島田青峰
春惜む各々水のほとりかな 野村泊月
春惜む吉野も奥の花に来て 高濱年尾 年尾句集
春惜む同じ病を問ひ問はれ 福田蓼汀 山火
春惜む名も山吹の流かな 松根東洋城
春惜む宿や日本の豆腐汁 正岡子規
春惜む心うたげの半ばにも 高浜年尾
春惜む心に遠き夜の雲 臼田亞浪 定本亜浪句集
春惜む心一しほ俳諧に 高林蘇城
春惜む心大原へ急ぎけり 比叡 野村泊月
春惜む思ひ屈する如くにも 高浜虚子
春惜む指栞して本を手に 福田蓼汀 山火
春惜む文細々と書かれけり 露月句集 石井露月
春惜む深大寺蕎麦一すゝり 皆吉爽雨
春惜む灯をかきたてよ舞人に 青峰集 島田青峰
春惜む男勝りの女かな 柑子句集 籾山柑子
春惜む輪廻の月日窓に在り 高浜虚子
春惜む野川の紅くやくるまで 瀧春一 菜園
春惜む食卓をもて机とし 安住敦
春惜め惜めと波のよせにけり 久保田万太郎 流寓抄
月日また金色に去る春惜しむ 西本一都 景色
望郷の句碑と名付けて春惜しむ 原田青児
木喰仏春惜しむかに面かくす 茂里正治
朴の実の漆黒に春惜しみけり 折井眞琴
杣道に踏み入り峡の春惜む 大久保白村
松そびへ魚をどりて春を惜む哉 一茶 ■寛政七年乙卯(三十三歳)
板戸の絵失せたるに立ち春惜む 米沢吾亦紅 童顔
横穴の狩の壁画に春惜しむ 松本澄江
橋晴るゝ遠景えたり春惜む 久保田万太郎 流寓抄
機関車に試乗し燈下春惜しむ 宮武寒々 朱卓
正一合屋台に春を惜しみけり 橋本榮治 越在
汐曇笘屋に春を惜む日ぞ 尾崎紅葉
汝と我相寄らずとも春惜む 阿波野青畝
江戸古地図展げて春を惜しみけり 川村紫陽
沈む日に湖も北なる春惜む 岸風三楼 往来
海に来て娼婦も春を惜みけり 鈴木真砂女 生簀籠
海を見て舟見て春を惜しみけり 佐川広治
湖の魚めづらかに見て春惜む 露月句集 石井露月
湖や春惜み居る足許に 尾崎迷堂 孤輪
湯づかれのからだ横たへ春惜しむ 上村占魚 球磨
湯の花となる土にゐて春惜しむ 軽部烏帽子 [しどみ]の花
炉の炭火春を惜しむに余りけり 百合山羽公 寒雁
無住寺をめぐりて春を惜みけり 比叡 野村泊月
焼跡の春を惜しまむ酒少し 石田波郷
熱下りて早や惜春の奴かな 島村元句集
燈ともして肴の春を惜しみけり 佐々木六戈 百韻反故 わたくし雨
片みちは歩いて春を惜みけり 安住敦
牟婁の温泉に独りのこりて春惜む 福本鯨洋
牡丹活けて春惜む豪奢父に似し 碧雲居句集 大谷碧雲居
犬とゐて春を惜める水夫かな 篠原鳳作
球体を陽のわたりけり春惜しむ 萩山栄一
瑞牆山のふしぎな春を惜しみけり 千葉皓史
瓦礫踏み春惜むとは言ふまじく 桂樟蹊子
田の水に月の明暗春惜しむ 及川貞 榧の實
田より低き土手にしゃがみて春惜しむ 細見綾子 花寂び
画廊にて奇遇の春を惜しみけり 大島民郎
白髪同士春をゝしむもばからしや 一茶 ■文化十三年丙子(五十四歳)
百姓と話して春を惜しみけり 富安風生
眼鏡橋阿片患者が春惜しむ 石原八束 空の渚
眼鏡橋阿片患者と春惜しむ 石原八束 空の渚
礎石巨きこれに円柱惜春夢 山口青邨
礼状を認め吉野の春惜む 坂井建
神田川一つの橋に春惜しむ 深見けん二
祭服にかゝりし雨や春惜む 蝶衣句稿青垣山 高田蝶衣
秀衡椀の沢瀉の朱に春惜しむ 沢木欣一
秋山郷赤湯に春を惜しみけり 高澤良一 燕音
窓あけて見ゆる限りの春惜む 高田蝶衣(1886-1930)
窓邊掃く下僕と春を惜みけり 野村泊月
端然と坐りて春を惜みけり 富安風生
筆談もして茶を啜り春惜む 福田蓼汀 山火
素陶に句かすれ書きして春惜しむ 西本一都 景色
絶景の旅みよしのの春惜む 稲畑広太郎
羇旅送り惜春の情と階降り来 石塚友二 方寸虚実
羽音たてゝ鳩おり来なり春惜む 久保田万太郎 流寓抄以後
聖書日課のルカ伝を終へ春惜む 田川飛旅子
腥き息して春を惜むなり 高橋 睦郎
臍の緒を家のどこかに春惜しむ 矢島渚男(1935-)
自転車の立ち漕ぎに春惜しみけり 能村研三 鷹の木 以後
良寛の愛語に馴染む春惜しむ 石井保
良寛の読めない字ゆゑ春惜む 阿波野青畝
花の歳時記開きて春を惜しみけり 川村紫陽
草の根を分けても春を惜しむかな 橋石 和栲
草堤に坐しくづほれて春惜しむ 松本たかし
華蔵寺の大雅の大書春惜しむ 石原八束 空の渚
著つけ浅黄浅黄は春を惜むいろ 久保田万太郎 流寓抄以後
虚子留守の鎌倉に来て春惜む 杉田久女
行末のみえきし春を惜しみけり 車谷弘
行燈をとぼさず春を惜しみけり 高井几董
襟しかと春を惜みてたゞしけり 久保田万太郎 流寓抄
見えぬ目に眼鏡をかけて春惜しむ 井上法彦
見ぬ人と春惜しみあふ便りかな 高橋淡路女 梶の葉
親子ほど違ふ二人で春惜しむ 右城暮石
足どりに春を惜める情あり 松藤夏山 夏山句集
足弱のこの頃春を惜しむにも 松村蒼石 雪
身ばなれのよくて惜春の鰆とふ 能村登四郎
身ひとつの惜春運ぶ鉄路あり 山田弘子
身ほとりに杖を放さず春惜む 国方きいち
農場に大櫻あり春惜しむ 西本一都
逆さ鐘撞いて近江の春惜しむ 加吉宗也
過ぎて行く日を惜みつゝ春を待つ 高浜虚子
遠き屋根に日のあたる春惜みけり 久保田万太郎 流寓抄
遠ざかる四国の春を惜みけり 松藤夏山 夏山句集
遠眼鏡甲比丹春を惜むの圖 八木林之介 青霞集
避難せし街を訪ねて春惜む 樹生まさゆき
還るべき星をたどりて春惜しむ 麻田すみえ
酒の燗つけつゝ春を惜みけり 鈴木真砂女 生簀籠
里人の春惜しみ居る釣瓶かな 柑子句集 籾山柑子
野に摘みし白き花さし春惜む 岸風三楼 往来
金欲しやしきりに欲しや春惜しむ 小林康治 『華髪』
金沢に住み惜春の能登の旅 高木晴子 晴居
門蛙間のびて鳴けば春惜しむ 及川貞 榧の實
閉關の春惜む文字つらねけり 久保田万太郎 流寓抄以後
関帝に燭上り春惜しむ 石塚友二 光塵
附絵師と白磁を抱いて春惜しむ 石原八束 空の渚
降りぐせも又惜春の心とも 稲畑汀子
降りやまぬ宿屋に春を惜みけり 比叡 野村泊月
雀よく囀る庭に春惜む 大場白水郎 散木集
雨筋を見て春惜しむ大庇 町田しげき
雲とほき塔に上りて春惜しむ 飯田蛇笏
雲の中に立ち濡れつゝぞ春惜む 水原秋櫻子
雲遠き塔に上りて春惜しむ 飯田蛇笏 春蘭
頬に指春惜しまるゝ菩薩かな 宮本祐志
顔見せて呉れたる春を惜みけり 後藤夜半 底紅
風の音身近かに聞きて春惜む 大場白水郎 散木集
餌にひしめく鳩みて春を惜みけり 久保田万太郎 流寓抄以後
饗宴の卓の白花春をしむ 飯田蛇笏 春蘭
騒がしき風吹く春を惜しみけり 松本たかし
鬆が廻りたるまま春が春惜しむ 中里麦外
鰤網を納屋にをさめて春惜む 鈴木真砂女 生簀籠
鳩の尾の天窓のぞく春惜しむ 金尾梅の門 古志の歌
鴛鴦も鴨もつがひつがひに春惜む 大場白水郎 散木集


以上
# by 575fudemakase | 2014-04-29 08:03 | 春の季語 | Trackback

宗因忌

宗因忌

例句を挙げる。

いまだ見ぬ天満百句や宗因忌 太田正三郎
宗因忌修すや西も晴れにけり 宇咲冬男
宗因忌古書の埃をうち叩き 春光寺花屑
宗因忌過ぎし箱根や花の雨 多摩 茜
心あての酒肆は浪速屋宗因忌 角田拾翠
暗闇を鼠の走る宗因忌 岡澤康司
杉谷を灯がすすみゆく宗因忌 土岐錬太郎
蕗の薹ほほけ散るなり宗因忌 田中冬二 俳句拾遺

以上
# by 575fudemakase | 2014-04-28 07:52 | 春の季語 | Trackback

麗か

麗か

例句を挙げる。

うららかなけふのいのちを愛しけり 日野草城
うららかな犬の背中がそこにあり 石田郷子
うららかにきのふはとほきむかしかな 久保田万太郎
うららかにみんなで浴びる宇宙線 桑原三郎 晝夜 以後
うららかに人の心の知れがたく 木下夕爾
うららかに国広ければ海広し 鷹羽狩行 長城長江抄
うららかに妻のあくびや壬生狂言 日野草城
うららかに有影無影の塔二つ 石原八束 断腸花
うららかに朝の麺麭など焦しゐむ 安住敦
うららかに毛虫わたるや松の枝 芥川龍之介
うららかに滝を仰ぎて濯ぎもの 岸本尚毅 舜
うららかに目に水たまる疾かな 龍岡晋
うららかに紙衣の僧が嬰を抱くや 角川春樹 夢殿
うららかに美男大仏どじようひげ 橋本夢道 無類の妻
うららかに船の煙のかげをふむ 五十嵐播水 埠頭
うららかに道のわかれてゆきにけり 石田郷子
うららかに鱸のをどる舟路かな 筑紫磐井 野干
うららかやうすよごれして足の裏 日野草城
うららかや一度は死にし人ばかり 中川宋淵
うららかや一本指のピアノ音 足立悦子
うららかや加名子教授は又欠伸 山岸竜治
うららかや啼き忘れたる鳩時計 民三
うららかや土の男雛のはね眉毛 野澤節子
うららかや堰越して友の窯を見に 石川桂郎 四温
うららかや女つれだつ嵯峨御室 正岡子規
うららかや小鳥生みだす飴細工 濱永育治
うららかや岩場高きに忘れ潮 鷹羽狩行
うららかや崖を乗り出す崖不動 三田きえ子
うららかや川が曲がれば汽車曲がる 沼等外
うららかや川長ければ長きほど 二村典子
うららかや幼な子の髪切り揃へ 柴田奈美
うららかや庭の野鳥に遠眼鏡 川崎俊子
うららかや恋の季節の動物園 波多野惇子
うららかや指もて計る幼靴 国井美代
うららかや杭より長き杭の影 久場俊子
うららかや業平塚はただの石 阿部みどり女
うららかや氷の解けし諏訪の湖 正岡子規
うららかや海に入りたき川の魚 鷹羽狩行 七草
うららかや海牛の口どこにある 原田喬
うららかや涌き立つ鐘のするが台 入江亮太郎
うららかや牛の子も積む石炭船 田中英子
うららかや猫にものいふ妻のこゑ 草城
うららかや皆店の人動きをり 上野泰 春潮
うららかや礎石に生るる日の柱 上田日差子
うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女 月下美人
うららかや絵本の象が立ちあがる 藤井寿江子
うららかや荷馬糞り路甦る 殿村莵絲子 遠い橋
うららかや袱紗畳まず膝にある 久米三汀
うららかや話やめては僧掃ける 星野立子
うららかや馬に噛まるる秣桶 野村喜舟
うららかや馬に曳かるる調教師 佐藤晴生
うららかや鬼の茶屋とて休みの日(大江山鬼の茶屋) 角川源義 『西行の日』
うららかや鯨図鑑の小さな目 矢島渚男 梟
うららかや鴉はトビに追ひつけず 内藤良子
こどもの眼皆うららかに桜草 龍雨
とんからとんから何織るうららか 山頭火
なかに一つ怠け石仏うららかや 成瀬櫻桃子
なにもかもなくなつている麗かな 赤松 勝
なにも出ぬ打出の小づち麗らかな 中山純子 沙 羅以後
丘なだり枯れのよさいふ小麗か 林原耒井 蜩
切売のキャベツ銅婚麗らかに 斉藤夏風
勾欄に水拭きのあと麗らかに 内田百間
土蜂の羽音うららか数しれず 阿部みどり女
大見得に毛抜立つたる麗かな 水原秋櫻子
大谷の底に村ある麗らかに 内田百間
女人ゐて鏡のうしろ麗かに 柴田白葉女 花寂び 以後
御仏の秘戯うららかや了仙寺 小島千架子
水杭の麗らかに列び乾き居り 内田百間
種子は地に麗かなりし一と日かな 林原耒井 蜩
聖廟の祭儀素朴に麗かに 下村ひろし 西陲集
退院の街うららかに人織れり 柴田白葉女 遠い橋
馬耕衆うららかなれば唄はずむ 金野芦影子
魔の岩場麗かにきめこまやかに 佐藤鬼房 潮海
麗かな砂中のぼうふ掘りにけり 室生犀星 魚眠洞發句集
麗かにふたりごころのひとり道 小出秋光
麗かにふるさと人と打ちまじり 高浜虚子
麗かに出土の壺の撫で肩や 羽部洞然
麗かや大荷をおろす附木売 普羅
麗かや孫のうんちが手についた 龍岡晋
麗かや小松は影を芝の上 大場白水郎 散木集
麗かや指環の跡の肌のいろ かたぎり夏実
麗かや服薬をまた忘れたる 和田祥子
麗かや松を離るゝ鳶の笛 茅舎
麗かや桃に似し枝を雑木持ち 右城暮石 声と声
麗かや水辺の童女ふつと消ゆ 佐藤鬼房
麗かや相争はず山と河 尾崎迷堂 孤輪
麗かや砂糖を掬ふ散蓮華 川端茅舎
麗かや笑ひ仏の農夫顔 羽部洞然
麗かや花婿乗せて驢馬傾ぐ 原田青児
麗かや野に死に真似の遊びして 中村苑子
麗かや銀行三時には閉めて 鈴木栄子
麗かや鬼の鏡の割れるまで 永田耕衣 冷位
麗かや鼻反る牛の顔の泥 原月舟
麗らかや和琴の濱のさざら波 佐藤春夫 能火野人十七音詩抄
麗らかや居睡り醒めし軒の光 内田百間
麗らかや橋の上なる白き雲 内田百間
麗らかや歩道タイルに時の鐘 名取志津
麗らかや石橋にかわく水のあと 内田百間
麗らかや長居の客の膝頭 百間
佛門の牡丹婉麗日に媚びず 古舘曹人 砂の音
春の潮麗日松に滴りぬ 内藤吐天 鳴海抄
病む人へ麗日待ちて文を書く 古賀まり子
菊枯れてけふ麗日の虻多し 篠田悌二郎 風雪前
麗日にあくまで深き地蟲の穴 内藤吐天
麗日のワラビー母子の餌の持ちやう 高澤良一 さざなみやっこ
麗日の来書の一つ措きて出づ 篠田悌二郎 風雪前
うらうらとごうなのあるく漁休み 高澤良一 ねずみのこまくら
うらうらと今日美しき虚子忌かな 星野立子
うらうらと千年後も微笑仏 関成美
うらうらと屋根に日あそぶ壬生念仏 猿橋統流子
うらうらと日はあり雪の薺摘 藤田あけ烏
うらうらと旭いづる霜の林かな 飯田蛇笏
うらうらと春日に舌ある如し 川崎展宏
うらうらと杖忘らるる甘茶寺 袴田君子
うらうらと海上三里接木かな 宇佐美魚目 秋収冬蔵
うらうらと渡舟を回す仏の座 古舘曹人
うらうらと菜の花畑山遠し 横光利一
うらうらと谷浮上る古落葉 松村蒼石 雁
うらうらと野ゆき方向音痴かな 玉田空々子
うらうらと雉子歩まんか汝の忌日 高澤良一 随笑
うらうらと雲雀上がりて西の京 筑紫磐井 野干
スキヤキソングうららにワンマンバンドかな 高澤良一 寒暑
昼見ゆる星うらうらと霞かな 芥川龍之介
盃の蒔絵うららに隅田川 京極杞陽
雀こぼす松うらうらと老いにけり 蓬田紀枝子
鴨の入れ首うらうらと深空あり 飯田龍太

以上
# by 575fudemakase | 2014-04-28 07:43 | 春の季語 | Trackback


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
ブログ
自作j
自作y
未分類

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

今日はなんの日?
at 2022-07-04 06:42
しかけ絵本 飛び出す、ときめ..
at 2022-07-03 11:25
苧殻焚き
at 2022-07-03 08:23
大菜 横須賀店
at 2022-07-03 05:10
日経俳壇より(2020年7月..
at 2022-07-03 03:58
まどから☆おくりもの
at 2022-07-01 09:47
ゆかいな いろいろどうぶつ
at 2022-07-01 08:35
SDGsで見る現代の戦争...
at 2022-07-01 05:43
SDGsで見る現代の戦争
at 2022-07-01 05:15
溝萩
at 2022-07-01 00:52
企業、模倣品判別の「目」を磨く
at 2022-06-26 07:45
真空 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:49
空気 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:46
新素材 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:41
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
元素 類語関連語(例句)
at 2022-06-26 00:39
コンクリート 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:49
こだま 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:47
音2 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:35
音1 類語関連語(例句)
at 2022-06-25 22:06

外部リンク

記事ランキング