人気ブログランキング |

弔ひ

弔ひ

いざよひやけふ弔ひし魂のいろ 佐怒賀正美
いま聴き澄む予期もせざりし蛙の弔意 高柳重信
がちやがちやに何弔ふや鉦叩 森澄雄
しづかにて弔詞よむこゑきこえけり 日野草城
つつじ挿して七つの墓を弔へる 高野素十
とんぼうをふやしてゐたる弔辞かな 姜 たけを
なんということ 書き初めが弔句とは 向山文子
ハンカチを泣かす弔辞の長かりし 三枝青雲
ひろしまの弔花夾竹桃の白 居升白炎
マイクに乗せ弔辞読む声酩酊めく 伊丹三樹彦
みぞるゝや弔旗コーヒー店をかくし 岸風三楼 往来
亜浪忌の弔上げ墓参小春なる 松崎鉄之介
一隅に弔辞したたむ夜のおぼろ 松崎鉄之介
一慶事一弔事四月終りけり 村山古郷
一雷のあとの雨音弔歌とも 林翔
英雄を弔ふ詩幅桜生け
炎天へ弔鐘濺ぎ明治果つ 平井さち子 紅き栞
牡丹花に向ひて暁や弔詞書く 宮坂静生 春の鹿
温め酒弔辞褒められゐたりけり 小笠原和男
仮に建てし水練校のあと弔ふ 山口誓子
夏雲や諸人弔問のゆきかへり 飯田蛇笏 山廬集
夏山に切に行きたし弔問後 岸風三樓
河豚殿と市長の弔辞ふぐ供養 久芳木陽子
火取虫酒ひつかけて弔辞書く 茨木和生 野迫川
花の句の弔句の外の落花かな 正木ゆう子 悠
蚊柱を惑はせて一弔問者 鈴木節子「夏のゆくへ」
会津出の汝を弔ふに会津の冷酒(ひや) 高澤良一 暮津
海の弔みんなにやさしかつた晩夏 宇多喜代子
海越えて打つ弔電や秋の雨 山田弘子 こぶし坂
海沿ひを荻沿ひを人弔ヘ 蓬田紀枝子
柿真赤弔者五人の通夜の座に 大野林火 白幡南町 昭和三十年
寒に人るや否やの弔旗甲子園 阿波野青畝
寒雀午前に午後に弔慰便 伊丹三樹彦
寒晴や未だ弔意の文字なさず 藤田湘子 てんてん
寒谺高校生の弔銃に 中村草田男
寒靄の盆地戸毎に弔旗垂る 伊藤いと子
眼帯寒く弔問の用ありけり 安住敦
雁や祝婚にわれ弔に妻 川村紫陽
雁来紅弔辞ときどき聞きとれる 池田澄子
起き抜けに弔辞したたむ春曙 松崎鉄之介
逆縁の娘に触れ弔辞寒きかな 松崎鉄之介
休み田に弔客あふれ日向寒 下村ひろし 西陲集
仰臥して仰臥漫録の著者を弔ふ 日野草城
形影相弔ふこと三十八年あらおもしろの浮世哉 日夏耿之介 溝五位句稾
慶よりも弔多かりし青芒 飯田龍太
蛍の死弔ふ水をそそぎけり 安住敦
蛍の死弔ふ水をやりにけり 安住敦
鶏頭に日の当りゐる弔辞かな 鈴木鷹夫 千年
吾のみの弔旗を胸に畑を打つ 佐藤鬼房
黒蝶の弔衣高飛ぶ山上湖 秋元不死男
黒南風や浜に弔ふ鯨の死 勝山彦義
残る虫弔辞書きたる筆擱けば 雨滴集 星野麥丘人
子のごとく跡弔の花見けり 百里
思ひきや弔旗ある春場所を見る 阿波野青畝
紙の桜蝙蝠傘を弔旗とし 有馬朗人 母国拾遺
紫雲英田や弔鉦のだしぬけに 百合山羽公 樂土
紫陽花や墨も匂はず弔句書く 皆吉爽雨
事のあと弔旗のように畳みけり 久保純夫
七草の俄かにあげし弔旗かな 百合山羽公 樂土以後
七夕竹弔旗のごとし原爆地 沢木欣一
縞鯛はゆるゆる弔旗をビキニへ振る 八木三日女
秋晴の弔辞善きことかぞへつぐ 鷹羽狩行
秋潮に弔ふ眸して立上る 稲垣きくの 牡 丹
春霞奥壁仰ぎ師を弔ふ 岡田日郎
春寒の弔旗はためく松林 大井雅人 龍岡村
春宵の弔文遺著を積みて書く 皆吉爽雨 泉声
春潮に指をぬらして人弔ふ 橋本多佳子
初声やきのふは人を弔ひし 勝又一透
序句慶句弔句つづきし師走かな 鷹羽狩行
小町塚弔ふに摘む都草 小野たか子
松明あかし弔ひの火か枯るるなか 八牧美喜子
鉦叩弔詞と書きて書き継げず 関森勝夫
深淵を弔ふごとく草矢浮く 鷹羽狩行
身にしみて大封弔辞手に立たれ 亀井糸游
人づての弔意祝意や半夏雨 中原道夫
人弔ひ来て炎天の埃臭し 松崎鉄之介
水害の跡弔ふ田唄作らせよ 尾崎紅葉
水芭蕉消えたる址を弔ひぬ 山口青邨
数へ日の蜑を弔ふ冬かもめ 井上論天
数珠玉や子の事故現場弔へる 山田建水
生涯にまはり灯籠の句一つ 高野素十(須賀田平吉君を弔ふ)
生涯にまはり燈籠の句一つ 素十 (須賀田平吉君を弔ふ)
青山や弔砲鳴って冬の行く 正岡子規 冬
青年の病死弔ふ朝蝉に 日野草城
青葉木菟弔辞の紙のまだ白紙 宮田正和
雪国の雪嶺弔辞に答なし 鷹羽狩行
先生先生と兜太の弔辞梅天ヘ 山田みづえ まるめろ
走馬燈廻さずと決め弔慰文 松山足羽
送水会の松明百済弔ふごと 松崎鉄之介
村あげて弔了へし夏羽織 蓬田紀枝子「青山椒」
村うちに弔ひのあり代を掻く 安藤順一
待つてろと男の弔辞白絣 歌津紘子
大葱の熱さ弔意の中にかな 中村和弘
淡紅のカーネーシヨンも弔花なり 日野草城
苧環や身の丈ほどの弔辞よむ 静間まさ恵
弔いの後の蓴菜箸を逃げ 森田智子「掌景」
弔うて墓苔にほふ盛夏かな 飯田蛇笏 霊芝
弔うに燕一羽の口の泥 和田悟朗
弔はん苗代沢の雪の墓 高野素十
弔ひにゆく朧夜の待合せ 細川加賀 『玉虫』
弔ひに落葉臭さを持ち込みぬ 高澤良一 随笑
弔ひのあとの手を拭く冬旱 廣瀬直人
弔ひのうしろを通る裘 黛 執
弔ひのざわめきのある雪間かな 山本洋子
弔ひのピストルを撃つ春泥に 攝津幸彦 鹿々集
弔ひの黒衣冠りて盆踊 山口誓子
弔ふと女並びし膝がしら 伊丹三樹彦
弔へば今もきませる頭巾かな 黒柳召波 春泥句集
弔をしめくくり辞す春の寺 蓬田紀枝子
弔旗はためき村の若者日なたに寄る 穴井太 土語
弔旗行く雪掘つてある墓場まで 矢島渚男 延年
弔旗三日折目通りにたたむ冷 平井さち子 鷹日和
弔旗垂れ雁来月端(はな)紐育 高澤良一 随笑
弔旗垂れ黒き河なみはながれき 高屋窓秋
弔旗垂れ伸びる日脚のありながら 阿波野青畝
弔旗垂れ橙の照りつぶらなる 金尾梅の門 古志の歌
弔事もなく年を劃して松の花 平井さち子 完流
弔辞読む兜太の猪頸汗噴けり 小島健 木の実
弔辞読む眼に春日影おとろふる 吉武月二郎句集
弔辞二つ書きて夜長を長くせり 松崎鉄之介
弔電に追伸のなし日雷 中山純子
弔電の束に蟋蟀まぎれ込み 山口昭男
弔電や影の雪ふる雑木山 大木あまり 火のいろに
弔砲の谺は冬の山地駆せ 安田北湖
弔砲を虚空に放つ仕事せり 加藤佳彦
弔問にすこし間のある野火のいろ 飯田龍太
弔問に菊祝賀に菊の人生、長生する 荻原井泉水
弔問に踏まれぬかるむ春の土 鷹羽狩行
弔問に夫恋ひ話蛍の夜 井沢正江 湖の伝説
弔問に夫恋ひ話螢の夜 井沢正江
弔問のハンカチの白蟇鳴けり 鈴木鷹夫 大津絵
弔問の月あきらかに遠鳴子 西島麦南 人音
弔問の途中の枇杷が綺麗なり 鈴木伸一
弔問の扉を押して冬深かりき 鷲谷七菜子 一盞
弔問の部屋より見ゆる春炬燵 内田美紗
弔問へ春大根を提げてゆく 林 佑子
弔問やきさらぎの雨地を濡らし 伊東宏晃
弔問や数珠と日傘を一緒に持つ 助田素水
弔問や門辺の木槿白極め 大橋敦子
弔門の轍ぐるりと春の泥 鷹羽狩行
鳥帰ることにもふれし弔辞かな 小原啄葉
椎の木は弔辞聞く木か春北風 須山おもと
底紅や弔電のホ句とどくころ 上田五千石『天路』補遺
敵艦を弔す水仙挿しゝばかり 渡邊水巴 富士
天を衝く俳諧弔花閒石に 高澤良一 さざなみやつこ
冬の蝿人を弔ふ金軽し 小林康治
南国の雷鳴もまた弔ふか 鷹羽狩行
汝もわが弔辞に哭くやつばくらめ 古舘曹人 砂の音
二十日正月弔問の列にあり 廣瀬町子
日章旗しづかに垂れて弔旗なり 日野草城
年忘弔ひのため来られぬと 高田風人子
梅の句をもつて結びし弔辞かな 久保田万太郎 流寓抄以後
梅一分弔辞の終りさやうなら 鈴木鷹夫 渚通り
白菊や弔詞の中に友生くる 松崎鉄之介
氷問屋弔花でかこまる岬の町 田川飛旅子
風花の弔旗へさはれるを数ふ 秋元不死男
風花や弔辞ひそめし旅鞄 大島民郎
沸きたつように弔うように熊蜂晩夏 金子兜太
墨染に御弔や雪うづら 基角
墨淡く書いて涼しき弔句かな 上田五千石『琥珀』補遺
末黒野に弔ふごとく人佇てり 四宮輝代
稔田へ弔花の裏を並べたる 蓬田紀枝子
霧の町弔旗垂れたりよもすがら 三橋鷹女
網棚秋晴慶事弔事へゆく菊揺れ 伊丹三樹彦
野あざみや弔いの旗見送りぬ 足立美和子
燐光のくらげや号笛弔一声 平井さち子 紅き栞
鈴虫の終焉こそは弔はむ 安住敦
藁家解体紅きかまつか弔花とし 文挟夫佐恵 雨 月
呟いてから弔句書く 梅の花 伊丹三樹彦
諳んじて弔辞供へる薄暑かな 廣瀬直人

以上

# by 575fudemakase | 2019-05-16 17:26 | 無季 | Trackback | Comments(0)

葬る 葬り

葬る 葬り

うの花や蛙葬る明り先 一茶 ■文化六年己巳(四十七歳)
かろやかに村葬りの黄色いシネマ 星永文夫
ここに葬る涼しき土の一坪ばかりか 荻原井泉水
ここほれの犬を葬りぬ根深汁 小林輝子
この畦を祝ぎに葬りに蕗の薹 小原樗才
さるすべりに夕日曼陀羅師を葬る 伊藤京子
じやがいもの花の向ふへ葬りにゆく 嶋倉睦子(壷)
その恋を葬るためのオーデコロン 松本恭子
つごもりの人気少なき葬り見る 鈴木詮子
どか雪のとどめさしたる葬りかな 清水基吉
とほく葬りをおもふかなかなしづまれば 大野林火 海門 昭和九年
はじめより水澄んでゐし葬りかな 波多野爽波
はらからと葬る一握の砂灼けたり 伊丹三樹彦
はらからと童女を葬る桃の野に 村山古郷
マント着せ大学生として葬る 西本一都
み葬りに秋の山川ひびきけり 中川宋淵 遍界録 古雲抄
めでたかる葬りに蹤けば浦のどか 佐野まもる 海郷
もう雪を卸すことなき葬りかな 北村かつを
ゆく春の月や近江の湖の上 麦南 (八重女を葬りて帰京車中)
らつぱ水仙芽吹くよあれは葬りの喇叭 三橋鷹女
われも知る梅雨の葬りのその蜑を 山口誓子
葦青き村に葬りのありたる日 宇多喜代子 象
暗し山影銀鈴の瀬を葬り人 金子兜太
闇汁の闇へ葬る鳩の骨 松野自得
遺愛の蕗か葬りの足々すでに去り 赤城さかえ
遺児幼なし葬りの西日まぶしがる 右城暮石 声と声
一八の旺んなる中葬りけり 高澤良一 ぱらりとせ
一湾の明るき虹に汝を葬る 榎本冬一郎 眼光
雲嶺の宙に泛きをる葬りかな 鍵和田[ゆう]子 武蔵野
越冬燕あたためきたる手に葬る 百合山羽公 寒雁
炎天の一揖に人を葬りしや 小林康治 『潺湲集』
炎天も葬りの後の夕やつれ 能村登四郎
奥津城に犬を葬る二月かな 芝不器男
黄砂降る長城に立つ葬り終へ 杉本寛
黄葉樹林に仲間葬りて鴉鳴く 金子兜太
黄落を踏みて人散る葬りあと 和泉麻紗
下萌えや猫葬りてぐうたらに 鳥取芳子
夏蓬ばりばり刈つて父葬る 渡辺昭
夏葎人を葬ることに馴れ 高澤良一 素抱
河内なる葬り墓へ萩の道 安東次男 昨
火の葬り雪にまみれて木々立てり 大野林火 海門 昭和十一年
花びらをかたびらとして犬葬る 嶋田麻紀
花圃を踏む靴を咎めず葬りの靴 山口誓子
花野より花野へ抜けし葬り鉦 山崎羅春
海女葬る砂丘の南風夕なぎぬ 西島麦南 人音
樫は秋の紅芽するどし葬りけり 本宮銑太郎
寒の土一屍一壺を葬りけり 小林康治 『虚實』
寒葬りはや散ずべきとき至る 山口誓子
寒明けの榊さやさや母葬る 山田みづえ 草譜
寒夜覚め葬りし猫の鈴鳴ると 松本巨草
寒旱ひとの葬りにすこし泣き 岡本眸
巻きのぼる霧のけはしき葬り沢 加藤知世子 花 季
甘柿の方へ暮色の濃き葬り 神尾久美子 桐の木
雁渡し葬りの路に置団子 櫛田と志子 『繭玉』
義兄葬るその日の如き震災忌 松崎鉄之介
菊の季節の白菊をもて君を葬る 荻原井泉水
逆髪や北風の風渡野葬り道 文挟夫佐恵 遠い橋
泣けるだけ泣いてしまってから彼を葬るに兵営の規則 橋本夢道
巨き死やその葬りさへ炎天下 能村登四郎
漁装して梅雨の葬りにつかへたり 山口誓子
峡中に蛇笏の葬り黍長けて 秋元不死男
極寒に兄を葬るやこれも順 能村登四郎
金魚葬る吾子に薔薇も枝伸べて 林翔 和紙
駒返る草や葬り葬られ 高澤良一 素抱
君を葬る冬の浅間のとどろくとき 加藤秋邨
兄葬り戻れば庭の薔薇紅し 滝青佳
兄葬る笙ひちりきや歯の根合はず 西東三鬼
月澄めば女の髪を野に葬る 岩田昌寿 地の塩
枯山にのぼりておのれ葬るごと 井沢正江 火襷
枯枝折り隣家葬りの仕度かな 高澤良一 さざなみやつこ
枯草に叔母の葬りの穢を焚けり 星野麥丘人
枯野ゆく葬りの使者は二人連れ 甲子雄
湖凍るそがひの山に人葬る 木村蕪城 寒泉
五月闇高原のくまに葬り来る 角川源義
港を覆ふふなだま祭りの林立旗冬を葬りのこゑにはためく 鎌田純一
高階に葬りの往来いぼむしり 岡本眸
黒南風や嬰児葬る甕出土 宮坂静生 青胡桃
魂は高きへ葬り朴咲けり 手塚 美佐
妻葬る朝秩父嶺の初雪す 小川原嘘帥
妻葬る墓山初のきりぎりす 齋藤玄 『玄』
祭りの灯なかの一軒葬りの灯 中村苑子
菜の花のゆふべの葬り吾も欲らむ 伊丹三樹彦
三人のうから葬りし年を守る 上村占魚 球磨
子の葬り了へ来し人と青き踏む 赤城さかえ
子を葬りし縄文大甕五月闇 藤岡筑邨
子を葬る大都のほとり牡蠣むくなど 三谷昭 獣身
子供等の毛虫葬る遊び哉 正岡子規 毛虫
師を葬り鬼灯市を濡れ歩く 梶山千鶴子
師を葬り来し山茶花に泣きに来し 湯川雅
師を葬る遺児にも似たるわれら冬 松崎鉄之介
灼くる地にうつそ身立たす葬りかな 井沢正江
秋海棠ひとの葬りにひとと会う 河合多美子
秋蝉の声もろともに母葬る 成瀬桜桃子 風色
秋風や伊勢の平野の葬り鉦 村田治男
秋風や妻を葬るとその母負ひ 安住敦
秋風や路地に葬りの一たむろ 菖蒲あや あ や
秋濤の紺へ葬りの船すがる 角川源義
秋邨葬る梅雨明くるとも明けぬとも 松崎鉄之介
舟虫のぼる湾の干潮葬り終ヘ 中拓夫 愛鷹
春寒し夫の葬りに妻粧ひ 相馬遷子 雪嶺
春風にひよどり多き葬りかな 大峯あきら
初泣きと言ふも葬りの貰ひ泣き 石井紅楓
初野菊その坂の根に葬り送る 古沢太穂 捲かるる鴎以後
浄め塩ほどの雪降り葬り果つ 石井紅楓
神葬る秋涼の灯に髫髪童どち 飯田蛇笏 霊芝
身ほとりに葬りつづけり油照 近藤一鴻
人を葬り母を葬らず秋の暮 小林康治 『潺湲集』
人垣に銭投げて過ぐ秋葬り 石原八束 空の渚
人葬りきしとぞ銀河あはれうすく 下村槐太 天涯
人葬りきし手すすげと泉鳴る 井沢正江
人葬り来てたんねんに枇杷を剥く 片山由美子 風待月
人葬る煙雪解の風に垂る 角川源義
人葬る花散れば花散る底に 小林康治 玄霜
人葬る正しさにあり雪ふる手 成田千空 地霊
人葬る白きもの行き蝌蚪の水 松村蒼石 寒鶯抄
吹雪きて天も地もなき火の葬り 橋本多佳子
声悲し君葬る日の寒苦鳥 伊藤ゆめ
西行を葬りし寺の著莪の花 関戸靖子
西日中葬るに人馴れやすく 高澤良一 素抱
石蕗咲くや葬りすませし気の弱り 金尾梅の門
雪つけて来し葬りの雀の子 萩原麦草 麦嵐
雪の面に塵なづみゆく葬りかな 岸田稚魚 負け犬
雪吊りにかからぬ雪の葬りかな 佐々木六戈 百韻反故 吾亦紅
雪暮るる白さただよふ葬りの炉 大野林火 海門 昭和十一年
雪崩音に音もうひとつ葬り銅羅 加藤知世子 花寂び
雪涅槃生きて葬りし死のいくつ 深谷雄大
蝉時雨能登も果なる葬り処に 清崎敏郎
蝉生るゝ狭き墓域に凡に葬る 殿村莵絲子 雨 月
千振の透く枯花や友葬る 新井盛治
戦病死せるを葬るや風ふく日 片山桃史 北方兵團
戦友正夫みちのくの枯野に葬る 金子兜太
全身で鳴く蝉花輪なき葬り 岡本眸
早稲刈の昨日葬りし家の前 宮田正和
葬りあと湖に向け蒲団干す 宇多喜代子
葬りあと身は萍に似て遊ぶ 桂信子 緑夜
葬りあと立上りては秋の濤 椎名書子
葬りある日はまたたびの散り急ぐ 大坂十縫「草笛」
葬りきて吾を離るる息白し 木村敏男
葬りし山は笑つてゐたりけり 仙田洋子
葬りすやむらにはむらの草萌えぬ 細谷源二 鐵
葬りすやむらびとせまき額ならべ 細谷源二 鐵
葬りたる手套を脱ぎて並べ置く 金久美智子
葬りたる土のあまりし冬旱 荒川一圃
葬りて西日切り裂く中にあり 高澤良一 素抱
葬りて蜂の分房見て帰る 榎本祐子
葬りて鮟鱇鍋をつつきをり 仙田洋子 橋のあなたに
葬りとて通るはよけれ稲の昼 上田五千石 琥珀
葬りに行くまではきれいな肺でいる 加川憲一
葬りの帰りはさくら見ざりけり 岸田稚魚 紅葉山
葬りの土より氷る諏訪の湖 古沢太穂 古沢太穂句集
葬りの冬木の沙羅となりて立つ 岸田稚魚
葬りの二月や空に鳴る滑車 渋谷道
葬りの日裾よりのぼる花の冷え 中村苑子
葬りの夜ががんぼ脚を忘れしよ 長谷英夫
葬りはひとのいとなみ秋祭 石田勝彦 百千
葬りを終へてミモザの只中に 仙田洋子 橋のあなたに
葬り果てて秋ぞら深き坂下る 中島斌男
葬り果てゝ秋ぞら深き坂下る 中島斌雄
葬り火か飯を焚かむと来て礼す 片山桃史 北方兵團
葬り火と見たり寒夜の噴煙を 堀口星眠 営巣期
葬り火の映ゆる冬帽を手にしたり 水原秋櫻子 岩礁
葬り火の火種となれよ曼珠沙華 三好潤子
葬り終ふ黒きレースに女透き 長田等
葬り処の梅白くして海暮れぬ 角川源義
葬り場へゆく見馴れたる寒の町 上崎暮潮
葬り待つママゴト雪の具がほそる 加藤知世子 花寂び
葬り沢しぐるる声を持ちて過ぐ 加藤秋邨
葬り来てやまあららぎは夜の花 小原澄江
葬り来て月の机を恃むかな 小林康治 『潺湲集』
葬り来て酢牡蠣みだらと思ふのみ 中原道夫
葬り来て白を深めし夜の梅 吉川与音 『琴柱』
葬り来て夜の百合の香を厭ひけり 吉川与音 『琴柱』
葬り路の桑の実黒く踏まれけり 西島麦南
葬る時むくろの猫の鈴鳴りぬ 日野草城
葬る日の久留里城跡に雪蛍 庄司圭吾
葬る日の朝より雪の別れかな 安原葉
霜月のさ筵かけし人葬る 萩原麦草 麦嵐
霜柱はや立つ父を葬りしに 津田清子
村の川葬りの旗が流れゆく 吉田さかえ
村の葬り一切見えて猟休む 中戸川朝人
村の葬り必ず通り灼くる橋 中戸川朝人 尋声
泰山木の一花や葬り永からず 北原志満子
地は凍ててこころ狷介父葬る 飯田蛇笏 春蘭
茶の花の一枝を添へて犬葬る 石田あき子 見舞籠
着ぶくれてわが潮騒を葬りぬ 櫂未知子
昼ふかく蛙ころころ鳴く葬り 森川暁水 淀
朝顔の紫紺葬りをきのふとす 高澤良一 素抱
墜死の鳩 葬る 灯台守の長子 伊丹三樹彦
椿や白椿や筆は葬り反故は焼く 荻原井泉水
鶴葬る火のほかに火の見当らず 友岡子郷 未草
弟子葬り帰りし生身塩に打たる 西東三鬼
天高し喜壽の嫗の葬りして 相馬遷子 雪嶺
田子葬る日の秋風に馬蹄音 飯田蛇笏 家郷の霧
冬の朝河岸に葬りの花環冴ゆ 大野林火 冬青集 海門以後
冬の廃鉱葬りの鐘やけに鳴る 岸田稚魚 負け犬
冬の鵙けふは遠きに母葬る 能村登四郎
冬田へも打ちて葬りの集ひ鉦 宮田正和
冬田へも打つ葬りの集ひ鉦 宮田正和
冬日たかく母葬る穴掘られ掘られ 大野林火 冬青集 海門以後
冬木とその影の錯綜葬り来て 鷹羽狩行
冬木中はらからつどひ母葬る 大野林火 冬青集 海門以後
唐辛子葬りのあとの月日かな 白井久雄
島の子の葬り見送るや春の山 村山古郷
筒鳥や閑古や鳴くに義母葬る 皆川白陀
楢落葉跫音寄せ合ひ葬りけり 鳥居美智子
二三日葬りに使ひ二月尽 伊藤敬子
猫葬り五月か一んと残りけり 北原志満子
猫葬る春近き土深く掘り 奈良文夫
年の瀬の大き葬りの中にあり 深見けん二
馬追や葬りしあとの父の部屋 長田 等
敗荷の晴れても人を葬るかな 寒食 星野麥丘人
梅ひしとあの日葬りの日の如く 三橋鷹女
梅雨も人も葬りの寺もただよすが 中村草田男
梅天のやうやくもちし葬りかな 細川加賀
白雨来て葬りの道を浄め去る 野澤節子 八朶集以後
白絹は葬りのごとし雛をさめ 井沢正江
彼を葬るとあな秋晴れし野に出しは 荻原井泉水
百日紅天に葬りのある如く 高澤良一 寒暑
夫葬る冬晴れ黄泉へつながれり 瀬野美和子 『毛馬堤』
父葬りその夜の雨を吾子と聞く 古家榧夫
父葬りたる土よりも地虫出づ 橋本一水
父葬り芽木山をただ下りたり(夫の父逝く) 細見綾子
父葬り戻りし宿の青葉木菟 樹生まさゆき
父葬る青葉に海のひとかけら 中拓夫
父葬る日の芍薬は姪も剪る 岸風三楼 往来
父葬る毛馬の春風頬きるよ 谿昭哉 『航跡』
武蔵野の樹々が真黄に母葬る 橋本多佳子
風死して葬る火をば熾すかな 中原道夫
焚火消す葬るごとく砂をかけ 福田蓼汀
文鳥を葬りて暮れし落葉かな 村山古郷
片かげを遠縁とする葬りかな 緒方 敬
母という名に 生きてきた 遺骨のかるさを抱く(母を葬る) 吉岡禅寺洞
母葬りひと日草ひく人避けて 高井北杜
母葬り菊の菜屑の冷え拾ふ 蓬田紀枝子
母葬り菊の葉屑の冷え拾ふ 蓬田紀枝子
母葬るいくささなかの梅日和 松村蒼石 寒鶯抄
母葬る春泥に砂打ち敷きて 宮田正和
母葬る処理事務的に木々裸 松崎鉄之介
母葬る天の隅よりのうぜん花 嶋田麻紀
母葬る土美しや時雨降る 橋本多佳子
紡績工女葬るにあひぬ春の野に 細谷源二 鐵
北風さむし人葬る地を深く掘りぬ 山口誓子
万緑や杣の葬りの吹流し 西本一都
夢いつも雪の葬りの傘さし遣る 玉村夜音女 『さんご玉』
夢のごとく葬りは過ぎぬ枯柏 草間時彦 中年
無惨やな人葬り来し黴の靴 小林康治 『虚實』
明けて葬り昏れて婚りや濃紫陽花 竹下しづの女
綿虫は頬かすめたり母葬り 伊藤敬子
綿虫や葬りの道を掃きいそぎ 岸田稚魚
盲眼寒く母葬るわれ不肖の子 金子晃典 『望郷独語』
木枯のとどかぬ深さ父葬る 岬雪夫
夜の火の葬り火なるを想起せり 林田紀音夫
野に兄を葬り春夜の皆既蝕 猿橋統流子
友を葬る老の残暑の汗を見る
友葬り来し菜殻火の夜を燃ゆる 木下夕爾
友葬り来て心老ゆ石蕗の花 川村紫陽
友葬る冬松風の真ッ下に 羽部洞然
夕がほや鼠葬るめくら児 高井几董
夕空を花のながるゝ葬りかな 飴山實 花浴び
夕空を花のながるる葬りかな 飴山實(1926-2000)
夕焼け居らんか母葬り来し墓地もかく 岡本眸
夕焼をしろしとおもふ葬り以後 神尾久美子 掌
妖僧を此所に葬りき夏木立 会津八一
落葉しげし葬りのかげをつらね行く 大野林火 冬青集 海門以後
露享けてはや胸中に妻葬る 齋藤玄 『玄』
露草や小鳥葬りし石ひとつ 井口光雄
浪がしら梅雨の葬りに寄せ寄せて 山口誓子
老いし友を葬りて早春根岸恋ふ 中村草田男
藁葬る火よ迅雲の西津軽 成田千空
囀の押し寄せて来る葬りかな 佐々木六戈 百韻反故 初學
夭折の木枯いづこにて葬る 中原道夫
杣人の葬りに山の粧へり 鷹羽狩行
荼毘小屋の木槿がこひに母葬る 宮崎とき女 『雪椿』
邯鄲を葬る一伍一什かな 富安風生

以上

# by 575fudemakase | 2019-05-16 17:24 | 無季 | Trackback | Comments(0)

埋葬 本葬 密葬 仮葬 会葬

埋葬 本葬 密葬 仮葬 会葬

*ひつじ田の水を鏡に会葬者 金谷信夫
かたまつてをり花冷の会葬者 岸田稚魚
きつすぎる会葬あとの青山椒 高澤晶子「レクイエム」
シベリアが叩き込む黒埋葬図 高澤良一 燕音
やわらかいカーテンにとめ埋葬書 上月章
火山灰台地の埋葬灰の穴 三橋敏雄
花かげの埋葬遥かなる歌よ 高屋窓秋
会葬が再会の場に冬薔薇 長谷川治子
会葬のおほかた少女花萬朶 中島斌男
会葬の何人か鷹仰ぎをる 茨木和生 丹生
会葬の脚のぼりくる高野の冷え 山口超心鬼
会葬の時雨のをんな誰も知らず 後藤綾子
会葬の人に蹤きゆくしじみ蝶 高澤良一 素抱
会葬者羽化し蕎麦畑ばかり過ぐ 城取信平
顔にくる今朝のあつさや会葬日 高澤良一 素抱
近景薊 遠景傘松 僕埋葬 伊丹三樹彦
砕けたる虹の破片を埋葬す 野見山朱鳥 愁絶
秋澄むや天上希求埋葬図 文挟夫佐恵
秋蝉の大樹の下に埋葬す 塚原麦生
楯の埋葬巣ごもる鵠は星に目覚め 橋閒石
森に入る埋葬の列雪の傘 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
石蕗の花会葬者ほぼ故人知らず 松崎鉄之介
積雪や埋葬をはる日の光り 飯田蛇笏
沈黙--天の埋葬いま始まる 富澤赤黄男
片蔭にゐる半分の会葬者 岸田稚魚
片蔭に入る半分の会葬者 岸田稚魚
埋葬のくらやみ私有して眠る 林田紀音夫
埋葬のやがてまろらに雪降らむ 文挟夫佐恵 雨 月
埋葬や恋猫の四肢やわらかく 岡村知昭
埋葬を終へ午後四時の竹煮草 永島靖子
埋葬後露けく下血走りけり 中村草田男
埋葬行森を隠して雪降れり 大野林火 白幡南町 昭和三十三年
埋葬行夜の白服に白釦 中村草田男
埋葬終へ海と水仙匂ひだす 文挟夫佐恵 雨 月
密葬の壺を身近に明易く 川崎展宏
密葬や雷贈られて夜の崖 秋元不死男
木の実添え犬の埋葬木に化(な)れと 西東三鬼
木の実添へ犬の埋葬木に化(な)れと 西東三鬼
老いぬれば会葬一つ夏日終ゆ 山口青邨
蠅が樹に群がり埋葬墓地の雨 西村公鳳
鴉あつまり赤屋根の密を埋葬する 八木三日女 赤い地図
鴉あつまり赤屋根の蜜を埋葬する 八木三日女

以上

# by 575fudemakase | 2019-05-16 17:23 | 無季 | Trackback | Comments(0)

湯灌 納棺 出棺

湯灌 納棺 出棺

衣更へし師を納棺す軽かりし 鈴木鷹夫 千年
卯の花腐し君出棺の刻と思ふ 石田波郷
卯の花腐し君出棺の時と思ふ 石田波郷
花冷えの底出棺の釘打たる 高澤良一 石鏡
咳をもてわれら納棺の母囲む 山田みづえ 草譜
山桜いまも盥に湯灌して 茨木和生 往馬
秋落暉わが出棺もかくあるや 小泉八重子
出棺てふ頓狂な声冬の晴 中田剛 珠樹以後
出棺に社友つきそひ秋の雨 滝井孝作 浮寝鳥
出棺に退く一歩ねこじやらし 嶋田麻紀
出棺に蹤くを足下の蕗の薹 岡本差知子
出棺のごとくに冷蔵庫を運ぶ 鈴木一行
出棺の膳に添へたるすだちかな 福島せいぎ
出棺はかがやきに似て雁渡る 桑原まさ子
出棺や荒地野菊を見てゐたり 原田青児
出棺待つ窪地にあそぶ冬すずめ 藤田直子
小春日の釣竿一本納棺す 白澤ちかよ
朝よりの雪重き木々出棺す 山本つぼみ
冬虻の翅音するどく出棺す 岡本眸
納棺す深夜の凍てに縄たすき 飯田蛇笏 心像
納棺す深夜の凍てに繩たすき 飯田蛇笏 春蘭
納棺に剪る庭の花の蟻はらふ 原田種茅 径
納棺の父へ大きな虹立てり 手塚その子(寒雷)
納棺の仏へ名残り灯虫舞ふ 三浦庚子
納棺の泪は菊の蕾ほど 高澤良一 鳩信
納棺や折目整しき夏袴 松村蒼石
納棺をせし祭壇に目白籠 茨木和生 倭
薄目あけて ごらん あなたの納棺だよ 内山草子
碧巌録撫子添へて納棺す 宮武寒々 朱卓
夜来の雪 納棺埋めに綿どんどん 伊丹三樹彦
葉櫻や湯灌あるゆゑ死ねずをり 中原道夫
藪蚊生れて湯灌場の台石遣る 吉田紫乃

以上

# by 575fudemakase | 2019-05-16 17:22 | 無季 | Trackback | Comments(0)

納骨 埋骨 分骨

納骨 埋骨 分骨

かたばみは踏まるる花か納骨す 鍵和田[ゆう]子 浮標
かなかなに履く足袋ほそき思ひかな(埋骨) 石川桂郎
この冬のぬくさ恃みて埋骨す 大野林火 方円集 昭和五十二年
稲妻消えし闇に闇あリ納骨洞 加藤知世子 花寂び
遠きより冬の松籟埋骨す 大野林火 方円集 昭和五十二年
蚊遣香のひとすぢの青納骨日 中拓夫 愛鷹
穴底へ納骨 寒の腕をまくり 伊丹三樹彦
御納骨すみし高野の花の雨 田中英子
好きな山粧しませ御分骨 阿波野青畝
山上に納骨山下花満てり 松崎鉄之介
師を埋むどの土塊も秋日もつ(阿部先生三周忌、仙台北山墓地に納骨) 角川源義 『秋燕』
春は名のみ帆の如く来て埋骨す 栗林千津
親鸞の分骨堂の蟻地獄 新村富代
雪を踏み納骨の山振りむかず 成田千空 地霊
草花や納骨堂に参りけり 直木燕洋
泰山木に雪あつきかなまた雪に(二月二十八日深大寺に波郷埋骨) 角川源義 『冬の虹』
庭の百合仏壇の百合納骨日 高澤良一 暮津
二百万納骨在りて嶺青む 山口誓子
納骨といふ旅立の嫁菜飯 山田弘子
納骨にゆく逃げ水を追ひ続け 今井聖
納骨のあとの渇きに蟻地獄 横山 房子
納骨のひとあとさきに蕗の薹 高井北杜
納骨のまた酒となる寒さかな 佐野青陽人 天の川
納骨の済みて冬至の細き月 山田閏子
納骨の散華お山の初ざくら 谿昭哉 『航跡』
納骨の人ら斑雪の端ゆけり 村越化石 山國抄
納骨の双膝をつく夏至の砂 鳥居美智子
納骨の日どり決まれり万緑に 高澤良一 暮津
納骨の日や矗々と霜柱 岸田稚魚
納骨の日向ぼこりの中にをり 岸田稚魚
納骨の扉かがやかす野鴨の声 橋閒石
納骨の膝つけば瑠璃いぬふぐり さぶり靖子
納骨は最後の訣れほととぎす 樹生和子
納骨へ老姉妹髪染めあひて 伊丹三樹彦
納骨や雨のたかんな八方に 岸田稚魚
納骨や黄落極む本願寺 大橋敦子 手 鞠
納骨を終へ皆無口日の盛り 香下壽外
納骨後の笑顔撮る 石段と青空 伊丹三樹彦
梅雨やすむ埋骨の日のうぐひすよ 角川源義
分骨のあとあをあをと春の海 友岡子郷
分骨の小壺がふたつをみなへし 古舘曹人 樹下石上
分骨の如く句碑殖え鵙の秋 上田五千石『天路』補遺
分骨や一夜を故郷の天の川 池田蝶子 『草絵』
埋骨す近江北摂鳥雲に 大橋敦子 手 鞠
埋骨を待たずしもつけの花期終る 角川源義
万緑や抱きしめてのち納骨す 法水有里
夜は明けて茄子炯々と納骨日 高澤良一 暮津
翼あらば秋金閣の屋根に触れむ(三月、生母(より)死す。納骨) 長谷川秋子 『菊凪ぎ』『鳩吹き』『長谷川秋子全句集』

以上

# by 575fudemakase | 2019-05-16 17:21 | 無季 | Trackback | Comments(0)


俳句の四方山話 季語の例句 句集評など


by 575fudemakase

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
無季
春の季語
夏の季語
秋の季語
冬の季語
新年の季語
句集評など
句評など
自作
その他
ねずみのこまくら句会
未分類

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

フォロー中のブログ

ふらんす堂編集日記 By...

メモ帳

▽ある季語の例句を調べる▽

《方法1》 残暑 の例句を調べる
先ず、右欄の「カテゴリ」の「秋の季語」をクリックし、表示する。
表示された一番下の 「▽ このカテゴリの記事をすべて表示」をクリック、
全部を表示下さい。(全表示に多少時間がかかります)
次いで、表示された内容につき、「ページ内検索」を行ないます。
(「ページ内検索」は最上部右のいくつかのアイコンの内から虫眼鏡マークを探し出して下さい)
探し出せたら、「残暑」と入力します。「残暑 の俳句」が見つかったら、そこをクリックすれば
例句が表示されます。

尚、スマホ等でこれを行なうには、全ての操作の前に、最上部右のアイコンをクリックし
「pc版サイトを見る」にチェック印を入れ実行下さい。


《方法2》以下はこのサイトから全く離れて、グーグル又は ヤフーの検索サイトから
調べる方法です。
グーグル(Google)又は ヤフー(Yahoo)の検索ボックスに見出し季語を入力し、
その例句を検索することができます。(大方はこれで調べられますが、駄目な場合は上記、《方法1》を採用ください)

例1 残暑 の例句を調べる

検索ボックスに 「残暑の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「残暑 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【残暑】残る暑さ 秋暑し 秋暑 【】=見出し季語

例2 盆唄 の例句を調べる

検索ボックスに 「踊の俳句」 と入力し検索ボタンを押す
いくつかのサイトが表示されますが、「踊 の俳句:575筆まか勢」のサイトを
クリックし表示ください。
[参考] 【踊】踊子 踊浴衣 踊笠 念仏踊 阿波踊 踊唄 盆唄 盆踊 エイサー 【】=見出し季語

以上 当システムを使いこなすには、見出し季語をシッカリ認識している必要があります。

検索

タグ

最新の記事

渡御 の俳句
at 2019-05-20 06:59
拙句 五月雨の俳句
at 2019-05-20 05:05
拙句 青葉の俳句
at 2019-05-20 04:45
拙句 若葉の俳句
at 2019-05-20 04:38
拙句 緑の俳句
at 2019-05-20 04:33

外部リンク

記事ランキング